狙った女性を褒めてるのに落ちない!?女性は褒めなくても落ちる?

 

よく、女性を口説き落すには「褒めること」が大切だと言われていますよね。

それで、一生懸命女性の良いところを探して褒めようとしますよね。

 

しかし、「一生懸命女性を褒めても落とすことができない!?」と悩む人は多いですよね。

 

誰でも褒められればうれしいでしょう。

お世辞だとわかっていても、褒められればうれしいのではないでしょうか?

しかし、褒めても褒めても全然落とせないことは、よくあります。

a1640_000396

では、なぜ女性を褒めても落とすことができないのでしょうか?

 

女性を褒めても落ちない!?その原因は?

 

女性を褒めても落ちない原因は、褒め方に問題があるからです。

 

まず、外見だけ褒めても女性は落ちません。

よっぽど変な褒め方をしなければ喜んでくれるでしょう。

しかし、残念ながらそれだけでは落とすことができないのです。

「持ち物を褒めるといい」と言われることもあるんですが、それだけでも不充分です。

 

ちなみに、僕は女性の外見を褒めることはほとんどありません。

僕はファッション感覚が全然ないんですが、下手に外見を褒めると逆に変なことを言いそうな気がするので、一切褒めないようにしています。

それでも、狙った女性はほぼ確実に落とすことができていますよ。

 

ですから、女性は外見を褒めなくても落とすことができますし、また、外見だけを褒めても落とすことができないんです。

 

という事は、女性の中身を褒める必要がある、ということになりますよね。

それで、女性の中身を褒める時に、男性を褒めるのと同じ感覚で褒めてしまうと、女性は喜んでくれません。

喜んでくれないどころか、逆に怒らせることにもなりかねないのです。

褒め方は、男性と女性とでは大きく違います。

 

男性は、他人よりも優っているところを褒められるとうれしいですよね。

「(他の人より)仕事ができる」
「(他の人よりも)カッコいい」
「(他の人よりも)モテる」
という感じで褒められるとうれしいですよね。

それと同じ褒め方をすると、女性は全然喜んでくれません。

逆に女性は気分を害するでしょう。

女性は喜んでいるフリをしてくれることが多いです。

でも、内心は不快に思っているのです。

 

それはなぜなのか、

女性は他の人より優りたいという気持ちがあまりないからです。

それよりも、他の人と仲良くなりたい、上手くやっていきたい、という気持ちの方が強いんです。

ですから、男性と同じように「(他の人よりも)優れている」という褒め方をすると、不快に思うんです。

 

このことに関しては、別のページで詳しく紹介しました。

そちらを参考にしてください。

参考ページ:女性が惚れる会話中のほめ方!~男女でほめるポイントに違いが!

 

そして、この発展になりますが、女性は男性よりも「存在意義」を認められると喜びます。

つまり、女性はこの仲間では必要とされている、ということを認められると喜ぶんです。

「あなたがいるから、みんな仲良くやっている」
「あなたがいるから、雰囲気がいい」
という感じに褒められると、女性は男性以上に喜びます。

 

そこで、女性を口説くときにどのように褒めるといいのか、と言いますと、
「○○ちゃん(女性の名前)と一緒にいると、癒される(楽しい・時間が短く感じるetc)!」
と、褒めると、とっても喜んでくれるんです。

男性の場合、美女に言われるとうれしいですが、ブスに言われるとあまりうれしくない、と思う人が多いのではないでしょうか?

それに対して、女性の場合は誰から言われてもうれしいんです。

タイプではない男性から言われてもうれしいんです。

毛嫌いしている男性から言われても、そう言われること自体はうれしいんです。

ただ、毛嫌いされたら、そこから挽回して口説き落すのは非常に難しいので、最低でも嫌われてないことが大切ですけどね。

 

ようは、「一緒にいると癒される、楽しい」などと言われるという事は、女性は存在意義を認められた、ということになりますよね。

だから、女性は喜びますし、口説き落としやすくなるんです。

 

女性を褒めて口説き落とすには、男性にはない女性特有の心理を理解することが大切です。

 

スティンザー効果を恋愛で使って意中の女性を惚れさせられる?

 

心理学で「スティンザー効果」というものがあります。

詳しくは後ほど説明しますが、簡単にいうと会議などでの席順などによって、賛成意見が出たり反対意見が出たりする、というものです。

 

この効果を、恋愛にも応用することができるんです。

この効果を利用することで、今まで全然振り向いてくれなかった女性を惚れさせることができるかもしれないんです。

 

そこで、ここではスティンザー効果を恋愛で使って意中の女性を惚れさせるポイントを紹介します。

 

PAK86_hartwoprezentsuruyo1039500-thumb-687x500-4060

スティンザー効果とは?

