女友達 をホテルに誘った方法~実際に成功した方法を公開!

女友達 ホテルに誘う について

 

「女友達をホテルに誘うにはどうしたらいいんだろう?」
と、あなたは考えたことがありませんか?

仲の良い女友達とは、2人で遊びに行ったりすることがあっても、ホテルに誘う事ができない、そんなっことってありますよね。

でも、できることならホテルに誘ってみたい、そう思っている人って多いですよね。

 

女友達を彼女にする方法は別もページで紹介しました。

参考記事:女友達を彼女にする方法・会話術~幼馴染も彼女にできる!

こちらで紹介した方法で、友達関係を維持しながらもホテルに誘う事もできます。

 

ただ、僕は先日、もっと簡単な方法で女友達をホテルに誘う事ができました。

その女友達とは3年間、一緒に楽しく飲んでいるだけで、それ以上の関係にはなりませんでした。

その女性と一緒に飲んでいるときは記憶がなくなるまで飲んでいることが多いです。

気を遣わず好きに飲むことができる、そんな飲み仲間が1人や2人いてもいいかな、なんて思っていたので、友達関係を続けていたんです。

ただ、その女性と話をしているときは、僕は言いたい放題言っていたので、ここまで来たら落とすことができないだろう、と思っていました。

冗談半分で、
「たまにはやらせろよ!」
なんて言っていましたが、特に何もありませんでした。

そんなことを言ってやらせてくれる女性はまずいないですけどね。

 

しかし、そんな女性を先日ホテルに誘う事ができたんです。

 

そこで、僕が実際にその女友達をホテルに誘う事ができた方法を紹介します。

 

女友達をホテルに誘った具体的方法~実際に成功した方法とは?

 

僕は女友達といつも通り飲んでいました。

誰でも知っているような、リーズナブルなチェーン店の居酒屋です。

席は普通に向かい合って座る、あまりデートにはふさわしくない席でした。

 

それで、途中から映画の話をしていました。

これは、ホテルに誘うことを狙っていたわけではなく、たまたまそんな流れになったんですけどね。

それで、その女友達は、
「私、それ観たことない!今度DVD借りて観てみるね!」
と言いました。

その時僕は、
「ねえ、今から一緒に観ない?」
と誘いました。

その時に、ホテルに行けばDVDを観ることができるから、今から一緒に行って観よう、という話をしました。

そうしたら、その女友達は、
「え~!2人でホテルに行くの!?私達そんな関係じゃないでしょ!」
と言いました。

それで僕は、
「別に変なことしないという事ぐらい○○ちゃん(女友達の名前)も分かってるでしょ!
今からビールの見ながらDVD観たいな、と思っただけだって!」
と言いました。

そうしたら、その女友達は、
「本当にDVD観るだけだよ!」
と言いました。

 

それから、コンビニでビールをつまみを買い、ホテルに入ってビールを飲みながらDVDを観ていました。

そして、それから女友達に多少は抵抗されながらもHすることができましたよ!

 

女友達をホテルに誘う事ができたポイント

 

では、僕がなぜ女友達をホテルに誘うのに成功したのか、ポイントを紹介します。

 

ここでのポイントは、
・ホテルに誘う口実があった(DVDを観る)
・H目的ではないというきちんとした裏付けがある(変なことをしない関係を強調)
の2つです。

 

まず、ホテルに誘うには、Hをするという事以外の口実があったほうがOKしてくれる可能性がかなり高くなります。

どんなにつじつまが合っていなくても、理由があるだけでOKしてくれやすくなる、という事が心理学で明らかになっています。

それが、きちんと筋の通っている理由であれば、OKしてくれる可能性はさらに高くなります。

 

そして、Hしないという明確な理由がある場合、この場合は「変なことしないってわかっているでしょ!」の一言ですが、こう言うことで「ひょっとして私の考えすぎかな?」なんて思ってしまい、一生懸命断っている自分がなんだかバカみたいに思えてくる、ということなんです。

そういった話を何人かの女性に聞きましたので、OKしてくれる女性はそのように思っているのでしょう。

友達同士の男女が一緒に泊まっても何もなかった、なんていう話は特に珍しくはありません(実際にはHしたとしても、『何もなかった』と言うことが多いですよね)。

ですから、友達同士ならそのように思わせることができるんです。

ただし、本当にHしないだろう、と確信しているわけではなく、ある程度は覚悟をしているんですけどね。

 

ですから、女友達でも口実さえあればホテルに誘う事はできますよ。

 

僕は時々、
「たまにはやらせろよ!」
なんて言っていましたが、こんなことを言っていたら、女性をホテルに誘うのにはかなり不利です。

ホテルに誘う事に対して女性は警戒心をますます強くするだけです。

それにもかかわらず、女友達をホテルに誘う事ができましたよ。

 

ちなみにその後女友達とは、一緒に飲んだ後は毎回ホテルに行くようになってしまいました。

酔いつぶれてしまって何もしない時はあるんですが、それでもホテルに行くようになってしまいましたよ。

ただ、お互い付き合っているという意識はないですね。

今までと同様、仲良く飲む友達だけど、それにプラスホテルに行くようにもなった、という感じですね。

 

女友達を彼女にする方法は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「女友達を彼女にする方法・会話術~幼馴染も彼女にできる!」へ

「ドア・イン・ザ・フェイス」と「フット・イン・ザ・ドア」は恋愛では使うな!

ドア・イン・ザ・フェイス フット・イン・ザ・ドア 恋愛 について

 

恋愛心理テクニックについては、いろいろなことが紹介されていますよね。

それで、このブログでもいくつかの恋愛心理テクニックを紹介してきました。

ただ、恋愛心理テクニックは副作用を伴う事が多いので、その副作用についても紹介しました。

恋愛心理テクニックは使い方次第では女性を口説き落とすのに非常に有効ですが、頼りすぎるのは良くない、というのがこのブログで言って来た結論になるんですけどね。

 

さて、いろいろな恋愛心理テクニックがある中で、非常に有効だという事でいろいろなところで紹介されているのが「ドア・イン・ザ・フェイス」と「フット・イン・ザ・ドア」です。

たしかに紹介されている通り、この2つの心理テクニックはかなりの効果があります。

しかし、このテクニックを使うと、女性を落とすことができなくなる可能性が高いんです。

a1640_000404

 

では、なぜ非常に効果的なテクニックにもかかわらず女性を落とすことができなくなるのでしょうか?

 

「ドア・イン・ザ・フェイス」と「フット・イン・ザ・ドア」とは?

 

まず、「ドア・イン・ザ・フェイス」と「フット・イン・ザ・ドア」とはどういったものなのかを紹介します。

2つとも無理な要求を受け入れてもらうときに非常に有効な心理テクニックです。

 

「ドア・イン・ザ・フェイス」とは、初めに断られることを前提に大きな要求をして、その後要求を小さくしていくと要求を受け入れてくれやすくなる、というものです。

例えば、知人にお金を借りようと思った時に、本当は1万円借りたいんだけど、それが非常に難しいというときです。

まずはわざと高く「10万円貸してほしい」とお願いします。

そうすると断られますよね。

ここから「なら、7万円」「それがだめなら5万円」と金額を下げていくと、最終的には1万円なら貸してくれやすくなります。

 

人間は他の人からの要求を断り続けると、「なんだか悪いなぁ~」という気持ちが起こります。

そういう気持ちが起こっているときに要求を下げられると、「それくらいならまあいいか!」と思ってしまいます。

だから、要求を受け入れてもらいやすくなります。

 

「フット・イン・ザ・ドア」とは、初めに小さな要求をしていき、徐々に大きくしていって無理な要求を受け入れてくれやすくなる、というものです。

例えば、先輩と食事をしているときに、折半すると約束したとします。

それで、食事の最中に、
「あ、ごめんなさい!手持ちが足りないので3分の2出してもらえないですか?」
とお願いします。

その要求を呑んでくれたら、さらに、
「そういえば、この後電気代を払わないといけないんだ!食事代全額出してもらえないですか!」
と、要求を大きくします。

そうすると、OKしてもらいやすくなります。

初めに3分の2出してもらって、そこから全額出してもらいというように段階を踏んで要求を大きくしていくと、要求を受け入れてもらいやすくなります。

 

人間は矛盾したことを本能的に嫌います。

それで、初めに要求を受け入れたのに、次の要求を受け入れないという矛盾したことを本能的に嫌っているのです。

だから、1度要求を受け入れてもらえると、次々と要求を受け入れてもらえるようになるのです。

 

「ドア・イン・ザ・フェイス」と「フット・イン・ザ・ドア」は、正反対のような心理テクニックになりますね。

それでどちらがより効果が高いのか、という事はありません。

状況、場面に応じてどちらがより要求を受け入れてくれやすくなるのかが変わります。

 

恋愛で「ドア・イン・ザ・フェイス」と「フット・イン・ザ・ドア」を使う大きな落とし穴!

