恋愛に自信をつけるためのポイント~自信のない男はモテない?

 

「恋愛になかなか自信を持つことができなくて…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

恋愛に自信を持つことができないと、なかなか女性を口説き落したり彼女を作ることってできないですよね。

このままだと、一生女性に縁のないまま過ごすことになるかもしれません。

「そんな人生はイヤだ~!」
と、あなたは思いませんか?

 

そこで、ここでは恋愛に自信をつけるためのポイントを紹介します。

 

恋愛に自信をつけるためのポイント

 

まず、外見にコンプレックスを持っていて恋愛に自信を持つことができない場合、変えることのできることは変えたほうがいいです。

 

ただ、僕の経験上、外見だけでモテないということはないです。

ブサイクでデブ、ハゲでもモテる男性はいますし、逆にイケメンでもモテない男性はいます。

 

確かに、イケメンのほうが有利なんですが、結局大切なのはトータル的なところになります。

モテるかモテないかは、ルックス、身だしなみ、マナー、性格などのトータルで判断される、と思っていいです。

それで、見た目も中身もすべての点においてモテる男性というのは滅多にいません。

ですから、見た目、ルックスが不利でも中身を変えていけば、充分にモテるようになりますよ。

 

ただ、見た目もモテるかどうかの要素の1つにはなりますので、変えることができるなら変えたほうがいいです。

見た目が変わることで自信を持つことができることもありますしね。

 

あと、性格で悪いところが分かっているなら、変えるべきです。

だらしない性格だとなかなかモテませんが、最低限のことはしっかりとすべきです。

時間を守る、金銭にだらしないところを改める、など、最低限改めるべきところは改めるべきですよ。

ただ、性格はかなり頑張らないと、なかなか変わらないと思います。

少しずつ変えていくようにするといいでしょう。

 

そのうえで、徐々に恋愛経験を積んでいくことを意識していくといいですよ。

 

恋愛には段階がありますよね。

挨拶・世間話ができる⇒仲良くなる(⇒複数で遊びに行く)⇒2人デートする⇒肉体関係を持つ
といった感じですね。

 

そこで、まずは女性と仲良く話ができるようになることを目標とします。

10人もの女性と仲良くなることができれば上出来です。

ただ、そこまでは大変だと思うので、とりあえず5人の女性と仲良く話ができるようになったら、自分を褒めてあげましょう。

 

その次に、できれば複数で遊びに行くといいです。

男女合わせて4~5人と飲みに行ったりする仲間ができるといいですよね。

あなた自身が男女3~4人に声をかけて遊びに行くことができたら、自分を褒めてあげましょう。

そういう女性がたくさんできるといいんですが、2~3人の女性が含まれていればいいでしょう。

 

次は、女性と2人でデートします。

この段階になると、ちょっと難しくなってきますね。

ただ、デートの誘いはきちんと方法さえわかっていれば、そうそう失敗するものでもありません。

ですから、正しい方法でデートに誘えば大丈夫です。

デートの誘い方、デート中の会話については別のページで紹介しました。

参考にしてください。

参考記事
片思いの女性をデートに誘うポイント~断られない誘い方は?
付き合う前の女性とデート中の会話~沈黙して気まずい雰囲気を避けるには?

 

女性とデートできたら、自分を褒めてあげましょう。

 

そして、いよいよ女性と肉体関係を持っていきます。

ちなみに、女性と付き合うのに、わざわざ告白する必要はありません。

肉体関係を持とうとするときに、多くの場合は女性の方から「私のこと好き?」なんて聞いてきます。

肉体関係を持った後に聞かれることもありますけどね。

その時に「好きだよ!」といえば大丈夫です。

 

もし、そういう事を聞かれなかったら、何回か肉体関係を持った後に、
「好きだよ!」
と言えばいいです。

わざわざ言う必要もないんですが、気になる場合は聞いてみるといいですよ。

そこで、「いや、肉体だけの関係だよ!」なんて言う女性はまずいません。

ほぼ全員が「うん、私も好きだよ!」と言ってくれますよ。

 

それで、肉体関係を持つのはある程度の経験が必要になります。

初めは緊張することもあってなかなかうまくいかないんですが、慣れればうまくいくようになりますよ。

ホテルに誘う具体的な方法は、別のページで紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

参考ページ:デート中に女性をホテルに誘う方法・会話術 初デートでホテルへ!

