付き合う前の女性をLINEでデートに誘ったら既読スルーされた時の対処法!

 

「付き合う前の女性をLINEでデートに誘ったら、既読スルーされたんだけど、どうしよう!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

付き合う前の女性をLINEでデートに誘って既読スルーされたら、本当にショックですよね。

もうどうしたらいいのかわからず、かなり悩んでしまいますよね。

 

そして、
「なんとしてでもデートしたい!」
と、あなたは思いませんか?

 

そこで、ここでは付き合う前の女性をLINEでデートに誘ったけど断られた時の対処法を紹介します。

 

付き合う前の女性をLINEでデートに誘ったけど既読スルーされた時の対処法

 

付き合う前の女性をLINEでデートに誘ったけど既読スルーされた時、2~3日はあなたからメッセージを送らないようにします。

LINEを送ってすぐの段階だと、既読スルーした理由が分からないからです。

単純に、送られてきたメッセージを読むことはできたけど返信する時間がなかったのか、それともデートしたくないから既読スルーしているのか、2人で出かけるのは嫌だから他の友達を誘ってるのか、誰かに相談しているのか、それ以外にも既読スルーする理由はあるでしょうが、どういった理由なのかわからないです。

 

そして、すぐに返事を催促すると、なんか余裕がないように相手の女性に思われてしまいます。

そう思われたら嫌われます。

 

ですから、LINEを送ってから3日くらい様子を見ましょう。

 

そして、3日たっても返信がない場合、あなたとデートしたくないから既読スルーしている可能性が高くなります。

それ以外にも、駆け引きで既読スルーすることもありますし、軽い女に見られたくないから既読スルーすることもあります。

ただ、対処法を考える場合、既読スルーしている本当の理由はどうであれ、デートしたくないから既読スルーしているものとして対処したほうが、正しい対処をすることができます

ですから、そのように考えて対処をしていきます。

 

それで、まずはデートに誘うまでのLINEのやり取りに問題がなかったのか、見直します。

女性は、2人で一緒にいて不快だと思わなければ、基本的にデートの誘いにOKしてくれます。

それで、OKしてくれないということは、あなたと2人でいて不快感を感じそう、と思っている可能性があります。

女性が2人でいて不快だと感じる男性は主に、
・清潔感がない
・話が続かなそう
・変なところ(ホテルなど)に連れていかれそう
の3つです。

 

もし、LINEで一切やり取りをしていないのに、いきなりデートに誘って既読スルーされた場合は、いきなりデートに誘ってくるような男は、一緒にいてきっと不快感を感じるだろう(上の3つのうちどれかに当てはまるだろう)、と判断されてしまいます。

それ以外にも、下ネタが多ければ変なところに連れていかれそうと思われるでしょう。

LINEのラリーが盛り上がらなければ、話が続かず沈黙しそう、と思われるでしょう。

また、「オシャレが苦手だからなぁ~」みたいなことを言っていたら、見た目ダサいかも(清潔感がなさそう)と思われるかもしれません。

このように思われたら、女性はデートの誘いにOKしてくれませんよ。

今までのLINEのやり取りを見直す必要がありますよ。

 

そして、タイミングが早すぎて女性が一緒にいて不快感を感じるかどうか判断できない段階でLINEでデートに誘っても、女性はデートをしたいと思いません。

この場合は、デートに誘うタイミングが早すぎます

 

そして、女性に限らず男性もそうですが、何らかのメリットがなければ動きません。

女性が「2人で一緒にいても不快に思わないだろう」と判断しても、デート場所に行くメリットがないと思ったら、わざわざ出かけようとは思わないですよね。

例えば、ギャンブル嫌いの女性にパチンコに誘っても、まずOKしてくれないですよね。

また、どこにでもあるチェーン店の居酒屋に誘っても、多くの女性はメリットを感じませんからOKしてくれる可能性は低いです。

酒好きでお酒が飲めるだけで満足という女性でも、どこにでもあるチェーン店でOKしてくれるかどうかは微妙ですよ。

 

これらのことを見直すことで、どこかに問題がなかったのかをよく考えてください。

一番多いのが、タイミングが早すぎるということなんですけどね。

出会い系サイトや恋活パーティー、街コンなどで知り合った女性であれば、あくまでも目安ですが1週間くらいはLINEを続けないとデートに誘ってもOKしてくれないでしょう。