 

「ドア・イン・ザ・フェイス」と「フット・イン・ザ・ドア」は、恋愛である特定の場面だけには非常に高い効果を発揮しています。

それは、女性をホテルに誘う時です。

女性をホテルに誘おうとした時に、断られたら
「変なことしないから!」
「休むだけだから!」
「カラオケするだけだから!」
なんて言えば
「しょうがないなぁ~!」
なんて女性は言いながらもホテルに連れ込みやすくなります。

ホテルに誘うという事は「Hしたい!」と言っているようなものですよね。

それで、初めは「Hさせて欲しい!」という高い要求から「ホテルに入るだけ!」と要求を下げていますよね。

「ドア・イン・ザ・フェイス」を使ったテクニックですね。

だから、要求を受け入れてくれやすくなるんです。

ですから、いきなり「いつも皆で行くカラオケ屋よりも雰囲気の良いカラオケ屋があるよ!」なんて言ってホテルに誘うよりも、初めは「ホテルに行こう!」と誘って断られてから「カラオケするだけ!」と要求を下げたほうがOKしてもらいやすくなります。

 

そしてホテルに入ってからは、連れ込んだ理由が何であれ、まずHすることができます。

これは、「とりあえずホテルに入る」という要求を受け入れてもらったので、「Hをする」という高い要求を受け入れてもらいやすくなったからです。

「フット・イン・ザ・ドア」のテクニックですよね。

 

女性をホテルに誘う方法はこれが王道だと思いますが、実は「ドア・イン・ザ・フェイス」と「フット・イン・ザ・ドア」のテクニックを駆使した、心理学的にも理にかなった方法という事になります。

 

この2つのテクニックは、特にデートに誘う時に使う事ができます。

 

例えば、食事に誘うのが難しそうな女性を誘う場合、「ドア・イン・ザ・フェイス」のテクニックを使うと、

まず、付き合う前の女性に朝から晩までデートしようと誘ってみます。

食事すら難しいわけですから、1日中デートという事になるとまず断られますよね。

恐らく「ちょっと忙しくて…」なんて断られるのではないでしょうか?

そうしたら、「じゃあ、昼からでも!」「せめて夕方に食事だけでも!」と要求を下げていくと、女性は「じゃあ、食事だけなら!」とOKしてくれやすくなります。

 

食事はOKしてくれそうだけど、朝からデートに誘うのが難しそうな場合、「フット・イン・ザ・ドア」のテクニックを使うと、

まず、食事に誘うのにOKしてもらいます。

そして、ついでに買い物したいと言ってOKしてもらいます。

近くに映画館があって、今注目の映画が上映中だから観よう、といってOKしてもらいます。

さらに、ボーリング場が近いからボーリングもしよう、と誘ってOKしてもらいます。

これで、1日中デートをOKしてもらいやすくなります。

 

では、このようにしてデートに誘ってOKしてもらったらどうなるのか、想像つきますか?

 

まず、ドタキャンされる可能性が高くなります

このようなテクニックで女性がデートの誘いにOKした場合、女性は「デートしたくないんだけど断れなかった!」と思っています。

できれば断りたいんです。

それならドタキャンしよう、と思うのは当然ですよね。

 

また、ドタキャンされることなくデートできたとします。

その場合、女性は次のデートの誘いに対しては警戒心がものすごく高くなります

断りにくい状況でも、何とか頑張って断ろうとします。

同じようなテクニックを使ってもOKしてもらえなくなります。

ですから、次のデートに誘う事が非常に難しくなります。

 

「デートで女性に好意を持ってもらえればいいのでは?」と思う人がいるかもしれません。

しかし、初デートに誘うのはハードルが低いです。

・一緒にいてつまらない(会話など)
・不快感を感じる(身だしなみや食事マナーなど)
・危険な目に遭いそう(ホテルに連れ込まれそう)
の3つのことを思っていなければ、女性は初デートの誘いにOKしてくれやすいです。

それにもかかわらず、女性がOKしてくれないという事は、デートする前から「つまらない」or「不快感を感じる」or「危険な目に遭いそう」と思わせているんです。

デート前にそのように思われているのに、デートでその気持ちを挽回することができるのかといえば、これはかなり難しいです。

デートでそんなことができるのなら、デート前に「つまらない」or「不快感を感じる」or「危険な目に遭いそう」と思わせないことなんて簡単にできます。

それができないという事は、デートで女性に好意を持ってもらうのはますます難しい、という事になります。

 

という事は、デートを誘う時に「ドア・イン・ザ・フェイス」や「フット・イン・ザ・ドア」を使ってしまったら、ますます女性に嫌われる、と考えてもいいです。

 

そういったテクニックを使う前に、女性に「2人で食事くらいはしてもいいかな?」くらいは思わせる必要がありますよ。

 

ただし、ホテル(or自宅)に誘う時だけは別です。

女性はHした男性に対しては恋心を抱きやすくなります。

脅すなどして恐怖を与えてHした場合は恋愛感情を持ってくれません。

また、Hの後にあまりにも態度が横柄になったら、一瞬で恋愛感情はなくなります。

そういった例外はありますが、基本的に女性はその気はなかった男性とHしたとしても、恋愛感情を持ってしまうのです。

ですから、Hに持ち込むときだけはテクニックを駆使しても大丈夫です。

 

それ以外では、多少の恋愛テクニックは必要になります。

ある女性が「気になっていた男性から食事に誘われたけど、思わず断っちゃった!」なんて言っていましたけど、意に反して思わずデートの誘いを断ってしまうことがあります。

ですから、女性が「YES」と言いやすくするためのテクニックはある程度は必要です。

しかし、女性の意に反して「YES」を言わせるようなテクニックに頼ってしまうと、ますます女性を落とすことができなくなりますよ。

 

付き合う前の女性と仲良くなる会話は別のページで紹介しました。

まずは仲良くなって、2人でいても会話が弾まなくてつまらない思いはしないだろう、と思わせる必要があります。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!」へ

付き合う前の女性との初デートでプラネタリウムは避けるべき理由!

付き合う前 初デート プラネタリウム について

 

プラネタリウムはデートスポットの一つとして定番ですよね。

それで、付き合う前の女性との初デートでプラネタリウムに行こう、と考えたことはないでしょうか?

 

しかし、付き合う前の女性との初デートで、プラネタリウムは避けたほうがいいです。

 

では、なぜプラネタリウムは避けたほうがいいのでしょうか?

a0002_011241

 

付き合う前の女性との初デートでプラネタリウムを避けたほうがいいワケ!

 

女性とプラネタリウムに行けば、暗いところでその女性と長時間過ごすことになりますよね。

しかも、ほとんど話をすることがないですよね。

今まで2人で出かけたことがないのに、いきなり暗い静かなところで長時間過ごしたら、気まずい思いをすることが多いです。

 

映画も初デートではおススメできませんが、映画はストーリーに集中できるので、まだ気まずい思いをすることが少なくなります。

それに比べると、プラネタリウムは夜空を見ることに集中できませんので、気まずい思いをすることが多いです。

 

女性と2人で夜景のきれいなレストランに行ったところを想像してください。

静かに夜景を見ているだけで、あまり会話しない状態って想像することができますか?

夜景がきれいだとしても、静かに見ているだけだとしたらかなり気まずくなってしまうのは想像できるのではないでしょうか?

 

プラネタリウムは解説が入ったり夜空が次々と変わっていったりする事もあって、そこまで気まずくはならないですが、似たところはあります。

ですから、付き合う前の女性との初デートでプラネタリウムは避けたほうがいいのです。

 

付き合う前の女性とのデートでプラネタリウムに行くタイミング

 

付き合う前の女性との初デートでプラネタリウムは避けたほうがいいですが、プラネタリウムは女性を口説き落とすのにかなり使えます。

プラネタリウムのムードは女性を口説き落とすのにかなり適しています。

 

ただし、プラネタリウムに行くタイミングが大切です。

プラネタリウムは女性に恋愛感情を持たせるにはかなり有効ですが、女性との距離を縮めるのには適していません。

距離が縮まっていない女性に恋愛感情を持ってもらうのは、裏ワザでも使わない限り無理です。

ちなみにプラネタリウムでは裏ワザを使う事ができません。

 

女性に恋愛感情を持ってもらうには、まずはLikeの気持ちを持ってもらう必要があります。

それには一緒にいて楽しいと思ってもらう必要があります。

一緒にいて楽しい人、Likeの気持ちを持った人とムードの良いところで時間を過ごすことで、恋心を抱くようになるのです。

 

ですから、女性がLikeの気持ちを持った時点でデートでプラネタリウムに行くと、女性を落としやすくなります

 

女性にLikeの気持ちを持ってもらうには、まずは食事が無難です。

食事をしながら楽しく会話ができれば、「一緒にいて楽しい!」と思ってくれるようになります。

そう思ってもらってからプラネタリウムに誘うといいですよ。

 

女性がLikeの気持ちを持ったかどうかは、会話の内容から判断するのが一番分かりやすいです。

女性が熱中していること(趣味など)を話したり、あるいは悩みを打ち明けたり、プライベートのことを話したりするようになったら、Likeの気持ちを持っていると判断していいです。

熱中していることや悩みやプライベートのことは親しい人にしか話をしませんよね。

また、親しくない人に趣味の話をするときは、当たり障りのない誰もが興味を持ちそうなことを話していることが多いです。

それに対して、親しい人には本当に熱中していることを話すようになります。

 

例えば、ふなっしーが好きな女性がいるとします。

それで、あまり親しくない人には「ふなっしーが好き!」という程度しか話をしない思います。

ふなっしーグッズで部屋を埋め尽くしていようとも、追っかけをしているとしても、親しくない人にはそういう話をしないことが多いです。

ただ、親しい人にはそういう話をするようになりますよね。

 

ふなっしーが好きだという女性と話をしていて、横からその女性の知り合いが、
「この人、ふなっしーグッズを集めまくっていて、そして追っかけまでしているのよ!」
と言ってきたとします。

そうしたら、その女性は
「もう、よけいなこと言わないでよ!恥ずかしいでしょ!」
なんて言い返しているところを想像できるのではないでしょうか?

