女性を落とせなかった原因を他人のせいにする人はモテない!

 

あなたは、狙った女性を落とすことができなかった場合、なぜ落とすことができなかったのか反省していますか?

反省をしないと同じ失敗を繰り返すことになりますので、必ずどこが悪かったのかを振り返ることが大切です。

落とすことができなかった明確な理由の全てが分かることはまずないでしょう。

ただ、1つや2つは「○○が良くなかったのではないか」ということが分かることが多いです。

 

こんな話をすると、落とせなかった原因を他人のせいにする人は非常に多いです。

それでは、女性を口説き落とすことができるようにはならないですよ。

今回は、例え他人のせいで狙った女性を口説き落とすことができなかったとしても、全面的に他の人のせいにする人は、一生女性を口説き落とすことができない、という話をします。

 

口説けなかった理由を他人のせいにする人はモテない理由とは?

 

最近、参加した合コンのことです。

一緒に参加した1人の男性は上手くいかなかったようで、帰りに文句を言っていました。

「今日の女は消極的だったよな!何しに合コンに参加したんだろう!?」

と文句を言っていたのです。

 

僕は内心、「あなたに魅力がなかったからでしょう!」と言いたかったのですが、さすがにそんなことは言えませんでしたね。

そして、僕はきちんと1人の女性とLINE交換をして、後日口説き落とすことができたんです。

そんな中だったので、LINE交換できなかったのは女性が消極的だったからというのは的外れですよね。

 

この男性とは2回合コンで一緒になりましたが、2回とも同じことを言っていましたね。

僕は2回とも女性を口説き落とすことができたんですけどね。

当日お持ち帰りは難しかったんですが、LINE交換をして後日会って口説き落としましたよ。

 

もうわかりますよね。

この男性は、合コンで上手くいかない理由をつねに女性のせいにしているんです。

そんな事をしていたら、悪いところを改善できませんので、いつまでたっても合コンで上手くいくわけがないですよね。

 

確かに、合コンでちょっととっつきにくい女性とかもいますし、話を盛り上げるのに苦労する女性もいます。

そういう女性は、LINE交換するのが難しいですし、交換できたとしてもLINEを続けるのが難しいですよね。

ましてや、持ち帰ることはできませんよね。

ですから、女性に問題がある場合も確かにあります。

ただ、それでも自分に悪かったところは、1箇所や2箇所は見つかるはずです。

ですから、たとえ女性に問題があったとしても、もう少しなんとかできたのではないか、と反省をして問題点を見つけ、同じ失敗を繰り返さないようにすることが大切です。

 

これは分かりやすい例ですが、他にももっとあります。

「女性といい感じに盛り上がっていたのに、他の男性が割り込んできて女性を摂られた!あの男性が悪い!」

ということを言う人は多いですよね。

でも、僕がこういうことを聞くと、「取られたあなたが悪い!」と言いたくなります。

こういう場合に、取られた男性と自分とを比べてどこが劣っていたのかをしっかりと反省する必要があります。

そして、その男性のいいところを少しでも身に付けることで、今度は他の男性から女性を奪うことができるようになりますよね。

 

合コンだけではなく、LINEもそうですよね。

「あの女、いきなりLINEを未読無視しやがって、なんて女だ!」

と怒っている人はものすごく多いですね。

こういうことを言う男性には、「あなたが悪いから未読無視したんでしょ!」と言いたくなります。

こういう場合に、なぜ女性が未読無視したのかをきちんと反省する必要がありますよ。

この場合も女性に問題がある場合はあります。

ただ、もう少しどうにかできなかったものなのか、自分の行動などを反省し悪い点を見つめなおし、同じ失敗を繰り返さないようにしないといけませんよ。

女性にモテるための環境の重要性!環境が変わるだけでモテる!?

 

あなたは、女性にモテるようになるために、見た目を良くしたり、コミュニケーション能力を高めようとしたりすることだけを考えていませんか?

確かに、見た目を良くしたり、コミュニケーション能力を高めたりするのは、女性にモテるためには非常に重要です。

 

ただ、極端なことを言うと、それだけではモテるようにはならないです。

女性にモテるためには、環境が非常に重要なのです。

 

そこで、ここでは女性にモテるための環境の重要性を紹介します。

 

女性にモテるための環境の重要性

 

どんなにモテない男性でも、ほぼ間違いなくモテるようになる方法があるそうです。

これは20年くらい前に聞いた話です。

かつてと比べて倫理的にうるさく言われるようになったので、今はどうなのか分かりません。

ただ、多分今でもほぼ無条件にモテるようになるのではないか、と思います。

どんなにブサイクでも、ヲタでも、女性とのコミュニケーションが苦手でもほぼ無条件にモテるようになる方法があるのです。

 

それは、女子高の先生になることです。

 

