ガードの固いキャバ嬢を口説き落とす方法!

ガードの固いキャバ嬢 口説き落とす について

 

「いつも指名しているキャバ嬢がガードが固くてなかなか落とすことができなくて…!」
と、あなたは悩んでいませんか?

普通の女性にガードが固い女性、固くない女性がいるように、キャバ嬢でもガードが固い女性、固くない女性がいますよね。

 

ガードの固い女性を落とす方法は別のページで紹介しました。

参考ページ:ガードの固い女性を落とす方法~なかなか落ちない女性をモノにする!

 

ただし、ガードの固いキャバ嬢を落とす方法は、普通の女性とは全く違うと思ったほうがいいです。

 

そこで、ここではガードの固いキャバ嬢を口説き落とす方法を紹介します。

 

ガードの固いキャバ嬢とは?

 

通常、ガードの固い女性といえば、なかなか落とすことのできない女性、あるいはなかなかデートに誘う事の出来ない女性を指しますよね。

それは、女性が恋愛に対して慎重になっていることが多いです。

貞操観念、過去の嫌な出来事、他人の目を気にしすぎ、恋愛だけでなく人間関係そのものに慎重、など、恋愛に慎重になる理由は人によって違いますけどね。

 

それに対して、ガードの高いキャバ嬢というのは、簡単に落ちそうになかったり、あるいは店外デートに誘う事が難しそうだったりするキャバ嬢の事ですよね。

そこは普通の女性と大きな違いはありませんね。

ただ、キャバ嬢がガードを固くする理由が、普通の女性とは全然違います。

 

キャバ嬢は色恋営業をして、何回も店に来て指名してもらおうとします。

色恋営業とは、キャバ嬢が惚れているフリをしてお客様に接することです。

そして、理想は落ちそうでなかなか落ちそうにない状態になることです。

惚れているようなことは言ってくれるし、気になってはいるだろうから落ちそうだけど、まだ落とすことができない、と思ってもらえれば、お客様はキャバ嬢を一生懸命口説き落とすためにお店に通いますよね。

そうすると、売上が上がる、という事になります。

 

ただし、キャバ嬢全員が色恋営業をするわけではありません。

地方のキャバクラだと、色恋営業をするキャバ嬢がほとんどいない、なんていう話を聞いたことがあります。

ただ、都心のキャバクラだって、色恋営業をしないキャバ嬢はたくさんいます。

色恋営業をしなければ、お世辞は言ってくれるけど、それ以上のことは言ってくれないですよね。

「昔付き合っていた彼氏に似てる」とか「私のタイプ」とか、惚れたかのようなことは一切言わないです。

という事は、落ちそうだと思う事なんてないですよね。

 

色恋営業をするキャバ嬢は落ちそうだけど、色恋営業をしないキャバ嬢は落ちそうにない、という事は、単純な話、ガードの固いキャバ嬢は色恋営業をしないキャバ嬢という事になります。

さらに、アフターはしないと決めているキャバ嬢もいますので、そういうキャバ嬢はますますガードが固いという印象が強くなりますよね。

 

ガードの固いキャバ嬢を口説き落とす方法

 

キャバ嬢が色恋営業をしない理由は人によって全然違います。

色恋営業するキャラではない、色恋営業以上に売上を上げる(指名をもらう)方法を知っている、嘘偽りの気持ちを言ってまで(ダマしてまで)仕事をしたくない、仕事に対してあまり執着がない(売上にガツガツしていない)、ストーカーなど面倒なことに巻き込まれたくない、など、人によって理由は様々です。

 

ただ、これだけは言えるのは、執着の違いはあるものの、色恋営業をするキャバ嬢としないキャバ嬢と目的は同じで、指名をもらって売上を上げることです。

別に色恋営業をしなくても、気分よく話をさせれば指名してくれるお客様はいます。

ですから、ガードが固いキャバ嬢だって、色恋を使わずにお客様に楽しく過ごしてもらって指名をもらう事を考えています。

そういうことを考えないキャバ嬢ばかりいる店は、場末のキャバクラを除いてすぐに潰れるでしょう。

まあ、やる気のないキャバ嬢はどこのお店にもいるでしょうけど、そういうキャバ嬢ばかりだと終わりですよね。

 

という事は、ガードの固いキャバ嬢とガードの固くないキャバ嬢の考えていることは、さほど違いがない、という事になります。

ちなみに、口説きやすさに違いはほとんどありません。

今まで、僕は何十人ものキャバ嬢を口説き落としましたが、本当にガードが固い(恋愛に慎重な)キャバ嬢が1人だけいて、口説き落とすのにちょっと苦労をしたことがありました。

そういう例外はあるものの、ガードの固いキャバ嬢と固くないキャバ嬢、つまり、色恋営業をするキャバ嬢としないキャバ嬢とでは、口説きやすさに違いはほとんどありません。

 

キャバ嬢の口説きかたは別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 

キャバ嬢をお金をあまり使わず口説き落とす方法はないの?

キャバ嬢を口説き落とす 金を使わない について

 

「キャバ嬢を口説き落とすには、やっぱりお金を使わないといけないのかなぁ?」
と、あなたは思っていませんか?

キャバ嬢は金銭欲が普通の女性よりも強いはず、だからお金を使ったほうがキャバ嬢を口説きやすくなる、と思いがちですよね。

また、キャバクラで高いボトルなどを入れると、キャバ嬢はかなり喜んでくれますし、そういうのを見ていると売上に貢献したほうがいいのかなぁ?なんて思ってしまいますよね。

 

そうすると、キャバクラには信じられないほどお金を使う人もいますから、普通のサラリーマンにはキャバ嬢を口説くことができない、なんていう事になってしまいますよね。

 

では、本当にキャバ嬢を口説き落とすにはお金をたくさん使う必要があるのでしょうか?

なるべくお金を使わずしてキャバ嬢を口説き落とすことはできないのでしょうか?

 

キャバ嬢を口説き落とすにはお金を使わないといけないのか?

 

キャバクラでたくさんお金を使うお客様は、かなり大切にされるというのは想像できますよね。

ボディタッチが増えたり甘えたりするなど接客態度は明らかに変わりますし、アフターや店外デートに付き合ってくれるようになったりしますし、、、

ボーイさん(男性従業員)だけではなく、キャバ嬢の態度も明らかに変わりますよね。

 

でも、よく考えてください。

これって本当にキャバ嬢にモテている状態なのでしょうか?

これって本当にキャバ嬢が惚れているのでしょうか?

 

冷静に考えれば、キャバ嬢が惚れているわけではない、というのがわかるのではないでしょうか。

キャバ嬢はお客様として大事にし、サービスを良くしているわけですよね。

お客様として大切にするのと、男として好きになるのとでは全然違います。

 

例えば宝飾店などで、いつも高いものを買っていく女性がいたら、ものすごく大切にしますよね。

テレビで見たんですが、ある店にはVIPルームがあって、売上が一定額を超えているとVIPルームに招待されて、かなり大切に扱われるそうです。

では、60歳を超えた、しわくちゃだらけのおばあちゃんを男性従業員がVIP扱いし、明らかに他のお客様よりも好待遇をしているのは、その男性従業員は女性に惚れているからなのでしょうか?

まさかそれはないだろう、という事は想像できるのではないでしょうか?

