女性に「きれいだね!」「美人だね!」と褒める方法とタイミング!

 

きれいな女性と話をしているときなどに、あなたは、
「きれいだね!」「美人だね!」
と言うことってありませんか?

そして、そのようなことを言うと、多くの女性が
「いえいえ、それほどでも…」
なんて謙遜しながらも、まんざらでもなさそうな反応をしますよね。

きれいではない女性にそういうことを言うと、女性はビックリして喜びを隠さないこともよくあるんですけどね。

ただ、きれいな女性は多くの場合、謙遜しながらもまんざらでもなさそうな反応をしますよね。

 

それで、まんざらでもなさそうな反応をしているのを見ると、女性は謙遜しながらも内心は喜んでいるのかなぁ?なんて思ってしまいませんか?

実は、そうではないこともよくあるんです。

「キモい!」「うっとおしい!」「嫌な感じ!」なんて思っていることもあるんですよ。

キレイだとか美人だとか、言われれば女性なら誰でも喜ぶのが本来だと思います。

しかし、タイミングや言い方を間違えると、女性に嫌がられることがあるんです。

まんざらでもなさそうな感じの反応をしていたとしても、実は内心は不快感を感じていることもあるんです。

 

しかし、本来はそういうことを言われれば、女性なら誰もが喜ぶんです。

だから、言い方とタイミングさえ間違えなければ、女性を口説き落とす手段として使えるんです。

 

そこで、ここでは女性に「きれいだね!」「美人だね!」と褒めて喜ばせるコツを紹介します。

 

女性に「きれいだね!」「美人だね!」と褒めて喜ばせるコツ

 

女性に「きれいだね!」「美人だね!」と言って、嫌な思いをさせてしまうのは、下心があると思われた時が非常に多いです。

下心というのは、口説きたいとか、そういった事はもちろんですが、それ以外にも何か頼みごとをしたい時なども含みます。

 

今はセクハラと言われるかもしれないんですが、10年以上前は、
「○○さん、いつもきれいだね!見ているだけで幸せな気分になるよ!ところで、この仕事手伝ってくれないかなぁ?」
なんていう感じのことは、よく耳にしましたよね。

仕事を頼むとき、手伝ってほしい時などに、初めに「キレイだね!」と褒めておいて、いい気分になっただろうという時に仕事を頼むと、引き受けてもらえやすいかな、と考えるわけですね。

あと、居酒屋などに行くと、お店お人が
「あなたみたいなきれいな方が店に来てくれるだけでうれしいよ!」
なんて言うのは、多くの場合、また来店して欲しいという気持ちがあるからですよね。

下心というのは、恋愛感情だけではなく、そういった何か頼みたいこと、お願いがある時などを含みます。

 

そういった下心がある時に、女性は不快な思いをする事が多いです。

まあ、居酒屋の店員に言われても真に受けないだけでしょうし、上司に言われても「何か仕事を頼まれるだろうな!」と警戒するだけでしょう。

ただ、口説き落としたい、といった下心があると、女性は不快感を感じることが多いです。

 

でも、だからといって、下心があることを気付かれずにいうことも、かなり難しいです。

全く下心がなければ、女性はそのように思うこともないでしょう。

ただし、口説き落としたいと思ってそのようなことを言ったら、下心があると気づかれてしまいます。

一生懸命隠そうとしても、女性は勘が鋭いので気づいてしまうのです。

そして、不快感と同時に警戒心を強めてしまって、なかなか口説き落とすことができなくなってしまいますよ。

 

ただし、逆に女性が思いを寄せている男性から「きれいだね!」「美人だね!」と言われたらどのような気持ちになるか想像できますか?

時と場合によっては警戒心を持たれる(もてあそばれたくないetc、というような思いから警戒する)こともありますが、基本的には嬉しいと思うでしょう。

ということは、女性に思いを寄せてもらえた段階でそのようなことを言えば、女性を喜ばすことができて口説きやすくなる、ということになりますね。

 

ただし、その前の段階で喜んでもらうことは十分に可能です。

女性に友達に抱くのと同じような好意を持ってもらった段階だと、喜んでもらえるっことが多いです。

男としては見られてないけど、一緒に話をしていると楽しいとか、そのように思われたら大丈夫です。

友達から男として見られるようになるきっかけになることも多いですよ。

逆にそう思ってもらえてない段階で、「きれいだね!」「美人だね!」といったら、女性に不快感を持たれてしまうことが多いです。

 

さて、女性と親しくなる会話のポイントは別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

 初対面の女性との会話を盛り上げるポイントとは?

気が合う女性が見つからず彼女が全然できない時の対処法!

 

「気が合う女性となかなか出会うことができなくて、なかなか彼女ができないんだけど…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

彼女は欲しいけど、女性と気が合わないと、デートの時などに沈黙しそうで口説き落とすのも難しいそうだし、万が一付き合うことができたとしても苦労しそうだし…

そんな事を考えていると、どれだけきれいな女性でも気が合わないと口説き落そうとも思いませんよね。

それで、気が合う女性と出会うことができないと、なかなか彼女ってできませんよね。

a0001_017444

そこで、ここでは気の合う女性との出会いがない時の対処法を紹介します!

 

気の合う女性との出会いがない時の対処法!コレで彼女ができる?

