簡単に落ちる女性となかなか落とせない女性を区別する根本的な考え方

 

「美人だけど簡単に落とせる女っていないかなぁ?」

と、あなたは思ったことはありませんか?

長期間彼女がいなかったり、遊べる女性がいなかったりすると、すぐに落とせる女性を見つけて、すぐに関係を持ちたいなぁ、なんて思いますよね。

 

ガードの固い女性、そうではない女性を区別する具体的な方法は別のページで紹介しました。

参考記事:ガードの固い女性を落とす方法

 

ただし、ここで紹介した方法は根本的なことが分かるとかなり応用できます。

特に会話の中から簡単に落とすことができるのか難しいのかがすぐに判断することができるようになるのです。

 

そこで、ここでは簡単に落とせる女性と落とすのが難しい女性を区別する根本的な考え方を紹介します。

 

簡単に落とせる女性となかなか落とせない女性を区別する根本的な考え方

 

まず、女性が浮気や不倫をしてそれが周りにばれたらどうなるのか、あなたは想像できますか?

テレビのワイドショーなどを見ているのであれば分かるかもしれません。

特に男性有名人と女性有名人の不倫に対するバッシングなどを比べると分かるかもしれません。

 

女性が不倫をすると、ほぼ間違いなく叩かれます。

それに対して男性は、女性ほど叩かれませんよね。

僕の周りを見ていても、女性が不倫や浮気をすると同性である女性から嫌な目で見られるようになります。

男性が不倫や浮気をしても、同性からは何とも思われません。

それどころか、プレイボーイみたいにみられてかっこいいと持ち上げられることすらあります。

 

では、なぜこんな違いが出てくるのか、分かりますか?

 

本能で、女性は1人の男性だけを厳選し、男性は複数の女性と関係を持ちたがるものだ、と言われることがよくあります。

ただ、これを否定する研究もあります。

 

どちらが本当なのか、僕にはわかりません。

ただ、これだけは言えるのは、

・女性は1人の男性を愛し続けるもの

・男性は浮気をするもの、複数の女性と関係を持てる男はかっこいい

ということが洗脳されるほど繰り返し言われ続けていますね。

多くの男性が複数の女性と関係を持つことに憧れるのは、それがかっこいいと思われ続けているからです。

しかし、女性が複数の男性と関係を持つと軽蔑されますよね。

それは、そういう女性はみっともないと思われ続けているからです。

もう、これはある意味ルールみたいなものですね。

 

ということは、言い換えれば軽い女性はルールを守ることができず、硬い女はルールを守ることができる、と言い換えることができます。

 

さて、人はなぜルールを守ることができないのでしょうか?

ルールを破っても悪いことが起こるだけで、何らいい事はないですよね。

ここでいうと、女性は浮気をしてはいけない、というルールを破ると、他の女性から嫌われてしまいます。

しかし、そのルールを守りさえすれば、他の女性に「尻軽」などと軽蔑されることはありません。

女性はそれが分かっています(一部の尻軽女性の仲間同士は除く)。

それなのに、なぜ女性はルールを破ってしまうのでしょうか。

 

それは、目先の欲求を我慢できないからです。

目先の性欲を抑えることができないからです。

 

話を少し変えますが、多くの職場では遅刻したらダメだというルールがありますよね。

しかし、遅刻する人はいますよね。

それは、目先の睡眠欲求、あるいは前日にお酒をたくさん飲みたいという欲求を我慢できずに、目先の欲求のまま行動するから遅刻するわけですよね。

電車の遅延などの遅刻は許されることが多いと思いますから、こういった仕方のないことはもちろん例外ですよ。

そうではない場合、寝坊や二日酔いなどが遅刻の大きな原因となると思いますが、それは目先の睡眠欲求などを抑えることができないからです。

 

それで、誰にでも股を開くような女性は、目先の性欲を抑えることができないのです。

性欲を抑えることができればルールを守ることができ、他の女性に軽蔑されないわけです。

しかし、目先の性欲を抑えることができないから、ルールを守ることができず、その後に同性に軽蔑される、という嫌な目にあるわけです。

 

目先の欲求を抑えることのできない人をルーズな人ということができますね。

睡眠欲求などを抑えることができずに遅刻する人を、時間にルーズな人といいますね。

ブランド品など欲しいという欲求を抑えることができずに後先考えずにお金を使う人を、お金にルーズな人といいますね。

誰とでもすぐにヤッてしまう女性のことを性にルーズといいますね。

 

それで、なにか1つのことにルーズだとすべてのことにルーズになりやすいです。

例えば時間にルーズだけどお金にはルーズではない、という人は、滅多にいません。

性に関しては男性に選ばれる必要がありますから、男性から選ばれないほどひどい女性はルーズになりたくてもなれませんけどね。

ただ、見た目や性格が平均以上の女性であれば、お金と時間にルーズなら性にもルーズになります。

精神的な病気で時間を守ることができない人がいるみたいですが、これはルーズとは言えないので例外です。

そうではなくて、病気ではないのに時間にルーズは人は、お金にもルーズだし、性にもルーズです。

なぜなら、少し先のことを考えて目先の欲求を抑える能力が劣っているからです。

 

ということは、何かルーズなことがある女性は簡単に落とすことができて、ルーズなところはなくしっかりしている女性は落とすのが難しい、ということができます。

 

それで、女性がルーズかどうか、話をしていると分かると思います。

ルーズかどうか確認してみてもいいと思います。

例えば、タイミングを見計らって、

「僕の知っている人の彼女がデートでいつも遅刻するんだけど、それだけの理由でフッたんだって!どう思う?」

と聞いてみるといいですよ。

「デートがつまらないから遅刻するんだよ!」

と答えた女性がいましたが、この女性はビックリするくらい簡単に落とすことができました。

そういうってことは、遅刻する人の気持ちがよく分かる、ルーズな人の気持ちがよく分かる、ということはそういった人もルーズだということです。

ルーズな人でないとルーズな人の気持ちは分からないですからね。

それ以外にも、遅刻する女性をかばうことを言う女性は、ルーズになります。

男性のことを理解できるようなことを言う女性はルーズではありません。

ただ、この質問をすると「どっちもどっち」という答えをする女性が多いですが、こういう女性はルーズでもないけどがっちりルールを守る人でもないです。

こういう女性は、落とすのが簡単ではないけど難しくもない、ということになります。

 

