キャバ嬢の仕草で心理がわかるの?好意を持ったお客様への仕草は?

 

女性に限らず男性もそうですが、仕草に深層心理が現れることがあります。

ということは、女性の仕草で自分に好意があるのか、あるいは嫌っているのかがある程度分かってしまうのです。

一般の女性が好意のある男性にする仕草については別のページで紹介しましたので参考にしてください。

参考ページ:脈ありサイン~女性が会話中にこのサインを出したら脈あり!

 

では、キャバ嬢も一般の女性と好意のある男性に対して同じ仕草をするのかといえば、そういうわけではありません。

キャバ嬢と一般の女性とでは、同じ仕草でも心理が全く違うと言っていいでしょう。

 

そこで、ここではキャバ嬢の仕草から分かる心理について解説します。

好意のある男性(お客様)に対してはどのような仕草をするのでしょうか。

 

キャバ嬢の仕草で分かる心理とは?~その仕草は好意があるの?

 

キャバ嬢はフリーのお客様から指名をもらい、そして店に通って指名し続けてもらうために、日々勉強をしています。

営業職の人がどのようにしたら売上を伸ばすことができるのか日々勉強します。

販売職の人もマーケティングの人も、どうしたらたくさんのお客様が集まり売り上げを伸ばすことができるのか、日々勉強しています。

それと同じように、キャバ嬢も日々勉強をしているのです。

だから、多くのキャバ嬢が同じセリフを使ってお客様を持ち上げるんですけどね。

「会社でモテそう!」なんていうセリフは、どこのキャバクラにいっても必ずと言っていいほど誰もが言われることですよね。

その他にも多くのキャバ嬢が使っている常套句のようなセリフもありますよね。

そして、ベテランだと他のキャバ嬢が使わないようなセリフを考えだし、おだてるようになりますよね。

 

それで、キャバ嬢が指名し続けてもらうためにはどうしたらいいのかというと、落ちそうで落ちない状態を続けることなんです。

口説き落とされたらそのお客様は指名しなくなりますよね。

逆に落ちそうにないキャバ嬢は、なかなか指名してもらえないですよね。

だから、落ちそうで落ちない状態を続けようとキャバ嬢は頑張るわけですね。

「一緒にいると落ち着く!」「前好きだった男の人に似てる!」「元彼に似てる!」などなど、落ちそうで落ちない状態にするための常套句のようなものですね。

そして、「数ヶ月でキャバ嬢をやめるつもりだけど、そうなったら付き合いたいなぁ!」なんて言うキャバ嬢もチラホラいますよね。

 

そしてもう一つ、自分のことを好きになった異性に対しては、好意を持ちやすくなります。

逆に大嫌いになることも無きにしも非ずですが、だいたいは自分のことを好きになってくれる異性に対しては好意を持ってしまいます。

告白されたら誰もが嬉しいですからね。

生理的にどうしても受け付けない男性から告白された場合は、ますます嫌いになることがありますが、それは少ない方でしょう。

 

ということは、フリーのお客様から指名をもらい、そして指名し続けてもらうためには、「好意を持っている」ということを口だけではなくて仕草で示す必要があるんです。

それで、女性が好きな男性にする仕草は、キャバ嬢なら当たり前のように知っています。

キャバ嬢になってから1ヶ月もしないうちに、女性が好きな男性にする仕草をボーイ(男性従業員)から教えてもらうでしょう。

いい加減なお店ならそんな指導はないかもしれませんけどね。

ボーイが指導しなくても、他の仲の良いキャバ嬢から教えてもらうこともよくある、ということですけどね。

ということは、好きでもないお客様に対しても、好きな男性にする仕草をわざとすることができる、ということですね。

そして、指名をもらい、そして指名し続けてもらうためにそういうことをする事をするんです。

 

ということは、キャバ嬢の仕草からは心理を読み取ることは不可能ということになります。

 

一般の女性は、好意のある男性に対して「ボディタッチが増える」「物理的距離を縮める」「飲み物を飲む回数が増える(緊張してのどが渇くため)」「髪の毛をやたらいじる(緊張すると無意識にしてしまう仕草)」「目が合ったらそらす(好きな男性と目が合うと緊張してしまうため)」といった仕草をします。

ただし、キャバ嬢はそういった仕草を嫌いな男性に対してもしてしまうのです。

それは、指名をしてもらい、指名し続けてもらうためです。

 

あえて言うと、やる気のないキャバ嬢はそういった仕草は少なく、やる気のないキャバ嬢はそういった仕草が増えます。

また、お客様として大切な人に対してはそういう仕草が増え、指名してもしなくてもどうでもいいと思ったお客様に対してはそういう仕草が減ることがあります。

特に人気のキャバ嬢は指名客全員に真剣に接客することは、精神的にも肉体的にもかなりツラいことなので、どうでもいいお客様には手を抜いて接客をする事がよくあるそうです。

また、癖で誰に対してもそのような仕草をするキャバ嬢もいますね。

 

ただし、キャバ嬢も普通の女性です。

ですから、細かいところで深層心理が出てしまうことがあるでしょう。

しかし、普通の女性とはいえ、好意を持たれ惚れさせる接客をするプロです。

ですから、細かい仕草から深層心理を知ることは、相当難しいです。

ということは、キャバ嬢の仕草から心理を読み取ることは不可能だと考えたほうがいいでしょう。

というか、キャバ嬢の心理は、お客様はすべて「福沢諭吉」、つまり自分の給料のためにお金を払う人であって、男として好意を持つことはまずないですけどね。

この心理を上手に利用すると、キャバ嬢ってものすごく簡単に落とすことができますよ。

それにはまず、キャバ嬢が好意を持った男性にする仕草というか行動をまず知るといいです。

 

キャバ嬢が好きな男性にする仕草というか行動というか、そういったことは別のページで紹介しています。

そちらを参考にしてください。

参考ページ:キャバ嬢の脈ありサイン~これってひょっとして惚れてる?

