付き合う前の女性がデート中に出すキスOKサインとは?

 

女性を口説き落とすには、付き合う前にキスをしたほうがいいです。

キスすることで、女性の恋愛感情は高まっていくのです。

 

女性は好きな男性とキスをしたいという気持ちを持っています。

それは逆もしかりで、キスした男性に対して恋愛感情を強くしていくのです。

 

ドラマなどで、で全然気になっていなかった男子と学校の階段などでぶつかり合ってキスをしたら、恋愛感情が湧いてきて、そして好きになった、なんてストーリーがありましたね。

そんな事は実際にはなかなか起こらなかったと思うんですが、ただ、これは女性心理を見事に表現していたんですよ。

 

だから、付き合う前にキスをしたほうがかなり落としやすくなります。

 

ただ、嫌いな男性とキスをしてしまったら、女性はその男性のことをますます嫌いになります。

まあ、女性が嫌いな男性とキスを許すことなんて、まさかないと思うんですけどね。

少しでも嫌いな男性と出会い頭にキスした場合は、その男性のことをますます嫌いになります。

 

また、デート中にキスをしようとして女性が拒否したら、その女性は男性に対して不信感を抱くようになることがあります。

せっかく気になりかけていた男性に対しても、キスを拒否したことでジワジワと不信感が出てきてしまい、その気持ちが大きくなることもあるんです。

そうなったら、女性の気持ちを戻すことはかなり難しいですよ。

 

であれば、付き合う前の女性に拒否されずにキスする方法はないかなぁ、とあなたは思いませんでしたか?

 

付き合う前の女性とデート中にキスする方法と、拒否された時の対処法は別のページで紹介しました。

参考記事:デート中に女性とキスをするタイミングを作る方法・会話術!

 

ここでは、より確実にキスできるように、女性がキスをしてもいいというOKサインを紹介します。

 

付き合う前の女性がデート中に出すキスOKサイン

 

付き合う前の女性がデート中に出すキスOKサインは、以下の通りです。

 

 数秒口元を見つめる

女性と話をしているときなどに、口元を見つめるようになったらキスOKサインです。

口元を見つめるということは、唇を求めているということになります。

ですから、女性からキスして欲しいと言っているようなものです。

ただ、じっと見つめるような露骨なことをする女性はあまりいません。

数秒見つめて目をそらすことが多いですよ。

ただし、元々人と話をする時に口元を見つめる女性はいますが、その場合はキスOKサインではありません。

女性が人と話をする時にどこを見るのかをきちんと把握しておく必要があります。

あくまでも、今までは口元を見なかったのに、途中から見るようになった場合はキスOKサインです。

あと、口元に何かついていたり、唇がガサガサだったり血が出たりしているときなどに口元を見つめられた場合は、キスOKサインではありません。

 

 スキンシップが増えた

スキンシップが増えたら、キスOKサインの可能性が高いです。

あくまで増えた場合であって、元々スキンシップが多い女性が初めからキスOKサインを出しているわけではありませんよ。

あと、酔っぱらってスキンシップが増える女性もいますが、その場合もキスOKサインではありません。

ですから、元々スキンシップが多いのか、酔っぱらうとスキンシップが増えるのか、把握しておく必要があります。

そして、そうではないけどスキンシップが増えたのであれば、男性として見ているサインです。

キスしていいというサインのことが多いですよ。

 

 甘えた猫なで声が増える

甘えた猫なで声で話すことが増えた場合、男性に何かを求めているサインです。

この場合は、キスを求めていることが多いですよ。

これも以前より増えた場合であって、元々甘えたような声で話す女性はキスOKサインではありません。

 

 唇を尖らせることが増える

唇を尖らせるということは、まさしくキスして欲しいということです。

ただ、元々唇を尖らせて話す女性はキスOKサインではありません。

あくまで増えた場合です。

 

 無言で見つめる

女性は、恋愛感情を抱いていない男性と沈黙すると気まずい思いをすることが多いです。

ただ、好きな男性と沈黙しても気まずいとはあまり思いません。

そして、何かを求めるようにじっと見つめてきたら、キスOKサインのことが多いです。

ある程度距離が縮まった段階で男性に求めるものといえば、それはキスですよ。

以上が、付き合う前の女性がデートで出すキスOKサインです。

 

ただ、これらのサインが出る前にキスができるようになるべきです。

ちょっと気になる、という段階では、このようなサインはあまり出ません(キス魔ならともかく)。

それで、ちょっと気になる段階で拒否されずにキスすることで、女性に恋心を抱かせることができるのです。

 

ただ、慣れてない段階だとそのタイミングが難しいと思います。

ですから、これらのサインを参考にして、キスするタイミングを見計らうといいでしょう。

 

参考記事:デート中に女性とキスをするタイミングを作る方法・会話術!

付き合う前の女性とのデートで沈黙した時の対処法!コレでOK!

 

「付き合う前の女性とデートしてる時に話すことがなくなって沈黙することがあるんだけど、どうしたらいいんだろう?」
と、あなたは悩むことありませんか?

付き合って何ヶ月も経って、かなり仲が良くなったカップルなら沈黙しても全然気まずくはならないですよね。

しかし、付き合う前の女性とのデートで沈黙したら、かなり気まずい雰囲気になりますよね。

そして、もしそうなったら次のデートに誘っても断られてしまう、なんてことになりやすいです。

 

そこで、ここでは付き合う前の女性とのデート中に沈黙した時の対処法を紹介します。

 

「付き合う前の女性とのデートで沈黙した時の対処法!コレでOK!」の続きを読む…

初デートでの脈ありサイン~女性がこのサインを出したら落ちる?

 

「付き合う前の女性が初デートで出す脈ありサインを知ることができたらいいなぁ~!」
と、あなたは思った事がありませんか?

逆に、脈ありサインだと思っていたのに、口説き落とすことができなかった、なんてこともありませんか?

きちんとした脈ありサインが分かっていたら、勘違いしなくて済んだのに~!なんて思う事もあるのではないでしょうか?

 

そこで、ここでは女性が付き合う前の初デートで出す脈ありサインを紹介します。

 

PAK86_hartwoprezentsuruyo1039_TP_V1

女性が付き合う前の初デートで出す脈ありサインとは?