こんな質問をしなくても話をしていればルーズかどうかはある程度は分かると思いますが、いろいろ質問をしてみてルーズかどうかを確認すると、簡単に落とすことができる女性はそうではないか、区別できるようになりますよ。

 

こういう話をすると「キャリアウーマンタイプの女性って浮気しているイメージだけど…」という人がいます。

これは、ルールを守ることができるかどうか、とはちょっと角度を変えて考える必要があります。

ちなみに、キャリアウーマンタイプの女性は浮気はするけど簡単には落とせません。

だから、こちらから口説き落とすことを考えるのであれば、落とすのがかなり難しいと考えるべきです。

 

世間は旦那さん以外に恋人が1人いて、セフレが1人2人いる女性を尻軽といいますが、簡単に落ちるかどうかと聞かれれば、簡単には落とせません。

その理由については、別のページで紹介しました。

参考にしてください。

参考ページ:気が強い、キャリアウーマンタイプの女性は浮気するけど落ちない!?

表情が豊かな男性はモテる!?その理由と表情豊かになるポイント!

 

クールな男性と表情豊かな男性とでは、あなたはどちらがモテると思いますか?

クールな男性のほうがかっこいいからモテると思いますか?

影がある男はモテると言いますが、クールな方が影がありそうだしモテるのかな、なんて思ってしまいますよね。

 

実は、基本的には情豊かな男性の方がモテます

強面の男性が誰もが羨むような美女を口説き落としたり、あるいはクールな男性がたくさんの女性にチヤホヤされたりすることがありますが、その理由は後ほど紹介するとして…

ではなぜ表情が豊かな男性はモテるのでしょうか?

 

表情が豊かな男性がモテるのはなぜ?

 

あなたは相手の表情によって感情が動かされることはないですか?

なんかイライラしていたのに、話し相手がニコニコしているとなぜだか楽しい気分になったり、逆に楽しい気分だったのに話し相手がイライラしている表情をしていると不快な気分になったり、そんな事は日常茶飯事ですよね。

 

それで、表情が豊かだということは、嬉しい時には誰よりも嬉しい表情になり、悲しい時には誰よりも悲しい表情になります。

すると、相手の感情を大きく動かすことになりますよね。

 

それで、恋愛感情が生まれるのは感情が大きく動く時です。

例えば、吊り橋効果というものがありますが、つり橋を渡っている時の恐怖を味わった直後に見た男性に女性は惚れやすい、と言われていますよね。

それは、恐怖か安堵感へと大きく感情が動くからです。

恐怖心のままだと恋愛感情を持たないでしょう。

逆に、安堵感だけだとちょっと弱いですよね。

それだけで恋愛感情を持つこともありますが、ただの友達で終わることも多々あります。

それよりも、恐怖から安堵へと大きく感情が動いたときのほうが、恋愛感情を持つ確率がかなり高いです。

 

それで、表情が豊かだと相手の感情を大きく動かすことができるので、恋愛感情を持ってもらいやすいんです。

 

また、表情が豊かだと聞き上手にもなることができます。

ちなみに、聞き上手の男性はかなりモテますよ。

それで、表情が豊かな人と話していると、自分が言うことによって表情が変わるので、とっても話しやすくなりますよね。

逆に、無表情の人と話をしていると、なんだか話しにくくなりますよね。

だから、表情豊かになるだけで相手に話をさせることができるようになる=聞き上手になることができるのでモテますよ。

 

強面やクールな男性がモテる本当の理由とは?

 

強面の男性が何人もの美女を口説き落としていたり、あるいはクールな男性が何人もの美女にチヤホヤされていたりすることがありますよね。

とても表情が豊かだと思えないような男性がモテたりもすることがあります。

それは、ギャップがあるからです。

 

強面に見えたりクールに見えたりする男性が、女性と話をしている時に人並みに表情が豊かになっただけで、「この人、実は表情が豊かなんだ!」と思えますよね。

その時に感情が大きく動きます。

その瞬間に女性は恋心を抱きやすいです。

クールな男性と付き合っている女性に話を聞くと、「実は話している時はとっても表情が豊かになるのよね!」なんてよく言っています。

そして、強面の男性と付き合っている女性に話を聞くと、「ああ見えて実はあの人、とっても優しいのよ!」なんてよく言っています。

女性が好きな男性のことを「ああ見えて、実は○○なのよ!」なんて言っているのをよく聞きませんか?

これは、強面の男性が人並みの優しさを見せるだけで、とっても優しく思えてしまうんです。

そして、クールな男性が笑顔を見せたり人並みに表情が豊かになるだけで、とっても表情が豊かだと思ってしまうんです。

それで、ギャップを感じると女性は観所が大きく動くので惚れやすくなるのですよ。

 

表情豊かになってモテるようになるには?

 

表情豊かになるには、鏡の前で練習をするといいです。

笑顔がステキな男性有名人を選び、顔写真(雑誌の切り抜きやネットの写真を印刷したもの)を鏡の横に貼って同じような笑顔のなるように練習するといいです。

初めはものすごく難しく感じますが、次第に素敵な笑顔を作ることができますよ。

 

あとは、真面目な顔、悲しい顔、ツラい顔の練習をするといいです。

これらの顔は、見本がなくても大丈夫だと思います。

もし見本があったほうがいいということであれば、同じように顔写真を何等かで拾ってきて鏡の横に貼って練習するといいでしょう。

 

ちょっと大変だと思いますが、表情が豊かになるとかなりモテることを実感できるようになりますので、ここは何とか頑張りましょう。

無口で寡黙な男はモテないって本当?モテる方法はないの?

