女性にモテるための第一歩!これができなければ絶対にモテるようにならない!

 

女性にモテるようになるために、女性心理を学んだり、あるいはデートの誘い方やデートでの言動などをどうしたらいいのか学んだりしますよね。

しかし、どれだけ頑張っても、全く女性が振り向いてくれるようにはならず、悩み続けている人が多いですよね。

 

そういう人には、非常に大切だけどほとんどの人が気づかないことがあるんです。

これができていなければ、女性にモテるようになるわけない、というくらいとっても大切なことなんです。

これができれば女性にモテるようになる、というわけではなく、そのうえで女性心理などを学んでいく必要があるんですけどね。

ただ、これができていなければ、他のことをどれだけ頑張っても女性にモテるようになりません。

誰でも狙った女性を確実に落とすことができる、というテクニックがあったとしても、これができないとマグレか偶然で内い限り女性を落とすことができません。

 

では、女性にモテるために必要な“これ”とはいったい何なのでしょうか?

 

女性にモテるために必要な第一歩とは?

 

女性にモテるために必ず必要なこと、それは「自分のことを好きになること」です。

 

そもそも、自分を好きではない人が他の人を好きになることはできないんです。

自分を好きになることと他の人を好きになることは、心理学的には違いはありません。

そして、人間は自分を守るため、そして自分の欲求を満たすために、まずは自分を好きになるようにできています。

 

自分を犠牲にしてでも他の人のことを助ける人って、なかなかいませんよね。

 

自分のことを顧みずに踏切で立ち往生している人を助けたり、駅のホームから転落した人を助けたりする人がいた、ということがニュースになりますよね。

これは、非常に珍しい事なのでニュースになるんです。

そもそも、ニュースは当たり前のことは取り扱いません。

駅のホームから転落して亡くなった人のニュースなどで、多くの人が何もしなかったことなどわざわざ報じたりしませんよね。

それは、当たり前のことなので報じないんですよ。

 

ということから考えても、自分を犠牲にして他の人のことを助ける人は非常に珍しいんです。

それは、人間はまずは自分を好きになるようにできているからなんです。

 

ちなみに、自分を犠牲にしてまで他の人を助けようとするのは、他の人に認められたい、という欲求が強いということになるんですけどね。

この欲求は、誰しもが持っているんですか、その欲求の強さは個人差があります。

その欲求が強いと、自分の命を犠牲にしてまで他の人に認められたい、ということになりますし、強くなければ「そこまでして認められたいとは思わない」ということになるんですけどね。

 

人間の心理や欲求は単純なものではないので、ちょっと矛盾するように思えるかもしれないんですが、あまり深く考えずに、「自分を好きになれないと、他の人を好きになれない」ということを理解してください。

 

「じゃあ、自分が好きになれない人が他の人を好きにならない、ということなら、女性を口説きたい、付き合いたい、という気持ちが起こらないのでは?」
と、あなたは思いませんでしたか?

他の人のことを好きにならなければ、女性のことを好きにならないわけですから、口説きたいなんて思わない、と考えてしまいますよね。

しかし、本当は女性を好きになることと、女性を口説きたいと思うことは、実は全然違うことなのです。

 

女性を口説きたい、女性を自分のものにしたい、というのは、自分が満足したい、ということなんです。

それに対して女性を好きになることは、人を好きになることと同じです。

 

もう少しぶっちゃけていうと、女性を口説きたい、自分のものにしたい、というのは、性欲を満たしたい、独占欲を満たしたい、つまり自分の欲求を満たしたいということです。

女性を好きになるということは、そういった欲求が満たされないとしても、自分のあらゆる欲が一切満たされなくても好意を持ち続けてしまう、ということです。

 

これは、結婚してる女性を性行為をしなくても好きになり続けることができるのか、ということを考えるとよくわかると思うんですけどね。

これだと独占欲も性欲も満たされませんね。

それが分かっていても、好意を持ち続けることができれば、女性のことを好きになれる、ということになります。

逆に、結婚している女性を旦那さんと別れさせて自分のものにしたい、と思ったら、女性のことを好きになることができない、ということになりますね。

 

ただし、自分の欲求を満たすことをすべて捨て去ることはできないので、現実的ではない考え方なんですが、なんとなくでも考え方が分かっていただければと思います。

 

じゃあ、あなたが女性を好きになれるのか、自分の欲求を満たしたいだけなのか、それって分かりますか?

