キャバ嬢が「店を辞めてから付き合いたい!」と言う本音!

 

あなたは、キャバ嬢から
「お店を卒業して(辞めて)から付き合いたい!」
と言われたことってありませんか?

「キャバクラで働いているときは誰とも付き合うことができないけど、あともう少ししたら辞めることができることができるから、そうなってから付き合いたい!」
と言われたことがありませんか?

キャバクラによく行く人なら、1度や2度は言われたことがあると思います。

 

では、そう言うキャバ嬢と付き合うことができるのでしょうか?

 

「店を辞めてから付き合いたい!」と言うキャバ嬢と付き合うことができるのか?

 

まずは僕自身が経験したことから話をします。

 

もう15年以上前のことなんですが、僕はあるキャバ嬢にものの見事にハマってしまいました。

そのキャバ嬢のことを、仮にCちゃんとします。

 

Cちゃんを指名し続けていたんですが、色恋営業をされていました。

しかし、当時の僕はものの見事にCちゃんのいうことを本気にしてしまっていたんです。

「Cちゃんは、きっと僕に惚れているんだ!」
そう信じていました。

それで、同伴はしましたが、キャバクラが休みの日に会ったことはありませんでした。

僕がデートに誘っても、「なにかと忙しくて…」とはぐらかされていました。

ただ、僕は「本当に忙しいんだぁ!」と、Cちゃんのいうことを信じていました。

 

Cちゃんを指名し続けてから6ヶ月くらいたったころ、Cちゃんは僕に
「ねえ、私、こうじさん(僕のこと)と付き合いたいと思ってるの!
でも、キャバクラをやめないと付き合うことができなくて…!
キャバクラ辞めたら私と付き合ってくれない?」
と、言われたんです。

僕はもちろん「うん!喜んで!」と返事をしました。

それから、僕はさらに6ヶ月くらい通い続け、Cちゃんを指名し続けました。

 

ちなみに、僕はキャバクラに通うために預貯金を切り崩し、そして、ついに借金までしてお店に通うようになったんです。

しかし、借金には限度があります。

それで、ついに借りることができなくなってから、僕はCちゃんに、借金があること、そしてお店にはもう行けないこと、だからお店の外で会ってほしい、ということを電話で話しました。

そうしたら、電話を切られました。

そして、もう一度電話をしたら、居留守を使われてしまいました。

当時、僕は携帯電話を持っていなかったので、お店に電話したんですが、お店の従業員に居留守を使われてしまったんです。

「ついさっきまで話をしていたんですけど…」
といっても、
「とにかく、今、席をはずしていますので、失礼します!(ガチャ)」
と言われ、電話を切られてしまいました。

 

この時は、僕はパニック状態で思考能力がなかったんですが、翌日、Cちゃんは僕と付き合う気が全くないのに、
「お店を辞めたら付き合いたい!」
と言っていたことにようやく気が付いたんです。

気が付いたときは、本当に悔しかったですよ!

叫びたいやら泣きたいやらで、自分でもわけのわからない気持ちになりましたよ。

 

さて、ここまでの話で、
「それは、あんただけだよ!」
なんて、思いませんでしたか?

でも、実はこういう話は僕だけではないんです。

 

キャバ嬢の告白したら、OKしてくれたけど、プライベート出会うのはお店を辞めてから、と言われたけど、キャバ嬢が辞めたら連絡が取れなくなった、という人がいます。

他にも、「お店を辞めてから付き合いたい!」と言われたけど、キャバ嬢がお店を辞めてから連絡が取れなくなった、なんていう事はよくあることです。

逆に「お店を辞めてから付き合いたい!」といわれて、本当にキャバ嬢がお店を辞めてから付き合うことができた人を、僕は見たことも聞いたこともありません。

 

キャバ嬢が「お店を辞めたら付き合いたい!」というセリフを鵜呑みにすることなく、お店を辞める前に口説き落とせなければ、一生口説き落とすことができない、と思ったほうがいいですよ。

「お店を辞めたら付き合いたい!」というのは、お客様にお店に通わせるために言っているだけであって、キャバ嬢は全く付き合うつもりはない、と思ったほうがいいです。

 

キャバ嬢の口説き方は、別のページで紹介しました。

興味があれば、そちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

 

キャバ嬢を1回場内指名しただけなのに口説き落せた方法!

 

僕は先日、そこそこきれいなキャバ嬢を、たった1回場内指名しただけなのに口説き落とすことができました!

しかも、口説き落とすつもりは全くなく、メールは適当にあしらっていたつもりなのに、なぜか落ちてしまったんです。

 

でも、あとからキャバ嬢の心理を考えたら、この方法で落ちることもあるかな、なんて思いました。

 

そこで、僕がキャバ嬢を場内指名1回しただけで落した方法を紹介します。

 

僕が場内指名1回しただけでキャバ嬢を口説き落とした方法

 

僕が知り合いとキャバクラに行ったときに、あるキャバ嬢を場内指名しました。

そのキャバ嬢を、仮にAちゃんとします。

僕は、そのキャバクラに知り合いと一緒に来ることがあれば、またAちゃんを指名してもいいけど、用もないのにわざわざ店に行って指名するほどの価値はないかな、と思っていました。

また、僕はキャバ嬢を口説き落とすときは、お店に2~3回通って本指名することが多いんですが、そこまでして口説き落とす価値もないかな、とも思っていました。

 

そうは思っていたんですが、メルアドは交換しました。

メルアドを聞かれたから教えたんですが、拒否するほどでもないかな、という感じでしたね。

 

その後、予想通りだったんですが、営業メールが来ました。

「お仕事忙しいのかな?私は出勤です!頑張ります!」
という感じの営業メールが何回かきました。

僕は正直に、
「仕事はいつも通りだよ!今日は家に帰ってボーっとテレビでも見てるよ!」
という感じのメールを毎回送り帰していました。

キャバ嬢からしたら、
「時間があるなら、店に来てよ!」
と思うんでしょうが、Aちゃんはそういうメールは送ってきませんでした。

 

何回かそういった感じのやり取りをしていたら、Aちゃんは、
「久しぶりに、こうじさん(僕のこと)の顔を見たいなぁ!」
というメールを送ってくるようになりました。

僕:「日曜日ならいいよ!それ以外はちょっと…!」
(ちなみに、そのキャバクラは日曜日休みです。)
Aちゃん:「日曜日はいろいろあって難しいんだぁ!」
僕:「じゃあ、無理だね!」
Aちゃん:「え~!そんなのさみしい!」
僕:「そこまで言うなら、日曜日時間作ってよ!」
Aちゃん:「それはちょっと…」
僕:「じゃあ、無理だね!」

こんな感じのやり取りをしていました。

 