女子高は、男子生徒がいませんよね。

ですから、男は先生などの職員しかいません。

しかも、女子校生の何十人に1人しか男性教師はいないのです。

さらに、先生はなんだかんだ言いながらも生徒から頼りにされる存在ですよね。

であれば、モテない訳がないですよね。

 

実際に、よっぽどのことがない限り、女子生徒にモテモテだったそうですよ。

倫理的なことをうるさく言われなければ、今でもモテモテではないかと思います。

20年近く女子高の先生と話をしてないので、今はどうなっているのかよくわからないですけどね。

 

あと、女性とほぼ無条件にヤレる場所があります。

それは、乱交パーティーです。

僕は何回か参加したことがありますが、さほどコミュニケーションを取ることなく、エッチが始まってしまいます。

しかも、相手がどんな人だろうがほぼ関係ありません。

男も女をあまり選べない、というデメリットはありますが、男がどれだけモテなくてもほぼ無条件にヤることができます。

パーティーの主催者によって違いがあるかもしれませんが、僕の経験と周りの人からの話を聞いている限りでは、乱交パーティーはどんなにモテない男でも女とヤることができています。

運が良ければ、女性2~3人に男性1人の3~4Pもできてしまいます。

これも、どんなにモテない男性でもです。

 

どんなにモテない男性でも、環境次第ではモテモテになる例を2つ挙げました。

それで、ここに挙げた方法はなかなか難しいものがありますね。

社会人になった人が、今さら女子高の先生になるなんてことは、なかなかできませんよね。

そして、乱交パーティーは、恐らくなかなか参加できないでしょう。

僕は、女性にパーティーに誘われたので行くことができました。

そして、今でもたまに行っています。

 

ただ、乱交パーティーに誘ってくれる人はなかなかいませんよね。

誰かに招待される方法以外で乱交パーティーに参加する方法は、なかなかないのではないかと思います。

ネットの掲示板などで乱交パーティーを募集していたりしますが、そういうのってどんな目に合うか分からないですから、行かないほうがいいかなと思いますけどね。

 

ただ、ここで言いたいことは、彼氏が欲しい、セフレが欲しい、そういった女性が集まっている場所に行けば、今までよりもモテてると思えるでしょう。

実際に、女性があなたのことを求めるようになったり、肉体関係を持ちたいと思ってくれたりする確率はかなり高くなりますからね。

 

そういう場所は、出会い目的のパーティ、出会い系サイトなどです。

ですから、そういった出会いの求めている女性が集まる場を利用することで、今までの何倍もモテるようになりますよ。

ちなみに、無条件にモテるようになるところは、そんなに簡単には見つからないですが。

ないわけではないですが、そういう場を見つけるよりも出会いを求めている女性が集まる場所に行ったほうがいいですよ。

女性を口説く時の言葉の重要性!言葉ですべてが決まる!?

 

女性を口説く時には、言葉がかなり重要です。

同じ意味のことを言ったとしても、言葉が違うだけで女性を口説き落とすことができることもあれば、できないこともあります。

ということは、言葉選びに注意するだけで女性を口説き落とすことができるようになったりもします。

 

そこで、ここでは女性を口説く時の言葉の重要性を解説します。

 

女性を口説く時になぜ言葉選びが重要なのか?

 

まず、僕たちは男女関係なく何か言葉を聞くと、必ずと言っていいほどその言葉を映像化します。

例えば、「バラ」という言葉を耳にしたとします。

すると、自然とバラの花を頭に思い浮かべてしまいますよね。

パッと一言耳にしただけではぼんやりとしか映像化しないと思いますが、それが鮮やかな赤のバラ、とか詳しく言われると、より鮮明に想像しますよね。

すると、きれいなバラを見ているような気持になって、癒されたりもしますよね。

 

そして、「バラのとげが指に刺さった!」と聞けば、本当に痛みを感じたような気がしてきたりもしますよね。

痛みを感じなくても、嫌な感情を持ってしまうと思います。

 

このように、僕たちは言葉によって、感情が動かされてしまいます

 

それで、女性を口説き落とすには、女性の感情を動かす必要があります。

女性の感情を全く動かすことができなければ、女性を口説き落とすことができません。

また、負の感情を持たれてしまったら、女性から嫌われます。

 

最終的には、女性を癒すことができると女性は落ちますが、それには一度テンションを高くする必要があります。

テンションが高くならないと癒しの感情はなかなか出てきません。

女性のテンションを高くし、そして癒すのは、原則的に言葉によって行う必要があります

 

遊園地などに連れていけば、テンションを高くしたり癒したりすることはできます。

ただ、遊園地に誘ってOKしてもらうには、それまでに女性があなたのことを男として気になるようにしないといけません。

それには、女性の感情を言葉によって動かす必要があるのです。

 

だから、女性を口説く時には言葉が非常に重要なのです。

 

もちろん、食事に連れていくのであれば、お店の雰囲気などは女性の感情を動かすのにかなりの助けになります。

しかし、言葉によって女性の感情を動かすことができなければ、女性を口説き落とすことができません。

 

