恋愛テクニックの重要性~テクニックよりも内面が重要ってホント?

恋愛テクニック 重要性 について

 

「恋愛テクニックを身に付けさえすれば、狙った女性を確実に落とすことができるようになるのかなぁ?」
と、あなたは疑問に思ったことはありませんか?

テレビや雑誌などで様々な恋愛テクニックが紹介されていますよね。

しかし、
「テクニックを磨くよりも内面を磨いたほうが女性にモテるようになるのでは?」
という疑問を持っている人も少なくありませんよね。

 

そこで、ここでは恋愛テクニックの重要性とモテる男の内面について紹介していきます。

 

恋愛テクニックの重要性とモテる男の内面

 

まずは、モテる男の内面磨きについてです。

 

僕は、モテる男になるために内面磨きは、とにかくたくさんの女性に接することが手っ取り早いと思っています。

モテる男の条件はいろいろありますよね。

優しさ、思いやり、強さ、包容力etc挙げればきりがありません。

これらを一言でいうと「女性が恋愛対象として男性に求めているものを提供できる人」がモテる男という事になります。

つまり、自己中心的ではなくて、女性のことを考えることのできる男性がモテる、という事になりますよね。

 

それで、女性のことを考えることができるようになるには、自信や余裕が必要になります

自分に自信がなく心に余裕がないと、どうしても自己中になります。

「自己中ではなく、他人のことを考えることができる人になるのが大切だ!」と言うことがありますが、そのように言って他人のことを考えることができるようになった人を、僕は見たことがありません。

こういうことを言っても、耳を貸さない人は多いです。

ただ、耳を傾けてくれて、そして他人のことを考えて行動しようとする人はいますが、自分のことしか考えていないのがまるわかりなのに「他人のことを考えていますよ!」とアピールするかのような行動をするようになるか、あるいは「僕は他人のことを考えて行動している」と口にするようになるだけで全く行動が変わらないか、のどちらかになりますよね。

人間の言動の9割以上が無意識のうちにしています。

自分の言動をよく分析してみると、ほとんどが無意識のうちに行っていることがわかるでしょう。

ですから、他人のことを考えて行動しようとしても、中身が伴っていないと9割以上の言動が自己中になってしまうのです。

その中身とは、自分自身に対する自信や余裕です。

人間は自分自身が満たされないと他人のことを考えることができないようにできています。

ですから、「他人のことを考えることが大切だ!」という事を知識としてわかっても、他人のことを考えることができないんです。

 

たまに「女性のことを考えてるけど、全然モテるようにならない!」と言う人がいますが、このように言うこと自体、女性のことを考えていない証拠ですよね。

女性のことを考えているのであれば、そのように考えることなく女性が何を望んでいるのかを考えますよね。

女性が恋愛対象として男性に望むものを提供できていないからモテないんです。

という事は、「女性のことを考えている」のではなくて「女性のことを考えているつもりでも考えることができていない」んです。

「女性のことを考えてるけど、全然モテるようにならない!」と言う事自体、「女性のことを考えることが大切だ!」という知識を持っていても中身が伴っていないために、言っていることが自己中になっている典型例ですね。

 

モテる男は、女性のことを考えることのできる人です。

女性のことを考えることのできる人は、自信があり心に余裕のある人です。

恋愛において自信をつけ、心に余裕を持てるようになるには、正しい知識(テクニック)も必要ですが、たくさんの女性に接することが重要になります。

間違った知識しか持っていないのにたくさんの女性に接しても、永遠に女性を落とすことができないので、逆に自信を失います。

ですから、最低限の知識は必要ですが、知識だけでは自信を持つことができるようにはなりません。

知識を身に付けたうえで、たくさんの女性に接する必要があります。

最低限の知識さえあれば、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる!」という言葉通り、たくさんの女性に接し口説いていけば、落とせる女性も何人かは出てきます。

まずは落ちやすい女性を狙うのも大切なんですけどね。

そうすれば、自然と自信が出てきて心に余裕が出てきて、女性のことを考えることができるようになるのでモテる男になることができる、という事になります。

 

さて、恋愛テクニックの話をします。

恋愛テクニックというのは、言い方を変えれば「女性が恋愛対象として男性に望んでいる言動」という事になりますよね。

女性を惚れさせるセリフ、しぐさ、アプローチ方法、クロージング法など、女性が望んでいるものが多いです。

 

なかには、女性が嫌がっているのにデートをOKさせたり、女性が望まないことをさせたりするテクニックは確かにあります。

ただ、そういった一部のものを除けば、恋愛テクニックというのは女性が望んでいることだと言ってもいいでしょう。

 

それで、多くの恋愛テクニックというのは、女性を口説く過程の一部分にしか過ぎないです。

例えば、聞き上手はモテる、と言われていますが、聞き上手になるテクニックはいくつかあります。

しかし、そのテクニックというのは、女性との会話の一部でしか使う事ができません。

女性の言う事に同意したり、オウム返しをしたりするのは、女性が話しをしている合間や終わった後だけですよね。

また、女性の言う事に相槌をしたり、女性の目を見たりする、というのは、体の一部しか使っていませんよね。

そういったテクニックを使ったとしても、あくびをしたり、つまらなそうな顔して女性の話を聞いていたら、女性は話をしたくなくなりますよね。

つまり、聞き上手のテクニックを使ったところで、女性の話に興味がなければ聞き上手になることができない、という事になります。

女性の話に興味を持てば、つまらない顔はしないでしょうし、あくびは出ないでしょう(寝不足でなければ)。

また、女性の言う事に興味を持つことができれば、聞き上手のテクニックを使う事でさらに女性に気分よく話をさせることができますよね。

 

その他のテクニックも同じように、結局は女性を口説く過程の一部分にしか過ぎないです。

中身が伴っていれば有効に活用できますので非常に重要なものにはなりますが、テクニックだけだとほとんど意味のないものになります。

 

逆に内面は磨かれているのに恋愛テクニックを全く知らないと、女性が望んでいることをしたくても何を望んでいるのかが分からないことになりますので、何をしたらいいのかわからない、という事になってしまいます。

例えば、女性を惚れさせることができ、「2人で一夜を過ごしてもいいかな?」と女性がその気になったとします。

しかし、ホテルに誘う方法(テクニック)がわからないと、女性の気持ちが冷めることもあります。

「ねえ、これから一緒にホテルに行こう!デヘヘ!」
なんて、よだれを流しながら下心丸出しで誘ったら、女性の気持ちは冷めるでしょうね。

でも、女性をホテルに誘うテクニックを身に付けていたら、ある程度女性がその気になっていればスムーズに誘う事ができますよね。

ですから、恋愛テクニックは非常に重要です。

テクニックを軽視するようなことを言う人がいますが、それは中身が伴っていない場合を指しているのではないか、と思います。

 

恋愛テクニックは重要なものですが、恋愛テクニックを有効に活用できるようになるには、まずは恋愛に対して自信を持ち、余裕を持つ、つまり内面を磨くようにする必要があります

そのためには、まずは女性と接する機会を増やす(出会いを増やす)必要があります。

女性との出会いを増やすのに一番効率の良い方法は「出会い系サイト」です。

僕の知り合いで「出会い系サイトを使えば、誰でも1ヶ月で5人の女性に出会う事は出来るでしょう!」と言っていましたが、人妻を含めれば1ヶ月で5人の女性に出会うのはそんなに難しいことではありません。

ただ、人妻と関係を持つと、運が悪いとその旦那から慰謝料を請求される可能性がある(僕は慰謝料を請求された人を見たことも聞いたこともありませんが)ので避けたい、という人がいますよね。

その他もろもろの理由で独身女性だけを狙う場合でも、月に3人の女性に出会うのは難しいことではありません。

それだけの女性に出会う事の出来る手段は他にはないと思います。

 

「出会い系サイト」で女性との出会いを増やす方法は別のサイトにまとめてあります。

出会い系サイトの選び方から、サクラや悪徳業者などに合わない方法、女性との出会いを増やす方法など、出会い系サイトを使って女性に出会い口説き落とす方法のすべてを紹介しています。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「出会い系サイト攻略法」へ

付き合う前の女性をデートに誘う口実~デートに誘って断られないために!

