街コンのその後、女性とデートするためのポイント!恋愛関係の第一歩!

街コン その後 デート について

 

「街コンでメルアド(やLINEなど)を交換した女性にメッセージを送っても返事がない!」
と、あなたは悩んでいませんか?

それで、どのようなメールを送ったら返事をしてくれるんだろう、という事ばかり考えてしまう人って多いですよね。

 

しかし、メールの内容や送るタイミングばかり考えていても、女性がメールなどの返事をしてくれるようになり、デートにつなげることができるのかといえば、そんなことはありません。

メールも大切ですが、それよりももっと大切なことがあります。

 

そこで、ここでは街コンのその後、女性とデートにつなげるためにポイントを紹介します。

a0001_016455

 

街コンのその後、デートにつなげるポイント

 

街コンでその後に連絡を取り合ってデートにつなげるには、街コンでの会話などが非常に重要になります。

「街コンは30分くらいしか女性と話ができないから、連絡先を交換することを考え、その後連絡を取って振り向かせるようにしたほうがいいのでは?」と言っていた人がいます。

しかし、その人は街コン後女性と連絡を取り、デートすることができるようになっていません。

女性にメールを送っても返事がないことが多く、メールの返事がきても社交辞令的なものばかりです。

それではデートに結び付かないのは当然ですよね。

僕はその人に
「街コンでは女性が最低限楽しかったと思ってくれるようにしたほうがいい!」
という話をしました。

しかし、その人は、
「30分で楽しいと思ってもらうのは無理でしょう!」
なんて言っていました。

僕はそれ以上何かを言っても、ムキになって言い返してくるだけだと思ったので何も言いませんでした。

でも僕は、
「キャバ嬢は初対面から20分で相手の興味を惹きつけ、指名してもらってるよ!」
と言いたかったんです。

 

キャバクラにあまり行かない人はピンと来ないかもしれませんが、指名なしでキャバクラに行くと基本的に1時間で3人のキャバ嬢が付きます。

つまり、1人のキャバ嬢と20分話をすることができる、という事になります。

その間にキャバ嬢はお客様に気に入ってもらえると、指名してもらえます。

指名してもらえるとキャバ嬢の給料増につながりますが、キャバ嬢は指名してもらうために頑張っている、と言ってもいいです。

だから、キャバ嬢は20分間でお客様に気に入ってもらうためにいろいろ頑張っているのです。

また、20分というのはきちんと計算された時間なんです。

話し始めてから20分くらいが一番会話が盛り上がります。

それで、会話が盛り上がった時にキャバ嬢が席を離れようとすると、お客様は「もう少し話をしたい!」と思います。

そのためにはそのキャバ嬢を指名しないといけません。

だから、指名してくれやすくなるのです。

つまり、1人のキャバ嬢が20分しか付かないのは、少しでも多くのキャバ嬢と話をさせるためではなく、店を回すのに都合がいいからではなく、そうすることで指名してもらいやすくなるからです。

 

という事は、街コンで女性と30分話すことができれば、女性に気に入ってもらう事ができるんです。

逆にそれ以上長くなってしまったら、女性は話をすることに飽きてしまってつまらない思いをしてしまう可能性が高くなります。

そんな印象をもたれてしまったら、女性を口説き落とすことができなくなりますよね。

ですから、30分というのは、女性を口説き落とすのに適した時間だと考えることもできますよ。

 

街コンでは、女性に連絡先を聞くことを考えるのではなくて、女性を楽しませることに意識したほうがいいです。

会話が盛り上がり女性を楽しませることができたら、30分たったころには「もう少し話をしたい!」と思ってくれます。

そう思ってくれたら、簡単にメルアドやLINEなどを交換することができます。

そして、街コンの後に連絡を取りやすくなりますよ。

また、街コンで会話が盛り上がれば、メールのやり取りで少々ダメなところがあったとしても、2人で食事に行くことくらいはできますよ。

 

それよりも、街コン後にデートにつなげるいい方法があります。

それは、2次会に誘う事です。

街コンで女性が「もう少し話をしたい!」と思ってくれたら、2次会に簡単に誘うことができます。

ただし、2次会に行ったら終電に間に合わない、という場合は無理ですけどね。

終電の1時間以上前なら、女性に「もう少し話をしたい!」と思わせれば、簡単に2次会に誘う事ができます。

ですから、街コンでは2次会に誘う事に集中したほうがいいです。

 

ただ、こんなことを言うと、2次会に誘う事ばかり考えてしまって、会話を盛り上げることができないなんてことがあります。

2次会に誘うには、女性に「もっと話がしたい!」と思ってもらわないといけないです。

そのように思ってくれなかったら、2次会にどれだけ素敵なところに誘っても、女性は来てくれないですよ。

女性を2次会に誘うには、まずは女性を楽しませる必要があります。

ですから、街コンでの目的が2次会に誘う事だとしても、女性と話をするときは盛り上げることに集中することが大切ですよ。

 

街コンでの女性との会話は、2次会に誘う事に集中したほうがいい、そのためにカラオケの話で盛り上がって2次会でカラオケに誘うと来てくれやすい、と別のページで紹介しました。

ここで大切なのは、カラオケをネタに話をすればいい、という事ではなくて、会話を盛り上げる方が大切です。

もし、カラオケが苦手だという女性がいたら、カラオケの話はしないほうがいいです。

ただ、そういう女性は少ないので、切り捨ててもいいくらいです。

 

僕は今まで街コンに何回も参加していますが、カラオケが苦手だという女性が1人だけいました。

「音痴だから~!」なんて言っていましたけどね。

その女性はお酒をあまり飲まない、という事だったので2次会に誘うのに苦労しましたが、いろいろ探ってみて、なんとか居酒屋に誘う事ができました。

でも、僕は街コンで何十人の女性と話をしていますし、合コンなどを含めると100人以上の女性と話をしています。

その中で、カラオケが苦手だと言った女性は1人だけでした。

「カラオケは下手だから…」と言いながらも、まんざらでもなさそうにカラオケの話をする女性は多いですけどね。

ですから、カラオケが苦手だという女性は、2次会でカラオケ以外に誘ってみたり、それが無理なら後日連絡するという事にしてメールアドレスなどを交換するなど、できることはしたほうがいいと思います。

ただ、カラオケが苦手な女性がいるからといって、街コンではカラオケの話をしなくなると、女性を2次会に誘える確率が大幅に下がりますし、デートにつながる確率も大幅に下がります。

ですから、街コンではカラオケの話で盛り上がることをおススメします。

 

街コンの会話については別のページを参考にしてください。

 「街コンで初対面の女性と会話を盛り上げるポイント~好みの女性と楽しい時間を過ごすには?」へ

片思い中の女性にメールで好意を伝える方法!恋愛に発展させるには?

女性 メール 好意を伝える 方法 について

 

「片思いしている女性にメールで好意を伝えたいんだけど、どうしたらいいんだろう?」
と、あなたは悩んだことがありませんか?