 

「無口で寡黙だとなかなか女性と仲良くなれないからモテなくて…!?」

と、悩む人は本当に多いですよね。

無口で寡黙だと女性と楽しく会話ができず、結局は相手にされなくなる、と思ってしまいますよね。

 

では、無口で寡黙な男は本当にモテないのでしょうか?

無口で寡黙な男がモテるようになる方法はあるのでしょうか?

 

無口で寡黙な男はモテない理由とは?

 

無口で寡黙な男がモテない主な理由は以下の通りです。

 

●女性が話しかけにくい

まず、寡黙で無口な雰囲気の男性に、女性は話しかけにくいです。

顔見知りだとしても、明るい雰囲気の男性のほうが話しかけやすいですね。

そうなると、なかなか女性と仲良くなれないので、モテません。

 

●沈黙して気まずい雰囲気になることが多い

2人と一緒にいると沈黙してしまい、気まずい雰囲気になるとイヤですよね。

そういう雰囲気になるのを避けようとするので、女性は無口で寡黙な男と2人きりで出かけようとしません。

だからモテないのです。

 

●どういった人なのか分からない

無口で寡黙な男は自分の話をあまりしません。

そうなると、女性はどういう男性なのかよくわからないですよね。

そういう男性のことを女性はあまり相手にしません。

よく影がありそうな男性はモテると言われますよね。

ただし、それは男性がどれだけ自分のことを話しても、なぜか影がありそうな雰囲気を醸し出している男性のことです。

ある程度のことは知らないと、女性は相手にしてくれませんよ。

 

この中で一番大きいのが、2番目の「沈黙して気まずい雰囲気になりそう」ということです。

これだけはなんとかしないと、女性は相手にしてくれませんよ。

 

おしゃべりの男性もモテない!?

 

無口で寡黙な男性はモテない要素がありますが、ではおしゃべりならモテるのかといえばそういうわけではありません

よくしゃべる人と一緒にいると、話を聞かないといけないので苦痛だと思いませんか?

女性もそれは同じで、人の話を聞くのは苦痛です。

だから、おしゃべりな男性はモテません。

おしゃべりなら無口で寡黙な男性のほうがまだましかな、という感じですね。

 

無口で寡黙な男性がモテるようになるには?

 

モテる男になるには、聞き上手になることが一番です。

女性に限らず男性もそうですが、相手の話を聞くよりも自分が話をしているほうが楽しいです。

ですから、女性に上手に話をさせるようにすればモテるようになりますよ。

 

聞き上手になるには、適切な質問と相槌です。

例えば、

「好きなテレビ番組は?」

と質問をしたとします。

すると、女性は

「○○っているバラエティ知ってる?」

なんて答えることが多いでしょう。

その時に、その番組のことを知らなくても、

「見たことないなぁ、どんな番組なの?」

と聞くことができますよね。

そうすると、女性はその番組のことを説明します。

その時に、しっかりと相槌をして少々オーバーにリアクションをすれば、だいたいの女性は話し続けることが多いです。

 

こんな感じで、話のきっかけとなる質問をいくつ用意しておいて、あとはしっかりと相槌をし、そして少々オーバーリアクションすれば、女性は話し続けますので、一緒にいて楽しいと思ってくれます。

そうなったら、女性を惹きつけることができるようになりますよ。

 

無口で寡黙でも、あらかじめ質問を用意しておくことで、女性に話をさせることができるようになりますよ。

質問するタイミングとかが少々悪くても、女性はフォローしてくれることが多いです。

特に、無口で寡黙な雰囲気だと、「話をするのが苦手なんだろうけど頑張ってるんだろうな」と思ってくれて、それがプラスになることだってよくありますよ。

 

僕が先日合コンに参加したときのことですが、会話が苦手そうな男性がいました。

その男性が、女性が店員さんに声をかけた時に「好きな食べ物は?」という感じで質問してしまったんです。

周りの人は「話しかけるタイミングがかなり悪かったなぁ!」という感じで見守っていました。

ただ、その女性は店員さんに用件を伝えた後、「ごめんね!好きな食べ物だよね~」という感じでフォローして話を続けてました。

 

そういう感じでフォローしてくれる女性は多いですので、このタイミングでこんなことを聞いてもいいものなのかとか、深刻に考えすぎないほうがいいですよ。

 

聞き上手になるポイントなどは別のページで紹介しました。

参考にしてください。

参考ページ:聞き上手になるには?~女性にモテるようになる第一歩をマスター!

筋肉を鍛えても女性にモテないって本当?筋トレは無駄なの!?

 

「女性にモテるために筋肉を鍛えたのに、全然モテないんだけど…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

筋肉を鍛えると女性にモテるとはよく言われますよね。

一時期は、細マッチョがモテる、なんて言われたこともありましたよね。

 

それで、女性にモテるために一生懸命筋肉を鍛えて筋肉質の体になったのに、全然女性にモテるようにならないと、「苦労して筋肉を付けたのに~~~」なんて、絶望的な気持ちになりませんか?

では、筋肉を鍛えても女性にモテるようにならないのでしょうか?

 

筋肉を鍛えても女性にモテないって本当?

