彼女を作る第一歩は出会いを増やすこと!出会いがない男はモテない?

彼女を作るには、とにかく女性との出会いを増やすことだ!

あなたは、そういう事を言われると、
「そんなの当り前だろう!」
なんて思いませんでしたか?

確かに、出会いがなければ彼女ができるわけがありませんよね。

でも、理由がそれだけなら、運命の出会いがひょっとしてあるかもしれません。

実際には、運命の出会いというのは、ものすごく少ないんですけどね。

ただ、ゼロでもないですよね。

 

しかし、出会いのない男性が彼女ができない理由は、実はそれだけではありません。

僕の知り合いで、出会いを増やしただけでちょっとした変化ができて、狙った女性を口説き落せるようになった人がいるんです。

その人は、そんなにブサイクでもなく普通に彼女がいてもおかしくなかったんですが、なぜかしばらくは彼女がおらず、女に不自由していたということなんです。

ただ、出会いを増やしただけで、女性にモテない原因を取り除くことができたので、美女を口説き落とすことができたんです。

 

N112_yorisohuhutari500-thumb-750x500-2116

 

僕は彼を見ていて、出会いが少ない男性は、運命の出会いをモノにすることはできないだろうな、と思ってしまいました。

 

では、なぜ出会いを増やすと彼女ができるのでしょうか?

彼女ができなかった大きな原因もあわせて紹介します。

 

出会いを増やすと彼女ができるもう一つの理由とは?

 

僕がその知り合いと合コンに行ったときのことです。

彼は僕の隣に座っていたんですが、ちょっと余裕がない感じでした。

なんかガツガツしているというか、下心が丸見えというか、そういう雰囲気がモロ出てましたね。

 

それから数日後、僕は彼と話をすることができました。

何人かで飲んでいた時に、彼が混ざっていたんですけどね。

それで、ちょっと酔っぱらってきたことだし、ちょっと彼に言ったんです。

「合コンに参加する前に風俗にでも行ったほうがいいよ!」

つまり、風俗に行けばガツガツしなくなるから、そのほうがいい、という意味で言ったんです。

 

それで、しばらく彼と話をしていました。

彼は、社会人になってから女性との出会いが全然なくて、かなり悩んでいました。

それで、数少ない出会いを非常に大事にするようになった、ということなんです。

多分、その気持ちが、余裕がなかったり、ガツガツしていたりするように見えたんだと思います。

 

そして、僕は出会いを増やす方法を教えたんですが、それで彼は女性との出会いを増やすことができたんです。

それから、僕は彼を合コンに誘いました。

そうしたら、彼はかなり余裕のある感じの態度になってましたね。

そして、結構きれいな女性と仲良くなってましたよ。

後日、その女性を口説き落した、なんて話をしていましたけどね。

 

つまり、出会いが男性は、女性の前では、余裕がなくガツガツしてしまいがちなんです。

それで、運命の出会いがあっても、女性の方から逃げて行ってしまうんです。

だから、なかなか彼女ができないんです。

 

僕の知り合いは、出会いを増やしただけで余裕が生まれ、そして、なかなかきれいな女性を口説き落とすことができるようになりました。

「彼女ができた!」とは言ってなかったので、一夜の関係で終わったのか、付き合っているのかは分からないです。

彼が喜びのあまり興奮していたせいなのか、一方的に話をし続けていたので、聞くタイミングを見失ったんですけどね。

 

実際には、女性との出会いを増やしただけで、余裕が生まれるのかといえば、そうではない人のほうが多いと思います。

とはいっても、出会いが全くない人と比べたら、まだ余裕はうまれてきます

 

ですから、彼女を作るには、余裕を少しでも持るようになるということを考えても、まずは出会いを増やすべきです。

 

出会いを増やす方法は、別のページで紹介しました。

興味があれば、そちらをご覧ください。

 かわいい女性と出会い付き合う方法~ブサイクでもかわいい女性と!

 

枕営業してくれやすいキャバ嬢の特徴!