付き合う前 女性 デートに誘う 口実 について

 

「付き合う前の女性とデートしたいけど、その口実がない!」
と、あなたは悩んだことがありませんか?

付き合う前の女性をデートに誘う時に、口実は必ずと言っていいほど必要です。

デートに誘う口実がないと、女性は気になっている男性からデートに誘われても思わず断ってしまう事もあるんです。

「ちょっと気になっていた男の人から食事に誘われたんだけど、なぜだか知らないけど反射的に断っちゃった!」
なんて言っている女性がいましたし、それに近いことを言っていた女性も何人かいました。

女性が反射的にデートの誘いを断ってしまう理由の一つが、デートに誘う口実がないからです。

 

人に何かを頼むとき、何か口実があると引き受けてくれる可能性が非常に高くなる、という事は心理学で明らかになっています。

その口実があまりにも適当でも、引き受けてくれる可能性は高くなります。

「今度の日曜日は仕事休みだから、一緒に食事しよう!」
と「仕事が休みだから」という、食事をする理由になっていないような口実でもつけたほうが、全く口実をつけずにデートに誘うよりもOKしてくれる確率は高くなる、という事が明らかになっているんです。

ただ、意味不明な口実よりも、きちんとした意味のある口実のほうがOKしてくれる可能性は高くなりますけどね。

 

そうはいっても、デートに誘う口実ってなかなか見つからないですよね。

 

そこで、ここでは付き合う前の女性をデートに誘う口実の作り方を紹介します。

a0001_016452

 

付き合う前の女性をデートに誘う口実の基本

 

付き合う前の女性をデートに誘う口実の基本中の基本は、デートで女性に何らかのメリットがあることです。

男女の関係に限らず同性を含め人間関係すべてに言えることですが、人に何かをしてもらうときはその人にメリットを与えるのが基本です。

人間は基本的に自分にメリットのないことはしません。

自分にメリットがなくても他人のために行動する立派な人はいますが、そういった立派な人はめったにいないです。

また、自分にメリットがなくても行動できる人であっても、他人にメリットを与えないような一方的な頼み事は引き受けない人が多いです。

ですから、誰かに何かをお願いする時は、何らかのメリットを与えると引き受けてもらいやすくなります。

 

デートも同じです。

女性にデートをお願いするのであれば、それ相応のメリットを女性に与える必要があります。

つまり、デートプランが女性にとってメリットと感じるようなものである必要があるのです。

ですから、デートに誘う口実は、女性にとってメリットになることである必要があります。

 

例えば女性が、
「おいしいイタリア料理を食べたい!」
と言ったのであれば、
「おススメのおいしいイタリア料理の店を見つけたので!」
という口実は、女性にとってメリットのある事になりますよね。

付き合う前の女性との初デートは食事が無難ですが、あらかじめ女性の食事の好みを聞いておいて、その好みの合ったお店を探して誘えば、女性にとってメリットになりますよね。

という事は
「○○(女性の名前)さんが好きだ(興味があるetc)と言っていた××(料理名)の(おいしい・評判の・人気の・雰囲気の良い)お店を見つけたので!」
というのが、デートに誘う口実の基本になります。

 

ただし、この口実だと、
「じゃあ、友達と行くからお店の名前と場所を教えて!」
「友達を連れて行ってもいい?」
などと言われて、2人でデートできない恐れがあります。

そうならないためには、2人で食事したら楽しい時間を過ごすことができる、と思ってもらえるくらい距離を縮めておく必要があります。

2人で食事をしても会話が弾まなくてつまらないだろう、と女性が思ったら、女性はデートに行きたくありませんよね。(※このことは最後の方で詳しく紹介します)

 

付き合う前の女性をデートに誘う口実の具体例

 

女性にデートに誘う口実の基本は、女性にメリットを与えることができるものであることです。

ただし、現実にはそれだけではうまくいかないことがあります。

そこで、デートの誘いにOKしてもらいやすい口実の具体例を紹介します。

 

 「相談したいことがあるんだけど…」

仕事や勉強などの悩みを相談する、という口実だと、女性はNOと言いづらくなります。

「ここではちょっと話しづらいので、2人で食事をしながら!」
「お礼に○○(女性の名前)さんが好きだと言っていた××料理をおごりますから!」
という感じのことを言って誘えば、大体OKしてもらえます。

職場や学校、教室、サークルで同じ女性を誘う際に使える口実ですね。

 

 「男同士だと入りづらい店に行きたい!」

飲食店によっては、男同士だと入りにくい店がありますよね。

特にスイーツのお店は女性だらけなので、男同士だと入りにくいと思います。

しかし、そういった店でもカップルはいます。

そこで、そういったお店に「××店のスイーツを食べたいけど、男同士だと入りづらくて…」なんて言えば、OKしてくれる可能性は高いです。

この場合、「友達を連れて行っていい?」と言われる可能性がありますので、ある程度距離を縮めておく必要がありますよ。

ちなみにスイーツ好きな男性は、意外と女性受けはいいですよ。

逆にスイーツ好きな男性は嫌い、という女性はかなり少ないと思います(僕は聞いたことがありません)。

 

 「家族へのプレゼントの選び方がわからなくて…」

母親や姉、妹などに贈るプレゼントを一緒に選んでほしい、というのは、デートに誘う口実の鉄板みたいなものですよね。

鉄板ですし、女性もおそらく「一緒に買い物するためのただの口実だろう!」と分かると思いますが、それでも女性がOKしてくれる可能性が高いです。

「○○さんはセンスがいいから!」と言って誘えば、褒めていることにもなりますので、OKしてもらいやすくなりますよね。

そして、「お礼にごはんおごるよ!」と食事に誘えば、2人で食事をすることができますよね。

ただし、この誘い方だと、2回目のデートにつなげるが大変だったりします。

 

付き合う前の女性が初デートの誘いにOKする基本

 

女性が付き合う前の男性からデートに誘われた時に、
・肉体関係に持ち込まれないだろう
・不快感を与えられないだろう
・2人で一緒にいてつまらない思いをしないだろう
の3つの事を思えば、OKする女性は多いです。

彼氏持ちで彼氏以外の男性とは2人で会わないことに決めているとか、何か目標に向かっていて恋愛をしないと決めているとか、男性と2人で出かけることに抵抗があるとか、この3つの事を思ってもOKしてくれない女性はいます。

しかし、だいたいの女性は、この3つの事を思えば基本的にデートはOKしてくれます。

 

逆にこの3つの事を思わせることができなければ、どれだけ女性にメリットのあるデートプランを示したところで、なかなかOKしてくれません。

以前からずっと食べたいと思っていた料理を食べに誘われたとしても、体を奪われてまで食べたいと思わないでしょうし、不快感を感じながら食事をしたいと思わないでしょうし、つまらない思いをしてまで食べたいとも思わないでしょう。

 

・肉体関係に持ち込まれないだろう
・不快感を与えられないだろう
・2人で一緒にいてつまらない思いをしないだろう
この3つはデートを誘うために必ず必要なことだと言っていいくらいですので、デートに誘う前にこの3つの事を女性に思わせるようにする、という事を意識しておいたほうがいいですよ。

そう思わせるには、女性と会話が非常に重要です。

一緒にいて面白いとかつまらないとかは、結局は会話が弾むかどうかになりますよね。

身だしなみに清潔感がなくて女性に不快感を与えたりすることはありますが、それ例外は会話がカギを握ります。

 

付き合う前の女性との会話については別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「初対面の女性を落とすまでの会話の流れ」へ

 


 

top2datesasou

女たらしは嫌われる!でも実際にはモテる!その理由とは?