あと、同じ意味のことを言ったとしても、女性の感情が180°違うことがあります。

例えば、次の2つのセリフを比べてみてください。

・「○○ちゃんってすごくかわいいね!」

・「お前って、女性から嫉妬されて嫌われそうなかわいさだよね!」

この2つはほぼ同じ意味ですよね。

でも、前者のように言えば普通に喜んでもらえると思います。

しかし、後者のように言ってしまったら、女性に嫌われるでしょう。

 

これは極端な例ですが、ここまで極端ではないにしても、このように言葉選びを間違えただけで女性に嫌われてしまった、ということはよくあります。

基本的には、負の意味の言葉を避けていれば嫌われることはあまりないですけどね。

 

ですから、女性を口説き落とす時には、言葉選びに注意をする必要がありますよ。

 

女性を口説き落とすための会話の基本は別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

参考ページ:狙った女性を確実に口説き落とす会話のポイント

睡眠をしっかり取っている男性がモテるって本当?その意外な理由とは?

 

睡眠とモテ度は深い関係がある、って聞いてあなたは意外に思いませんでしたか?

こんな話をするとビックリする人は多いですが、実はかなり関係があります。

 

睡眠をしっかり取っている人は女性にモテるようになります。

 

では、なぜ睡眠をしっかり取っている男性は女性にモテるのでしょうか?

 

睡眠をしっかり取っている男性がモテる理由とは?

 

睡眠がしっかり取れている男性がモテるのは、女性のために動く気力が出てくるからです。

 

睡眠不足の日って、気力がなくて何もやりたくなくなりますよね。

すると、好きな女性にLINEを送るのが面倒になったりしたりもします。

女性を落とすには、1日1回程度LINEを送る必要があります。

もちろん、女性が喜んでくれるような内容を送る必要があります。

 

しかし、睡眠不足だとLINEを送るのが面倒だと思ってしまいます。

しかも、LINEを送るのはけっこう大変です。

「おはよう」「おやすみ」などのような挨拶だけならどれだけ疲れていても送ることはできますが、そんなのでは女性を落とすことができません。

LINEの内容も考えなくてはいけませんし、それを送信しなくてはいけません。

 

しかし、気力がなくなると「今日くらい適当な内容でいいか!」「今日くらい送らなくてもいいか!」と思いがちです。

それで、たった1回だけいい加減な内容だったり送らなかったりしても、さほど問題にはなりませんが、ついついそういったことが続いてしまいがちです。

「今日もまあいいか」なんて感じですね。

そうなると、女性を口説き落とすことができなくなります。

 

女性をデートに連れていくお店選びもいい加減になってきます。

それでは、落とせる女性も落とすことができませんよね。

 

ですから、睡眠をしっかり取っていれば、気力がなくなりにくいので、LINEをしっかり送ることができたり、女性が喜ぶお店にデートに連れていくことができたりします

だから、モテるのです。

 

ちなみに、睡眠不足だとなんだか悪いことが続いたりしませんか?

体がだるかったり、頭が回らなかったりする時って、自分のせいではないけど悪いことが起こることが多いです。

睡眠不足の時に限って、電車が遅延して女性との待ち合わせ時間に遅れたりすることが何故かあるんですよね。

睡眠不足で体調が良くないと、運まで悪くなるのかな、なんて気がしないでもないですけどね。

 

ですから、女性にモテるためには、スマホで夜更かししたりすることなく、しっかりと睡眠をとることが大切ですよ。

気が強い、キャリアウーマンタイプの女性は浮気するけど落ちない!?

 

前回、「ルールを守る女性は落とすのが難しいけど、ルールを守らない女性は簡単に落とすことができる」という話をしました。

参考記事:簡単に落ちる女性となかなか落とせない女性を区別する根本的な考え方

こういう話をすると、

「キャリアウーマンタイプってルールを守れると思うんだけど、複数の男性と付き合っているイメージがあるけどなぁ~?」

という人がいます。

確かに、キャリアウーマンタイプの女性、気の強い女性に複数の男性と付き合っている傾向がありますよね。

 

しかし、そういう女性を落とそうと思ったら、かなり難しいです。

ワンナイトラブをすることもあるくらいだから簡単に落とすことができるだろう、なんて思ってしまいがちですが、いざ落そうと思ってもビックリするくらいガードが固くて落とすことができないんです。

ただし、ビックリするくらい超簡単に落とすことができることが、たまにですがあるんですけどね。

 

では、なぜキャリアウーマンタイプの気の強い女性は、浮気を平気でするのになかなか落とすことが難しいのでしょうか。

詳しく解説します。

 

気が強いキャリアウーマンタイプの女性がなかなか落ちない訳とは?

