キャバ嬢を口説き落とせない、誰もが勘違いすることとは?

 

「キャバ嬢を口説きたいけど、全然口説き落とすことができなくて…!?」
と、悩んでいる人って多いですよね。

キャバ嬢は落ちそうで落ちない状態を続けるからです。

それは、売上を上げるためです。

 

実際に僕の知り合いで、
「キャバ嬢が落ちそうだったので、1年間で数百万円使ったんだけど、結局は落ちなかった。」
なんていう人がいます。

僕は、ズバッというのもかわいそうだと思って何も言いませんでしたが、実はそういうことを言っている時点で、キャバ嬢を口説き落とすことができません。

そうです、その人はキャバ嬢を落とすのに大きな勘違いをしているんです。

 

そこで、ここではキャバ嬢を落とせない、多くの人が勘違いしていることについて紹介します。

 

キャバ嬢を落とすことができない多くの人が勘違いしていることとは?

 

多くの人が、お店に通う回数を増やし、指名する回数を増やし、そして売上を少しでも高くすれば、キャバ嬢を落とすことができる、と思っていますよね。

そうすれば、キャバ嬢の給料は高くなりますので、喜ぶでしょう。

実際にキャバ嬢は、指名したり高いボトルを入れたりすると、「うれしい!」と言って喜んでくれますよね。

 

しかし、残念ながらそれではキャバ嬢を落とすことができません

そうすると、キャバ嬢はその人のことをお客様としか見なくなり、男として見てくれなくなるのです。

指名する回数が多ければ多いほど、そして、売上が高ければ高いほど、お客様としか見なくなるのです。

そうなったら、落とすことはできません。

枕営業はしてもらえるかもしれませんが、お店に通って指名し売上に貢献し続けない限り、キャバ嬢と会うことができなくなります。

 

キャバ嬢を落とすためにまずしないといけないことは、お客様と見られないようにすることです

これができないと、まずキャバ嬢を落とすことができない、と思ったほうがいいですよ。

 

実際に僕の知り合いで、あまりいいお客様と見られないようにして、キャバ嬢を口説いている人がいます。

キャバ嬢が飲み物をたのんでいいか聞いてきたら、
「水飲めばいいでしょ!」
といって、断ります。

ボトルを入れるように促すと、
「ハウスボトル(無料ドリンク)で充分!」
と言って断ります。

帰ろうとした時に、キャバ嬢から延長してほしいと言われると、
「お金がないから無理!」
と言います。

これだけを見ても、キャバ嬢にとっては、いいお客様ではない、というのはわかりますよね。

「お金がない」というのは、「いい客にはならない」と言っているようなものですよね。

 

これを繰り返すと、通う頻度にもよるんですが、キャバ嬢はお客様として見てくれなくなります。

通う頻度が多いと、それだけでお客様と見られる可能性が高くなりますが、そんなに頻度が多くなければお客様とは見てくれなくなります。

僕はその人とキャバクラに行ったことが何度かあるんですが、その人が指名しているキャバ嬢はちょっと手を抜いている感じでしたね。

いいお客様として見ていない証拠ですよね。

 

このように、キャバ嬢がお客様として見てくれなくなってから、始めて口説き始める、ということなんです。

そうすると、口説き落としやすい、ということですよ。

 

このことから考えても、キャバ嬢を口説き落とすにはお客様と見られないようにすることが大切だということが分かりますよね。

 

でも、キャバ嬢を落とすことのできる確率は、僕の方が圧倒的に高いです。

もっと簡単に、そして、もっとお金をかけないで、そしてさらに高確率でキャバ嬢を口説き落としているんです。

その方法は別のページで紹介しました。

興味があればそちらをご覧ください。

 人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術

合コンで気になる女性と話ができない時の対処法!

 

「合コンで気になる女性と席が遠くて、なかなか話ができないことが多くて…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

合コンの人数が多くなると、女性全員と話をすることができなくなりますよね。

それで、気になる女性と話ができないことがよくあるのではないでしょうか?