 

まず、結論からいうと、筋肉を鍛えればモテるようになります。

もちろん、嫌がる女性もいるんですけど、基本的にはモテるようになります。

ただし、マッチョ並みに鍛えすぎると逆にモテなくなります。

マッチョが好きだという女性もいますけど、少数派かな、という感じですね。

もやしとマッチョならマッチョのほうが多分モテるでしょうが、それなら細マッチョのほうが全然モテますよね。

 

これは、女性の胸に置き換えて考えると分かりやすいと思います。

僕たち男性は、胸のない女性よりも胸の大きな女性のほうがいいですよね。

貧乳好きの男性も決して珍しくありませんが、基本的に胸が大きいほうがいいという男性の方が多いですよね。

しかし、あまりにも胸が大きすぎる女性は嫌だ、という男性も多いですよね。

マスコミなどで爆乳がもてはやされている通り、そういったバカでかい胸が好きな男性は少なくありませんが、それよりもDカップやEカップくらいのほうがいい、という男性の方が多いですよね。

 

これを、貧乳を筋肉がない、DカップやEカップくらいを筋肉質(細マッチョくらい)、爆乳をマッチョと置き換えると分かりやすいと思います。

筋肉が付いてないほうがいい女性はいますがやや少数派、マッチョがいいという女性はいますがそんなに多くはない、それよりも筋肉質(細マッチョ)のほうがいいという女性が多い、ということになります。

 

ですから、DカップやEカップの女性がモテるように、筋肉質の男性は女性からモテます。

 

ただ、残念ながら体つきは女性から見て理想的だとしても、モテないこともあるんです。

実は、モテる、モテないというのは、体つきだけでは決まりません

 

男であれば中身に少々問題があったとしても、見た目が良ければOKというところがありますよね。

しかし、女性はそうはいかないんです。

中身も重要になります。

女性が男性を見る時に、いくつもの項目があって、それが総合的に判断される、と考えると分かりやすいかな、と思います。

 

分かりやすくいうと、
・見た目(筋肉質かどうかを含む)…20点満点
・身だしなみ…20点満点
・収入…20点満点
・一緒にいて楽しいかどうか…20点満点
・優しいかどうか…20点満点

という感じに配点されていて、この合計点が合格ラインに達していたら男と指摘になる存在になる、という感じです。

これはあくまでもイメージですよ。

 

そして、どの項目の満点が大きくなるか、そしてどの項目の満点が小さくなるのか、これは女性によって違いがあります。

結婚を意識している女性は、収入の比重が大きくなる傾向がありますよね。

ただ、女性の収入が多く相手の男性の収入が少なくても問題ないと考えれば、収入の比重は大きくならないか、小さくなるかですよね。

 

ただし、極端にどれかの比重が大きくなる、ということはありません。

2~3点くらいしか違いがないです。

つまり、ある項目は12点満点で、他の項目は8点満点になることはあっても、5点満点とか0点満点とか50点満点とか、極端にどれかを小さくしたり大きくしたりすることはないです。

多少の差はあっても、ほぼほぼ均等に配分されます。

 

ここは男性とは違うところですよね。

男性の場合、見た目50点満点、身だしなみ20点満点、性格はマイナスでなければOK(0点満点)、なんて感じで多くの男性は見た目に大きな比重を置きますよね。

男性によって違いはあるものの、ある1つの項目に比重が大きくなる男性は多いですよね。

だから、胸が大きいだけで女性のことを好きになったり、あるいは料理が上手というだけで好きになったりすることがありますよね。

ですから、男性はある項目だけしか見てない傾向が強いです。

胸だけというのは極端な例ですが、陽は見た目でしか判断しない、ということですよね。

 

ということは、筋肉を鍛えて見た目は女性の理想通りになったとしても、他のことが劣っていたら女性にモテるようにはなりません

どれだけ女性の理想通りの体つきになっても、最大で20点満点になるだけです。

極端なことを言えば、他の項目が0点なら全くモテませんよね。

 

あと、筋肉を鍛えると、自慢げに筋肉を見せるようになる男性はけっこう多いですよね。

こうなると、他の項目(正確とか中身とかという感じの項目)がマイナスになります。

運が悪いと、筋肉を鍛えたことでプラス10点になったとしても、中身がマイナス20点になったら、逆にモテなくなりますよね。

ですから、筋肉を自慢することだけは絶対にしてはいけませんよ。

 

それで、女性にモテるようになるのに最も大切なのが、実は会話なんです。

会話によっていくつかの項目の点数を上げることができるんです。

 

一緒にいて楽しいかどうかというのは、ほぼ会話で決まりますよね。

それ以外にも頼りになりそうかどうか、仕事ができそうかどうか、優しいかどうかなど、見た目と身だしなみ以外はほぼ会話でイメージ付けさせることができます。

職場が同じ女性だと仕事ができるかどうかは分かってしまいますけどね。

ただ、職場以外で知り合った女性の場合は、会話によってしか判断ができません。

だから、女性にモテるかどうかは会話がとても重要なのです。

 

女性にモテる会話のポイントは別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

参考ページ:初対面の女性を落とすまでの会話の流れ

「面白い話ができる!」と言っていた男がモテない!?その理由は?

 

先日、合コンに参加した時のことです。

一緒に参加した男性の1人が、「俺、会話は面白いよ!」と自信満々に言っていました。

確かに、面白い話はしていましたよ。

そして、合コンには慣れている感じでしたね。

しかし、残念ながら最後には女性全員に無視されてしまったんです!

 

あなたは、面白い話ができる男性ってモテるようなイメージってありませんか?

しかし、残念ながら全くモテなかったんです。

 

では、なぜ面白い話ができて、しかも初めはみんな笑っていたのに、最後には女性に無視されてしまったのでしょうか。

 

面白い話ができる男性がモテない理由とは?