これは正直言って判断するのは難しいです。

ただ、あることを考える事で判断できます。

 

あなたが好意を寄せている女性を食事に誘うことを想像してください。

それには、まずはお店を選ばないといけませんね。

そのお店の選ぶ基準をよく考えてみてください。

 

あなたは、「女性が満足できる店」という基準でお店を選んでいますか?

よく考えてくださいね。

「女性にモテる店」「女性に好かれる店」「女性に『すごい』と思ってもらえる店」など、女性からの評価が高くなる、という基準でお店を選んでいませんか?

女性が満足することと、女性から高く評価されるのとでは、似ているようで全然違いますよ。

 

女性が満足できる店というのは、もしその女性に彼氏がいたとしたら、その彼氏と行きたいと思われる店のことです。

それに対して、女性からの評価が高くなる店というのは、今の彼氏の店選びのセンスと比べるとこの男性のほうがセンスがある、と女性が思われる店です。

 

きちんと女性が満足できる店という基準で選ぶことができれば、女性を好きになることができる、ということになります。

 

この違いは、小さいようでものすごく大きいです。

それで、この違いはどうしても言動に出てしまいます。

いくら一生懸命隠そうと思っても、どうしても出てしまうんですよ。

 

それで、女性に欲求を満たしてもらうために好意を寄せていることがバレてしまいますが、そうなると女性を口説き落とすことができなくなります。

自己中の人は嫌われますが、女性が落とせなくなる理由はそれと同じです。

 

ただ、女性を好きになれる人は、言動にもそれが自然と出ますので、最低でも女性が振り向いてくれない、ということはありません。

おそらく、その気持ちだけで、そこそこの女性なら30%くらいの確率で口説き落とせるかな、と思うんですけどね。

30%というのは、3~4人の女性を口説けば1人落とすことができるわけですから、そんなに悪くはないと思うんですけどね。

ただ、本当に女性を好きになれば、女性心理などに自然と興味が出てきて勉強してしまうと思うんですけどね。

 

それで、女性を好きになるには、まずは自分を好きになる必要が出てきます。

 

では、なぜ自分のことを好きになれないのか、というと、自分に不満があるからです。

女性に不自由しない生活を送れるようになりたいのに、実際には誰からも相手にしてもらえないと、そんな自分が嫌にもなりますよね。

逆に、自分に全く不満がなければ、自分のことを好きになれます。

自分に不満がない、ということは、自分に自信がある、ということですね。

 

ということは、自分のことを好きになる、ということは、自分自身に自信を持つこととほぼほぼ同じことになります。

 

それで、多くの人は、女性にモテるようになればある程度は自分のことを好きになることができます。

「不器用な自分が嫌い」「要領の悪い自分が嫌い」という人もたくさんいるんですが、女性にモテるようになれば「不器用なところは嫌いだけど、それでも自分が好き」という感じに変わることが多いです。

 

では、具体的にはどうしたらいいのかといいますと、まずは誰でも口説き落とせるような女性を口説き落とします。

そこから、徐々にハードルを高くしていきます。

そんな感じで、5~6人くらいの女性を口説き落とすと、たいていは自分に自信を持つことができます。

そうなると、自分のことが好きになり、同時に女性のことを好きになることができますよ。

 

このことに関しては別のページで詳しく紹介しています。

参考にしてください。

参考記事:恋愛に自信をつけるためのポイント~自信のない男はモテない?

女性に「友達としてしか見られない」と言われる原因と対処法!

 

「『友達としてしか見れず、恋愛対象として見ることができない!』と女性によく言われるんだけど…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

好きな女性に、「友達としか見れない!」なんて言われたら、ショックは大きいですよね。

そんな時、あなたは「恋愛対象として見られたい!」と強く思うのではないでしょうか?