 

まず、気が合うとはどういうことなのか、紹介します。

辞書通りの意味だと「その人の考え方や好みが自分に似ていて、うまく調子を合わせてつきあえる」ということになりますよね。

ただ、実際のところは、会話が盛り上がれば気が合うと思ってしまいますよね。

考え方や好みが似ていると話は盛り上がりやすいので「気が合う」と思ってしまいますが、そうでなくても話が盛り上がれば「気が合う」と思ってしまいがちです。

 

もちろん、言い合いが盛り上がると「気が合う」なんて思うことはないでしょう。

そうではなくて、相手が同情や共感してくれれば自然と話が盛り上がるので、気が合うと思うことが多いです。

 

ただ、同情や共感などよりも、もっと大切なことがあるんです。

それは、話し方です。

特に、話すスピードが同じだと、気が合うと思う傾向が強いです。

あと、優しい話し方、キツい話し方、おっとりした話し方などといったこともありますし、手や顔の動きが大きい小さいといったこともあるんですけどね。

話し方というといろいろなことがあるんですが、なかでも話すスピードが同じなら、だいたいは気が合うと思う傾向が強いです。

 

そもそも、仕事などの大切な話などを除けば、話の内容ってあまり覚えてないことが多いですよね。

どこに住んで仕事は何をしていて、趣味は何で、というような断片的な情報は覚えてることが多いんですが、それ以上のことはあまり覚えてないことが多いと思います。

ですから、気が合う合わないというのは、話す内容はあまり大切ではないんですよ。

それよりも、話し方(特にスピード)が同じだと、気が合うと思いがちです。

同情、共感ももちろん大きく影響しますけどね。

 

ということは、気になる女性と話すスピードを同じにすると、女性は話しやすくなるので自然と話が盛り上がり、その女性と気が合うと思えるようになることが多いです。

そして、女性にも気が合うと思ってもらいやすいので、口説き落す第一段階をクリアできやすい、ということになりますよね。

 

ちなみに、そんなにモテない女性であれば、気が合うと思わせることができるだけで付き合うことができることが多いですよ。

特に20代後半以降の女性はその傾向が強くなります。

まあ、ブスではないけどきれいでもない、それほどモテるわけでもない女性と付き合うよりは、きれいでモテる女性と付き合った方がいいと思うのですが、そうなると「気が合う」と思ってもらうだけでは足りないんですけどね。

 

それはともかく、まずは相手の女性と話すスピードを合わせることができるようにすると、今まで気が合わないと思っていた女性と気が合うと思えるようになりますし、また、新たに出会った女性とも気が合うと思えるようになりますよ。

 

ただ、話すスピードを話し相手に合わせるのは、はっきり言って難しいです。

僕もかなり練習して、やっと話すスピードを相手に合わせることができるようになったんです。

初めは、話すスピードを変えるのが大変だったので、女性と気が合うなんて思うことができなかったんですけどね。

話すスピードを相手に合わせることが精いっぱいだと、とても気が合うなんて思えないですよ。

 

ただ、苦労することなく話すスピードを変えることができるようになると、多くの女性(に限らず男性も)のことを「気が合う」と思えるようになります。

ですから、話すスピードを自在に変えることができるようになるまで、1ヶ月前後かかると思いますが、頑張って練習しましょう。

 

練習方法は、テレビかラジオ、YouTubeなどがいいです。

早口でしゃべる人、ゆっくりしゃべる人、いろいろな人をピックアップして、その人と同時に同じことを話すようにするといいです。

テレビなら録画して、何度も練習するといいですよ。

そうすることで、早く話せるようになったり、ゆっくり話せるようになったり、話すスピードを自由自在に変えることができるようになりますよ。

 

そして、実際に何人かの人と会話をして、話すスピードを合わせるようにします。

話す内容を考えながら、話すスピードにも意識しないといけないので、初めはなかなか大変ですが、慣れれば自然とデキるようになりますよ。

 

ちなみに、たくさんの女性との出会って実際に話をしたほうが、早く身に付けることができます。

それで、ただ話をするだけなら、恐らく婚活(恋活)パーティーが一番手っ取り早いと思います。

婚活パーティーは参加した女性全員ととりあえず話をすることができます。

ですから、一度に10~20人の女性と話をすることができるんです。

相手のプロフィールを見ながら話をするので、何を話していいかわからず沈黙してしまうことも少ないですしね。

 

婚活パーティーの探し方は、検索エンジンなどで「婚活パーティ ー(地域名)」(「婚活パーティー 東京」etc)で調べると、いくつか出てきます。

パーティーによってカップリングしやすい、しにくいがあるんですが、まあ、とにかく話をするだけであればどれもさほど大差はありません。

ですから、適当なものを選んで参加してみてもいいですよ。

一番安いのを選んでも、少なくとも何人もの女性と話はできますよ。

 

自信が持てなくて女性とうまく話ができない時の対処法!

 

「自分に自信がもてなくて、女性とうまく話ができないんだけど…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

 

彼女ができない、狙った女性を口説き落せない、などの悩みを抱えている人の多くが「自分に自信がない!」と思っていますね。

なかには、女友達が何人かいるけど、恋愛に自信がなくて男と女の関係になれない、なんていう人もいますよね。

 

ただ、自信がないと悩む多くの人が、女性とうまく話ができない、と悩んでいますよね。

 

そこで、ここでは自信が持てなくて女性とうまく話ができない時の対処法を紹介します。

 

自信がなくて女性とうまく話ができない時の対処法!

 

僕は20歳くらいまでは、自信がなくて女性と話がまともにできませんでした。

 

そして、僕の周りにも自信がなくて女性と話ができない、という人は何人もいます。

その人たちは、事務的な話なら何とか普通にできるけど、世間話になると、女性から話しかけられた時はともかく、そうでもない限り無理だということですよね。

だから、合コンに誘われても女性と話ができないから、ということで断ったり、出会い系やパーティーなんてとんでもない、という感じですよね。

 

でも、僕に言わせれば、女性と話ができないのは、

・準備不足
・経験不足
・検証不足

の3つが女性とうまく話ができない大きな原因だと思っています。

 

まず、初対面の女性と何を話すのか、ある程度は準備をする必要があります。

女性受けする話をするために、女性誌を毎週何冊も読んでいる人がいる、という話を聞いたことがあります。

モテる男性は、それくらいの努力は惜しみません。

ただ、いきなりそこまでするのは無理にしても、せめて女性受けしそうな話題をいくつか考えておく必要がありますよ。

 

女性受けする話題は、

・食べ物(グルメ・料理)の話
・ドラマや映画の話
・ファッションの話
・旅行やレジャースポットの話
・パワースポットの話
・芸能ニュース

という感じです。

 