 

まずは簡単にスティンザー効果について紹介します。

スティンザー効果は主に会議の場においての心理学です。

スティンザー効果について、3つのことが分かっています。

 

①会議をおこなう時、前回の会議で戦った相手は、なぜか正面に座ります。

②ある人が会議で発言した後は、たいていは、次の発言は反対意見になります。

③議長のリーダーシップが強力である時は、みんな隣の人と話したがります。逆に、議長のリーダーシップが弱い場合は、会議の参加者は自分の正面にいる人と話したがります。

 

それで、このなかで恋愛で使えるのは①です。

この効果を応用して考えると、飲み会や合コンなどの時に、女性は正面にいる人に敵対心を持ってしまう、ということになるんです。

 

ここまで言えばもうわかりますよね。

合コンに参加したときに気になる女性がいたら、その女性の正面に座ると敵対心を持たれやすい、ということになります。

また、飲み会に意中の女性がいる場合、その女性の正面に座ると敵対心を持たれやすい、という事です。

女性と2人で食事に行く時も、女性の真正面に座ると敵対心を持たれやすい、という事です。

 

そして、スティンザー効果とはちょっと違いますが、もう一つの効果があります。

それは、人は右隣の人に好意を抱きやすい、という事です。

 

という事は、この2つの効果を使うと、合コンや飲み会、デートのときなどは、女性の右隣に座ると好意を抱いてもらいやすい、ということになりますね。

合コンや飲み会などでは席替えがあることが多いと思いますが、その時に意中の女性の右隣に座れるようにするといいですよ。

また、女性と2人で食事に行く時は、カウンターかL字の席に座れるお店を選び、女性の右隣か右斜め前に座るといいですよ。

ただし、初デートの場合、カウンター席だと距離が近すぎて、不快感を持たれる可能性があります。

ですから、初デートの場合は、L字の席がいいですよ。

 

女性とのデートでの座り方については、別のページで紹介しています。

そちらを参考にしてください。

参考ページ:初デートで付き合う前の女性と食事をする店を選ぶポイント

 

ただ、どうしても意中の女性と正面に座ってしまうことがあると思います。

飲み会などで席が指定されていると、意中の女性の真正面に座ることが避けられないですよね。

その時は、せめて敵対心を持たれないようにするために、体を少し斜めにするといいです。

左肩を意中の女性の隣の方向にむけて話をするようにすると、女性の脳にあなたが右側にいると錯覚させることができることもあります。

右隣や右斜め前に座るのと比べると効果は薄くなりますが、敵対心を持たれるよりかはましですよね。

ハロー効果を恋愛で活用すれば女性にモテモテになる?

 

心理学で「ハロー効果」というものがあります。

この効果は、どういったものなかは誰もが薄々は知っていると思います。

また、この効果をきちんと活用している人もいると思います。

ただ、この「ハロー効果」は恋愛においてかなり使えますし、知らないと恋愛においてかなり不利にはなります。

 

そこで、ここではハロー効果を使って女性にモテるようになるポイントを紹介します。

 

「ハロー効果」とは?

 

ハロー効果とは、ある1つの際立った特徴が、その人そのものの評価に大きく影響する、というものです。

1つの際立った特徴というのは、見た目、肩書きなどが多いです。

 

例えば、「看護師の女性とコンビニでバイトしているフリーターの女性とどちらと付き合いたいと思いますか?」と質問した場合、多くの人がどちらかの答えを出すと思います。

その女性の性格や見た目など、職業以外の情報を一切出してないのにもかかわらず、どちらかに決めてしまうと思います。

「看護師は優しそうで面倒見が良さそうだから、看護師と付き合いたい!」
「看護師は忙しそうでなかなかデートできなさそうだから、フリーターの女性のほうがいい!」
などなど、人によって考えることは違うでしょうが、職業だけで女性のその他のことまで評価してしまいますよね。

しかし現実には、看護師よりも面倒見がいいフリーターってたくさんいます。

また、看護師よりも忙しい、コンビニでバイトをしているフリーターだってたくさんいます。

冷静に考えればそこは分かると思うんですが、でも、職業だけで性格やスケジュールのことまで評価してしまうわけですよね。

 

これは、職業に関わらず様々なことに言えます。

清楚な感じの服装をしている女性は「清楚な感じがする」と判断してしまいますし、派手な服装をしている女性は「遊んでそう」という判断をしてしまいますよね。

初対面で内面に関することが一切分かってないのにもかかわらず、そのような判断をしてしまうわけです。

 

このように、職業(肩書)や見た目などだけ(1つの特徴だけ)で、その人の性格など(その人そのもの)まで評価してしまう事を、ハロー効果と言います。

 

「ハロー効果」を使って女性を惚れさせるポイント

 

恋愛でハロー効果を使うことができるのは、身だしなみです。

 

見た目に清潔感がないと、だらしない、仕事ができない、収入が少ない、などとみられてしまいます。

逆に見た目に清潔感があると、しっかりしている、並みの収入はあるだろう、などとみられます。

 

あらかじめ、女性の好みがわかっていれば、それに合わせるといいんですけどね。

社交的な男性が好きな女性は明るい感じの服装をするといいです。

逆に大人しめの男性が好きな女性にはあまり派手ではない服装をするといいです。

ただ、それはちょっと難しいと思います。

ですから最低限、清潔感のある見た目を心がけるようにすべきです。

 

清潔感のある身だしなみを心がけていれば、あなたそのものの評価も高くなりますので、惚れさせやすくなりますよ。

逆に言えば、清潔感のある身だしなみができないと、あなたそのものの評価が下がりますので、惚れさせることが難しくなりますよ。

 

恋愛においてハロー効果を見た目以外で使うのは、かなり難しいです。

例えば、医者とか社長などという肩書だけで、その人そのものの評価は高くなります。

ただ、嘘をついたらバレますし、最終的にはあまり良い結果をもたらさないので、やめておいたほうがいいです。

 

本当に良い肩書を持っているのであれば、自慢話に聞こえないように気をつけながら話をするといいですよ。

ハロー効果であなたそのものの評価は高くなり、女性を惚れさせやすくなります。

ただ、そうではない場合は、使えませんね。