「いつも指名しているキャバ嬢に枕営業してほしい!」
と、思っている人って多いですよね。

キャバ嬢に枕営業をさせる方法は以前紹介しました。

参考記事:キャバ嬢をホテルに誘う方法・会話術

 

ただ、そちらでも紹介した通り、キャバ嬢全員が枕営業をしてくれるわけではありません。

「枕営業をするくらいなら、ソープで働いたほうがいい!」
と思っているキャバ嬢はたくさんいるみたいなんですが、肉体関係を持ってまで売上を伸ばそうとは思わないキャバ嬢の心理は、なんとなくでも想像はできます。

 

そこで、ここでは枕営業をしてくれやすいキャバ嬢の特徴を、僕の独断と偏見で紹介します。

枕営業のことについては、実態はキャバ嬢自身もあまりよく分かってないようです。

ですから、口説き落としたキャバ嬢に聞いても「多分、○○な娘がしてくれやすいんじゃないかなぁ?」と、憶測でしか教えてくれないです。

ただ、口説き落したキャバ嬢に枕営業のことはちょっと聞きにくいですし、キャバクラで聞いても「枕営業する娘なんていないよ!」なんて言って、本当のことは教えてくれないでしょう。

ですから、主に僕の経験で紹介するしかないので、独断と偏見になります。

でも、実体験から得たことを紹介しますので、参考にはなると思います。

 

枕営業をしてくれやすいキャバ嬢の特徴

 

枕営業をしてくれやすいと僕が思っているキャバ嬢の特徴は以下の通りです。

 

 胸が大きい

性欲の強い女性は胸が大きくなる、と言われています。

胸は男性を性的に惹きつける役割もありますが、男性を性的に惹きつけたいという思いが本能的に強いと胸は大きくなる、ということです。

性欲が強ければ枕営業をしてくれやすい、とは言えないですが、性欲が強いほどHに抵抗がないはずなので、枕営業をしてくれやすい、と考えることができますね。

ただ、僕は胸が大きくないキャバ嬢何人かに枕営業をしてもらった事がありますし、胸が大きくても枕営業してくれそうにないキャバ嬢もたくさんいますので、胸の大きさは目安の1つに過ぎない、と思っておいたほうがいいです。

 

 ルックスのわりには人気がない

きれいな女性は、小さなころから「かわいい!」「きれい!」とチヤホヤされていますので、それが当たり前だと思っているところがあります。

学生の時は、よっぽど性格が悪いなど、特別何かがない限り、きれいだという理由だけでモテましたよね。

しかし、キャバクラではルックスだけでは人気が出ません。

お客様を気分よくさせることもとても大切になります。

それで、美人だけどお客様を気分よくさせるのが下手だと、いまいち人気が出ないんです。

すると、「今まで誰よりもチヤホヤされていたのに、おかしい!?」と思うんです。

それで、人気が出るようにするために手段を選ばなくなったりもしますので、枕営業をしてくれやすくなるわけです。

 

 お世辞が下手

キャバ嬢は指名してもらったりするために、お世辞を言ったりもします。

しかし、お世辞が下手だとあまり指名してもらえないですよね。

つまり、下手なりにも頑張ってお世辞を言っているのに、それがうまくいかないわけです。

それで、頑張っているということは、売上などに執着はあるはずです。

なのになかなかうまくいかないと、手段を選ばなくなりますので、枕営業をしてくれやすくなります。

 

 ボディタッチが不自然

キャバ嬢がボディタッチをするのは、指名してもらったりするためです。

それが、あまりに多かったりするなど不自然な場合、指名を取るために焦っていると考えられます。

焦りが続くと、手段を選ばなくなりますので、枕営業をしてくれやすくなります。

 

 一方的に話す

聞き上手ではなく、キャバ嬢の方から一方的に話してしまうと、人気は出ないです。

でも、そこを分かっていないのに「お客様のために一生懸命話している」と思い込んでいるわけです。

ということは、キャバ嬢は一生懸命頑張っているのに、思ったように指名が取れない、と思ってしまうわけですね。

そうなると、手段を選ばなくなりますので、枕営業をしてくれやすくなります。

 

以上からわかると思いますが、枕営業をしてくれやすいキャバ嬢は自分が思っているよりも指名が取れないキャバ嬢です。

いまいち人気がないけど頑張ってそうなキャバ嬢、焦ってそうなキャバ嬢(営業メールがしつこいなど)は、枕営業をしてくれやすいですよ。

人気はないけどやる気もない、というキャバ嬢は、そもそも無理して指名などをしてもらおうとはしないので、そういうキャバ嬢に枕営業をしてもらうのは難しいでしょう。

 

枕営業をするキャバ嬢はどれくらいいるの?