好意の伝え方によっては女性が引いてしまうことがあります。

ほとんど話をしたことのない女性に、いきなり「好きです!付き合ってください!」なんてメールしたら、女性は引いてしまう、というのは想像できると思います。

 

だからといって、このまま好意を伝えないままだと、女性となにもないままサヨナラしてしまう、なんてことになりかねませんよね。

 

そこで、ここでは片思い中の女性にメールで好意を伝える方法、タイミングを紹介します。

a0002_010689

 

片思いの女性にメールで好意を伝える方法・タイミング

 

まず基本的に、女性に用事もないのにメールすることは、好意を伝えていることになります。

ただし、女友達やメールのやり取りが長くメル友になってしまった女性に用事もないのにメールすることは除きます。

職場や学校で一緒の女性、習い事などで一緒の女性、合コンや街コンなどで知り合った女性など、用もないのにメールしたら、好意を伝えていることになります。

この場合、好意を伝えることを考える必要はありません

それで、片思いの女性にメールを送るという事は、女性を追いかけていることになります。

その女性を振り向かせるには、女性に追いかけさせたほうがいいです。

一度メールを送るのをやめてみたりするなどして、女性に追いかけさせるようにしたほうがいいです。

メールで女性を振り向かせる方法は別のページで紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

参考ページ:「女性をメールで惚れさせる方法~狙った女性を惚れさせるには?」へ

 

さて、先ほど軽く触れましたが、女友達やメル友、メールのやり取りが長くなってメル友になってしまった女性などに用事もないのにメールすることは、好意を伝えたことにはなりませんよね。

そういう時には、きちんと好意を伝えていく必要があります。

ただし、この場合もいきなり「好きです!付き合ってください!」なんてメールしたら、女性が引いてしまい関係が悪くなるでしょう。

 

好意を伝えるのに一番分かりやすいのが、食事などに誘う事です。

2人でどこかに出かけようと誘えば、普通は「好意があるかも?」と女性は思ってくれます。

また、メールで好意をほのめかすよりも、直接会って好意をほのめかしたほうがきちんと伝わりますよ。

女性が引いたら「冗談だよ!」なんて言ってごまかすことができますから、好意の伝え方に問題があった場合でもフォローできますしね。

これがメールだと難しくなります。

女性を食事に誘う時は、まずはグルメの話をしていって、タイミングを見計らって「今度一緒に食事に行こうよ!」と誘うと、上手くいきやすいです。

 

女性を食事に誘うのが難しいのであれば、あなただけに何かをしました、と伝えるといいです。

例えば、どこかに旅行に行った時、
「○○さんにだけお土産を買ってきたよ!」
とメールすれば、女性に好意が伝わります。

そして、
「みんなの前でお土産を渡しづらいから、2人で会おうよ!」
とメールすると、食事に誘いやすくなりますよね。

 

メールで好意を伝えようとすると、どうしても遠回しな表現になります。

それで、遠回しにものを言うと嫌われることが多いです。

会っている時ならまだ女性も分かってくれるでしょうが、メールで遠回しに言うと、女性は嫌がります。

ですから、もしメールで好意を伝えるのであれば、食事に誘う、他の女性にはしないことをするなど、好意があるのがバレバレなくらいのほうがいいですよ。

 

メールで好意があることを伝えるよりもデートに誘ったほうがいい!?

 

メールで好意を伝えることを考えるくらいなら、デートに誘う事を考えたほうがいいです。

片思いしている女性を振り向かせ、口説き落とすには、デートを何回かする必要があります。

ですから、好意を伝えても伝えなくても、いずれはデートに誘わないといけないのです。

好意を伝えなくてもメールでデートに誘う事はできます。

ですから、好意を伝えることを考えるよりもデートに誘う事を考えたほうがいいですよ。

 

付き合う事はできないけど好意だけは伝えたい、というのであれば、「ずっと○○さんのことが気になっていました!」とメールしてもいいかもしれません。

しかし、片思いをしているのであれば、「付き合いたい!」という気持ちはあると思います。

それなら、デートに誘ったほうがいいですよ。

 

女性をメールでデートに誘う方法は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「女性をメールでデートに誘う方法~断られない誘い方とは?」へ

キャバ嬢に同伴を断られた!その理由と対処法!

キャバ嬢 同伴 断られる 理由 対処法 について

 

「キャバ嬢を同伴に誘ったら断られた!?」
という事って今までありませんか?

キャバ嬢にとって同伴は確実に指名をもらえるし、同伴そのものがキャバ嬢の給料に反映されることが多いので、キャバ嬢にとってうれしいはずです。

しかし、それにもかかわらずキャバ嬢が同伴を断るって、よっぽど嫌われているのかなぁ?なんて悩む人って多いですよね。

 

そこで、ここではキャバ嬢が同伴を断る理由とその対処法を紹介します。

 

キャバ嬢が同伴を断る理由

 

キャバ嬢は基本的に同伴に誘われたら断らないです。

大嫌いなお客様に誘われたとしても、よっぽど仕事を舐めていないか、よっぽど嫌っていない限り断らないです。

しかし、それでも同伴を断ることがあります。

 

キャバ嬢が同伴を断る理由は以下の通りです。

 

 他のお客様と同伴の約束をしている

他のお客様とすでに同伴する約束をしている場合、断らないといけないですよね。

1度に2人も3人も同時に同伴するわけにはいかないですから、先に誰かと約束をしていたら、同伴を断ります。

この時は「また次回お食事に行きましょう(同伴しましょう)!」という事を言ってくれることが多いですし、キャバ嬢によってはいつ同伴するかを約束してしまう事もありますよ。

ただ、あまり先のことを約束してしまうとお客様に悪いかな?と考えて「また次回に!」とだけ言うキャバ嬢のほうが多いと思います。

お客様によって言う事を変えることもあるみたいですけどね。

同伴に誘ったら、店の近くで待ち合わせをしてそのまま一緒にお店に行くだけ、なんてことがありますが、それだけで同伴料が発生します。

そういったことをせず断ってくれただけでもいい娘だと思ったほうがいいですよ。

 

 他のお客様と同伴したほうがメリットが大きい

同伴しないとお店に来ないお客様はいます。

その場合、同伴しなくても来てくれるお客様に誘われても断ってしまうことがあります。

 

 昼の仕事の関係で無理

昼の仕事が終わってすぐキャバクラに出勤しないといけない場合、同伴は無理ですよね。

ただし、このような嘘を言って同伴を断ることもあります。

これはお店によって違いはありますが、東京都心部(山手線沿線とその内側)の場合、キャバ嬢の出勤時間がPM10時以降であれば、信憑性はある、と考えていいでしょう。

PM9時以前であれば、同伴の場合は出勤時間を1時間くらい遅らせることができる店が多いので、ひょっとしたら別の理由で断っているのに「昼の仕事が遅くまであるので同伴する時間がない!」と言っている可能性があります。

お店によって違いはありますが、同伴をするしないにかかわらず午後10時までには出勤しないといけないところが多い、ということです。

 

 危険を感じた

「何か変なことをされるのではないか?」と思ったら、キャバ嬢によっては同伴を断ります。

これは、普段から下ネタばかり話していたり、触っていたりすると、キャバ嬢は「変なことをされるのでは?」と思ってしまいます。

また、店から遠い場所で待ち合わせの約束をしようとすると、このように思われる場合があります。

 

 仕事を舐めている・やる気がない

仕事を舐めていたりやる気のないキャバ嬢であれば、同伴に誘われても断るでしょう。

 

キャバ嬢を同伴に誘ったら断られたときの対処法

 

