体の良い断り文句かどうか見分ける方法~女性がデートを断る本音!

 

意中の女性をデートに誘って断られた場合、何か理由をつけることが多いと思います。

「体調が悪いから…」
「最近、仕事が忙しいから…」
「週末は習い事してるから…」
などなど、本当にいろいろありますよね。

ただ、女性はデートの誘いに対して
「あなたとデートするのはイヤだ!」
と、断る人はあまりいないですよね(たまにはいますが…)。

ですから、何らかの理由をつけて体よく断りますよね。

 

ただ、本当に用事があってデートを断ることもあるはずです。

本当は女性はデートしたかったけど、どうしても外せない用事ができたために、断ることもあるかもしれません。

 

そこで、ここではデートに誘った女性から断られた時に、それが体の良い断りなのかどうか判断する方法を紹介します。

 

体の良い断りかどうかを見分ける方法~女性をデートに誘った時の対処法

 

まずは、基本的なことから紹介します。

女性をデートに誘って断られた時に、その場で別の日にデートする約束ができなかったら、体の良いお断りだと思っていいです。

 

女性がデートしたいと思ったら、「明日はダメだけど、来週は大丈夫だよ!」など、女性がデートできる日を言ってくれることが多いです。

女性がデートしてもいいかな、と思ったら(デートするのが嫌だと思わなかったら)、女性が断った後に「いつなら大丈夫?」と聞くと、都合の良い日を教えてくれることが多いです。

「いつなら大丈夫?」と聞いたときに、「今はよく分からない」と言われたら、体の良い断りであることが多いです。

 

これが基本中の基本です。

 

ただし、例外があります。

女性が気になっている男性からデートに誘われても、思わず断ってしまうこともあるんです。

詳しい話をすると長くなるので省略しますが、ここでは気になっている男性からデートに誘った時に思わず断ってしまうことがある、ということだけを理解してもらえればいいです。

 

また、デートに誘ってきた男性がどれだけ自分に対して思いを寄せているか試すためにわざと断ることもあるんです。

つまり、一度の断りだけで諦める人は思いが弱く、一度や二度断っても再びデートに誘ってくるなら思いが強い、と女性は判断するわけですね。

それを試すために、本当はデートしたいにの一度断ることがあるんです。

 

これらのように、例外はあるんですが、基本的に別の日にデートする約束ができなかったら、体の良い断りですよ。

 

女性をデートに誘って体の良い断りをされた時の対処法

 

女性をデートに誘って断られた時、試しているのか、思わず断ってしまったのか、本当に体の良い断りなのか、区別ができないと思います。

ですから、諦めずに何度か誘ってみるといいですよ。

ただし、体の良い断りをしているのにデートに誘い続けたら、関係が悪化してしまいます。

合コンなどで知り合った女性で連絡方法がLINEなどしかない場合は、ブロックされるでしょう。

職場などが同じ女性なら、気まずくなって普通に会話することができなくなるでしょう。

友達として仲良く話ができていたのに、デートに何回か誘っていたら無視されるようになった、なんてこともありますしね。

 

女性との関係を悪化させたくないのであれば、何度も誘わないほうがいいです。

実際のところ、デートの誘い方に問題がなければ、デートしたいと思っていたのに思わず断ってしまうということは、まずありません。

また、最近は女性が試すことは少なくなったように思います。

草食男子が増えて、女性が肉食化しているせいなのでしょうか、女性が試すことは少なくなっている感じがします。

ですから、女性をデートに誘って断られ、別の日にデートの約束ができない場合は、体の良い断りだと思って対処しても大丈夫です。

 

女性がデートの誘いを体よく断るのは、それまでに問題があったからです。

女性の大半は、2人でいるのがイヤだと思わなければ、デートしてもいいかなと思ってくれます。

「一緒にいても沈黙して気まずい思いをしそう!?」
「清潔感がないから、一緒にいたら不快感を感じそう!?」
「変なことされそう!?」
などと思われたら、女性はデートの誘いを断ります。