 

どれくらいのキャバ嬢が枕営業をしているのか、実はキャバ嬢にすら実態はわかってないです。

枕営業をしても、それを他のキャバ嬢に言うことは、まずありません。

他のキャバ嬢に言ってしまって、「○○ちゃん(キャバ嬢の名前)は、枕営業をする」といううわさが広まったら、一時的には指名が増えるかもしれません。

しかし、お客様は枕営業が目的で指名してるのに、枕営業を断ったら指名してくれなくなりますよね。

それで、誰も指名してくれなくなる、ということになってしまいます。

そうなったら、給料は激減しますし、場合によってはお店をやめないといけなくなるかもしれません。

そうならないためにも、枕営業をしたとしても誰にも言わないのです。

だから、枕営業の実態は誰にも分らないのです。

 

テレビや雑誌などで「枕営業をしているキャバ嬢は多い」みたいなことを言っていることがありますが、テレビや雑誌は編集者の意図で事実は変わりますからね。

 

ただ、1つ言えるのは、僕自身は何人かのキャバ嬢に枕営業をさせたことがありますし、僕以外にも枕営業させた人はいます。

ですから、枕営業をしてくれるキャバ嬢は、最低でも何人かはいる、ということになります。

それが半分以上なのか、それともごくごく少数なのか、それは誰にも分らないです。

 

僕の経験上、枕営業よりも、キャバ嬢を惚れさせて口説き落としたほうが早いですよ。

キャバ嬢の口説き落とし方は、別のページに紹介しました。

そちらを参考にしていただければ、と思います。

参考記事:「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 

追記

 

キャバ嬢の口説き方を、1つのサイトにまとめました。

このサイトは、女性にモテるポイントなどを紹介していますが、キャバ嬢に限定していません。

ですから、キャバ嬢を口説き落とす方法としてまとまってないです。

ただ、多くの方がキャバ嬢に関して興味があったり、悩んでいたりしているようなので、キャバ嬢を口説き落すことに限定して、1つのサイトにまとめました。

そちらも参考にしていただけるとありがたいです。

 キャバ嬢を口説き落とす方法

フラれるのが怖くて女性にアプローチできない時の対処法!

「片思いの女性がいるんだけど、フラれるのが怖くて話しかけることすらできなくて…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

僕も高校生の時はそうでした。

片思いをしている女性はいたんですが、話しかけることすらできなかったですね。

高校を卒業してしばらくしてから、女性と話をすることができるようにはなりましたが、本命の女性にはデートに誘ったりすることができませんでした。

フラれるくらいなら、今の普通に話ができる状態が続いたほうがいい、と思っていたんです。

でも彼女は欲しかったので、2番目、3番目に好きだった女性を口説こうとしていたんですけどね。

でも、結局はうまくはいかなかったんです。

 

しかし、今では「いいな!」と思った女性は口説いています。

フラれるのが怖くてアプローチできない、なんてことはなくなりましたよ。

 

そこで、ここでは女性にフラれるのが怖くてアプローチすらできない時の対処法を紹介します。

N745_koibitowomamoru500-thumb-750x500-2114

 

女性にフラれるのが怖い時は根性論で対処できる?

 

女性にフラれるのが怖いのを克服する方法として、よく根性論を言われることが多いと思います。

「たとえふられたとしても、他にももっとイイ女がいると思え!」
「アプローチしなければいつまでも後悔するから、それならフラれること覚悟でアプローチしたほうがいい!」
「ポジティブ思考が大切!」
「フラれたことは一切考えず、成功した事だけを考えろ!」
「今日アプローチしなければ、もうチャンスはないと思え!」

などなど、いろいろなことが言わていますよね。

 

僕も、そのようなことを考えて行動に移そうと思っていたことがありました。

でも、結局は行動に移せませんでした。

僕と同じように、考え方を変えようと思っても、なかなか変えることができず、結局は何も行動することができない、と悩んでいる人って多いのではないでしょうか?