 

女性の脈ありサインについては、別のページで紹介しました。

まずはそちらをご覧ください。

脈ありサイン~女性が会話中にこのサインを出したら脈あり!
付き合う前の女性が食事の時に出す脈ありサイン!無意識に出るサインとは?

 

これらが目安になりますが、これらのサインだけでは初デート中は明確に分からないことも多いです。

そこで、もう少し明確に分かる脈ありサインを紹介します。

ただし、ちょっとリスクがある方法ですので、注意が必要です。

 

まず、別のページで紹介した方法によって、脈ありなのかを確認してください。

それで、「脈ありだろう!」と判断できたら、ボディタッチをしていきます

二の腕⇒手⇒頭(髪の毛)⇒背中⇒腰 の順番に触れていきます。

いきなりポンポンポン、と次々に二の腕から腰までタッチしていくのではなく、会話をしながら自然にタッチしていきます。

 

それで、脈なしの場合は、ボディタッチしている途中で女性が距離を開けようとします。

ピクッと体が動く女性もいます。

女性によっては露骨に嫌な顔をします。

また、「そこは触らないで!」という女性もいます。

これらのような拒否反応がでたら脈なしですので、直ちにボディタッチをやめます。

そして、女性に気付かれないように距離を離します。

そして、あとは会話を盛り上げて女性の嫌がっている気持ちをやわらげていきます。

 

僕の経験上、脈なしの場合は、頭を触られた時点でなんらかの拒否反応を示すことが多いです。

距離を開けようとすることが多いですけどね。

その時点で一切のボディタッチをやめ、きちんと会話を盛り上げれば、女性は次のデートを拒否することはあまりないです。

 

逆に、頭を触って拒否反応を示さなければ、背中や腰を触っても拒否反応が出ることは非常に少ないです。

背中や腰は本当に脈があるのかを確認するためだと思ってもいいくらいです。

 

そこまでボディタッチをして女性が拒否反応を示さなければ、ほぼ確実に脈ありです。

僕は、腰まで触ることができた女性は、そのままホテルに連れ込んでいますよ。

ごくまれに失敗することがあるんですけど、ほとんどホテルに連れ込むことができています。

 

さらに確実性を高くするには、胸やお尻を触る事ですね。

女性はほぼ間違いなく「ヤダ~!」などと言います。

でも、まんざらでもなさそうなら脈ありです。

真剣に嫌がっていたら、脈なしです。

 

ただ、これはものすごくリスクが大きいです。

胸やお尻を触って真剣に嫌がったら、挽回はほぼ不可能です。

また、脈ありだったのに、胸やお尻を触った瞬間に脈なしになる事もあります。

そうなったら、次のデートはありませんし、連絡を取れなくなるでしょう。

ですから、お尻や胸を触るのは非常にリスクが大きいので、おすすめはしません。

 

脈なしなら、腰を触った時点で拒否反応を示すことが多いので、その時点で脈なしか脈ありかを判断して大丈夫です。

腰を触った時に拒否反応を示しても、挽回は充分に可能です。

 

さて、脈なしの女性を脈ありに変える方法は別のページで紹介しました。

興味があればそちらをご覧ください。

 脈なしから脈ありへ!女性を振り向かせ脈ありになるポイント!

初デートで付き合う前の女性とハグする方法・会話術!

 

「付き合う前の女性と初デートで、せめてハグしたい(抱きしめたい)なぁ!」
と、あなたは思っていませんか?

いきなりハグしたら嫌われそうだし、嫌われたら2回目のデートに繋がらないし、そんなことを考えると、ハグはできないですよね。

ただ、女性に嫌われなければハグしたい、と誰でも思うのではないでしょうか?

PAK86_dakiyoseru215182313-thumb-815xauto-18341

また、初デートでハグができると、女性との距離をグッと縮めることができますので、口説き落としやすくなります。

 

そこで、ここでは付き合う前の女性と初デートでハグする方法を紹介します。

 

付き合う前の女性と初デートでハグする方法

 

女性にボディタッチするには、抵抗があまりないところから徐々にしていくことが大切です。

 

ちょっと極端な話ですが、初デートで待ち合わせしてからすぐに、いきなり胸やお尻を触ったら、ほぼ間違いなく嫌われますよね。

逆に、2~3回デートすれば、女性が恋愛感情を持っていなくても、二の腕に触れるくらいなら嫌がられることはないでしょう。

 

それで、初デートでもある程度親しみを持ってもらえれば、二の腕に触れても女性は抵抗を感じないでしょう。

そして、さらに距離が縮めば、てのひらに触れても、女性は抵抗を感じないでそう。

さらに距離が縮めば、背中や腰に触れられても抵抗を感じなくなります。

 

ただ、いきなり腰に手を触れたら、女性はものすごく抵抗を感じてしまいます。

ですから、女性が抵抗のないところから徐々にボディタッチを増やしていくことが大切です。

 

付き合う前の女性との初デートでボディタッチを増やし、手をつなぐ方法は、別のページで紹介しました。

まずはそちらをご覧ください。

初デートで女性と手をつなぐ方法

 

女性と手をつなぐことができたら、バーやカラオケ屋などに行きます。

個室など他の人の目が気にならないところがいいです。

そして、女性との会話中に女性を褒めて、頭をポンポンします。

それから、タイミングを見計らって、背中に触れます。

 

頭をポンポンしたり、背中に触れたりして、女性が嫌がっていないようなら、ハグをしても大丈夫なことが多いです。

 

それから、女性に過去の恋愛話をさせます。

その時に、ハグした時の事を聞いていきます。

そうすると、女性はハグをしたい、という気持ちになってきます。

それで、あとはタイミングを見計らってハグします。

 

ハグできそうなタイミングになったら、背中に手をまわして、そのままハグすると、上手くいくことが多いですよ。

 

付き合う前の女性との初デートでハグに失敗した時の対処法

 

付き合う前の女性との初デートでハグしようと思って失敗したときは、
「ごめん、ハグの話を聞いていたら、ついついハグしたくなっちゃって!」
といってすぐに別の話をすれば、大丈夫です。

女性と手をつなぐことができていれば、失敗することはまずないです。

ただ、たまに失敗することもあります。

そういう場合は、女性が「初デートではハグはしない!」と決めていることが多いです。

かたく心に決めていることを覆すことはなかなか難しいので、この場合は次回以降のデートでハグするタイミングを見つけてしてみましょう。

 

手はつなげたのに、ハグしようとして女性に拒否された場合、しつこく迫らなければ2回目のデートに繋がらないなんてことは少ないです。

ですから、さほど心配する必要もないですよ。

 

 デート中に女性とキスをするタイミングを作る方法・会話術

 


main_ttl3

何回かデートしている女性が肉体関係を許してくれない!その理由は?

