彼女ができる人とできない人の決定的な違いとは?コレがないと…

 

「ブサイクで草食系で女性に積極的でもないのに彼女ができる男の人もいれば、イケメンで気配りもできてコミュニケーション能力もあるのに彼女ができない男も人もいるけど、彼女ができる人とできない人の違いってなんだろう?」

このようなことを、僕の知り合いが言っていました。

確かに、ブサイクでも何ごとにも消極的でコミュ障でも彼女ができる男性はいますね。

逆に、ルックスから性格からほぼ完ぺきなのに彼女ができないどころか、まるで女性に縁のない男性もいますよね。

 

実は、彼女ができる男性とできない男性とでは、決定的な違いがあるんです。

根本的な違いといっていいでしょう、そういった違いがあるんです。

 

その違いとは、女性を幸せにしようという気持ちがあるかどうかです。

女性のことを一切考えずに彼女を作ろうと思っても、マグレか偶然でも起こらない限り彼女はできません。

逆に、女性を幸せにしよう、喜ばせようという気持ちがあれば、彼女はできます。

 

ただ単にきれいな女性と一緒にいたい、肉体関係を持ちたい、女性が不幸せになろうとも自分さえ満足できればそれでいい、そう思っていたら彼女はできません。

女性に、「この人なら私を幸せにしてくれる」と思わせようと頑張っても、本心でそう思ってなければ、女性はそのことに気が付いてしまいます。

 

男同士でも、そんなことわかると思います。

「気遣いができる」「自分が犠牲になっても他の人が喜んでくれればいい」と思われようと頑張っている人っていますよね。

そういう人って、実は自己中だということが分かってしまいますよね。

 

ひどいと、口では「僕ほど他人想いの人はいないだろう!」なんて言いながらも、その直後に自己中な言動をし続ける人が、僕の知り合いにいるんですけどね。

他人想いのふりすらせず、ただ口に「僕は他人想いだ!」と言っているだけの人なんですけどね。

 

これはあまりにもひどい例なんですが、ここまでひどくなくても他人想いだと思われたくて一生懸命行動しているのに、実は自分のことしか考えてない人って分かりますよね。

ましてや女性は男性よりも敏感です。

ですから、実は自分のことしか考えてないということは、すぐに分かってしまいます。

だから、言動を変えただけではダメなんですよ。

 

あと、僕たちの言動は、9割が無意識のうちに行っている、ということを聞いたことがありますが、よく考えると僕たちの言動の多くがほぼ無意識に行われているのがわかるのではないでしょうか。

朝、職場の人にあった時に「おはようございます」と挨拶をすると思いますが、わざわざ意識して挨拶をする事ってないですよね。

無意識のうちに挨拶をしていますよね。

また、上司と話をする時は敬語を使うと思うんですが、これも無意識のうちにしていますよね。

部下に対して普段からため口で話しているのであれば、部下に話しかける時に無意識にため口になってしまっていると思います。

逆に上司にため口で話したり、部下に敬語を使ったりしようと思ったら、意識をしないとできないですよね。

 

それで、女性と接する時も、普段よりかは言動を意識してしまうと思いますが、それでも無意識で言動している部分のほうが多くなるはずです。

ですから、女性を幸せにしよう、喜ばせようという気持ちがあれば、無意識のうちにそのような言動になります。

逆に、女性のことはどうでも良くて、自分が満足できればいい、と思っていれば、無意識のうちにその気持ちが言動に出てしまいます。

 

だから、どのようなことをすれば女性を惚れさせることができるのか、というテクニックを身につけたとしても、女性を幸せにしようという気持ちがなければ、全く効果がないのです。

逆に不器用でぎこちない行動をしていたとしても、女性を幸せにしようという気持ちがあれば、全然カバーできます。

普通に考えれば女性に嫌われる言動でも、女性を幸せにしようという気持ちさえあれば、その言動をカバーできます。

だから、明らかに女性に嫌われる言動をする男性でも、彼女ができるんですよ。

 