キャバ嬢と同伴したいのであれば、同伴しないとお店に行かない、という態度を示せばいいです。

同伴に誘うという事は、お店に行けるという事を示しているようなものですよね。

という事は、同伴に誘って断られたときにお店に行かなければ、キャバ嬢は「同伴しないとお店に来てくれないのかなぁ?」と思ってくれます。

それだけで、同伴してくれる可能性は高くなります。

 

人気キャバ嬢によっては、太くない(売上が少ない)お客様は相手にできない、なんていう事があるかもしれませんが、そんなことはめったにないですよ。

同伴に誘って断られたらお店に行かない、それだけで同伴してくれる可能性は高くなりますよ。

 

キャバ嬢が同伴に誘う時に、
「特別な人としか食事に行かない(同伴しない)!」
と言う事があります。

それを信用してしまって、「キャバ嬢は気のあるお客様としか同伴しない!」と思い込んでいる人は多いですよね。

ただし、これはキャバ嬢のウソです。

同伴は給料が発生します。

という事もあって、同伴はキャバ嬢にとって仕事です。

お店で接客しているのと同じですよ。

男性従業員が見ていないから、お客様に変なことをされる危険性がある、ということだけが違うところです。

 

ですから、同伴ができたからそのキャバ嬢を落とすことができる、とか、同伴を断られたからキャバ嬢を落とすことができないとか、そういうことはありません。

同伴できたからといって、そのキャバ嬢が脈ありなのかといえばそういう事はありません。

また、同伴をすればキャバ嬢と距離を縮めることができるのかといえば、そういう事もありません。

キャバ嬢に同伴を断られたからといって、「キャバ嬢に嫌われているのかなぁ?」なんて悩む必要はありませんよ。

 

キャバ嬢を口説き落とすには、同伴をする必要はありません。

むしろ、同伴をしないほうがいいです。

お店に行かなくても会う事の出来る、プライベートの関係になったほうが、よっぽど簡単にキャバ嬢を落とすことができます。

 

キャバ嬢の口説き方は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

片思い中の女性からのメールの返信率を高くする5つのポイント

メール 返信率 高くする について

 

「女性からのメールの返信率を高くする方法はないかなぁ?」
と、あなたは悩んだことがありませんか?

片思いの女性にメールしてもなかなか返信してくれない、と悩んでいる人は多く、「どうしたら返信してくれるんだろう?」なんて考えている人って多いですよね。

 

そこで、ここでは片思い女性からのメールの返信率を高くするポイントを紹介します。

a0002_010629

 

片思いの女性からのメールの返信率を高くするポイント

 

片思いの女性からのメールの返信率を高くするには、女性が返信しやすい内容のメールを送ることです。

そのポイントは以下の通りです。

 

女性が返信しやすい内容のメール

 女性が興味のある内容

女性が興味のある事に関するメールは、返信してくれやすいです。

例えば、映画を観るのが好きだ、という女性に、
「今日、○○○(映画のタイトル)のDVDを観たよ!おもしろかった!」
というメールを送れば、女性は、
「私も観たよ!おもしろかったよね!」
「そうなんだ!私も観てみるね!」
などと返信をしやすくなりますよね。

しかし、映画に全然興味のない女性であれば、「だから?」と思うだけで、返信しないです。

女性によっては「どういう返信をしたらいいんだろう?」 と考えてくれるかもしれませんが、そのように考えてしまうと、なかなか返信できませんよね。

ですから、女性がどういったことに興味があるのかをあらかじめ聞いておいたほうがいいですよ。

もし、女性がどういったことに興味を持っているのかわからない場合は、先ほどの例だと
「映画はよく観る?」
と付け加えておくといいですよ。

そうしたら、映画に興味のない女性なら
「あまり観ないなぁ!」
なんて返信してくれます。

それから話を広げていくことができますよね。

ちなみにほとんどの女性は、映画かドラマ、音楽のいずれかには興味があるので、映画に興味がないという女性は音楽の話をすると上手くいくことが多いです。

ただ、映画にもドラマにも音楽にも興味がない、という女性は珍しくはないので、いずれにも興味がないとしてもびっくりしないようにする必要はありますよ。

 

 質問攻めしない

「メールで質問すると返信してくれやすくなる!」と言われることが多いですよね。

ただし、質問が多すぎると、女性は「ウザい!」と思うだけです。

多くても質問は1日1回にしたほうがいいです。

理想は、質問しているようには見えないけど、事実上質問になっているようにすることです。

例えば、映画が好きな女性に
「今からDVD借りに行くよ!おもしろいDVDがあるといいな!」
とメールしたとします。

これだと、質問しているようには見えないですよね。

しかし、「おもしろいDVD教えて!」と質問しているようなものですよね。

このような文章なら、女性は「ウザい!」と思わないですし、返信しやすいですよね。

このようなメールはちょっと難しいんですが、意識しておいてなるべくこのようなメールを送るように心がけるといいですよ。

 

 内容のないメールを送らない

「今何してるの?」
「○○ちゃん、元気?」
というあまりり内容のないメールを送っても、女性は「ウザい!」と思うだけです。

特に、付き合う前の女性に、
「今何してるの?」
「元気?」
とだけメールしたら、女性は
「あんたには関係ないでしょ!」
と思うだけです。

こういうメールは送らないほうがいいです。

「元気?」と送る場合、「この前落ち込んでいたけど元気になった?」などという感じであれば内容のあるメールになりますが、ただ「元気?」と送るだけだと内容のないメールになりますので、やめておいたほうがいいです。

 

片思いの女性からのメールの返信率を高くするポイントはその他にもあります。

その他のポイントは以下の通りです。

 

メールの返信率を高くする送り方(メール内容以外)

 メールを送る回数・頻度に注意

メールを送りすぎると、女性に「ウザい!」と思われます。

逆に少なすぎると、女性を惹きつけることができなくなります。

女性にメールを送る回数、頻度にも気を付ける必要があります。

メールを送る頻度は女性によって違いはありますが、傾向として2~3日に1回くらいが適切です。

多くても1日に1回までにしておいたほうがいいです(女性からのメールに返信する場合を除く)。

それ以上は多すぎます。

 

 メールを送る時間に注意

女性が忙しい時間にメールしても見てくれない可能性があります。

仕事中はメールを見ることができない女性だと、仕事が終わって帰る途中の電車の中でメールを確認することが多いです。

車通勤なら、自宅に着いてから確認する、という事もあると思います。

その時に、10通、20通もメールを受け取っていたら、どんなにすばらしい内容でも返信する気がなくなることがあります。

本文を読んでくれない可能性だってあるのです。

また、仕事中はメールの内容を確認することはできるけど返信できない、なんていう女性もいます。

この場合、「あとで返信しよう!」と思っていても忘れてしまうことがあります。

しかし、自宅にいるときはメールが来たらすぐに内容を見ている女性が多いです。

それだとすぐに返信することができますよね。

そうすると、返信率が高くなりますよ。

 

片思いの女性からメールの返信がない時の対処法

 

片思いの女性からのメールの返信率を100%にするのは無理です。

どうしても返信してくれない時はあります。

メール不精の女性であれば、返信率は下がりますよね。

 

それで、女性からのメールの返信がない場合、「返信してください!」などと催促をしてはいけません

 

女性からメールの返信がない場合、まずは、2~3回普通にメールを送ってみます。

2~3日に1回のペースでメールするのであれば、そのペースで2~3回送ります。

 

それでも返信がない場合は、しばらくメールするのをやめます。

目安は10日くらいです。

そして、再びメールをしてみます。

そうすると、女性からのメールの返信率は高くなります。

 

それでも返信してくれないのであれば、1週間くらい毎日メールをして、その後2週間くらいメールを送らないようにするとか、メールを送ったり送らなかったりを繰り返します。

しばらくメールが来ていたのに、急にメールが送られてこなくなると、少し寂しい気持ちになります。

そういった気持ちを持ったところにメールを送ると、返信してくれる可能性が高くなりますよ。

 

 「付き合う前の女性に送るメールの内容~メールで惚れさせるには?」へ

 


 

image63

 

街コンで知り合った女性にメールしても返事が来ない!その原因と対処法!