 

面白い話ができる、と自認していて、しかも本当に周りが笑っていたのにもかかわらず、最後には無視されてしまった最大の理由は、一方的に話をし続けてしまったからです。

恐らく、テレビか何かで笑いのツボを研究したのでしょう。

人を笑わせるツボはある程度は分かっている感じでしたね。

しかし、その男性が一方的に話をすれば笑わせることができるけど、話し相手に話をさせることもなく、質問をするわけでもなく、ただ一方的に話をしているだけなんです。

これはコミュニケーションを取るうえでは、かなりの致命傷ですよ。

 

実際に、僕は20分くらいその男性に話をさせて、それから話を聞かされていた女性に話しかけたんです。

しかも、全然笑えるような話はしなかったんです。

よく飲みに行く場所とか、そんなたわいもない話をしたんです。

そうしたら、その女性は面白い話を聞かされている時よりも、明らかに楽しそうに話しだしたんです。

まるで、苦痛な時間から解放されて喜んでいるかのように、楽しく話をしていたんです。

 

面白いと自認している男性の話を聞いている時も笑っていましたが、その何倍も大きな声で笑い、そして、笑顔も本当に楽しそうになったんですよ。

話を聞かされている時は、なんだか作り笑いをしていたような感じだったんですけどね。

 

そして、もう一人の女性も僕と話をするようになり、僕と女性2人と話をしていましたよ。

そして、面白いと自認していた男性は、誰からも相手にされず1人でつまらなそうに飲んでいましたね。

 

面白い男性がモテる、と言われていますよね。

それで、お笑い番組などを見て一生懸命お笑いを研究している人はたくさんいますよね。

しかし、それでは女性にモテるようになりませんよ。

 

女性に限らず男性もそうですが、人の話を聞いているよりも自分が話をしているほうがはるかに楽しいと感じます。

というか、人の話を聞くのは苦痛だと思うことが多いですけどね。

ですから、面白い話ができる人よりも、つまらないことであっても相手に話をさせることのできる人のほうが、よっぽど他人に受け入れてもらえます。

 

実際に面白いと感じる人って、話相手をいじるのが上手な人が多いですから、キチンと会話で来てますしね。

話し相手をいじると、その相手は何か話をしますよね。

そしてまたいじれば、また何か話をしますよね。

だから、会話のキャッチボールができますので、笑いもあり、そして相手を楽しませることができるんですよ。

 

ただ、相手をいじって会話のキャッチボールをしながら楽しませるのってものすごく難しいです。

そんなことができなくても、これだけ見につければ女性にモテるようになることがあります。

それは、聞き上手です。

面白い話をしなくても、そしていじらなくても、相手に気分よく話をさせることができれば、かなりモテるようになりますよ。

狙った女性をほぼ全員確実に落とすようになるには、他にもいろいろなテクニックなどを身に付ける必要があります。

ただ、聞き上手をきちんと身に付ければ、勝手に女性が落ちてしまうようになります。

狙った女性2~3人のうち、1人は落ちるという感じになります。

これだけ女性が勝手に落ちれば、かなりモテる方だと思いませんか。

それだけ、聞き上手をきちんと身に付けている男性が少ない、ということなんですけどね。

 

ちなみに、聞き上手は女性にモテる、と言われていますが、それで女性にひたすら質問を繰り返す人はかなり多いです。

それだと、尋問されているように感じてしまうので、苦痛を感じたりもするんですけどね。

大切なのは、女性に気分よく話をさせることですよ。

 

聞き上手に関しては、別のページで詳しく紹介しています。

そちらを参考にしてください。

参考記事:聞き上手はモテる!~口説かなくても女性を落とすこともできる!

女性にモテるために聞き上手になろうとしたけど失敗

 

女性にモテるようになるためには、聞き上手になる必要があります。

聞き上手になれさえすれば、モテモテとまではいかないまでも、そこそこの女性なら勝手に落ちてしまうようになるんです。

それだけ大切なことなんですが、聞き上手になれる人って本当になかなかいないんです。

だから、それだけでそこそこはモテるようになるんですけどね。

 

聞き上手になろうとしてなることのできない典型例が、女性への質問の方法です。

聞き上手になるには、女性に質問し、その答えにオーバーに応えればいい、なんて思っている人が多いですよね。

でも、そんな簡単なことではないんです。

 

例えば、子供の頃に何か悪いことをした時、親から
「何をしたのか正直に言ってみろ!」
なんて怒ったように言われたら、逆に何も言わなくなりませんでしたか?

逆に、
「もう怒らないから、正直に言ってごらん(´▽`)」
なんて優しく言われたら、悪いことをしたことを正直にイッタのではないでしょうか。

同じ質問をするにしても、怒ったように質問するのと優しく質問するのとでは答えやすさが全然違うんです。

 

まあ、口説こうと思っている女性に怒ったように質問することはまさかないと思うんですが、
何が言いたかったのかというと、質問の仕方一つで女性の反応が変わってしまうんです。

聞き上手というのは、言い換えれば話させ上手です。

いかに女性に応えやすいように質問していくのかが大切になるんです。

 

それで、女性が答えやすいように、まずは自分のことを簡潔に話す、ということをこのブログで何回か言ってきました。

例えば、女性の仕事を聞く時に、ただ女性に
「仕事は何してるの?」
と聞くよりも、
「僕は仕事はSEだけど、あなたはどういった仕事をしてるの?」
と、まずは自分の仕事について簡潔に言ったほうが女性は答えやすくなります。

 

初対面の女性との会話でほぼ定番になっている質問で、
「休みの日は何をしてるの?」
というのがありますね。

このような質問をすると、だいたい半分くらいの女性は
「ボーっとしてる」「特に何も…」
なんて答えると思います。

これを、
「僕や休みの日にDVD観ることが多いけど、あなたはDVDとかよく観る?」
と質問すると、女性は
「DVDは平日の仕事終わりに見ることが多いよ」
「DVD観ることもあるよ」
「DVDはあまり見ないかな」
といった感じの答えが返ってきますね。

それで、平日でも休日でもいいんですが、DVDを観るならDVDの話を展開すればいいですし、観ないなら「じゃあ、何してることが多い?」と質問すればいいですよね。

そうすると、「特に何も…」と答えることが少なくなりますよ。

特に何もしてないにしても、「スマホのゲームしたり、テレビ観たり…」という感じでいろいろ答えてくれるようになりますよ。

 

それで、僕が先日合コンに出たときのことですが、女性に「ウザい!」と思われるような質問をし続けた男性がいたんです。

その時の会話を再現してみます。

男「車って何乗ってるの?」
女「コペンだよ!」
男「あ~そうなんだぁ!色は?」
女「シルバー」
男「シルバーにも明るめのシルバーと暗めのシルバーがあるけど、どんな感じ?」
女「ん~、ちょっと明るめかな?」
男「グレイとはまた違うんだね?」
女「パンフレットにはシルバーって書いてあったらか…」
男「車の色ってなんかごちゃごちゃした名前が書いてあるけど、何色って書いてあったの?」
女「…ん~、覚えてない??」

ここまで再現したらなぜこれが失敗なのか分かりますか?