それから数日後、Aちゃんからメールが送られてきました。

Aちゃん:「ねぇ、こうじさんに話があるの!一度会いたいな!」
僕:「話って何?僕は日曜日しか時間を作らないよ!」
Aちゃん:「本当にお願い。一度日曜日以外に時間作ってよ!」
僕:「それは嫌だよ!」
Aちゃん:「ねえ、お願い!」
僕:「嫌なものは嫌だよ!」

もうここまでくると、僕も「しつこいなぁ!」と、半分キレかけていたんですが、返事だけはしておきました。

普通なら、無視するんでしょうけどね。

初めはからかう気持ちで返信をしていたんですが、最後はちょっとキレかけてしまいましたね。

しかも、同じようなやり取りを3回もしたんです。

そして、僕はついに、
「しつこい女は嫌いだ!」
とメールしてしまったんです。

まあ、無視すればよかったんでしょうが、からかっている延長でちょっと怒っている返信してしまいました。

 

そうしたら、それから3日後、なんとAちゃんから、
「じゃあ、日曜日に時間作るから、一度会って話ししよ!」
と、メールが来ました。

それで、僕はAちゃんと会う約束をしました。

 

それから僕は、Aちゃんと夕方に会って食事をしました。

そして、そろそろ店を出ようというときに、僕は、
「ねぇ、今からホテルに行こうよ!」
と誘いました。

そうしたら、Aちゃんは、
「それは、まだちょっと…。今日は早く帰らないといけないし…。」
と、返事しました。

それから、いろいろ言いあっていたんですが、最後は僕が、
「わかった、じゃあ帰る!」
といって、伝票をもって一人で帰ろうとしました。

そうしたら、Aちゃんは、
「ちょっと待って!じゃあ、少しだけだよ!本当に変なことしない?」
と言いました。

 

それから、2人でホテルにいきました。

ホテルに入る前、「変なことしない!」とは言いましたが、2人でホテルに入れば何もないわけないですよね。

しっかりとやることはやりましたよ。

 

その後、何回か2人で会うことができましたよ。

もちろん、キャバクラに行くことなく、日曜日に会いましたよ。

 

なぜ1回の場内指名だけでキャバ嬢を口説き落とすことができたのか?

 

さて、この方法では普通はまずキャバ嬢を落とすことができません。

ほとんどのキャバ嬢は、店に来ないと判断したら、メールを送ってこなくなります。

僕が「日曜日しか時間を作らない!」とメールしたら、その後多少はメールを送ってきますが、それ以降メールしてこない事が圧倒的に多いです。

しかし、Aちゃんはその後もメールを送り続けてきました。

 

そして、場内指名を1回しかしていないお客様と、お店が休みの日に外で会うキャバ嬢はほとんどいません。

それなのに、Aちゃんは会ってくれました。

 

また、キャバ嬢は、ホテルに連れ込まれるのを避けるのが上手です。

お客様はチャンスがあればホテルに連れ込みたいと思っていることを、キャバ嬢は分かっているので、あらかじめホテルに誘われないように用心はしていますよね。

それなのに、Aちゃんは上手ではありませんでした。

なんとかホテルに行かないように、そして、(キャバクラに来てもらって指名してもらうために)僕の機嫌を損ねないように頑張っていたんですが、それが上手くなかったんです。

 

それは、そのキャバクラが東京郊外の住宅地にあったこと(歌舞伎町や六本木など繁華街ではないこと)、そして、Aちゃんはキャバクラで働き始めてまだ半年もたっていなかったことが大きかったと思います。

そして、とにかく指名が欲しいと焦っていた感じはありましたね。

よっぽどお金に困っていたんでしょうかね。

 

また、キャバ嬢はガツガツ口説くと嫌われる、とよく言われます。

ちなみに今回の場合、僕がAちゃんを口説いたのは日曜日に会った時だけです。

口説いたというよりも、やや強引にホテルに連れ込んだだけなんですけどね。

僕がAちゃんをプライベートで会うまで口説かなかった、というのもAちゃんを口説き落とすことができた理由かもしれませんね。

冷たくあしらっていたのも良かったのかもしれませんね。

 

さて、このような方法でキャバ嬢を口説き落としたのは今回が初めてですし、恐らく今後もないと思います。

まあ、今回はたまたま落ちてしまったという感じですよね。

 

ただ、僕はもっとまともな方法で、キャバ嬢を口説き落とすことができています。

しかも、1人や2人ではなく、何十人ものキャバ嬢を口説き落としているんです。

その方法は別のページで紹介しました。

興味があれば、そちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

 

街コンの脈ありサイン~街コンの最中に出すサインとは?

a1180_011552

「街コンで話した女性が脈があるのかを知りたい!」
と、あなたは思った事はありませんか?

街コン特有の脈ありサインが分かれば、効率よく女性を落とすことができますよね。

逆に脈なしの女性を追いかけ続けても、なかなか落ちないのであれば、非効率ですよね。

ですから、脈ありサインが分かれば、かなり女性を口説きやすくなりますよね。

 

そこで、ここでは街コン特有の女性が出す脈ありサインを紹介します。

 

街コン中に女性が出す脈ありサイン

 

まず、基本的に街コン中は、女性は脈ありサインは出さないと思ったほうがいいです。

女性が「脈あり!」になるには、時間がかかります。

女性は男性と違って、一目見た瞬間に「脈あり!」になることって、非常に少ないです。

付き合うのにふさわしいのかなど、じっくりと観察しますので、すぐには脈ありにはならないです。

ですから、街コン中は「脈ありサイン」は出さない、と思っておいたほうがいいです。

「脈ありサイン」を出し始めるのは、街コン後からになります。

街コン後の脈ありサインは、このページの下の方で紹介しています。

 

ただ、「脈なしサイン」は街コン中でも出します。

第一印象で生理的に受け付けない男性、あるいは少し話して生理的に受け付けなくなる男性はいますので、そういう場合は「脈なしサイン」を出します。

 

そこで、まずは街コン中の脈なしサインを紹介します。

 

街コン中の脈なしサイン

 質問しても返事がそっけない

女性に質問しても、「別に~!」「特に…」など、一言でそっけない返事しかない場合は、脈なしであることが多いです。

答えにくい質問をした時にはぐらかそうとする場合は、返事が一言で終わることが多いですが、返事に困ったような感じになり、そっけない感じの返事はしないことが多いです。

質問に答えたくない、答えるのが面倒だという感じの態度をしたら、脈なしです。

ただ、質問の返事が一言で終わる事が続くと、女性は嫌になって脈なしになりますので、返事がひところだった場合は注意が必要ですよ。

 

 あまり話さない

会話量が少ない場合は、基本的に脈なしだと考えていいです。

話が苦手な女性はいますが、脈なしでなければ、何か話を振れば一生懸命話をしようとします。

そういうことはなく、話をしたくなさそうな態度をしたら、脈なしの可能性が高いです。

 