これらの中で、芸能ニュースはYahoo!ニュースを見れば分かることなので、いくつか読んでおくといいですよ。

あと、パワースポットの話もネットで調べればいくつも出てきます。

この2つは比較的簡単に話題を見つけることができて女性受けしますので、あらかじめチェックしておくといいですよ。

 

ただ、どれだけきちんと準備をしても、女性と話す経験が少なければ、うまく話はできないでしょう。

しかし、ある程度の経験を積めば、普通には話すことができるようになります

精神的な病気であれば別ですけどね。

人見知りだとしても、病的なひどさでなければ普通に話ができるようになりますよ。

人見知りがあまりにもひどい場合は、本当に精神科で診てもらったほうがいいですけどね。

 

あとは検証です。

女性と話をした後、家に帰ってきてからでいいので、女性に受けたかどうかをきちんと検証し、反省してから、準備しなおす必要があります。

そして、同じような過ちを二度と繰り返さないようにすべきです。

チェックポイントは、
・女性に話をさせることができたか、
・自分自身の話が長くなかったか、
・女性は喜んでいたか、
といったところです。

女性との会話でとにかく大切なのは、女性に楽しい時間を過ごしてもらうことです。

それで、女性に限らず男性もそうですが、人の話を聞くのは苦痛だけど、自分が話すのは楽しいと感じます。

ですから、最低限気をつけることは、女性に話をさせる、ということです。

きちんと女性に話をさせることができたかどうかを中心に検証し、反省をして次につなげていくことが大切ですよ。

 

女性との会話の基本をきちんと身に付けたうえで、準備、実践(女性と会話)、反省(検証)を繰り返せば、女性と話ができるようになり、楽しませることができるようになります。

そうなれば、女性を口説き落せる確率はかなり高くなりますよ。

 

さて、女性との会話の基本については別のページで紹介しています。

そちらを参考にしてください。

 初対面の女性との会話を盛り上げるポイントとは?

 

職場の部下の女性を口説き落とすポイント!最低これだけは…!?

 

「職場の部下を口説き落としたいんだけど、どうしたらいいんだろう?」
と、悩んでいる人ってかなり多いですよね。

セクハラやパワハラということがよく言われますが、そのようなことにならないようにしながら口説き落とそうと思うと、いろいろ悩んでしまいますよね。

また、職場は他の人の目も気になりますので、どうしたらいいのか悩むことも多いと思います。

 

そこで、ここでは職場の部下の女性を口説き落すポイントを紹介します。

 

職場の部下の女性を口説き落すのは簡単?難しい?

 

まずは、職場の部下の女性を口説くことと、職場以外の女性を口説くことの違いを紹介します。

職場の部下の女性を口説くのには、かなり大きなメリットがある一方で、デメリットもあります。

 

まず、職場の部下の女性を口説き落そうとすると、パワハラやセクハラと言われてしまう可能性があります

そうなると、最悪の場合は解雇されることもありますよね。

そうでなくても、セクハラやパワハラしたということになると、立場が悪くなりますよね。

 

また、例えば食事に誘った時などは部下は一緒に行きたくなくても断りにくいですし、また心にもないお世辞を言うことだってありますよね。

そうなると、女性の本心がなかなか分からないですよね。

職場の上下関係がなければ、食事に誘っても女性がイヤだと思えば、なんだかんだ言って断りますよね。

でも、職場の上司に誘われたらそれができないこともありますよね。

そうすると、女性の気持ちを読み間違えてしまうことだってあるわけです。

女性と2人きりで3回食事に行くことができたから、ホテルに誘うことができるだろう、と思っていたものの、女性が嫌々食事に付き合っていたのであれば、ホテルに誘うことはできないですよね。

でも、上下関係がなければ、嫌々食事に行くことなんてあまりありませんからね。

嫌な男性と3回も食事に行く女性なんてまずいないでしょう。

でも、嫌な上司から誘われても断ることができず、3回以上嫌々食事に行くことはあり得ます。

ですから、勘違いやすい、というデメリットがありますね。

 

そういったデメリットはあるものの、それを上回るくらいのメリットもあります。

上司に対して部下は、いろいろ愚痴を言うものの、結局は頼りにしているわけです。

女性にとって頼ることのできる男性は、恋愛対象になります。

ですから、部下の女性を惚れさせるのって結構簡単なんです。

これはものすごい大きなメリットですよ。

 

そしてもう一つ、先ほどの話と逆になりますが、食事などに誘いやすいのは大きなメリットになります。

「食事をしながら仕事の話をしたい!」と言って誘えば、まずOKしてくれるでしょう。

もちろん、女性が上司のことを嫌っていたとしてもOKしてくれやすいです。

これはデメリットにもなるんですが、メリットにもなりますよ。

 

職場の部下の女性を口説き落とすポイント

 

新宿や渋谷などのホテル街を歩いていると、よく40代くらいの男性と20代くらいの女性が仲良さそうに歩いているのを見かけます。

その大半が職場の上司と部下なのかな、と思うんですけどね。

ですから、部下の女性を口説き落している男性はたくさんいますので、まずは部下の女性を口説き落とすことはできる、と信じて行動することが大切です。

 

そのうえで、まずは2人きりで食事に行ったほうがいいです。

「食事をしながら仕事の話をしたい!」
と言って誘えば、まずOKしてくれるでしょう。

それが難しいなら、まず初めに男性の部下2人くらい、女性の部下1人くらいをそれぞれ2人きりで食事に誘います。

すべて「食事をしながら仕事の話をしたい!」と誘います。

それで、本当に仕事の話をしてください。

建前でいいので、困った事や悩みはないのか聞いていくといいですよ。

食事しながら話した内容は狙っている女性にバレることが多いので、変な話はしないようにすべきです。

そうしたうえで、狙っている女性を誘えば、その女性は「みんなと食事をしながら仕事の話をしているんだから、下心はなく純粋に仕事の話をするんだろう」と思ってくれやすく、OKしてくれる可能性がかなり高くなります。

 