デートしている女性 肉体関係 許さない 理由 について

 

「狙っている女性と何回かデートしているのに、なかなか肉体関係を許してくれないんだけど、どうしたら肉体関係を持つことができるんだろう?」
と、悩んだことはありませんか?

2人でデートできているんだから、気にはなっているんだろうけど、なぜか肉体関係を許してくれないと、どうしたらいいのか悩んでしまいますよね。

 

そこで、ここでは何回かデートできているのに肉体関係を許してくれない理由とその対処法を紹介します。

feet-224680_640

 

デートしている女性が肉体関係を許さない理由と許してもらうポイント

 

何回かデートしている女性が肉体関係を許してくれない主な理由は以下の通りです。

 

 男として見ていない

女性があなたのことを、仲の良い友達として見てはいるけど、恋愛対象として見てくれない場合は、まず肉体関係を許してくれないです。

2人でデートできているけど肉体関係を許してくれない理由で一番多いのが、女性が男性のことを恋愛対象として見ていないからです。

友達として見ているけど、恋愛対象として見ることができないのは、一緒にいて楽しいけど、男として頼りになるところがない、という事になります。

 

この場合は男として頼りになるところを見せる必要があります。

友達から男として見られるようになる方法は別のページで紹介しました。

興味があれば、そちらを参考にしてください。

参考記事:「脈なしから脈ありへ!女性を振り向かせ脈ありになるポイント!」へ

 

 ヤリ捨てされるのを警戒している

過去に男性と1回か2回肉体関係を持っただけで捨てられたり、あるいは付き合っているものの男性が愛情がどんどんなくなっていったりした経験がある女性は、二度とそういうことをされたくないと思って、なかなか肉体関係を許してくれません。

また、ある程度男性経験のある女性であれば、ヤレそうでヤレない時が一番男性を惹きつけることができる、ということを知っています。

ですから、いつまでの男性を惹きつけておくために、ヤレそうでヤレない状態を続けようとするのです。

 

この場合は非常に厳しいです。

 

一度、メールやLINEなどもせず、デートにも誘わず、顔を合わせたらあいさつくらいはして、用事がある時は事務的な話だけはして、仲良く話をしないようにするなどして、距離を置くようにすれば、なんとかなることがあります。

ただ、うまくいく確率は低いです。

こういう女性の中には、肉体関係しか求めていない男性に対してイヤになっている人も多く、距離を置いた瞬間「やっぱり肉体関係を持つことしか考えてなかったんだ!」と思われて終わることも多いです。

また、いつまでも男性を惹きつけておきたいと思う女性は、モテる女性が多いので、距離を置いた瞬間に他の男性を狙うようになります。

ですから、一旦距離を置く場合は、一か八かの勝負をする気持ちでしたほうがいいです。

 

やや確実性が高いのは、半年でも1年かかってでもデートを続けることです。

ただ、これもうまくいく確率はそんなに高くはありません。

 

こういう女性は少数なので、僕ならあきらめて別の女性を狙います。

 

 誘い方が下手

ホテルなどに誘うときに、あまりにもガツガツしていたりするなど、誘い方が下手だと肉体関係を許してくれません。

女性がその気になっていたとしても、イヤらしい顔して、
「ねぇ、これからホテルに行こうよ!デヘヘへへへ!」
なんて誘ったら、断られます。

 

この場合は、まずは余裕を持つべきです。

女性とデートする前に風俗に行っておくとガツガツしなくなりますので、それも一つの手ですよ。

また、女性を誘う基本的な方法を身に付ければ、肉体関係を持つことができます。

その方法は別のページで紹介しました。

興味があればそちらのページを参考にしてください。

参考ページ:「デート中に女性をホテルに誘う方法・会話術 初デートでホテルへ!」へ

 

女性と肉体関係を持つための考え方

 

女性と肉体関係を持つときの理想は、女性に「肉体関係を持ちたい!」と思わせることです。

ただし、これは非常に難しいです。

あまりにも現実離れしていますよね。

ただ、理想は忘れないようにしたほうがいいですよ。

 

そのうえで一番誘いやすいのは、女性に「まあ、いいか!」と思わせることです。

つまり、積極的に肉体関係を持ちたいとは思っていないけど、別に肉体関係をもっても構わない、と思わせることです。

これは、そういう雰囲気を作っていけば、女性は「まあ、いいか!」と思ってもらいやすくなります。

デート場所の雰囲気、デート中の会話やしぐさなどで、Hな雰囲気を作っていくと、女性は「まあ、いいか!」と思ってくれるようになります。

 

そう思ってくれたら、あとは自然な流れで誘えばいいです。

完璧に自然な流れで行けるのかといえば、それは難しいです。

ただ、できるだけ女性が抵抗するポイントを作らないことが大切です。

その方法は別のページで紹介しました。

興味があれば、そちらを参考にしてください。

参考記事:「デート中に女性をホテルに誘う方法・会話術 初デートでホテルへ!」へ

デートした女性が社交辞令?~社交辞令の見分け方!

デート 社交辞令 について

 

「デートした女性が『また誘ってください!』って言ってくれたけど、これって社交辞令かなぁ?」
と、悩んだことはありませんか?

 

デートの別れ際に、まるで社交辞令のように言われることもあると思います。

そして、メールでも社交辞令のようなメッセージが送られてくることもあると思います。

そんな時「デートできた女性が社交辞令を言うのかなぁ?」なんて悩んだりしてしまう事もありますよね。

 

そこで、デートした女性が社交辞令を言う事はあるのか、そして、社交辞令かどうかを見分ける方法を紹介します。

a0001_012479

 

デートした女性が社交辞令を言うのか?