女たらし 嫌われる モテる について

 

「女たらしと言われるくらい、女性に不自由しない日々を送りたい!」
と、あなたは思ったことはありませんか?

男同士で話をしていると、そういう事を言う人が時々いますよね。

僕は初めて彼女ができたのが30歳の時なんですが、それまでは女性に全く縁がなくて、「女たらしと言われるほど女性をもてあそびたい!」なんて思っていたことがあります。

 

しかし、女性に話を聞くと、
「女たらしはイヤだ!」
って口をそろえて言いますよね。

なのに、実際には女たらしと言われる男性って、女性にあまり不自由していませんよね。

これって、よく考えると不思議だと思いませんか?

 

では、女たらしのことをイヤだと言う女性は多いのに、実際には女性にモテるのはなぜなのでしょうか?

N745_koibitowomamoru500-thumb-500xauto-2114

 

女たらしがモテる理由とは?

 

いきなりですが、人間には理性と感情がある、と言われています。

そのことはなんとなくでもわかっている人は多いのではないでしょうか?

 

例えば、朝起きる時間になった時に、
「まだ眠いのでもう少し寝たい!」と思うのが感情ですね。
「早く起きて準備しないといけない!」と思うのが理性です。

つまり、「眠い」という欲求を満たそうとするために湧き起こるものが感情です。

「眠い」という欲求を満たそうとするとシャレにならない、と判断して欲求を抑えるものが理性です。

 

では、これを恋愛に当てはめると、
異性に恋心を抱き、好きになるのが感情です。
「この人を好きになったら苦労するから好きになるべきではない!」と思うのが理性です。

ドラマなんかで、ダメな男性で苦労することが分かっていても、好きだという気持ちを抑えることができずに付き合ったり結婚したりする、というストーリーが時々ありますよね。

これは、理性では「苦労するから付き合わないほうがいい」と分かっていても、「好きだ」という感情を理性で抑えることができないので、付き合ってしまうわけですよね。

 

それで、感情が大きくなればなるほど理性で抑えるのが難しくなります。

 

例えば、先ほどの朝起きる時の例をもう一度出しますと、睡眠時間が短いほど「寝たい!」という感情に逆らえなくなりますよね。

睡眠時間が普段よりも1時間短いだけなら「もう少し寝たい!」という感情を理性で抑えることができても、普段の3分の1しか寝ていないと「寝たい!」という感情を抑えることが難しくなってきますよね。

 

それは、感情が本能を満たそうとするためにわきあがってくるものだからです。

人間の本能は、人間の体を守り、子孫を繁栄させるためにあります。

そして感情は、人間の体を守り、子孫を繁栄させるための行動を起こすためにわきあがってきます。

では、すべての感情を簡単に抑えることができるようになったら、人間はどうなるか想像できますか?

恐らく簡単に死んでしまうのではないでしょうか?

何日も寝ていないのにもかかわらず、「寝たい!」という感情を理性で抑え続けることができたら、病気になるでしょう。

そして、病気になっても「つらいから休みたい!」という感情を理性で抑えることができ、治療しなかったら、そのうち死んでしまいますよね。

ですから、人間は自分の体を守るため、あるいは子孫繁栄のために、理性で強い感情を抑えることができないようにできています。

 

もちろん、睡眠欲に限った話ではなくて、食欲、性欲、金銭欲、色欲、物欲などすべての欲からわきあがる感情に対しては、その感情が強くなれば強くなるほど理性で抑えることができなくなります。

 

という事は、恋愛においても、「好きだ」という感情が強くなればなるほど、理性で抑えることができなくなります。

つまり、女性は「女たらし」と付き合うと、浮気されたりすぐ捨てられたりして、のちに傷ついてツラい思いをするのは理性で分かっているのに、「好きだ」という感情が強くなって理性で抑えることができないから付き合ってしまう、という事になります。

 

という事は、女たらしは、女性に理性で抑えることができないくらい強く「好きだ」という感情を女性にわきあがらせることができるから、女性にモテる、女性に不自由しない日々を送ることができる、という事になります。

 

ちょっと話が難しくてわかりにくかったかもしれませんが、最後の「(理性で抑えることができないほど)「好きだ」という強い感情を女性にわきあがらせることができるからモテる!」という事だけは理解していただければ大丈夫です。

 

女性からの印象が悪くても恋愛感情を持ってもらうには?

 

「女たらし」というのは、言い方を変えれば、女性からの印象が悪くても恋愛感情を持たせることのできる男、という事になりますよね。

女性からの印象が悪くても恋愛感情を持たせるには、会話が非常に重要になります。

 

最低限の身だしなみやマナーなどが必要なのは当然です。

見た目不潔そうな男性の言う事に、女性は耳を傾けないです。

そうなると、どれだけ女性を惚れさせることのできる会話を身に付けたとしても、耳を傾けてくれなければ、女性に恋愛感情を持ってもらう事なんてできないですよね。

ですから、ダサくはなく清潔感のある身だしなみと、他人に不快感を与えないだけのマナーなどは必要不可欠です。

 

そういった、最低限する必要なことはあるにせよ、女性に恋愛感情を持たせるカギを握るのは、会話です。

人と接しているときに感情を動かされることってあると思いますが、それってほとんど会話によりますよね。

もちろん、会話の内容だけではなくて話をしている時の身振り手振りも大切になりますけど、そういったことをひっくるめて会話によって感情は動かされますよね。

 

ですから、女性に恋愛感情を持ってもらうには、会話が非常に重要になります。

 

女性を口説き落とすための会話は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「初対面の女性を落とすまでの会話の流れ」へ

褒め上手の男性はモテる!?女性を惚れさせる褒め方とは?

褒め上手 男性 モテる について

 

「女性を褒めているのになかなか女性が振り向いてくれなくて…」
と、あなたは悩んだことはありませんか?

女性を褒めても振り向いてくれないと、
「そもそも褒め上手の男性はモテると言われるけど、それって本当なのかなぁ?」
なんて疑ったりすることもあるのではないでしょうか?

 

結論から言うと、褒め上手の男性はモテます

女性が高価な服を買ったりするのは、他の人に
「キレイ!」
と言われたい(思われたい)からだと考えていいでしょう。

服に限らず、オシャレにお金をかけるのは、褒められたいからと考えていいでしょう。

女性に限らず男性もそうなんですけどね。

 

女性(に限らず男性も)は、大金を払ってでも褒めてもらいたいんです。

それだけ「褒められたい!」と強く思っているんです。

そういった強く願っていることをできる男性は、女性にモテて当然と言えますよね。

applauding-41640_640

 

しかし、褒め方が下手だと、逆に女性に嫌われます。

初対面でいきなり褒めまくると、
「下心丸出しみたいで、なんだか嫌だなぁ!」
なんて思われることもあります。

また、あまりにもピント外れなことを褒めて、女性をイライラさせることもあります。

 

僕が先日キャバクラに行ったときの事なんですが、キャバ嬢があまりにも褒め方が下手すぎて、かなりイライラしました。

僕の仕事の話になったのですが、失敗談を話したら、
「それってすごくない!」
と、褒められてしまったんです。

僕はこれにはさすがに頭にきて、
「どうして、仕事で失敗することがすごいことなんだよ!」
なんて、ちょっと怒り気味に言ってしまいました。

そうしたらそのキャバ嬢は、
「え~それってすごいことじゃないの?私スゴいことだと思うよ!」
なんて言ってたので、僕はイライラが止まらなくなったので、キャバ嬢を変えてもらいました。

まあ、これはあまりにもひどい例なんですけどね。

 

ここまでひどくなくても、褒め方を間違えると女性をイライラさせることがあります。

褒め方に自信がない場合は、逆に女性を褒めないほうがいいでしょう。

 

では、どのように女性を褒めるとモテるようになるのでしょうか?

女性を褒めるポイントを紹介します。

 

褒め上手の男性になってモテるようになるには?