そして、気がついたら別の男性と仲良くなっていたり、お持ち帰りされていたりすることもあるのではないでしょうか?

そういうことが続くと、もう合コンに参加したくなりますよね。

 

そこで、ここでは合コンで気になる女性と話ができない時の対処法を紹介します。

 

nomikai_goukon

 

合コンで気になる女性と話ができない時の対処法

 

合コンで気になる女性と話ができない時、どうでもいい女性と話をすることになると思います。

この時に、どうでもいい女性に対して、嫌な顔をしたり、話したくないという態度をしたりしてはいけません。

肝心の気になる女性に対して悪い印象を与えてしまいます。

ですから、どうでもいい女性とも話を盛り上げるようにすることが大切ですよ。

 

そしてもうひとつ知っておいたほうがいい事があります。

それは、話が一番盛り上がるのは話し始めてから約30分後、ということです。

それ以降はダラダラと話が続くだけで、盛り下がりがちです。

 

僕の知っている、合コンの幹事をよくやる人がいますが、その人は2時間の合コンなら席替えを3回(40分おきに)行います。

それは、話し始めて30分以上たつと盛り下がることを知っているからです。

40分経つとちょうど話が盛り下がり始めるので、そのタイミングで席替えをするわけですね。

 

これらのことを頭に入れたうえで、具体的な方法を紹介します。

 

まずは、近くに座っているどうでもいい女性と話を盛り上げます

そして、40分たったころに席替えをします。

あなたから言い出しにくい時は、幹事にお願いするといいです。

5対5くらいの合コンであれば、気になる女性の近くに座るのは、それほど難しい事ではないと思います。

ただ、できるだけ気になる女性の前か横に座るようにしたほうがいいですけどね。

そして、気になる女性と話を盛り上げて、1対1で話ができるようにしていきます。

初めは4~6人(女性2~3人と男性2~3人)で話をし、30分たったころに気になる女性と1対1で話をするようにします。

そうすれは、連絡先の交換やデートの約束、お持ち帰りなどがスムーズにできますよ。

 

もし、気になる女性と話をしているときに、誰かが「席替えをしよう!」と言ったら、女性に「○○ちゃん(気になる女性の名前)ともう少し話がしたいから、ここにいてもいいよね!」と聞くといいですよ。

話が盛り上がっていれば、まずその女性は「私はいいけど…」くらいのことは言ってくれます。

ここで大事なのは「~だから」です。

上の例のでは「話がしたいから」です。

人は何か理由をつけて頼みごとをされると、断りにくいんです。

ですから、「一緒にいたい」などお願いをする時は、何か適当な理由をつけるといいですよ。

 

関連記事:合コンで初対面の女性と盛り上がる会話とは?

 


topkasarai

下心丸出しの男はモテない!無理して隠そうとする男もモテない!?

 

下心丸出しの男性はモテない、とよく言われますよね。

ですから、下心丸出しにならないようにすることは大切です。

 

しかし、だからといって、無理矢理下心を隠そうとすると、さらにモテなくなってしまいます

 

「下心丸出しでもモテない、隠そうとしてもモテない、じゃあ、どうしたらいいの~?」
あなたはそう思いませんでしたか?

そこで、ここでは下心を持っている女性に対してどのように接したらいいのか、紹介します。

 

PAK86_kimoikareshi20140321-thumb-815xauto-17096

 

下心を無理矢理隠そうとする男がモテないワケ

 

まずは下心を無理矢理隠そうとするとモテないワケから紹介します。

 

下心を隠そうとするとどうなるか、想像できますか?

まず、「隠そう」と強く思えば思うほど、行動が不自然になります。

「下心があるのがばれてないかなぁ?」と心配になったりもするので、挙動不審になってしまいますよね。

 

また、下心がないことを強調する人も多いです。

「Hに興味がない!」ということを、遠まわしに繰り返し話す人もいますよね。

「プラトニックラブっていいよね!」ということを繰り返し言っていた男性がいましたが、それと同じような、Hには興味がないようなことを繰り返す人は多いですよね。

 

挙動不審になったり、あるいはHに興味がないようなことを繰り返すと、女性はどう思うか想像できますか?