 

それと同じで、売上の高いお客様を大切にするのは、男として好きだからではありません。

単純にお客様として大切にしているだけです。

そして、キャバ嬢がお客様に売っているものは基本的に恋です(例外は多いですが)。

それで、売上の高い大切なお客様には、最高の疑似恋愛をしてくれるんです。

ただし、それはあくまでも疑似恋愛です。

キャバ嬢にとって最大のサービスは、どれだけ上手に惚れているフリをするか、と言っていいでしょう。

ですから、傍から見たらお金を使っているお客様に惚れているように見えるんです。

でも、それはキャバ嬢のサービスであって、本当に惚れているわけではありません。

 

という事は、お金を使ってもキャバ嬢を口説き落とすことはできない、という事になります。

 

よく、お金を持っている男性、給料の高い男性、社会的地位の高い男性はモテる、といいますよね。

しかし、お金や地位のある人は、モテない要素を持ってしまう傾向もあります。

それは、お金や地位で女性を惚れさせようとすることです。

お金を見せびらかす、地位が高いことをスキを見つけて話す、これらの行為って自慢しているのと同じですよね。

自慢する行為は軽蔑に値します。

ですから、お金を持っていたり地位が高いことを自慢したりすると、女性が惚れなくなってしまうのです。

お金を持っている、というモテる要素を打ち消し、女性にモテない要素に変わってしまいます。

それで、キャバクラでお金を使うという事は、お金を持っていることを自慢しているのと同じになります。

キャバクラでたくさんお金を使う理由は、キャバ嬢からいい目で見られたいからです。

という事はお金を持っていることを自慢していることになりますよね。

だから、キャバクラでお金を使っても、キャバ嬢はまず惚れないですし、内心は男として(人間として)軽蔑すらしているんです。

また、詳しい説明は省きますが、お金を持っていることを自慢して女性を言いなりにしようとする行為は、女性の本能から見ると軽蔑する行為になります。

そういった点から考えても、お金をたくさん使ってもキャバ嬢を惚れさせることはできません。

 

ですから、キャバクラでお金をたくさん使ってもキャバ嬢を落とすことはできないですよ。

枕営業はしてくれるかもしれませんけどね。

 

キャバクラでお金をたくさん使うくらいなら、お金がないことを認め、それでもなんとかやりくりしながらも店に来ていることをアピールしたほうがましなんですけどね。

ただ、そんなことをしてもキャバ嬢を落とすことは非常に難しいですよ。

そういう人が多すぎるので、他のお客様との差別化ができません。

ただ、お金をたくさん使って口説き落とそうとするよりかはましだ、というだけの話です。

 

キャバ嬢をお金をあまり使わずに口説き落とすには?

 

キャバ嬢を口説き落とすには、たくさんお金を使ってはいけません。

そして、一度お客様と見られてしまったら、そこから男として見てもらうようにするためにはかなり大変です。

それで、お金をどれだけ使うにかかわらず指名し続けてしまったら、キャバ嬢はお客様としか見なくなりますので、口説き落とすことがものすごく難しくなります。

 

キャバ嬢を口説き落とすには、お店に通って指名し続けてはいけないんです。

そうではなくて、お店に行かなくてもプライベートで会う事の出来る関係になったほうが簡単に口説き落とすことができるんです。

キャバ嬢に「この人はお店に来ない!」と思わせることができたら、もうお客様として見なくなりますよね。

そして、キャバ嬢は普通の人と生活パターンが全然違う事もあって出会いがありません。

そういったこともあって、キャバ嬢は簡単に口説き落とすことができるんです。

また、お店に行かないわけですから、お金もさほどかからないですよね。

ただ、1~3回はお店に行かないといけないので、その時のお金は必要ですけどね。

しかし、何回も通い続けるのに比べたら、全然お金はかからないですよね。

 

キャバ嬢の口説き方については別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらを参考にしてください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

キャバ嬢にとっていい客になると口説き落とすことができるか?

キャバ嬢 いい客 口説き落とす について

 

「キャバ嬢のいう事を聞いていれば、優しいと思われて惚れてくれるのではないか?」
と、あなたは思ったことがありませんか?

キャバ嬢にとっていいお客様とは、営業メールをすれば店に来てくれ、ボトルやフードを頼みたい、といえばすぐに頼んでくれて、帰ろうとしたときに延長をねだればすぐに延長してくれて、という感じに、何でも言う事を聞くお客様の事ですね。

もちろん、アフターや店外デートをしなくても言う事を聞いてくれる、というのもいいお客様の条件の一つですけどね。

 

普通だったら、女性の言う事を何でも聞いていると、口説き落としやすくなります。

ただ、女性の言う事を聞いているだけだと、ただのいい人で終わってしまいがちなので、それにプラスアルファが必要になります。

しかし、女性の言う事、あるいはわがままを聞いてあげないと口説き落とすことが難しくなります。

特に美女、かわいい女性はその傾向が強くなります。

 

では、キャバ嬢も同様に言う事を聞く、つまりいいお客様になれば、口説き落としやすくなるのでしょうか?

 

キャバ嬢にとっていい客になると口説き落としやすくなる?

 

まずは結論から言うと、キャバ嬢の言いなりになると、まず口説き落とすことができなくなります

 

キャバ嬢の本心は、楽して売上を上げたい、ということです。

それで、アフターに一切付き合わず、店外デートも一切しなくても売り上げに貢献してくれるのであれば、アフターや店外デートは断ります。

アフターや店外デートするくらいなら、早く家に帰って寝たいでしょうからね。

そして、営業メールをすれば店に来てくれる、あるいは同伴してくれる(基本的にキャバ嬢は同伴すると給料が高くなります)、ドリンクやフードが欲しいと言えば、すぐに頼んでくれる、これはキャバ嬢にとってかなり都合のよい、楽して売上を高くできるお客様です。

それに対して、他のお客様にはもう少し気を使います。

次に指名してもらうために、どうしたらいいのか必死で考えながら接しているのです。

 

という事は、都合の良いお客様のことをキャバ嬢はナメている、というのはわかりますか?

「あの客は一言いえば、ドリンク入れてくれる!」
「あの客は、メールしたらすぐに店に来てくれる!」
これって、ナメていることになりますよね。

サービスをしなくても一言でいう事を聞いてくれる、そう思われたらナメられている、という事になりますよね。

 

では、女性はナメた男性に惚れることはあるのか、というと、はっきりいってそれはあり得ないです。

ただの都合のよい男性のことを好きになることは、まずありません。

そして、キャバ嬢はお客様としか見ていないわけですよね。

キャバ嬢がお客様だと思い込んだ男性のことを好きになる可能性は、ゼロと言っていいでしょう。

人が一度思い込んだことを変えるのは、かなり難しいですからね。

 

ですから、キャバ嬢にとっていいお客様になると、キャバ嬢を口説き落とすことはできなくなります。

 

キャバ嬢を口説き落とすには?

 

ちなみに僕はキャバ嬢を指名し続けて口説き落としたことが1度しかありません。

そのキャバ嬢も落とす寸前は店に行かなくなりましたからね。

 

ただ、枕営業をさせたことは何回かあります。

キャバ嬢に枕営業をさせるには「ナメたら二度と指名しない!」という態度を取ることです。

もちろん、それを露骨に口にすると、ものすごくイヤなお客様になるので、枕営業をしてくれる可能性は低くなります。

文句も言わず、感情的になることもなく、基本的に丁寧に接しながらも、ナメたら二度と指名しません、という態度を取るんです。

 

これは、どうしたらそのように思われるのか、具体的な行動を示せと言われても難しいです。

例えば、帰ろうとしたときに
「もう少しいてほしい!」
と言われた時に、
「勘弁してよ、明日早いから!」
なんて断るようにするといいですよね。

また、営業メールが送られてきたときに、
「ごめん、今日忙しいから…」
と断るようにするといいですよね。

これだけだと、いいお客様でもなく、悪いお客様でもなく、ただの普通のお客様になってしまうんですけどね。

これにプラス、最低でも1週間に1日くらいのペースでお店に行くと、ある程度は大切なお客様になる(人気キャバ嬢なら売上も大切になる)から、ナメられることはないし、他のお客様よりも扱いが良くなりますよね。