それ以外の出会いを目的にしないところで出会った女性であれば、1ヶ月はLINEのやり取りをしたほうがいいかな、という感じですね。

女性が彼氏を欲しいという気持ちがどれだけ強いか、などの理由で、すぐに誘える女性もいれば、時間がかかる女性もいます。

ですから、目安となる期間を示すのは難しいですが、1ヶ月LINEのやり取りが続いたら大丈夫なことが多いかな、と思います。

逆に、1ヶ月LINEのやり取りをしてデートの誘いにOKしてくれないなら、1年続こうが5年続こうがデートの誘いにOKしてくれないでしょうけどね。

彼氏を作る意思がないのか、嫌われてしまって修復不可能な段階まで来てしまったのか、理由はいろいろあるでしょうが。

 

それで、既読スルーされた理由が明確になればいいんですが、それもなかなか難しいと思います。

ただ、ある程度は見当すべきです。

そして、既読スルーされた理由を埋めるべくLINEを続けます。

 

再開の方法は、デートに誘ってから1週間くらいたったころに、
「返信ないけど、最近忙しいの?」
と送ってみます。

そして、返信があるなしに関わらず、続けて、
「この前送った○○(デート場所)だけど、返事がないから友達と行ってきたよ!」
と送ってみます。

飲食店なら「おいしかった」、映画なら「面白かった」など、一言感想を言うのもいいでしょう。

もし、デートに誘ったことが問題で既読スルーされたのであれば、LINEを再開できることが多いです。

再開できたら、また一からやり直しになります。

付き合う前の女性とのLINEのやり取りは別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

参考記事:LINEで女性の心を惹きつける!モテる男のLINE術!

 

もし、それでも返信が来ず既読スルーされたのであれば、無視するタイミングを見計らっていたけどそのタイミングが見つからず、デートに誘われたのをいい機会にして既読スルーした可能性が高くなります。

その場合の対処法は別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

参考記事:LINEで既読スルーする女性の心理と対処法

他人のモテない理由は分かっても自分がモテない理由って分からない!?

 

僕の知り合いで、46歳で今まで彼女がいたことのない男性と45歳で今まで彼女がいたことのない男性がいます。

つまり、2人とも彼女いない歴=年齢ということですね。

 

それで、2人ともなぜか女にモテるフリをしています。

今まで何人かの女性と付き合ったことがあるとは言うんですが、いろいろ突っ込んで聞くと明らかに現実にはあり得ないようなことを言うんです。

また、ウソをつきまくっているので、辻褄が合わなくなるんですよ。

 

ある時に、元彼女のお父さんと2人きりで何度も飲んだことがある、と話したかと思うと、数日後には元彼女のお父さんの顔を見たことがない、なんていうんですよね。

 

また、今付き合っている彼女は北海道に住んでいて、1年近く会ってないけどメールのやり取りをしてる、なんて言ったんですよ。

その人に対して先輩が「信じられないからメールの着信履歴だけ見せろ!中身は見ないから!」と言ったんですよ。

そうしたら、一生懸命言い訳を考えて、焦りながら「あっ、そういえばこの前メールを全部消しちゃったんですよ!」なんてくだらない言い訳をしていましたね。

 

もう少し具体的に書くとどれだけ分かりやすい嘘をついているのかがはっきりわかると思うんですが、これ以上具体的に書くと個人を特定できそうなので止めておきますね。

ただ、2人も嘘が丸わかりで、本当に呆れるというか、よくバレバレの嘘を言い続けるものだなぁ、と思うんですけどね。

 

それで、仮にその2人のことをA君とB君とします。

ある日のこと、A君が僕に言ったことがあるんです。

「B君ってキャバクラにハマってるんだけど、キャバ嬢がB君に惚れてると本気で思っていて、結婚すると本気で信じているよ(笑) 店以外で会ったことが一度もないのに(笑)」

あまりキャバ嬢のことを詳しく話すと長くなりますので省略しますが、この場合、キャバ嬢がB君に惚れてないことは明らかです。

もし、キャバ嬢が本気でB君に惚れ、結婚したいと思ったのであれば、お店に来させずプライベートで会うようにするはずです。

それを、借金があって働かないといけないからプライベートでは会えないとか、学校にも通ってるし学費も稼がないといけないから時間がないとか、いろいろなことを言って惚れてるけどプライベートで会えないからお店で会おう、と言って通わせるのがキャバ嬢の手口です。

プライベートで一度もあったことがなければ、ただのお客としか思ってないでしょう。

しかも、簡単に騙される非常に便利なお客だと、内心バカにしてるかもしれませんよね。

 

まあ、A君にはキャバ嬢の心理が分かってないんですが、それでもはたから見たらB君がキャバ嬢にダマされていることが分かるわけですね。

まあ、B君もちょっと冷静になれば分かることだと思うんですが、それは非常に難しいんですけどね。

 