 

このやり取りから、親しい人(この例では横から話してきた知り合い)にはふなっしーに熱中していることは話すことができるけど、親しくない人には当たり障りのない程度にしか話をしない、というのがわかるのではないでしょうか。

 

テレビで某女性弁護士がふなっしーに夢中になっていることが放送されていましたが、それは仕事だからです。

赤の他人に自宅や部屋の中を見られるのはイヤだと思うのですが、普通ならイヤなことをするのが有名人の仕事です。

ですから、普通なら赤の他人に話さないような熱中していることを話すのがテレビで有名な人の仕事です。

 

それで、○○○○というアーティストが好きで、いつもそのアーティストの音楽は聞いているし、ライブはよく行くし、カラオケでもよく歌う、というのは当たり障りのないレベルの話になります。

それに対して、部屋をそのアーティストのグッズで埋め尽くされていたり、全国ツアーをした時はすべての会場に行っていたりしている、という、普通では考えられないレベルの話が出てきたら、熱中していることを話していることになります。

そこまで話をするようになったらLikeの気持ちを持ったことになりますよ。

 

あとの、悩みやプライベートに関することはLikeの気持ちを持った人でないと話ができない、というのはわかりますよね。

 

さて、女性にLikeの気持ちを持ってもらうためのデート中の会話については別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「付き合う前の女性とデート中の会話~沈黙して気まずい雰囲気を避けるには?」へ

 


 

main_ttl3

初対面で女性から話しかけられやすい男になるには?

初対面 話しかけられやすい男 について

 

「女性に話しかけるのが苦手なので、女性から話しかけられるようになったらいいなぁ!」
と、あなたは思ったことはありませんか?

人見知りだったり、初対面の女性に何を話したらいいのかわからないと、「女性から話しかけて欲しい!」と思いますよね。

実際に初対面の女性によく話しかけられる男性っていますけど、そういう人を見ていると「自分もそうなりたいなぁ!」なんて思ってしまいますよね。

 

そこで、ここでは初対面の女性から話しかけやすくなるためのポイントを紹介します。

a0777_000011

 

初対面の女性から話しかけられやすい男の特徴

 

初対面の女性から話しかけられやすい男の特徴は以下の通りです。

 

 清潔感がある

初対面の女性から話しかけられるようにするには、第一印象が非常に大切です。

第一印象をよくするには、清潔感のある身だしなみを心がける必要があります

清潔感のない人に話しかけたくないと思う気持ちはわかると思います。

また、清潔感がない人から話しかけられたらイヤな気持ちになる、というのもわかるのではないでしょうか?

ですから、清潔感のある身だしなみはかなり重要になります。

 

 笑顔

暗そうな人、無愛想な人などには話しかけにくいけど、笑顔の人には話しかけやすい、という気持ちも分かると思います。

初対面の女性に話しかけられやすくするには、笑顔がかなり重要です。

ふだんから自然にさわやかな笑顔を出すことができるように、鏡の前で練習するといいですよ。

ニタニタしている人には話しかけにくいけど、ニコニコしている人には話しかけやすいですよね。

ニコニコの笑顔を作ることができるように練習すべきです。

ちなみに、女性に話しかけられやすい、という事だけを考えると、イケメンよりもさわやかな笑顔のほうが有利です。

美人には話しかけにくい、と思っている男性は多いですが、それは女性も同じで、イケメンには話しかけにくいと思っている女性は多いです。

それで仲良くなって距離を縮めることができると、イケメンに勝つことができますよね。

 

 エラそうな態度をしない、見下さない

エラそうな態度をしていたり、人を見下すような態度を取っていたら、話しかけにくいですよね。

そういう態度は絶対にとってはいけません。

笑顔でいればそういう態度には見えないことが多いですが、ポケットに手を突っ込まない、ふんぞり返って座らない、など、エラそうにしていると見られないようにすることが大切です。

 

 カッコつけない

カッコつけて気取っている人よりも、自然体のほうが話しかけやすいですよね。

ですから、下手にカッコつけないほうが女性は話しかけやすくなります。

自然体でいることが大切ですよ。

 

 

 「話しかけるな」というオーラを出さない

合コンやパーティーなどで、「話しかけるな!」というオーラを出している人を見かけますが、そういうオーラを出している人には話しかけにくいですよね。

話しかけやすいオーラを出すようにする必要があります。

といっても、それが難しいですよね。

このことに関してはこの下で詳しく紹介します。

 

初対面の女性に話しかけられやすい男になるには?

 

初対面の女性に話しかけられやすくなるには、上の5つのポイントを押さえておく必要があります。

特に「清潔感」と「笑顔」は最低限必要になります。

清潔感がなく、笑顔もない人から話しかけられると、不快感を感じてその場から逃げ出しくなると思います。

それで、そういう男性のことを女性が「話しかけやすい!」と思う事はまさかないでしょう。

 

さて、問題は「オーラ」ですね。

「話しかけないで」オーラは自然と出てしまうと思うので、それを出すなと言われても難しいと思ってしまいますよね。

ただ、オーラは内面がそのまま出ていることが多いです。

そして、人の内面は行動によって大きく影響をします。

 

例えば、楽しくワイワイしているときに悲しいオーラを出そうと思っても無理ですよね。

また、悲しい時に無理して楽しそうにしていれば、悲しい気持ちを忘れ、自然と楽しいという気持ちになりますよね。

そういう気持ちになったら、楽しいオーラが自然と出ます。

 

それで、女性に話しかけられやすくなるには、話しかけられやすい行動を起こすのが早いです。

 

そのためには、話しかけやすい状態の女性(オーラは関係ない)を見つけ、そしてこちらから話しかけるようにしていくといいです。

女性が無理なら男性でもいいです。

そうすると、自然と話しかけやすいオーラが出るようになります。

 

そこで、異業種交流パーティーやオフ会など大人数が集まったところで人に話しかけるポイントを紹介します。

それらで女性に話しかけるポイントが理解できると、他の場でも応用可能です。

 

まずは、交流会などに参加する前に、初めにどういう事を話しかけるのかを考えておきます。

定期的に開かれているオフ会なら、
「このオフ会にはよく参加するんですか?」
「毎回楽しいですか?」
「他のオフ会に参加したことありますか?」
という感じに話を決めておきます。

異業種交流パーティーなら、名刺交換をするのが普通ですから、そこから仕事の話や職場のある場所の話などをすることができますよね。

 

ちなみに僕は女性が飲んでいるものをネタに話をすることが多いです。

女性はカクテル、ワイン、酎ハイ、サワーなどを飲んでいることが多いので、「何を飲んでいるんですか?」と声をかけて話を広げていくことが多いですね。

 

そして、交流会などに参加したら、まずは誰とも話をしていない女性を探します。

50人以上参加している交流会なら、探せば1人や2人はいることが少なくはないです。

この時に「話しかけるなオーラ」が出ていたとしても、話しかければある程度は反応はしてくれます。

「話しかけるな」オーラが出ている女性でも、誰かと話をしたいという気持ちがあるから交流会に参加しているわけです。

しかし、上手く誰とも話をすることができなくて、「私は人と話すのが苦手だから…」と悲観的な気持ちになってしまっているだけです。

そうなると、知らないうちに「話しかけるな」オーラが出てしまいます。

でも、そういう女性に話しかけると、急に態度をかえてよく話すことが多いです。

ですから、話しかけにくいオーラが出ていたとしても、話しかけてみるといいですよ。

 