あと、アフターに誘って断ったら、しばらくお店に行かなかったり、メールがきても返信しないようにしたりして、1ヶ月くらい間をあけてからお店に行くとアフターにOKしてくれやすくなりますね。

 

そういった、断るべきことは断る、キャバ嬢がアフターなどの誘いを断るなど言う事を聞いてくれなかったら冷たい態度を取る、などすると、ナメたらお店に来てくれなくなる、と思われるようになりますよ。

 

そして、アフターの時にホテルに誘って断った時に、しばらく冷たい態度を取り続けたりしていると、枕営業をOKしてくれることがあります。

ただし、枕営業を絶対にしない、というキャバ嬢もいますし、そこまでして売上を上げたいなんて思わない、というキャバ嬢もいますが、そういうキャバ嬢は何をしても枕営業をしてくれないと思います。

 

しかし、僕はキャバ嬢を指名し続けて落とす方法を知りません。

ちなみにここではキャバ嬢を落とすというのは、お店に行って指名しなくてもプライベートで会うことができ、そしてHできる状態を指します。

あまりにもキャバ嬢のいう事を聞かないと口説き落とすのは難しくなるでしょうし、逆に言う事を聞きすぎるとナメられますしね。

恐らく、いいお客様と思われる前に惚れさせないといけないと思いますよ。

惚れた人にナメた態度はまさか取らないと思いますからね。

ただ、僕はキャバクラでキャバ嬢を口説き落としたことがありませんので、それが正しいのかはよくわからないです。

 

しかし、僕はキャバ嬢を1~2回指名しただけで口説き落としたことは何十回もあります。

キャバ嬢にお客様と思われる前にお店以外で会う事が出来るようにして口説き落としています。

そうすれば、キャバ嬢はめちゃくちゃ簡単に落とすことができるんです。

 

キャバ嬢を落とす方法は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

聞き上手でキャバ嬢を落とせる?~聞き上手の男はモテるけど…

聞き上手 キャバ嬢 落とす について

 

「聞き上手になると狙った女性を落とすことができるっていうけど、キャバ嬢にも聞き上手になると口説き落とすことができるのかなぁ?」
と、あなたは考えたことがありませんか?

聞き上手になると、簡単に女性を口説き落とすことができるようになります。

勝手に落ちてしまう、という感じですね。

聞き上手については別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

参考ページ:「聞き上手はモテる!~口説かなくても女性を落とすこともできる!」へ

 

では、キャバ嬢も同じように聞き上手になると、口説き落とすことができるようになるのでしょうか?

 

聞き上手でキャバ嬢を口説き落とすことができる?

 

まず、聞き上手がモテる理由から超簡単に紹介します。

聞き上手とは相手に話をさせるのが上手ということです。

女性に限らず男性もそうですが、人の話を聞いているのは苦痛ですが、自分が話をしていると楽しくなってきます。

自分の好きなことを語っていると、なんだかいい気分になりますよね。

ですから、女性に話をさせるという事は、女性を喜ばすことになりますので、モテるという事になります。

 

では、キャバ嬢に対して聞き上手になろうとするとどうなるのでしょうか?

 

まずは人気キャバ嬢の場合からです。

多くの場合、キャバ嬢に話をさせようと思っても、気がついたら自分が話をしていた、という事が多いです。

人気キャバ嬢は基本的にかなりの聞き上手です。

しかも、毎日お客様に話をさせようと頑張っています。

ですから、どういった状況になろうとも、お客様に話をさせるのが上手です。

そんなキャバ嬢に対して聞き上手になろうと思っても、かなり難しいです。

ちょっと練習をしたところで、人気キャバ嬢にはかなわないでしょう。

 

次にそこそこのキャバ嬢の場合です。

なかには、さほど聞き上手ではないキャバ嬢もいます。

聞き上手ではないのに人気のあるキャバ嬢もいるにはいるんですけどね。

勝手に話し続けるキャバ嬢が付いたことがありますが、そのキャバ嬢は店の人気No.2という事でしたから、さすがにびっくりしましたけどね。

僕はさすがに指名しませんでしたよ。

あと、新人キャバ嬢だと一生懸命話し続けることがありますよね。

そういうキャバ嬢の場合、指名を取るために一生懸命話をします。

つまり、キャバ嬢は自分が思っていることを言っているのではなく、ウソをついてでもお客様に受けることを言います。

 

「どんなタイプの男性が好みなの?」
と聞くと、僕に対しては、
「年上のほうが落ち着いているからいい!40代が一番いいと思う!」
と答えるキャバ嬢が多いです。

これはどういうことかと言うと、40代のお客様に対しては「40代の男性がタイプ」といい、30代のお客様には「30代の男性がいい」といい、20代のお客様には「20代の男性がいい」と言っているんです。

そのほうがお客様に受けるからです。

 

また、好きな芸能人を聞くと、僕に対しては40代の男性タレント(特に芸人)と答えるキャバ嬢が多いです。

30代のお客様には30代の男性タレントが好きだと、そして、20代のお客様には20代の男性タレントを応えているようです。

そして、なぜかお笑い芸人さんと答えるキャバ嬢が多いです。

その理由を僕が口説き落としたキャバ嬢何人かに聞いたんですが、全員が
「お笑いタレント(ルックスの悪いタレント)のことを好きだと答えたほうが、(理由はわからないけど)なんだか受けがいいのよね!」
なんて言っていました。

言っている本人ですら、お笑い芸人が好きだと答えると受けがいい理由が分かっていないようです。

 

という事は、キャバ嬢はお客様に対して言いたいことを言っているわけではなくて、指名をもらうために自分をアピールしている、という事になります。

これは、就職活動の面接のときなど自分をアピールすることがあると思いますが、それと同じですよね。

就職活動の時の面接って面接を受ける側が話す量が多いと思いますが、誰も楽しいなんて思わないですよね。

それと同じで、キャバ嬢が自分をアピールするために話をし続けたところで、楽しいなんて思わないんです。

これでは口説き落とすことができないですよね。

 

ということは、人気キャバ嬢もそうではないキャバ嬢も、聞き上手になっても落とすことができない、という事になります。

 

キャバ嬢を口説き落とすには?

 

ちなみに僕はキャバ嬢を指名し続けて口説き落としたことはありません。

1年以上指名し続けたキャバ嬢を口説き落としたことがありますが、それでも最後は指名しなくなりましたよ。

 

また、僕の知り合いでキャバ嬢以外の女性ならほぼ100%の確率で狙った女性を口説き落とすことが出来ている人がいますが、その人はキャバ嬢を口説き落としたことはありません。

何人かのキャバ嬢を口説こうとしていましたが、全然落とすことができなかったんです。

 

また、ナンパが得意で美女を喰いまくっている知り合いもいますが、その人もキャバ嬢を口説き落としたことがありません。

キャバクラでキャバ嬢を落とすことができなかったのに、その後にクラブに行ってナンパしてそのまま女性をお持ち帰りしているんです。

 

キャバ嬢を指名し続けて口説き落としている人は僕の知り合いで1人いますが、その人はキャバ嬢以外はほぼ100%の確率で狙った女性を口説き落とすことができています。

しかし、狙ったキャバ嬢を口説き落とすことができた確率は20%くらいです。

かなりのイケメンでモテる条件はすべてそろっている、と言ってもいいくらいなのに、そして、今まで何百人もの女性を口説いてきた経験があるのにもかかわらず、キャバ嬢を口説き落とすことのできる確率は20%くらいなんですよ。

 

これらのことから、キャバ嬢を口説き落とすのはどれだけ難しいのかが分かると思います。

 

しかし、キャバ嬢にとってお客様ではなく男友達になる、つまり、お店に行かなくても会う事ができる関係になると、キャバ嬢はめちゃくちゃ簡単に落とすことができるんです。

キャバ嬢は精神的に不安定な人が多いですが、それが理由なのか、それともただ尻軽な女性が多いからかわかりませんが、 とにかくびっくりするほど簡単に落とすことができるんです。

僕はキャバ嬢を指名し続けて口説き落としたことはありませんが、数回指名してからプライベートの関係に持ち込んで口説き落としたことは何十回もあります。

 

キャバ嬢の口説き方は別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

キャバ嬢に同伴を断られた!その理由と対処法!