 

まず、私たちの心身には、男性の部分と女性の部分があります。

男性は基本的には男性の部分が多いですが、女性の部分がゼロではありません。

そして、女性も女性の部分が多いですが、男性の部分がゼロではありません。

 

よく、男性の部分が多い女性のことを女性ホルモンが少なくて男性ホルモンが多い、女性の部分が多い男性を男性ホルモンが多く女性ホルモンが少ない、なんて言う言い方をしますね。

ここでいう、女性ホルモンのことを女性の部分、男性ホルモンのことを男性の部分といいます。

 

それで、これはあくまで考え方で科学的に証明されているわけではありませんが、男性の部分が100%であれば女性を選ばす誰でもやってしまう性質があります。

それに対して、女性の部分はただ1人の男性としかやりません。

よく言われるのが、男性はたくさんの子孫を残すために精子をばらまくので女性を選ばず誰でもヤッてしまい、女性は子宮が1つで約10ヶ月に1人しか子供を産むことができず良い子孫を残すために相手を選ぶ、と言われていますね。

これは科学的には証明されていませんが、この考え方をするとかなりスッキリします。

 

それで、キャリアウーマンタイプの女性は、男っぽさがありますよね。

気が強い傾向はありますが、サバサバしていて負けず嫌いな傾向がありますよね。

つまり、男性の部分が他の女性よりも多い、ということになりますね。

そういう女性は、異性ならだれでもいい、という気持ちが他の女性よりも強くなりがちです。

だから、本命の男性がいながら、他の男性とも関係を持ってしまうのです。

ただし、キャリアウーマンタイプの女性はあくまで女性ですから、男性よりも女性の部分は多いです。

ですから、誰でもいい、なんてことは実際にはありません。

一人の男性を選ぶ部分を持ちながらも、誰でもいいという部分も少しはもっている、ということは、複数の男性を選んでしまう、ということになります。

 

そして、キャリアウーマンタイプの女性は、きちんとルールを守ることができます。

ということは、ードは固いです。

ということは、キャリアウーマンタイプの女性は、男性と同じように好みのタイプの男性とはビックリするくらい簡単にヤッてしまいます。

そして、ただ1人を選ぶのではなく、複数選ぶことができるのです。

また、ガードが固いので、タイプではない男性には見向きもしません。

女性として貞操観念はしっかりしているので、タイプではない男性にどれだけ上手く言い寄られても、股を開こうとしないのです。

 

だから、キャリアウーマンタイプの女性は、タイプの男性なら本命が他に異様とも関係を持ってしまうし、タイプの男性とならワンナイトラブをしてしまうけど、タイプではない男性は強く拒否してしまうのです。

ということは、キャリアウーマンタイプの女性は、その女性のタイプでなければ、なかなか落とすことができないのです。

しかし、その女性のタイプの男性であれば、ビックリするくらい簡単に落とすことができるのです。

 

これは、あくまでも傾向です。

これともうひとつ、キャリアウーマンタイプの女性は、自分でルールを決め、それをしっかりと守ることができる傾向が強いです。

そうでなければ、キャリアウーマンと呼ばれるまでにはならず、ただのOLですよね。

本能のまま、やる気がないからといって仕事をさぼったりしていたら、キャリアウーマンにはなれませんよね。

ということは、キャリアウーマンタイプの女性が「絶対に浮気はしない」と自分でルールを作ってしまったら、よっぽどのことがない限り浮気はしません。

まあ、そういうルールを作っている女性は僕の実感では少ないので、タイプの男性とは簡単に関係を持つけどタイプではない男性とは絶対に関係を持たない傾向があるんですけどね。

女性を思い通りにコントロールするポイント!これだけは最低でも…

 

「好みの女性を思い通りコントロールできたらいいなぁ!」

と、あなたは考えたことがありませんか?

都合の良い日に会うことができ、デートするのが面倒だからエッチだけしてその日はサヨナラしたり、そんな都合の良い女性がいたらいいと思ったことはありませんか?

そんな都合の良い女ができたら、なんていいんだろうなんて思いますよね。

しかも好みの女性を思い通りにコントロールできたら、どれだけいいんだろうと思いますよね。

 

実は、女性を思い通りにコントロールすることができる方法があるんです。

しかも、誰でも簡単にできるようになるんです。

慣れが必要ですので、今すぐにでも女性を思い通りにコントロールすることができるようになるわけではありませんが、ちょっと慣れればすぐに思い通りにコントロールすることができるようになるんです。

 

そこで、ここでは女性を思い通りにコントロールするポイントを紹介します。

 

女性を思い通りにコントロールするポイント

 

女性を思い通りにコントロールするには、女性にとってなくてはならない存在になればいいんです。

他に変わる人がいない、唯一の人になれば女性を思い通りにコントロールすることができるようになります。

 

例えば、エッチで女性をイカせることができれば、女性から依存されるようになるので思い通りにコントロールすることができるようになる、ということを聞いたことはありませんか?