 

デート中、女性は楽しそうにしていたし、次もデートに誘う事ができるだろう、と思ったのに、女性に社交指令のように、
「また機会があったら誘ってください!」
と言われることがあると思います。

こう言われた時、
「楽しそうにしていたから、まさか社交辞令ではないのでは?」
なんて考えたくもなりますよね。

 

しかし、女性はデートで楽しそうにしていても社交辞令を言うことがあります

デートをして、女性が「もう二度とデートをしたくない!」と思ったとします。

それでも、本人を目の前にしてなかなか嫌な顔をすることはできないですよね。

だから、そんなことを思っても楽しそうにふるまう事なんて当たり前のようにあります。

男性よりも女性のほうが、本当はつまらないのに楽しそうにふるまうのは上手ですよね。

そして、本当は二度とデートしたくないのに、社交辞令を言ってしまう事だって十分にありえます。

「また、一緒に遊びに行こうね!」
と言えば、ほとんどの女性は
「うん、また機会があったら遊びに行こうね!」
と、社交辞令を言うでしょう。

 

ですから、デートで女性が楽しそうにしていても、社交辞令を言う事は十分にあり得ます

 

社交辞令かどうかを見分ける方法

 

社交辞令かどうかを見分けるには、一応目安となるキーワードがあります。

「また」「いつか」「機会があったら」「今度」「次」「できたら」などです。

また遊びに行きましょう!」
いつか遊びに行きましょう!」
「また今度誘ってください!」
「暇ができたら遊びに行きましょう!」
といった感じのセリフは、社交辞令と考えられます。

 

ただし、これらはあくまでも目安であって、これらのキーワードが出てきたら100%確実に社交辞令かといえば、そういう事はありません。

「また遊びに行きましょうね!」
と女性が言った後に、普通にデートの約束をすることができることなんて、決して珍しくありません。

 

社交辞令なのかどうか、確実に判断する方法があります。

それは、次のデートの日時を確定させようとしてしまえばいいんです。

 

例えば女性が
「また今度一緒に遊びに行きましょう!」
と言ったとします。

そうしたら、
「いつがいい?」
と聞いてみます。

その時に、
「今はちょっとわからない!」
と言ったら、先ほどの「遊びに行こう!」というのが社交辞令だとわかりますよね。

 

「いつも土日が仕事休みだよね。来週の土曜日と日曜日だとどちらがいい?」
と聞くと、女性は土曜か日曜のどちらかを選んでくれる可能性が高くなるんですが、それでも、
「今はわからない!」
などと答えたら、社交辞令です。

これが、
「今度の土日は友達と旅行に行くから、その次の土日ならいいよ!」
と答えてくれたら、社交辞令ではないですよね。

 

女性は社交辞令を言ったのに、そんなことを気にせずデートの約束をしようとすると、
「社交辞令も分からないなんて、鈍感だなぁ!」
と思うかもしれません。

ただし、1回デートして女性に「二度とデートしたくない!」と思われたら、次のデートをするのはかなり難しくなります。

ですから、多少女性に嫌われる恐れのあることを言っても問題はないでしょう。

本当は社交辞令ではないのに、社交辞令だと判断してしまう方が致命傷です。

社交辞令かどうか確認するためにも、次のデートの日時を決めるべきです。

 

これは、デート後のメールなどのやり取りでも同じです。

例えばデート後に、
「楽しかったです!また誘ってください!」
とメールが送られてきたら、
「いつがいい?」
とメールを送ってみましょう。

「今はわからない」と返信が来たら、社交辞令です。

 

デートで女性に社交辞令を言われたときの対処法

 

デートで女性が社交辞令を言う主な原因は以下の通りです。

 

 身だしなみ

清潔感のない見出しなみだと、女性は「二度とデートしたくない」と思うでしょう。

清潔感のある身だしなみだったのかチェックしなおす必要があります。

 

 デートプラン

女性が行きたくないようなところで連れて行ってしまった場合、女性は二度とデートしたくないと思うでしょう。

デートで無難なのが食事です。

それ以外は女性の好き嫌いがありますので、女性に嫌われる可能性が出てきます。

女性の食事の好みを聞きだし、それに合ったお店で食事をするといいですよ。

もし、女性の料理の好みがわからなければ、居酒屋が無難です。

女性がお酒を飲めなくても十分に満足してもらうことができます。

 

 食事マナー

女性とのデートで遊園地などに行ったとしても、食事を一緒にすることが多いと思います。

その時に、食事のマナーが悪いと、女性に嫌われます。

食事のマナーは地域や家庭によって若干の違いがありますが、基本的なマナーさえ身に付けておけば、女性に気われる可能性はかなり小さくなりますよ。

 

 店員さんなどに対する態度

店員さんなどにエラそうな態度をすると、嫌われます。

店員さんが頭にくるようなことをしても、怒ったりしないようにするべきです。

例えば、食事をしに行ったときに店員さんが箸を持ってくるのを忘れていたら、「すみません、箸を持ってきてもらえますか?」と、丁寧に言うべきです。

そして、箸を持ってきてくれたら「ありがとう!」と言ったほうがいいです。

店員さんが深くお詫びを言ったら、笑顔で「大丈夫ですよ!」と言うといいです。

たとえ、店員さんのミスだとしても、それくらい丁寧のほうが女性受けはいいですよ。

ましてや、店員さんがミスをしていないのに、エラそうな態度をするのは問題外です。

 

 デート中の会話

デート中の会話で女性がつまらない思いをしたら、二度とデートはしてくれないでしょう。

女性が会話をしていて楽しいと思えるかどうかは会話量がものすごく重要になります。

最低でも、女性の会話量のほうが多くなるようにするべきです。

聞き上手になることが非常に大切ですよ。

 

それで、女性にデートで社交辞令を言われたら、まずは上の5つを確認してください。

それで、思い当たることがあったら、次回から改善するようにしましょう。

 

そして、社交辞令を言った女性を再びデートに誘うにはどうしたらいいのか、ということですね。

 

女性は、デートでは男性として魅力があるのか、付き合うにふさわしいのかを観察しています。

そのうえで、社交辞令を言われる(二度とデートをしたくないと思われる)、という事は、付き合うのにふさわしくない、という判断をされた、ということです。

デート前はその判断がまだできていない、という状態です。

初デートは、女性は話が合えばOKしてくくれることが多いです。

デートプランや誘い方にもよるところはありますし、女性によっても違ってくるので一概にいう事はできません。

ただ、女性が「話が合わないからつまらない思いをするだろう」と思っていない男性となら、初デートならOKしてくれることが多いです。

つまり、初デート前は、友達としてならいいけど、恋愛関係に発展させていいものなのか判断できていないわけです。

しかし、デートで社交辞令を言われた、という事は、恋愛関係に発展させるべきではない、と女性が判断した、ということです。

そこから復活させるのはかなり厳しい、という事が想像できるでしょうか?