では、具体的にどのような気持ちが、女性を幸せにでき、喜ばせ用という気持ちになるのか、

例えば、デート場所を選ぶ際に、
「どこに連れていけば女性が喜んでくれるだろう?」
という気持ちを持つことができれば、女性を幸せにしようという気持ちを持っていることになります。

そうではなくて、
「どこに連れていけば女性を口説き落とすことができるんだろう?」
という気持ちだと、自分が満足すればいい、という気持ちになります。

女性を口説き落とすというのは、あくまで男性側の都合ですよね。

女性のことを一切考えてない気持ちになります。

 

人間関係は常にギブandテイクです。

男同士の付き合いだって、無意識のうちにギブandテイクができています。

仲の良い人というのは、相手の男性が自分を幸せにしてくれる(一緒に飲んでて楽しいetc)し、そして、無意識のうちに相手の男性を幸せにしている(一緒に飲んでて楽しいと思われるetc)から、仲良くなるわけですよね。

「アイツと飲んでても面白くないけど、付き合い悪くすると仕事で支障が出るからなぁ」
なんて愚痴を言う人っていますよね。

それは、飲みに付き合う(ギブ)ことで、仕事が順調にいく(テイク)ということで、きちんとギブandテイクが成り立っていますよね。

 

それで、男女の関係においてはなおさら、ギブandテイクが成り立たないわけがないんですよ。

ですから、女性を幸せにする、という気持ちは絶対に持っていないと、彼女はできませんよ。

 

ちなみに、こういう話をしていたら、
「僕は常に女性の事を考えて行動していたのに、全然彼女ができません。」
なんていった人がいました。

こういうことを言うこと自体、女性のことを考えてない、ということが分かりますか?

全然彼女ができないということは、女性が望む言動ができてないということですね。

であれば、女性のことを考えているのであれば、「僕のどこが間違っていたんだろう?」「僕の言動でどういったところが女性に受け入れられないんだろう?」と悩むはずです。

女性を幸せにしたいという気持ちがあるのに、彼女にできなかったということは、幸せにできなかったということになりますよね。

ということは、何かが間違っていたわけですよね。

だったら、どこをなおし、どのようにすれば幸せにできるだろう、と考えるはずですよね。

それなのに、「常に女性の事を考えていたのに…」なんていうということは、女性の事を考えている気になっているだけで、実は自分のことしか考えてないということですよ。

そういう人ってものすごく多いんですけどね。

でも、それが彼女ができない根本的な理由なんですけどね。

モテる男とモテない男の1つの大きな違い~これで劇的にモテる!?

モテる男 モテない男 違い について

 

「女性にモテる男とモテない男はどこが違うんだろう?」
と、考えたことはありませんか?

特にブサイクなのにモテる男を見ると、
「なんであいつがモテるんだろう?」
「あいつと僕とではどこが違うんだろう?」
なんて考えてしまいますよね。

a0001_016515

 

では、モテる男とモテない男とではどこが違うのでしょうか?

 

モテる男とモテない男の大きな違いは“考え方”?

 

モテる男とモテない男を比べると、様々な違いがあります。

モテる男は落ち着いていて余裕があって自信がある、
モテない男は女性に対してガツガツしていたり自信なさそうな態度で接する、

しかし、そういった態度やしぐさは、たくさんの女性に接することで自然と変わっていくことが多いです。

モテる男が初めから落ち着いていて余裕があって自信があったのかといえばそういうわけではないですね。

イケメンで中学高校くらいからモテ続けている男性ならともかく、そういった一部の生まれつきモテる男を除けば、たくさんの女性に接することで自然とモテる男の態度やしぐさなどが身についてきます。

 

ただし、ある考え方を身に付けていればです。

 

