全然相手にしてくれなかった女性を振り向かせ口説き落した方法は?

 

僕は先日合コンに参加したんですが、ものすごくきれいな女性がいました。

肌はものすごくきれいですし、すらっとした感じだけど胸はそこそこ大きい(D~Eカップくらいか?)、顔は文句の言いようがないくらいの美人でした。

それで、その女性は初めは僕のことを全然相手にしてくれませんでした。

まあ、その合コンにはイケメンもいましたし、僕みたいなブサイクを相手にしたくないという気持ちも理解できます。

でも、そこまで露骨に態度に出さなくてもいいのに、なんて思ったんですけどね。

まあ、それはともかく。

 

しかし、最終的にはその女性を口説き落すことができました。

お持ち帰りはできなかったんですが、その後、デートを2回して一夜を2人で過ごすことができましたよ!

 

では、なぜその女性は、初めは全然相手にしてくれなかったのに、途中から振り向いたのでしょうか。

今回はその方法を紹介します!

 

全然相手にしてくれなかった女性を振り向かせ口説き落した方法とは?

 

僕は美女が全然相手にしてくれなかった時にどうしたのかというと、一人で黙ってビールを飲んでいたんです。

別にすねていたわけでもありません。

その女性はイケメン男性と話をしていたんですが、そのうち話が盛り下がるだろうから、そのタイミングで僕が話を盛り上げようと、そのタイミングを計っていたんです。

 

そうしたら、その女性がいいなり僕に話しかけてきたんです。

「こうじさん(僕のこと)って、おとなしいね!」
と、話しかけてきたんですよ。

これにはちょっとびっくりしました。

でも、確かに合コンで誰とも話さず黙って飲んでるだけの人を見かけると、気にはなりますよね。

それで、その女性は僕に話しかけたのかな、と思います。

ちなみに、その女性と他の男性との会話は盛り下がってなかったように思えたんですけどね。

実は、女性は面白いふりをしていただけで、内心つまらないと思っていたのかもしれませんね。

まあ、女性が僕に話しかけてきた理由はともかく。

 

でも、女性が話しかけてきたらチャンスですよ。

あとはその女性と話を盛り上げて、合コンの終わりにLINEを交換し、後日デートに誘って口説き落としましたよ!

 

合コンで、目当ての女性と話そうと思った時、無理してでも話に割って入る人って多いですよね。

それで、よっぽどのことがない限り、話に入れてくれると思います。

しかし、これはタイミングをきちんと見計らないと、女性をイラッとさせます。

女性が話をしている時に割り込んでしまったら、気分よく話をしているのに中断されるわけですよ。

そんなことされたら、女性に限らず男性もイラッとしますよね。

それで、イラッとした気持ちって結構引きずりますよね。

ですから、合コンなどで下手に話に割り込んで女性をイラッとさせてしまうと、その後、女性をなかなか口説き落すことができなくなるんですよ。

 

それなら、話が盛り下がる時を狙って女性に話しかけたほうが、よっぽど口説き落せる確率が高くなりますよ。

また、それまで黙っていれば、この前の僕みたいに女性から話しかけてくることもありますしね。

 

ちなみに黙っていると、ブスが話しかけてくることもあります。

そういう場合につまらない顔していたら、他の女性からの印象は悪くなります。

ですから、できるだけ楽しそうに話をしたほうがいいですよ。

 

でも、ブスな女から話しかけてくることって、不思議と少ないんですけどね。

ブスはブスだと自分で自覚しているでしょうから、自分から話しかけてもうれしくないだろう、なんて思っているんでしょうかね。

あるいは、ブスのほうが男をルックス重視で選ぶ傾向があるので、僕みたいなブサイクには話しかけないかもしれませんよね。

 

まあ、もしブスが話しかけてきても、そのうち話は自然と盛り下がりますから、そのタイミングで席替えをして狙っている女性の近くに行くといいですよ。

その時に相手にしてくれなかったら、話しかけるタイミングを見計らって話すといいですよ。

話が盛り下がるとちょっと気まずくなるので、そのときに話しかけると普通に相手にしてくれることが多いですよ。

 

関連記事:合コンで初対面の女性と盛り上がる会話とは?