これは男性にも言えることで、40代、50代のオバサンの風俗嬢でも超テクニシャンで今までにない快感を男性に感じさせることができれば、なかなか予約することができなくなりますよね。

これこそ、オバサンの風俗嬢の思い通りにコントロールされているのと同じですよね。

頑張ってもなかなか予約できないのに、そこを何とか無理してでも予約をするわけですからね。

 

しかも、女性は男性の何倍もの快感を感じるんです。

女性がイッた時に失神することがありますが、男性では考えられないですよね。

それくらい、女性は男性よりも快感を感じているということですね。

そして、女性をイカすことができる男性はめったにいないんです。

だから、エッチで女性をイカすことができる男性は、女性にとっては唯一無二の存在になるんです。

ですから、エッチで女性をイカせることのできる男性は、女性を思い通りにコントロールすることができるようになるんです。

 

ただ、それよりもエッチする前に女性を思い通りにコントロールして告白させたり、あるいはエッチに誘わせたりしたいと思いませんか?

実は、そんなことが可能なんです。

それは、聞き上手になるとできるようになるんです。

「え!そんなことで女性を思い通りにコントロールすることができるようになるの?」

と、あなたは思いませんでしたか?

多くの人が「そんな事で…」と思うんですが、聞き上手になることはそんなに簡単なことではないんです。

実際に、聞き上手になっているつもりでも、全然できてない人が多いんですよ。

 

それで、女性に限らず男性もそうなんですが、人に話を聞いてもらいたいという願望はものすごく強いんです。

しかし、ほとんどの人が他人の話を聞かないので、なかなか思い通りに話すことができないんです。

熱く語りたいことがあっても「こんな話をしても誰も聞いてくれないだろうな」と思って、あまり熱く語ることってないですよね。

仲良く話をする時は、当たり障りのない話にしておくことが多くないですか?

意識してないかもしれないですが、自然とそうなっている人が多いですよ。

そういう場合でも、当たり障りのない話をしようと考えてしまい、人の話を聞こうとはあまり考えないですよね。

また、「聞き上手はモテる」とよく言われますが、そのことを意識していても聞き上手に関しては女性のほうが上手なことが多く、いつの間にか女性に話を聞いてもらっていることが多いです。

そうでなくても、女性に尋問みたいに質問を繰り返していて、女性が話したいことを話せてないことが多いです。

そして、女性の話を聞いていることに堪えられなくなって、いつの間にか自分が話をしている男性は非常に多いです。

人の話を聞いているのはけっこう苦痛ですからね。

ですから、聞き上手の男性は珍しいですよ。

 

そんな中、女性に話をさせることができ、聞き上手になることができれば、女性にとって唯一無二の話を聞いてくれる人ということになりますよね。

そして、どんなつまらない話でも、他の人に話をしたらひかれそうな話でも、興味をもって聞いてくれる人って、かなり貴重な存在だと思いませんか?

そういう男性を女性は何があっても離さないようにします。

そのように女性が思ったら、その女性をあなたは思い通りにコントロールすることができるようになりますよ。

 

聞き上手になって女性を口説く方法は別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

参考ページ:聞き上手はモテる!~口説かなくても女性を落とすこともできる!

彼女を作りやすい時期!12月は彼女ができやすいって本当?

 

「12月はクリスマスがあるので彼女を作りやすい!」
ということをあなたは聞いたことがありませんか?

クリスマスを1人で過ごすには寂しいと思い、女性は12月になると彼氏作りに頑張るようになるので、彼女を作りやすいと言われていますよね。

 

しかし、あなたは
「12月に合コンやパーティーなどに参加したけど、全然彼女を作ることができなかった」
という経験をしたことはありませんか?

 

では、本当に12月は彼女を作りやすいのでしょうか?

 

12月は彼女が作りやすいって本当?

 

まず、僕の経験からいうと、彼女を作りやすい時期というのは基本的にはないですね。

どの時期もそんなに大きな差はないですね。

 

確かに、11月~12月は出会いを求める女性が増えます。

出会い系サイトをしていても、女性の新規登録は11月~12月が多いです。

ただし、その分出会いを求める男性も増えます。

つまり、ライバルが増えますので、結果的には他の月とさほど変わらなくなるんですよ。

 

また、出会い系サイトを利用してなかったり、あるいは出会い目的のパーティーに参加したりしてない女性でも、普段は口説き落とせない女性が12月が近づくにつれて口説き落としやすくなる、と言われています。

確かに、クリスマスが近づくにつれて彼氏が欲しいという気持ちが強くなり、妥協してしまって口説き落とされてしまうこともあるでしょう。

ただ、これも他の男性もクリスマスが近づくにつれて女性は落ちやすくなるということを分かっていて、いつも以上に頑張って口説き落とそうとするので、ライバルの事を考えると他の時期よりも簡単になる、とは言えないかな、と感じています。

 

ということは、彼女を作りやすい時期というのは特にない、ということになりますね。

 

彼女を作るうえで大切なこと

 