 

女性を褒める際に、「体型を褒めず、服装や身に付けているもの、持っているものについて褒めると良い!」という事はよく言われます。

例えば、腕が太いと悩んでいる女性に、
「腕が細いね~!」
なんて言ってしまったら、女性はイヤミだと思ってしまい不快感を持ってしまう可能性が非常に高いですよね。

女性はどこにコンプレックスを持っているのかちょっとわかりにくいですので、体型については触れないほうがいいです。

だけど、女性は服装や身に付けているものに関してはこだわりを持っている人が多いです。

ですから、こだわっているものを褒めれば、女性は喜びますよね。

だから、持っているものや身に付けているものについて褒めると良い、と言われています。

 

ただし、僕は女性の外見は服装やアクセサリー、持ち物などを含め一切褒めません。

それは、僕自身、ファッションセンスがないからです。

ファッションセンスゼロの僕が女性の見た目を上手に褒めることができるのかといえば、それはかなり難しいでしょう。

ファッションについて勉強して上手に褒めることができるようにするといいと思っているんですが、僕は狙った女性はほぼ確実に落とすことができているので、そこまでしなくてもいいかな、と思っています。

 

僕のように、ファッションセンスに自信がなければ、女性の見た目を褒めないほうがいいかもしれません。

本当は、ファッションなどに関して上手に褒めることができたほうがいいんでしょうけどね。

しかし、ファッションに関してよくわからないのであれば、上手に褒めることはできないと思いますので、それなら褒めないほうがいいでしょう。

 

僕が女性を褒めるのは、女性が話したことに対してです。

女性と会話していると、褒めるべきところがあることが多いです。

そういった褒めるべきところが出てきたときに、
「スゴイね!」
などと言って褒めています。

また、食事をしているときなどに調味料などを取ってくれたり、あるいは料理を取り分けてくれたら
「ありがとう、気が利くね!」
なんて言うようにしています。

これも褒め言葉になりますよ。

そして、時々タイミングを見計らって、
「○○ちゃんと話をしていると、なんだか楽しいなぁ!」
などと言っています。

 

このように会話のところどころで褒めるようにしていくと、女性はだんだん惚れていきやすくなります

 

もちろん、失敗談や恥ずかしい話をしたときに、
「スゴイね!」
なんて褒めたら女性をイライラさせてしまうので、惚れさせることができないですけどね。

 

僕が外見を褒めようとしなくなったのは、ある人気キャバ嬢がそうしていたからです。

キャバ嬢で外見を褒める(お世辞を言う)人は多いです。

「カッコいいですね!」
「会社ではモテるでしょう!」
「この時計(靴、スーツ、ネクタイetc)って素敵ですね!」
なんて言うキャバ嬢は多いです。

でも、そんなこと言われてもお世辞だとわかりますよね。

まあ、このレベルならお世辞と分かっていてもうれしいと思うことは多いんですけどね。

 

でも、ある人気キャバ嬢は僕と話をしているときに、外見や持ち物に関して一切褒めなかったんです。

しかし、会話の途中で、
「それスゴイ!」
「一緒にお話をしていると、なんだか癒される!」
なんて言って褒めてくれました。

外見のことを褒められなくても、このように言われてうれしくなってしまいました。

しかも、あまりお世辞っぽくなかったので、それがまたうれしくなってしまったんです。

冷静に考えれば、お世辞だとわかるんですけどね。

キャバ嬢は人気があるほど、外見よりも会話の内容で褒めることが多いかな、って感じますね。

 

もちろん男女の違いはあって、女性のほうが男性と比べると、持ち物や身に付けているもの、服装などにこだわっているので、そこを褒めることができたほうがいいでしょう。

しかし、ファッションセンスがないのであれば、下手に見た目を褒めなくても、会話の途中で褒めるべきところできちんと褒めれば、女性を惚れさせることはできますよ。

 

褒められるとうれしいのは、男性も女性も同じですが、褒められて嬉しいポイントが男女で少しだけ違います。

そのポイントに関しては、別のページで紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

参考ページ:「女性が惚れる会話中のほめ方!~男女でほめるポイントに違いが!」へ

 

さて、会話中に女性を褒めるには、女性の良いところを引き出す必要があります。

それには、“聞き上手”になる必要があります。

女性に話をさせないことには、女性の褒めるべきところを言ってくれません。

そうなると、女性を褒めることができないので、喜ばして惚れさせることができなくなります。

 

聞き上手に関しては別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

参考ページ:「聞き上手はモテる!~口説かなくても女性を落とすこともできる!」へ

キャバ嬢からのメールが営業メールかどうかを見分ける方法!

キャバ嬢 営業メール 見分け方 について

 

「キャバ嬢からのメールが営業っぽくないんだけど、実際のところはどうなのかなぁ?」
と、あなたは悩んだことはありませんか?

キャバ嬢から「店に来て!」とメールが来たら、営業メールであることは明らかですよね。

しかし、店に来てとも言わず、当たり障りのない内容のメールだと、
「これってひょっとして営業メールではないのかなぁ?ひょっとして僕に気があるのかなぁ?」
なんて、思ったりすることはありませんか?

実際にそういったメールがキャバ嬢から送られてきたときに、営業メールかどうか悩む人って多いですよね。

 

そこで、ここではキャバ嬢からのメールが営業メールかどうかを見分ける方法を紹介します。

 

a0002_010689

 

キャバ嬢からのメールが営業メールかどうかを見分ける方法

 

営業メールかどうかを見分けるには、まずはキャバ嬢の心理を知る必要があります。

キャバ嬢の心理については別のページで紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

参考ページ:
「キャバ嬢の心理~キャバクラ嬢を口説き落とすために知っておきたいこと」
「キャバ嬢ってお客を恋愛対象としてみるの?」

上の2つの記事を非常に簡単にまとめますと、キャバ嬢は惚れたふりをしてでもお客様に来店してもらって指名してもらおうとします。

お客様が来てくれやすいのは、落ちそうで落ちない状態です。

つまり、
「僕に気があるはずだから、もう少しお店に通えば口説き落とすことができる!」
とお客様に思わせ続ければ、通い続けてくれやすくなる、という事です。

落ちそうなキャバ嬢がいたら、多少無理をしてでも店に通って落とそうとする男性は多いですよね。

キャバ嬢は、そのような状態を作ろうとします。

 

落ちそうで落ちない状態にするには、お客様に「あのキャバ嬢は僕に気があるだろう!」と思わせることですね。

では、もしキャバ嬢からいきなり、
「お店に来て!」
なんてメールが来たら、あなたはそのキャバ嬢が気があると思うようになるでしょうか?

キャバ嬢があとで何を言おうとも、
「営業で惚れたふりをしているだけだ!」
と、思ってしまうのは想像できますよね。

ですから、キャバ嬢は基本的に「店に来て!」とはメールしないんです。

あたかも多少は気があるかのようなメールをすることが多いです。

 

という事は、キャバ嬢がどのような内容のメールを送ってこようとも、本心ではその気があるわけではなく、店に来て指名してもらうためにメールを送っているのです。

つまり、キャバ嬢からのメールは全て営業メールだと考えていいです。

 

「無理してお店に来なくてもいい!メールができるだけでいい!」
なんてメールが来たら、
「『店に来なくていい』とメールしてきてるから、営業メールではないのでは?」
と、考えてしまうかもしれません。

しかし、そう思わせるのがキャバ嬢の狙いです。

お店には来なくてもいい、でもお店が休みの日は忙しくて会えない、という事になると、ただのメル友になりますよね。

でも、自分に気がありそうな女性とただのメル友で終わらせたくはない、落とせるのであれば落としたい、と多くの男性が思うのではないでしょうか。

それで、そのキャバ嬢に会うにはお店に行くしかない、という事になれば、たいていの男性はお店に行ってしまうんです。

「来なくてもいい」と言われると逆に行きたくなる、という人間心理もあるんですけどね。

「お店に来なくてもいい!」と言っても、メールをしていれば来てくれることが多い、という事はキャバ嬢はわかっていますので、本心では店に来てほしいのに、平気でそういうことを言ってくるんです。

ですから、「お店に来なくてもいい!」とメールしてきたとしても、実は営業メールなんですよ。

 

それ以外にも、当たり障りのないメールも、営業メールになります。

「店に来て!」というのが営業メールであることは言うまでもないですね。

「今から出勤です!今日も一日頑張ります!」
「今日、新しいドレスを着るよ!」
「髪切ったら、かなりイメージが変わっちゃった!」
「話したいことがあるんだけど…」
なんていうメールは、店に来てほしいことをさりげなく示唆していますので、営業メールだとわかりますよね。

 

ちなみに、
「ひょっとして営業メールではない可能性がゼロではないのでは?」
と思うかもしれません。

確かに、本当に気があってメールすることがあるかもしれません。

そんなことは僕は見たことも聞いたこともないですけどね。

ただ、普通に考えたら女性から積極的にメールしてくることってまずない、というのは経験で分かっているのではないでしょうか?