 

キャバ嬢の口説き方はキャバ嬢に聞くのが一番ってホント?

 

雑誌などを見ていると、時々キャバ嬢の本音みたいなことが書かれていますよね。

どういう男に惚れて、どういう男に口説かれてしまうのか、それはキャバ嬢本人に聞くのが一番間違いがないことだろう、と思ってしまいますよね。

それで、キャバ嬢のインタビュー記事みたいなのをかなり参考にして、狙っているキャバ嬢を口説こうと思った事って、今までにあるのではないでしょうか?

 

でも、その通りにしても、キャバ嬢ってなかなか口説き落せないですよね。

 

僕は今まで何十人ものキャバ嬢を口説き落してきたんですが、キャバ嬢のインタビュー記事は一切参考にしません。

以前はかなり参考にしていたんですが、途中からそれではダメだということがわかったからです。

 

では、どうして雑誌などのキャバ嬢のインタビュー記事が全くあてにならないのか、僕なりの考えを紹介します。

 

キャバ嬢のインタビュー記事通りに実践するとキャバ嬢が落ちない理由

 

キャバ嬢がどのような男性に惚れるのか、インタビュー記事はだいたい共通しています。

・気が利く人
・態度がデカくない人
・自慢話などをしない人
・ケチでない人
・キャバ嬢の話をきちんと聞く人
・下ネタなどを言わない人、胸やお尻などを触らないのは当たり前

という感じでしょう。

 

では、これらが嘘なのかといえば、決してそういうことでもないでしょう。

これらは、キャバ嬢を口説くためには、最低限必要になる事です。

 

しかし、これだけではキャバ嬢を口説くことはできません

それは、キャバクラには本当にいろいろな男性が行くからです。

そして、キャバ嬢は1日に何人もの男性に接するんです。

人気キャバ嬢なら、1日に何人もの男性に指名されてるんです。

その中には、社会的地位の高い人、経営者などもいます。

 

じゃあ、先ほどのキャバ嬢が惚れるという条件をそろえた男性が社会的地位の高い人であれば、その人にごく普通のサラリーマンが勝てると思いますか?

 

結論からいうと、ほぼ無理でしょう。

キャバ嬢はミーハーです。

一般のOLなどと比べると、肩書きなどに非常に弱いです。

もちろん、一般のOLも肩書などに弱いですが、キャバ嬢はそれ以上です。

 

それで、社会的地位の高い人って、気が効いたり、態度がデカくない人って、そこそこいるんですよね。

 

社会的地位が高いとキャバ嬢がチヤホヤするので、それで調子に乗って態度がデカくなる人もいます。

そういう人は、いくら社会的地位が高くても嫌われますけどね。

ただ、女性の気持ちが分かっている男性であれば、キャバ嬢を口説こうと思ったらそんな態度は取りませんし、ものすごく気を利かせます。

 

それで、社会的地位の高い人は、周りからチヤホヤされて勘違いして、態度がデカい人も決して少なくないです。

まるで、自分が中心に地球が周っているとでも思っている人もたくさんいます。

 

ただ、そういう人たちばかりではないんですよ。

人の気持ちをしっかりと理解でき、満足させることができるからこそ、社会的地位を得たという人は多いです。

特に経営者と言われる人たちは、そういう人が多いです。

逆に人を率いなくても社会的地位を手に入れることのできた人は、調子に乗って態度がデカい人が多いんですけどね。

 

では、キャバ嬢が惚れるという条件をそろえているベンチャー企業の社長と、一般のサラリーマンとどちらにキャバ嬢は口説かれるのかといえば、言うまでもなく前者ですね。

 

キャバ嬢は、雑誌のインタビューなどで嘘を言っているわけではないでしょう。

インタビューする人に誘導されていることもあると思うので、キャバ嬢の本音がそのまま書かれているかどうはか、疑問に残りますけどね。

 