その考え方とは、女性の事をどれだけ考えることができるのか、という事です。

モテる男とモテない男の大きな違いは、どれだけ女性のことを考えることができるのか、という事にあります。

 

例えば、僕は男同士で、女性と食事をするときにどの店がいいのか、時々話をしています。

その時、モテる男性は女性が喜んでもらえるか、という視点で店を選んでいます。

それに対してモテない男性は、女性に喜んでもらえるかどうかは重要ではなく、女性が自分のことを気に入ってもらえるか、惚れるか、という視点で店を選んでいます。

 

つまり、モテる男性は、女性を惚れさせることよりも、女性に喜んでもらう事を考えます。

モテない男性は、女性に喜んでもらう事よりも、女性を惚れさせる事を考えます。

 

モテる男は女性の気持ちを考えることができ、モテない男性は自分のことしか考えることができない(自己中心)、と言い換えてもいいですね。

 

「女性を惚れさせるには女性を喜ばせる必要があるから、結局は同じことでは?」
なんて思いませんでしたか?

実は、この考え方の違いは、非常に大きいです。

 

まず、雰囲気や態度で女性のことを考えているのか出てしまいます。

また、話をすればさらに顕著に出ます。

男同士で話をしていても、自己中心的な人ってある程度はわかりますよね。

それが恋愛になると、さらにわかりやすくなります。

女性は男性を恋愛対象として見たときに、自分のことを大切にしてくれるのか非常に敏感です。

つまり、女性は自分のことを大切にしてくれるのか、自己中心的で大切にしてくれないのか、会話しながら常に見ている、と考えてもいいです。

女性が男性のことを自己中心的だ、と判断したら、その男性のことを恋愛対象として見なくなります。

 

自分のことを犠牲にしてでも女性を喜ばせる、そのように考えることができる男がモテる男です

 

女性のことを考えることができ、モテる男になるには?

 

女性のことを考えることができるようになるには、簡単そうで実はそんなに簡単ではないです。

ただ、方法としてはそんなに難しいわけではありません。

普段から「女性のことを考える」という事を意識しておけば、自然と女性のことを考えることができるようになります。

 

このブログで、様々な女性を口説き落とすテクニックを紹介していますが、そのテクニックを読むときに「女性を喜ばすことができるテクニック」という視点で考えるようにしていくと、自然と女性のことを考えることができるようになります。

また、身だしなみもどうしたら女性の気分を良くできるのか、という視点で考えたりしていくと、自然と女性のことを考えることができるようになります。

 

また、女性だけではなくて、男性に対しても常に相手に満足してもらう、という視点で考えていくと、自然と相手のことを考えることができるようになりますよ。

 

ここで注意点があります。

「女性のことを考えることができるようになるとモテるようになる!」
という事を僕はある男性に話をしたことがあります。

そうしたら、その男性は女性に対して、
「僕ほど相手の事を考えている人は他にはいない」
と話すようになりました。

こういうことを言うと、逆に自己中心的に思われやすくなります。

「自己中心ではない!」と言っている人が、ちょっとでも自己中心的なことを言うと、それだけでその人はもう自己中心的だと思われてしまいます。

人間は誰でも自分のことが一番大切だと思っています。

つまり、人間は誰でも自己中心的なところがある、という事です。

他人のことを思いやることができる人でも自己中心的なところはあります。

ですから、自己中心的なことを言う事は誰しもあり得ます。

それで、さすがに自己中心的なことを少々言っただけでは、女性はその人のことを自己中心的な人だと思わないです。

それなのに「僕は自己中心的ではない!」と言ってしまうと、たった一言、自己中心的なことを言っただけで、自己中心的だと思われてしまいますよ。

基本的に「僕は○○なタイプだ」(○○は「思いやりがある」「優しい」など自分に対するほめ言葉)ということは言わないほうがいいですけどね。

 

これらのことを理解したうえで女性にモテる会話術をマスターすると、早くモテる男になることができますよ。

 

 「女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!」へ