キャバ嬢 同伴 断られる 理由 対処法 について

 

「キャバ嬢を同伴に誘ったら断られた!?」
という事って今までありませんか?

キャバ嬢にとって同伴は確実に指名をもらえるし、同伴そのものがキャバ嬢の給料に反映されることが多いので、キャバ嬢にとってうれしいはずです。

しかし、それにもかかわらずキャバ嬢が同伴を断るって、よっぽど嫌われているのかなぁ?なんて悩む人って多いですよね。

 

そこで、ここではキャバ嬢が同伴を断る理由とその対処法を紹介します。

 

キャバ嬢が同伴を断る理由

 

キャバ嬢は基本的に同伴に誘われたら断らないです。

大嫌いなお客様に誘われたとしても、よっぽど仕事を舐めていないか、よっぽど嫌っていない限り断らないです。

しかし、それでも同伴を断ることがあります。

 

キャバ嬢が同伴を断る理由は以下の通りです。

 

 他のお客様と同伴の約束をしている

他のお客様とすでに同伴する約束をしている場合、断らないといけないですよね。

1度に2人も3人も同時に同伴するわけにはいかないですから、先に誰かと約束をしていたら、同伴を断ります。

この時は「また次回お食事に行きましょう(同伴しましょう)!」という事を言ってくれることが多いですし、キャバ嬢によってはいつ同伴するかを約束してしまう事もありますよ。

ただ、あまり先のことを約束してしまうとお客様に悪いかな?と考えて「また次回に!」とだけ言うキャバ嬢のほうが多いと思います。

お客様によって言う事を変えることもあるみたいですけどね。

同伴に誘ったら、店の近くで待ち合わせをしてそのまま一緒にお店に行くだけ、なんてことがありますが、それだけで同伴料が発生します。

そういったことをせず断ってくれただけでもいい娘だと思ったほうがいいですよ。

 

 他のお客様と同伴したほうがメリットが大きい

同伴しないとお店に来ないお客様はいます。

その場合、同伴しなくても来てくれるお客様に誘われても断ってしまうことがあります。

 

 昼の仕事の関係で無理

昼の仕事が終わってすぐキャバクラに出勤しないといけない場合、同伴は無理ですよね。

ただし、このような嘘を言って同伴を断ることもあります。

これはお店によって違いはありますが、東京都心部(山手線沿線とその内側)の場合、キャバ嬢の出勤時間がPM10時以降であれば、信憑性はある、と考えていいでしょう。

PM9時以前であれば、同伴の場合は出勤時間を1時間くらい遅らせることができる店が多いので、ひょっとしたら別の理由で断っているのに「昼の仕事が遅くまであるので同伴する時間がない!」と言っている可能性があります。

お店によって違いはありますが、同伴をするしないにかかわらず午後10時までには出勤しないといけないところが多い、ということです。

 

 危険を感じた

「何か変なことをされるのではないか?」と思ったら、キャバ嬢によっては同伴を断ります。

これは、普段から下ネタばかり話していたり、触っていたりすると、キャバ嬢は「変なことをされるのでは?」と思ってしまいます。

また、店から遠い場所で待ち合わせの約束をしようとすると、このように思われる場合があります。

 

 仕事を舐めている・やる気がない

仕事を舐めていたりやる気のないキャバ嬢であれば、同伴に誘われても断るでしょう。

 

キャバ嬢を同伴に誘ったら断られたときの対処法

 

キャバ嬢と同伴したいのであれば、同伴しないとお店に行かない、という態度を示せばいいです。

同伴に誘うという事は、お店に行けるという事を示しているようなものですよね。

という事は、同伴に誘って断られたときにお店に行かなければ、キャバ嬢は「同伴しないとお店に来てくれないのかなぁ?」と思ってくれます。

それだけで、同伴してくれる可能性は高くなります。

 

人気キャバ嬢によっては、太くない(売上が少ない)お客様は相手にできない、なんていう事があるかもしれませんが、そんなことはめったにないですよ。

同伴に誘って断られたらお店に行かない、それだけで同伴してくれる可能性は高くなりますよ。

 

キャバ嬢が同伴に誘う時に、
「特別な人としか食事に行かない(同伴しない)!」
と言う事があります。

それを信用してしまって、「キャバ嬢は気のあるお客様としか同伴しない!」と思い込んでいる人は多いですよね。

ただし、これはキャバ嬢のウソです。

同伴は給料が発生します。

という事もあって、同伴はキャバ嬢にとって仕事です。

お店で接客しているのと同じですよ。

男性従業員が見ていないから、お客様に変なことをされる危険性がある、ということだけが違うところです。

 

ですから、同伴ができたからそのキャバ嬢を落とすことができる、とか、同伴を断られたからキャバ嬢を落とすことができないとか、そういうことはありません。

同伴できたからといって、そのキャバ嬢が脈ありなのかといえばそういう事はありません。

また、同伴をすればキャバ嬢と距離を縮めることができるのかといえば、そういう事もありません。

キャバ嬢に同伴を断られたからといって、「キャバ嬢に嫌われているのかなぁ?」なんて悩む必要はありませんよ。

 

キャバ嬢を口説き落とすには、同伴をする必要はありません。

むしろ、同伴をしないほうがいいです。

お店に行かなくても会う事の出来る、プライベートの関係になったほうが、よっぽど簡単にキャバ嬢を落とすことができます。

 

キャバ嬢の口説き方は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

キャバ嬢が同伴をドタキャンする理由!

キャバ嬢 同伴 ドタキャン について

 

「キャバ嬢と同伴の約束をしていたのに、ドタキャンされてしまった!」
なんてこと、今までありませんか?

こんな時、キャバ嬢はいろいろ言い訳をすると思いますが、
「本当なのかなぁ?」
と、疑問に思ってしまいますよね。

 

僕はキャバ嬢と同伴の約束をしていたのに、ドタキャンされたことは何回もあります。

もちろんそんなことをするキャバ嬢は2度と指名しませんけどね。

そんなことをされた時、僕は、
「よっぽど僕に店に来てほしくないと思っているのかなぁ?」
なんて、思ったことがあります。

 

そのことで、キャバ嬢から話を聞くことができました。

僕が口説き落としたキャバ嬢で、今ではキャバクラに行かなくても2人でデートできる関係ですから、本音を話してくれたんだと思います。

そこで、そのキャバ嬢が話していた、同伴をドタキャンする理由を紹介します。

a0001_009298

 

キャバ嬢が同伴をドタキャンする理由

 

キャバ嬢が同伴をドタキャンする理由は大きく2つあるそうです。

 

1つは太い客(売上の高いお客様)から急に同伴に誘われた時に、他のお客様との同伴をドタキャンして太い客と同伴することがある、ということです。

まあ、売上が給料に直結するキャバ嬢にとっては、太い客を優先するのは、当然と言えば当然ですね。

この時は、あらかじめ同伴の約束をしていたお客様が店に来なくなるのを覚悟することもあるそうです。

ただ、その恐れがある時は、なるべく太い客の機嫌を損ねないように断って、あらかじめ約束をしていたお客様と同伴するように頑張るみたいですけどね。

どこまで頑張るかはキャバ嬢次第みたいです。

ただ、基本的に太い客はわがままなので、急な同伴の誘いでも断ることができないことが多いそうです。

 