僕も、雑誌のインタビューを受けたことがあるんですけど(このサイトとか恋愛とかキャバクラとか全然関係ないことでですよ)、インタビューする人ってものすごく誘導が上手いんですよ。

僕は記者たちの意図する記事にするために誘導されて、結果僕が思っていることと全然違う記事になったんですよね。

そういう事もあるので、インタビュー記事に書かれていることがどこまでキャバ嬢の本音なのか分からないです。

キャバ嬢はお客様をお金としか思ってない、という記事を書きたければそのように誘導するでしょうし、お客様に当たり前のように口説き落されているという記事を書きたければ、そのように誘導するでしょう。

だから、インタビュー記事がどこまでキャバ嬢の本音なのか僕にはわかりません。

 

ただ、「こんなお客に惚れる」というのは、ウソとまでは言えないのではないか、と思います。

ただ、それだけでは足りないんです。

だから、あまり参考にはできないんですよ。

 

これはちょっと難しいんですが、キャバ嬢にとって、ただのいいお客様と惚れる男性は、共通する部分があります。

それで、キャバ嬢は男性を扱うプロと言っていいでしょう。

キャバ嬢に一生懸命気を使っていたら、知らない間にキャバ嬢にとってただのいいお客さんになっちゃって、全然口説き落とせない、なんてことになるかもしれませんよ。

 

それで、これはキャバ嬢がお客さんに惚れる条件です。

じゃあ、キャバ嬢は惚れたお客さんに口説き落とされるのか、といえば、そうとは限りません。

それは、口説き落されたら、その人はお店に来なくなります。

すると、売上が落ちますので、給料が減りますよね。

それで、やる気のあるキャバ嬢、金銭欲の強いキャバ嬢、借金返済などどうしてもお金が必要なキャバ嬢などは、給料を減らさないようにするためにも、我慢して口説かれないようにするでしょう。

やる気のないキャバ嬢などは、口説き落ちてしまいますけどね。

 

じゃあ、キャバ嬢を口説き落すにはどうしたらいいのか、それは、お客にならなければいいんです。

意外と本指名されたことのない男性と付き合っているキャバ嬢って多いんですよ。

僕の知り合いで、
「ヘルプでよく付くキャバ嬢は口説き落せるけど、本指名したキャバ嬢は口説き落せないんだよなぁ!」
なんて言っていた人がいるんですが、それはキャバ嬢心理を考えれば当然のことですね。

キャバ嬢にとって、ヘルプにつく男性は自分の給料とは関係ありませんから、お店に来なくなっても問題はありませんからね。

 

とはいっても、狙っているキャバ嬢にヘルプで来てもらうわけにもいきませんしね。

ヘルプの指名はそもそもできず、本指名以外にも付いてほしいキャバ嬢がいる場合は、場内指名しないといけませんからね。

 

それで、キャバ嬢にお客様にならずに口説き落す方法を別のサイトにまとめました。

もちろん、2~3回くらいお店に行く必要がありますが、それ以上は行く必要はありません。

キャバ嬢は、基本的に尻軽なので、お客とみられなければビックリするくらい簡単に口説き落せますよ。

 

その方法は、別のサイトにまとめました。

参考にしてください。

 キャバ嬢を口説き落とす方法~36人以上落とした方法とは?

 

プライドが高い男はモテないってホント?モテる為に必要なのは?

 

プライドが高い男はモテない
ということを聞いたことはありませんか?

確かに、プライドの高い人と話をしていると、あまりいい気はしないですよね。

知ったかぶりをしたり、説教臭くなったり、人を見下したりバカにしたり、自己中心的だったリ、そういう人と話をしていてあまりいい気がしない、と誰でも思うのではないでしょうか?

 

ただ、こういったことを自覚していても、なかなか改めることができないから、悩んでしまうのではないでしょうか?

プライドが高いことが原因でモテないことを自覚できない人は、このページは読まないとは思いますしね。

 

そこで、ここでは男性がプライドが高くなってしまう根本原因と解消法を紹介します。

 

プライドが高くなってしまう原因と改善するポイントは?