誰とも話しかけていない女性がいなかったら、今度は5~6人のグループで話をしている輪に入ります。

ただ「ここいいですか?」と言えば、普通に輪に入れてくれることが多いです。

それで、5~6人の輪ができていたら、話の中心(盛り上げ役っぽい人)になっている人がいることが多いです。

その人とは一番遠い所に入るといいです。

輪になっていたら、ちょうど対面になりますよね。

それで、5~6人の輪ができていると、話の中心になっている人から遠い人は、話を聞いていることが多いです。

人は他人の話を聞くよりも、自分が話したいと思っています。

それで、そこで話題になっていることをもとに、近くの女性に話しかけます。

そうすると、待ってましたとばかりに話をしてくる女性が多いです。

それで、自分を含めた2~3人で輪ができて話が盛り上がっていくことが多いです。

話の中心になっている人がいそうにない時、あるいは誰だかわからない時は、どこでもいいのでその輪に入っていけば、普通に話をすることのできることが多いですよ。

 

ちなみに、1人の女性に何人もの男性が集まっている場合は、その輪に入らないほうがいいです。

男性は女性に話しかけるのに一生懸命なので、輪に入ることができても相手にしてくれなう事が多いです。

 

あと、2~4人の輪に入ると、話についていけなくなることがあります。

2~4人だと全員が言いたいことを言える状態になりやすいです。

そんなところに入っていっても、話をすることができないですよね。

しかし、5~6人の輪なら、言いたいことを言えていない人が2~3人いることがほとんどです。

そういう人に話しかけると、その輪の話の流れを無視して話し始めることが多いですよ。

 

そのようにしていくと、自然と「話しかけにくい」オーラが消えます。

その状態で輪から外れて休憩しているフリをしていると、女性から話しかけてくれることが多くなります。

 

この方法は、合コンや飲み会でも応用可能ですよね。

合コンや飲み会は盛り上げ役がいることが多いですが、盛り上げ役以外は言いたいことを言えない状態になっていることが多いです。

それで、楽しそうにふるまっているけどあまり話をしていない人に話をふると、待ってましたとばかりに話をしてくれることが多いです。

そうなってから狙っている女性に近づくと、話しかけてくれることが多いですよ。

 

話しかけるのが苦手だからといって、本当に誰とも話をしないと、ますます話しかけにくいオーラを出してしまいます。

そういう時は、勇気を出して話しかけやすい状態の人に話しかけるようにするべきです。

それがきっかけで、何人かの女性が話しかけてくれるようになりますよ。

 

 「初対面の女性との会話を盛り上げるポイントとは?」へ

街コンでカップル成立しない!その根本理由とカップル成立するポイント!

街コン カップル成立しない 理由 について

 

「街コンに何回か参加しているけど、なかなか彼女ができない!」
と、あなたは悩んだことがありませんか?

特に社会人になると出会いが全然ない、と悩んでいる人はかなり多いですよね。

職場に女性がおらず、合コンの誘いもなければ、女性との出会いがゼロだ、ということになってしまうと思います。

それで、街コンに参加すれば女性と出会う事ができる、と考え参加したものの、なかなかカップル成立せず、結局彼女ができない、と悩む人は多いですよね。

 

そこで、ここでは街コンでカップル成立しない根本原因とカップル成立するためのポイントを紹介します。

a1180_011552

 

カップル成立のための基本

 

まず、カップル成立の基本、女性が男性に惚れる基本的なメカニズムから紹介します。

 

基本的に女性は頼りになる、自分のことを守ってくれると思った男性に惚れます

頼りがいのある男性に女性が惚れるのは実経験からもわかると思います。

あと、高収入の男性がモテますが、これは高収入だと生活を守ることができるからです。

女性は無意識のうちに結婚生活のことを考えます。

女性は本能的に子供を産み育てることを考えてしまうのですが、そのために本能的にどうしても結婚生活のことを考えてしまうのです。

それで、高収入だと結婚生活が安定しますよね。

これは生活を守るという事になりますので、女性は高収入の男性に惚れてしまうのです。

あと、余裕のある男性がモテる、なんて言われていますが、女性のことをきちんと受け止めることができる男性は女性を精神的に支えることになりますよね。

ですから、女性を守っていることになるのでモテるんです。

 

それで、女性に頼りになる、守ってくれる、と思ってもらうには、まずは仲良くならないといけません。

見た目が頼りになりそうだったり、あるいは高収入だったりすれば女性を惚れさせる条件の一つを兼ね備えていることになりますが、それだけで女性が惚れることはあまりないです。

よっぽどお金に対する執着心が強い女性だったり、あるいはかなりの面食いの女性であれば話は別ですが、そうでもない限り見た目や収入だけでは女性は惚れることはありません。

本当に頼りになったり守ってくれたりしてくれるのか、あるいは危害を加えることはないのか、女性は見極めようとします。

それで、女性に頼りになる、守ってもらえると思ってもらうには、親しく話ができる関係になる必要があります。

親しくない、という事は、女性が警戒心を持っているということです。

女性が初対面の男性に対して警戒心を持つのはわかると思います。

顔は知っているし世間話くらいはするけど、それ以上親しく話をしない、という関係であれば、心の内をさらけ出すことができない、という警戒心を持っている状態です。

それで、女性が頼りになるかどうかは、女性の弱いところを支えたり守ったりすることができるかどうかです。

女性は一人で家にいる時に「さみしい」と感じているとします。

そのさみしさを解消してくれる男性は、女性をさみしさから守ったことになりますよね。

だから、女性は男性に惚れるのです。

 

女性と親しくなることができなかったら、女性を支えたり守ったりすることができません。

女性が家にいる時にさみしさを感じさせない手段の一つがメールになりますが、基本的に親しくない男性からメールがきても警戒するだけでさみしさを感じなくなることはありませんよね。

それ以外のことでも親しくもない男性から弱いところを守られたり支えられたりしても、警戒されるだけで逆に心は離れていってしまいます。

ですから、まずは女性と親しくなる必要があります。

親しくなって警戒心がなくなってから女性の弱いところを支えたり守ったりすると、女性は惚れてくれます

 

街コンでカップル成立しない根本理由

 

女性とカップル成立するには、まずは女性と親しくなる必要があります。

それで、男同士でもそうですが、親しくなる人には原則があります。

それは、同じ目標を持っていることです。

 

例えば、会社の同僚で仲良くなる人がいると思いますが、それは仕事を成し遂げるとか、仕事のストレスを解消するとか、そういった共通の目標があるから仲良くなるわけです。

仕事ができる人同士、あるいは仕事ができない人同士が仲良くなりやすいですが、それは目標が同じだからです。

仕事ができる人は、仕事を成し遂げようとする目標が同じですよね。

そして、同じようなストレスを抱えることになりますので、ストレス解消という目標も同じになります。

また、仕事ができない人の目標も同じです。

イヤな上司に対しての憂さ晴らしをする、評価されないみじめさをごまかす、という同じ目標を持つわけですね。

だから仲良くなるわけです。

サークルで同じ人と仲良くなったり、趣味が同じ人と仲良くなったり、あるいは同じ世代の子供を持つママ達が親しくなったりするのは、すべて同じ目標を持っているからです。

 

また、好きなアーティストが同じだと仲良くなりやすいですが、これも目標が同じだからです。

好きなアーティストのことをもっと知りたい、アーティストに対する同じ思いを共有したい、共感してほしい、という目標をそれぞれ持っていますので、仲良くなることができるわけです。

他人と共有する、他人に共感してほしい、という気持ちは人間の本能からくる気持ちですが、欲求を満たしたいという目標になります。

 

同じ目標を持っていないと、なかなか深い話をすることができないので、普通に考えると親しくなることは非常に難しいです。

同じ目標がないと上っ面だけの付き合いになってしまいがちですが、それでは警戒心を持ったままの付き合いになりますよね。

その状態では親しくなることができないです。

 

では、本題のなぜ街コンでカップル成立をしないのか、という話をしていきます。

 

街コンでカップルが成立しないのは、同じ目標を持っている女性と知り合う事ができず、親しくなることができないので、女性を惚れさせることができないからです。

 

周りの結婚をしている人を見るとわかると思いますが、学生の時から付き合っていた女性、職場で知り合った女性、趣味やサークルで知り合った女性と結婚した人が圧倒的に多いと思います。

それは、同じ目標を持っていたから親しくなることができたので、恋愛まで発展させることができたからです。

最近は婚活サイトなどでも結婚できている人が増えていますが、あらかじめプロフィールを公開していますので、気の合いそうな(同じ目標を持っていそうな)相手を探し出すことができているからだと考えられます。

 

しかし、街コンはプロフィールを公開しませんから、なかなか気の合う女性を見つけることができず、親しくなることができないので、カップル成立しない、という事になります。

 

街コンでカップル成立のためのポイント

 

ここまでの話で、街コンでカップル成立するには、同じ目標を持つ女性を探せばいいのでは、と思った人は多いのではないでしょうか?