まず、出会い系サイトやパーティーなどで女性の出会いを求めて彼女を作る場合、男女比は1年を通してさほど変化はありません。

ですから、時期を気にせず出会いを求めるといいですよ

口説き落としやすい時期というのもとくにはありませんので、時期は気にすることはないでしょう。

 

あと、会社や習い事などで同じ女性の場合も、とくに時期を気にする必要はありません。

クリスマスが近づくにつれて彼氏が欲しいという気持ちが強くなるとはいえ、その他の時期も彼氏が欲しいとは思っているんです。

 

彼氏はいらない、彼氏を作っている暇がない、など彼氏を作らない女性は、クリスマスが近づいても彼氏を作ろうとはしません。

人間ですから、ふとした瞬間に「彼氏が欲しい」と思うこともあるでしょう。

しかし、現実に戻った時に「彼氏を作ってる場合ではない」などと思いなおすので、結局は彼氏を作ろうとはしません。

 

クリスマスが近づくにつれて彼氏が欲しいという気持ちが強くなる女性は、普段から彼氏が欲しいと思っているんです。

ですから、いつでも口説いて大丈夫ですよ。

 

ちなみに、女性を口説き落とすのに大切なのは、ルックスよりも中身です。

特に美人ほどその傾向が強いです。

美人のほうがたくさんの男と接してるでしょうから、その経験からルックスよりも中身で男性を選ぶようになるんだと思うんですけどね。

 

そして、中身で特に大切なのが、会話です。

女性と会話を盛り上げることができれば、そして不快感を与えなければ、だいたいの女性は口説き落とすことができますよ。

 

女性にモテるための会話のポイントは、別のページで紹介しています。

参考にしてください。

 女性にモテるようになるために最も大切なこと!

女性の名前の呼び方を変えるだけで口説き落とせることがある!?

 

あなたは、女性の名前の呼び方を意識したことがありますか?

実は、女性の名前の呼び方を変えるだけで、その女性を口説き落とすことができることがあるんです。

「たったそれだけで!?」
と、あなたは驚きませんでしたか?

 

そこで、女性を口説き落とすための女性の名前の呼び方について紹介します。

 

女性の名前の呼び方を変えると口説き落とすことができる!?

 

まず、名前の呼び方で、相手との距離感が分かります

 

山田花子さんという名前の女性を例に挙げて説明します。

一番距離が遠いのが、名字にさん付けの「山田さん」ですね。

職場にもよりますが、同僚や上司に対してこのようにい呼ぶことが多いですよね。

上司は「山田係長」のように役職で呼ぶことのほうが圧倒的に多いとは思いますが、さん付けで呼ぶところがあるだろうことは、想像できると思います。

 

次に、名前にさん付けの「花子さん」ですよね。

これは、同僚や上司に対してそのように呼ぶこともある(特に名字の同じ人を区別するために使うことが多い)んですが、基本的には仲の良い同僚に対してこのように呼ぶことが多いですよね。

名字にちゃん付け「山田ちゃん」と呼ぶ場合は、仲の良い同僚という感じでしょうか。

上司や仕事上だけの関係の同僚に、ちゃん付けすることはまずないと思いますので、こちらのほうが距離が近い、と考えることができるかもしれませんね。

 

そして、名前にちゃん付け「花子ちゃん」だと、さらに距離が縮みますよね。

名前にちゃん付けは、頻繁に一緒に飲みに行ったりする仲でないと、使わないでしょう。

 

さらに「花ちゃん」のように、ニックネームで呼び合うと、さらに距離が近い関係だと言えますよね。

 

「山田」のように呼び捨てだと、上司が部下に対する呼び方になりますよね。

立場が下の人には名字を呼び捨てにしますよね。

「花子」のように名前を呼び捨てにするのは、昔の女性が男性を立てるのが当たり前だった時代に、男性が付き合っている女性を呼ぶときに使っていましたよね。

ですから、名字にしろ名前にしろ、呼び捨ては立場が下の人の名前を呼ぶときに使いますよね。

 

それで今は、ほとんどのカップルがニックネームで呼び合っていますよね。

渡部建が佐々木希のことを「のんちゃん」と呼び、佐々木希は渡部建のことを「わっくん」と呼んでいるそうですが、多くのカップルがそんな感じでニックネームで呼び合っていますよね。

これが一番距離を縮めている名前の呼び方だということが言えるでしょう。

カップルなのにニックネームで呼び合ってないのは、実は形は付き合っているけど距離感は付き合ってないのかな、という印象を受けますよね。

 

男女とも結婚を焦るあまり距離が縮まってないのに付き合い始めるカップルがありますが、そういう場合にお互い「太郎さん」「花子さん」というように、「さん」付けで呼び合っていたりしますよね。

このように、付き合っている形にはなっているけど、距離は付き合うまで縮んでいないと、このようなことになりますよね。

 