 

プライドが高くなってしまう原因は、実は自分に自信がないからなんですよ。

そんな事を聞いて、あなたは驚きましたか?

 

逆に自信があれば、プライドを捨てるのは簡単なんです。

自分に自信があるということは、そのことを自他ともに認めていることになりますよね。

ということは、他の人に対して自分をアピールする必要がなくなりますね。

また、他の人に認められているわけですから、恥ずかしいことをしても他の人の評価は変わらないわけです。

だから、プライドを捨てて恥ずかしいこともできてしまいますよね。

 

また、自分自身に自信があれば、心に余裕が出てきますので、プライドを高くする必要もない、ということにもなりますよ。

 

しかし、実際には自分に本当に自信を持つことができる人はほんの一握りです。

ですから、自分に自信を持てたらどうなるか、想像するのは難しいんですけどね。

 

そもそも自分に自信を持つということはどういうことなのでしょうか?

自分に自信がある人が、どんな分野においても自信を持っているのかといえばそういうわけではないですよね。

自分に自信のある文系の人が、数学が大の苦手だということなんて当たり前のようにあることですよね。

 

自分に自信があるということは、他の人から認められている(と自覚している)と考えると、納得できることが多いです。

他の人から認められると思っていれば、初対面の人とでも堂々と接することができますよね。

堂々とした態度は、自信にあふれた態度、なんて言いますよね。

他の人に認められないと思っていれば、おどおどするなど自信なさげな態度になってしまいますよね。

 

どんなことをしても他の人に認められると思っていれば、プライドを捨てて恥ずかしいことも平気でできますよね。

他の人に認められられないと思えば、自分がよく見られるように背伸びをしてしまいますよね。

そういう時って、自分のことを否定されたらムキになって反発しがちですし、他の人を認める余裕がないわけですから他の人に批判的になったり、上から目線で見下すような態度になったりもしてしまうんですよ。

そういった態度をプライドが高い、と言いますよね。

 

ということは、プライドの高い態度を取ってしまうのを改めるには、他の人に認められると自覚できるようになればよい、ということになりますね。

 

それで、他の人に認められるか認められないかは、コミュニケーション能力次第と言っていいでしょう。

一緒にいて楽しい人の周りには自然と人が集まります。

そうなれば、他の人に認められている、ということが自覚できるようになりますよね。

そうなるには、コミュニケーション能力を磨く必要があります。

 

それで、コミュニケーション能力を磨くには、経験を積むことが一番です。

最低限の知識は必要ですが、ほとんどの人が経験を重ねることでコミュニケーション能力を高めています。

元々コミュニケーション能力の高い人は、小さいころからたくさんの人と接してコミュニケーション能力を高めている人が多いですよね。

逆にコミュニケーションに関する本ばかり読んでいる人は、いつまでたってもコミュニケーション能力を高めることができませんよね。

コミュニケーションに自信を持つことができないから、いつまでも本を読んでいるんですけどね。

 

それで、コミュニケーション能力を高めるための最低限の知識と経験を積む方法については別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

 女性にモテるための自分に自信を持つ方法

 

 

 

女性に「友達としてしか見られない」と言われる原因と対処法!

 

「『友達としてしか見れず、恋愛対象として見ることができない!』と女性によく言われるんだけど…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

好きな女性に、「友達としか見れない!」なんて言われたら、ショックは大きいですよね。

そんな時、あなたは「恋愛対象として見られたい!」と強く思うのではないでしょうか?