それができればカップル成立の確率は高くなりますが、それは非現実的です。

とにかくたくさん街コンに参加すれば何とかなるかもしれませんが、それにしても非現実的すぎます。

 

ここでポイントになるのは、同じ目標を持つことではなくて、親しくなることです。

親しくなるから警戒心がなくなり、男性に支えたり守ってくれる行為を受け入れることができるようになるんです。

それで、通常であれば同じ目標を持っていない者同士が仲良くなることはなかなかありません。

うわべだけの会話ではなくて、心の内をさらけ出すことができるようにならないと親しさを感じることってなかなかできないです。

心の内を出すことができるのが、通常であれば同じ目標を持っている人という事になります。

 

ただし、同じ目標を持っていなくても、女性に親しさを感じてもらう事はできます。

女性が心の内を話すことができるようになればいいんです。

それには、女性に「この人なら心の内を話しても大丈夫だ!」と思ってもらう必要があります。

そう思ってもらうには「聞き上手」になる必要があります。

女性が「私の言う事を聞き入れてくれて共感してくれるのであれば、心の内を話しても分かってくれるだろう!」と思うようになるので、話をするようになるのです。

 

ただ、聞き上手になるのは思っているほど簡単ではありません。

「どんな話でも聞くから、思っていることを話していいよ!」と言ったところで、女性は話をするようにはなりません。

もちろん、女性が話をするのを待ってただ黙っているだけでも、女性は話をしてくれません。

ただし、コツさえつかめば聞き上手になることができます。

 

聞き上手になって女性にモテるようになる方法は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「聞き上手はモテる!~口説かなくても女性を落とすこともできる!」へ

彼女いない歴=年齢の合コン攻略法~恋話も怖くない!

彼女いない歴=年齢 合コン について

 

「彼女いない歴=年齢だけど合コンに参加して大丈夫かなぁ?」
と、あなたは不安に思ったことはありませんか?

合コンでの会話については別のページで紹介しました。

参考ページ:
「合コンで初対面の女性と盛り上がる会話とは?」へ
「合コンで女性に受け、盛り上がる会話のネタとは?」へ

 

それで、彼女いない歴=年齢の男性が合コンで一番困るのは「恋愛話」だと思います。

「正直に彼女いない歴=年齢と言ったら女性が引いてしまうかなぁ?」
なんて、悩んだことはありませんか?

そのように悩んでいる人が非常に多いですよね。

それで、合コンに参加するのに躊躇してしまうなんてこともありますよね。

 

そこで、ここでは彼女いない歴=年齢の男性が合コンに参加したときにどのように話をしたらいいのかを紹介します。

a0001_012890

 

彼女いない歴=年齢の合コン攻略法

 

僕が合コンに初めて参加する人にはいつも
「男友達と同じように女性と話をして、まずは合コンの雰囲気をつかんだほうがいい!」
アドバイスしています。

男友達と同じように女性と話をしても、落ちる女性はいます。

最低限、雰囲気を乱したり女性に嫌われることはあまりないです。

ですから、男性と会話するのと同じように話をしていけば無難に過ごすことができますので、合コンが嫌になることはないでしょう。

それで、まずは合コンの雰囲気をつかんだほうがいいです。

そのうえで女性を落とすテクニックを身に付けていけば、狙った女性を落とすことができるようになります。

いきなり今まで使ったことのないようなテクニックを使ってしまって、逆に女性がドン引きするなんてこともあります。

でも、そうなったら合コンが嫌になって「もう二度と参加したくない!」なんて思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、まずは無難に時間を過ごして雰囲気をつかんだほうがいいですよ。

 

ただ、彼女いない歴=年齢の男性が合コンで一番困るのが「恋話」だと思います。

合コンで「恋話」は定番ですよね。

そんな時、正直に彼女いない歴=年齢という事を言ってしまうと、女性は変な目で見ないだろうか?と考えてしまいませんか?

それで、架空の恋話を作って話をする人が多いですよね。

 

しかし、架空の恋話を作って話をしてもバレます

 

男同士で話をしていても、彼女いない歴=年齢なのに過去に彼女がいたことにして架空の恋話をする人がいますよね。

その人の話を聞いていて、「ちょっとおかしいなぁ?」と思う事ってありませんか?

架空の恋話を聞いていると、現実ありえないような話をする人が多いです。

男性向けの雑誌の恋愛談の読みすぎなのか、「そんなことまさか現実には起こらないだろう!」と思えることが多いです。

ましてや、女性は勘が鋭いです。

男性よりも嘘を見抜くのが上手です。

そして、細かいところまで突っ込んで聞いてくる女性が多いです。

ですから、想定していなかった事を聞かれた時に、あまりにも話がおかしくなってしまいます。

ですから、即効でウソだとばれるはずですよ!

 

実際にあったことですが、合コンで彼女いない歴=年齢の男性が架空の恋話をして、本当はディズニーランドに行ったことがないのに、
「元カノとディズニーランドに行ったことがある!」
という話をしていました。

そうしたら、
「どういったアトラクションに乗ったの?」
とか聞かれてしまい、
「いや~かなり前だからあまり覚えてないんだよね~!」
なんて答えていました。

そんな答えをしたら、「おかしい!」と思われますよね。

この例はあまりにも典型的な失敗談なんですが、架空の話をするとどこかおかしいところが出てきてしまいます。

また、答えるのに困るような質問をされなかったとしても、どこかおかしいところが出てきます。

ですから、架空の恋愛話をするのはおススメできません。

 

最近、彼女いない歴=年齢の男性が合コンに参加しているのを見ていると、今まで彼女がいたことがない、という事を認めたほうが上手くいっている感じがします。

「高校は男子校、大学は理系だから女子がかなり少ない、会社には女性がいない、だから彼女ができなかった!」
なんて言っているのを聞きましたけど、そのように言って彼女いない歴=年齢という事を認めたほうがいいのではないかと思います。

 

男性の間では、彼女いない歴=年齢だと恥だ、という感じがあると思いますが、女性はさほど気にしていないようです。

なかには「彼女いない歴=年齢だと、女性慣れしていないのでイヤだ!」と思っている女性もいるようです。

ただ、何人かの女性に話を聞きましたが、彼女いない歴=年齢でも気にしない、と言う人のほうが多いです。

ですから、彼女いない歴=年齢という事を認めても問題はないでしょう。

 

僕は30歳になってやっと彼女いない歴=年齢を卒業することができました。

それまでは、恋愛本に「女性は、彼女いない歴=年齢でもさほど気にしない。でも性格に問題があると思われる恐れはある!」と書いてあるのを読んだので、「過去にいろいろとあって…」なんて言ってごまかしていた時がありました。

そんなことをしていたせいか、なかなか彼女を作ることができなかったんですけどね。

そんなことをするよりも、彼女いない歴=年齢を認めたほうが上手くいっていますし、実際に合コンで知り合った女性を口説き落とすことができた人もいます。

 

また、彼女いない歴=年齢を認めたほうが、女性から恋話を引き出しやすいです。

女性に未知の世界の話を聞くかのように質問していけば、女性はある程度は話してくれています。

恋話をさせると、口説き落としやすくなります。

 

ですから、彼女いない歴=年齢の男性が合コンに参加したときは、彼女いない歴=年齢を認めたほうがいいでしょう。

 

あとは女性を口説き落とすまでの流れをきちんと理解したうえで、合コンに何回か参加して慣れれば、狙った女性を落とすことができるようになるでしょう。

参考ページ:
「合コンで初対面の女性と盛り上がる会話とは?」へ
「合コンで女性に受け、盛り上がる会話のネタとは?」へ

キャバ嬢を口説く心理テクニック~小手先のテクニックで落ちる?

キャバ嬢 口説く 心理テクニック について

 

「テレビや雑誌を見ていると様々な心理テクニックが紹介されているけど、それでキャバ嬢を口説き落とすことができるかなぁ?」
と、あなたは思ったことはありませんか?

いつも指名しているキャバ嬢を口説き落としたいと思っても、なかなか口説き落とすことができないと思います。

落ちそうなんだけど落ちない、そういう状態が続くことが多いのではないでしょうか?

それで、恋愛心理テクニックが紹介されているのを見ると、ついつい試したくなったりもしますよね。

でも、使ってみても効果があったのかよくわからず、相も変わらず落ちそうで落ちない、そんな状態が続いてしまう事が多いのではないでしょうか?

a0001_017444

 

そこで、ここではキャバ嬢を口説くのに効果的な心理テクニックはあるのか紹介します。

 

キャバ嬢を口説くのに効果的な心理テクニックとは?