そして、女性を食事に誘うことができたら、口説き落としていきます。

この時に上司であることを最大限使うと簡単に口説き落すことができます。

もちろんパワハラはせずにですよ。

「僕と付き合ったら、昇格が早くなる!」と言ったらパワハラになりますから、そんなことは絶対に言ってはいけませんよ。

そういう事ではなくて、上司は頼りにできる存在なんですから、そのことを最大限使うんです。

 

簡単な流れは、まずは仕事の悩みを相談できる関係になり、それからプライベートの悩みを相談できる関係になると簡単に口説き落すことができます。

ただ、問題は簡単には本心を話しません。

「仕事で何か悩んでることってある?」
と聞いたところで、本当に悩んでることをなかなか言いません。

それは、あなたが上司から同じ質問をされた時になかなか本心を言わないと思うんですが、それと同じです。

下手な説教をされたり、評価が下がったりするのを警戒しているからですね。

あるいは、だれかとうまくいっていないことを話したら、下手に仲介されてさらに関係が悪化することもありますので、職場の人間関係のこともあまり本当のところは言わないでしょう。

ですから、仕事で本当に悩んでいることを話すようになるには、時間がかかります。

そこは、あなたの仕事での弱みや悩みを少し話をしたり(上司としての信頼を失わない程度に話す)、あるいは世間話を交えながら距離を縮めていって「この人なら話をしても大丈夫だ!」と思わせるようにします。

そうなれば、徐々にですが本心を話すようになりますよ。

そして、プライベートの悩みも話すようになります。

「彼氏とうまくいってなくて…」なんて相談するようになったら、もう落ちたも同然ですね。

こうなったら、彼氏の愚痴を聞いてあげるだけで勝手に落ちてしまうことが多いです。

 

こういう話をすると、なぜか
「本心を言え~!」
と怒ったように言う人がいます。

そんな事を言ったら、よけいに警戒心を強くしてしまい、ますます本心を話さなくなります。

「本心を言ってほしい」「腹を割って話してほしい」というセリフは絶対に言わないほうがいいですよ。

 

さて、部下の女性が仕事の悩みやプライベートの悩みを話すようになるための大事なポイントを1つだけ紹介します。

それは、2人でいる時は頼りになるお兄さんのような存在になるといいです。

職場の上司と部下の関係が続くと、なかなか落とすことができないです。

どうしても警戒心が残ってしまいます。

そうではなくて、頼りになるお兄さんになれば、警戒心はなくなりますので、ものすごく簡単に落ちてしまいますよ。

それには、
・上から目線で話をしない
・説教をしない
・アドバイスをしない
の3つが大切です。

悩みを聞くときは同情をしてあげるだけでいいです。

アドバイスをしたくなると思いますし、ナメたことも言うと思うので説教をしたくなることもあると思います。

ただ、そこはグッと我慢をして、ひたすら同情するようにすべきですよ。

そうすれば、おのずと警戒心はなくなり、頼りにできる存在になりますよね。

それで、部下の女性は年下になると思いますので、頼りになるお兄さんのような存在になりますよね。

そういう関係になれば、女性はプライベートの悩みも相談しやすくなりますよね。

そうなったら、超簡単に口説き落すことができますよ。

 

さて、あとは女性とどのように距離を縮めていくのか、という問題がありますよね。

そのことについては別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

ちなみに、このページで紹介したポイントをきちんと頭に入れてから別のページを参考にしてくださいね。

 女性と距離を縮める方法~気になる女性と距離を縮める5つのポイント

 

 

モテない男がついしてしまう悪気がないけど女性に嫌われる会話!

 

会話が盛り上がった女性と、なぜか連絡が取れなくなったりすることってありませんか?

それは、気付かないうちに女性に嫌われることを言っているのかもしれません。

悪気はないし、女性のためを思って良かれと思って話したことが、逆に女性に嫌われることってあるんです。

 

そこで、ここではモテない男性がやってしまいがちな、悪気はないし、良かれと思って話したことが、実は女性に嫌われる会話について紹介します。

 

悪気がなく女性のためだと思ったことが実は嫌われる会話とは?

 

まずは、僕の知り合いが実際にやってしまった、女性に嫌われる会話の内容を紹介します。

録音していたわけではないですが、実際に隣で聞いていたので、ほぼ内容はそのままです。

 

女性:「今度、○○という映画を観に行くよ!」

男性:「そうなんだ!××主演の映画だよね!僕観たよ!××の演技がまたすごいよかったよ!脇役の△△も素晴らしい演技だったね!あの人って独特の演技していてなかなか味があるよね!また、ストーリーもドキドキハラハラで、ものすごく面白かったよ!…」

 

さて、どうして女性に嫌われるのかわかりましたか?

 

ネタバレは一切していませんでした。

演技が素晴らしいとか、ドキドキハラハラとか、そういう事は言っていましたが、まさかそれだけでストーリーは分かりませんよね。

 

また恐らく、その男性は見どころなどを教えたほうが喜ばれるかな、と思ってこのような話をしていたのではないか、と思います。

だから、悪気はなかったと思いますし、逆に良かれと思って話をしたんだと思います。

でも、こういう会話は女性に嫌われます。

 

なぜだかわかりますか?