街コン メール 返事がこない 原因 対処法 について

 

「街コンで仲良く話をすることができ、メルアドを交換できた女性にメールを送ったけど、返事がない!」
と、あなたは悩んでいませんか?

街コンでせっかく仲良く話ができたのに、メールを送っても返事すらない、なんて悩んでいる人って結構多いですよね。

 

そこで、ここでは街コンで女性にメールを送っても返事しない原因と、女性から返事が来てさらに仲を深める方法を紹介します。

a0002_010660

 

街コンでメルアド交換した女性にメールをしても返事がない理由とは?

 

まずは、街コンの流れをよく理解する必要があります。

①:指定されたお店に入る
②:異性と約30分話をする
③:別の店に移動する
④:異性と約30分話をする
⑤:③④を繰り返す
というのが、街コンの基本的な流れですよね。

主催者によって若干の違いがありますが、だいたいこういう流れになりますよね。

 

という事は、女性は何人もの男性と話をすることになります。

街コンにもよりますが、だいたい5~10人もの男性と話をすることになります。

それで、女性は話をした男性とメルアド(あるいはLINEなど)を交換することが多いです。

という事は、5~10人もの男性とアドレスを交換していることになりますよね。

 

では、女性は5~10人もの男性と同時にメールのやり取りをするのかといえば、それはほぼ不可能です。

よっぽど友達がいなくてのやり取りをする人がいない女性であればそういう事もあり得ると思います。

しかし、通常はメールやLINEでやり取りしている人がいて、それにプラスしてメールのやり取りをする人が増える、という事になるわけです。

であれば、新たにメールのやり取りをするのは1人か2人が限界になるはずです。

 

また、自分が好きなことをするのをやめてまでメール交換してくれる女性であれば、それだけの人数の男性と同時にメール交換することが可能だと思います。

しかし、好きなテレビを見るのをやめてまで、好きな本を読むのをやめてまでメール交換をする人はまずいないと思います。

そういったことを考えても、女性は街コンでアドレス交換した男性全員とメールのやり取りをするのは無理という事になります。

 

という事は、単純な話、街コンに参加した他の男性とメールのやり取りをしているから、こちらがメールを送っても返事をしてくれない、つまり、他の男性に負けた、という事になります。

 

それで、街コンに参加する女性の多くは、何回も街コンに参加しています。

「街コンに参加するのは初めて!」なんて言っている女性でも、実は過去に何回も参加したことのある、なんてことが多いです。

という事は、その時の街コンに参加していた男性に負けただけではなく、他の街コンに参加した男性を含めて負けた、という事になります。

「今回の街コンは前回に比べるとイイ男がいなかったなぁ!」
なんて思われたら、その時の街コンでメール交換した男性からメールがきても無視するでしょう。

 

それともう一つ、女性は1回の街コンで何人もの男性と話をします。

それで、実はほとんど会話の内容に差はありません。

モテる男性であれば他の男性と差をつけるのは簡単にできてしまいますが、そういう事ができるのはごく一部の男性だけです。

という事は、会話の内容に差がないという事は、女性は印象に残りません。

運が悪いと、名前と顔が一致しない、なんてことになりかねないです。

メルアドを交換したときに名前の登録もしてくれていると思いますので、メールを送れば女性は名前くらいはわかると思います。

しかし、顔もどんな話をしたのかもわからない、なんていう事になりかねないのです。

そういう場合は、返事をする確率が大幅に下がりますよね。

つまり、会話の内容がその他の男性と変わらず、女性の印象に残らないから、女性にメールを送っても返事がない、という事になります。

 

以上をまとめますと、街コンでメルアド交換した女性にメールを送っても返事がない原因は、
ライバルに負けた
女性の印象に残っていない
の2つになります。

 

街コンでメルアド交換をした女性が返事をしてくれ仲良くなるには?

 

街コンでメルアド交換した女性とメールのやり取りができ、そして仲良くなるには、女性に印象に残るようにし、そしてライバルに勝つ必要があります。

それには2つの方法があります。

女性に印象の残るような会話をするか、2次会に一緒に行くか、のどちらかです。

 

女性に印象の残るような会話の方法は別のページで紹介しました。

参考ページ:「街コンでカップル成立するポイント!」へ

 

また、女性は1組の男性としか2次会に行かないですよね。

何組もの男性と次々と2次会に行くなんて、まさかないでしょう。

という事は、2次会に行くことができれば女性の印象に残るはずですよね。

そうすれば、2次会などで下手なことをしなければメール交換ができ、仲良くなることができます。

 

そこで、街コンでは女性を2次会に誘う事だけに集中したほうがいいです。

 

ほとんどの街コンは遅くてもPM10:30には終わると思います。

ただ、PM10:30に終わると、そこから2次会に誘うのは少々厳しくなりますので、できるだけPM10:00までには終わる街コンを選んだほうがいいです。

それで、2次会で1時間だけでもカラオケに行くようにすれば、女性の印象に残りますよ。

 

街コンで女性を2次会に誘って仲良くなる方法は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

参考ページ:「街コンで狙った女性を落とすカギは2次会!?~誘い方と店の選び方」へ

キャバ嬢が同伴をドタキャンする理由!

キャバ嬢 同伴 ドタキャン について

 

「キャバ嬢と同伴の約束をしていたのに、ドタキャンされてしまった!」
なんてこと、今までありませんか?