そうでもない限りは、デートの誘いにOKしてくれることが多いです。

ということは、デートに誘って断れたということは、女性は2人でいるのがイヤだと思っている、ということになりますよね。

今までの会話やLINEなどでのやり取りでそう思わせてしまっているので、振り返ってみてどこに問題があるのかを見つける必要があります

そして、そこを改善していく必要がありますよ。

これは正直難しいんですが、それができないといつまでたっても女性をデートに誘うことができないですよ。

 

ちなみに、気が付かないうちにしてしまう失敗で多いことが2つあって、恋愛話をした場合と、一方的に話をしている場合です。

 

恋愛話は内容によっては下ネタを連想してしまいます。

女性が下ネタを連想してしまったら「変なことされそう」と思ってしまいますので、デートに誘っても断られる可能性が高いです。

話は盛り上がっているように思ってしまいがちですが、実は女性は本心では引いていることがありますよ。

 

あと、女性は男性に比べると聞き上手な傾向がありますので、ついつい一方的に話してしまうことがあります。

それで、一方的に話ができると、なんだか話が盛り上がったかのように錯覚してしまいがちです。

また、相槌が上手な女性は多いので、それが余計に話が盛り上がっているように錯覚してしまうんです。

しかし、一方的に話をされたら、かなり退屈ですし嫌になってしまいます。

女性にそう思われたら、デートに誘っても断られますよ。

 

女性に嫌われる会話について、別のページで紹介しました。

参考にしてください。

 女性に嫌われる会話~女性に好かれると思っていた会話が実は…

 

女性を食事に誘うときは場所も大切!?~女性に断られた意外な理由とは?

女性 食事に誘う 場所 大切 について

 

僕は先日、合コンで仲良くなった女性とLINEでやり取りをしていました。

僕はいつも合コンの時に女性と2人で食事にいく約束をしているんですが、この時は食事に誘ってもはぐらかされてしまったんです。

それで、LINEをしていたんですが、3回食事に誘っても、
「最近、忙しくてなかなか時間を作ることができなくて…」
と、断られていたんです。

その女性とはかなり仲良くなったつもりでいました。

そして、女性の食事の好みも聞いていました。

その好みに合ったお店に誘っていたんです。

それにもかかわらず断られていたんです。

a0002_010304

 

3回も断られたら、他の女性を狙ったほうが効率が良い、と思って諦めようとしていました。

その女性は、かなりの美人ですし、スタイルもそこそこなんです。

惜しいんですが、探せばまた見つかるレベルの女性だったので、諦めようとしました。

それで、僕がその女性にLINEを送るのをやめたんです。

そうしたら、かなり意外だったんですが、今度は女性の方から食事に誘ってきたんです。

 

これは、僕がLINEを送らなくなったから、女性が振り向いていたわけではありません。

食事に誘わせるきっかけにはなったと思います。

ただ、この場合はあくまできっかけであって、LINEを送らなくなったことでその気になったわけではなく、その前からその気にはなっていたんです。

 

ではなぜその女性が、僕の誘いを断っていたのでしょうか?

それは、誘ったお店の場所に問題があったんです。

 

女性を食事に誘うのに場所も大切!?

 

僕は、その女性を東京都内の店ばかりに誘っていました。

合コンの時と合わせて4回食事に誘ったんですが、4回とも都内でした。

しかし、その女性が僕を誘ってきたのは、なんと、都内から電車で30分ほどかかる郊外のお店だったんです。

僕は、LINEで郊外のお店に誘われた時に、
「きっと、知っている人に僕と一緒にいるところを見られたくないんだろうなぁ!」
と思いました。

 

それで、その女性と食事をした時にそれとなく聞いたんですが、彼女は
「都内だと会社の人に見られそうで…
会社の人には男の人といるところをあまり見られたくないから!」
と言っていました。

僕はこの言葉を真に受けたわけではありません。

彼氏に見られたくない、というのが本音だったのかもしれません。

それとも、40代のオジサン(僕のこと)と2人で一緒にいるところを知り合いに見られたくなかったのかもしれません。

この時は、ひょっとして結婚しているのかな、なんて疑ったりもしたんですが、どうやらそれはないようですね。

 

ただ、わざわざ郊外で、しかもその女性の家からもちょっと距離のあるところで食事をしようと誘ってきたわけですから、僕と一緒にいるところを誰かに見られたくはないと思ったのは確かだと思います。

 

出会い系サイトで知り合った女性となら、こんなことは当たり前のようにあります。

しかし、合コンで知り合った女性と、こんなことは今までありませんでした。

僕の年齢を考えると、ひょっとして今後はこんなことが増えるかもしれませんね。

 

ですから、女性と話が盛り上がっているのにも関わらず食事に誘っても断られる場合は、場所に問題があるかもしれない、という事を頭に入れておかないといけませんね。

 

参考記事:女性をメールでデートに誘う方法~断られない誘い方とは?