 話をあまり真剣に聞いてくれない

話をつまらなさそうな態度で聞いている場合は、脈なしです。

脈なしでなければ、話の内容がつまらなくても、初対面の男性にしては真剣に聞いているフリをする女性が多いです。

 

 「忙しい!」

「休みの日はいつも忙しい!」「街コン後は用事がある!」などというせりふは、「街コンの後にどこにも誘わないで!」と言っているようなものです。

休みの日や2次会などに誘えるか探ろうとしたときに、「忙しい!」と言われたら、脈なしです。

本当に忙しい女性でも、いつ時間があるのかをそれとなく教えてくれます。

「平日休みで曜日は決まってないけど、仕事が休みの日なら暇してる!」
みたいなことを言えば、脈なしではありません。

 

 連絡先を教えてくれない

街コンに参加した女性はほとんど、メールやLINEなど連絡先を聞いたら教えてくれます。

脈なしの男性にでも、とりあえず教える女性は多いです。

連絡先を教えてくれない場合は、確実に脈なしです。


 

「脈なしサイン」を出す場合は、身だしなみに問題がある場合が多いです。

身だしなみに問題がなければ、それほどおしゃれでなくても、普通に会話のキャッチボールができたのであれば、脈なしになることは少ないです。

街コン中に脈なしサインを出されたら、身だしなみをチェックしましょう。

 

その他、自慢話・武勇伝ばかりしている、愚痴が多い、女性に話をさせず一方的に話し続けるなど、会話に問題がある場合は、途中から脈なしサインが出るようになります

女性との会話の途中で脈なしサインが出るようなら、会話を見直すといいでしょう。

 

街コン後の脈ありサイン

 

街コンに参加した女性は、街コン後に脈ありサインを徐々に出していく傾向があります。

それで、街コン後に女性が出す脈ありサインを紹介します。

 

街コン後に女性が出す脈ありサイン

 二次会の誘いにOKしてくれた

街コン終了後にすぐ連絡を取って二次会に誘ったらOKしてくれた場合、脈ありサインと考えていいです。

ただし、脈ありでも二次会の誘いを断ることがあります。

ですから、誘いを断ったからといって脈なしというわけではありません。

ただ、誘いにOKしてくれたら脈ありです。

 

 メールやLINEのやり取りが続く

街コン後にメールやLINEを送った場合、脈なしでも返事をする女性は多いです。

しかし、脈なしであればやり取りが続かず、途中で無視されるようになります。

何回かメッセージを送って、毎回2日以内に返事が来れば、脈ありの可能性が高いです。

 

 暇な日時を教えてくれる

デートに誘う前に、いつ誘ったらいいのか探ると思います。

その時にいつが都合がいいのか教えてくれたら脈ありの可能性が高いです。

 

 食事などの好みを教えてくれる

女性を食事に誘おうと思ったら、好みを探ると思います。

その時に、きちんと教えてくれたら脈ありです。

「特に好き嫌いはない」「○○だけは嫌だ」といった返事も脈ありサインになります。

適当にはぐらかそうとしたら、脈なしです。

 

 食事などの誘いにOKしてくれる

職場や学校が同じ女性であれば、脈なしの男性から食事に誘われてもOKすることがあります。

ただし、街コンで知り合った男性の場合、脈なしだと食事の誘いにOKしてくれないことが多いです。

ですから、食事の誘いにOKしてくれるのであれば、脈ありと考えていいです。


 

以上が街コン後の脈ありサインです。

 

もし、脈ありサインが出ない場合、街コン中の会話に問題があることが多いです。

基本的に、会話のキャッチボールさえできれば、脈なしになることは少ないです。

恋愛感情を持ってくれるかどうかは、街コン後に2人で会った時が勝負です。

街コンやその後のメールやLINEで恋愛感情を持ってもらえなくても、1回くらいは2人で食事できることが多いです。

ですから、脈なしの場合、あなたが一方的に話をしていなかったかなど、一度チェックしてみるといいでしょう。

 

また、街コンの会話方法は別のページで紹介しました。

興味があれば、そちらをご覧ください。

 街コンで初対面の女性と会話を盛り上げるポイント

キャバ嬢が同伴に誘うのは脈あり?同伴に誘う心理とは?

 

「キャバ嬢に同伴に誘われたけど、これって脈ありサインかなぁ?」
と、あなたは思った事はありませんか?

同伴とは、キャバクラに行く前に食事したりすることですね。

キャバ嬢の出勤前に一緒に食事をしても、そのキャバ嬢と一緒にキャバクラに行かなければ同伴になりません。

逆に、食事などをしなくても、キャバクラの前などで待ち合わせをして一緒にキャバクラに入れば同伴になります。

通常は食事などをして、その後、一緒にキャバクラに入りますよね。

 

さて、キャバ嬢は、気があるから一緒に食事したい、だから同伴したい、という感じで、いかにも脈ありかのような誘い方をすることが多いですよね。

これって真に受けて「脈あり」だと思っていいのでしょうか?

キャバ嬢が同伴に誘うのは脈ありなのでしょうか?

 

キャバ嬢が同伴に誘うのは脈ありサイン?

 

まずは同伴についてのシステムを知ったほうがいいです。

キャバ嬢は同伴をすると、その分給料をもらうことができます。

同伴することによる給料はお店によって違って、翌週(or翌月)の時給が上がったり、同伴1回いくらもらえると決まっていたり、様々です。

細かいことはともかく、とにかく同伴すればキャバ嬢はその分給料をもらうことができます。

 

という事は、キャバ嬢にとって同伴は、お店(キャバクラ)で接客しているのと変わりません

時給に換算すると安くはなりますが、それでも給料が発生しているんです。

ですから、お店(キャバクラ)からお金をもらってお客様と食事などをしている以上、接客しているのとなんら変わりがないのです。

 

そして、同伴の大きな目的は、お客様に確実にお店に来てもらうことです。

同伴しないで、メールなどで店に来てもらう約束をしても、ドタキャンされる可能性があります。

しかし、同伴すれば、ドタキャンされることはあまりなく、ほぼ確実にお店に来てくれるわけですね。

なかには、食事だけ一緒にして、キャバクラに一緒に行かずに帰るお客様もいるそうですが、それは非常に少なく、同伴すればそのまま一緒にキャバクラに入ってくれることのほうが圧倒的に多いそうです。

キャバ嬢と一緒にキャバクラに入れば、そのキャバ嬢を指名することになります。

それで、キャバ嬢はお客様が指名してくれれば、その分給料が上がります。

ですから、同伴はキャバ嬢にとって確実に指名をもらって給料を上げる手段にもなっているんです。

 