とにかくウザいということは分かってもらえますか?

 

聞き上手になるには、話を掘り下げたり広げたりすることが大切です。

しかし、どうでもいい事を掘り下げてもウザいだけです。

この場合は、車の色を掘り下げていますが、はっきり言ってどうでもいいですし、本当にウザいだけです。

実際に女性はかなり困った顔してましたけどね。

それで、僕は「ところで、ドライブは好きなの?」という感じで割り込んで話を切り替えて盛り上げましたけどね。

 

ちなみに僕だったら、

女「コペンだよ!」
僕「正直、僕、車はあまり詳しくないけど、どんな感じの車?軽とかセダンとかでいうと…」
女「軽だよ!オープンカーだよ!」
僕「あ、そうなんだ!オープンカーってカッコいいよね!」
女「でも、コペンはかわいんだよ!」
僕「へぇ、かわいいオープンカーって想像できないけど、ちょっとスマホで検索していい?」
女「うん!」
<<画像検索してから>>
僕「あ、本当にかわいいね!」
女「でしょう!」
僕「オープンカーって晴れた日に乗ったら気持ちよさそうだね!」
女「うん、渋滞にはまらないと気持ちいいよ!でも、真夏に渋滞にはまると耐えられないくらい熱くて…」
僕「想像するだけで汗が出てくるくらい熱くなるね!」
女「だから、真夏はあまりオープンにしないんだけどね!」
僕「そりゃそうだよね!春とか秋なら大丈夫かしれないけど…」

という感じに話を進めていきますね。

それから、ドライブの話をしたら、かなり盛り上がったでしょうね。

いきなりドライブの話をしたので、8割くらいの盛り上がりになってしまったので、ちょっと反省してるところですけどね。

 

じゃあ、なぜ男性はウザい質問を続けてしまったのかというと、女性が車のどこに興味があるのか、どこをアピールしたいのかを探ってないからなんです。

先ほど再現した会話の前に、女性は車が好きだという話をしていたんです。

だったら、こだわりもあるでしょうし、他の人にアピールしたいこともあるでしょう。

そこを探ることが大切なんです。

 

それで、どのような車だと質問すると、だいたいはアピールしたいところを言います。

僕だったら…という会話の流れだと「オープンカー」であることをアピールしたいのが分かりますね。

女性によっては、かわいい車だとアピールしたい人もいるでしょう。

中には、車の色をアピールしたい人もいるかもしれません。

そういう女性には色のことを深堀していけばいいんですけどね。

ただ、普通はなんでその色が好きなのかとか、他と比べてどうなのかとか、そういうことを聞いていきますけどね。

暗めか明るめか、色の正確な名前はなんなのか、そんな事をアピールしたい女性はめったにないと思うんですけどね。

 

聞き上手になるには、女性が何をアピールしたいのかを探り、そこを深堀していくことができるようになる必要がありますよ。

どうでもいい事を深堀されたらウザいだけで女性に不快な思いをさせるだけです。

女性と会話が盛り上がるのに口説き落とせない原因は?

 

「女性と会話が盛り上がるのに、全然口説き落とすことができないんだけど…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

一緒に会話している女性が楽しそうにしているのに、その女性を口説き落とすことができないとどうしたらいいのか悩んでしまいますよね。

 

そこで、ここでは女性と会話が盛り上がるのに口説き落とせない原因を紹介します。

 

女性と会話が盛り上がるのに口説き落とせない原因とは?

 

女性と会話が盛り上がるのに口説き落とせない原因は、大きく2つあります。

 

1つ目は、女性が楽しいふりをしているけど実は苦痛を感じていることです。

特にあなたの会話の量が多い時、あなたは楽しい気分になります。

そして、女性は話を聞かされているので内心は苦痛なのに、楽しんでいるふりをしてくれることがあります。

そういう場合は、口説き落とすことができない、ということは分かりますよね。

 

一度、会話量をチェックしてみてください。

女性よりもあなたのほうがよく話をしているのであれば、実は女性が苦痛を感じている可能性が高いですよ。

そして、聞き上手になるようにしてください。

聞き上手になるのは簡単そうで、実はそんなに簡単ではないです。

聞き上手になる方法は別のページで紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

参考記事:聞き上手になるには?~女性にモテるようになる第一歩をマスター!

 

2つ目ですが、明らかに女性の会話量が多い場合、その女性とは友達にはなることができると思います。

ですから、食事などに誘えば断られることは少ないでしょう。

ただし、ただの友達で終わってしまって、どうしても口説き落とすことができない、ということがありますよね。

それは、女性があなたのことを男として見てないからです。

ただのいい人で終わってしまうタイプだと、会話が盛り上がるのに口説き落とすことができません。

 

この場合は、女性に男として見てもらえるようにならなくてはいけません。

 

女性に男として見られるには、女性に頼りになると思われる必要があります

女性は自分を守ってくれる男性に惹かれるという本能があります。

ですから、女性に「この人は私のことを守ってくれる」と思ってもらえるようにする必要があるのです。

 

女性に「守ってくれる」と思わせるには、なにもけんかが強くなったりとか、そういうことだけではありません。

女性が悩んでいることを解決できたり、そういったことだって女性を守ることになるんです。

 

女性に男として見られるための会話のポイントは、別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

参考記事:女性にただのいい人ではなく恋愛対象に見られるには?