 

女性は断られても、諦めずに誘い続けるくらい自分のことを好きなのか試すことがあります。

ですから、社交辞令を言われてもメールなどのやり取りを続け、タイミングを見計らってまた次にデートに誘ってみる事も重要です。

ただし、2~3回デートに誘ってみて、それでもダメなら次のデートに誘うのはかなり厳しいです。

 

ですから、デートで社交辞令を言ってきた女性は、その後2~3回デートに誘ってみて、だめならあきらめて、次を探したほうが効率が良いです。

しかし、そんなに簡単にあきらめることができないこともあると思います。

そういう時は、友達と一緒に複数で食事をしたほうがいいです。

デートで社交辞令を言った女性と2人で会うのはかなり厳しいです(試す気持ちで言った場合を除く)。

デートの後にどれだけ素晴らしいメールを送ろうとも、どれだけ素晴らしい接し方をしたとしても、一度「恋愛関係に発展させるべきではない!」という烙印を押されてしまったら、2人で会うのは厳しいです。

ですから、、一度他の人を交えて食事などをしたほうがいいです。

そして、デート中にしてしまった失敗はもうしない、という事を見せればいいんです。

食事のマナーが悪かったのであれば、今度は食事のマナーが正しくなっているところを見せればいいんです。

女性に話をさせることができなくて、こちらが一方的に話をしてしまったら、今度は女性に話をさせるようにすればいいんです。

そうすれば、「恋愛関係に発展させるべきでない、という判断は間違いだったかも?」と思って、再びデートしてくれる可能性が高くなりますよ。

 

デートした女性とほかの友達と複数で食事をするのが難しいのであれば、メールで駆け引きをしながらもう一度振り向かせるしか方法はないと思います。

しばらくは毎日メールを送って、突然メールを送らなくなる、というのを繰り返すと、女性が振り向いてくれる可能性があるのではないか、と思います。

ただし、一度デートをしたのに次のデートに誘う事をできない女性を振り向かせたことは、僕はないですし、他にもそういう事ができた人を僕は知りませんので、かなり厳しいとは思いますけどね。

あきらめがつくまで全力を尽くしてみましょう、ということですね。

 

女性を口説き落とすには、デート中、あるいはデート後に社交辞令を言われないようにすることがかなり大切です。

女性を満足させるデートの会話については別のページで紹介しましたので、興味のある方はそちらをご覧ください。

 「付き合う前の女性とデート中の会話~沈黙して気まずい雰囲気を避けるには?」へ

付き合う前の女性とのデート回数~告白するのは何回目のデート?

付き合う前 デート回数 告白 タイミング について

 

「付き合う前の女性と何回目のデートで告白するのがいいんだろう?」
と、あなたは悩んだことはありませんか?

1回目のデートで告白するのは早いだろうし、だからといって5回も10回もデートしてから告白したら遅すぎるような気もするし…

なんて、悩むことがあると思います。

 

そこで、ここでは付き合う前の女性とのデートの回数と告白するタイミングについて紹介します。

PAK86_kabedonoriginal15182518_TP_V

 

付き合う前の女性とのデート回数と告白するタイミング

 

付き合う前の女性とのデートの回数には基準があります。

それは3回です。

 

単純に考えれば、1回目のデートで女性を惚れさせることができたら、そのタイミングで告白してもいいのでは、と思いますよね。

しかし女性は、1回目のデートで告白された時にOKしたら、軽い女と思われるのではないか、と考えます。

軽い女と思われたくない、と思っている女性は多いです。

それで、1回目や2回目のデートで男性に惚れたとしても、告白したら断る、と決めている女性は少なくありません。

「付き合う前の女性と3回デートしてから告白する!」というのが、ある種の常識みたいになっていますから、3回目のデートで告白されたらOKする、と決めている女性もいます。

ですから、付き合う前の女性とのデートの回数の基準は3回、という事になります。

 

もし、3回デートしても女性が付き合うのにふさわしくない、と思ったらOKしてくれません。

そんな時にはデートの回数を増やせばいいのでは、なんて考えてしまいますよね。

しかし、実際にはデートの回数が多くなるほど女性の気持ちが離れてしまう傾向が強いです。

特に恋愛経験の少ない人だと、デートの回数が多くなるほど女性の気持ちが離れていきます。

 

恋愛経験が豊富で今までに数多くの女性を口説き落としてきた人なら、デートの回数が多くなればなるほど落とせる確率が高くなるでしょう。

しかしそういう人は早い段階で女性を落とすことができるでしょうから、付き合う前にデートの回数が多くならないはずです。

 

いずれにしてもデートの回数が多くなればなるほど女性が落ちなくなる、という事ができます。

その理由は別のページで紹介しましたのでそちらをご覧ください。

参考記事:「付き合う前の女性とのデートの回数が多いほど落としやすくなる?」へ

 

それで、付き合う前のデートの回数は3回という基準はありますが、付き合う前の女性と3回デートできるのか、という問題があります。

恋愛経験が少ないと、付き合う前の女性と3回デートできる可能性は低いです。

それは、女性はデート中に付き合うのにふさわしいのかを観察します。

そういう目で男性を見てしまうと、どうしても重箱の隅をつつくようなことをしてしまいたくなります。

という事は、女性に欠点を見られてしまう可能性が高くなります。

そうなると、女性は付き合うのにふさわしくない、と判断してしまうので、その男性とデートしなくなります。

ですから、付き合う前の女性と3回デートできる可能性は低いんです。

 

女性を口説き落とすには、できれば1回目のデートで、遅くても2回目のデートで落としたほうが、うまくいく可能性は高くなります。

ただし、3回デートしないと絶対に落とされない、と決めている女性は1回目や2回目のデートで落すのは難しいです。

そうでない限り、1回目や2回目のデートで落したほうがいいです。

 

ただし、1回目や2回目のデートで告白すると失敗すると断られる可能性が高くなります。

そうではなくて、流れでホテル(や自宅)に連れ込み、Hしてしまえば、女性は付き合ってくれます。

女性は、Hした男性の欠点を見なくなり、いいところだけを見るようになりますので、惚れてくれるんです。

ですから、なるべく早い段階でHしたほうがいいですよ。

 

デートで女性を惚れさせ、ホテルなどに連れ込む方法は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「デート中に女性をホテルに誘う方法・会話術 初デートでホテルへ!」へ

付き合う前の女性と手をつなぐのを拒否!その理由と対処法!