という事は、キャバ嬢は給料を上げるために同伴をする、という事になりますから、キャバ嬢にとって同伴は仕事ですよね。

ですから、キャバ嬢が同伴に誘っても、脈ありにはなりません

むしろ、同伴に誘うという事は、そのお客様のことを男として見ているのではなく、お客様として見ているわけですから、脈なしの可能性が非常に高いです。

 

ほとんどのキャバ嬢が、
「脈ありなら、同伴ではなくて休みの日に食事などに誘う!」
と言っています。

休みの日に2人で食事などに誘ってきても、それだけで脈ありということにはならないんですが、脈ありなら同伴に誘わない、ということです。

 

「あなたは特別だから、同伴してほしいの!」
「あなたのことをもっと知りたいから、お店の外で食事しながら話したい!」
などなど、さまざまなことを言って同伴に誘うキャバ嬢は多いです。

「同伴してくれると私の給料が上がるから、同伴してほしい!」
なんて誘うキャバ嬢は、めったにいないです。

「同伴のノルマが達成できないから、今回だけでいいのでお願いだから同伴して欲しい!」
といわれて誘ってきたキャバ嬢が今まで1人いましたけどね。

その時はさすがにご飯をおごらせましたけどね。

ただ、このように誘ってくるキャバ嬢はめったにおらず、ほとんどが「気になっているから外で食事したい!」というような誘い方です。

しかし、本心は給料を上げる事しか考えておらず、気になっているわけではありません。

ですから、キャバ嬢が何を言おうと、本心では同伴は仕事としか考えていない、という事を知っておいたほうがいいですよ。

 

キャバ嬢の脈ありサインは、別のページで紹介しました。

興味があればそちらをご覧ください。

 キャバ嬢の脈ありサイン~これってひょっとして惚れてる?

 


kyaba

初デートで付き合う前の女性とハグする方法・会話術!

 

「付き合う前の女性と初デートで、せめてハグしたい(抱きしめたい)なぁ!」
と、あなたは思っていませんか?

いきなりハグしたら嫌われそうだし、嫌われたら2回目のデートに繋がらないし、そんなことを考えると、ハグはできないですよね。

ただ、女性に嫌われなければハグしたい、と誰でも思うのではないでしょうか?

PAK86_dakiyoseru215182313-thumb-815xauto-18341

また、初デートでハグができると、女性との距離をグッと縮めることができますので、口説き落としやすくなります。

 

そこで、ここでは付き合う前の女性と初デートでハグする方法を紹介します。

 

付き合う前の女性と初デートでハグする方法

 

女性にボディタッチするには、抵抗があまりないところから徐々にしていくことが大切です。

 

ちょっと極端な話ですが、初デートで待ち合わせしてからすぐに、いきなり胸やお尻を触ったら、ほぼ間違いなく嫌われますよね。

逆に、2~3回デートすれば、女性が恋愛感情を持っていなくても、二の腕に触れるくらいなら嫌がられることはないでしょう。

 

それで、初デートでもある程度親しみを持ってもらえれば、二の腕に触れても女性は抵抗を感じないでしょう。

そして、さらに距離が縮めば、てのひらに触れても、女性は抵抗を感じないでそう。

さらに距離が縮めば、背中や腰に触れられても抵抗を感じなくなります。

 

ただ、いきなり腰に手を触れたら、女性はものすごく抵抗を感じてしまいます。

ですから、女性が抵抗のないところから徐々にボディタッチを増やしていくことが大切です。

 

付き合う前の女性との初デートでボディタッチを増やし、手をつなぐ方法は、別のページで紹介しました。

まずはそちらをご覧ください。

初デートで女性と手をつなぐ方法

 

女性と手をつなぐことができたら、バーやカラオケ屋などに行きます。

個室など他の人の目が気にならないところがいいです。

そして、女性との会話中に女性を褒めて、頭をポンポンします。

それから、タイミングを見計らって、背中に触れます。

 

頭をポンポンしたり、背中に触れたりして、女性が嫌がっていないようなら、ハグをしても大丈夫なことが多いです。

 

それから、女性に過去の恋愛話をさせます。

その時に、ハグした時の事を聞いていきます。

そうすると、女性はハグをしたい、という気持ちになってきます。

それで、あとはタイミングを見計らってハグします。

 

ハグできそうなタイミングになったら、背中に手をまわして、そのままハグすると、上手くいくことが多いですよ。

 

付き合う前の女性との初デートでハグに失敗した時の対処法

 

付き合う前の女性との初デートでハグしようと思って失敗したときは、
「ごめん、ハグの話を聞いていたら、ついついハグしたくなっちゃって!」
といってすぐに別の話をすれば、大丈夫です。

女性と手をつなぐことができていれば、失敗することはまずないです。

ただ、たまに失敗することもあります。

そういう場合は、女性が「初デートではハグはしない!」と決めていることが多いです。

かたく心に決めていることを覆すことはなかなか難しいので、この場合は次回以降のデートでハグするタイミングを見つけてしてみましょう。

 

手はつなげたのに、ハグしようとして女性に拒否された場合、しつこく迫らなければ2回目のデートに繋がらないなんてことは少ないです。

ですから、さほど心配する必要もないですよ。

 

 デート中に女性とキスをするタイミングを作る方法・会話術

 


main_ttl3

営業メールを送ってこないキャバ嬢の本音は?脈あり?脈なし?

 

「本指名しているキャバ嬢が営業メールを全然してこないんだけど、どう思っているんだろう?」
と、あなたは考えたことはありませんか?

キャバ嬢は通常本指名しているお客様には営業メールを送ります。

「○○さん(お客様)に会えないから寂しくて…!(だから店に来て!)」
「○○さん(お客様)の顔が見たいなぁ!(だから店に来て!)」
「ちょっと話したいことがあるんだけど…!(だから店に来て!)」

こんな感じで営業メールを送ってきますよね。

なかには露骨に、
「指名無いから店に来て!」
「イベントだから店に来て!」
なんて、営業メールを送るキャバ嬢もいますけどね。

 

ただ、キャバ嬢は営業メールを送らないこともあります。

そうすると、ちょっと不思議に思いませんか?

「お客様と見てないから、ひょっとして脈ありかなぁ?」
とか、あるいは逆に
「営業メールすら送ってこないという事は、ひょっとしてお客様以下てということ?全く脈なし?」
とか、いろいろ考えてしまうのではないでしょうか?

 

そこで、ここではキャバ嬢が営業メールを送ってこない理由、営業メールを送らないキャバ嬢の心理などを紹介します。

 

キャバ嬢の営業メールとは?