 

そこで、ここでは女性に友達としてしか見られない、と言われる原因と対処法を紹介します。

 

女性が「友達としてしか見られない!」と言う理由

 

まず、女性に「友達としてしか見られない」と言われた時、本心から言っていることもあれば、嘘を言っていることもあります。

女性は、嫌いな人にも恋愛感情を持っている人にも、そして、本当に友達としては付き合っていけるけど恋愛対象として見ることができない人にも、そのようなことを言います。

 

それで、女性にそのように言われた時に、ある程度見当できることがあります。

 

まず、あなたがデートに誘った場合、告白した場合、恋愛感情を持っていることをほのめかしたりした場合は、本当に友達と思っているか、嫌いなのか、好きでも嫌いでもないのか、いずれかです。

つまり、断り文句ということですね。

 

それ以外は、女性の本心が分からないことが多いです。

恋愛感情を持っていることを隠すために「友達としてしか見られない!」ということもあれば、本当は嫌いだけどそんなことはズバッということができないので「友達としか見られない!」というでしょう。

本当に友達としてしか見ることができない、という場合でも、そのように言うでしょう。

 

それで、「友達としてしか見られない!」と言われて「実は恋愛感情を持っているんだ!」と思って女性と接した場合、女性が恋愛感情を持っていなかったら取り返しのつかないことになる場合が多いです。

そこで、そのように言われたら、女性は恋愛感情を持ってないものだと考えて行動をすべきですよ。

 

女性に恋愛対象として見られるには?

 

女性に恋愛対象として見られるには、女性に付き合っているところを想像させることが大切です。

 

男の場合、女性を一目見て「付き合ってみたい!」「付き合えない!」の判断をする事がよくあると思います。

それで、「付き合ってみたい!」と思った女性に対しては、一瞬でも肉体関係を持っているところを想像してしまうのではないでしょうか?

これは、実は逆もあり得るんです。

つまり、肉体関係を持ったことを想像した女性に対しては、恋愛感情を持ってしまう傾向があります。

これは脳の錯覚と言われているんですけどね。

脳は、「恋愛感情=肉体関係」と単純に処理してしまうんです。

 

一度、きれいだけど恋愛感情は持てない(女として見られない)有名人(女優、アナウンサー、モデルなど)と肉体関係を持ったところを想像してみてください。

キレイではない人や嫌いな人と肉体関係を持ったところを想像すると、気持ち悪くなったりしてますます嫌になりますから、必ず見た目がきれいな(かわいい)有名人と肉体関係を持ったところを想像してくださいね。

繰り返し想像していると、不思議と恋愛感情を持つというか、女として見ることができるようになりますよ。

 

これは女性も同じです。

ただ、女性は肉体関係だけではなく、デートしたり、付き合っているところを想像できれば、恋愛対象として見るようになります。

もちろん、見た目も中身も理想の男性を見れば、恋愛感情を持ち、付き合っているところを想像してしまうでしょう。

そういう感情を持たなかったとしても、何かのきっかけで付き合っているところを想像させることができれば、女性は恋愛感情を持つことができます。

 

つまり、友達としてしか見られない男性に対しては、恋愛しているところを想像したことがない、ということが言えるわけですね。

逆に、友達としてしか見ていなかった男性と付き合っているところを想像させることができれば、恋愛感情を持たせることができますよ。

 

ちなみに女性が「友達としては好きだけど、付き合っているところが想像できない!」ということがありますが、これは本心であり、見事に女性心理を表したセリフだと言えますよ。

 

ただ、だからといって女性に「僕と付き合っているところを想像してみてよ!」といきなりいっても、想像はしてくれません。

「なに言ってるの!」なんて言われて笑われるだけでしょう。

そうではなくて、徐々に恋愛のことを想像させることが大切です。

 

2人で食事などに行くことができる関係なら、2人で手をつないでいるところを想像させるとか、まだ2人きりでどこかに行ける関係でなければ、2人でどこかに出かけるところを想像させるとか、少しずつ段階を踏んで想像させることが大切ですよ。

 

その具体的な方法は、別のページで紹介しました。

こちらのページでは、想像させるという言葉は使わず、話をさせるという言葉を使っていますが、話をさせることができれば勝手に想像してくれます。

ですから、○○の話をさせる、ということは、○○を想像させる手段だと思ってもらっていいです。

ぜひ参考にしてください。

参考記事:女友達を彼女にする方法・会話術~幼馴染も彼女にできる!