 

キャバ嬢を口説き落とすのにまず知っておいたほうがいいのは、キャバ嬢はお客様に口説き落とされないように頑張っている、ということです。

キャバ嬢がお客様に口説き落とされたら、そのお客様はもう指名してくれなくなります。

プライベートで会う事の出来るキャバ嬢(口説き落としたキャバ嬢)のためにわざわざお店に行って指名する人ってまずいないですよね。

という事は、キャバ嬢の指名本数・売上が減ります。

キャバ嬢の給料は売上と指名本数によって決まります。

という事は、指名本数、売上が減ってしまったら、給料が減ります。

キャバ嬢は普通にOLと比べると金銭欲が強いです。

ですから、もしお客様に惚れたとしても、口説き落とされないように頑張ってしまうのです。

 

という事は、お客様がキャバ嬢を落とすテクニックは勉強している、と考えていいです。

キャバ嬢はほぼ毎日のようにお客様に口説かれています。

ですから、意識して勉強しなくてもお客様がどのような方法で口説くのかわかってしまいます。

そして、キャバ嬢はお客様を惚れさせようと様々なテクニックを駆使します。

男性を惚れさせる心理テクニックと女性を惚れさせる心理テクニックは、共通しているものが多いです。

という事は、お客様よりもキャバ嬢のほうが心理テクニックを知っている、という事になりますよね。

お客様が心理テクニックを使っているとわかったら、キャバ嬢はそれに対して自分を守ろうと防御します。

という事は心理テクニックを使ったことでガードが固くなり、逆に口説きにくくなる、という事になってしまうのです。

 

という事は、キャバ嬢を口説き落とす心理テクニックは、キャバ嬢が知らない心理テクニックを探すしかない、という事になります。

「じゃあ、それはなんなの?」
と、あなたは聞きたくなりませんでしたか?

 

その心理テクニックは、僕にもわかりません。

恐らく実際にキャバ嬢を惚れさせるのに効果的な心理テクニックはないと思います。

キャバ嬢はあらゆる心理テクニックを身に付けています。

ですから、キャバ嬢が認識していないような、キャバ嬢を口説き落とすことのできる心理テクニックはない、と考えたほうがいいでしょう。

 

キャバ嬢を口説き落とすのに効果的な方法としてよく言われるのが、「聞き上手」と「けなして持ち上げる」の2つです。

これは一理あります。

 

キャバ嬢は口説き落とすとわかるんですが、ビックリするくらいよく話す人が多いです。

普通のOLの何十倍、何百倍も話をするんじゃないか、と思えるくらい一方的に話をする人が多いです。

普段、お客様の話を聞いているので話をすることができず、その憂さ晴らしじゃないですけどプライベートでは逆によく話してしまうんでしょうかね。

だから、キャバ嬢に話をさせるのが上手な男性はモテるでしょう。

 

ただし、キャバ嬢に対して本当の意味で聞き上手になることはかなり難しいです。

キャバ嬢に話をさせようとしても、気がついたら自分が気分よく話をしていた、なんてことがあります。

特に人気キャバ嬢がついた場合、このようになる傾向が強いですけどね。

キャバ嬢の方が一枚上手ということですね。

また、キャバ嬢に話をさせると、お客様に気に入ってもらおうと心にもないことを話し続けることもあります。

いくら聞き上手はモテるといっても、心にもないことを話させて本当にキャバ嬢が惚れてくれるのでしょうか?

心にもないことを話しているという事は、キャバ嬢はお客様としか見ていないということです。

指名し続けてもらうために一生懸命アピールしているだけです。

聞き上手がモテるというのは、言いたいことを言う事ができると気分が良くなるからです。

お客様からの印象を良くするために一生懸命話をしたところで気分が良くなることはない、というのは想像できますよね。

普通の会社で例えると、取引先にプレゼンテーションするのと同じレベルです。

プレゼンテーションの内容を取引先から褒められたりしたらうれしいですけど、それと恋愛感情を持つこととは次元が全然違いますよね。

仕事のことで褒められてもそれが恋愛感情につながるかといえば、それはまずないです。

キャバ嬢に話をさせるという事は、お客様に好印象を持ってもらうためにアピールしていることになります。

それでキャバ嬢が話していることを褒められたり同意されたりするという事は、仕事を褒められるのと同じです。

ですから、恋愛感情につながることはまずありませんので、キャバ嬢に話をさせても口説き落とすことはなかなか難しいのです。

また、新人のキャバ嬢に多いんですが、一生懸命話をするのが仕事だと思っているかのように頑張って話をするキャバ嬢がいます。

この場合も仕事として話をしていることになりますので、先ほどの心にもないことを言うのと同じですよね。

 

また、キャバ嬢を「けなして持ち上げる」と口説き落としやすくなります。

これは、感情の動きが激しくなると女性は恋心を持つようになるのですが、キャバ嬢は精神的に不安定な人が多いので感情が大きく動きやすいんです。

つまり、ちょっとしたことで落ち込んだり、逆に大喜びをしたりします。

だから、けなしたときに大きく落ち込むけど、少し褒めただけで泣きそうになるくらい喜ぶので恋愛感情を持たせることができる、という事になります。

キャバ嬢は説教をした後に褒めると落ちやすい、なんて言われていますけど、これは一理あります。

 

ただし、キャバ嬢をけなして持ち上げることで感情を大きく動かすのはかなり難しいです。

キャバ嬢は毎日のように口説かれています。

という事は、毎日褒められている、という事になります。

「キレイだね!」
「スタイルいいね!」
「ドレス似合っているよ!」
「気が利くね!」
「○○ちゃんといると楽しい(癒される)!」
なんて当たり前のように言われているようです。

毎日のようにそんなことを言われると、それが当たり前になるのでうれしいとも何とも思わなくなるでしょう。

だから、キャバ嬢を褒めて喜ばすのは至難の業です。

それと同時に毎日のようにけなされたり説教をされたりしています。

「水商売をしていると親兄弟はどう思うんだろうね!」
「男をだますような仕事をして罪悪感は感じないの?」
「お前の接客態度はなってない!」
「お腹周りヤバいね(と言ってお腹の肉をつまむ)!」
「お前ブスだなぁ!」
なんて、しょっちゅう言われているそうですよ。

どんなに嫌なことでもしょっちゅう言われ続けたら慣れてしまうので、感情があまり動かなくなります。

という事は、かなりけなさないとキャバ嬢の感情は動かないです。

度を越したら出禁(店への出入り禁止)になる恐れがありますし、そこまでいかなくても男性従業員にお願いして、イヤなことを言うお客様に付く時間を短くしてもらうこともあるそうですしね。

だから、一生懸命けなそうとすると、運が悪いと狙っているキャバ嬢と話ができなくなるおそれがあります。

という事は、キャバ嬢をけなして持ち上げて口説き落とすのも至難の業という事になります。

 

キャバ嬢は毎日のように何人ものお客様に口説かれています。

ですから、口説かれることに対して免疫が付いています。

という事は、心理テクニックを使って惚れさせようと思っても、キャバ嬢のほうが一枚上手なのでなかなか落とすことができないですよ。

 

キャバ嬢を口説き落とすには?

 

ここまで読んで、
「キャバ嬢を口説き落とす方法はないのかなぁ?」
なんて思って落ち込んだ人もいるかもしれません。

でも、勘の鋭い人なら、キャバ嬢は根は口説き落としやすいタイプだと気が付くのではないでしょうか?

キャバ嬢はプライベートでは一方的によくしゃべる人が多いです。

という事は、勝手に話をするので、意識して聞き上手にならなくてもそうさせられてしまうのです。

また、少しのことで感情が大きく動きます。

だから、けなして持ち上げようとしなくても、勝手に落ち込んで、そして勝手に喜んでしまうのです。

そして、キャバ嬢は仕事中はお客様に惚れさせようとしながらも口説かれないように気を張っているせいか、仕事から離れると口説かれないようにしよう、軽い女に見られないようにしよう、という気持ちがぶっ飛んでしまっているような感じもします(本当は根が尻軽だけなのかもしれませんけどね)。

しかも、キャバ嬢はお客様以外の男性との出会いがほとんどありません。

普通のサラリーマンと働いている時間が逆なので、出会いはほとんどないでしょうね。

以上のことからもその他のことを考えても、キャバ嬢はプライベートの関係に持ち込むと簡単に口説き落とすことができます。

 

僕は今まで何十人ものキャバ嬢を口説き落としましたが、店に通って指名し続けて口説き落としたことが一度もありません。

指名は多くても3回まで、運が良いと場内指名(フリーで店に入り、初めてキャバ嬢を指名)だけで、あとはプライベートの関係になることで落とすことができています。

その方法については別のページで紹介しましたので、興味のある方はそちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

付き合う前の女性との初デートプランの基本!~嫌われないために!

付き合う前 初デートプラン について

 

「付き合う間の女性と初デートしたいけど、どのようなデートプランにしたらいいんだろう?」
と、あなたは悩んだことはありませんか?