 

まずは、キャバ嬢の営業メールとはなんなのか、紹介します。

大原則、キャバ嬢が送ってくるメールは全て営業メールと考えたほうがいいです。

 

僕はキャバ嬢から営業メール以外もらったことがありません。

ちなみに、僕がキャバ嬢を口説くときは、キャストとお客様の関係を断ち切りますので、それ以降はキャバ嬢からのメールとはみなしていません。

ただ、キャストとお客様の関係を断ち切っていない状態であれば、キャバ嬢からのメールとみなします。

そういうメールをすべて含めて、僕はキャバ嬢から営業メール以外は送られてきたことがありません。

 

また、僕が口説き落としたキャバ嬢何人かに話を聞いても、お客様に送るメールはすべて営業メールだと言っています。

ですから、キャバ嬢から送られてくるメールは全て営業メールだと考えたほうがいいです。

ひょっとしたら例外があるかもしれませんが、それは恐らく非常にまれだと思います。

 

キャバクラが休みの日に、キャバ嬢からメールが送られてくることもあると思います。

これも、営業メールです。

会社やお店がお客様に、年賀状や暑中見舞いなどを送りますよね。

キャバ嬢が休みの日にメールを送るのは、年賀状や暑中見舞いと同じレベルです。

つまり、「今後もひいきにしてください(指名し続けてください)。」というあいさつにすぎません。

それを、年賀状と同じように「今後も御贔屓にお願いします!」と書くわけにはいかないので、まるで親しい間柄であると思えるような内容のメールを送るだけです。

休みの日にメールを送ってきても、「お店に来て!」という文句がなくても、キャバ嬢からのメールは全て営業メールだと、考えたほうがいいですよ。

参考記事:キャバ嬢からのメールが営業メールかどうかを見分ける方法!

 

本指名してるけどキャバ嬢から営業メールが送られてこない理由は?

 

キャバ嬢を本指名しているのにもかかわらず、メールが全くと言っていいほど送られてこないことがあります。

 

僕も本指名したキャバ嬢のうち、全くと言っていいほどメールを送ってこなかったキャバ嬢が何人かいました。

ただ、僕の場合、
「メールを送ってきたからといって店に行こうとは思わないし、送ってこなくても行きたいと思った時は行くよ!」
と、キャバ嬢に言っているので、
「だったら、メールを送らないほうがいいかな!?」
なんて思ったキャバ嬢は、メールを送らないでしょう。

お客様にメールを送るのって、キャバ嬢からしたら面倒でしょうしね。

 

ただ、そういうことを言っていないのにもかかわらず、全くメールを送らないキャバ嬢もいますよね。

その理由は、2つ考えられます。

 

1つは、キャバ嬢が大事なお客様とみていない場合です。

1ヶ月の売上が小さいお客様に対しては、キャバ嬢のなかには、
「メールを送っても売上が上がらないなら、送っても無駄!」
と考えて、営業メールを送らない人もいるでしょう。

それで、どれだけの売上が営業メールを送るか送らないかの境目になるか、キャバ嬢によって全然違うでしょう。

ただ、一つ言えることは、超人気のあるキャバ嬢が、本指名しているお客様全員にメールを送るのは不可能だと思います。

キャバ嬢が全員にメールを送りたい、という気持ちがあったとしても、時間的にも体力的にも無理があると思います。

そういう場合は、店の従業員がキャバ嬢に成りすましてメールを送ってくれることが多いですが、お店がそういうことをしてくれない場合は、お客様を選んでメールをすると思います。

ですから、キャバ嬢が大事なお客様だとみなしていない場合に、営業メールを一切送らない、という事は充分に考えられます。

 

そして、キャバ嬢が営業メールを送らないもう一つの理由は、それがそのキャバ嬢の営業スタイルだという事です。

例えば、営業メールをしつこく送りすぎて、指名客を減らしてしまった場合、「営業メールを送るのをやめよう!」とキャバ嬢は思うこともあるでしょう。

僕はキャバ嬢がしつこく営業メールを送ってくると、そのお店には行かなくなります。

また、僕と同じような人は他にも何人もいると思います。

ですから、あまりにもしつこく営業メールを送ると、指名客を減らすと思います。

そういう場合、キャバ嬢は営業メールを送らなくなってもおかしくないですよね。

また、あまり仕事に熱心ではなかったり、「メールを送ると迷惑では?」と考えたり、キャバ嬢によって考えることはいろいろあると思います。

それで、キャバ嬢によっては大事なお客様を含めて、一切営業メールを送らないことがある、と考えられます。

 

僕が口説き落としたキャバ嬢に、営業メールを全然送らない理由を聞いたら、以上の2つ以外はちょっと考えられないかな~!なんて言っていました。

ですから、大事なお客様とみなしていないか、キャバ嬢の営業スタイルか、のどちらかの理由で営業メールを一切送らない、と考えることができます。

 

ちなみに、キャバ嬢はお客様に対しては恋愛感情を持つことはまずありません。

ですから、営業メールを送っても送らなくても、結局は「脈なし」という事になりますよね。

そのあたりのキャバ嬢の心理は、別のページで紹介しましたので、興味があればそちらをご覧ください。

 キャバ嬢の脈ありサイン~これってひょっとして惚れてる?

 


kyaba

女性にモテるようになるために最も大切なこと!~コレだけでモテモテ!

 

「女性にモテる男になるために、最も重要なこととは?」
と聞かれて、あなたは何と答えますか?

ルックスですか?お金(経済力)ですか?社会的地位ですか?

どれも女性にモテる要素にはなりますが、ハッキリ言ってそれほど重要なことではありません。

 

もっともっと大切なことがあるんです!

ある大切なことが欠けているだけで、イケメンでお金持ちでも、女性にモテなくなってしまうんです。

たった1つのことが欠けているだけで、そのほかのことがパーフェクトでも女性から相手にされなくなるんです。

 

逆に、たった1つのことをマスターすれば、ブサイクでもお金がなくてもフリーターでも、女性にモテるようになるんです。

heart-264497_640

 

では、女性にモテるために最も大切なこととは、いったい何なのでしょうか?

 

女性にモテるために最も大切なこととは?~コレだけで女に不自由しない!