付き合う前 手をつなぐ 拒否 について

 

「付き合う前の女性と手をつないだら拒否されてしまった…!?」
と、あなたは落ち込んだことはありませんか?

付き合う前の女性とのデートで、そろそろいいかな?と思って手をつないだら拒否されるとショックで落ち込んでしまいますよね。

しかし、手をつないだら拒否されてしまった人って多いですよね。

そうなったら、なんだか気まずくなってしまって、次のデートにつなげることができず、結局口説き落とすことができない、なんていう事になってしまいますよね。

 

ただし、タイミングよく手をつなぐことができたら、女性との距離をグッと縮めることができるので、口説き落としやすくなります。

ですから、手をつなぐタイミングをきちんと見計らうことができるようになると、狙った女性を口説き落とすことのできる確率がかなり高まります。

 

そこで、ここでは付き合う前の女性が手をつなぐことを拒否する理由と拒否されたときの対処法、そして、手をつなぐにはどうしたらいいのか、紹介します。

a0001_015161

 

女性が付き合う前の男性と手をつなぐ心理

 

まずは、女性が付き合う前の男性と手をつなぐのを拒否する心理、許す心理について紹介します。

 

女性が付き合う前の男性と手をつなぐのを許す時は、友達関係から一歩抜け出し、恋人関係に近づくことを許した時です。

友達関係の男性と手をつなぐのを許す女性はあまりいないです。

ただ、恋人関係になっていない段階でも手をつなぐことを許す女性は多いです。

ですから、友達以上恋人未満だと、女性は手をつなぐことを許してくれることが多いです。

 

女性同士で手をつないでいるところを見かけると思いますが、女性は仲の良い女友達となら平気で手をつなぐ人が多いです。

ただし、それが男友達だと女性は、
「変な誤解をされたらどうしよう?」
「手をつないでいるところを他の人が見たら、付き合っているように思うのかなぁ?」
と考えてしまうので、男友達とは手をつなぐことを許さないことが多いです。

 

ただ、女性が友達関係から一歩抜け出してもいい、と思ったら、手をつないでも拒否されなくなります。

 

ただし、酔っぱらっている時は例外です。

女性は酔っぱらった時に人肌が寂しくなって、誰でもいいから手をつなぎたい、と思う事もありますし、酔った勢いで嫌いな人とでも手をつなぐことがあります。

 

また、その場の流れで手をつなぐことを拒否しないこともあります。

ロマンティックな雰囲気だったので、男性が手をつないできたときにそのまま受け入れてしまった、という事もあります。

女性との関係が縮まっていないのに、その場の雰囲気や流れで手をつなぐことができると、その女性を口説き落とすことのできる可能性をかなり高くできますし、また早く口説き落とすことができるようにもなります。

 

ただ、そのようにするのはやや難しいので、まずは手をつなぎやすい雰囲気や流れを作っていきながらも女性に友達関係から一歩抜け出してもいいかな、と思わせることも大切ですよ。

 

付き合う前の女性が手をつなぐのを拒否する理由

 

付き合う前の女性が手をつなぐのを拒否する理由は、友達関係から一歩抜け出してもいい、と思っていないからですね。

女性がそのように思う最大の理由は、男女の違いにあります。

 

男性は、イイ女を見かけたらその瞬間に「Hしたい!」なんて思いますよね。

つまり、一瞬で恋心を持つ傾向が強いです。

それに対して女性は徐々に恋心を持つ傾向が強いです。

女性が男性に対して一目惚れすることは珍しいと言われています。

直感で「この人と結婚するだろうなぁ!」と思う事はありますが、それは恋心とは違います。

「好き!」という気持ちではなくて「結婚するのでは?」と予測をしているだけです。

予測することに対しては恋愛感情はありませんので、その段階では惚れたことにはならないです。

「結婚するんだろうなぁ!」と予測すると、徐々に恋愛対象として、あるいは結婚対象として意識するようになるので、恋心が芽生えてしまうんです。

これも徐々に恋心が芽生えます。

 

つまり、男性は恋心を持った(気になっている)女性をデートに誘いますよね。

そして、少しでも早く口説き落としたいと思いますよね。

だから、早く手をつなぎたい、という気持ちになってしまいます。

しかし、女性は男性との距離をゆっくり縮めていきます。

という事は、男性が「手をつなぎたい!」と思っているときに、女性は「友達関係から一歩踏み出してもいいのか、もう少し様子を見たい!」と思っているんです。

この気持ちの違いが男性から手をつなごうとしても女性は拒否してしまう最大の理由になります

 

つまり、手をつなぐのはまだ早い、と女性は思っているから拒否するわけですね。

それで、女性が手をつなぐのを拒否したときは、
「ごめん、まだ早かったね!」
と謝るだけで大丈夫です。

まだ早いのに手をつないできたからといって、それだけで嫌われることは少ないです。

「ごめん!まだ早かったね!」と謝れば、女性は「私の気持ちを分かってくれているんだ」と思ってくれるでしょうし、謝れば誠意を伝えることにもなりますので、それで水に流してくれることが多いです。

 

そのあと、気まずい雰囲気になりますけど、30秒から1分くらい沈黙した後に、全く違う話をするといいです。

そうすれば、気まずい雰囲気ではなくなります。

後はデートを重ねて少しずつ距離を縮めていくようにすればいいですよ。

 

手をつないで拒否された時、次のデートにつながらない時があります。

それは、手をつなぐ前から問題があったのか、あるいは拒否された後に問題があったのかのどちらかが多いです。

手をつなごうとしたことだけで、次のデートにつながらないことはあまりありません。

 

身だしなみに問題があったり、あるいは会話していてつまらないと思ったり、付き合う価値がないと思ったりしたら、手をつなごうとしなくても次のデートにつながりません。

この場合、当然手をつなぐのを拒否されますけどね。

また、手をつなぐのを拒否された時に、「ウブだなぁ!」という態度をしたり、このタイミングで手をつなぐのを拒否するのはおかしい、という態度を示したりしたら、女性に嫌われるので、次のデートにつながりません。