 

一方的に話をしていたのでそこも問題だったんですが、それ以上に問題があります。

それは、女性に共感せず、そして知識を披露しているように思われるような話をしているからです。

 

女性は、
「映画を観に行く!」「スキーに行く!」「○○しに行く!」
など楽しみにしている話をする場合は、喜びを共有したいという気持ちを持つ傾向があります。

男性がこういう話をする場合は、うらやましがられたいという気持ちを持つ傾向が強いですけどね。

女性は喜びの共有です。

それにもかかわらず、共感してもらえず知識を披露されたら、気分を害してしまいます。

 

共感してもらえず、「そうなんだ!僕、映画に興味ないからなぁ!」といっても女性は嫌な気持ちを持ちます。

それにまして知識を披露されたら、ますます嫌われます。

 

ちなみに、知識を披露すると嫌われがちです。

逆に自分の知識を披露することには快感を感じます。

先輩や先生などに何かを教えてもらう時に嫌な感じを持たないのは、別の感情が働くからです。

友人、知人という関係の人に知識を披露されたら、気分を害することが多いです。

このことについて話すと長くなりますので、ここでは立場が上ではない人から知識を披露されたら気分を害する、という事だけ理解してください。

 

それで、先ほどの例は、W(共感してくれない、知識を披露された)で女性を嫌な気分にさせているわけですね。

だから、女性に嫌われて連絡が取れなくなったりするんですよ。

 

これをしている人ははっきり言ってかなり多いです。

ちなみに僕は口説く気のない女性に対して、共感せず知識を披露することがよくあります。

別に気のない女性に嫌われてもいいですし、知識を披露したいという欲求は人並みに持っていますし、どうでもいいところでは欲求不満を解消しておかないといけませんからね。

ですから、共感せず知識を披露する気持ちはよく分かっているつもりですし、知らないうちについついしてしまう事なんですが、これをしたら嫌われます。

 

女性が言った事に対しては常に共感することが大切ですよ。

そして、知識を披露しないように気を付けたほうがいいですよ。

 

ちなみに先ほどの会話の例で、女性に好かれる会話の例は、

「あ、そうなんだ!予告とか見てるとなんだか面白そうな映画だよね!」(映画を観た場合)
「CMで予告を見かけるね。どんな感じの映画なの?(映画について話をさせる)あっそうなんだ!僕も観たくなった!」(映画に興味がない場合)

という感じがいいでしょう。

ちなみに、下線のところが共感です。

 

関連記事:女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!

清楚系の女性を口説き落とす方法!簡単に口説き落とす秘密の方法!

 

「清楚系で真面目そうな女性を好きになったんだけど、なかなか落とすことができないだろうなぁ!?」
と、僕の知り合いが嘆いていました。

その知り合いは、恋愛経験はそこそこはあります。

しかし、清楚系の女性に対してはものすごく苦手意識を持っていたんです。

 

でも、あるポイントを押さえたことで、とっても簡単に口説き落とすことができたんですよ!

 

そこで、ここでは清楚系の女性を口説き落すための方法を紹介します。

簡単に口説き落せるあるポイントとは?

 

PAK86_dakiyoseru215182313-thumb-815xauto-18341

清楚系の女性を口説き落とすポイント

 

清楚系の女性を口説き落すポイントは以下の通りです。

 

 「清楚系は口説き落とすのが難しい」という思い込みを捨てる

清楚系の女性がなかなか口説き落すことができない最大の原因は、「落とすのが難しい」という思い込みです。

ちなみに、僕にはその思い込みがないので、ものすごく簡単に口説き落とすことができているんです。

清楚系の女性は多くの男性が「口説くのが難しい」と思って口説かない傾向があります。

そのせいでしょうか、恋愛経験が少ない傾向があり、そのせいで恋愛に対する願望が強い感じがします。

ですから、思っている以上に簡単に落とすことができるんです。

ただ、「難しい」と思い込んでいると本当に難しくなります。

恋愛に限った事ではないですが、「難しい」と思い込んでしまった事って本当に難しくなりますよね。

ですから、思いこみを捨てることはものすごく大切ですし、今まで2~3人くらいの女性を口説き落した経験があるのであれば、それだけで口説き落せることもありますよ。

 

 こちらから積極的にコミュニケーションをしていく

清楚系の女性は、初対面の人やあまり仲の良くない人とのコミュニケーションが苦手な傾向があります。

「初対面の人と何を話したらいいのかわからない!」
なんて、悩んでいる人も多いですよね。

また、メールやLINEのIDを交換したものの、送ってもいいものなのか悩んだりすることがあって、結局メッセージを送らない、という事も普通にあるようです。

ただ、あなたから積極的にコミュニケーションを取るようにすると、意外と喜んでくれたりもしますよ。

だから、積極的に話しかけたり、メールやLINEを送ったりするといいですよ。

 

 距離の縮め方に注意する

清楚系の女性は、あまり距離が縮まってない人に対して、どこまで自分を出していいものか迷うことが多い傾向があります。

それで、清楚系の女性はなかなか自分を出したがらないように見えてしまうことがあるんですが、実はそうではなく自分を出したいけど出していいものか迷っているだけなんです。

ですから、自分を出させてあげるように会話をしていくといいですよ。

これは全然難しい事ではありません。

あなたのことを出しながら女性に質問していけば、意外と自分を出すようになります。

例えば、
「僕の趣味は映画鑑賞だけど、あなたの趣味は?」
という感じで、まずはあなたのことを言うと、女性は普通に話をしてくれます。

そのように話をしていって自分を出させると、距離が縮まっていきますよ。

 

また、清楚系の女性と距離を縮めようとすると、「なかなか距離が縮まらないなぁ!?」と思うことがあると思います。

しかし、清楚系の女性は「距離が縮まっている」と思っていることが多いです。

女性が距離が縮まっていると思っていても、なぜかそれが表に出さないのか、分かりにくいところがありますね。

その点も気を付けておいたほうがいいですよ。

 

清楚系の女性は、恋愛経験が少ない傾向があります。

ただ、それは恋愛したくないのではなくて、ただ積極的になれないだけです。

恋愛したいという思いや憧れは普通の人以上に持っている傾向があります。

ですから清楚系の女性は、実はものすごく口説き落としやすいです。

 

 

まずは思いこみを捨て、そして恋愛経験が少なくコミュニケーションが苦手だということが分かっていれば、他の女性を口説き落すのと何ら変わりませんよ。

 

女性との距離を縮め口説き落とす会話の方法は、別のページで紹介しています。

そちらを参考にしてください。

 女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!

 

狙った女性を褒めてるのに落ちない!?女性は褒めなくても落ちる?