 

ですから、結局は根性論や考え方を変えることで、フラれる怖さを克服することはできないでしょう。

それができれば、とっくに行動に移すことができていると思います。

 

女性にフラれるのが怖い時の対処法

 

女性にフラれるのが怖い理由は、自分に自信がないから、と言われることがあります。

確かにそうなんですが、これをもう少し突き詰めます。

 

まず、フラれるというののはどういうことかというと、女性に男として否定されることになりますね。

「友達としてなら接することができるけど、恋人としては付き合えない!」
というのは、友達としては肯定されたものの、男としては否定されたことになりますね。

 

人間は自分を否定されるのを、ものすごく嫌います。

怒られるのが嫌なのは、怖いこともあるんですが、それにプラス自分を否定されるからです。

他人が起こられているのを見ていても、それほど苦痛は感じないですよね。

嫌な雰囲気にはなりますが、怒られている本人と比べるとそれほど嫌な気分にはならないですよね。

それは、自分が否定されたわけではないからです。

 

この例からも、自分が否定されるのを嫌がる心理というのは理解できるのではないでしょうか?

 

フラれるのが男として否定されることになりますので、男としてこれほどつらいことはありませんよね。

そして、誰しもつらいことに恐れを感じますよね。

だから、フラれるのが怖い、と思ってしまうのです。

 

ということは、フラれるのが怖いからアプローチできない、というのを克服するには、結局はフラれず女性を口説き落とす方法を身につけるしかない、ということになります。

 

「えっ!そんな方法ってあるの?」
と、あなたは思いませんでしたか?

イケメンでもないのに女性にフラれない方法ってまさかないだろう、なんて思いませんでしたか?

 

実はあるんです。

実際に、僕は今では狙った女性を90%の確率で落すことができています。

100%ではないものの、ほぼ確実に女性を落とすことができているんです。

 

もちろん、僕はイケメンではありませんよ。

見た目はオタクみたいでさえない感じの40代のオッサンです。

 

そして、口説き落としている女性だって、全然モテない女性ではなくて、誰もが羨むような美女だって落とすことができていますよ。

 

僕は10代の女性は口説き落としたことがないのでハッキリしたことはわからないですが、20歳以上だと、女性は顔よりも中身を重視します。

イケメンが有利ではない、とは言いません。

イケメンであることはモテる要素の1つにはなると思います。

ただ、いくつもの要素がある中の、たったの1つでしかないんです。

他の要素をきちんと磨くことで、ブサイクでも女性をほぼ確実に口説き落とすことができるようになりますよ。

 

ただ、ノウハウを知るだけで、女性をほぼ確実に落とせるようになるのかといえば、そういうわけではありません。

ノウハウを使いこなせるようになるまでは、女性にフラれることもあるでしょう。

だから、初めは女性にフラれることはどうしても避けることはできないので、ツラい思いをすることもあると思います。

ただ、何人もの女性にそのノウハウを使っていくことで、きちんとノウハウを身につけることができるようになります。

そうなれば、ほぼ確実に女性を口説き落とすことができるようになりますよ。

ですから、これを乗り越えれば本命の女性を口説き落とすことができる、と考えて頑張りましょう。

 

ですから、ノウハウを知ってからいきなり本命の女性を口説き落そうとしないほうがいいです。

初めはどうでもいい女性から試していき、徐々に好みの女性に近づけていくといいですよ。

そして、タイプの女性を口説き落とせるようになってから、本命の女性にアプローチするといいですよ。

 

ということは、まずは女性との出会いを増やす必要がありますよね。

そして、初対面の女性との会話の方法を身につける必要がありますよね。

 

女性との出会いを増やすには、出会い系サイトが手っ取り早いです。

毎日夕方の5時、6時仕事が終わり、土日休みであれば、月に最低でも5人の女性に会うことができています。

月に5人の女性に会おうと思ったら、毎日複数の女性にメールやLINEをしないといけないので、1日1時間~2時間くらいのメールやLINEをする時間が必要になります。

それにプラス新たな女性も探していかないといけないので、合計で1日2時間~3時間は必要になります。

それだけの時間が確保できないと、会う女性の人数が減ります。

ただ、1日1時間あれば、2~3人の女性には会えていますけどね。

これだけの女性に新たに会うことができるのは、出会い系サイト以外にないと思います。

 

出会い系サイトの攻略法は、別のサイトにまとめてあります。

そちらに初対面の女性との会話などを含め、女性を落とすのに必要なノウハウは紹介していますので、参考にしていただければと思います。

参考サイト:出会い系サイト初心者講座!はじめてでも安心!出会いを量産できる!