それで、別の日にA君が、
「(僕が指名してる)キャバ嬢が僕のこと惚れてるっぽいんだよね!」
と言ったんです。

それで僕は、B君がキャバ嬢にダマされてる話をしているのを思い出してしまい、思わず笑ってしまい、
「あんたも、キャバ嬢にダマされてるのか!B君と一緒で!」
と、A君に言ってしまったんです。

そうしたら、A君は、
「いや、僕はB君と違って騙されない!キャバ嬢の目を見ればわかる!僕は人の目を見れば分かるし!」
と、自信満々に言ったんですよ。

まあ、僕は呆れてそれ以上何も言わなかったんですけどね。

 

もうここまで話をすれば分かりますよね。

A君はB君がキャバ嬢に騙されてるのが分かっているのに、自分が騙されても気が付かなかったんです。

ひとこと「騙されてる!」と言ったのに、それでも冷静に自分のことを見つめることができなかったんです。

 

この時のやりとりで、僕はつくづく他人のダメなところはわかっても、自分のダメなところは分からないんだなぁ、と感じました。

 

それで面白いことに、A君とB君は同じことをいつも言っているんです。

A君は「B君は誰もがわかる嘘を平気で付くから、モテないんだろうね。B君の話を聞いていれば、今まで彼女がいたことがあるというのが嘘だと分かるのにね!そんな簡単なこともわからないのかなぁ?」といつも言っています。

B君は「A君は誰もがわかる嘘を平気で付くから、モテないんだろうね。A君の話を聞いていれば、今まで彼女がいたことがあるというのが嘘だと分かるのにね!そんな簡単なこともわからないのかなぁ?」といつも言っています。

こういう話を2人とも僕によくするんですが、僕は内心笑いが止まらいです。

そして、思わず表情に出てしまうことがあるんですが、その時に
「何がおかしいんだよ!」
と言われます。

その時は
「ごめん、思い出し笑いしてしまった!」
とごまかすんですけどね。

 

嘘つきはモテない、そして嘘はすぐにバレる、ということを2人もわかっているのに、2人も嘘をつき続けている、他の人がモテない理由は分かるのに、自分がモテる理由が分かってない、ということですね。

もう少し冷静に、客観的に見ることができればものすごく簡単にわかることなんですけどね。

嘘つきはモテないと分かっているわけだし、嘘をついているということも恐らく自覚しているでしょうから、嘘をつかないようにすれいいだけなんですけどね。

まあ、冷静に客観的に自分のことを見るのは難しいんですけどね。

ただ、少しでもこのことは意識はしておいたほうがいいですよ。

 

女性にモテるために聞き上手になろうとしたけど失敗

 

女性にモテるようになるためには、聞き上手になる必要があります。

聞き上手になれさえすれば、モテモテとまではいかないまでも、そこそこの女性なら勝手に落ちてしまうようになるんです。

それだけ大切なことなんですが、聞き上手になれる人って本当になかなかいないんです。

だから、それだけでそこそこはモテるようになるんですけどね。

 

聞き上手になろうとしてなることのできない典型例が、女性への質問の方法です。

聞き上手になるには、女性に質問し、その答えにオーバーに応えればいい、なんて思っている人が多いですよね。

でも、そんな簡単なことではないんです。

 

例えば、子供の頃に何か悪いことをした時、親から
「何をしたのか正直に言ってみろ!」
なんて怒ったように言われたら、逆に何も言わなくなりませんでしたか?

逆に、
「もう怒らないから、正直に言ってごらん(´▽`)」
なんて優しく言われたら、悪いことをしたことを正直にイッタのではないでしょうか。

同じ質問をするにしても、怒ったように質問するのと優しく質問するのとでは答えやすさが全然違うんです。

 

まあ、口説こうと思っている女性に怒ったように質問することはまさかないと思うんですが、
何が言いたかったのかというと、質問の仕方一つで女性の反応が変わってしまうんです。

聞き上手というのは、言い換えれば話させ上手です。

いかに女性に応えやすいように質問していくのかが大切になるんです。

 

それで、女性が答えやすいように、まずは自分のことを簡潔に話す、ということをこのブログで何回か言ってきました。

例えば、女性の仕事を聞く時に、ただ女性に
「仕事は何してるの?」
と聞くよりも、
「僕は仕事はSEだけど、あなたはどういった仕事をしてるの?」
と、まずは自分の仕事について簡潔に言ったほうが女性は答えやすくなります。

 