 

女性にモテる男になるために最も重要なこととは、会話です。

a0002_007009

女性と仲良くなり、楽しませ、恋愛感情に火をつけ、惚れさせる会話さえマスターすれば、そのほかは何もなくても女性にモテるようになります。

最低限の清潔感のある身だしなみは必要ですけどね。

それ以外は、何もなくても会話をマスターするだけで女性にモテるようになります。

もちろん、ブサイクでもお金がなくてもフリーターでも、会話さえマスターしてしまえば、女性にモテモテになり、女性に不自由しない日々を送ることができるんです。

 

誰もが羨む美女を彼女にできるようになるのはもちろん、肉体だけの関係の女性を何人も作ることができるようにもなりますし、複数の女性と付き合うことだってできるようにもなるでしょう。

 

実際に、僕はルックスがオタク(性格もオタク)で、自他ともに認めるブサイクの42歳のオッサンですが、それでも3人の女性と付き合っています。

しかも、3人とも誰もが認める20代の美女なんですよ。

一時期は5人の美女と付き合っていたんです。

でも、メールやLINEをしたり、デートしたりする時間も体力もなくて、3人に減らしたんです。

それ以外でも、一夜限りの関係で終わる女性なんて、今までたくさんいました。

多分、男女の関係になった女性は300人以上はいると思うんですが、いちいち数えていません。

ただ、200人は確実です。

わざわざメールなど、なにかを確認したわけではありませんが、ここ5年間は1ヶ月で最低でも3人の女性と新たに肉体関係を持っていますので、1年で36人、5年で180人ですね。

ただ、平均すると月に4人くらいの女性と肉体関係を持っていますし、それ以前の7年間で100人以上の女性と肉体関係を持ちましたので、200人以上の女性とは確実に肉体関係を持っている、と断言できます。

ただ、今では女性に不自由しない生活を送っている僕でも、初めて彼女ができたのが30歳なんです。

それまでは全くモテませんでした

女性に全く縁のない日々を送っていたんです。

そんな僕が、女性に不自由しない日々を送ることができるようになったのは、会話をマスターしたからです。

それ以外は全く変わっていないのに、会話をマスターしただけで女性にモテるようになったんです。

a0002_007012

 

僕だけではなく、今まで全然モテなかったのに、会話をマスターしてから同時に7人もの女性と付き合うことができている男性もいますし、数えきれないほどのガールフレンドができて、やりまくっている男性だっているんです。

1人の彼女を作ることなんて、会話をマスターすれば当たり前のようにできるようになっているんです。

もちろん、妥協してタイプでもない女性と付き合っているわけではなく、好みのタイプの女性を彼女にしていますよ。

 

どれだけブサイクでも、どれだけ性格が悪くても、会話さえマスターすれば女性にモテるようになり、女性に不自由しない日々を送ることができるようになりますよ。

 

女性にモテる会話をマスターするには?

201452

「会話をマスターすればいいといっても、それって難しいのでは?」
あなたはそう思いませんでしたか?

女性と話す機会があっても、何を話したらいいのかわからなくていつも沈黙してしまう!
女性の前だと緊張してしまって、何も話せなくなる!

そのように悩む人ってとっても多いですよね。

 

また、

女性と普通に会話できるけど、仲良くなることができない!
女性と会話を盛り上がっている(つもりだ)けど、デートに誘ってもOKしてくれない!

と悩む人も多いですよね。

 

女性の前だと緊張したり、あるいは沈黙したりすると、もうどうしたらいいのかわからなくなりますよね。

「男性と話ができるなら、まずは同じように話せばいいよ!」
とアドバイスされたことがあるかもしれません。

でも、そんなこと言われても、男性と同じように話そうと思っても、女性とはなかなか会話ができませんよね。

 

また、女性と話ができるけど恋愛に発展しない場合、恋心を抱かせるフレーズを覚えて使ったこともあるかもしれません。

でも、それでも上手くいくことってなかなかありませんよね。

 

女性と恋愛関係に発展する会話をマスターするには、どういう場面で何を話せばいいのか、すべてをマスターする必要があります

初対面の女性と何を話せばいいのか、そして、どのタイミングでプライベートにかかわる話をすればいいのか、恋愛感情を持ってもらうにはどのタイミングでどういうセリフを言えばいいのか、このすべてをマスターする必要があるんです。

 

例えば、過去の恋愛話をすると、女性は恋愛感情を持ってくれやすいです。

しかし、初対面の女性にいきなり「今までどんな恋愛してきたの?」と聞いても、話をしてくれません。

適当にあしらわれるのが落ちでしょう。

なかには、「いきなりそんなこと聞かないでください!」と言う女性はいるかもしれないですけどね。

これは非常に分かりやすい例なんですが、恋愛関係に発展させるのに非常に有効なセリフでも、言うタイミングを間違えて女性に嫌われた、ということは、実はよくあることなんです。

a1640_000396

 

女性にモテる会話をマスターするには、どのタイミングで何を話すのかまで、きちんとマスターする必要があるんです。

そうすれば、初対面の女性と沈黙することなく会話をして仲良くなることができますし、仲良くなった女性に恋愛感情を抱かせることができるようになって、口説き落とすことができるようになりますよ。

そして、あらかじめ何を言えばいいのかわかっていれば、緊張したところできちんと女性と話をすることができて、仲良くなることができますよ。

 

僕は人見知りで、今でも初対面の女性と話をする時は緊張してどもってしまいます。

でも、何を言えばいいのかわかっていますので、緊張しても女性と仲良くなることができていますよ!

a0001_008195

 

女性にモテる会話をマスターするのは難しい?

 

「どのタイミングで何を言うかまでマスターするなんて、そんなこと難しくてできないよ!」
と、あなたは思いませんでしたか?

僕がこういう話をすると、多くの人が「そんなの無理じゃねぇ!?」と答えますよね。

 

でも、時間はかかるものの、誰でもモテる会話をマスターすることが出来るんです。

女性と初対面から口説き落とすまでの全ての会話を覚えてしまえば、誰でも女性を口説き落とすことができるようになるんです。

全てを覚えるのは大変だし時間がかかりますが、覚えてしまえばいつでもどこでも好みの女性を口説き落とすことができるようになるんです。

 

女性と初対面から口説き落とすまでのすべての会話が紹介されている恋愛教材があります。

それは「スーパー会話テンプレート」です。

 

女性と知り合う場面はいろいろあると思います。

合コン、オフ会、職場や学校、街のお店(の店員)など、いろいろありますよね。

その場面別に、女性を惚れさせる会話が、まるでドラマの台本のせりふのように書かれているんです。

ですから、覚えてしまえばいつでも女性と仲良くなって、口説き落とすことができるようになるんですよ。

 

確かに、初対面からデートの誘い方、デート中、そして、口説き落とすまでの会話まですべてが書かれていますので、覚えるのが大変です。

でも、一言一句間違いなく覚える必要もありませんし、少々時間がかかるものの1ヶ月もあれば覚えることはできると思います。

少なくとも、自動車免許の試験と比べると、はるかに簡単ですよ。

そして、覚えてしまえば、あとはいつも決まったことを言うだけで、女性を思い通りに口説き落とすことができるようになるんです。

それを考えれば、せりふを覚えるのは、それほど苦にもならないでしょう。

 

また、よく聞かれるんですが、
「女性もいろいろいるのに、決まったセリフをいうだけで、本当に口説き落すことができるの?」
と、疑問に思いませんでしたか?