「下心があるのに隠そうとしている!」と、女性は思うことでしょう。

そうです、無理矢理下心を隠そうとしても、女性には下心があることがバレてしまうのです。

 

女性はただでさえ勘が鋭いので、行動が不自然でなくても下心があることを見抜きます。

それなのに、さらに行動がおかしくなれば、下心をアピールしているのと変わらないですよね。

だから、下心を無理矢理隠そうとすると、ますますモテなくなるのです。

 

下心を持っている女性に接するポイント

 

下心を持っていることを無理矢理隠そうとすると、女性にモテなくなります。

であれば、別に下心を隠す必要はありません

 

だからといって、下心を持っていることをアピールしてはいけませんよ。

いきなり、
「今日、お持ち帰りしたい!」
「一発やらせて!」
などとモロに言ったら、女性は嫌な顔して帰るでしょう。

下心があることは口にせず、だからといって隠そうとしない、それで充分です。

 

下心があることを口にしなくても、女性は下心があることを見抜くでしょう。

ただ、女性は下心を持たれて、それほど悪い気はしないことが多いです。

むしろ、喜ぶ女性のほうが多いですよ。

 

あなたも女性から恋心を抱かれると嬉しいですよね。

例え、めちゃくちゃブスの女性が恋心を抱いたとしても、それが行動に出ない限りは嬉しいのではないでしょうか?

それが、ストーカーみたいなことをされたり、あなたが好きな女性と話をしているときに割り込んできたり、なんらかの行動に出られたら、ものすごく迷惑でイヤになると思いますけどね。

 

そこは、女性も同じです。

男性から恋心を持たれれば喜びます。

それが何らかの行動に出された時に迷惑だと感じることがあるだけで、行動にさえ出されなければ喜びます。

「○○君に好意を持たれて、いい迷惑なんだけど!」なんて言っている女性を何人か見てきましたが、実は内心は喜んでいますよ。

何らかの行動に出られて、本当に迷惑だと思っていることもありますけどね。

 

恋心と下心はちょっと違いますが、でもどちらも女性として気に入られていることになるので、下心を持たれること自体は、女性は喜びますよ。

それが、ガツガツするなど行動に現れたり口に出されたりすると、「キモい!」と思ったり不快感を感じたりするんです。

そうでもなければ、下心を持たれること自体は女性は喜びますよ。

恋愛テクニックを上達させるポイント!~これを外すとモテない?

N745_koibitowomamoru500-thumb-750x500-2114

僕はこのブログでいくつかの恋愛テクニックを紹介してきました。

ただ、テクニックを紹介したくせに、最後には「下手に使うと嫌われるので、ご注意を!」なんて言うことが多かったですね。

 

はっきり言ってしまうと、女性の気持ちを理解できないのか、狙っている女性に嫌な思いをさせる男性が多いので、テクニックなんて使わなくても女性を口説き落とせるんです。

狙っている女性に自分のことを一生懸命アピールする人が非常に多いんですが、それでは女性は嫌がりますよね。

自分のことをアピールすることをやめて、ごくごく当たり障りのない世間話をしているだけで、「なんだか感じが良さそう!」と思われて距離が縮まり、そのまま口説き落とすことができることなんて、決して珍しい事ではないですよ。

 

どんなことでもライバルがあまりにも弱ければ、当たり前のことさえしていれば勝つことができますね。

ただ、スポーツにしてもそうですし、職場でも学校でもそうなんですが、当たり前のことだけをしていてライバルに勝てることは滅多にないと思います。

それは、ライバルは正しい方法で頑張るから、腕を上達させることができるんです。

 

しかし、恋愛に関しては間違った方法で頑張っている人が多く、腕を上達できないどころか、ますます腕を落としているんです。

ですから同性である男性と同じように、ごく普通に女性に接するだけで、ある程度は女性を落とすことができるようになるんです。

ごく普通に女性に接したところで、狙った女性を確実に落とすことができるのかと言えば、そういうわけでもないです。

ただ、周りから「モテる!」と認められる程度には女性を落とすことができるようになりますよ。

 

でも、理想を言えば、狙った女性を確実に落とすことができるようになりたい、と思うのではないでしょうか?