 

女性にモテる会話をマスターするためにお笑い番組は勉強になるか?

 

「女性を笑わせることができるとモテる、というけど、お笑い番組で勉強するといいのかなぁ?」
と、あなたは考えたことはありませんか?

実際に「お笑い番組はかなり勉強になる!」という人もいるんですが、そんな話を聞いたことはありませんか?

 

manzai

ちなみに僕は先日合コンに参加したんですが、他の男性でお笑い番組を見てトークを勉強したのではないか、という感じの人がいました。

では、その男性は女性に受けていたのでしょうか?

本当に女性にモテるための会話をマスターするために、お笑い番組は勉強になるのでしょうか?

 

女性にモテる会話を身につけるのにお笑い番組は勉強になるのか?

 

先日僕が参加した合コンは、男:女=5:5でした。

それで、1人の男性が、女性に突っ込みまくっていました。

「髪茶色いね!茶色の髪が似合うのは、○○ちゃんとライオンだけだよ!」
という感じで女性をいじっていました。

女性は苦笑いしていましたね。

 

それからしばらくは、その男性が1人でしゃべり続けていました。

初めは、一応全員話を聞いていました。

テレビでよく見かけるネタを少し変えただけのような感じの話をずっと続けていたんです。

女性は面白そうなフリをして話を聞いていましたね。

 

合コンが始まってから20分くらい経ったころに、僕は前に座っている女性に話しかけました。

「ビールばかり飲んでるみたいですけど、好きなんですか?」
と、なんともたわいもない話をし出したんです。

それがきっかけで、僕とその女性と2人で話が盛り上がりました。

それからしばらくして、その女性の右隣の女性も会話に入ってきました。

そして、少しだけ遅れてその女性の左隣の女性も会話に入ってきました。

 

そうです、僕は3人の女性と会話を盛り上げることができたんです。

僕の右隣の男性も会話に入ってきたので、最終的には5人で話が盛り上がりました。

残りの4人は、1人で話し続けている男性の話をずっと聞いていましたね。

 

それで、1次会が終わってから、僕と僕の右隣にいた男性、そして、女性5人と2次会に行きました。

つまり、1人で話し続けている男性の話を聞いていた女性も、僕と一緒に2次会に来たんです。

1人で話し続けていた男性を含めた3人の男性は、2次会には来なかったんですが、どうしたのか知りません。

 

もう、ここまで言えば、お笑い番組でトークを勉強したっぽい人が女性に受けていたのかどうかわかりますよね。

ちなみに2次会で女性は、
「あのよくしゃべる人の話を聞くのって大変だったね!」
「あの人と2度と話したくないよね!」
なんて言っていましたよ。

 

この男性は、明らかに間違えた勉強をしてしまっていたんです。

お笑い番組でトークを勉強する時は、いじり方や間の取り方などをきちんと学ぶべきだと言われています。

ネタをまねて一方的に話をしても、女性に受けることはまずありませんよ。

 

ただ、間の取り方やいじり方などをお笑い番組で学ぶのは、ものすごく難しいです。

そんな事をマスターできたら、芸人になれると思うんですけどね。

でも、芸人の9割以上がお笑いだけで生活できるほど稼いでないのが現状だということを考えると、それをマスターするのは並大抵のことではない、ということは想像できると思います。

 

そこまでしなくても、女性にモテる会話はマスターすることができますよ。

たった1つのことだけで女性にモテる会話をマスターできる方法を、別のページで紹介しました。

興味があれば、そちらを参考にしてください。

 「女性にモテるようになるために最も大切なこと!」へ

どうしても落ちない女性を落とすためのポイント!