女性がデートの約束をドタキャン!これって脈なし?

女性 デート ドタキャン 脈なし について

 

「デートの約束をした女性が当日になってドタキャンしてきたけど、これって脈なしかなぁ?」
と、あなたは悩んでいませんか?

女性がデートの約束をドタキャンする場合、いろいろな用事を言いますよね。

「急に用事ができた!」「急に体調が悪くなった!」という感じですね。

このようにデートをドタキャンされた場合、本当にデートできなくなったのかなぁ?なんて疑問に思ってしまいますよね。

本当は用事ができたわけではないのに、デートしたくないから適当な用事を作った、なんていう事も十分に考えられますよね。

 

そこで、女性がデートの約束をドタキャンした場合は、脈なしなのかを紹介します。

 

女性がデートの約束をドタキャンするのは脈なし?

 

女性がデートの約束をドタキャンしてきた場合、すぐに次のデートの約束をしてみます。

 

「急に用事ができた!」
と断ってきたら、
「じゃあ、来週(明日、3日後etc)にしようか。」
などと、普通に言ってみます。

「急に体調が悪くなって!」
と言ってきた場合も同じです。

「じゃあ、来週体調が回復してたら一緒に行こうか!」
などと普通に言ってみます。

 

その時に、デートの日程をずらすことができた(デートの約束をすることができた)場合は、脈ありと考えてもいいでしょう。

逆に、
「今のところは何とも言えない!」
などと言って、デートの約束をすることができなかった場合は、脈なしと考えていいでしょう。

 

本当に用事ができたり、体調を崩したりしたら、デートの約束はできるはずです。

友達とどこかに行く約束をしていた場合、急に用事ができたり体調を崩したりしたら、普通に日程をずらしますよね。

脈ありであれば、それと同じことができます。

 

なのに、デートの約束をすることができないという事は、脈なしですよね。

 

時々、本当に用事ができたのか確かめるためにいろいろ詮索する人がいますね。

でも、これはしないほうがいいですよ。

詮索して女性が嘘をついて断っていることが分かったとしますよね。

その時に女性に「そういう事だから!」と言われてしまったら、それ以上進展させることができないですよね。

また、そのように言われないにしても、女性が気分を害してデートの約束をすることができなくなる可能性が高くなります。

万が一、デートの約束をすることができたとしても、その次のデートの約束はできないでしょう。

運が悪いとメールなどを着信拒否されてしまいますよね。

 

大切なのは、断り文句が本当なのかどうかという事ではありません。

脈があるのかないのか、ということですよね。

という事は、デートの日程をずらすことができるかどうかで判断すればいいですよね。

 

ただし、葬式、入院(家族を含む)などの場合は、すぐに次のデートの約束をすることはできないです。

こういった場合はしばらく見守る必要がありますよね。

ただ、葬式や入院などは本当なのかどうかわかりますよね。

両方とも仕事や学校、習い事などをしばらく休まないといけないですよね。

仕事などで一緒ならすぐにわかりますし、一緒ではなくても共通の知人に聞けばいいだけの話ですよね。

「○○さん入院したんだって!?」「○○さんの家族に不幸があったんだって!?」などと聞くだけでそれが本当なのかわかりますよね。

この場合は、ウソなら脈なしという事になります。

 

そういった重大な事を除けば、脈があれば次のデートの約束はできますので、ドタキャンをしてきたら別の日にデートする約束をしてみて判断しましょう。

 

脈なしのときの対処法

 