それには、恋愛テクニックを上達させる必要があります。

そこで、ここでは恋愛テクニックを上達させる1つのポイントを紹介します。

 

恋愛テクニックを上達させるポイント

 

恋愛テクニックを上達させるには、正しいテクニックを知ることも大切ですが、それよりもとにかく数をこなすことが大切になります。

知識だけたくさん持っていても、それを使いこなせるようにならなければ全く意味がありません。

それよりも、数少ないテクニックを使いこなせるようになる方が、よっぽど女性を口説き落とせるようになります。

 

また、恋愛テクニックには全く使いものにならないもがたくさんあります。

いい加減な恋愛テクニックもたくさん紹介されているんですが、まっとうなものであっても使い物にならないものがあります。

例えば、ミラーリングというものがあります。

これは、相手の女性と同じ動作をすることで親近感を感じてもらいやすくなる、というものです。

食事の時に飲み物を飲むタイミングを同じにしたり、話をする時に女性と同じ手の動きをしたり、女性と同じ行動をすると、親しみを感じてもらいやすくなるんです。

これは、理にかなっていますし、かなり効果的なテクニックです。

ただし、このテクニックを知っている女性は多く、飲み物を飲むタイミングなどを合わせていると女性は「ミラーリングしてるな!」とバレることが多いです。

そうなったら、女性はそのテクニックに対してガードするようになるので、親近感を持ってもらえなくなります。

運が悪いと「姑息なテクニックで口説こうと思ってるのかなぁ?」と思われ、嫌われることもあります。

ですから、ミラーリングはまっとうだけと使い物にはならないんです。

そういった、理にかなっているけど使えないテクニックは、他にもたくさんあります。

 

それで、数をこなせばどのテクニックが有効なのか、逆に効果が全然ないのかが分かってきます。

そして、効果的なテクニックを何度も使ううちにきちんと使いこなせるようになります。

そうなれば、かなりの高確率で狙った女性を口説き落とすことができるようになるんですよ。

 

ですから、とにかく女性との出会いを増やして、恋愛テクニックを何回も使うようにすることで、上達させることができますよ。

 

「そうはいっても、女性との出会いを増やすことなんて、とてもできないんだけど!」
と、あなたは思いませんでしたか?

そういうあなたに、出会いを増やすおすすめの方法があります。

それは、「出会い系サイト」を使うことです。

出会い系サイトは多くの人が月に2~3人の女性と出会うことができるようになっていますし、なかには月に20人くらいの女性と出会っている人もいるんです。

これほど女性と出会えるものは他にはないでしょう。

 

出会い系サイトで女性との出会いを増やす方法は、別のサイトで紹介しています。

興味があればそちらをご覧ください。

 出会い系サイト攻略法~男性が出会いを量産する方法

付き合う前の女性にボディタッチしたら嫌われた!原因と対処法は?

 

付き合う前の女性と距離を縮めるのに、ボディタッチをするのは非常に有効です。

しかし、ボディタッチをしたせいで女性に嫌われ、二度とデートしてくれなくなった、なんていう事をよく耳にします。

a1640_000396

 

それは、ボディタッチのタイミングと方法に問題があるからです。

 

僕は、付き合う前の女性を口説き落とすのに、ボディタッチを上手く利用します。

また、女性をお持ち帰りする時に、お尻や胸を触ることが多いです。

「えっ、そんなことして嫌われないの?」
と、あなたは思いませんでしたか?