メルアドを交換した女性からメールが送られてくることって、事務的な用事やお礼などを除けばまずないですよね。

キャバ嬢だって普通の女性です。

気になる男性がいたとしても、自分から男性に積極的にメールすることってなかなかできないでしょう。

でも、営業メールなら何のためらいもなく積極的に送ることができます。

そういったことを考えても、キャバ嬢からのメールは全て営業メールだと考えてもいいですよ。

 

どうしても営業メールだと思えない場合の見分け方

 

「キャバ嬢からのメールは全て営業メールだ!」と言っても、
「いや、僕の場合はどう考えても営業メールだと思えない!」
と思う人はいるでしょう。

そこで、営業メールかどうか、ハッキリさせる方法を紹介します。

 

ちなみに、メールの内容からは営業メールではないかどうかは判断できません。

キャバ嬢は営業メールと思われず気がありそうだと思われるために、様々なことを考え、常に工夫をしています。

ですから、メールの内容、文章、送る頻度などからは判断できません。

 

営業メールではないかどうかを判断する唯一の方法は、キャバクラがお休みの日に会うことができるかどうかです。

もし、会う約束ができるのであれば、営業メールではない可能性があります。

1回は店外デートをすれば来店してくれるかも、とキャバ嬢が考えるかもしれないですから、営業メールではない、と言い切れないですけどね。

ただ、1回や2回指名したお客様と店外デートするキャバ嬢は少ないでしょうから、あまり指名していない場合は、お店が休みの日に会う事ができたら本当に気がある可能性は高いですよね。

「休みの日は忙しくて…!」と言ってきたら、完全に営業メールです。

キャバ嬢は、休みの日にお客様に会うように誘われた場合、どのようにして断るかを事前にきちんと考えています。

「借金返済のためにお店が休みの日でも仕事をしないといけないの!」
と、借金をしているとウソをいってまで、休みの日は忙しいというキャバ嬢もいるんです。

普通は借金があったら隠すのに、キャバ嬢によっては借金をしていないのに借金をしていることにして忙しいとウソをつくんです。

そこまでして、お客様と休みの日に会うのを避けようとしますので、どのような理由があろうとも「忙しいから会えない!」というのは、気のない証拠ですよ。

 

営業メールかどうかを見分けるには、キャバ嬢の脈ありサインを知るのが一番です。

キャバ嬢の脈ありサインについては別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「キャバ嬢の脈ありサイン~これってひょっとして惚れてる?」へ

 


kyaba

付き合う前の女性に送るメールの頻度よりも大切なこととは?

付き合う前 メール 頻度 について

 

「付き合う前の女性のどれくらいの頻度でメールを送るといいんだろう?」
と、あなたは悩んだことがありませんか?

たくさん送りすぎると女性が嫌がるかもしれないし、好意があることがバレたら女性が引いてしまうかもしれないし…

逆にメールの回数が少ないと女性を振り向かせることができないし…

なんて、いろいろ考えてしまうと、どれだけの頻度で付き合う前の女性にメールしたらいいのか迷ってしまいますよね。

a0002_008640

 

付き合う前の女性にメールを送る頻度については以前紹介しました。

参考ページ:「モテる男のメールの頻度」へ

 

そのことで、先日僕が合コンに参加したときに、女性が興味深いことを言っていました。

「メールの頻度よりも大切なことがある!」
という事を言っていました。

では、付き合う前の女性にメールを送る頻度よりも大切なものとは何なのでしょうか?

 

付き合う前の女性に送るメールの頻度よりも大切なものとは?

 

僕が合コンに参加したときに、女性に言われたこととは、
「メールを送る頻度が機械的すぎる男の人が多い!
1日に1回とか2日に1回とか人によって違いはあるけど、
メールを送る間隔があまりにも規則的すぎる!
これだと、恋愛テクニックを駆使しているようで、ちょっと引いてしまう!」
ということです。

つまり、毎日夜の8時にメールを送ると決めたら、必ず規則正しく送られてくるので、それがテクニックに思えてしまう、という事です。

そして、
「友達同士でメールをするときは何か面白いことがあったり用事があったり、あるいは寂しくて誰かにかまって欲しい時にメールするからあまり規則的にはならない!
そのほうが自然で好感が持てる!」
とも言っていました。

 

あと、
「メールの内容さえ面白ければ、1日に何回メールをくれても『ウザい!』とは思わないし、逆に1週間に1回しかメールしなくても、くだらない内容だと『ウザい!』と思う!」
とも言っていました。

 

初対面の男性にこういうことを言うのはどうかと思うんですが、それでも言っていることを冷静に考えると、的を得ているんじゃないかな?と思いました。

朝に元気が出るようなメールが送られ、昼休みに一息つけるような内容のメールが送られ、家に帰った時に仕事のことを忘れさせてくれる内容のメールが送られてきたら、1日3回メールが送られてきても女性は喜ぶと思います。

 

ですから、メールは送る頻度よりも内容のほうが大切なのかな、と考えさせられました。

 

しかし、1日に何度も女性が喜びそうなメールを送るのってかなり難しいと思いませんか?

 

例えば、朝に元気になることのできるメールを毎日送ろうと思っても、ネタがそんなにありませんよね。

付き合う前に「おはよう!」と毎日メールしたら、女性は「ウザい!」と思いますし、毎日「今日も元気に頑張りましょう!」なんて送っても「ウザい!」と思われるだけでしょう。

昼休みに毎日送ろうと思っても、これもネタがないので難しいですよね。

 

そういうことを考えると、女性が喜んでくれそうな内容のメールを送ることができる頻度は1日に1回が限度になると思うので、それくらいの頻度が適切なのかな、とも思いますけどね。

 

ただし、女性が振り向きかけたときはメールの頻度はやや重要になります。

付き合った女性に、
「毎日メールを送って欲しい!」
といわれたことのある男性ってけっこう多いのではないでしょうか?

多くの女性は、付き合っている男性からは少々どうでもいい内容でも毎日メールが送られてほうが喜びます。

そのほうが安心感を持つことができる、という女性は多いです。

それで、ある程度仲良くなると、メールをマメに送ることができるのかどうかを見るようになります。

 

女性が振り向きかけたときは、女性は付き合うのにふさわしい男性なのかを判断するためにあらゆるところを見てきます。

その一つがメールの頻度です。

ですから、1回デートをした女性には、基本的には毎日メールをしたほうがいいですよ。

 

付き合う前の女性に送るメールの内容は?

 

女性に送るメールの内容に関しては別のページで紹介しました。

すでにメルアドを知っている女性に対して送る内容と、メルアドを聞き出すことのできた女性に対して送る内容とは若干違いがあります。

それぞれ別のページで紹介しましたので、参考にしてください。

参考ページ:
付き合う前の女性に送るメールの内容(すでにメルアドを知っている女性に対するメールの内容)
女性を惚れさせる!モテる男のメール内容(メルアドを交換した女性に対するメールの内容)

 


 

image63

優柔不断の男性はモテない!優柔不断を克服してモテるようになるには?