 

よく、女性を口説き落すには「褒めること」が大切だと言われていますよね。

それで、一生懸命女性の良いところを探して褒めようとしますよね。

 

しかし、「一生懸命女性を褒めても落とすことができない!?」と悩む人は多いですよね。

 

誰でも褒められればうれしいでしょう。

お世辞だとわかっていても、褒められればうれしいのではないでしょうか?

しかし、褒めても褒めても全然落とせないことは、よくあります。

a1640_000396

では、なぜ女性を褒めても落とすことができないのでしょうか?

 

女性を褒めても落ちない!?その原因は?

 

女性を褒めても落ちない原因は、褒め方に問題があるからです。

 

まず、外見だけ褒めても女性は落ちません。

よっぽど変な褒め方をしなければ喜んでくれるでしょう。

しかし、残念ながらそれだけでは落とすことができないのです。

「持ち物を褒めるといい」と言われることもあるんですが、それだけでも不充分です。

 

ちなみに、僕は女性の外見を褒めることはほとんどありません。

僕はファッション感覚が全然ないんですが、下手に外見を褒めると逆に変なことを言いそうな気がするので、一切褒めないようにしています。

それでも、狙った女性はほぼ確実に落とすことができていますよ。

 

ですから、女性は外見を褒めなくても落とすことができますし、また、外見だけを褒めても落とすことができないんです。

 

という事は、女性の中身を褒める必要がある、ということになりますよね。

それで、女性の中身を褒める時に、男性を褒めるのと同じ感覚で褒めてしまうと、女性は喜んでくれません。

喜んでくれないどころか、逆に怒らせることにもなりかねないのです。

褒め方は、男性と女性とでは大きく違います。

 

男性は、他人よりも優っているところを褒められるとうれしいですよね。

「(他の人より)仕事ができる」
「(他の人よりも)カッコいい」
「(他の人よりも)モテる」
という感じで褒められるとうれしいですよね。

それと同じ褒め方をすると、女性は全然喜んでくれません。

逆に女性は気分を害するでしょう。

女性は喜んでいるフリをしてくれることが多いです。

でも、内心は不快に思っているのです。

 

それはなぜなのか、

女性は他の人より優りたいという気持ちがあまりないからです。

それよりも、他の人と仲良くなりたい、上手くやっていきたい、という気持ちの方が強いんです。

ですから、男性と同じように「(他の人よりも)優れている」という褒め方をすると、不快に思うんです。

 

このことに関しては、別のページで詳しく紹介しました。

そちらを参考にしてください。

参考ページ:女性が惚れる会話中のほめ方!~男女でほめるポイントに違いが!

 

そして、この発展になりますが、女性は男性よりも「存在意義」を認められると喜びます。

つまり、女性はこの仲間では必要とされている、ということを認められると喜ぶんです。

「あなたがいるから、みんな仲良くやっている」
「あなたがいるから、雰囲気がいい」
という感じに褒められると、女性は男性以上に喜びます。

 

そこで、女性を口説くときにどのように褒めるといいのか、と言いますと、
「○○ちゃん(女性の名前)と一緒にいると、癒される(楽しい・時間が短く感じるetc)!」
と、褒めると、とっても喜んでくれるんです。

男性の場合、美女に言われるとうれしいですが、ブスに言われるとあまりうれしくない、と思う人が多いのではないでしょうか?

それに対して、女性の場合は誰から言われてもうれしいんです。

タイプではない男性から言われてもうれしいんです。

毛嫌いしている男性から言われても、そう言われること自体はうれしいんです。

ただ、毛嫌いされたら、そこから挽回して口説き落すのは非常に難しいので、最低でも嫌われてないことが大切ですけどね。

 

ようは、「一緒にいると癒される、楽しい」などと言われるという事は、女性は存在意義を認められた、ということになりますよね。

だから、女性は喜びますし、口説き落としやすくなるんです。

 

女性を褒めて口説き落とすには、男性にはない女性特有の心理を理解することが大切です。

 

女性にモテない理由は勘違い!?彼女が45年できないワケとは?

僕の知り合いで、彼女いない歴=年齢の45歳の男性がいます。

その男性は高校の同級生なのですが、今でも時々話はします。

性格にかなり問題がありすぎるので、あまり仲良くしたくないんですけどね。

彼は恋愛に関してはかなりの反面教師になるのですが、僕が女性に不自由しなくなったのも、彼を反面教師にしていたことが、その1つになります。

 

彼が今まで彼女ができなかった理由は挙げればきりがないくらいたくさんありますが、その一つに、あることを「勘違い」している、ということがあります。

それはどういうことなのでしょうか?

 

女性にモテない“勘違い”とは?

 

まずは、彼の口ぐせから紹介します。

「僕ほど人間的に優れた人はいない!」
「中身だけを見れば、僕ほど女性にモテる男性はいない!」

彼は、見た目がひどいのは認めているようなんですが、それ以外は認めていないんです。

 

一生懸命、婚活・恋活をしているのにもかかわらず、全く彼女ができないのは、性格に問題があるからです。

で、実際に彼は女性から好かれないどころか、男性からも好かれていませんから、本当に性格に問題があるんです。

それを一切認めないんです。

 

ただ、「僕ほど優れた人間はいない!」と言っているということは、自信のなさの表れなんです。

だから、本心では性格に問題がある事は分かってはいると思うんですが、「僕ほど優れた人間はいない!」と言い続けているんです。

 

でも、彼は大きな勘違いをしているんです。

それは、「僕ほど優れた人間はいない」といえば、相手はそのように思ってくれる、と考えているみたいなんです。

実は優れた人間ではないんだけど、優れた人間だと見られたいから、そのように言っているようなんです。

 

彼は、自分が言ったことをみんな鵜呑みにしてくれる、と勘違いをしているんです。

 

その証拠に、
「僕ほど口が堅くて信頼できる人はいない、と何度も言ってるでしょ!」
などと、「何度も言ってる」というのも口ぐせなんです。

時々嫌味たらしく「日本語が理解できないのかなぁ?」なんていうこともあるんです。

ただ、みんな「あの人ほど口が軽くて信用できない!」と思っているんですけどね。

 

実際には、自分が言ったことを鵜呑みにしてくれる人は、ほとんどいません。

多くの人が鵜呑みにしたフリをしますが、実際には鵜呑みにはしていません。

 

僕の場合は、付き合いが長くて本当の性格を知っているので、とてもじゃないけど鵜呑みにはできないですけどね。

ただ、付き合いの浅い人に「僕ほど人間的に優れた人はいない!」と言っても、全然鵜呑みにはしてくれません。

僕だったら「自分でそんなこと言うかなぁ?そういう事自分で言う人が本当に人間的に優れているのかなぁ?」なんて思うんですけど、そう思う人は多いのではないでしょうか?