 

そこで、ここでは女性に友達としてしか見られない、と言われる原因と対処法を紹介します。

 

女性が「友達としてしか見られない!」と言う理由

 

まず、女性に「友達としてしか見られない」と言われた時、本心から言っていることもあれば、嘘を言っていることもあります。

女性は、嫌いな人にも恋愛感情を持っている人にも、そして、本当に友達としては付き合っていけるけど恋愛対象として見ることができない人にも、そのようなことを言います。

 

それで、女性にそのように言われた時に、ある程度見当できることがあります。

 

まず、あなたがデートに誘った場合、告白した場合、恋愛感情を持っていることをほのめかしたりした場合は、本当に友達と思っているか、嫌いなのか、好きでも嫌いでもないのか、いずれかです。

つまり、断り文句ということですね。

 

それ以外は、女性の本心が分からないことが多いです。

恋愛感情を持っていることを隠すために「友達としてしか見られない!」ということもあれば、本当は嫌いだけどそんなことはズバッということができないので「友達としか見られない!」というでしょう。

本当に友達としてしか見ることができない、という場合でも、そのように言うでしょう。

 

それで、「友達としてしか見られない!」と言われて「実は恋愛感情を持っているんだ!」と思って女性と接した場合、女性が恋愛感情を持っていなかったら取り返しのつかないことになる場合が多いです。

そこで、そのように言われたら、女性は恋愛感情を持ってないものだと考えて行動をすべきですよ。

 

女性に恋愛対象として見られるには?

 

女性に恋愛対象として見られるには、女性に付き合っているところを想像させることが大切です。

 

男の場合、女性を一目見て「付き合ってみたい!」「付き合えない!」の判断をする事がよくあると思います。

それで、「付き合ってみたい!」と思った女性に対しては、一瞬でも肉体関係を持っているところを想像してしまうのではないでしょうか?

これは、実は逆もあり得るんです。

つまり、肉体関係を持ったことを想像した女性に対しては、恋愛感情を持ってしまう傾向があります。

これは脳の錯覚と言われているんですけどね。

脳は、「恋愛感情=肉体関係」と単純に処理してしまうんです。

 

一度、きれいだけど恋愛感情は持てない(女として見られない)有名人(女優、アナウンサー、モデルなど)と肉体関係を持ったところを想像してみてください。

キレイではない人や嫌いな人と肉体関係を持ったところを想像すると、気持ち悪くなったりしてますます嫌になりますから、必ず見た目がきれいな(かわいい)有名人と肉体関係を持ったところを想像してくださいね。

繰り返し想像していると、不思議と恋愛感情を持つというか、女として見ることができるようになりますよ。

 

これは女性も同じです。

ただ、女性は肉体関係だけではなく、デートしたり、付き合っているところを想像できれば、恋愛対象として見るようになります。

もちろん、見た目も中身も理想の男性を見れば、恋愛感情を持ち、付き合っているところを想像してしまうでしょう。

そういう感情を持たなかったとしても、何かのきっかけで付き合っているところを想像させることができれば、女性は恋愛感情を持つことができます。

 

つまり、友達としてしか見られない男性に対しては、恋愛しているところを想像したことがない、ということが言えるわけですね。

逆に、友達としてしか見ていなかった男性と付き合っているところを想像させることができれば、恋愛感情を持たせることができますよ。

 

ちなみに女性が「友達としては好きだけど、付き合っているところが想像できない!」ということがありますが、これは本心であり、見事に女性心理を表したセリフだと言えますよ。

 

ただ、だからといって女性に「僕と付き合っているところを想像してみてよ!」といきなりいっても、想像はしてくれません。

「なに言ってるの!」なんて言われて笑われるだけでしょう。

そうではなくて、徐々に恋愛のことを想像させることが大切です。

 

2人で食事などに行くことができる関係なら、2人で手をつないでいるところを想像させるとか、まだ2人きりでどこかに行ける関係でなければ、2人でどこかに出かけるところを想像させるとか、少しずつ段階を踏んで想像させることが大切ですよ。

 

その具体的な方法は、別のページで紹介しました。

こちらのページでは、想像させるという言葉は使わず、話をさせるという言葉を使っていますが、話をさせることができれば勝手に想像してくれます。

ですから、○○の話をさせる、ということは、○○を想像させる手段だと思ってもらっていいです。

ぜひ参考にしてください。

参考記事:女友達を彼女にする方法・会話術~幼馴染も彼女にできる!