もう1つの理由は、ドタキャンしても店に来て指名し続けてくれるだろう、と思われているから、ということです。

同伴はキャバ嬢にとっては仕事です。

誰だって時には「仕事をさぼりたい!」と思う事ってありますよね。

それで、仕事をナメている人はサボってしまう事もあるでしょう。

それと同じような感覚で同伴をドタキャンする、ということです。

 

キャバ嬢は、指名が減ったら給料が減ります。

ですから、指名が減らないように頑張ります。

ただ、指名が減らないだろうと思ったら、平気でサボることがあります。

つまり、同伴の約束をしたのにもかかわらずドタキャンするという事は、ドタキャンしても指名し続けてくれるだろうと思っているからできることだ、ということです。

ドタキャンしたら指名してくれなくなる、という事がわかっていてもドタキャンするようなやる気のないキャバ嬢は、場末のキャバクラでしか働けないだろう、なんて言っていましたよ。

 

キャバ嬢が同伴をドタキャンする主な理由は以上の2つだそうです。

 

ただ、なかには賢いキャバ嬢もいて、確実に来店してもらうためにわざとドタキャンすることもあるそうです。

他のお客様と同伴する約束をしているのにもかかわらず、平気で同伴の約束をして、当日ドタキャンして確実に来店させるんです。

同伴をする約束をした当日、
「お昼の仕事で急に残業になっちゃった!○時には行けると思うからそれまで待っててもらっていい?」
なんていう感じのメールを送るそうです。

そして、○時になったら、
「お店に頼んで出勤時間をずらしてもらって、□□さんとご飯行こうと思ったけど、ダメだった!お店の前で待っているから来てもらっていいかな?」
とメールすれば、確実にお店に来てくれますよね。

お店の前で待ち合わせをしたら同伴したことになるので、ドタキャンされたのに同伴料を取られる、という、とんでもない事になってしまうんですけどね。

僕がこんなことされたら、
「なんでドタキャンされたのに同伴料を払わないといけないんだ!」
「なんで、ドタキャンされたのに、わざわざ店に行って指名してあげないといけないんだ!」
などとメールして帰りますけどね。

ただ、僕のように機嫌を損ねて帰る人もいるので、そういうことをして大丈夫なのか見極めてはいるだろう、ということです。

ただ、こういうことをするキャバ嬢は少ないだろう、ということです。

 

同伴をドタキャンしたキャバ嬢を口説くことってできる?

 

さて、同伴をドタキャンしたキャバ嬢を口説こうと思っても、それはかなり難しいです。

同伴をドタキャンするという事は、基本的にナメられているという事になります。

そんなキャバ嬢を口説くのは無理でしょう。

 

太い客から急に同伴の誘いが来た場合は仕方ないところはあるにしても、基本的にナメている、と考えていいでしょう。

「ナメたことをしても、そこは温かく見守ってあげる包容力があるところをみせれば、キャバ嬢は惚れてくれるのでは?」
なんて言っていた人がいましたが、その可能性は限りなくゼロに近いです。

「あのお客様は、少々無礼なことをしても大丈夫!」
と思われて、ますますナメられてしまうのが落ちでしょうね。

 

一度キャバ嬢にナメられたら、そのキャバ嬢を口説き落とすのはかなり難しいです。

しかし、方法がないわけでもないでしょう。

 

キャバ嬢を口説く方法は別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

キャバ嬢を口説く心理テクニック~小手先のテクニックで落ちる?

キャバ嬢 口説く 心理テクニック について

 

「テレビや雑誌を見ていると様々な心理テクニックが紹介されているけど、それでキャバ嬢を口説き落とすことができるかなぁ?」
と、あなたは思ったことはありませんか?

いつも指名しているキャバ嬢を口説き落としたいと思っても、なかなか口説き落とすことができないと思います。

落ちそうなんだけど落ちない、そういう状態が続くことが多いのではないでしょうか?

それで、恋愛心理テクニックが紹介されているのを見ると、ついつい試したくなったりもしますよね。

でも、使ってみても効果があったのかよくわからず、相も変わらず落ちそうで落ちない、そんな状態が続いてしまう事が多いのではないでしょうか?

a0001_017444

 

そこで、ここではキャバ嬢を口説くのに効果的な心理テクニックはあるのか紹介します。

 

キャバ嬢を口説くのに効果的な心理テクニックとは?

 

キャバ嬢を口説き落とすのにまず知っておいたほうがいいのは、キャバ嬢はお客様に口説き落とされないように頑張っている、ということです。

キャバ嬢がお客様に口説き落とされたら、そのお客様はもう指名してくれなくなります。

プライベートで会う事の出来るキャバ嬢(口説き落としたキャバ嬢)のためにわざわざお店に行って指名する人ってまずいないですよね。

という事は、キャバ嬢の指名本数・売上が減ります。

キャバ嬢の給料は売上と指名本数によって決まります。

という事は、指名本数、売上が減ってしまったら、給料が減ります。

キャバ嬢は普通にOLと比べると金銭欲が強いです。

ですから、もしお客様に惚れたとしても、口説き落とされないように頑張ってしまうのです。

 

という事は、お客様がキャバ嬢を落とすテクニックは勉強している、と考えていいです。

キャバ嬢はほぼ毎日のようにお客様に口説かれています。

ですから、意識して勉強しなくてもお客様がどのような方法で口説くのかわかってしまいます。

そして、キャバ嬢はお客様を惚れさせようと様々なテクニックを駆使します。

男性を惚れさせる心理テクニックと女性を惚れさせる心理テクニックは、共通しているものが多いです。

という事は、お客様よりもキャバ嬢のほうが心理テクニックを知っている、という事になりますよね。

お客様が心理テクニックを使っているとわかったら、キャバ嬢はそれに対して自分を守ろうと防御します。

という事は心理テクニックを使ったことでガードが固くなり、逆に口説きにくくなる、という事になってしまうのです。

 

という事は、キャバ嬢を口説き落とす心理テクニックは、キャバ嬢が知らない心理テクニックを探すしかない、という事になります。

「じゃあ、それはなんなの?」
と、あなたは聞きたくなりませんでしたか?

 

その心理テクニックは、僕にもわかりません。

恐らく実際にキャバ嬢を惚れさせるのに効果的な心理テクニックはないと思います。

キャバ嬢はあらゆる心理テクニックを身に付けています。

ですから、キャバ嬢が認識していないような、キャバ嬢を口説き落とすことのできる心理テクニックはない、と考えたほうがいいでしょう。

 

キャバ嬢を口説き落とすのに効果的な方法としてよく言われるのが、「聞き上手」と「けなして持ち上げる」の2つです。

これは一理あります。

 

キャバ嬢は口説き落とすとわかるんですが、ビックリするくらいよく話す人が多いです。

普通のOLの何十倍、何百倍も話をするんじゃないか、と思えるくらい一方的に話をする人が多いです。

普段、お客様の話を聞いているので話をすることができず、その憂さ晴らしじゃないですけどプライベートでは逆によく話してしまうんでしょうかね。

だから、キャバ嬢に話をさせるのが上手な男性はモテるでしょう。

 

ただし、キャバ嬢に対して本当の意味で聞き上手になることはかなり難しいです。

キャバ嬢に話をさせようとしても、気がついたら自分が気分よく話をしていた、なんてことがあります。

特に人気キャバ嬢がついた場合、このようになる傾向が強いですけどね。

キャバ嬢の方が一枚上手ということですね。

また、キャバ嬢に話をさせると、お客様に気に入ってもらおうと心にもないことを話し続けることもあります。

いくら聞き上手はモテるといっても、心にもないことを話させて本当にキャバ嬢が惚れてくれるのでしょうか?