また、先ほどの渡部建と佐々木希の呼び方ですが、「のんちゃん」というのは佐々木希の名前から、「わっくん」というのは名字からできたニックネームですよね。

ということは、渡部建が感じている距離感よりも佐々木希が感じている距離感のほうが遠いのかな、なんて想像できますよね。

距離感が同じなら、佐々木希は「けんけん」とか、名前からできたニックネームで呼ぶのが普通なんですけどね。

 

それで、名前の呼び方でその人たちの距離感が分かるんですが、これは逆もしかりで、名前の呼び方を変えるだけで距離感が変わってしまうんです。

例えば、今現在、山田花子さんのことをあなたが「山田さん」と呼んでいるとします。

それを「山田ちゃん」と呼び方を変えると、距離が縮んでいきます。

相手の女性は、初めは違和感を感じて変な顔をする事もあるでしょう。

「私のことをちゃん付けするなんて、何かあった?」
と言われるかもしれません。

しかし、これを続けていると、女性が感じる距離感も縮んでくるんです。

 

あなたが今現在、「山田ちゃん」と呼んでいるなら、「花子ちゃん」に変えると今よりも距離が縮みます。

「花子ちゃん」と呼んでいるなら、「花ちゃん」と呼ぶことで距離が縮みます。

 

そこで、口説き落としたい女性がいるけどなかなか距離が縮まないのであれば、女性の名前の呼び方を変えてみるといいでしょう

 

ただし、これには注意点があります。

 

まず、呼び方を変えたなら、言葉遣いも変えないと不自然です。

さん付けからちゃん付けに変えたのに、今まで通り敬語や丁寧語で話をしていたらかなり不自然になり、違和感だけが残って距離は縮みません。

女性が違和感を感じたままだと、距離は縮まないんです。

ですから、言葉遣いを変える必要があります。

 

そして、場をわきまえない使い方をするのもよくありません

上司に対してちゃん付けしたら、その上司は違和感を感じ続けますので距離は縮みません。

また、友達同士でもさん付けを続けないと場違いに思われることもあると思いますが、それなのにちゃん付けで呼んだら「キモい」と思われることがあります。

他の方法で距離を縮めていくしかありませんね。

 

あと、今まで「山田さん」と呼んでいたのに、いきなり「花ちゃん」と呼んだら、相手は嫌悪感を感じるだけで、距離は縮まないどころか離れてしまいます

距離感は徐々に縮めていくことが大切です。

あなたも、赤の他人になれなれしくされたらいやな感じですよね。

酔った勢いやその場の雰囲気でそれが許されることもあるんですが、そうではない場合はいきなりなれなれしくされたらイヤですよね。

それと同じで、今までただの同僚だったのに、いきなり付き合っている距離まで縮めようとされたら、女性は嫌悪感を感じます。

ですから、距離は離れる一方になってしまうんです。

女性との距離は徐々に縮めることが大切ですから、いきなり距離が縮んでいる呼び方をしてはいけません。

あくまで一段階だけ縮める呼び方をする事が大切ですよ。

 

薬は飲むだけで求める効果を得ることができますが、副作用もありますよね。

それと同じように、呼び方を変えるだけで距離は縮みますが、使い方を間違えると距離が離れることもあります。

ですから、使い方には十分注意をしてください。

 

女性の「またごはん行きたいです」は社交辞令?本気かどうか見抜くには?

 

付き合う前の女性とご飯に行くと、多くの場合
「またご飯行きたいです!」
と、言われてしまいますよね。

また、ご飯に行ったときに言われなくても、その後にLINEなどで言われることがあると思います。

でも、これって社交辞令ではないのかなぁ?と悩んでしまいませんか?

 

社交辞令を本気にしてしまって誘ってみたら断られることなんてよくありますよね。

 

では、「またご飯行きたいです!」は社交辞令なのでしょうか?

 

女性の「またご飯行きたいです!」は社交辞令?

 

女性が「またご飯行きたいです!」と言った場合は社交辞令の可能性がやや高いです。

「また」「今度」「いつか」「近いうちに」などがついたら、社交辞令の可能性が高いと思ったほうがいいです。

このことに関しては別のページで詳しく紹介しましたので参考にしてください。

参考記事:デートした女性が社交辞令?~社交辞令の見分け方!

 

女性を食事に誘った時に、「また今度ね!」と言われたら、これは社交辞令で遠まわしに断っている可能性が高い、ということは分かると思います。

前後の話の流れによって社交辞令ではないことが明らかなこともあるんですが、多くの場合は社交辞令になってしまいますよね。

 

これと同じように、「またご飯行きましょう」と”また”が付いたら社交辞令の可能性が高いと思ったほうがいいです。

 

 

それで、社交辞令を女性が言うということは、一緒にご飯を食べたときに何らかの問題があったはずです。

デートの誘い方に問題がある場合も無きにしも非ずですが、その場合はドタキャンされることのほうが圧倒的に多いです。

ほとんどの場合は、ご飯を食べたときに問題があったから、社交辞令を言うわけですね。

 

ですから、もう一度ご飯を一緒に食べたときのことを振り返り、どこか問題がなかったか見直してみましょう。

そのうえで、もう一度初めからやり直す気持ちで誘ってみるといいでしょう。

 

社交辞令を言われる理由と言われた時の対処法は別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

参考記事:デートした女性が社交辞令?~社交辞令の見分け方!