女性が、
「食事しただけで手をつないできたけど、どれだけ自信過剰なの!」
と言っているのを時々耳にします。

つまり、「俺に惚れて当然だ!」と思っているような自信過剰な男性だと女性が思うから、嫌いになるのです。

しかし、きちんと謝れば、女性はそのようには思わないです。

逆に「ちょっと不器用なのかなぁ?」くらいに思ってくれます。

不器用なのは女性から恋愛対象と見られなくなる原因になりますが、それほど大きな原因にはなりませんし、自信過剰だと思われるよりもよっぽどましです。

ですから、手をつないで拒否された時は、きちんと謝れば、大きな汚点にはならないです。

それだけで次のデートにつながらない、あるいは口説き落とすことができなくなった、という事はまずありませんよ。

 

手をつなごうとして、女性はより恋愛対象として強く意識したので、付き合う価値があるのかより真剣に考えた結果、その価値はないからもうデートするのをやめよう、と考えることはありえますけどね。

ただ、女性は男性と2人でデートする時点で、女性はある程度は恋愛を意識します(付き合う価値があるかを見てもいいと思う)から、この可能性も低いですよ。

 

付き合う前の女性とのデートで手をつなぐには?

 

付き合う前の女性とデートで手をつなぐには、女性に「友達関係から一歩抜け出してもいいかな?」と思ってもらう必要があります。

そう思ってもらうには、徐々に女性との距離を縮めていく必要があります。

一気に距離を縮めようとすると、女性は逃げて行ってしまいますので、徐々に距離を縮めることが大切です。

 

女性が手をつなぎやすい流れや雰囲気を作ることも大切ですが、それ以上に女性と距離を縮める方が大切です。

 

付き合う前の女性と距離を縮め、手をつなぐ具体的な方法・会話術は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「付き合う前の女性とデート中の会話~沈黙して気まずい雰囲気を避けるには?」へ

 「初デートで女性と手をつなぐ方法~付き合う前に手をつなぐ会話術」へ

付き合う前の女性との初デートはどこまでできる?

付き合う前 初デート どこまで について

 

「付き合う前の女性との初デートでどこまでがOKなんだろう?」
と、あなたは悩んだことがありませんか?

手をつなぐところまではOKなのか、それとも会話するだけにとどめておいたほうがいいのか、そのように悩むことってありませんか?

 

初デートでいきなりキスしたら、女性が「まだ早い!」と思って拒否されるかもしれないですよね。

そして、運が悪いと女性に嫌われて2度とデートできなくなる恐れがありますよね。

 

それで、「初デートではどこまでがOKなんだろう?」と悩む人って多いですよね。

 

そこで、ここでは付き合う前の女性との初デートでどこまでがOKなのか、紹介していきます。

a0001_015042

 

女性は初デートでどこまで許すことができると思っているか?

 

初デートでどこまで許すことができるのか、という女性に対するアンケート調査の結果が公表されています。

それによると、

・会話だけ…45%
・手をつなぐ…25%
・キスをする…15%
・H…10%
・その他(ハグ、胸などへのボディタッチetc)…5%

という結果になったそうです。

ただし、デート相手による、という事もあると思いますよ。

「キスまでは許せる!」と思っている女性でも、デート中に男性のことを軽蔑してしまったらキスは許さないと思います。

 

この結果を見て、「初デートは会話だけにとどめておいたほうが無難だ!」と思うかもしれません。

確かに半分近くの女性が「会話だけ!」と思っているようですから、そのほうが無難でしょう。

しかし、本当に会話だけにしてしまったら、2回目のデートにつながらない可能性が実は高くなります。

女性と早めに距離を縮めていかないと、女性は男性の欠点を見つけようとしてしまい、嫌いになってしまう可能性が高くなるんです。

ですから、女性を落とすには、初デートで少しでも関係を深くしておいたほうがいいんです。

 

「でも、女性の意に反して関係を深くしようと思ったら、逆に嫌われるのではないの?」
なんて、あなたは思いませんでしたか?

確かに女性の意に反する行為をしようとすると、女性に嫌われる原因になります。

しかし上のアンケート結果は、デートをする前に考えていることです。

 

女性に限らず男性もそうですが、何かをする前としている時には考えが変わるものです。

例えば、買い物に行く前に、
「無駄使いをしないように、ズボンを1本だけ買うようにしよう!」
と決めたとします。

でも、買い物の最中に、あれもこれも欲しくなって、結局ズボンのほかにもシャツや上着などいろいろ買ってしまった、なんていう経験は多くの人がしたことがあると思います。

そして、そういうことは、男性よりも女性のほうが起こりやすいです。

 

初デートも場合もそうです。

デート前に「会話だけにしておこう」と決めたとしても、デート中にキスを許してしまった、なんてことは当たり前のようにあります。

なかには固く決意をして、絶対に「会話しかしない」と決め、それ以上は絶対に許さない女性はいます。

ただ、初デートでどこまで許していいのか、固く決めている女性は少ないですから、デート中の男性の言動次第ではより深い関係になることができる、という事を理解しておいたほうがいいです。

 

あと、男性もそうですが、それ以上に女性はその場の雰囲気に流されやすい、という事も理解しておいたほうがいいですよ。

 

付き合う前の女性とどこまでいったほうがいいか?

 

「初デートでは、女性とは会話だけにしておいたほうがいい!」
「せめて手をつなぐまでにとどめておいたほうがいい!」
と思っている人が多いのではないでしょうか?

しかし、そうすると2回目のデートの確率が低くなります。

特に手をつないでしまうと、より強く恋愛対象としてふさわしいのか女性は判断しようとします。

そのように女性が思ったら、重箱の隅をつつくようなことをしますので、恋愛対象から外れてしまう可能性が高くなるのです。

 

ある恋愛マニュアルに、
「初デートでは、キスまでするべきだ!」
と書かれていました。

これには一理あります。

女性はキスした男性に対して、恋愛感情を抱きやすいんです。

男性もそうですが、女性はそれ以上に恋愛感情を抱きやすくなります。

 

僕が中学生の時に、女子が男子と階段ですれ違った時にキスしてしまって、その男子のことを好きになってしまった、なんていうことがありました。

今まで恋愛対象として見ていなかった男子のことを、階段で偶然キスしただけで恋心を抱いてしまったんです。

しかし、結局はその女子は片思いで終わってしまったんですけどね。

 