女性を初デートに誘う時、次につなげることができるか、そして惚れさせ口説き落とすことができるのかは、デートプランが大きく左右されます。

それで、どのようなデートプランにしたらいいのか、いろいろ考えるものの、どうしたらいいのかわからない、と悩む人って多いですよね。

 

僕の知り合いで、初デートできた女性と2度と女性とデートできなくなった人がいます。

その女性に話を聞きましたが、明らかにデートプランの失敗でフラれてしまったのです。

 

そこで、ここではその失敗談をもとに初デートプランで最低限押さえておかないと女性に嫌われてしまう事を紹介します。

a1640_000404

 

初デートプランで最低限押さえておかないといけないこととは?

 

まずは僕の知り合いが女性と初デートしたときのプランを紹介します。

時間はかなりアバウトです。

 

朝10時:待ち合わせ

朝10時過ぎ~午後1時:公園を散歩

午後1時~午後2時:ランチ

午後2時~午後4時:映画

午後4時~午後6時:パチンコ

午後6時~午後8時:居酒屋

午後8時過ぎ:お別れ

 

さて、このデートプランでどうして嫌われてしまったのかわかりますか?

 

初デートで映画を観に行くのはやめておいたほうがいいです。

でも、そこが嫌われた根本的な理由ではありません。

 

もう少し、その女性のことを説明します。

その女性は、ギャンブルをしません。

そして、公園を散歩してかなり疲れたそうです。

 

ここまで説明すれば、嫌われた理由がわかった人もいるのではないでしょうか?

 

まず、ギャンブルをしない女性をパチンコ屋に連れて行ったことが嫌われた大きな一つの原因です。

なぜか知らないけど、僕の知り合いでデート中にパチンコ屋に行った人が何人かいます。

僕の知り合いにギャンブル好きは多いです。

それで、ギャンブルが好きな人で、初デートでパチンコ屋に行ったという人が何人かいます。

女性がパチンコが好きだったり、あるいは一度してみたいと言ったのであれば、パチンコ屋に一緒に行くのはよくわかります。

しかし、ギャンブルはしない、そして一度してみたいと言ったこともない女性をギャンブルに連れていくのはかなりの致命傷です。

一緒にパチンコに行ったことでパチンコが好きになった、という事であればいいんですが、そんなことはまずありません。

ですから、女性が興味のないパチンコ屋に連れて行ったことが嫌われる大きな原因の一つになります。

 

そしてもう一つ、公園ではどこかで座って話をしたわけではなく、ずっと歩きっぱなしだったそうです。

3時間近く歩きっぱなしだったということです。

しかも、ほとんど会話がない状態で散歩し続けた、という事なんです。

いくらなんでも3時間歩き続けたら、疲れてしまいます。

どういう靴を履いていたのか聞きませんでしたが、デートで運動靴を履く女性は少ないですから、恐らく運動靴を履いていたわけではなかったと思います。

それなのに、3時間も歩かされたら、女性はそれだけでくたばってしまってイヤになりますよね。

しかも、花とかを見て「キレイだね!」と一言感想を言っていたくらいで、それ以外の会話はほとんどなかったという事です。

それでは嫌われて当然ですよね。

ハッキリ言う女性であれば、恐らくそれだけで帰ったと思います。

よくぞ文句も言わずにその後もデートをつづけたなぁ、とその女性のことを少しは感心してしまいました。

 

このデートプランを見るとわかると思いますが、まず女性の気持ちを考えなさすぎです。

3時間歩かされたらどう思うのか、そして、興味のないパチンコ屋に2時間も過ごしたらどう思うのか、少し考えたら女性に嫌われてしまって口説き落とすことができなくなる、というのがわかるのではないでしょうか?

女性を口説き落とすには、女性を惚れさせる必要がありますよね。

それなのに、女性に嫌われることをしたら惚れてくれないので、落とすことができなくなります。

 

ここまでひどい例は少ないものの、デートプランを考える時に視点がづれている人は多いです。

「どういう初デートプランなら女性を落とすことができるのだろう?」という視点でデートプランを考える人が多いです。

しかし、「落とすことができるか?」というのは、デートに誘う側の都合ですよね。

そのような視点でデートプランを考えると、女性が満足しないことが多いです。

そうではなくて、「どういう初デートプランなら女性が喜んでくれるだろう?」という視点だと、女性の都合を考えていることになりますよね。

ですから、初デートプランを考える時は、自分の都合でプランを考えるのではなく、相手のことを考えてプランを考える必要があります。

 

そして、デート時間が長すぎです。

10時間も一緒にいて女性を退屈させない自信があるのであればいいですが、普通は退屈します。

話すことがなくなってしまい、沈黙で気まずい雰囲気になりがちです。

遊園地などでも、並んでいるときに会話がなくて気まずくなります。

付き合っているのであれば待っているときに会話がなくなっても気まずい雰囲気にならないのに、初デートだと気まずくなることが多いです。

デート時間については別のページで紹介しました。

参考ページ:「初デートの時間はどれくらいが理想的?~付き合う前の女性を落とす」へ

ここで触れている通り、女性に「もう少し一緒にいたかったんだけどなぁ!」と思わせることが大切になります。

その限度は2時間です。

逆に短すぎると会話が盛り上がる前に終了してしまうので「もう少し一緒にいたかったんだけどなぁ!」と思わせることができないので、問題はあります。

ただ、2時間を超えると、会話のネタがなくなって盛り上がらなくなりますので、女性に「もう少し一緒にいたかったんだけどな!」と思わせることができなくなります。

朝から晩までデートするのは、話すことがなくなって沈黙しても、気まずくなく楽しむことができる関係になってからのほうがいいです。

そういう関係になるのは付き合ってからだと思いますので、付き合う前に1日中デートするのはおススメできません。

 

初デートプランを考えるうえで重要なのは、
・女性の気持ちを考える
・女性を楽しませることのできる自分の能力(楽しませることのできる時間etc)に見合うものにする
の2点を最低限押さえておく必要があります。

この2点を押さえていない初デートプランだと、2回目デートに誘ってもOKしれくれないでしょう。

 

 「初デートで付き合う前の女性と食事をする店を選ぶポイント」へ

 


 

main_ttl3

付き合う前の女性とのデート回数~告白するのは何回目のデート?

付き合う前 デート回数 告白 タイミング について

 

「付き合う前の女性と何回目のデートで告白するのがいいんだろう?」
と、あなたは悩んだことはありませんか?

1回目のデートで告白するのは早いだろうし、だからといって5回も10回もデートしてから告白したら遅すぎるような気もするし…

なんて、悩むことがあると思います。

 

そこで、ここでは付き合う前の女性とのデートの回数と告白するタイミングについて紹介します。

PAK86_kabedonoriginal15182518_TP_V

 

付き合う前の女性とのデート回数と告白するタイミング

 

付き合う前の女性とのデートの回数には基準があります。

それは3回です。

 

単純に考えれば、1回目のデートで女性を惚れさせることができたら、そのタイミングで告白してもいいのでは、と思いますよね。

しかし女性は、1回目のデートで告白された時にOKしたら、軽い女と思われるのではないか、と考えます。

軽い女と思われたくない、と思っている女性は多いです。

それで、1回目や2回目のデートで男性に惚れたとしても、告白したら断る、と決めている女性は少なくありません。

「付き合う前の女性と3回デートしてから告白する!」というのが、ある種の常識みたいになっていますから、3回目のデートで告白されたらOKする、と決めている女性もいます。

ですから、付き合う前の女性とのデートの回数の基準は3回、という事になります。

 

もし、3回デートしても女性が付き合うのにふさわしくない、と思ったらOKしてくれません。

そんな時にはデートの回数を増やせばいいのでは、なんて考えてしまいますよね。

しかし、実際にはデートの回数が多くなるほど女性の気持ちが離れてしまう傾向が強いです。

特に恋愛経験の少ない人だと、デートの回数が多くなるほど女性の気持ちが離れていきます。

 

恋愛経験が豊富で今までに数多くの女性を口説き落としてきた人なら、デートの回数が多くなればなるほど落とせる確率が高くなるでしょう。

しかしそういう人は早い段階で女性を落とすことができるでしょうから、付き合う前にデートの回数が多くならないはずです。

 

いずれにしてもデートの回数が多くなればなるほど女性が落ちなくなる、という事ができます。

その理由は別のページで紹介しましたのでそちらをご覧ください。

参考記事:「付き合う前の女性とのデートの回数が多いほど落としやすくなる?」へ

 

それで、付き合う前のデートの回数は3回という基準はありますが、付き合う前の女性と3回デートできるのか、という問題があります。

恋愛経験が少ないと、付き合う前の女性と3回デートできる可能性は低いです。

それは、女性はデート中に付き合うのにふさわしいのかを観察します。

そういう目で男性を見てしまうと、どうしても重箱の隅をつつくようなことをしてしまいたくなります。

という事は、女性に欠点を見られてしまう可能性が高くなります。

そうなると、女性は付き合うのにふさわしくない、と判断してしまうので、その男性とデートしなくなります。

ですから、付き合う前の女性と3回デートできる可能性は低いんです。

 

女性を口説き落とすには、できれば1回目のデートで、遅くても2回目のデートで落としたほうが、うまくいく可能性は高くなります。

ただし、3回デートしないと絶対に落とされない、と決めている女性は1回目や2回目のデートで落すのは難しいです。

そうでない限り、1回目や2回目のデートで落したほうがいいです。

 

ただし、1回目や2回目のデートで告白すると失敗すると断られる可能性が高くなります。

そうではなくて、流れでホテル(や自宅)に連れ込み、Hしてしまえば、女性は付き合ってくれます。

女性は、Hした男性の欠点を見なくなり、いいところだけを見るようになりますので、惚れてくれるんです。

ですから、なるべく早い段階でHしたほうがいいですよ。

 

デートで女性を惚れさせ、ホテルなどに連れ込む方法は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「デート中に女性をホテルに誘う方法・会話術 初デートでホテルへ!」へ

付き合う前の女性と手をつなぐのを拒否!その理由と対処法!