 

また、初対面の女性との会話をさらに極めたいのであれば、このサイトの別のページで紹介しています。

そちらを参考にしていただければと思います。

参考記事:初対面の女性との会話を盛り上げるポイントとは?

 

女性にモテない理由は勘違い!?彼女が45年できないワケとは?

僕の知り合いで、彼女いない歴=年齢の45歳の男性がいます。

その男性は高校の同級生なのですが、今でも時々話はします。

性格にかなり問題がありすぎるので、あまり仲良くしたくないんですけどね。

彼は恋愛に関してはかなりの反面教師になるのですが、僕が女性に不自由しなくなったのも、彼を反面教師にしていたことが、その1つになります。

 

彼が今まで彼女ができなかった理由は挙げればきりがないくらいたくさんありますが、その一つに、あることを「勘違い」している、ということがあります。

それはどういうことなのでしょうか?

 

女性にモテない“勘違い”とは?

 

まずは、彼の口ぐせから紹介します。

「僕ほど人間的に優れた人はいない!」
「中身だけを見れば、僕ほど女性にモテる男性はいない!」

彼は、見た目がひどいのは認めているようなんですが、それ以外は認めていないんです。

 

一生懸命、婚活・恋活をしているのにもかかわらず、全く彼女ができないのは、性格に問題があるからです。

で、実際に彼は女性から好かれないどころか、男性からも好かれていませんから、本当に性格に問題があるんです。

それを一切認めないんです。

 

ただ、「僕ほど優れた人間はいない!」と言っているということは、自信のなさの表れなんです。

だから、本心では性格に問題がある事は分かってはいると思うんですが、「僕ほど優れた人間はいない!」と言い続けているんです。

 

でも、彼は大きな勘違いをしているんです。

それは、「僕ほど優れた人間はいない」といえば、相手はそのように思ってくれる、と考えているみたいなんです。

実は優れた人間ではないんだけど、優れた人間だと見られたいから、そのように言っているようなんです。

 

彼は、自分が言ったことをみんな鵜呑みにしてくれる、と勘違いをしているんです。

 

その証拠に、
「僕ほど口が堅くて信頼できる人はいない、と何度も言ってるでしょ!」
などと、「何度も言ってる」というのも口ぐせなんです。

時々嫌味たらしく「日本語が理解できないのかなぁ?」なんていうこともあるんです。

ただ、みんな「あの人ほど口が軽くて信用できない!」と思っているんですけどね。

 

実際には、自分が言ったことを鵜呑みにしてくれる人は、ほとんどいません。

多くの人が鵜呑みにしたフリをしますが、実際には鵜呑みにはしていません。

 

僕の場合は、付き合いが長くて本当の性格を知っているので、とてもじゃないけど鵜呑みにはできないですけどね。

ただ、付き合いの浅い人に「僕ほど人間的に優れた人はいない!」と言っても、全然鵜呑みにはしてくれません。

僕だったら「自分でそんなこと言うかなぁ?そういう事自分で言う人が本当に人間的に優れているのかなぁ?」なんて思うんですけど、そう思う人は多いのではないでしょうか?

ただ、どう思うかは人それぞれだと思うんですが、鵜呑みにする人はかなり少ないですよ。

 

「僕は女性に尽くすタイプだから!」「浮気ができないタイプだから!」などと、女性に言っている男性をよく見かけます。

ただ、そういったからといって、女性は鵜呑みにしませんよ。

逆に「浮気できないタイプ」と言ってしまったら、女性によっては「本当は浮気するタイプなのかな?」と思いますよ。

特にモテてたくさんの男性と接している女性ほど、男性心理を分かっているので、そのように思う傾向が強いですよ。

 

あと、自分を褒めるようなことを言ったところで、それが本当のことだとしても、女性を惹きつけることはまずできません。

嫌がる女性はたくさんいますけどね。

自分を褒めることを言うなら、女性を楽しませることを言ったほうが、女性からの好感度は高くなりますよ。

 

女性を楽しませる会話は別のページで紹介しました。

興味があれば、そちらを参考にしてください。

参考記事:女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!