初対面の女性との会話でほぼ定番になっている質問で、
「休みの日は何をしてるの?」
というのがありますね。

このような質問をすると、だいたい半分くらいの女性は
「ボーっとしてる」「特に何も…」
なんて答えると思います。

これを、
「僕や休みの日にDVD観ることが多いけど、あなたはDVDとかよく観る?」
と質問すると、女性は
「DVDは平日の仕事終わりに見ることが多いよ」
「DVD観ることもあるよ」
「DVDはあまり見ないかな」
といった感じの答えが返ってきますね。

それで、平日でも休日でもいいんですが、DVDを観るならDVDの話を展開すればいいですし、観ないなら「じゃあ、何してることが多い?」と質問すればいいですよね。

そうすると、「特に何も…」と答えることが少なくなりますよ。

特に何もしてないにしても、「スマホのゲームしたり、テレビ観たり…」という感じでいろいろ答えてくれるようになりますよ。

 

それで、僕が先日合コンに出たときのことですが、女性に「ウザい!」と思われるような質問をし続けた男性がいたんです。

その時の会話を再現してみます。

男「車って何乗ってるの?」
女「コペンだよ!」
男「あ~そうなんだぁ!色は?」
女「シルバー」
男「シルバーにも明るめのシルバーと暗めのシルバーがあるけど、どんな感じ?」
女「ん~、ちょっと明るめかな?」
男「グレイとはまた違うんだね?」
女「パンフレットにはシルバーって書いてあったらか…」
男「車の色ってなんかごちゃごちゃした名前が書いてあるけど、何色って書いてあったの?」
女「…ん~、覚えてない??」

ここまで再現したらなぜこれが失敗なのか分かりますか?

とにかくウザいということは分かってもらえますか?

 

聞き上手になるには、話を掘り下げたり広げたりすることが大切です。

しかし、どうでもいい事を掘り下げてもウザいだけです。

この場合は、車の色を掘り下げていますが、はっきり言ってどうでもいいですし、本当にウザいだけです。

実際に女性はかなり困った顔してましたけどね。

それで、僕は「ところで、ドライブは好きなの?」という感じで割り込んで話を切り替えて盛り上げましたけどね。

 

ちなみに僕だったら、

女「コペンだよ!」
僕「正直、僕、車はあまり詳しくないけど、どんな感じの車?軽とかセダンとかでいうと…」
女「軽だよ!オープンカーだよ!」
僕「あ、そうなんだ!オープンカーってカッコいいよね!」
女「でも、コペンはかわいんだよ!」
僕「へぇ、かわいいオープンカーって想像できないけど、ちょっとスマホで検索していい?」
女「うん!」
<<画像検索してから>>
僕「あ、本当にかわいいね!」
女「でしょう!」
僕「オープンカーって晴れた日に乗ったら気持ちよさそうだね!」
女「うん、渋滞にはまらないと気持ちいいよ!でも、真夏に渋滞にはまると耐えられないくらい熱くて…」
僕「想像するだけで汗が出てくるくらい熱くなるね!」
女「だから、真夏はあまりオープンにしないんだけどね!」
僕「そりゃそうだよね!春とか秋なら大丈夫かしれないけど…」

という感じに話を進めていきますね。

それから、ドライブの話をしたら、かなり盛り上がったでしょうね。

いきなりドライブの話をしたので、8割くらいの盛り上がりになってしまったので、ちょっと反省してるところですけどね。

 

じゃあ、なぜ男性はウザい質問を続けてしまったのかというと、女性が車のどこに興味があるのか、どこをアピールしたいのかを探ってないからなんです。

先ほど再現した会話の前に、女性は車が好きだという話をしていたんです。

だったら、こだわりもあるでしょうし、他の人にアピールしたいこともあるでしょう。

そこを探ることが大切なんです。

 

それで、どのような車だと質問すると、だいたいはアピールしたいところを言います。

僕だったら…という会話の流れだと「オープンカー」であることをアピールしたいのが分かりますね。

女性によっては、かわいい車だとアピールしたい人もいるでしょう。

中には、車の色をアピールしたい人もいるかもしれません。

そういう女性には色のことを深堀していけばいいんですけどね。

ただ、普通はなんでその色が好きなのかとか、他と比べてどうなのかとか、そういうことを聞いていきますけどね。

暗めか明るめか、色の正確な名前はなんなのか、そんな事をアピールしたい女性はめったにないと思うんですけどね。

 

聞き上手になるには、女性が何をアピールしたいのかを探り、そこを深堀していくことができるようになる必要がありますよ。

どうでもいい事を深堀されたらウザいだけで女性に不快な思いをさせるだけです。