こんな時、キャバ嬢はいろいろ言い訳をすると思いますが、
「本当なのかなぁ?」
と、疑問に思ってしまいますよね。

 

僕はキャバ嬢と同伴の約束をしていたのに、ドタキャンされたことは何回もあります。

もちろんそんなことをするキャバ嬢は2度と指名しませんけどね。

そんなことをされた時、僕は、
「よっぽど僕に店に来てほしくないと思っているのかなぁ?」
なんて、思ったことがあります。

 

そのことで、キャバ嬢から話を聞くことができました。

僕が口説き落としたキャバ嬢で、今ではキャバクラに行かなくても2人でデートできる関係ですから、本音を話してくれたんだと思います。

そこで、そのキャバ嬢が話していた、同伴をドタキャンする理由を紹介します。

a0001_009298

 

キャバ嬢が同伴をドタキャンする理由

 

キャバ嬢が同伴をドタキャンする理由は大きく2つあるそうです。

 

1つは太い客(売上の高いお客様)から急に同伴に誘われた時に、他のお客様との同伴をドタキャンして太い客と同伴することがある、ということです。

まあ、売上が給料に直結するキャバ嬢にとっては、太い客を優先するのは、当然と言えば当然ですね。

この時は、あらかじめ同伴の約束をしていたお客様が店に来なくなるのを覚悟することもあるそうです。

ただ、その恐れがある時は、なるべく太い客の機嫌を損ねないように断って、あらかじめ約束をしていたお客様と同伴するように頑張るみたいですけどね。

どこまで頑張るかはキャバ嬢次第みたいです。

ただ、基本的に太い客はわがままなので、急な同伴の誘いでも断ることができないことが多いそうです。

 

もう1つの理由は、ドタキャンしても店に来て指名し続けてくれるだろう、と思われているから、ということです。

同伴はキャバ嬢にとっては仕事です。

誰だって時には「仕事をさぼりたい!」と思う事ってありますよね。

それで、仕事をナメている人はサボってしまう事もあるでしょう。

それと同じような感覚で同伴をドタキャンする、ということです。

 

キャバ嬢は、指名が減ったら給料が減ります。

ですから、指名が減らないように頑張ります。

ただ、指名が減らないだろうと思ったら、平気でサボることがあります。

つまり、同伴の約束をしたのにもかかわらずドタキャンするという事は、ドタキャンしても指名し続けてくれるだろうと思っているからできることだ、ということです。

ドタキャンしたら指名してくれなくなる、という事がわかっていてもドタキャンするようなやる気のないキャバ嬢は、場末のキャバクラでしか働けないだろう、なんて言っていましたよ。

 

キャバ嬢が同伴をドタキャンする主な理由は以上の2つだそうです。

 

ただ、なかには賢いキャバ嬢もいて、確実に来店してもらうためにわざとドタキャンすることもあるそうです。

他のお客様と同伴する約束をしているのにもかかわらず、平気で同伴の約束をして、当日ドタキャンして確実に来店させるんです。

同伴をする約束をした当日、
「お昼の仕事で急に残業になっちゃった!○時には行けると思うからそれまで待っててもらっていい?」
なんていう感じのメールを送るそうです。

そして、○時になったら、
「お店に頼んで出勤時間をずらしてもらって、□□さんとご飯行こうと思ったけど、ダメだった!お店の前で待っているから来てもらっていいかな?」
とメールすれば、確実にお店に来てくれますよね。

お店の前で待ち合わせをしたら同伴したことになるので、ドタキャンされたのに同伴料を取られる、という、とんでもない事になってしまうんですけどね。

僕がこんなことされたら、
「なんでドタキャンされたのに同伴料を払わないといけないんだ!」
「なんで、ドタキャンされたのに、わざわざ店に行って指名してあげないといけないんだ!」
などとメールして帰りますけどね。

ただ、僕のように機嫌を損ねて帰る人もいるので、そういうことをして大丈夫なのか見極めてはいるだろう、ということです。

ただ、こういうことをするキャバ嬢は少ないだろう、ということです。

 

同伴をドタキャンしたキャバ嬢を口説くことってできる?

 

さて、同伴をドタキャンしたキャバ嬢を口説こうと思っても、それはかなり難しいです。

同伴をドタキャンするという事は、基本的にナメられているという事になります。

そんなキャバ嬢を口説くのは無理でしょう。

 

太い客から急に同伴の誘いが来た場合は仕方ないところはあるにしても、基本的にナメている、と考えていいでしょう。

「ナメたことをしても、そこは温かく見守ってあげる包容力があるところをみせれば、キャバ嬢は惚れてくれるのでは?」
なんて言っていた人がいましたが、その可能性は限りなくゼロに近いです。

「あのお客様は、少々無礼なことをしても大丈夫!」
と思われて、ますますナメられてしまうのが落ちでしょうね。

 

一度キャバ嬢にナメられたら、そのキャバ嬢を口説き落とすのはかなり難しいです。

しかし、方法がないわけでもないでしょう。

 

キャバ嬢を口説く方法は別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

女性を口説くのに恋の駆け引きは必要?~駆け引きなしで口説ける?

女性を口説く 恋の駆け引き 必要 について

 

「恋の駆け引きをしないと狙った女性を口説き落とすことってできないのかなぁ?」
と、あなたは考えたことはありませんか?

恋の駆け引きはいろいろありますよね。

女性に嫉妬させたり、時には冷たい態度を取ってみたり、いろいろあります。

 

しかし、そういった駆け引きって面倒だから、駆け引きなしで女性を口説き落としたい、と思ったことのある人って多いですよね。

 

そこで、ここでは女性を口説き落とすのに本当に恋の駆け引きは必要なのか紹介します。

N745_koibitowomamoru500-thumb-750x500-2114

 

女性を口説き落とすのに恋の駆け引きは必要か?

 

まずは、彼女のいる男性がどのように女性を口説いたのか、よく考えてみてください。

全員駆け引きが上手だったから彼女を作ることができたのでしょうか?

男性と接しているときは駆け引きをしないけど、女性を口説くときだけ駆け引きをしたのでしょうか?

 

そんなことって実際にありえないですよね。

普段、ほとんど駆け引きをしない人が、女性を口説くときにだけ上手に駆け引きすることができるのかといえば、そんなことはあり得ないですよね。

下手な駆け引きをすれば、女性にバレます。

それでも口説き落とすことができる場合がありますが、それは駆け引きをしたから口説き落とすことができたのではありません。

駆け引きされてると女性にバレたら、女性を口説き落としにくくなります。

ただ、それ以外で女性が惚れる要素があったからこそ口説き落とすことができたんです。

 

という事は、恋の駆け引きをしなくても女性を口説き落とすことができる、という事になりますよね。

 

恋の駆け引きが上手になると、女性を口説き落とすことのできる確率が高くなります。

例えば、職場や学校で同じ女性をデートに誘う時、上手に駆け引きすればOKしてもらえる確率が高くなりますよね。

そして、デートをすれば、口説き落とすことのできる確率が高くなります。

また、駆け引きをすることによって女性を追っている状態から女性に追わせることができれば、その女性の恋心に火がついて惚れさせることのできる確率が高くなります。

 

恋の駆け引きをしなくても、一緒にいる時に女性が楽しいと思ってくれたり、頼りになると思ったりしてくれれば、口説き落とすことはできます。

ただ、駆け引きをしないとそのように思ってくれる女性が限られるので、口説き落とす確率が下がってしまうのです。

男同士の付き合いでも、誰とでも仲良くできるかといえばそういうわけではなく、気の合う数人の男性と仲良くなりますよね。

誰とでも良好な関係を築くことができたとしても、よく飲みに行ったり遊びに行ったりするメンバーってだいたい限られてきますよね。

それと同じで、女性に楽しいと思ってもらう事ができたり、頼もしいと思ってもらう事ができたりするのは、気の合う一部の女性だけになってしまうんです。

 

ただ、一部の女性といっても、そういう女性を見つけるのはそんなに難しいわけではありません。

カップリングパーティーに参加すれば、そういう女性は1人や2人はいます。

ただ、カップリングパーティーはライバルがいるので、気の合う女性がいたとしてもカップル成立するとは限らないですけどね。

気の合う女性を見つけるのはそんなに難しくはない、という事が言いたかっただけです。

ですから、恋の駆け引きをしないと口説き落とすことのできる確率が下がるからといって、女性に不自由するまでにはならないです。

 

ただ、逆に多くの女性は駆け引きをしてきます。

女性は付き合う価値があるのか慎重に見極めたいという気持ちが男性に比べると強いので、いろいろ試してきたりします。

冷たいことをしても好きでいてくれるのか、デートを断ってもあきらめないほどの気持ちを持っているのか、つまり、付き合ってもすぐに捨てられたりしないのかを見極めるためにいろいろ試す女性は多いです。

そこは、女性はそういうものだと思って、温かく見守ってあげたほうがいいですよ。

そして、少々のことでは動じないようにすることも大切ですよ。

 

女性を口説くうえで恋の駆け引きよりも大切なことは?