 

大人しい女性を口説くのは難しいってホント?どうしても落としたいなら…

 

大人しい女性はガードが固くてなかなか落ちない、
と、思っている男性って多いですよね。

確かに、大人しめの女性は陽気な感じの女性と比べると、落とすのが難しくなります。

 

しかし、実はポイントさえつかめば簡単に落ちてしまうんです。

 

そこで、ここでは大人しい女性を口説くポイントを紹介します。

 

大人しい女性を口説き落とすポイント

 

まず、なぜおとなしい女性を口説き落とすのが難しいのか、

それは単純に“話を盛り上げるのが難しい”からです。

 

大人しい女性は、話を振れば答えてくれるんですが、広げてくれない傾向がありますね。

 

例えば、女性が「昨日映画を観たよ」と言ったとします。

その時に、普通は「何を観たの?」と聞きますね。

すると、女性は「『君の名は。』(を観たよ)」という感じで答えますよね。

この時に、もう少し話をしてくれる女性が多いです。

例えば、「新海誠監督の話題作で、テレビでもよく紹介されてるよ!」なんて、付け加えてくれることが多いです。

 

多くの女性は沈黙すると気まずい思いをして怖いのかなぁ、なんて思うんですが、ほんの少し(1~2秒くらい)何も言わなかっただけで、勝手になにかを話してくれることが多いです。

そうしてくれれば、話を広げやすいですよね。

「新海監督の作品」と付け加えてくれれば、「どんな監督?」なんて質問することができて、話を広げやすくなりますよね。

 

しかし、おとなしい女性は、沈黙に慣れているのか、気まずくなってもそれを回避しようとしないのかよく分からないんですが、質問されたことだけに答えてあとは何も言ってくれない傾向があります。

そうなると、「君の名は。」という映画から広げられるのは、「どんなストーリー?」「声優は誰?有名な人はいるの?」という質問くらいしかできないですよね。

すると、話を広げるのに限度が出てくるんです。

初めのうちは話を続けることもできるでしょうが、女性が話を広げてくれないと5分~10分で話が途切れてしまって沈黙してしまい、気まずい雰囲気になりがちです。

こうなったら、デートに誘うことはできませんよね。

一緒に話をしても沈黙して気まずい思いをする男性と2人で過ごしたい、と思う女性はまずいません。

だから、まず断られるでしょう。

イケメンでも、これだとダメですね。

 

また、沈黙を避けるために一方的に話す男性もいるんですが、そうなっても女性はデートの誘いを断りますよね。

一方的に話をされても、聞く方は苦痛でしかありませんからね。

 

ただ、会話を盛り上げることさえできれば、おとなしい女性はものすごく簡単に落とすことができるんです。

多くの男性が口説くことができないんです。

だから、口説かられることに対して免疫があまりないんです。

そういう女性って、ものすごく簡単に落とすことができる、って想像できますよね。

 

あともう一つ、大人しい女性というか内向的な女性というべきでしょうが、人付き合いが得意でないので、人と距離を縮めることに苦手意識を持っている傾向があります。

だから、おとなしい女性って友達が少ないですよね。

 

そういう女性を口説き落とすには、LINEなどでじっくりと時間をかけて距離を縮めるといいです。

LINEなら、女性が言った事に対してググりながら話をすれば、かなり広げやすいです。

そして、LINEである程度距離を縮めておけば、少々沈黙してもさほど気まずくもならないです。

そして、LINEである程度女性のことが分かったわけですから、話のネタがたくさんあるので沈黙しにくくなりますよ。

 

あと、人付き合いが苦手で人と距離を縮めるのが苦手なのに、無理して距離を縮めようとすると女性は抵抗を感じますので逃げます。

ですから、女性が抵抗を感じないように少しずつ距離を縮めていくことが大切ですよ。

 

女性との会話の方法をしっかりとマスターすれば、おとなしい女性とも沈黙して気まずい思いをする事はなくなりますけどね。

女性との会話方法は別のページで紹介しました。

こちらでは大人しい女性の心理を含めてもう少し詳しく紹介しています。

参考にしてください。

参考ページ:無口な女性との会話を盛り上げる7つのポイント!

高嶺の花を超簡単に口説き落とせた、その意外な理由とは?

 

「高嶺の花はきっと僕のこと相手にしてくれないだろうなぁ!」
と、あなたは高嶺の花の女性を口説くのを諦めたことってありませんか?

僕の周りでもそういう男性はたくさんいます。

そして、僕も以前はそう思っていたので、その気持ちはよく分かっているつもりです。

 

しかし、それはものすごくもったいないです。

実は、高嶺の花のほうが超簡単に口説き落とすことができるんですよ。

理由はいろいろ推測することはできるんですが、実際に口説くとそこそこの女性よりも高嶺の花のほうがビックリするくらい簡単に落ちてしまうんです。

 

先日、僕は合コンに参加した時に、高嶺の花をお持ち帰りしました。

それで、一夜を共に過ごした翌朝、その女性がなぜ口説き落とされたのかが分かるようなことを話してくれました。

その女性が何を言ったのか、紹介します。

 

高嶺の花を超簡単に口説き落せた理由とは?

 

僕は合コンでお持ち帰りした女性と一緒に朝食を食べたんですが、その時にその女性は、
「合コンに出てるけど、かなり久しぶりに口説かれた!」
と、言ったんです。

それで、僕は
「○○ちゃんみたいにきれいな女性なら、男がほっとかないでしょう!LINEでデートに誘われることなんて当たり前のようにありそうだし…」
と言ったんです。

そうしたら、その女性は
「全然!LINE交換しても連絡してくる人なんていないよ!『昨日はありがとうございました』くらいは送ってくる人がいるけど、それ以上は全然続かない(メッセージを送ってこない)よ!」
と言っていました。

 

これは何を意味するか分かりますか?