このことからわかるように、恋愛感情を持っていなかった男性に対して、キスをしただけで恋愛感情を抱くようになることがあるんです。

それくらい、女性はキスした男性に対して恋愛感情を抱きやすくなるんです。

そうなると、重箱をつつくようなことをしなくなります。

「アバタもエクボ」という言葉がある通り、恋愛感情を抱いた男性に対しては欠点ですら長所と捉えるようになるのです。

ですから、初デートでキスまでしたほうが落としやすくなります。

 

しかし、キスできたのにHできない、という事は普通は考えられないです。

キスできたら、その流れでHに持ち込むことができます。

女性が生理だったり、あるいはどうしてもお泊りできない事情がある場合は、キスできてもHできない、なんていう事はあります。

そういったことを除けば、キスしたことで女性はHしてもいい、という気持ちになっていることが多いです。

ですから、キスができたら、高い確率でその流れでHすることはできます。

 

ですから、付き合う前の女性との初デートではHすることを目指したほうがいいです。

 

ただし、そんなに毎回付き合う前の女性との初デートでHすることができるのか、といえば、世の中そんなに甘くはない、というのが実際のところです。

僕の場合、初デートでHできている確率がだいたい50%くらいです。

この数字は出会い系サイトで出会った女性を除いています。

出会い系サイトで出会う女性は軽めですし、メールである程度距離を縮めていますので、初対面でHできる確率が高くなります。

あと、合コンなどでお持ち帰りをした場合、2人きりでデートしたことにもならないとおもいますので、この場合ものぞきます。

そういった場合を除いても、初デートで女性とHできている確率は50%くらいです。

 

女性が生理の場合や、翌日仕事だからお泊りできない、という事も少なくないですが、初デートでHをすることに対して抵抗を感じている女性も決して少なくはないので、初デートでHできない確率が50%くらいになってしまっています。

初デートでHできない場合はキスもできないことが多いです。

ちなみに、僕は女性との初デートで70%~80%くらいの確率でキスすることができています。

ですから、初デートでHできない場合は、仕方のない理由がある場合と女性がHに抵抗がある場合が半々ですよね。

 

それで、付き合う前の女性とは基本的にはHまでOKだけど、仕方のない事情がある場合でもせめてキスはしたほうがいい、と考えておいたほうがいいでしょう。

 

付き合う前の女性との初デートでHする方法や、失敗したとしても次のデートにつなぐ対処法などは、別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「デート中に女性をホテルに誘う方法・会話術 初デートでホテルへ!」へ

付き合う前の女性とのデートの頻度~多すぎず少なすぎず適度な頻度は?

付き合う前 デート 頻度 について

 

「付き合う前の女性と1回デートしたけど、次はいつくらいに誘ったらいいんだろう?」
と、あなたは悩んだことがありませんか?

付き合う前にあまりにも頻繁にデートに誘ってしまうと女性が嫌がるかなぁ?とか、逆にあまりにも間隔が開いてしまうと女性に嫌われるんじゃないかなぁ?とか、いろいろ考えてしまいますよね。

 

そこで、ここでは付き合う前の女性とのデートの頻度について紹介します。

a0001_015042

 

付き合う前の女性とのデートの頻度

 

まずは結論から、付き合う前の女性とのデートの頻度は、1週間おきを目途に考えるといいです。

 

女性は付き合う前のデートで、実際に付き合ったらどれくらいの頻度でデートしてくれるのかを見ています。

あまりにも頻繁にデートしてしまうと、女性は、
「付き合ってから、ひょっとして拘束されるかもしれないなぁ?」
なんて思ってしまう恐れがあります。

そう思われたら女性は付き合ってくれないです。

 

逆に、あまりにも間隔があいてしまうと、女性は、
「付き合ってもあまりかまってくれないかもしれないなぁ?」
なんて思ってしまう恐れがあります。

そう思われても女性と付き合う事ができないですよね。

 

ですからデートの頻度は、あまりにも間隔が空きすぎても、逆にあまりにも間隔がなさ過ぎてもダメなんです。

 

それで、多くのカップルは休みの日は大体デートしていますよね。

サービス業など一部を除いて土日か日がお休みになる人が多いですよね。

ですから、毎週末にデートする事を目安にするといいですよ。

 

ただし、これはあくまでも目安です。

デートをしてほしい頻度は女性によって違います。

毎日デートしたいと思う女性もいれば、月に1回か2回でいい、なんて思っている女性もいます。

 

それで、まずは女性の要望を聞くようにするといいです。

でも、要望を聞くといっても、
「デートの頻度はどれくらいがいいと思う?」
なんて聞いても、答えてくれない可能性が高くなります。

 

それで、一番聞きやすい方法は、前の彼氏とどれくらいの頻度でデートをしたのかを聞くことです。

お互いのことが分かってきて、恋話ができるようになったら、前の彼氏とどのようなデートをしていたのか、そしてどれくらいの頻度でデートしていたのかを聞きます。

そして、その頻度に不満を持っていなかったのかを聞きます。

ストレートに
「それだけの頻度で満足していた!」
なんて聞いたらいけないですよ。

そうではなくて、
「だいたいそれくらいの頻度でデートする人が多いよね!」
と言ってみます。

そうすると、何らかの反応を示すことが多いです。

1週間間隔という目安があるせいなのか、それよりも多いと、
「少しは一人で過ごす時間も欲しかった!」
という感じでデートの回数が少ないほうが良かった、という傾向があります。

逆に1週間に1回もデートできなかった人は、
「私はもっとデートしたかったな!」
と、デートの頻度をもう少し多くしてほしかった、という傾向があります。

そういう感じで女性がどれくらいの頻度でデートをしたいと思っているのかを聞き出して、まずはその通りにしていくといいですよ。

 

前の彼氏とデートの頻度を同じにすると、女性が付き合っているような錯覚を持つから落ちやすくなる、という説があります。

確かに前の彼氏と同じことをすると、付き合っているかのような錯覚を持たせることができるので、落としやすくなります。

しかし、デートの頻度まで同じにする必要はないかな、と思いますよ。

 

さて、付き合う前の女性とは3回デートするといい、なんてことが言われていますよね。

しかし、女性はなるべく早く落としたほうがいいです。

できれば1回目のデートで、それがダメでもせめて2回目のデートで落したほうがいいです。

付き合う前の女性とのデートの回数については別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

 「付き合う前の女性とのデートの回数が多いほど落としやすくなる?」へ

 


 

main_ttl3