 

「片思いをしている女性を、一生懸命口説いているのにもかかわらず、どうしても落とすことができなくて…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

女性に振り向いてもらうために、一生懸命いろいろしているのに、なぜか口説き落とすことができない、という事ってありますよね。

a1640_000404

 

そこで、ここではどうしても女性を落とせない原因と、落とすためのポイントを紹介します。

 

女性がどうしても落ちない原因

 

僕は今までに何回か「どうしても狙っている女性が落ちない」という相談をされました。

それで、よく話を聞くと「それでは落ちないでしょう!」と思うことが非常に多いです。

 

まず多いのが、
「○○(仕事、スポーツetc)ができることをアピールしたのに、振り向いてくれない!」
など、自分のメリットをアピールしているのに、と言う人ですね。

僕はいつも、
「だからモテないんだよ!」
と、言いたくなります。

 

自分のメリットをアピールすることって、自慢話、武勇伝と変わらないですよね。

また、車、時計などを自慢する人もいますよね。

そして、女性が「すご~い!」とほめると、さらに自慢話を続ける人っていますよね。

こんな事を続けていたら、嫌われます。

あなたも他の人の自慢話や武勇伝を聞かされるのはイヤじゃないですか?

女性だって、他の人の自慢話や武勇伝を聞かされるのはイヤです。

それなのに、女性に対しては一生懸命自慢話をして、それで女性を振り向かせようとしている人が多いです。

これでは、頑張って自慢話をすればするほど、ますます落ちなくなりますよね

 

あと、女性に対して変なアピールをする人っていますよね。

昔ヤンキーだったことをアピールしたり、裏社会とのつながりがあることを自慢げに話したりする人っていますよね。

そういうアピールをする人って嘘ついている人が多いと思うんですが、嘘をついたら女性にバレると思ったほうがいいです。

女性はかなり勘が鋭いですから、嘘をついたらバレると思ったほうがいいですよ。

嘘つきは女性に嫌われる大きな原因になります

また、昔ヤンキーだったことや裏社会とつながりがあることが本当だったとして、それをアピールされたら女性はどう思うか、冷静になって考えたほうがいいと思います。

女性は「この人と関わらないほうがいい!」と思うでしょう。

そういう変なアピールをしても、嫌われることはあっても好かれることはありません

変なアピールは絶対にしないほうがいいですよ。

 

女性を落とすには、まず女性と会話のキャッチボールができるようになる必要があります。

これができず、一方的にアピールばかりしていたら、女性は落ちません。

頑張ってアピールすればするほど、ますます落ちなくなります。

逆に会話のキャッチボールさえできれば、女性5~6人に1人は落とせます。

それだけでモテモテになるとは言いませんが、最低でも彼女の1人くらいはできるはずです。

ですから、会話のキャッチボールができているのかをまず確認してみるといいでしょう。

会話のキャッチボールが女性を落とす最低条件です。

 

あと、メールやLINEの内容を確認する必要があります。

女性に好かれようとカッコつけたりする人って多いんですが、女性がドン引きする内容になっていることが非常に多いです

また、女性の母性本能をくすぐるのが目的なのか、甘えるような内容のものを送る人もいますよね。

「いつも料理はコンビニ弁当だけど、たまには手料理を食べたいなぁ!」
なんて送る人って少なくないですよね。

そういうメールやLINEを送られたら、女性は、
「私に料理を作れってこと!?なんで、あんたのために料理を作らないといけないの!!」
と、怒りを感じると思ったほうがいいです。

付き合ってもないのに、そんなに仲がいいわけでもないのに、甘えられても「なんで私が!!」なんて女性は怒りを感じるだけですよ。

そういうメールやLINEを送り続けても、女性にますます嫌われるだけで、落とすことができなくなりますよ。

メールやLINEは、女性に話をさせるためにネタを振ることだけを考えたほうがいいです。

 

会話のキャッチボール、メールやLINEでネタを振ることというのは、女性を口説き落とすための最低限必要なことです。

これだけでも落ちる女性はいますが、狙った女性を確実に落とせるようになるまでにはいきません。

ただ、会話やメール、LINEで、良かれと思ってしていることが、実は女性に嫌われている、なんてことが多いですので、一度チェックしてみたほうがいいでしょう。

 

そのうえで、女性を口説く会話やメール、LINEのポイントは、別のページで紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

参考記事:
女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!
女性にモテるためのメールの基本~これができないと恋愛対象外!
好きな女性と盛り上がるLINEの話題~女性を喜ばせ、落とすには?