心にもないことを話しているという事は、キャバ嬢はお客様としか見ていないということです。

指名し続けてもらうために一生懸命アピールしているだけです。

聞き上手がモテるというのは、言いたいことを言う事ができると気分が良くなるからです。

お客様からの印象を良くするために一生懸命話をしたところで気分が良くなることはない、というのは想像できますよね。

普通の会社で例えると、取引先にプレゼンテーションするのと同じレベルです。

プレゼンテーションの内容を取引先から褒められたりしたらうれしいですけど、それと恋愛感情を持つこととは次元が全然違いますよね。

仕事のことで褒められてもそれが恋愛感情につながるかといえば、それはまずないです。

キャバ嬢に話をさせるという事は、お客様に好印象を持ってもらうためにアピールしていることになります。

それでキャバ嬢が話していることを褒められたり同意されたりするという事は、仕事を褒められるのと同じです。

ですから、恋愛感情につながることはまずありませんので、キャバ嬢に話をさせても口説き落とすことはなかなか難しいのです。

また、新人のキャバ嬢に多いんですが、一生懸命話をするのが仕事だと思っているかのように頑張って話をするキャバ嬢がいます。

この場合も仕事として話をしていることになりますので、先ほどの心にもないことを言うのと同じですよね。

 

また、キャバ嬢を「けなして持ち上げる」と口説き落としやすくなります。

これは、感情の動きが激しくなると女性は恋心を持つようになるのですが、キャバ嬢は精神的に不安定な人が多いので感情が大きく動きやすいんです。

つまり、ちょっとしたことで落ち込んだり、逆に大喜びをしたりします。

だから、けなしたときに大きく落ち込むけど、少し褒めただけで泣きそうになるくらい喜ぶので恋愛感情を持たせることができる、という事になります。

キャバ嬢は説教をした後に褒めると落ちやすい、なんて言われていますけど、これは一理あります。

 

ただし、キャバ嬢をけなして持ち上げることで感情を大きく動かすのはかなり難しいです。

キャバ嬢は毎日のように口説かれています。

という事は、毎日褒められている、という事になります。

「キレイだね!」
「スタイルいいね!」
「ドレス似合っているよ!」
「気が利くね!」
「○○ちゃんといると楽しい(癒される)!」
なんて当たり前のように言われているようです。

毎日のようにそんなことを言われると、それが当たり前になるのでうれしいとも何とも思わなくなるでしょう。

だから、キャバ嬢を褒めて喜ばすのは至難の業です。

それと同時に毎日のようにけなされたり説教をされたりしています。

「水商売をしていると親兄弟はどう思うんだろうね!」
「男をだますような仕事をして罪悪感は感じないの?」
「お前の接客態度はなってない!」
「お腹周りヤバいね(と言ってお腹の肉をつまむ)!」
「お前ブスだなぁ!」
なんて、しょっちゅう言われているそうですよ。

どんなに嫌なことでもしょっちゅう言われ続けたら慣れてしまうので、感情があまり動かなくなります。

という事は、かなりけなさないとキャバ嬢の感情は動かないです。

度を越したら出禁(店への出入り禁止)になる恐れがありますし、そこまでいかなくても男性従業員にお願いして、イヤなことを言うお客様に付く時間を短くしてもらうこともあるそうですしね。

だから、一生懸命けなそうとすると、運が悪いと狙っているキャバ嬢と話ができなくなるおそれがあります。

という事は、キャバ嬢をけなして持ち上げて口説き落とすのも至難の業という事になります。

 

キャバ嬢は毎日のように何人ものお客様に口説かれています。

ですから、口説かれることに対して免疫が付いています。

という事は、心理テクニックを使って惚れさせようと思っても、キャバ嬢のほうが一枚上手なのでなかなか落とすことができないですよ。

 

キャバ嬢を口説き落とすには?

 

ここまで読んで、
「キャバ嬢を口説き落とす方法はないのかなぁ?」
なんて思って落ち込んだ人もいるかもしれません。

でも、勘の鋭い人なら、キャバ嬢は根は口説き落としやすいタイプだと気が付くのではないでしょうか?

キャバ嬢はプライベートでは一方的によくしゃべる人が多いです。

という事は、勝手に話をするので、意識して聞き上手にならなくてもそうさせられてしまうのです。

また、少しのことで感情が大きく動きます。

だから、けなして持ち上げようとしなくても、勝手に落ち込んで、そして勝手に喜んでしまうのです。

そして、キャバ嬢は仕事中はお客様に惚れさせようとしながらも口説かれないように気を張っているせいか、仕事から離れると口説かれないようにしよう、軽い女に見られないようにしよう、という気持ちがぶっ飛んでしまっているような感じもします(本当は根が尻軽だけなのかもしれませんけどね)。

しかも、キャバ嬢はお客様以外の男性との出会いがほとんどありません。

普通のサラリーマンと働いている時間が逆なので、出会いはほとんどないでしょうね。

以上のことからもその他のことを考えても、キャバ嬢はプライベートの関係に持ち込むと簡単に口説き落とすことができます。

 

僕は今まで何十人ものキャバ嬢を口説き落としましたが、店に通って指名し続けて口説き落としたことが一度もありません。

指名は多くても3回まで、運が良いと場内指名(フリーで店に入り、初めてキャバ嬢を指名)だけで、あとはプライベートの関係になることで落とすことができています。

その方法については別のページで紹介しましたので、興味のある方はそちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

キャバ嬢と付き合う方法~最低限これを押さえないと付き合えない!

キャバ嬢 付き合う 方法 について

 

「指名しているキャバ嬢に本気で惚れてしまったけど、付き合う方法はないかなぁ?」
と、あなたは悩んでいませんか?

何回もお店に通ってキャバ嬢を指名しても、落ちそうで落ちない状態が続くことが多いのではないでしょうか?

それで、「キャバ嬢と付き合いたいけどどうしたらいいんだろう?」と悩む人ってかなり多いですよね。

 

そこで、ここではキャバ嬢と付き合う方法を紹介します。

最低でも押さえておかないと、キャバ嬢と付き合う事の出来ないことばかりです。

 

キャバ嬢と付き合うために知っておきたいキャバ嬢特有の心理

 

まず、キャバ嬢と付き合うには、キャバ嬢特有の心理を知る必要があります。

キャバ嬢は普通の女性と心理が全く違います。

そこを理解していないと、「散々貢いできたのに、全然相手にしてくれない!」なんていう事になってしまいますよ!

 

キャバ嬢の心理については別のページで紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

参考ページ:
「キャバ嬢の心理」へ
「キャバ嬢ってお客を恋愛対象としてみるの?」へ

以上の2つの記事を見ればだいたいキャバ嬢特有の心理がわかると思います。

ただ、この話をすると、
「それくらいは知っているけど、キャバ嬢だって女性だからお客様に惚れることがある!だから僕に惚れることだってあるでしょう!どう考えてもいつも指名しているキャバ嬢は僕に惚れているとしか思えない!」
というようなことを言う人がいます。

しかし、このように思ってしまったら、実はキャバ嬢の思う壺なんです。

指名し続けてもらうには、落ちそうで落ちない状態を続けるといい、ということをキャバ嬢は理解しています。

ですから、お客様に「キャバ嬢が僕に惚れてそうだけど…」と思わせたい、とキャバ嬢は考えています。

特に人気のキャバ嬢はこのように考えている傾向が強いです。

まあ、やる気のないキャバ嬢はそんなことあまり考えないんでしょうけどね。

 

ちなみに、キャバ嬢の脈ありサインを別のページで紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

参考ページ:「キャバ嬢の脈ありサイン~これってひょっとして惚れてる?」へ

 

キャバ嬢と付き合う方法

 

参考ページを含めてここまで読んできたのであれば、キャバ嬢と付き合う方法はもうわかったのではないでしょうか?