 

ホテルに誘おうとしてもなかなか上手くいかないこともあります。

誘い方がマズくて失敗することもあると思います。

そういう時は、「女性とデートはできるようにはなったんだ!」と自分に言い聞かせて自信を持つようにするといいですよ。

 

ようは、恋愛の段階ごとに自分を褒めてあげれば、少しずつでも自信を持てるようになりますよ。

 

ちなみに、経験が多いほど恋愛に自信を持つことができるようになります。

少しでも多くの女性との経験を重ねるには、出会い系サイトがいいです。

出会い系サイトほど多くの女性に出会うことができるものはないですよ。

出会い系サイトだと、複数で遊びに行くことはできませんが、いきなりデートすることができますので、恋愛経験を積むには最高ですよね。

 

出会い系サイトで女性と出会う方法は別のサイトで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

参考サイト:出会い系サイト攻略法

 

twitterで理想の女性との出会い彼女が作れるってホント?

 

twitterをしている人はたくさんいますよね。

そして、twitterで女性との出会いを増やしている、という人もいますよね。

 

そんな話を聞いて、僕はそれが本当なのか試してみました。

twitterで本当の女性との出会いを増やすことはできるのでしょうか?

 

twitterで女性と出会いを増やす方法

 

まずは、twitterで女性との出会いを増やす方法を簡単に紹介します。

 

①女性が気を引きそうなことを最低1日1回はつぶやき続ける

①検索などをして気になる女性を探す(趣味などが同じほうがいい)

②気になる女性をフォローする(何人でもOK)

③女性のつぶやきを「リツイート」したり「いいね」したりする

④同じ女性に何回かリツイートやいいねをすると、女性はリツイートやいいねを何回かしてくれる人のことが気になります。そのタイミングで時々リプライします。

⑤リツイート、いいね、リプライを使って女性との距離を縮めていきます。

⑥女性があなたのツイートに対して、リツイート、いいね、リプライをするようになり、さらに距離を縮めることができたら、メッセージのやり取りをするようにします。

⑦さらに距離を縮めていき、タイミングを見極めて出会う約束をします。

 

ここで注意点を!

まず、女性ばかりフォローしていると不自然です。

ですから、フォローするのは、男女半々か男性を多くしたほうがいいです。

1日に10人くらいならフォローしてもアカウントが削除されることはまずないですのですが、1日に男性7人、女性3人フォローしたとしても、10日で女性30人フォローできます。

女性30人フォローして、全員に対してリツイートやいいねをマメにするのはちょっと大変です。

ですから、男性をたくさんフォローしても出会いに一切支障はありません。

 

また、1日にたくさんのアカウントをフォローすると、あなたのアカウントが削除される恐れがあります

フォローする数が1日30人くらいまでなら大丈夫だということですけどね。

でも、そこまでフォローしても、リツイートやいいねなどが大変になります。

フォローは1日10人までで充分でしょう。

 

あと、twitterでは趣味が同じ女性を探すと出会いやすいです。

プロフィールに趣味を書いておき、つぶやきは趣味に関することを中心にしておくと、同じ趣味の女性は食いつきが良くなります。

 

このあたりを気をつけながら、女性との出会いを増やしてみました。

その結果、6ヶ月で3人の女性と出会うことができましたよ!

3人ともtwitterでやり取りをしていることもあって、妙に話が合いましたね。

そして、その中の1人はなかなかの美人でしたよ。

 

twitterで女性との出会いを求めた僕の率直な感想

 

twitterで女性との出会いを求めた結果、6ヶ月で3人の女性と実際に出会うことができました。

ただ、非常に効率が悪い、というのが僕の正直な感想です。

 

まず、住んでいる地域が分からない女性が非常に多いです。

住んでいる地域をプロフィールに書いている女性は非常に少ないので、近くの女性ばかり狙おうと思っても無理です。

 

そして、ネカマが多いです。

 

あと、なにかの商品やサービス、お店をアピールしている人も非常に多いです。

いわゆるステマですよね。

商品などを売っているようには見えないけど、時々「この商品良かった!」みたいなつぶやきをして商品の販売ページに誘導しようとする人は、かなりたくさんいました。

 

それで、しばらくはそういった事に気づかずにリツイートやいいねなどをしていましたが、途中で「これはネカマだ!」「これはセールス目的だ!」という事に気がついたことが何回もありました。

また、メッセージのやり取りをするようになってから、どのあたりに住んでるか聞いたら、会いに行くまで新幹線で片道3時間近くかかるところに住んでいたり、なんてことも多かったですね。

「せっかく、距離を縮めることができたのに~!」
と、本当にガックリしたことが何度もありました。

 

そういった苦労を重ねながらも、なんとか3人の女性に会うことができたんですよ!

でも、会うことのできた女性のうち、好みの女性は1人だけです。

その女性とは2人で一晩過ごすことができましたよ。

 

残りの2人の女性は、はっきり言ってひどかったです。

1人は、汚いオバサンでした。

一応一緒に食事しましたが、二度と会うことはなかったですね。

もう1人は見た目はまあまあという感じでしたが、なんか(ネットワークビジネス、宗教など)の勧誘っぽかったです。

すぐ逃げましたけどね。

 

twitterで出会いを求めたら、すったもんだの末に、やっと1人の女性と出会うことができたんですよ。

これはあまりにも効率が悪すぎます。

 

僕の場合ですが、合コンセッティングサービスを使って合コンに3回も出れば、1人の理想の女性を口説き落とすことができます。

1週間に1回合コンに参加したとして、1ヶ月もかからずに理想の女性を口説き落すことができる、ということになりますよね。

そもそも、合コンセッティングサービスは理想の女性に巡り会うのがだいたい3回に1回くらいなのですが、理想の女性に会うことができたら、9割以上の確率で口説き落とすことができています。

街コンなら以前は、1回参加したら9割の確率で好みの女性を落としていました。

ここ3年位街コンに参加してないので、今はひょっとしたらそこまで確率が高くないかもしれないんですけどね。

以前よりも街コンは下火になっているので、そもそも、理想の女性がすぐ見つかるかどうかという問題があります。

理想の女性を見つけることができたら、9割以上の確率で口説き落とすことができますよ。

 

そんな僕でも、twitterでは6ヶ月で理想の女性を1人しか口説き落とすことができなかったんです。

twitterがいかに出会いに効率が悪いものなのか、よく分かるのではないでしょうか?

 

ちなみに僕は10年位前から出会い系サイトを使った女性と出会っています。

出会い系サイトなら、そんなに頑張らなくても1ヶ月に3人の女性に出会うことができていて、そのうち理想の女性が1人はいます。

つまり、出会い系サイトはtwitterよりもはるかに少ない労力で1ヶ月に1人の理想の女性と出会うことができているんですよ。

ですから、理想の女性と出会うには、出会い系サイトがおすすめです。

 

出会い系サイトで理想の女性と出会う方法は別のサイトにまとめました。

恋愛初心者でも、何人もの理想の女性と出会うことができるようにまとめています。

ぜひ、そちらを参考にしてください。

 「【初心者向け】出会い系サイト攻略法」へ

 

「モテそう」と女性に言われる男ほどモテない意外な理由とは?

 

女性に「モテそう!」と言われているのに、全然彼女ができない男性っていますよね。

というか、よく考えてみると「モテそう!」と言われる男性ほど彼女がいない傾向が強いと思いませんか?

でも、「モテそう」と言われる男性は、そう言われるだけあって一見モテそうな感じはするんですけどね。

しかし、なぜかそう言われる人に限って彼女がいないんですよね。

 

そう言われているけど彼女がいない人が僕の知り合いに何人かいるんですが、そのうち2人を例として取り上げて、なぜ彼女がいないのか検証します。

 

女性に「モテそう」と言われる男性に彼女ができない理由

 

「モテそう」といわれているけど、彼女がいない1人目の男性をここではA君とします。

A君はそんなにかっこいいわけでもないんですが、ブサイクでもないです。

でも感じはものすごくいいですし、一緒に話をしていて楽しいです。

実際に友達は男女問わず多いですね。

ですから、女性から「モテそう」と言われる理由は本当によくわかります。

しかし、ここ何年か彼女がいないんですよ。

確かに、A君は彼女作り(恋活)をあまり頑張ってないので、彼女ができなくても仕方がないかな、と思うところはあるんですけどね。

「彼女が欲しい」と言っているのを聞いたことないですし、あまり彼女が欲しいとは思ってないのかなぁ?と思ったりもするんですけどね。

ただもう一つ、僕がA君のことを見ていて「なかなか彼女ができないだろうな!」と思う大きな理由があります。

それは、A君はただのいい人止まりで終わりそうな人なんですよ。

感じはいいし、優しくて本当にいい人なんですけど、それ以上がない、という感じなんですよね。

ただのいい人って、本当になかなか彼女ができないんですが、A君もそんな感じです。

 

もう一人の、女性に「モテそう」と言われるけど彼女がいない男性を、ここでは仮にB君とします。

B君もイケメンでもないけどブサイクでもない、という感じですね。

ただ、真面目な感じで腰が低く、感じはものすごくいいです。

だから、女性に「モテそう」と言われる理由はよく分かります。

でも、5年以上彼女がいない、ということなんですよ。

B君はいまいち社交性がないのが彼女ができない理由かな、と思うことがあります。

付き合いは悪くないけど、いまいち付き合いには積極的ではない、という感じですね。

休みの日は家で一人で過ごすことが多いみたいなんですけどね。

腰が低くて目立とうとせず、付き合いは悪くはないけどいまいち積極的ではなく、やや社交性がない人って時々いると思うんですけど、B君はそんな感じです。

そういう人って、イケメンでも彼女がいない人は多いですよね。

それで、腰が低くて社交性がいまいちない人って、ただのいい人で終わりがちですよね。

男性からも、「いいやつだよな!」とは言われるけど、それ以上のことは言われず存在感もいまいちだから、本当にただのいい人ですよね。

いい人ということ以外に長所も短所も見つからない、という感じですよね。

これは女性から見ても、ただのいい人で、それ以外に長所が見つからないから恋愛感情が湧かない、という感じになるでしょう。

だから、なかなか彼女ができないんですよね。

 

女性から「モテそう」と言われるけど彼女がいない2人の男性の例を出しましたが、2人に共通するのは「ただのいい人」ということです。

それ以外の「モテそう」と言われるけど彼女がいない男性は全員、感じはよくて「いい人」なんですよ。

それで、今回例に挙げた2人以外は、彼女ができない理由はよく分からないですが、多分「ただのいい人」止まりで終わってるのかな、と思います。

 

いい人ってパッと見た感じはモテそうな感じはしますよね。

でも、ただのいい人で終わったら、なかなか彼女はできないですよね。

 

さて、ただのいい人が彼女を作るためのポイントは別のページで紹介しました。

興味があれば参考にしてください。

参考記事:女性にただのいい人ではなく恋愛対象に見られるには?

 

女性に終電を乗り遅れさせ一晩を共に過ごすには?

 

よく、終電に乗り遅れた女性はホテルに連れ込みやすい、と言われていますよね。

それで、なんとか必死で女性に終電を乗り遅れさせようとしている人ってたくさんいますよね。

合コンで2次会、3次会まで引っ張って、終電を乗り遅れさせようとしたり、デートの待ち合わせ時間を遅くして終電を乗り遅れさせようとしたり、終電の早い場所でデートしたり…

 

しかし、実際にはなかなかうまくいかないですよね。

合コンで2次会、3次会まで引っ張ろうとしても、肝心の女性は早く帰ったり、あるいはデートの待ち合わせ時間を遅くしたら断わられたり、なかなかうまくいかないと思います。

女性は、なんて電車の時間に敏感なんだろう、なんて思うこともあるんですけどね。

 

ただ、ちょっとしたポイントを押さえるだけで、女性が終電を逃すようになり、簡単にホテルに連れ込むことができるようになるんです。

そこで、ここではそのポイントを紹介します。

 

女性に終電を乗り遅れさせ一晩一緒に過ごすことができるようになるポイント

 

女性に終電を乗り遅れさせるための大原則は、終電に乗り遅れるだけの価値があるものを提供する、ということです。

 

極端な話ですが、女性が片思いをしている男性と朝まで一緒に過ごせるなら、終電を乗り遅れたいと思うでしょう。

ただ、実際には軽い女に見られたくないという気持ちもあるので、終電には乗ってしまうことが多いんですけどね。

実際はそうだとしても、女性は朝まで一緒にいたいという気持ちにはなるわけです。

それは、片思いをしている男性と朝まで一緒にいること自体が、終電を逃す以上の価値が女性にとってはあるからです。

 

じゃあ、女性を終電に乗り遅らせるには、女性を惚れさせないといけないのか、といえばそんなことはありません。

もちろん、女性が惚れてくれれば、終電を乗り遅れたいという気持ちにはなるでしょう。

ただ、惚れさせることができれば、終電前にホテルに連れ込むことができるので、終電を乗り遅らせることを考える必要はないわけです。

 

そうではなくて、女性にとって終電を乗り遅れてもいい、と思わせればいいんです。

一緒にいて楽しい、癒される、落ち着く、などなど女性にとって朝まで一緒にいる価値があると思う理由はいろいろあります。

男同士で飲んでても、楽しければ朝まで飲むこともあるでしょうし、つまらなければ終電までにはなんとか帰ろうとしますよね。

付き合いの関係もありますので、それができるかどうかは別として、つまらなければ帰りたいという気持ちにはなりますよね。

同じように女性が楽しいなどと思ってくれれば、朝まで一緒にいたいと思うわけです。

最低でもそういう気持ちを持たせることが大切ですよ。

 

こういう話をすると、とにかく盛り上げよう、と考える人が多いですよね。

それで、一生懸命話をする人が多いですよね。

そうなったら、女性は帰ります。

 

一方的に話をされると、かなり苦痛です。

僕は、合コンに参加したら、一方的に話す女性と会話することが何度かありました。

なぜか、最近一方的に話す女性と会話することが多くなったんですよね。

それで、僕は相槌をして聞いているんですが、内心はかなり苦痛を感じていました。

拷問を受けていたかのような感情を持ってしまいました。

女性は男性よりもおしゃべりが好きだと言われていますよね。

それなのに、男性が一方的に話をしていたら、女性は僕が感じていた以上の苦痛を感じるのではないでしょうか?

そうなったら、女性はいち早く帰りたいと思いますよね。

 

そうではなくて、女性に話をさせること、つまり、聞き上手がものすごく大切です。

ちなみに、僕が女性が終電を逃させることができている確率は、金曜と土曜の夜なら70%くらいです。

残りの30%は、親と同居の女性は帰る確率が高くなりますし、次の日朝から出かける予定があれば早く帰るでしょうし、ホテルに連れ込まれることを必要以上に警戒していたら帰るでしょうし、どうしようもないのではないか、と思います。

僕は女性を褒めたりすることもなく、笑わせたりすることもありませんが、聞き上手になっているだけで、女性を高確率で終電を乗り遅れさせることができていますよ。

 

女性に終電を逃させるには、肉体関係をある程度は覚悟させる必要がある、という人はいます。

でも、僕に言わせればそういう覚悟をさせることができたら、終電前にホテルに連れ込むことはできます。

だから、終電を逃させることを考える必要はありません。

そうではなくて、一緒にいて楽しい、と思わせることができれば充分です。

逆に、「この男性なら朝まで飲んで話をしてるだけで、何もされないだろう!」と女性に思わせたほうが終電を逃してくれやすくなりますよ。

 

とにかく、女性に終電を乗り遅れさせるには、女性に楽しいと思わせることです。

それには聞き上手が大切ですよ。

 

聞き上手になってモテるようになる方法は、別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

 聞き上手はモテる!~口説かなくても女性を落とすこともできる!