 

女性を口説く際に、恋の駆け引きよりも、女性に惚れさせる、という事のほうがはるかに大切になります。

もちろん、女性を惚れさせるために恋の駆け引きをするわけですが、そういう事よりも女性が男性に求めているものを提供できるようにするほうが大切です。

女性は本能的に自分を守ってくれる男性のことを好きになります

見た目筋肉質の男性はモテますが、それは女性を守る力を持っているから、女性は本能的に筋肉質の男性に惚れてしまうのです。

ただし、女性を守るというのは、力だけではありません。

女性を癒すことができたり、受け入れることができたり、認めることができたりすれば、それは女性をストレスなどから守り、欲求を満たすことができた(欲求不満から守ることができた)、という事になります。

人間は基本的に欲求を満たすために生きています。

そして、認められたい、誰かに受け入れてもらいたい、という欲求を持っています。

ですから、女性のわがままなどを受け入れ、女性を認めることができれば、欲求が満たされない状態から守ったという事になります。

それで、女性はそういうことのできる男性に惚れるんです。

 

女性がただ求めているものを提供するだけでは、ただの友達、あるいは便利屋で終わってしまいます。

そうではなくて、男性に求めているものを提供できれば女性は惚れる、ということです。

これができないのに恋の駆け引きだけで女性を口説き落とそうとすると、逆に女性を落とすことができなくなります。

 

無理な頼みごとをされて、駆け引きされて断れなくなって、渋々承知したことって今までに1回や2回はあると思います。

それと同じように、女性をデートに誘う時に渋々OKさせたりしても、女性に恋愛感情を持ってもらうのは非常に難しい、というのは想像できますよね。

1回はデートできたとしても、2回目デートに誘おうとしても女性は断り方を考えるので、OKしてくれにくくなりますよね。

ですから、恋の駆け引きだけで女性を口説き落とそうとしても、逆に女性を落とすことができなくなってしまうのです。

 

女性を口説き落とすには、恋の駆け引きよりも、女性が男性に求めているものを提供することのほうが大切ですよ。

 

ちなみに、先ほど「女性を認める」「女性を受け入れる」と、女性を惚れさせることができる、と紹介しました。

これは、聞き上手になるためのテクニックとして紹介されることがありますよね。

という事は、聞き上手になれば女性は惚れてくれる、という事になります。

 

聞き上手については別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「聞き上手はモテる!~口説かなくても女性を落とすこともできる!」へ

無口な女性との会話を盛り上げる7つのポイント!

無口な女性との会話 盛り上げる について

 

「気になっている女性が無口だから会話が続かなくて…」
と、あなたは悩んだことがありませんか?

無口な女性と会話をしようとすると、どうしても話が続かなくて沈黙になり、盛り上がらないですよね。

それで、無口な女性とどのように話をしたらいいんだろう、と悩む人はたくさんいますよね。

 

そこで、ここでは無口な女性と会話を盛り上げるポイントを紹介します。

a0001_016479

 

無口な女性と会話する時に知っておきたいこと

 

無口な女性は、いつでもどこでも無口というわけではありません。

女友達といる時や職場や学校では無口でも、家族と話をするときはよく話をする、という女性が多いです。

これは単純な話、自分に自信がないから外では無口になってしまうのです。

「私が話をしても誰も聞いてくれないのではないか?」
「私が話をしても面白くなくてしらけてしまうのではないか?」
などと考えてしまうので、自然と無口になってしまうのです。

 

という事は、話を聞く姿勢を女性に示せば、無口な女性でも話をするようになります

信じられないくらいよく話をするようになる女性もいるんです。

 

僕の知り合い(男性)で無口な人がいますが、その人がよくしゃべる時があります。

それはキャバクラに行ったときです。

キャバクラ嬢は基本的に男性に話をさせるのが上手です。

つまらない話でも楽しそうに聞いてくれます。

ですから、普段無口な男性でも、キャバクラに行くとよくしゃべるようになるんです。

 

そこは女性も同じで、話を楽しそうに真剣に聞いてくれる人に対しては、よくしゃべるようになりますよ。

 

何十年も前であれば、
「人前でよくしゃべる女性は品がない!」
なんて言われていたみたいで、外では品がないようにみられないために無口になる女性がいた、という話を聞いたことがあります。

ただ、そういう女性は現代はまずいないと思います。

外では口数を減らしている女性でも、無口と言われるまで口数を減らさないことが多いです。

無口な女性のほとんどが話をしたくてもできない、と考えていいでしょう。

 

無口な女性と会話を盛り上げるポイント

 

無口な女性に対しては、話を楽しく真剣に聞いている、と思ってもらえればいいわけです。

そこで、ここでは無口な女性に対してどのよう接すれば、会話を盛り上げることができるのか、そのポイントを紹介します。

 

 警戒心を解くことに集中する

無口な女性は人に対して警戒心が強いです。

人は誰でも他人に対して警戒心を持っています。

「自分に害を加えるかもしれない!」と無意識レベルで考えてしまうので、どうしても警戒心を持ってしまいます。

無口な女性はそれにプラス、「自分は受け入れられないのではないか?」という気持ちも加わるので、警戒心がさらに強くなります。

警戒心が強い状態では、なかなか話をしてくれません。

ですから、警戒心を解くことに集中する必要があります。

 

 笑顔

相手に話をしてもらうために、笑顔はとても大切です。

無表情の人よりも笑顔の人のほうが話しやすい、という事は誰しも経験していることだと思います。

さわやかな笑顔で話ができるように鏡の前で練習したほうがいいですよ。

 

 自己開示

相手に話をさせるには、まずはこちらのことを話す必要があります。

ただ、自分のことを話しても、無口な女性はあまりいい反応はしてくれないことが多いです。

女性がつまらなさそうに聞いていたとしても、自己開示をしていくことで徐々に女性は話をしていくようになりますよ。

ただし、基本的に人は他人の話を聞きたくはありませんので、自分の話をするときは女性を退屈させないように簡潔に話す必要があります。

学校の朝礼などで校長先生が長々と話をしているのを聞いていてかなり退屈した経験は誰しもあると思います。

一方的に話をしてしまうと、校長先生の話と同じように相手が退屈してしまうので、そうならないように気を付けるように必要がありますよ。

 