 

関連サイト:キャバ嬢を口説き落とす方法

キャバ嬢と付き合う方法~最低限これを押さえないと付き合えない!

キャバ嬢 付き合う 方法 について

 

「指名しているキャバ嬢に本気で惚れてしまったけど、付き合う方法はないかなぁ?」
と、あなたは悩んでいませんか?

何回もお店に通ってキャバ嬢を指名しても、落ちそうで落ちない状態が続くことが多いのではないでしょうか?

それで、「キャバ嬢と付き合いたいけどどうしたらいいんだろう?」と悩む人ってかなり多いですよね。

 

そこで、ここではキャバ嬢と付き合う方法を紹介します。

最低でも押さえておかないと、キャバ嬢と付き合う事の出来ないことばかりです。

 

キャバ嬢と付き合うために知っておきたいキャバ嬢特有の心理

 

まず、キャバ嬢と付き合うには、キャバ嬢特有の心理を知る必要があります。

キャバ嬢は普通の女性と心理が全く違います。

そこを理解していないと、「散々貢いできたのに、全然相手にしてくれない!」なんていう事になってしまいますよ!

 

キャバ嬢の心理については別のページで紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

参考ページ:
「キャバ嬢の心理」へ
「キャバ嬢ってお客を恋愛対象としてみるの?」へ

以上の2つの記事を見ればだいたいキャバ嬢特有の心理がわかると思います。

ただ、この話をすると、
「それくらいは知っているけど、キャバ嬢だって女性だからお客様に惚れることがある!だから僕に惚れることだってあるでしょう!どう考えてもいつも指名しているキャバ嬢は僕に惚れているとしか思えない!」
というようなことを言う人がいます。

しかし、このように思ってしまったら、実はキャバ嬢の思う壺なんです。

指名し続けてもらうには、落ちそうで落ちない状態を続けるといい、ということをキャバ嬢は理解しています。

ですから、お客様に「キャバ嬢が僕に惚れてそうだけど…」と思わせたい、とキャバ嬢は考えています。

特に人気のキャバ嬢はこのように考えている傾向が強いです。

まあ、やる気のないキャバ嬢はそんなことあまり考えないんでしょうけどね。

 

ちなみに、キャバ嬢の脈ありサインを別のページで紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

参考ページ:「キャバ嬢の脈ありサイン~これってひょっとして惚れてる?」へ

 

キャバ嬢と付き合う方法

 

参考ページを含めてここまで読んできたのであれば、キャバ嬢と付き合う方法はもうわかったのではないでしょうか?

今指名しているキャバ嬢と付き合うにしろ、これからキャバクラに行って好みの女性を見つけ口説き落として付き合うにしろ、店に通って指名しなくても会う事の出来る関係になる必要があります

確かに店に通って指名し続けて口説き落としている人はいます。

でも、そんなことができる人って、キャバクラ以外でもかなりモテている人だけのはずです。

キャバ嬢とお客の関係を続けて口説き落とすのはかなり難しいです。

キャバクラ以外では女性を次々と落としているのに、キャバ嬢を落とすことができない、という男性が実際にいますが、これはどれだけキャバ嬢を口説き落とすのが難しいか、という証になるのではないでしょうか。

 

しかし、キャバ嬢にお客様だと思われなくなると、簡単に付き合う事ができます。

まず、キャバ嬢は働いている時間が通常の人とは違うので、男性と出会う機会が少ないです。

そして、キャバ嬢は精神的に不安定な人が多いです。

それで、なにか(誰か)に依存したいという気持ちが強いように感じます。

ですから、キャバ嬢に簡単に依存させることができるので、簡単に付き合う事ができてしまうのです。

 

キャバ嬢の口説き方は別のページで紹介していますので、そちらを参考にしてください。

参考ページ:
「指名し続けているキャバ嬢を口説き落とす方法」へ
「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 

キャバ嬢と付き合うための間違った方法

 

「キャバ嬢と付き合うには、キャバ嬢にとっておいしい客になればいい!」
と思っている人って多いですよね。

僕もキャバ嬢にそう思われたくて、売上にできるだけ貢献したことがあります。

営業の電話(当時は携帯メールはなかった)がかかってきたらお店に行き、シャンパンを飲みたいと言えば入れ、もうキャバ嬢の言いなりで、本当においしい客だったと思います。

まあ、太い客(売上の高いお客様)とまでは言えなかったので、店外デートはしてくれなかったんですけどね。

 

しかし、そうなったらキャバ嬢と付き合う事がほぼ無理になります。

毎月お金を払って愛人になってもらう事は可能かもしれませんが、普通に付き合うことができなくなります。

ちなみに、キャバ嬢を愛人にするには最低でも月に100万円を渡し、さらにデート代やプレゼント代(ブランド品など)を払う必要がある、なんて噂で聞いたことがあります。

これはただの都市伝説の可能性もありますけどね。

実際には愛人になることに抵抗のあるキャバ嬢は多いと思いますしね。

ただ、そこまで経済力のある人ってなかなかいないと思います。

ですから、キャバ嬢にとっておいしい客になったら付き合う事ができなくなる、と考えていいでしょう。

 

キャバ嬢と付き合うには、キャバ嬢とお客様の関係を少しでも早くやめて、プライベートで会う事のできる関係を作るほうがはるかに簡単です。

その具体的な方法は別のページで紹介していますので、そちらを参考にしてください。

「指名し続けているキャバ嬢を口説き落とす方法」へ
「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba