職場の部下の女性を口説き落とすポイント!最低これだけは…!?

 

「職場の部下を口説き落としたいんだけど、どうしたらいいんだろう?」
と、悩んでいる人ってかなり多いですよね。

セクハラやパワハラということがよく言われますが、そのようなことにならないようにしながら口説き落とそうと思うと、いろいろ悩んでしまいますよね。

また、職場は他の人の目も気になりますので、どうしたらいいのか悩むことも多いと思います。

 

そこで、ここでは職場の部下の女性を口説き落すポイントを紹介します。

 

職場の部下の女性を口説き落すのは簡単?難しい?

 

まずは、職場の部下の女性を口説くことと、職場以外の女性を口説くことの違いを紹介します。

職場の部下の女性を口説くのには、かなり大きなメリットがある一方で、デメリットもあります。

 

まず、職場の部下の女性を口説き落そうとすると、パワハラやセクハラと言われてしまう可能性があります

そうなると、最悪の場合は解雇されることもありますよね。

そうでなくても、セクハラやパワハラしたということになると、立場が悪くなりますよね。

 

また、例えば食事に誘った時などは部下は一緒に行きたくなくても断りにくいですし、また心にもないお世辞を言うことだってありますよね。

そうなると、女性の本心がなかなか分からないですよね。

職場の上下関係がなければ、食事に誘っても女性がイヤだと思えば、なんだかんだ言って断りますよね。

でも、職場の上司に誘われたらそれができないこともありますよね。

そうすると、女性の気持ちを読み間違えてしまうことだってあるわけです。

女性と2人きりで3回食事に行くことができたから、ホテルに誘うことができるだろう、と思っていたものの、女性が嫌々食事に付き合っていたのであれば、ホテルに誘うことはできないですよね。

でも、上下関係がなければ、嫌々食事に行くことなんてあまりありませんからね。

嫌な男性と3回も食事に行く女性なんてまずいないでしょう。

でも、嫌な上司から誘われても断ることができず、3回以上嫌々食事に行くことはあり得ます。

ですから、勘違いやすい、というデメリットがありますね。

 

そういったデメリットはあるものの、それを上回るくらいのメリットもあります。

上司に対して部下は、いろいろ愚痴を言うものの、結局は頼りにしているわけです。

女性にとって頼ることのできる男性は、恋愛対象になります。

ですから、部下の女性を惚れさせるのって結構簡単なんです。

これはものすごい大きなメリットですよ。

 

そしてもう一つ、先ほどの話と逆になりますが、食事などに誘いやすいのは大きなメリットになります。

「食事をしながら仕事の話をしたい!」と言って誘えば、まずOKしてくれるでしょう。

もちろん、女性が上司のことを嫌っていたとしてもOKしてくれやすいです。

これはデメリットにもなるんですが、メリットにもなりますよ。

 

職場の部下の女性を口説き落とすポイント

 

新宿や渋谷などのホテル街を歩いていると、よく40代くらいの男性と20代くらいの女性が仲良さそうに歩いているのを見かけます。

その大半が職場の上司と部下なのかな、と思うんですけどね。

ですから、部下の女性を口説き落している男性はたくさんいますので、まずは部下の女性を口説き落とすことはできる、と信じて行動することが大切です。

 

そのうえで、まずは2人きりで食事に行ったほうがいいです。

「食事をしながら仕事の話をしたい!」
と言って誘えば、まずOKしてくれるでしょう。

それが難しいなら、まず初めに男性の部下2人くらい、女性の部下1人くらいをそれぞれ2人きりで食事に誘います。

すべて「食事をしながら仕事の話をしたい!」と誘います。

それで、本当に仕事の話をしてください。

建前でいいので、困った事や悩みはないのか聞いていくといいですよ。

食事しながら話した内容は狙っている女性にバレることが多いので、変な話はしないようにすべきです。

そうしたうえで、狙っている女性を誘えば、その女性は「みんなと食事をしながら仕事の話をしているんだから、下心はなく純粋に仕事の話をするんだろう」と思ってくれやすく、OKしてくれる可能性がかなり高くなります。

 

そして、女性を食事に誘うことができたら、口説き落としていきます。

この時に上司であることを最大限使うと簡単に口説き落すことができます。

もちろんパワハラはせずにですよ。

「僕と付き合ったら、昇格が早くなる!」と言ったらパワハラになりますから、そんなことは絶対に言ってはいけませんよ。

そういう事ではなくて、上司は頼りにできる存在なんですから、そのことを最大限使うんです。

 

簡単な流れは、まずは仕事の悩みを相談できる関係になり、それからプライベートの悩みを相談できる関係になると簡単に口説き落すことができます。

ただ、問題は簡単には本心を話しません。

「仕事で何か悩んでることってある?」
と聞いたところで、本当に悩んでることをなかなか言いません。

それは、あなたが上司から同じ質問をされた時になかなか本心を言わないと思うんですが、それと同じです。

下手な説教をされたり、評価が下がったりするのを警戒しているからですね。

あるいは、だれかとうまくいっていないことを話したら、下手に仲介されてさらに関係が悪化することもありますので、職場の人間関係のこともあまり本当のところは言わないでしょう。

ですから、仕事で本当に悩んでいることを話すようになるには、時間がかかります。

そこは、あなたの仕事での弱みや悩みを少し話をしたり(上司としての信頼を失わない程度に話す)、あるいは世間話を交えながら距離を縮めていって「この人なら話をしても大丈夫だ!」と思わせるようにします。

そうなれば、徐々にですが本心を話すようになりますよ。

そして、プライベートの悩みも話すようになります。

「彼氏とうまくいってなくて…」なんて相談するようになったら、もう落ちたも同然ですね。

こうなったら、彼氏の愚痴を聞いてあげるだけで勝手に落ちてしまうことが多いです。

 

こういう話をすると、なぜか
「本心を言え~!」
と怒ったように言う人がいます。

そんな事を言ったら、よけいに警戒心を強くしてしまい、ますます本心を話さなくなります。

「本心を言ってほしい」「腹を割って話してほしい」というセリフは絶対に言わないほうがいいですよ。

 

さて、部下の女性が仕事の悩みやプライベートの悩みを話すようになるための大事なポイントを1つだけ紹介します。

それは、2人でいる時は頼りになるお兄さんのような存在になるといいです。

職場の上司と部下の関係が続くと、なかなか落とすことができないです。

どうしても警戒心が残ってしまいます。

そうではなくて、頼りになるお兄さんになれば、警戒心はなくなりますので、ものすごく簡単に落ちてしまいますよ。

それには、
・上から目線で話をしない
・説教をしない
・アドバイスをしない
の3つが大切です。

悩みを聞くときは同情をしてあげるだけでいいです。

アドバイスをしたくなると思いますし、ナメたことも言うと思うので説教をしたくなることもあると思います。

ただ、そこはグッと我慢をして、ひたすら同情するようにすべきですよ。

そうすれば、おのずと警戒心はなくなり、頼りにできる存在になりますよね。

それで、部下の女性は年下になると思いますので、頼りになるお兄さんのような存在になりますよね。

そういう関係になれば、女性はプライベートの悩みも相談しやすくなりますよね。

そうなったら、超簡単に口説き落すことができますよ。

 

さて、あとは女性とどのように距離を縮めていくのか、という問題がありますよね。

そのことについては別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

ちなみに、このページで紹介したポイントをきちんと頭に入れてから別のページを参考にしてくださいね。

 女性と距離を縮める方法~気になる女性と距離を縮める5つのポイント

 

 

体の良い断り文句かどうか見分ける方法~女性がデートを断る本音!

 

意中の女性をデートに誘って断られた場合、何か理由をつけることが多いと思います。

「体調が悪いから…」
「最近、仕事が忙しいから…」
「週末は習い事してるから…」
などなど、本当にいろいろありますよね。

ただ、女性はデートの誘いに対して
「あなたとデートするのはイヤだ!」
と、断る人はあまりいないですよね(たまにはいますが…)。

ですから、何らかの理由をつけて体よく断りますよね。

 

ただ、本当に用事があってデートを断ることもあるはずです。

本当は女性はデートしたかったけど、どうしても外せない用事ができたために、断ることもあるかもしれません。

 

そこで、ここではデートに誘った女性から断られた時に、それが体の良い断りなのかどうか判断する方法を紹介します。

 

体の良い断りかどうかを見分ける方法~女性をデートに誘った時の対処法

 

まずは、基本的なことから紹介します。

女性をデートに誘って断られた時に、その場で別の日にデートする約束ができなかったら、体の良いお断りだと思っていいです。

 

女性がデートしたいと思ったら、「明日はダメだけど、来週は大丈夫だよ!」など、女性がデートできる日を言ってくれることが多いです。

女性がデートしてもいいかな、と思ったら(デートするのが嫌だと思わなかったら)、女性が断った後に「いつなら大丈夫?」と聞くと、都合の良い日を教えてくれることが多いです。

「いつなら大丈夫?」と聞いたときに、「今はよく分からない」と言われたら、体の良い断りであることが多いです。

 

これが基本中の基本です。

 

ただし、例外があります。

女性が気になっている男性からデートに誘われても、思わず断ってしまうこともあるんです。

詳しい話をすると長くなるので省略しますが、ここでは気になっている男性からデートに誘った時に思わず断ってしまうことがある、ということだけを理解してもらえればいいです。

 

また、デートに誘ってきた男性がどれだけ自分に対して思いを寄せているか試すためにわざと断ることもあるんです。

つまり、一度の断りだけで諦める人は思いが弱く、一度や二度断っても再びデートに誘ってくるなら思いが強い、と女性は判断するわけですね。

それを試すために、本当はデートしたいにの一度断ることがあるんです。

 

これらのように、例外はあるんですが、基本的に別の日にデートする約束ができなかったら、体の良い断りですよ。

 

女性をデートに誘って体の良い断りをされた時の対処法

 

女性をデートに誘って断られた時、試しているのか、思わず断ってしまったのか、本当に体の良い断りなのか、区別ができないと思います。

ですから、諦めずに何度か誘ってみるといいですよ。

ただし、体の良い断りをしているのにデートに誘い続けたら、関係が悪化してしまいます。

合コンなどで知り合った女性で連絡方法がLINEなどしかない場合は、ブロックされるでしょう。

職場などが同じ女性なら、気まずくなって普通に会話することができなくなるでしょう。

友達として仲良く話ができていたのに、デートに何回か誘っていたら無視されるようになった、なんてこともありますしね。

 

女性との関係を悪化させたくないのであれば、何度も誘わないほうがいいです。

実際のところ、デートの誘い方に問題がなければ、デートしたいと思っていたのに思わず断ってしまうということは、まずありません。

また、最近は女性が試すことは少なくなったように思います。

草食男子が増えて、女性が肉食化しているせいなのでしょうか、女性が試すことは少なくなっている感じがします。

ですから、女性をデートに誘って断られ、別の日にデートの約束ができない場合は、体の良い断りだと思って対処しても大丈夫です。

 

女性がデートの誘いを体よく断るのは、それまでに問題があったからです。

女性の大半は、2人でいるのがイヤだと思わなければ、デートしてもいいかなと思ってくれます。

「一緒にいても沈黙して気まずい思いをしそう!?」
「清潔感がないから、一緒にいたら不快感を感じそう!?」
「変なことされそう!?」
などと思われたら、女性はデートの誘いを断ります。

そうでもない限りは、デートの誘いにOKしてくれることが多いです。

ということは、デートに誘って断れたということは、女性は2人でいるのがイヤだと思っている、ということになりますよね。

今までの会話やLINEなどでのやり取りでそう思わせてしまっているので、振り返ってみてどこに問題があるのかを見つける必要があります

そして、そこを改善していく必要がありますよ。

これは正直難しいんですが、それができないといつまでたっても女性をデートに誘うことができないですよ。

 

ちなみに、気が付かないうちにしてしまう失敗で多いことが2つあって、恋愛話をした場合と、一方的に話をしている場合です。

 

恋愛話は内容によっては下ネタを連想してしまいます。

女性が下ネタを連想してしまったら「変なことされそう」と思ってしまいますので、デートに誘っても断られる可能性が高いです。

話は盛り上がっているように思ってしまいがちですが、実は女性は本心では引いていることがありますよ。

 

あと、女性は男性に比べると聞き上手な傾向がありますので、ついつい一方的に話してしまうことがあります。

それで、一方的に話ができると、なんだか話が盛り上がったかのように錯覚してしまいがちです。

また、相槌が上手な女性は多いので、それが余計に話が盛り上がっているように錯覚してしまうんです。

しかし、一方的に話をされたら、かなり退屈ですし嫌になってしまいます。

女性にそう思われたら、デートに誘っても断られますよ。

 

女性に嫌われる会話について、別のページで紹介しました。

参考にしてください。

 女性に嫌われる会話~女性に好かれると思っていた会話が実は…

 

合コンでほとんど話をしなくても美女が勝手に落ちた理由とは?

 

僕は先日合コンに参加しましたが、席の位置の関係でほとんど話をすることができませんでした。

それなのに、僕は女性の参加者の中で一番の美女を落とすことができましたよ!

落としたというよりも勝手に落ちたという感じだったんですけどね。

 

では、どうしてほとんど話をしなかったのに美女を落とすことができたのか、その理由を紹介します。

 

合コンでほとんど話をせずに美女が勝手に落ちた理由とは?

 

まずは、先日参加した合コンがどのような感じだったのか、簡単に紹介します。

 

合コンの男女比は、5:5でした。

それで、その合コンは初めから男女が交互に座っていたんです。

座った位置は下のような感じでした。

gokonseki11

僕が一番右の下側、美女は僕の隣に座っていました。

ちなみに上の図には「男1」「女1」というように番号をつけていますが、これは便宜上です。

深い意味はありません。

 

それで、初めは全体で話をしていたんですが、徐々に男女2人ずつで話をするようになりました。

その時、僕は見事にタイミングを外してしまったんですが、美女と男1が話をしていたんです。

そして、女2と男3が話をしていました。

という事は、僕は誰とも話ができない状態になりますよね。

僕は、人が話をしているところに割り込むのが非常に苦手なので、そのまましばらくは黙っていました。

それで、合コンってよく見ていると分かると思うんですが、1対1で話をしているときは盛り上がるのがだいたい30分くらいなんです。

それ以降は大体盛り下がることが多いんです。

ですから、しばらくしてから盛り下がるだろうから、そのタイミングで美女に話しかけてみようと思っていたんです。

 

それで、僕がトイレに行った時のことです。

僕がトイレから席に戻ってくると、美女は僕に、
「席を変わってくれない?」
と、言いました。

一応、席替えをしてほしい理由として、エアコンの風が当たるからという事だったんですが、席替えをしても風は気にならなかったので、適当な理由をつけて席替えをしたいと言ったのは明らかでしたね。

その後は、僕と美女とずっと話をしていましたよ。

 

その後、大幅に席替えをしたので、その時に僕は美女と話ができなくなったんですが、二次会ではまた僕はその美女と2人でずっと話をしていましたよ。

 

ここで大切になるのは、なぜ美女が席を変わって欲しいと言ったのか、ということです。

席替えをしたら、ほとんど黙っていた僕と2人で話をしないといけなくなる状況だったんですが、それでもわざわざ席替えをしたんです。

普通に考えたら、黙っている人の横に座りたくないですよね。

 

でも、その理由はしばらく美女と話をしてからよくわかりました。

その美女はものすごくよくしゃべる人だったんです。

それにもかかわらず、初めは男1が美女に一方的に話をしていたんです。

一方的に話をされたら、美女からすれば話をしたいのに話ができないですよね。

話をするのが好きなのに、相手に一方的に話をされたら、耐えられなくなるのは想像できますよね。

それで、美女が男1から離れたいと思っていたんでしょう、僕と席を変わって欲しい、と言ったんだと思います。

 

その後は、美女が僕にほぼ一方的に話をしていただけですし、僕はほぼ聞いていただけです。

そして、2次会もほぼそういう状態が続いたんです。

それなのに、その日にお持ち帰りすることができましたよ。

僕からしたら、さんざん話を聞いてあげたんだから、一発くらいいいでしょう、という気持ちになったんですけどね。

 

今回はちょっと極端な例で、こんなことはめったにないです。

しかし、今回のことは女性の気持ちが露骨に出ていたと思います。

合コンに参加すると、男性が女性に一方的に話をしているところをよく見かけます。

でも、一方的に話をされたら、女性に限らず男性もそうですが、かなり苦痛ですよ。

僕もさすがにこの時は、かなり苦痛でしたからね。

 

合コンで大切なのは、女性に話をさせること、つまり、話し上手になる事です。

それだけで女性が落ちることもよくあるんですよ。

ですから、合コンに限らないですが、女性にモテるためには聞き上手になる事はものすごく大切なことですよ。

 

参考記事:合コンで初対面の女性と盛り上がる会話とは?

 

4月は彼女を作る絶好のチャンス!この時期を逃すとヤバい?

 

1年の間で一番彼女を作りやすい月は、間違いなく4月です。

4月ほど彼女を作るのに最適な月はないでしょう。

8月や12月も彼女を作りやすくなるんですが、それ以上に4月は彼女を作りやすいんです。

 

では、なぜ4月は彼女を作りやすいんでしょうか?

そして、理想の彼女を作るにはどうしたらいいのでしょうか?

 

a0002_006964

4月に彼女を作りやすい理由とは?

 

4月に環境が大きく変わる人は多いですよね。

新社会人になる人もいますし、大学に入学する人もいます。

それで、1人暮らしを始める女性が多くなります。

1人暮らしを始めたときは寂しいし不安もあります

そう思っている女性は、びっくりするくらい簡単に落ちてしまうんです。

「えっ、こんなに簡単に女性って落とせるものなの!?」
と思えるくらい、ものすごく簡単に落ちてしまうんですよ。

 

そして、4月は多くの職場で異動があります。

転勤はしなくても、部署を異動することはありますよね。

それで、新しい部署に異動すると、何かと不安があります

そして、ストレスもたまります。

そういう女性は簡単に落ちてしまうんです。

一人暮らしを始めた女性のほうが簡単に落ちるんですが、それでも部署異動した女性も比較的簡単に落ちてしまうんです。

 

ですから、4月は彼女を作る絶好のチャンスなんです。

 

4月に彼女を作る方法

 

4月に彼女を作るには、まず同じ職場で新しく異動した女性や新入社員に優しくしてあげるといいですよ。

絶対に上から目線になる事はなく、優しくアドバイスをしたり、励ましたりするといいです。

そうすると、「頼りがいがあって優しい人だなぁ!」と思ってもらえます。

そう思ってもらえると口説きやすくなりますよ。

「ちょっと話があるから、一緒に食事しよう!」
と誘えば、OKしてくれやすくなりますよ。

 

異動したり新しく入社してきた女性がいない場合、あるいはそういう女性がいても彼女にしたいと思える女性がいない場合は、出会いを増やすといいですよ。

女性との出会いを増やすと、1人暮らしを始めた女性や部署異動した女性に必ずと言っていいほど出会うことができます。

そういう女性を狙っていくと、ものすごく簡単に落とすことができますよ。

 

僕は社内の女性を口説き落すこともあるんですが、社外の女性との出会いを増やして落とすことが圧倒的に多いです。

それで、4月はびっくりするくらい簡単に落ちてしまう女性が増えます。

合コンに参加すれば、その日のうちにお持ち帰りできる女性が増えます。

また、出会い系サイトを使うと、短期間で落ちてしまう女性が増えるんです。

この名残りが5月の半ばくらいまで続くんですが、5月下旬から6月になると簡単に落ちる女性が減ってしまうんです。

1人暮らしを始めたイイ女性は、4月5月くらいで彼氏ができるでしょう。

部署異動した女性は、6月になれば慣れてしまうので不安などがなくなってしまいます。

そうなったら、いつも通りになりますよね。

 

ですから、4月に社内の落ちやすい女性を狙うか、出会いを増やすかすれば、簡単に彼女を作ることができるでしょう。

 

出会いを増やす方法は別のページで紹介しました。

参考にしてください。

 女性との出会いを増やす方法!~美女との出会いを量産!