高嶺の花はあまり男性から口説かれてないんです。

 

だから、たまに口説かれるとうれしくて簡単に落ちてしまうんですよ。

女性に限らず男性もそうですが、誰だって異性から好意を持たれること自体はうれしいはずです。

ただ、ガツガツされたり変なことされたりするから、興味のない男性に好意を持たれるのを女性は嫌がるんですけどね。

そういう嫌な思いをしなければ、好意を持たれるのは嬉しいものです。

 

それで、口説くということは、女性に好意を持ってますよ、とアピールしているようなものですよね。

だから、たまに口説かれるとものすごく喜んでしまって、簡単に落ちてしまうんです。

 

ただ1つだけ注意しておいたほうがいいのが、美女ほど話を盛り上げるのがやや難しくなります。

美女ほど男性と話をする時に、相手に質問をしない傾向があります(もちろん例外はありますけどね)。

極端な言い方をすると、話を振られたり何か質問されたりしたら、それにこたえて終わり、という感じですね。

 

これは多分ですけど、美人ほど男性に武勇伝を聞かされるか、質問され続けるかして、女性の方から話を振らなくても話が続いてしまう事が多いから、自然とそうなってしまうのかなぁ?なんて思ったりもするんですけどね。

 

ということは、こちらから常に話を振っていかないと、沈黙が続いて気まずくなってしまうんですよ。

 

それを回避するには、聞き上手になるのが一番ですね。

聞き上手になれば、高嶺の花はめちゃくちゃ簡単に口説き落とすことができますよ。

 

聞き上手になって女性にモテるようになる方法は、別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

参考記事:聞き上手になるには?~女性にモテるようになる第一歩をマスター!

女性に対して自分をアピールしすぎると嫌われる!?

 

合コンなどで好みの女性と話すことができたとき、あなたは自分を一生懸命アピールしようとしませんか?

確かに、自分の良いところをアピールすることは女性にモテるためには大切なことです。とお

例えば、医者とか国家公務員とか起業家とか、職業をアピールすることで、女性を振り向かせることができることがあります。

あるいは、高級車に乗っているとか、高級マンションに住んでいるとか、そういったことで女性を振り向かせることができることがあります。

 

しかし、アピールしようとする気持ちが強すぎるのも問題です。

 

僕は先日合コンに参加しましたが、あまりにも自分のことをアピールしようとする気持ちが強すぎて、女性に嫌われてしまった男性がいました。

そこで、ここではその男性の具体的な言動とともに、なぜ嫌われてしまったのか紹介します。

 

女性にアピールしすぎると嫌われるのはなぜ?

 

まず、合コンで嫌われた男性がどのような男性か紹介します。

年齢:44歳

体型:身長180cm以上で高め、細マッチョ

婚姻歴:バツイチ

職業:弁護士

住まい:新宿区

顔:そこそこイケメンという感じ

こんな感じなんですが、かなりいい条件が揃っていますよね。

 

年齢は女性によって好みが分かれますけど、20代の女性でも同年代の男性より40代の男性のほうがいい、という人も少なくないですし、また30代の女性であれば20代の男性よりも40代の男性のほうがいい、という女性の方が多いです。

だから、40代半ばだとしても決してマイナスにはならないですよ。

また、40代になるとバツゼロよりかバツイチのほうが女性からの印象が良いです。

40代で結婚歴がないと「何か(変なことが)ありそう」と思われてしまうので。

 

あと住まいは、広尾とか自由が丘などの高級住宅街ではないですが、新宿区○○といえば、多くの人が「いいところに住んでるなぁ」と思えるところです。

 

それで、これだけの条件がそろっているにもかかわらず、なぜその男性は女性に嫌われてしまったのでしょうか。

それは、自分をアピールし過ぎていたんです。

その合コンは男:女=3:3だったんですが、はじめは6人で話をしていました。

軽く自己紹介をしながら、世間話を交えながら話をしていたんです。

 

そうしたら、その男性は、まず自分が住んでいる場所がどれだけ家賃が高いのか、をアピールし出しました。

住みたい街ランキングでNo.1になることが多い吉祥寺よりも、家賃の相場は上だ、自由が丘といい勝負ではないか、というようなことを言ったんです。

そして、仕事の話をしばらく語り、年収が高いことをアピールしだしたんです。

そういうことを話していれば、聞いてる方はイヤになりますよね。

 

それから席替えをしましたが、その男性は誰からも相手にされず僕が女性2人と話をし、残りの男女2人で話をすることになり、自分のことをアピールし続けた男性は一人寂しそうに飲んでいましたよ。

 

ちなみに、僕ともう一人の男性は特に何かアピールすることもなく、普通に話をしていただけですけどね。

住んでるところもごくごく普通の住宅街ですし、職業も特にアピールできるものでもないですし、僕なんか車は持ってないのでアピールできることなんて一切ないんですよね。

それなのに、僕は2人の女性と話していたんですよ。

しかも、そのうちの1人は、アピールしすぎた男性に何回か話しかけられたんですが、ちょっとだけ相手をしてまたすぐに僕と話をするようになったんですよ。

だから、アピールし続けた男性は女性に相当嫌われたんだと思うんですけどね。

 

恐らく、多くの人がここで紹介したアピールしすぎた男性のことを「嫌な奴」だと思ったのではないでしょうか。

しかし、女性にアピールするところがあれば、どうしてもアピールしたいという気持ちが強くなり、どうしてもアピールしすぎてしまうと思います。

さりげなく嫌味にならない程度にアピールしようとしても、どうしてもアピールしすぎてしまいます。

中には、さりげなくアピールしてるつもりでも、他の人からすればアピールしすぎてて嫌われている人もいますね。

 

さりげなく自分をアピールして女性に気に入られ振り向かせるのは、非常に難しいです。

ですから、アピールすることがあったとしても、一切アピールしないほうがいいですよ。

それでも十分に好みの女性を振り向かせることができますから。

 

また、女性にアピールできるような職業についているのであれば、自己紹介で一言だけ職業を言って、あとは聞かれたことに簡潔に答えるようにしたほうがいいですよ。

それ以上のアピールをしてしまったら、まず嫌味になってしまって嫌われます。

住んでるところや持っている車、時計なども同じです。