同じ質問をしても女性によって返ってくる返事が違うだろうから、話す内容が変わるのではないか、だから、いつも決まったセリフをいうだけで落とすことは難しいのではないか、と疑問に思う気持ちはよくわかります。

でも、「スーパー会話テンプレート」通りに話をすると、女性の話す内容はびっくりするほど誰もがだいたい同じになってしまうんです。

 

これはキャバクラに時々でも行く人ならだいたいわかると思います。

フリー(特定のキャバ嬢を指名しない)場合、どのお店のキャバ嬢もいう事はだいたい同じです。

「今日の天気は○○ですね!」
「この店はよく来られるんですか?」
「今日は仕事帰り?」
「遅くまで大変ですね!」
「ご飯食べてきたの?」
「お休みの日は何をしているの?」

と、こんな感じのことを聞かれることがほとんどですよね。

そして、タイミングを見計らって、
「会社(職場)ではモテそう!」
「彼女いるでしょう!」
なんて、お世辞を言うことがありますよね。

人気キャバ嬢でさえ、フリーのお客様には決まったセリフをいうだけで、たくさんのお客様から気に入られ、指名をもらっているんです。

そして、指名してもらったら、タイミングを見計らって、
「○○さんと話をしていると楽しい!」
「○○さんのこと、お客様だとは思えない(親近感を持てる)!」
「○○さん、私の元カレに似てるの!」
「私、○○さんみたいな人、タイプなんだ!」
「私、○○さんのこと、好きになっちゃうかも!?」
「他のお客さんには言えない、○○さんにしか言えないことなんだけど…」
という感じの決まり文句を言って、ますます気に入ってもらい、恋愛感情を持ってもらうんです。

プロのキャバ嬢でさえ、誰に対しても毎回毎回決まったセリフをいうだけで気に入ってもらい、そして、恋愛感情を抱かせることができているんです。

であれば、男性が女性を口説く時も、決まったセリフをいうだけで大丈夫だ、というのは想像できますよね。

 

キャバクラではお客様は大金を払っているし、他の一般の人と比べるとレベルの高い女性がいることが分かっているので、理想がかなり高くなります。

それでも、決まったセリフを言うだけで、きちんと指名をもらうことが出きているんです。

であれば、それほど高い理想を持っていない一般女性を口説き落とすのは、それよりもはるかに簡単です。

ですから、好みの女性を口説き落とすのに、決まったセリフをいうだけで充分です

 

「スーパー会話テンプレート」の内容をマスターすれば、あなたも好みの女性を次々と口説き落とすことができるようになるでしょう

そして、女性に不自由しない日々を送ることができるようになるでしょう

1人の女性を口説き落として彼女にするなんて、朝飯前になりますよ。

 


「スーパー会話テンプレート」を実践してどうなった?実録体験談はこちら!
 「スーパー会話テンプレート」レビューへ


「スーパー会話テンプレート」の詳しい内容を知りたい、あるいはすぐに購入したいならこちら!
 「スーパー会話テンプレート」公式ページへ


 

PAK83_okuroookami20140321_TP_V2

キャバ嬢はお金持ちの男性を好きになるってホント?

 

「キャバ嬢はお金が好きだから、お金持ちの男性を好きになりやすい!」
あなたは、そんな話を聞いたことはありませんか?

キャバ嬢はお金持ちの男性を好きになる傾向があるので、キャバクラでお金を使う男性はモテる、なんて言われることがありますよね。

確かに、お金をたくさん使えばチヤホヤしてくれますし、店外デートしてくれやすくなりますし、枕営業だってしてくれることもあります。

キャバ嬢の心理が分かっていないと、
「ひょっとして惚れてるのかなぁ?」
なんて、思ってしまうんですよね。

でも、それって基本的には惚れているわけではなく、売上を上げるために頑張っていることなんですよね。

売上を上げるために、嫌いなタイプのお客様に対しても惚れているフリをしているだけなんですよね。

 

しかし、なかにはお金持ちという理由だけで男性に惚れるキャバ嬢はいます

お金のためにいやいや付き合うとか、そういう事ではなく、お金持ちだという理由だけで心の底から男性に惚れるキャバ嬢がいるんです。

 

では、キャバ嬢がお金持ちの男性に惚れる心理を紹介します。

 

キャバ嬢がお金持ちの男性に惚れる心理

 

 

お金持ちの異性に惚れる、というのは、男性にはちょっと考えられない心理だと思います。

逆玉(の輿)という言葉がある通り、女性とお金目当てで付き合ったり、結婚したりする男性はいますよね。

でも、その女性に惚れることって、ほとんどの男性がないと思います。

 

僕の知り合いに、お金目当てで結婚した男性はいます。

また、お金目当てで女性と付き合っている男性もいます。

でも、2人ともその女性に惚れたわけではありません。

その証拠に、逆玉の2人とも他にきちんと愛人がいますからね。

「金持ちの女性と結婚すれば、たくさんお金が使えるから美女を愛人にできる!」
そんな事を考えている男性も多いのではないでしょうか?

これって、女性に惚れたわけではありませんよね。

どちらかというと、その女性のことを好きでもないけど、お金のために我慢して付き合ったり、結婚したりしているわけですよね。

 

惚れた女性が、たまたまお金持ちだった、という事はあると思います。

でも、男性はお金持ちという理由だけで女性に惚れる、という事は、まずないと思います。

 

しかし、女性は違うんです。

お金持ちだから、という理由で男性に惚れることがあるんです。

他に惚れる要素が全くなかったとしても、お金持ちという理由だけで惚れることがあるんです。

 

これは、女性が男性に惚れる深層心理を理解すると分かります。

女性は、基本的には自分のことを守ってくれる男性に惚れます。

少し前に、「細マッチョがモテる!」なんて言われていましたが、筋肉質の男性がモテるのは、女性を守る力があるからです。

あと、頼りがいのある男性はモテますが、それは女性を守ることができるからですね。

 

これは、過去何千年もの間、男性が女性を守ってきたから、そのことが女性の深層心理に残っている、と言われています。

獣から守ったり、敵から守ったりするのは、男性の役割だったんですが、それがいまでも残っているから、という事なんです。

 

それで、今の世の中、お金で自分を守ることができますよね。

逆に、お金がないと、自分の生活を守ることが難しいですよね。

という事は、今の世の中は、お金持ちの男性は女性を守ることができる、という事になります。

だから、女性はお金持ちという理由だけで男性に惚れることがあるんです。

ですから、キャバ嬢も普通の女性ですから、お金持ちという理由だけで男性に惚れることがある、という事になりますよ。

 

キャバ嬢はお金を使えば口説き落とすことができる?

 

では、お金を使えば使うほど、キャバ嬢を落としやすくなるのでしょうか?

実は、これはNOです。

 

「え~!金持ちの男性に惚れるキャバ嬢が、お金を使っても落としやすくならないってどういうこと?」
と、あなたは思いませんでしたか?

 

これは、キャバ嬢特有の心理を理解できると、分かる事なんです。

 

キャバ嬢は、指名客の売上が高ければ高いほど、給料が高くなります。

では、お金持ちのお客様に口説き落とされたらどうなるのでしょうか?