でも、胸やお尻を触ったほうが、お持ち帰りしやすくなるんですよ。

ただし、タイミングと方法を間違えなければ、です。

初対面でいきなり胸やお尻を触ったら、セクハラか痴漢で訴えられるでしょう(笑)

 

このように、ボディタッチのタイミングの方法さえ間違えなければ、お持ち帰りしやすくもなりますし、また、そこまでいかなくても距離を縮めるのに非常に効果的なんです。

実際に僕は試しにボディタッチをせずに女性を口説き落としたことがありましたが、いつもよりもちょっと時間がかかってしまいましたね。

 

ただ、
「付き合う前の男性にボディタッチされるのはイヤだ!」
という女性は多いです。

多くの女性がそう言うのは、ボディタッチのタイミングと方法を間違えている男性が多いからだと思われます。

何人もの男性から不快感を感じるようなボディタッチをされ続けたら、そう言いたくもなりますよね。

 

そこで、ここではボディタッチをしたらなぜ女性に嫌われてしまったのか、具体例を出して紹介します。

そして、女性との距離を縮めることのボディタッチのポイントも紹介します。

 

付き合う前の女性にボディタッチして嫌われる理由

 

付き合う前の女性にボディタッチして嫌われるのは、女性に不快な思いをさせるようなタイミングと方法でボディタッチをしているからです。

 

例えば、女性は見知らぬ男性からお尻を触られると、非常に嫌な思いをして「痴漢!」と訴えたいと思う、というのはわかりますよね(勇気があれば本当に訴えますよね)。

しかし、付き合っている男性に触られたら逆に喜びますよね。

ただ、人目が気になったりすることもあるので、いくら付き合っているとしてもタイミング次第では嫌がりますよね。

このように、女性との間柄(距離)や場所、タイミングなどによって、同じことをしても不快に思ったり嫌がったり、逆に喜んだりしますよね。

 

ここではまず、女性が嫌がるボディタッチの例を紹介します。

 

 いきなり首筋や腰、太ももなどを触る

ボディタッチには順番があります。

まず初めは、二の腕など女性がボディタッチをして一番抵抗の少ないところからボディタッチすべきです。

それなのに、仲良く話ができるようになったからといって、いきなり首筋や腰、太ももを触ると女性は嫌がります。

いきなり胸やお尻を触るのとあまり大差はありませんよ。

 

 距離が縮まっていないのにいきなりボディタッチする

いくら二の腕を触られるのに抵抗が少ないといっても、初対面でいきなり触られると、女性は嫌がります。

見知らぬ人にいきなり二の腕をタッチされるのはイヤがるだろう、というのは想像つくと思うんですが、初対面でよそよそしく話をしている段階でも同じです。

ボディタッチはお互いの距離が縮んで、打ち解けて話ができるようになってからです。

 

 不自然なくらい何回もボディタッチをする

女性との距離が縮まってから二の腕をタッチし始めたとしても、不自然に何回もタッチしていたら、女性は下心があるように思ってしまい嫌がります。

何回もタッチするのはやめましょう。

また、触りっぱなしもよくありません。

たまに軽くタッチする程度がいいですよ。

 

 力強くたたく

二の腕を思いっきり力を入れてたたくようにボディタッチする人を見かけますが、痛ければ嫌がるのは当然ですよね。

そっと触れるようにタッチすべきです。

 

 ボディタッチの口実が不自然

ボディタッチをするのに口実を作ることがあると思います。

僕は、お酒を飲んで体がポカポカしてきたら女性にてのひらや腕などを触らせたり、あるいは占いするといって手を触ったりしています。

しかし、その口実があまりにも不自然だと、女性が下心があるように思われるので嫌がります。

女性は勘が鋭いので、下手な口実はすぐバレます。

ですから、自然な口実が思いつかないのであれば、口実を作らないほうがいいですよ。

 

ボディタッチをして付き合う前の女性との距離を縮めるには?

 

付き合う前の女性とボディタッチをして距離を縮めるには、まずは会話である程度距離を縮め、笑顔で話ができるようになったら、二の腕に軽く触れたり、あるいは「占いができる」と言って手を触ったりします。

そうすると、女性との距離は一気に縮んでいきますよ。

 

付き合う前の女性との距離を縮めるボディタッチの方法について、詳しくは別のページで紹介しました。

興味があればそちらをご覧ください。

 付き合う前の女性にボディタッチをして距離を縮めるには?