ただ、どう思うかは人それぞれだと思うんですが、鵜呑みにする人はかなり少ないですよ。

 

「僕は女性に尽くすタイプだから!」「浮気ができないタイプだから!」などと、女性に言っている男性をよく見かけます。

ただ、そういったからといって、女性は鵜呑みにしませんよ。

逆に「浮気できないタイプ」と言ってしまったら、女性によっては「本当は浮気するタイプなのかな?」と思いますよ。

特にモテてたくさんの男性と接している女性ほど、男性心理を分かっているので、そのように思う傾向が強いですよ。

 

あと、自分を褒めるようなことを言ったところで、それが本当のことだとしても、女性を惹きつけることはまずできません。

嫌がる女性はたくさんいますけどね。

自分を褒めることを言うなら、女性を楽しませることを言ったほうが、女性からの好感度は高くなりますよ。

 

女性を楽しませる会話は別のページで紹介しました。

興味があれば、そちらを参考にしてください。

参考記事:女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!

恋愛テクニックを上達させるポイント!~これを外すとモテない?

N745_koibitowomamoru500-thumb-750x500-2114

僕はこのブログでいくつかの恋愛テクニックを紹介してきました。

ただ、テクニックを紹介したくせに、最後には「下手に使うと嫌われるので、ご注意を!」なんて言うことが多かったですね。

 

はっきり言ってしまうと、女性の気持ちを理解できないのか、狙っている女性に嫌な思いをさせる男性が多いので、テクニックなんて使わなくても女性を口説き落とせるんです。

狙っている女性に自分のことを一生懸命アピールする人が非常に多いんですが、それでは女性は嫌がりますよね。

自分のことをアピールすることをやめて、ごくごく当たり障りのない世間話をしているだけで、「なんだか感じが良さそう!」と思われて距離が縮まり、そのまま口説き落とすことができることなんて、決して珍しい事ではないですよ。

 

どんなことでもライバルがあまりにも弱ければ、当たり前のことさえしていれば勝つことができますね。

ただ、スポーツにしてもそうですし、職場でも学校でもそうなんですが、当たり前のことだけをしていてライバルに勝てることは滅多にないと思います。

それは、ライバルは正しい方法で頑張るから、腕を上達させることができるんです。

 

しかし、恋愛に関しては間違った方法で頑張っている人が多く、腕を上達できないどころか、ますます腕を落としているんです。

ですから同性である男性と同じように、ごく普通に女性に接するだけで、ある程度は女性を落とすことができるようになるんです。

ごく普通に女性に接したところで、狙った女性を確実に落とすことができるのかと言えば、そういうわけでもないです。

ただ、周りから「モテる!」と認められる程度には女性を落とすことができるようになりますよ。

 

でも、理想を言えば、狙った女性を確実に落とすことができるようになりたい、と思うのではないでしょうか?

それには、恋愛テクニックを上達させる必要があります。

そこで、ここでは恋愛テクニックを上達させる1つのポイントを紹介します。

 

恋愛テクニックを上達させるポイント

 

恋愛テクニックを上達させるには、正しいテクニックを知ることも大切ですが、それよりもとにかく数をこなすことが大切になります。

知識だけたくさん持っていても、それを使いこなせるようにならなければ全く意味がありません。

それよりも、数少ないテクニックを使いこなせるようになる方が、よっぽど女性を口説き落とせるようになります。

 

また、恋愛テクニックには全く使いものにならないもがたくさんあります。

いい加減な恋愛テクニックもたくさん紹介されているんですが、まっとうなものであっても使い物にならないものがあります。

例えば、ミラーリングというものがあります。

これは、相手の女性と同じ動作をすることで親近感を感じてもらいやすくなる、というものです。

食事の時に飲み物を飲むタイミングを同じにしたり、話をする時に女性と同じ手の動きをしたり、女性と同じ行動をすると、親しみを感じてもらいやすくなるんです。

これは、理にかなっていますし、かなり効果的なテクニックです。

ただし、このテクニックを知っている女性は多く、飲み物を飲むタイミングなどを合わせていると女性は「ミラーリングしてるな!」とバレることが多いです。

そうなったら、女性はそのテクニックに対してガードするようになるので、親近感を持ってもらえなくなります。

運が悪いと「姑息なテクニックで口説こうと思ってるのかなぁ?」と思われ、嫌われることもあります。

ですから、ミラーリングはまっとうだけと使い物にはならないんです。

そういった、理にかなっているけど使えないテクニックは、他にもたくさんあります。

 

それで、数をこなせばどのテクニックが有効なのか、逆に効果が全然ないのかが分かってきます。

そして、効果的なテクニックを何度も使ううちにきちんと使いこなせるようになります。

そうなれば、かなりの高確率で狙った女性を口説き落とすことができるようになるんですよ。

 

ですから、とにかく女性との出会いを増やして、恋愛テクニックを何回も使うようにすることで、上達させることができますよ。

 

「そうはいっても、女性との出会いを増やすことなんて、とてもできないんだけど!」
と、あなたは思いませんでしたか?

そういうあなたに、出会いを増やすおすすめの方法があります。

それは、「出会い系サイト」を使うことです。

出会い系サイトは多くの人が月に2~3人の女性と出会うことができるようになっていますし、なかには月に20人くらいの女性と出会っている人もいるんです。

これほど女性と出会えるものは他にはないでしょう。

 

出会い系サイトで女性との出会いを増やす方法は、別のサイトで紹介しています。

興味があればそちらをご覧ください。

 出会い系サイト攻略法~男性が出会いを量産する方法

モテる男になるために恋愛テクニックよりも大切なことは?