優柔不断 男 モテない 克服する について

 

「優柔不断が原因で女性にモテない!」
と、あなたは悩んでいませんか?

優柔不断だと自信がなさそうに見えますよね。

それで、自信のなさそうな男性を女性が好きになることはない、と考えていいです。

もちろん例外はありますけど、優柔不断だと嫌われる可能性が非常に高いです。

a0001_009294

ですから、優柔不断の男性がモテるようになるには、優柔不断を克服する必要があります。

 

そこで、ここでは優柔不断の原因と克服法を紹介します。

 

優柔不断の原因

 

優柔不断の克服法を知るには、まずはその原因を知る必要があります。

 

優柔不断は先天的なもの(生まれつき)である場合があります。

しかし、それにプラス過去の経験が影響していることが多いです。

つまり、優柔不断になりやすい先天的な性格はあります。

完璧主義、責任感が強いといった性格の人が優柔不断になりやすいと言われています。

ただし、それだけでは女性に嫌われるほどの優柔不断にはならないことが多いです。

それにプラス、過去に自分が選択したことに対して失敗したことがある、あるいはよく怒られた、自分で選択する機会が非常に少なく親など他人が選択したことに従っていたことが多い、といった、過去の経験がプラスされて優柔不断になっていることが多いです。

 

それで、過去の経験が原因であれば、克服することが可能です。

先天的なものであっても、ある程度は克服することが可能ですが、過去の経験からきているものであれば、より簡単に克服することは可能です。

 

優柔不断は過去の経験が大きな原因になりますので、克服することは可能になります。

 

優柔不断を克服する方法

 

優柔不断を克服するうえで知っておいたほうがいいことは、理論的にいろいろ考えるよりも直感で選択したほうが正しいことが多い、ということです。

人にいろいろ言われて選択する場合は、心理操作などによって直感がくるってしまうことがあり、間違った選択をすることがあります。

営業の人や店員さんにいろいろ言われて何かを買ったり、あるいは店頭であまりにも良さそうに思えたので買ったりしたけど、後になって後悔することはありますよね。

それは営業の人や店員さんの誘導や商品の見せ方などによって直感がくるってしまい、正しい選択をすることができなくなってしまったからです。

直感に関してはそういった例外はたくさんある(その時の気分によっても直感はくるってしまう)ので、あまりにも直感に頼りすぎるのも良くないですが、基本的には直感で選択することは正しいことが多いです。

ということは、いろいろ考えてしまうと間違った選択をしてしまう傾向がある、という事になります。

そのことは頭に入れておいたほうがいいです。

 

そのうえで、普段から決断する訓練をするといいです。

例えば、コンビニでお弁当などを買うときにいろいろ迷って考えるのではなく、直感で選ぶようにしたり、その他、買い物のときや外食する時など、いろいろ考えるのではなく、直感で選ぶようにします。

コンビニ弁当であれば、選択を誤ったとしてもそんなに大したことにはならないですよね。

500円の弁当と600円の弁当2つあったとして、600円の弁当を選んだけど後悔したとします。

その場合でも、100円マイナスになるだけですよね。

100円マイナスになったところで、生活に支障が出る人は少ないでしょうし、100円のマイナスで生活に支障が出るのであれば、そもそも迷う事はないと思います。

ですから、コンビニなどで選択を誤ったとしても、大事に至ることはありませんので、そういったところから迷わないように訓練をしていきましょう。

「3秒以内に決めるようにすると良い!」と言われていますので、普段の買い物であれば即決めるようにするように訓練しましょう。

 

そして、自分で選んだことに対しては後悔しないようにします。

選んだことを後から悔やんでもどうにもなりませんので、それなら悔やまないほうがいいです。

 

あと、大きな選択をするときには、最悪のケースを考えておくとすぐ決められることが多いです。

例えば、友達に合コンに誘われた時、「合コンが苦手だからなぁ~!」と躊躇するのではなく、合コンの場合の最悪のケースは、
・人間離れした超ブスと2時間話し続ける、
・周りが盛り上がっている中、2時間誰とも話をすることなく黙って酒を飲み続ける、
・女性から第一印象で嫌われてしまい2時間イヤな気持ちで酒を飲み続ける、
というのが最悪なケースでしょう。

そういうことを考えたら、最悪なことが起こったとしても、そんなに大きな影響はない、だったら参加しよう、という気持ちにもなるのではないでしょうか?

最悪でも合コンの時間だけ我慢すればいいわけですからね。

 

また、何かを成し遂げるにはある程度失敗をするものだという事も頭に入れておいたほうがいいです。

小さい時に、自転車に乗れるようになるまで何度も何度も転びながら(失敗しながら)練習してやっと乗れるようになったと思います。

これは恋愛においても同じです。

今現在女性にモテている男性でも過去には様々な失敗をしていることが多いです。

どれだけモテる男性でも、フラれた経験のない人はまさかいないと思います。

フラれた経験のない人は、女性にアプローチしたことのない人だけだと言っていいでしょう。

ですから、たとえ選択したことが後で誤っていたことだとわかっても、それは当たり前のことだと考えたほうがいいですよ。

とにかく場数を踏んで経験を積むようにすれば、誤った選択をしないようになります。

 

そして恋愛においては、世の中には女性がたくさんいる、という事も頭に入れておいたほうがいいでしょう。

「僕にはこの女性しかいない!」と思いこんでいたとしても、その女性にフラれてしばらくして冷静になると、他にもイイ女がいるものだと思えてきます。

ですから、選択を誤ってフラれたとしても、他にもたくさんの女性がいるから問題ない、という気持ちを持つことも大切ですよ。

 

また、誤った選択をするよりも優柔不断のほうが女性に嫌われるということも頭に入れておいたほうがいいですよ。

 

さて、恋愛において優柔不断を克服するには、場数を踏むことが大切になります。

つまり、たくさんの女性に出会い、アプローチしていくことが大切です。

たくさんの女性に出会うには、「出会い系サイト」が一番です。

出会い系サイトの攻略法は別のサイトにまとめてありますので、興味のある方はそちらをご覧ください。

 出会い系サイト攻略法

キャバ嬢とデートの約束ができたのにドタキャン!その対処法とは?

キャバ嬢 デート ドタキャン について

 

「いつも指名しているキャバ嬢とデートの約束をすることができたのに、デートの前日にドタキャンされた!」
なんていう事は今までありませんか?

キャバ嬢に店外デート(店が休みの日のデート)の約束をすることができたのに、直前になってドタキャンされた、と悩む人って多いですよね。

 

そこで、キャバ嬢がデートをドタキャンする心理と対処法について紹介します。

burn-96144_640

 

キャバ嬢がデートをドタキャンする心理

 

まず、キャバ嬢がデートの約束をする理由から紹介します。

 

キャバ嬢は、本当はデートしたくないのに、その場のノリでデートの約束をしてしまうことがあります

キャバ嬢がお酒を飲んでいる場合は、ノリでデートの約束をしてしまう事が良くありますよね。

でも、本当ではデートしたくないんです。

それで、ドタキャンしても指名し続けてくれるだろう、とキャバ嬢が判断したら、ドタキャンします。

もちろん、理由もなく「デートしたくなくなった!」なんて断ったら指名してくれなくなるでしょう。

だから、
「家族が急に来る事になった!」
「急きょ実家に帰らないといけなくなった!」
など、理由を作ってドタキャンするんです。

 