 返答に期待しない

無口な女性に何かを質問にしても、たったの一言しか返事をしてくれないことがあります。

それで、何を言ったらいいのかわからなくなって沈黙をしてしまう事もあると思います。

普通ならいろいろ話してくれるような質問をした時に一言しか言ってくれなかったとしても、あまりガッカリしないようにする必要があります。

沈黙しないように、話のネタをあらかじめ用意しておいたほうがいいですよ。

 

 返答を待つ

無口な女性に質問をすると、返事が遅い時があります。

そんな時は、女性が答えるまで待ったほうがいいです。

1分も2分も答えが返ってこない時は、女性は答えにくいと思っているでしょうから、話を変えていったほうがいいです。

しかし、1秒~2秒返事がないからといって、返事を待たずに話をしてしまうと、女性が話をしようとしていたのにそれを遮ってしまう事になりますので、女性はますます無口になってしまいますよ。

無口な女性は返事がワンテンポ遅いことが多いので、返事をするまで少し待ったほうがいいです。

 

 相槌

真剣に話を聞いていると思われるために、相槌をするといいです。

ややオーバー気味に相槌をすれば、女性は話をしやすくなりますよ。

 

 女性が話したことに対して話を広げる・掘り下げる

やや難易度が上がりますが、女性が話したことをもとに話を広げていくようにすると、会話が途切れないことが多いですし、女性に話を聞いていることをアピールしていることにもなります。

話を掘り下げるには「5W1H」を意識するといいです。

「5W1H」とは、Who(誰が) What(何を) When(いつ) Where(どこで) Why(なぜ)How(どのように)の6つのことです。

例えば、「昨日、映画を見に行った!」と女性が言ったとします。

そうしたら「誰と(Who)?」「何の映画(What)?」「どこの映画館(Where)?」「なぜ映画を観ようと思ったか(Why)?」の4つの質問をすることができますよね。

そして、映画の内容について話をする時にも、「5W1H」を意識しておけば、さらに話を掘り下げることができますよ。

あと、話を広げるには、普段から連想力を鍛えておくといいです。

映画から連想する言葉は、ドラマ、小説、テレビ、マンガ、アニメ、デート、1人ぼっち、などいろいろ出てきますよね。

このように連想力があると、会話を簡単に広げることができるようになりますよ。

会話を広げたり掘り下げたりするのはすぐにできることではありませんが、普段から意識しておいて少しずつできるようになっていくといいですよ。

 

以上の7つが無口な女性と話をするときのポイントです。

 

無口な女性と会話をするときは、とにかく女性に話をさせる、つまり聞き上手になる必要があります。

キャバ嬢のように普段無口な人に話をさせることができるようになればいいわけです。

 

聞き上手に関しては別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 聞き上手はモテる!~口説かなくても女性を落とすこともできる!

友達から紹介された女性と付き合う方法!~確実に彼女にするには?

友達からの紹介 付き合う 方法 流れ について

 

「友達から女性を紹介されたけど、付き合うまでどのような流れで進めていけばいいんだろう?」
と、あなたは悩んだことはありませんか?

せっかく友達から女性を紹介してもらったのだから、その機会をきちんと生かしたい!でも、どうしたらいいのかわからない!そのように悩む人って多いですよね。

特に社会人になると女性との出会いが減りがちなので、数少ないチャンスを生かして彼女を作りたいですよね。

 

そこで、ここでは友達に紹介してもらった女性と付き合う方法、流れを紹介します。

a1180_010132

 

友達に紹介してもらった女性と付き合うまでの流れ

 

まずは、僕や僕の知り合いが友達から紹介してもらった女性と付き合うまでで一番多い流れを紹介します。

 

まず、初対面の時にメルアドやLINEのIDを交換します。

そして、メールやLINEで距離を縮めていきます。

ある程度距離が縮んだらデートします。

そして、何回かデートをしてタイミングを見て告白します。

 

多くの人はこの流れで女性と付き合う事ができています。

 

ただし、この流れで確実に付き合う事ができるのかといえば、そういう事はありません。

メールやLINEで女性と距離を縮めることができなければ、デートすることができませんので付き合う事ができないですよね。

また、デートで距離を縮めることができなくても付き合う事ができません。

という事は、この流れに沿っていくのであれば、メールやデートで女性との距離を縮める方法を身に付ける必要があります。

 

それらの方法は別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

参考ページ:
女性を惚れさせる!モテる男のメール内容~3段階で使い分け!
女性をメールでデートに誘う方法~断られない誘い方とは?
付き合う前の女性とデート中の会話~沈黙して気まずい雰囲気を避けるには?

 

友達に紹介してもらった女性と付き合う方法

 

友達に紹介してもらった女性と付き合うための基本的な流れとそのポイントは上で説明した通りです。

ここでは、友達に紹介してもらった女性特有の方法を紹介します。

 

まず、初対面の時にできるだけ2人で会う約束をするといいです。

2人で食事をするのが無難ですよ。

2人で会う場所(食事する場所)と日時を具体的に決めることができたほうがいいです。

しかし、場合によってはそれが難しい場合がありますが、その場合でも社交辞令でも構わないので「今度、一緒に食事にでも行きましょう。」と言っておいたほうがいいです。

そのうえでメールなどでやり取りすれば、食事などに誘いやすくなりますよ。

 

初対面であまり距離を縮めることができなかった場合、紹介してもらった人に頼んで複数で食事に行ったり遊びに行ったりするといいです。

紹介してくれた友達に彼女がいる場合はWデートするのもいいです。

しかし、彼女がいない場合、あるいは女性がWデートに抵抗がありそうなときは、何人かの男女と一緒に食事したり遊びに行ったりするといいでしょう。

それで、周りの人は事情は分かっているわけですから、紹介してくれた女性と2人で話をする機会を作ってくれることが多いです。

それで、2人で会話をして距離を縮めていくようにするといいです。

そして、できるだけ2人で会う(食事をする)約束をするようにします。

できるだけ具体的な日時と場所を約束したほうがいいですが、それが無理でも社交辞令でも「食事に行こう」と言っておくといいですよ。

 

友達の紹介に限らず、女性と付き合うには少しずつ女性との距離を縮める必要があります。

一気に距離を縮めようすると、女性は拒絶したくなりますので、少しずつ縮めることが大切です。

 

そのためには、友達に紹介してもらったメリットをきちんと生かしながら女性の距離を縮めていくといいでしょう。

 

ただ、女性とメールできるまでの距離になってからは、友達に頼るわけにはいきません。

「その女性はどういうタイプの男性が好きなのか?」などといったアドバイスをもらう事はできます。

しかし、メールなどのやり取りをし、2人で会い、デートをして告白するのに、友達に助けてもらうわけにはいきません。

友達に2人で会うように背中を押してもらう事はできるかもしれませんが、そうしてもらうと女性との距離が離れてしまいかねません。

メールできる間柄になったら、あとは普通に女性を口説き落とすのと同じ方法で落していくようにしましょう。

参考ページ:
女性を惚れさせる!モテる男のメール内容~3段階で使い分け!
女性をメールでデートに誘う方法~断られない誘い方とは?
付き合う前の女性とデート中の会話~沈黙して気まずい雰囲気を避けるには?

恋愛話をして片思いの女性を惚れさせる方法!~間違えると効果なし!

恋愛話 女性を惚れさせる について

 

「片思いの女性を振り向かせ、惚れさせるには恋愛話をすると良い!」
という事を聞いたことはないでしょうか?