 

「女性にモテる男になりたい!」
と、多くの男性が思っていますよね。

そのために、多くの人がいろいろなことを頑張っていますよね。

男を磨くために筋肉をつけたり体力をつけたり、資格を取ったり、いろいろ頑張る人がたくさんいますね。

そして、恋愛テクニックをたくさん身につけようと頑張る人もたくさんいますね。

 

でも、恋愛テクニックをたくさん身につけて、モテるようになった人ってほとんどいません。

a1640_000396

 

では、なぜ有効だとされている恋愛テクニックを身につけても、女性にモテるようにはならないのでしょうか?

そして、女性にモテるようになるには、なにが大切なのでしょうか?

 

恋愛テクニックを身につけてもモテるようにはならない?

 

まず、今現在モテなくて悩んでいる男性の多くに当てはまることがあります。

それは、女性の気持ちをほとんど考えていない、という事です。

女性にモテるために最低限必要なことは、女性を満足させることです。

「一緒にいて楽しい!」「一緒にいると癒される!」などなど、女性がなんらかの満足することがなければ、モテるようにはなりません。

そこがきちんとできれば、「モテない!」と悩むことは、まずないです。

それだけだと、モテモテになれる、とまではいかないものの、振り向いてくれる女性は何人かは出てきます。

 

逆に、女性を満足させることができなければ、どんなイケメンでも女性は振り向いてくれません

イケメンだと女性が近づいてきやすいですが、満足させるものがなければ、すぐに離れてしまいますよ。

自慢話を永遠していたら、女性は嫌がって離れる、というのは想像つくと思います。

女性の立場で考えると、自慢話を聞かされても満足させられるものは一切ないですよね。

ですから、女性は離れていってしまうのです。

 

女性を満足させることを一切考えずに恋愛テクニックを使うと、どうなるか想像できますか?

 

もし、恋愛テクニックをものすごく上手に使いこなすことができたとしても、最終的には女性を口説き落とすことができません。

 

ちょっと極端な例を出しますが、女性との距離を近づけるテクニックはいろいろありますよね。

ミラーリング(話し相手と同じ動作をすることで親近感を感じさせるテクニック)というのは、比較的有名だと思います。

このテクニックを使っても女性にすぐにバレるので、実際には使いこなすのは非常に難しいです。

ただ、ここでは仮にミラーリングによって女性との距離を近づけることができたとします。

その後、女性と食事をして、あまりにも食べ方が汚かったり、あるいは飲み過ぎてもどしたり、もどしたもので女性の服を汚したりしたら、どうなるか想像できますか?

かなりの高確率で嫌われますよね。

そして、2度と2人で食事することができなくなりますよね。

 

これは満足を与えないどころか、非常に大きな不快感を与えてしまっている、かなり極端な例です。

ただ、女性と2人で会話したときに、その女性が面白くないと思ったり、満足するものがなければ、どれだけ有効な恋愛テクニックを使ったところで、女性を口説き落とせないです。

 

また、女性に恋心を抱くテクニックもあるんですが、女性がせめて友達として一緒にいて楽しいと思ってくれていないと、このテクニックは全然有効ではありません。

恋愛話をすると女性は落ちやすくなるんですが、一緒にいて楽しくもない男性から恋愛話をされても、女性は不快感を感じるだけです。

女性が男性の上司から「彼氏いるの?」みたいなことを聞かれたときに、その場の雰囲気を乱すことなく上手にごまかしているところを、僕は何度か見かけたことがあります。

これって女性は明らかに嫌がっているんですが、上司に嫌われないよう適当にごまかしているだけですよね。

女性が嫌がっているのに恋愛話をさせても、どう頑張っても落とすことができないのは想像つきますよね。

 

ここまでの話をまとめますと、恋愛テクニックを使いこなすだけでは女性を満足させることができません。

という事は、テクニックで一時的に距離を縮めることができても、すぐに女性が離れていきます。

また、女性を満足させることができないと距離が縮まないので、テクニックを使っても逆効果になります。

ですから、恋愛テクニックだけでは女性にモテるようにはならないんです。

 

女性にモテるようになるために大切なこと

 

ここまでの話で、女性にモテるようになるには女性を満足させること、だという事は分かってもらえたのではないか、と思います。

 

それで、こういう話をすると勘違いする人が非常に多いです。

会話で満足させるために、ネタを一生懸命集める人がいます。

また、笑いを取るためにお笑いタレントの研究をする人もいますよね。

それを有効に使えるようになればいいんですが、それがなかなか使いこなせる人が少ないです。

笑いを取るために一方的に話をしたり、あるいは女性が喜びそうな話のネタを一方的に話す人が多いです。

これは、女性が喜んでくれるだろう、と思っての行動だと思いますが、一方的に話をしたら女性に嫌われます

 

会話というのは、テレビなどと違って一方的な情報提供ではありません。

最低でも会話のキャッチボールを成立させる必要があります。

 

人の話をずっと聞かされるのってかなり苦痛ですよね。

それで、話を聞かされているときには苦痛を感じるくせに、口説き落とそうとしている女性に対しては一方的に話をしている人が、かなり多いです。

ちょっと冷静に考えると、女性に話をさせたほうが満足してくれることは、分かるはずなんですけどね。

でも、それができない人が多いですね。

 

これは一つの例なんですが、その他にも、女性に満足させることができるだろうと思ってした行動が、逆に女性に嫌われてしまった、なんていう事がよくあります。

しかし、冷静になって考えると、女性は満足しないだろう、という事くらいは分かるのではないかと思います。

一度冷静になって、本当に女性が満足するのか、考え直してみたほうがいいですよ。

 

さて、女性を満足させることができるのかは、会話が非常に大きいです。

女性にモテる会話については別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

参考ページ:女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!