あと、お客様からデートに誘われて断ることができない時に、一旦はOKしておいて後で断ることもあります

キャバ嬢はお客様からデートに誘われた時に、なるべく不愉快な思いをさせないようにしようとしますよね。

ですから、初めは体裁よく断ろうとしますよね。

しかし、それだとなかなかうまく断ることができないことがありますよね。

そういう場合、一旦はOKしておいて、デート直前に急用ができたことにして断ったほうがお客様にまだ不快な思いをさせずにすむ、と考えて、初めからドタキャンするつもりでデートの約束をOKすることがあります。

 

いずれにしても、キャバ嬢がデートをドタキャンするのは、デートをしたくないと思っている可能性が非常に高い、という事になります。

デートをドタキャンしないといけない用事が急にできることなんてそんなにあるわけはありませんので、どんな理由を言ってドタキャンしようとも、本当はデートをしたくない、と思っている可能性が非常に高いです。

 

あともう一つ、デートをドタキャンしてしまったら、そのお客様から二度と指名してくれなくなる可能性があります。

それなのにドタキャンするという事は、それほど大切なお客様だと思われていない、と考えたほうがいいです。

「あのお客様から指名されなくなっても、それほど大きな影響はない!」
とキャバ嬢が考えている可能性が高いです。

キャバ嬢によっては、
「わざわざ休みの日を削ってまで指名を取りたくない!」
なんて考えている人もいます。

いずれにしても、デートをドタキャンするという事は、それほど大事なお客様だと思っていない可能性が非常に高いですよ。

 

キャバ嬢からデートの約束をドタキャンされた時の対処法

 

僕は以前、キャバ嬢から店外デートに誘っておきながら、当日の朝になってドタキャンされたことがあります。

僕はそのキャバ嬢と後日デートすることができ、そして肉体関係を持つことができました。

肉体関係と言っても、落とすことができたわけではなく、枕営業をさせただけなんですけどね。

 

では、どのようにしたらデートをドタキャンしたキャバ嬢と後日デートできたのか紹介します。

デート当日の朝にキャバ嬢から、
「ごめん、母親が体調を崩したから急きょ実家に帰らないといけなくなったの!だからデートできない!」
と、メールが送られてきました。

それで、僕は、
「○○ちゃん(キャバ嬢)からデートに誘っておいてドタキャンなんてひどいね!」
と返信しました。

本当に母親が体調を崩したのであれば、ちょっとひどいメッセージなんですが、まずウソだろうと思って、このようなメッセージを送りました。

この後、「本当に母親が体調を崩したの!信じて!」というようなメッセージが送られてきましたが、僕は返事をしませんでした。

完全に無視したんです。

その日の夕方、キャバ嬢から
「今から時間ができたけど、食事でもしない?」
とメールがきました。

それで、僕は、
「来週の日曜日にでもデートしてくれないとイヤだ!」
と、メッセージを送りました。

それから30分後くらいに、
「わかった、じゃあ今度の日曜日にデートしよう!」
と返事がきました。

 

キャバ嬢とのデートの当日、映画を観たり、水族館に行ったりしてから食事をし、その後にホテルに連れ込もうとしました。

そうしたら、当然のように拒否されました。

数分間、いろいろ言いあっていたんですが、僕はこのままだとホテルに誘う事ができないと思って、
「わかった、もういいよ、僕帰るね!」
といって、そのまま1人で帰ろうとしました。

その時、キャバ嬢は
「もっとお互いのことを知ってからでないと、2人きりになりたくない女の気持ちもわかってよ!」
という感じのことを言われたんですが、僕は無視するかのように1人で帰ろうとしました。

そうしたら、そのキャバ嬢は、
「もうわかった!変なことはしないでよ!」
なんて言って、ホテルに一緒に入ることができました。

「変なことはしないから!」と言ってホテルに誘ったんですが、ホテルに入ったら簡単に肉体関係を持つことができましたよ。

 

僕はこのキャバ嬢を3回指名して、店外デートをすることができ、枕営業をさせることができましたよ。

まあ、キャバ嬢から店外デートに誘わなければ、店外デートも枕営業もしなくても、もう少し店に行って指名したと思うんですけどね。

 

キャバ嬢が店外デートをドタキャンした時点で、そのキャバ嬢を口説き落とすのはかなり難しくなっているはずなので、それなら僕みたいに冷たくしたほうがいいと思います。

そのまま指名し続けたところで、恐らく店外デートできる日は来ないでしょう。

 

さて、キャバ嬢を口説き落とす方法は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

手掌多汗症だとモテない!?手汗を改善してモテるようになるには?

手掌多汗症 モテない 改善 について

 

「手汗がひどいから、恋愛に積極的になれなくて…!」
と、あなたは悩んでいませんか?

手掌多汗症だと、女性と手をつないだ瞬間に嫌われるのではないか、ボディタッチしたら嫌がられるのではないか、なんて考えると、どうしても恋愛に積極的になることができないですよね。

 

恋愛に消極的になってしまったら、当然ですが女性にモテません。

また、「女性が嫌がるのではないか?」という気持ちを持って女性に接していたら、女性はなかなか振り向いてくれないでしょう。

そのように思っていると、どうしてもいう事がネガティブになりやすいのですが、ネガティブなことを言う男性はモテないですからね。

女性に話を聞いても、
「手汗がひどい人と手を握るのは、ちょっとイヤかな?」
と答える人は多いですよね。

finger-160597_640

 

そこで、ここでは手掌多汗症と恋愛について、そして、手掌多汗症の改善方法について紹介します。

 

手掌多汗症だとモテない!?

 

手掌多汗症だと、恋愛においてはかなり不利になります。

 

まず、女性にボディタッチができないと、女性と距離を縮めるのに時間がかかってしまいます

初対面でいきなりボディタッチをすると嫌われますが、適切なタイミングでボディタッチをすることで、女性との距離をグッと縮めることができるんです。

しかし、手掌多汗症だと「ボディタッチすると、女性が嫌がるかも?」なんて考えてしまって、なかなかボディタッチをすることができないですよね。

そうなると、距離を縮めるのに時間がかかってしまいますから、女性をモノにするまで時間がかかってしまいます。

もしライバルがいたら、完全に不利になりますよね。

ですから、手掌多汗症だと恋愛においてはかなり不利になるんです。

 

そして、手掌多汗症だとどうしても恋愛に対してネガティブに考える傾向があります

ネガティブな気持ちを持っていたら、女性を口説く際にどうしてもネガティブなことを言ってしまいがちです。

ネガティブなことを言わないようにしようと相当意識をしても、どうしてもネガティブなことを言ってしまいます。

特に恋話になると、ネガティブなことを言ってしまいがちです。

ネガティブなことを言う男性はモテません。

ですから、手掌多汗症だと恋愛においては不利なんです。

 

手汗がひどい男性のことを女性はどう思っているかは、正直僕にはわかりません。

女性に話を聞けば、あまり良いことは言わないのは確かです。

ただ、どの程度嫌がっているのか、ハッキリと僕にはわからないです。

「手掌多汗症ではないほうがいいけど、そうであってもさほど気にしない!」と思っている女性が多いのか、それとも「手掌多汗症だとどれだけイケメンで性格が良くても生理的に受け付けない」と思っているのか、僕にははっきりとはわからないです。

手汗がひどい男性と手をつなぐのはイヤだと思っている女性は多いかもしれませんけど、手をつなぐことができないだけで男性のことを嫌いになるという女性はそんなに多くはない気はするんですけどね。

ただ、手掌多汗症だという理由だけで男性のことを嫌いになる女性はなかにはいるでしょうから、女性の気持ちを考えても手掌多汗症ではないほうが恋愛においては有利なのかな、と思います。

 

以上のことから、手掌多汗症は治せるのであれば治したほうがモテる、という事ができますね。

 

恋愛に対して消極的な気持ちを取り除けば、ある程度は女性に受け入れてもらえるようになるのでは、と考えた人がいるかもしれません。

しかし、実際には手掌多汗症にもかかわらず消極的な気持ちを取り除くのはかなり難しいです。

それならば、手掌多汗症を改善したほうが早いですよ。

 

手掌多汗症の原因

 

手掌多汗症の原因は、自律神経の乱れです。

 

汗が出るのは、自律神経が大きくかかわっています。

暑くもないのに緊張すると汗が出てくることがありますよね。

それは、自律神経が汗を出すように作用しているからです。

 

その汗が出ることに大きく関わっている自律神経が乱れれば、汗を出さなくてもいいところでも汗を出すようになってしまいます。

つまり、自律神経が乱れて手汗を出し続けるように作用してしまうと、手汗がひどくなります。

これが手掌多汗症です。

 

自律神経が乱れる原因は、ストレス、睡眠不足、生活習慣の乱れ(夜型の生活)などです。

ストレスを発散して、十分な睡眠を取り、早寝早起きを心がけることで、自律神経の乱れが改善し、手掌多汗症が改善されることが多いです。

 

重度の手掌多汗症を改善するには?