付き合う前 手をつなぐ 拒否 について

 

「付き合う前の女性と手をつないだら拒否されてしまった…!?」
と、あなたは落ち込んだことはありませんか?

付き合う前の女性とのデートで、そろそろいいかな?と思って手をつないだら拒否されるとショックで落ち込んでしまいますよね。

しかし、手をつないだら拒否されてしまった人って多いですよね。

そうなったら、なんだか気まずくなってしまって、次のデートにつなげることができず、結局口説き落とすことができない、なんていう事になってしまいますよね。

 

ただし、タイミングよく手をつなぐことができたら、女性との距離をグッと縮めることができるので、口説き落としやすくなります。

ですから、手をつなぐタイミングをきちんと見計らうことができるようになると、狙った女性を口説き落とすことのできる確率がかなり高まります。

 

そこで、ここでは付き合う前の女性が手をつなぐことを拒否する理由と拒否されたときの対処法、そして、手をつなぐにはどうしたらいいのか、紹介します。

a0001_015161

 

女性が付き合う前の男性と手をつなぐ心理

 

まずは、女性が付き合う前の男性と手をつなぐのを拒否する心理、許す心理について紹介します。

 

女性が付き合う前の男性と手をつなぐのを許す時は、友達関係から一歩抜け出し、恋人関係に近づくことを許した時です。

友達関係の男性と手をつなぐのを許す女性はあまりいないです。

ただ、恋人関係になっていない段階でも手をつなぐことを許す女性は多いです。

ですから、友達以上恋人未満だと、女性は手をつなぐことを許してくれることが多いです。

 

女性同士で手をつないでいるところを見かけると思いますが、女性は仲の良い女友達となら平気で手をつなぐ人が多いです。

ただし、それが男友達だと女性は、
「変な誤解をされたらどうしよう?」
「手をつないでいるところを他の人が見たら、付き合っているように思うのかなぁ?」
と考えてしまうので、男友達とは手をつなぐことを許さないことが多いです。

 

ただ、女性が友達関係から一歩抜け出してもいい、と思ったら、手をつないでも拒否されなくなります。

 

ただし、酔っぱらっている時は例外です。

女性は酔っぱらった時に人肌が寂しくなって、誰でもいいから手をつなぎたい、と思う事もありますし、酔った勢いで嫌いな人とでも手をつなぐことがあります。

 

また、その場の流れで手をつなぐことを拒否しないこともあります。

ロマンティックな雰囲気だったので、男性が手をつないできたときにそのまま受け入れてしまった、という事もあります。

女性との関係が縮まっていないのに、その場の雰囲気や流れで手をつなぐことができると、その女性を口説き落とすことのできる可能性をかなり高くできますし、また早く口説き落とすことができるようにもなります。

 

ただ、そのようにするのはやや難しいので、まずは手をつなぎやすい雰囲気や流れを作っていきながらも女性に友達関係から一歩抜け出してもいいかな、と思わせることも大切ですよ。

 

付き合う前の女性が手をつなぐのを拒否する理由

 

付き合う前の女性が手をつなぐのを拒否する理由は、友達関係から一歩抜け出してもいい、と思っていないからですね。

女性がそのように思う最大の理由は、男女の違いにあります。

 

男性は、イイ女を見かけたらその瞬間に「Hしたい!」なんて思いますよね。

つまり、一瞬で恋心を持つ傾向が強いです。

それに対して女性は徐々に恋心を持つ傾向が強いです。

女性が男性に対して一目惚れすることは珍しいと言われています。

直感で「この人と結婚するだろうなぁ!」と思う事はありますが、それは恋心とは違います。

「好き!」という気持ちではなくて「結婚するのでは?」と予測をしているだけです。

予測することに対しては恋愛感情はありませんので、その段階では惚れたことにはならないです。

「結婚するんだろうなぁ!」と予測すると、徐々に恋愛対象として、あるいは結婚対象として意識するようになるので、恋心が芽生えてしまうんです。

これも徐々に恋心が芽生えます。

 

つまり、男性は恋心を持った(気になっている)女性をデートに誘いますよね。

そして、少しでも早く口説き落としたいと思いますよね。

だから、早く手をつなぎたい、という気持ちになってしまいます。

しかし、女性は男性との距離をゆっくり縮めていきます。

という事は、男性が「手をつなぎたい!」と思っているときに、女性は「友達関係から一歩踏み出してもいいのか、もう少し様子を見たい!」と思っているんです。

この気持ちの違いが男性から手をつなごうとしても女性は拒否してしまう最大の理由になります

 

つまり、手をつなぐのはまだ早い、と女性は思っているから拒否するわけですね。

それで、女性が手をつなぐのを拒否したときは、
「ごめん、まだ早かったね!」
と謝るだけで大丈夫です。

まだ早いのに手をつないできたからといって、それだけで嫌われることは少ないです。

「ごめん!まだ早かったね!」と謝れば、女性は「私の気持ちを分かってくれているんだ」と思ってくれるでしょうし、謝れば誠意を伝えることにもなりますので、それで水に流してくれることが多いです。

 

そのあと、気まずい雰囲気になりますけど、30秒から1分くらい沈黙した後に、全く違う話をするといいです。

そうすれば、気まずい雰囲気ではなくなります。

後はデートを重ねて少しずつ距離を縮めていくようにすればいいですよ。

 

手をつないで拒否された時、次のデートにつながらない時があります。

それは、手をつなぐ前から問題があったのか、あるいは拒否された後に問題があったのかのどちらかが多いです。

手をつなごうとしたことだけで、次のデートにつながらないことはあまりありません。

 

身だしなみに問題があったり、あるいは会話していてつまらないと思ったり、付き合う価値がないと思ったりしたら、手をつなごうとしなくても次のデートにつながりません。

この場合、当然手をつなぐのを拒否されますけどね。

また、手をつなぐのを拒否された時に、「ウブだなぁ!」という態度をしたり、このタイミングで手をつなぐのを拒否するのはおかしい、という態度を示したりしたら、女性に嫌われるので、次のデートにつながりません。

女性が、
「食事しただけで手をつないできたけど、どれだけ自信過剰なの!」
と言っているのを時々耳にします。

つまり、「俺に惚れて当然だ!」と思っているような自信過剰な男性だと女性が思うから、嫌いになるのです。

しかし、きちんと謝れば、女性はそのようには思わないです。

逆に「ちょっと不器用なのかなぁ?」くらいに思ってくれます。

不器用なのは女性から恋愛対象と見られなくなる原因になりますが、それほど大きな原因にはなりませんし、自信過剰だと思われるよりもよっぽどましです。

ですから、手をつないで拒否された時は、きちんと謝れば、大きな汚点にはならないです。

それだけで次のデートにつながらない、あるいは口説き落とすことができなくなった、という事はまずありませんよ。

 

手をつなごうとして、女性はより恋愛対象として強く意識したので、付き合う価値があるのかより真剣に考えた結果、その価値はないからもうデートするのをやめよう、と考えることはありえますけどね。

ただ、女性は男性と2人でデートする時点で、女性はある程度は恋愛を意識します(付き合う価値があるかを見てもいいと思う)から、この可能性も低いですよ。

 

付き合う前の女性とのデートで手をつなぐには?

 

付き合う前の女性とデートで手をつなぐには、女性に「友達関係から一歩抜け出してもいいかな?」と思ってもらう必要があります。

そう思ってもらうには、徐々に女性との距離を縮めていく必要があります。

一気に距離を縮めようとすると、女性は逃げて行ってしまいますので、徐々に距離を縮めることが大切です。

 

女性が手をつなぎやすい流れや雰囲気を作ることも大切ですが、それ以上に女性と距離を縮める方が大切です。

 

付き合う前の女性と距離を縮め、手をつなぐ具体的な方法・会話術は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「付き合う前の女性とデート中の会話~沈黙して気まずい雰囲気を避けるには?」へ

 「初デートで女性と手をつなぐ方法~付き合う前に手をつなぐ会話術」へ