今指名しているキャバ嬢と付き合うにしろ、これからキャバクラに行って好みの女性を見つけ口説き落として付き合うにしろ、店に通って指名しなくても会う事の出来る関係になる必要があります

確かに店に通って指名し続けて口説き落としている人はいます。

でも、そんなことができる人って、キャバクラ以外でもかなりモテている人だけのはずです。

キャバ嬢とお客の関係を続けて口説き落とすのはかなり難しいです。

キャバクラ以外では女性を次々と落としているのに、キャバ嬢を落とすことができない、という男性が実際にいますが、これはどれだけキャバ嬢を口説き落とすのが難しいか、という証になるのではないでしょうか。

 

しかし、キャバ嬢にお客様だと思われなくなると、簡単に付き合う事ができます。

まず、キャバ嬢は働いている時間が通常の人とは違うので、男性と出会う機会が少ないです。

そして、キャバ嬢は精神的に不安定な人が多いです。

それで、なにか(誰か)に依存したいという気持ちが強いように感じます。

ですから、キャバ嬢に簡単に依存させることができるので、簡単に付き合う事ができてしまうのです。

 

キャバ嬢の口説き方は別のページで紹介していますので、そちらを参考にしてください。

参考ページ:
「指名し続けているキャバ嬢を口説き落とす方法」へ
「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 

キャバ嬢と付き合うための間違った方法

 

「キャバ嬢と付き合うには、キャバ嬢にとっておいしい客になればいい!」
と思っている人って多いですよね。

僕もキャバ嬢にそう思われたくて、売上にできるだけ貢献したことがあります。

営業の電話(当時は携帯メールはなかった)がかかってきたらお店に行き、シャンパンを飲みたいと言えば入れ、もうキャバ嬢の言いなりで、本当においしい客だったと思います。

まあ、太い客(売上の高いお客様)とまでは言えなかったので、店外デートはしてくれなかったんですけどね。

 

しかし、そうなったらキャバ嬢と付き合う事がほぼ無理になります。

毎月お金を払って愛人になってもらう事は可能かもしれませんが、普通に付き合うことができなくなります。

ちなみに、キャバ嬢を愛人にするには最低でも月に100万円を渡し、さらにデート代やプレゼント代(ブランド品など)を払う必要がある、なんて噂で聞いたことがあります。

これはただの都市伝説の可能性もありますけどね。

実際には愛人になることに抵抗のあるキャバ嬢は多いと思いますしね。

ただ、そこまで経済力のある人ってなかなかいないと思います。

ですから、キャバ嬢にとっておいしい客になったら付き合う事ができなくなる、と考えていいでしょう。

 

キャバ嬢と付き合うには、キャバ嬢とお客様の関係を少しでも早くやめて、プライベートで会う事のできる関係を作るほうがはるかに簡単です。

その具体的な方法は別のページで紹介していますので、そちらを参考にしてください。

「指名し続けているキャバ嬢を口説き落とす方法」へ
「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

キャバ嬢にナメられる男性の特徴!~カモにされやすい男性とは?

キャバ嬢 ナメられる について

 

「ひょっとしてキャバ嬢にナメられているのかなぁ?」
と思ったことって、キャバクラに通っている人なら1度や2度はあるのではないでしょうか?

キャバ嬢にナメられたら、カモにされるだけで口説き落とすのが非常に難しくなります。

しかし、キャバ嬢にナメられてる人って非常に多いですよね。

 

そこで、ここではキャバ嬢にナメられる男性の特徴について紹介します。

burn-96144_640

 

キャバ嬢にナメられる男性の特徴とは?

 

キャバ嬢にナメられる男性は、普通の女性と同じように口説こうとする人です。

女性を口説き落とすときには、余裕と寛大さが必要になりますよね。

女性のわがままを聞くことができなかったり、あるいはちょっとしたことで怒ったりしていたら、女性を口説き落とすことができないですよね。

 

では、そういう態度でキャバ嬢に接したらどうなるのでしょうか?

少々失礼なことがあっても全く気にしないように振舞ってしまったら、キャバ嬢は「あの客だったら、少々のことは気にしないから大丈夫だ!」と思うようになります。

そして、度が過ぎるとほとんど会話することなくスマホをいじり倒していたり、あるいは寝たり、なんていう事になりかねません。

そうなったら、完全にナメられていますよね。

「キャバ嬢にはそれくらいのことを許す優しさに惚れるはずだ!」
なんて、言っていた人がいましたが、ここまでナメられたら、ただ利用しているだけで惚れたりすることはまさかないですよ。

 

実際に、10年以上前のことですが、僕が指名していたキャバ嬢が席についているときに毎回寝ていましたけど、アフターすらしてくれませんでした。

アフターに誘うと、
「ごめん、ちょっと疲れてるから~!」
といって、断られていましたけどね。

それくらい失礼なことをしてるんだから、アフターくらい付き合ってくれてもいいのでは、とも思ったんですが、全く相手にしてくれませんでしたね。

完全にナメられましたね。

僕は「ひょっとして落とすことができるかも?」と思って、3ヶ月くらい通い続けましたが、全く落ちる気配がなかったので通うのをやめました。

 

あと、同伴で大幅に遅刻したりドタキャンして店の前で待ち合わせすることになったり、メールの返信が大幅に遅れたりあるいは返信しなくなったり、接客態度が適当になったり、話を聞き流すようになったり、ちょっと考えられないようなナメ方をするようになることもあります。

 

キャバ嬢は惚れた男性心理を利用して売り上げを伸ばしたり、あるいは気を抜いたりもします。

キャバ嬢に優しくすると、それを利用してお客様をナメることがあります。

だから、普通の女性を口説き落とすのと同じようにキャバ嬢を口説こうとすると、キャバ嬢にナメられる可能性が高くなります。

キャバ嬢にナメられたら、男性を利用してお金を巻き上げる女性と同じになりますから、口説き落とすのは無理になります。

 

「キャバ嬢を楽しませることができると、惚れさせることができる!」と、言っていた人がいます。

確かにその通りなんですが、一歩間違えるとキャバ嬢にナメられます。

あと、「ヘルプにも優しいと、キャバ嬢を惚れさせることができる!」と、言っていた人がいます。

これも確かにその通りなんですが、一歩間違えるとキャバ嬢からナメられますよ。

 

キャバ嬢にナメられないようにするには、文句はきちんと言ったほうがいいです。

文句を言っても聞き入れてくれない場合は、すぐに帰るべきです。

店に入って30分しかたってない場合、そこで帰ると1セット分の料金は取られますが、ナメられたら帰ったほうがいいです。

そうすると、「あのお客様のことをナメると、来店しなくなるからそれはマズい!」と思うようになるので、あまりナメなくなりますよ。

 

しかし、そうするとキャバ嬢を落とすことができなくなります。

文句を言うような男性のことを好きになるかといえば、それはない、と普通に考えればわかりますよね。

 

キャバ嬢を口説き落とすには?