片思いの女性と気まずくなった時の対処法!原因別対処法!

 

「片思いの女性と今までは普通に話をしていたのに、なんだか最近気まずい雰囲気になってしまって…!?」

片思いをしている女性と気まずくなったら、本当に落ち込んでしまいますよね。

そして、気まずい雰囲気を何とかしようとしたいものの、どうしたらいいのか分からないですよね。

 

「時間が解決してくれるといいんだけどなぁ~!」
なんて思ったこともあるのではないでしょうか。

ただ、時間が解決してくれることなんてほとんどありません。

いつまでも気まずい雰囲気が続くことのほうが多く、何か手を打たないとずっと気まずいままだったりもします。

 

ではどうしたら気まずい雰囲気を解消できるのでしょうか?

 

片思いの女性と気まずい雰囲気になった時の対処法

 

片思いの女性と気まずい雰囲気になった場合、その原因を解消する以外に方法はありません

なんとかその原因をそらすなどすればなんとかなるものでもありません。

この場合は、原因をきちんと解消する以外に方法はありません。

 

ということは、気まずくなった原因を知るところから始める必要がありますね。

 

気まずくなる原因がはっきりしていればいいんですけどね。

仕事上のトラブルがあったから、など原因が非常に分かりやすい場合もあります。

また、デートに誘ったら女性に断られて、避けられるようになった、という場合も分かりやすいですよね。

 

ただし、はっきりしない場合もよくあります。

その場合は、なんとかして原因をはっきりさせる必要があります。

ただ、この場合は理由は主に3つになります。

状況によって違いはありますので、予想だにしない理由で気まずくなったりもするんですが、多くの人に話を聞いていると、だいたい3つの理由から気まずくなっています。

その、知らない間に気まずくなる主な原因は、

・片思いをしている女性の友達と仲が悪くなった
・好きだということが周囲にバレて片思いをしている女性の耳に入った
・嫌いになった

の3つです。

 

まず、片思いをしている女性の友達と仲が悪くなったら、あなたのことを片思いの女性に悪く言いますよね。

そうなったら、片思いをしている女性は友達と合わせるようにあなたと仲が悪くならないと、友達関係が崩れることがありますよね。

だから、片思いをしている女性は距離を置くのです。

この場合、嫌われるようなことをした場合は謝ればいいんですが、そうでない場合もあります。

厄介なのが、その友達があなたのことが好きで、でも全然振り向いてくれないから避けるようになり、片思いをしている女性にあなたのことを悪く言っている場合です。

こういうことは学生の時ならよくあることですが、社会人になってもあり得ることです。

この場合は、片思いをしている女性と頑張って友達関係になるようにするのが一番早いでしょう。

ちょっと厄介ではあるんですが、何人かと飲みに行って友達関係を作っていくなどすると意外となんとかなったりもしますよ。

 

また、片思いをしていることが周囲にばれて、その周囲の人たちが「あの人(あなたのこと)、○○さん(片思いをしている女性)のことが好きみたいだよ!」なんて話をしたら、片思いをしている女性はあなたと距離を置くようになったりすることがあります。

この場合は、周りの人に見られないところで話をしたりするといいですよ。

片思いをしている女性は、あなたと仲が良いと思われたくないだけです。

だから、周りの人たちが見てないところなら、普通に話ができることが多いですよ。

ただし、下心はなるべく隠すようにすべきです。

まあ、片思いをしていることがバレることが多いんですけど、それでも下心をむき出しにしなければ、相手にしてくれることが多いです。

 

あと、理由が分からないのに女性から嫌われることがあります。

これは、嫌いになった理由を知る必要があります。

そして、きちんと謝れば、許してくれることもありますよ。

また、時間がたてば怒りが収まることも多く、気まずい雰囲気が解消されることもよくあるので、これは時間が解決してくれるものと期待していいでしょう。

デートすらしてないのに、生理的に受け付けなくなったりして気まずくなることはまずないです。

その場合は、通常は女性は態度に出さず、きまづい雰囲気になることはまずないです。

気まずい雰囲気になったのは、なにか女性を怒らせるキッカケがあったはずです。

それを知ったうえできちんと謝るか、時間が解決するのを待つかするといいでしょう。

 

あと、非常に多いのがデートに誘ったら断られて気まずくなった、ということですね。

この場合は、デートに断られた時の対処法として別のページで紹介しています。

LINEでデートの誘って断られた時の対処法を紹介していますが、職場などでも同じです。

参考にしてください。

参考記事:LINEが続く女性をデートに誘っても断られる!?その原因と対処法!