お客様は、口説き落としたらお店に来なくなりますよね。

お店に行かなくてもプライベートで会えるのであれば、行く必要がなくなりますので、行かなくなるんです。

そうすると、指名客の売上が下がりますよね。

という事は、給料が下がるという事になるんです。

 

口説き落とされた方が自分に入ってくるお金が多いのか、それとも、口説き落とされないほうが自分に入ってくるお金が多いのか?

普通に考えたら口説き落とされずにお店に通ってもらって指名してもらう方が自分に入ってくるお金が多くなりますよね。

愛人契約してお金をたくさんもらえるのであれば、話は別なんでしょうが、そうでもない限りは口説き落とされないほうが自分に入ってくるお金が多くなるわけです。

お金持ちに惚れる理由は、お金が自分を守ってくれるからです。

という事は、女性はお金が自分に入ってくるのが多い方を選びますよね。

ですから、お金をたくさん使うお客様にお店に通い続けてもらうことを考えますので、口説き落とされないように頑張るんです。

ですから、キャバクラでお金をたくさん使えば使うほど、基本的にはキャバ嬢を口説きにくくなるんです

 

キャバ嬢は、お金をたくさん使うと、店外デートしてくれたり、寝たりしてくれやすくなります。

それは、そのお客様に惚れたわけではなくて、売上をさらに伸ばすためです。

ですから、それでは口説き落としたことにはならないですよね。

 

では、キャバ嬢を口説き落とすにはどうしたらいいのでしょうか?

キャバ嬢を口説く方法は別のページで紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

 人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術

 


 

kyaba

女性に嫌われる男性の1つの共通点!コレだけで女性に嫌われない!?

 

「なぜか女性に嫌われることが多いんだけど、なんとかならないかなぁ?」
と、あなたは悩んでいませんか?

男性にはそれほど嫌われていないのに、なぜか女性には嫌われる、という人は多いですよね。

a1640_000396

 

僕は今まで女性には嫌われる男性を何人も見てきましたが、その男性にはある1つの共通点があるんです。

女性に嫌われる男性は全員持っている、と言い切ってもいいくらいです。

逆に言えば、そのことさえ気を付けていれば、多くの女性に嫌われることはありません。

 

ただ、女性全員から好かれることは、恐らくどれだけモテる男性でも不可能でしょう。

多くの女性から好かれている男性でも、どうしても一部の女性からは嫌われてしまうものです。

男同士で話をしていても、ものすごくモテる女性に対して、「僕はちょっと嫌いだな!」という人が1人や2人くらいいることって珍しいことではありませんよね。

それは、女性も同じで、多くの女性から好かれている男性でも、「私はちょっと…」という女性が1人や2人はいるものです。

 

ですから、女性全員から好かれるのは無理だとしても、たった1つのことだけに気を付けていれば、多くの女性から嫌われることはないんです。

 

では、女性に嫌われる男性の1つの共通点とは何なのでしょうか?

 

女性に嫌われる男性の1つの共通点とは?

 

女性に嫌われる男性の1つの共通点は、自分のことをアピールし続ける人です。

 

女性に気に入られたい、と思っているんでしょうが、ずっと自慢話、武勇伝をしている人がいますよね。

仕事ができるところ、人脈、車、ブランド品などなど、とにかく自慢しまくる人がいますよね。

それで、できた女性は「すっご~い!」なんて、心にもないことを言ってくれるものだから、よけい調子に乗って自慢話を続けてしまいますよね。

そうすると、ますます女性に嫌われてしまいます。

 

自慢話、武勇伝をし続ければ嫌われる、というのは、冷静になって考えれば分かりやすいと思うんですが、そういったことに限らず、自己アピールする人は多いです。

 

女性は共通点のある男性に親近感を覚える、と言われていますよね。

それで、少しでも共通点があると、そこをアピールし続ける人もいますよね。

 

また、趣味をアピールし続ける人もいますよね。

趣味は、好きなことを話しているのでついつい長々話してしまうんですが、それでも話を聞いている側から考えれば、趣味をアピールしている、と感じてしまいますよね。

それで、共通の趣味について女性と話をしている時でも、会話のキャッチボールができていれば女性に気に入られますが、一方的に話し続けてしまうと女性に嫌われます。

 

また、自分の知識をアピールしたり、グルメなところをアピールしたり、アピール好きな人は結構多いです。

 

それで、テレビでグルメに詳しい某タレントが、「ウザい!」といじられているのを時々見かけます。

そのようにいじって笑いを取れるのは、本当にウザいからです。

テレビ番組なので、ウザいところを笑いに変えることができるんです。

でも、実際に知り合いにグルメについてのうんちくを話されると、本当にウザいです。

ですから、女性にグルメのことをアピールするかのようにうんちくを話し続けると、「ウザい!」と思われて嫌われますよ。

 

ちなみに、何人かのキャバ嬢に、「どんなタイプのお客様が嫌い?」と聞いたことがあるんです。

そうすると、全員が「自慢話をする人」と答えたんです。

「(胸などを)触ってくる人も嫌だけど、それ以上に自慢話をされる方が嫌だ!」
なんて言っていたキャバ嬢も何人かいたんですよ。

まあ、キャバ嬢は触られることにある程度は慣れている、という事もあると思いますけどね。

ただ、それくらい自慢話は嫌われる、ということです。

ちなみに、僕が口説き落としたキャバ嬢から聞いた話なので、営業トークではなく、本音だと思います。

 

僕は以前、「自己中はモテない!」と話をしたことがあります。

それでも、度を超えた自己中でなければ、それほど嫌わることもないです。

自己中はモテないのは確かなことなんですけどね。

 

それ以上に、自己アピールをし続ける人は、確実に嫌われます。

 

僕の知り合いで、40代の男性で、彼女いない歴=年齢の人が2人います。

その2人が彼女ができない最大の原因は自己中です。

それで面白いのが、1人は女性から嫌われているのに、もう1人は少なくとも嫌われてはいないです。

その大きな違いは、自己アピールです。

自分がどれだけ仕事ができ、どれだけ人脈が広く、そして、どれだけ女性にモテるのか、ウソをついてまでアピールする男性は、めちゃくちゃ嫌われています。

そレに対して、本人は自己アピールしているつもりだけど、あまりにもくだらないことをアピールしていて、聞いているほうはとてもアピールしているとは思えない、そういったことを話し続けている男性は、嫌われてはいないんです。

つまり、自己アピールしていないと思わていないから、それほど嫌われてはいない、という事です。

 

自慢話や武勇伝は言うまでもありませんが、その他のこともアピールし続ける人は嫌われます。

自分のことをアピールするのをやめただけで彼女ができた人もいます。

ですから、女性に嫌われないようにするには、自己アピールを直ちにやめるべきですよ。