片思いの女性と恋愛話をすることができると、惚れてくれやすくなります。

しかし、恋愛話をするタイミングを間違えると、全く惚れてくれなくなってしまいます。

 

そこで、ここでは恋愛話をして片思いの女性を惚れさせる方法を紹介します。

PAK86_hartwoprezentsuruyo1039500-thumb-687x500-4060

 

恋愛話をすると女性が惚れやすくなる理由

 

まずは、恋愛話をすると女性が惚れやすくなる理由を簡単に紹介します。

 

恋愛話をすれば、恋愛しているところを想像してしまいますよね。

恋愛話をしているのに、恋愛しているところを想像するな、というのは無理です。

 

それで、脳の仕組みから考えると、恋愛しているところを想像していると、主語が抜けます。

例えば「A君とBさんが付き合っていて、いま2人ともとっても幸せそうだよね!」という話をしたとします。

そうすると、脳の中ではA君とBさんというのが抜けてしまうんです。

つまり、「付き合っていて幸せそう!」という事しか想像しなくなってしまいます。

そして、脳は自分が異性と付き合っていて幸せそうにしていると錯覚してしまうのです。

 

ラブストーリーを観ていると泣いたり感動したりしますよね。

それは、自分がラブストーリーの主人公になったと脳が勘違いをするから主人公と同じ気持ちになってしまうのです。

脳が勘違いをせず他人事のままだと、感動したりすることはありません。

 

それで、恋愛話をするとそれが全く他人のことであったとしても、自分が恋愛しているかのような錯覚をしてしまうのです。

その時に、目の前に異性がいたら、脳はその目の前の異性と恋愛していると錯覚してしまいます

そして、その恋愛話が幸せな話であれば、目の前の異性と幸せな恋愛をしていると錯覚してしまいます。

だから、惚れてしまうのです。

 

恋愛しているところをよりリアルに想像させ、恋愛している時と同じ感情を持ってもらったほうが惚れてくれやすいですが、それには女性に恋愛の体験談をさせるといいです。

実際に体験したことを話せば、その時の感情がそのままよみがえりやすいですよね。

そうすると、目の前の男性と恋愛していると脳が錯覚してしまうので、惚れてしまうのです。

 

恋愛話をして女性を惚れさせる時の注意点

 

恋愛話をして女性を惚れさせるには、その恋愛話を女性がきちんと受け入れることが大切になります。

あまり仲良くない人と恋愛話をするのは、照れくさいというか、少し抵抗がありますよね。

また、職場で女性の部下に、
「彼氏いるの?」
と聞くのはセクハラになるみたいですけど、親しくもない人に恋愛に関しては言いたくない、という女性の気持ちからセクハラ扱いされるのではないでしょうか?

 

それで、親しくない段階で恋愛話をしても女性は抵抗がありますし、話の内容によっては女性は嫌がります。

そうなったら、女性に惚れさせるのは無理ですよね。

 

しかし、女性に限らず男性もそうですが、仲の良い人と恋愛話をするのは好きですよね。

 

という事は、女性と恋愛話をするには、まずは距離を縮める必要があります

 

世間話だけではなく、女性がプライベートのことまで話をしてくれるようになったら、女性は恋愛話を抵抗なく受け入れ、話をしてくれるようになります。

距離が縮んでいない段階では、恋愛もののドラマや映画などの話も避けたほうがいいです。

ドラマや映画などの話なら、女性は嫌がることはないでしょうから大丈夫だと思いますが、親しく話ができない状態で恋愛もののドラマなどの話をしてもあまり意味がないです。

それなら、親しくなってからのほうが惚れさせる効果がでてきますから、そのほうがいいです。

 

さて、恋愛話を使って惚れさせる具体的な方法ですが、先ほど触れたとおり女性に恋愛の実体験を話させたほうがいいです。

ただ、どれだけ親しくなったからといって、いきなり
「ところで、彼氏いない歴どれくらいなの?」
「ところで、前の彼氏と付き合って幸せだった?」
なんて聞いたら不自然なので、女性が話すのに抵抗してしまいます。

その前に、恋愛話をさせる流れを作ったほうがいいです。

その方法の一つとして、恋愛もののドラマや映画などの話をする、というのがあります。

例えば、
「そういえば、この前『今日、恋をはじめます』という映画のDVD観たんだけど…」
と切り出せば、普通に恋愛ものの映画の話をすることができますよね。

そこから、
「映画のような恋愛したことある?」
「今までで付き合った彼氏と一緒にいて感動した時ってどんな時?」
なんて聞くことができますよね。

それで、もし女性が話しにくそうにしていたら、自分の恋愛話を織り交ぜながら話すと、女性が話をしやすくなりますよね。

 

もし、あなたが過去に誰とも付き合ったことがないのであれば、自分の恋愛話を織り交ぜることができないですよね。

そういう時は、へたにウソをついて架空の恋愛話を話すのはやめておいたほうがいいです。

女性が話しにくそうにしていたら、女性は適当にその場をごまかそうとすることが多いので、元の映画などの話に戻ったほうがいいです。

もしくは、彼女いない歴=年齢であることを認めて、恋愛はドラマや映画の世界しか知らないから、と言えば女性はある程度は話しやすくなりますよね。

 

ちなみに、彼女いない歴=年齢だと、そのことが女性に知られたら落としにくくなる、と言われていて、僕も以前はそれを信じていました。

しかし、様子を見ているとあまり関係ないようですね。

「恋愛経験がない男性は、不器用そうだからイヤだ!」という女性はいますが、それはかなり少数派で、実際に気にする女性は少ないようです。

実際に、30代の男性が女性に「彼女いない歴=年齢だから…」と言っていたんですが、その女性と付き合う事ができました。

20代の男性が女性に「彼女いない歴=年齢だから…」と言って、その女性と付き合う事ができた、という人は何人もいます。

ですから、「彼女いない歴=年齢」という事を女性に言っても、女性を落とすのに不利にはならないです。

 

ただし、「彼女いない歴=年齢」という事を女性に言うのは抵抗がある、という人は少なくないと思います。

もしそうなら、女性に恋愛話をさせずに、恋愛もののドラマや映画の話だけをするのも一つの手ですよ。

それだけで、女性は恋愛感情を持ってくれるので、惚れやすくなります。

 

あと、恋愛話をするときに、知人の話をするのはやめておいたほうがいいです。

男性は幸せだと思っていたとしても、女性は幸せだと思っていないことがあります。

そういう状態の恋愛話をしたら、女性は幸せではない恋愛を想像してしまうので、口説き落とすのが非常に難しくなります。

 

また、芸能人、有名人の恋愛話も避けたほうがいいです。

有名人の恋愛に関しては、様々なうわさが飛び交います。

そして、噂は不純な話が多いです。

テレビでは幸せそうな恋愛として報じられていたとしても、週刊誌やネットでは不幸話として記事が書かれることがあります。

それで、女性が不幸な恋愛だという記事をどこかで見ていたら、それが全く根拠のない作り話だったとしても、不幸な恋愛を想像してしまいます。

そうなったら、女性を口説き落とすことができなくなりますよ。

 

さて、女性と恋愛話をする前に、女性と距離を縮める必要があります。

女性との会話方法については別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

 「女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!」へ