 

手掌多汗症は手術などによっても改善することはできます。

 

治療法の一つとして、自律神経の一つ交感神経を切断する手術があります。

腕の交感神経を切断すると、てのひらに汗が出なくなります。

しかし、てのひらから汗は出なくなったけど、他の部分から汗が大量に出るようになった、という人は多いです。

交感神経を切断したら、てのひらから汗は出なくなったけど、脚から大量の汗が出るようになって常にズボンがベタベタになったので外出できなくなった、なんていう人も少なくありません。

 

また、ボトックス注射を打つことで手掌多汗症を改善することはできます。

ただ、ボトックス注射は1回10万円くらいします。

それを約半年に1回打たないといけません。

これだとかなりの費用がかかりますよね。

そして、どれだけ効果があるのかは、人によって違いがあります。

ピタッと手汗が出なくなる人もいれば、ほとんど効果がない人もいるんです。

そして、人によっては、痙攣、倦怠感、頭痛、筋肉の麻痺といった副作用が起こっています。

 

そこまでしなくても、手掌多汗症を改善することができます。

多くの人が、手掌多汗症を改善した方法が紹介されている教材があります。

それは、「手汗治療プログラム(SCM)~手術せず3ヶ月で手掌多汗症を改善する方法~」です。

 

この教材には、とりあえず手汗を止める「強制的治療」と、手汗の根本原因を改善していく「根本的治療」の2つが紹介されています。

それで、ほとんどの人が「強制的治療」をした翌日から手汗が出なくなり、「根本的治療」をすることで、2~3ヶ月で手汗が出ない体質になっているんです。

やることはそんなに難しいことではなく、誰でもできるようなことを1日15分~30分するだけです。

それだけで手掌多汗症を改善することができるんですよ。

 

手掌多汗症で悩んでいるのであれば、一度公式ページをチェックすることをおススメします。

 「手汗治療プログラム(SCM)」公式ページはこちら

夢を語る男性はモテるってホント?

夢を語る モテる について

 

「モテる男は夢を語る!」
という事を聞いたことはないでしょうか?

そして、熱く夢を語る男性にもキュンとする、と言う女性も多いですね。

しかし、熱く夢を語ったのにもかかわらず、女性が振り向いてくれない、なんていう事ってありませんでしたか?

 

そこで、ここでは夢を語る男性は本当にモテるのか、また、語る内容や方法によってモテたりモテなかったりするのか、紹介します。

a0001_016515

 

夢を語る男性は本当にモテる?~モテる夢の語り方!

 

多くの人が夢を実現するために頑張っている人を見ると好感を持つと思います。

ですから、夢を実現するために頑張っている人、あるいは夢を熱く語る人はモテる一つの要素になるのは間違いないです。

 

しかし、夢の内容や語り方次第では女性に嫌われます

女性に嫌われる夢の語り方は以下の通りです。

 

 ウソ

仕事で特に夢はないのに夢を語ったり、あるいは特に夢はないのに架空の夢を語ったりすると、女性は鋭いのでまずウソだとばれます。

それだと嫌われます。

ウソをついたり作り話をするのはやめたほうがいいでしょう。

夢を語る場合、具体的な計画があって実際に行動をしていないと、ちょっと説得力がありません。

 

 女性が引いてしまう趣味

趣味によっては女性が引いてしまうことがあります。

アイドルやアニメ、ギャンブルなどについては女性受けがあまりよくないので語らないほうがいいです。

あと、風俗、アダルトなどは言うまでもありませんよね。

「好きなAV女優の作品をすべて集める!」なんて語ったら、女性は「キャ~!」と言って逃げるかもしれませんよ(笑)

 

 欲をむき出し

ただ金を儲けたい、とか、ただ権力を得たい、というだけの夢はあまり受けはよくありません。

仕事のことであれば、たくさんの人を幸せにしたい、と語るとかなり聞こえが良くなります。

ただ、本当は自分の欲を満たそうとしているのに、多くの人を幸せにしたい、なんて語ってしまうと、偽善者っぽく聞こえるのであまり良くありません。

仕事に関しては、仕事の内容にとどめ、収入の話はしないほうがいいでしょう。

 

 自慢話・武勇伝を織り交ぜる

夢を語る時、自慢話・武勇伝を織り交ぜると女性は嫌がります。

純粋に夢に向かって頑張っているところが好感を持てるわけです。

それを自慢話や武勇伝などを織り交ぜてしまったら、好感は持たれません。

 

 政治・宗教

政治や宗教の話はやめたほうがいいです。

宗教に関しては、女性がドン引きすることが多いですが、もし女性が宗教を信仰している場合、意見が対立するので印象が相当悪くなります。

宗教を信仰している女性は、思っている以上に多いです。

また、この国の将来像を語るのは好感を持たれる場合がありますが、どうしても政治的な話を避けることができないと思います。

その場合、女性が政治に興味がある場合、女性の意見と反対のことを言うと、女性によく思われません。

あと、何もしていないのに評論家みたいにいろいろ語るのは、かなりイメージが悪くなります。

愚痴っぽく聞こえることが多いですし、なんだか偉そうに見えるのでやめたほうがいいですよ。

 

以上が女性に好感を持たれにくい夢の語り方です。

 

あと、結婚を意識している女性を落とす場合、あるいは20代後半以上の女性を落とす場合、独立する話はしないほうがいいのかもしれません。

女性が理想とする結婚相手は、収入が安定していることです。

独立すると一時的にしろ収入が不安定になるというイメージを持っている女性は多く(実際にその傾向は強いですが)、将来独立したいと語ってしまうと、結婚相手としてふさわしくない、と思われる可能性があります。

将来は独立したいので、そのことを理解してくれる女性と結婚を前提に付き合いたい、と思っている場合はともかく、そういったことを考えていないのであれば独立のことは語らないほうがいいのではないか、と思います。

仕事のことを語るのであれば、仕事内容だけにとどめたほうがいいと思います。

 

夢を語れない男性はモテないのか?

 

夢の語り方によりますが、基本的には夢を語る男性はモテます。

では逆に特に夢はなく、語ることができないと女性にモテないのか、といえばそういう事はありません。

 

僕自身、女性に夢を語ることはありませんが、狙った女性をきちんと落とすことができています。

また、僕の知り合いで、特に夢はないけど女性にモテている人は何人もいます。

特に夢を語らなくても、女性の落とし方を知り、そしてきちんと実践すれば、狙った女性を落とすことができるようになります。

夢に向かって頑張るよりも、女性に喜ばれるために情報を収集したりするのを頑張ったほうがモテるかもしれない、なんて思ったりもするんですけどね。

 

夢に向かって頑張っている姿は好感を持つことができますし、それを語ることのできる人は素晴らしいと思います。

そして、女性にモテる人は多いです。

だからといって、夢に向かって頑張ることは女性にモテるための必須条件でもないですよ。

ですから、特に夢がないからといって、女性にモテるためだけに夢を持つ必要はないでしょう。

 

女性にモテるためには、会話が非常に重要になります。

女性にモテるための会話については別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!