 

キャバ嬢に優しくするとナメられ、文句を言ったりすると男として惚れてくれなくなる、なんていう事になりますので、結局はキャバ嬢を落とすことができなくなります。

ナメられないようにしながらもキャバ嬢には優しくすることが、キャバ嬢を落とすための最低条件になります。

しかし、それはなかなか難しいです。

という事は、キャバ嬢を落とすのは非常に難しい、という事になりますよね。

 

しかし、キャバ嬢とお客様の関係でなければ、キャバ嬢にナメられることがなくなりますよね。

ブランド品などを買ってもらったりするために利用される可能性はありますけど、キャバ嬢とお客様の関係と比べるとナメられる可能性は大幅に低くなります。

という事は、キャバ嬢を口説き落とすには、一度プライベートの関係に持ち込めばいいんです。

僕は以前、 キャバ嬢によくナメられていましたが、キャバ嬢とプライベートの関係に持ち込むようになってからは、狙ったキャバ嬢を口説き落とせるようになっています。

 

キャバ嬢を口説き落とす方法は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

キャバ嬢からのメールが営業メールかどうかを見分ける方法!

キャバ嬢 営業メール 見分け方 について

 

「キャバ嬢からのメールが営業っぽくないんだけど、実際のところはどうなのかなぁ?」
と、あなたは悩んだことはありませんか?

キャバ嬢から「店に来て!」とメールが来たら、営業メールであることは明らかですよね。

しかし、店に来てとも言わず、当たり障りのない内容のメールだと、
「これってひょっとして営業メールではないのかなぁ?ひょっとして僕に気があるのかなぁ?」
なんて、思ったりすることはありませんか?

実際にそういったメールがキャバ嬢から送られてきたときに、営業メールかどうか悩む人って多いですよね。

 

そこで、ここではキャバ嬢からのメールが営業メールかどうかを見分ける方法を紹介します。

 

a0002_010689

 

キャバ嬢からのメールが営業メールかどうかを見分ける方法

 

営業メールかどうかを見分けるには、まずはキャバ嬢の心理を知る必要があります。

キャバ嬢の心理については別のページで紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

参考ページ:
「キャバ嬢の心理~キャバクラ嬢を口説き落とすために知っておきたいこと」
「キャバ嬢ってお客を恋愛対象としてみるの?」

上の2つの記事を非常に簡単にまとめますと、キャバ嬢は惚れたふりをしてでもお客様に来店してもらって指名してもらおうとします。

お客様が来てくれやすいのは、落ちそうで落ちない状態です。

つまり、
「僕に気があるはずだから、もう少しお店に通えば口説き落とすことができる!」
とお客様に思わせ続ければ、通い続けてくれやすくなる、という事です。

落ちそうなキャバ嬢がいたら、多少無理をしてでも店に通って落とそうとする男性は多いですよね。

キャバ嬢は、そのような状態を作ろうとします。

 

落ちそうで落ちない状態にするには、お客様に「あのキャバ嬢は僕に気があるだろう!」と思わせることですね。

では、もしキャバ嬢からいきなり、
「お店に来て!」
なんてメールが来たら、あなたはそのキャバ嬢が気があると思うようになるでしょうか?

キャバ嬢があとで何を言おうとも、
「営業で惚れたふりをしているだけだ!」
と、思ってしまうのは想像できますよね。

ですから、キャバ嬢は基本的に「店に来て!」とはメールしないんです。

あたかも多少は気があるかのようなメールをすることが多いです。

 

という事は、キャバ嬢がどのような内容のメールを送ってこようとも、本心ではその気があるわけではなく、店に来て指名してもらうためにメールを送っているのです。

つまり、キャバ嬢からのメールは全て営業メールだと考えていいです。

 

「無理してお店に来なくてもいい!メールができるだけでいい!」
なんてメールが来たら、
「『店に来なくていい』とメールしてきてるから、営業メールではないのでは?」
と、考えてしまうかもしれません。

しかし、そう思わせるのがキャバ嬢の狙いです。

お店には来なくてもいい、でもお店が休みの日は忙しくて会えない、という事になると、ただのメル友になりますよね。

でも、自分に気がありそうな女性とただのメル友で終わらせたくはない、落とせるのであれば落としたい、と多くの男性が思うのではないでしょうか。

それで、そのキャバ嬢に会うにはお店に行くしかない、という事になれば、たいていの男性はお店に行ってしまうんです。

「来なくてもいい」と言われると逆に行きたくなる、という人間心理もあるんですけどね。

「お店に来なくてもいい!」と言っても、メールをしていれば来てくれることが多い、という事はキャバ嬢はわかっていますので、本心では店に来てほしいのに、平気でそういうことを言ってくるんです。

ですから、「お店に来なくてもいい!」とメールしてきたとしても、実は営業メールなんですよ。

 

それ以外にも、当たり障りのないメールも、営業メールになります。

「店に来て!」というのが営業メールであることは言うまでもないですね。

「今から出勤です!今日も一日頑張ります!」
「今日、新しいドレスを着るよ!」
「髪切ったら、かなりイメージが変わっちゃった!」
「話したいことがあるんだけど…」
なんていうメールは、店に来てほしいことをさりげなく示唆していますので、営業メールだとわかりますよね。

 

ちなみに、
「ひょっとして営業メールではない可能性がゼロではないのでは?」
と思うかもしれません。

確かに、本当に気があってメールすることがあるかもしれません。

そんなことは僕は見たことも聞いたこともないですけどね。

ただ、普通に考えたら女性から積極的にメールしてくることってまずない、というのは経験で分かっているのではないでしょうか?

メルアドを交換した女性からメールが送られてくることって、事務的な用事やお礼などを除けばまずないですよね。

キャバ嬢だって普通の女性です。

気になる男性がいたとしても、自分から男性に積極的にメールすることってなかなかできないでしょう。

でも、営業メールなら何のためらいもなく積極的に送ることができます。

そういったことを考えても、キャバ嬢からのメールは全て営業メールだと考えてもいいですよ。

 

どうしても営業メールだと思えない場合の見分け方

 

「キャバ嬢からのメールは全て営業メールだ!」と言っても、
「いや、僕の場合はどう考えても営業メールだと思えない!」
と思う人はいるでしょう。

そこで、営業メールかどうか、ハッキリさせる方法を紹介します。

 

ちなみに、メールの内容からは営業メールではないかどうかは判断できません。

キャバ嬢は営業メールと思われず気がありそうだと思われるために、様々なことを考え、常に工夫をしています。

ですから、メールの内容、文章、送る頻度などからは判断できません。

 

営業メールではないかどうかを判断する唯一の方法は、キャバクラがお休みの日に会うことができるかどうかです。

もし、会う約束ができるのであれば、営業メールではない可能性があります。

1回は店外デートをすれば来店してくれるかも、とキャバ嬢が考えるかもしれないですから、営業メールではない、と言い切れないですけどね。

ただ、1回や2回指名したお客様と店外デートするキャバ嬢は少ないでしょうから、あまり指名していない場合は、お店が休みの日に会う事ができたら本当に気がある可能性は高いですよね。

「休みの日は忙しくて…!」と言ってきたら、完全に営業メールです。

キャバ嬢は、休みの日にお客様に会うように誘われた場合、どのようにして断るかを事前にきちんと考えています。

「借金返済のためにお店が休みの日でも仕事をしないといけないの!」
と、借金をしているとウソをいってまで、休みの日は忙しいというキャバ嬢もいるんです。

普通は借金があったら隠すのに、キャバ嬢によっては借金をしていないのに借金をしていることにして忙しいとウソをつくんです。

そこまでして、お客様と休みの日に会うのを避けようとしますので、どのような理由があろうとも「忙しいから会えない!」というのは、気のない証拠ですよ。

 

営業メールかどうかを見分けるには、キャバ嬢の脈ありサインを知るのが一番です。

キャバ嬢の脈ありサインについては別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「キャバ嬢の脈ありサイン~これってひょっとして惚れてる?」へ

 


kyaba