デートの約束をドタキャンされた時、日程をずらすことができなかったら脈なしです。

その場合はしつこくデートに誘うようなことをしないほうがいいです。

あっさりと「じゃあ、またの機会に!」と言うだけにしたほうがいいですよ。

そして、デートに誘ってもドタキャンされないようにしていったほうがいいです。

 

女性がデートをしたくないと思う理由は、2人で一緒にいてつまらない、というものが多いです。

それ以外は、デートで変なことをされる(ホテルに連れ込まれるetc)かもしれない、と思ったり、あるいは身だしなみに清潔感がなく一緒にいて不快感を感じたりする場合も、デートをしたくない理由になりますよね。

あるいはデートプランに問題があるケースもありますけどね。

 

初デートは食事が一番無難です。

それ以外は2回目以降のデートにしたほうがいいですよ。

そして、待ち合わせの時間はできるだけ早くすべきです。

どんなに遅くても終電の3時間くらい前までには待ち合わせをすべきですよ。

そうしないと、「変なことされるかも?」なんて思われる可能性が高くなります。

また、普段から身だしなみは清潔感があるのか、そして、ガツガツしていないのかをもう一度見直してみる必要があります。

 

ただ、多くの場合は一緒にいてつまらない、また、2人でいても話すことがなくて沈黙して気まずくなりそう、と思うからです。

ですから、もう一度その女性との距離を縮め直す必要があります。

2人で話をしていて楽しいと思ってもらえるのであれば、初デートはしてくれることが多いです。

「2人で話をしていても盛り上がるのに…」と思っているのであれば、それは一方的に話をしていて女性は実は退屈をしているかもしれません。

女性の会話量が少ない場合は、その可能性が高いですよ。

 

女性との会話を盛り上げるポイントは別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!」へ

 

ちなみに、彼氏持ちの女性で、彼氏以外の男性とは2人きりで会わないと決めている女性はいます。

そういう女性で男性からの誘いを断るのが下手で、ドタキャンすることを前提にデートの誘いをOKする女性はいます。

他にも、目標に向かって頑張るから彼氏は作らないと決めている女性もいますが、そういった場合はどうしようもないです。

 

あと、女性はデートに誘ってきた男性の気持ちを確かめるためにわざとデートの誘いを断ることがあります。

ただし、初デートでそういう事をするのはまずないです。

2回目以降のデートならあり得ますけどね。

そういった、女性が気持ちを確かめるためにわざとドタキャンする場合も、女性との距離を縮め直すべきです。

 「女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!」へ

断られるのが怖くてデートに誘えない!?誘う前にOKなのか知る方法とは?

断られるのが怖くてデートに誘えない について

 

「片思い中の女性をデートに誘いたいんだけど、断られるのが怖くてなかなかデートに誘えなくて…」
と、あなたは悩んでいませんか?

片思い中も女性をデートに誘う事ができない大きな理由の一つに「断られるのが怖い!」ということですよね。

デートに誘って断られたら、気まずくなって今までのように普通に話ができなくなるかもしれないし、そんなことを考えると今のままでいいかな、なんて考えてしまいますよね。

 

そういうことを知り合いに相談すると、
「情けないなぁ~!当たって砕けろだよ!」
と言われておしまい、なんてことがよくあると思います。

「誘わないで後悔するよりも誘って後悔したほうがマシ!」
とアドバイスされることもあると思います。

しかし、そのようにアドバイスされてもなかなか女性をデートに誘う事ができないですよね。

 

では、デートに誘う前にOKしてくれるか断られるかが分かってしまえば、デートに誘うのが怖いなんて思わなくなるのではないでしょうか?

 

そこで、ここでは片思い中の女性をデートに誘う前に、OKしてくれるか断られるか分かってしまう方法を紹介します。

2014777

 

女性をデートに誘う前にOKしてくれるか断られるかを知る方法

 

女性をデートに誘う時、初デートであれば食事が一番無難です。

それ以外は一長一短あります。

それで、ここでは女性を食事に誘う事を前提に、デートに誘ってOKしてくれるのか断られるかを知る方法を紹介します。

食事以外でも応用可能です。

ちなみにここで紹介する方法は、直接話をして誘う以外にも、メールやLINEでも使えます。

 

まず第一に、女性に食事の好みを聞きます。

女性に好みの料理を聞き出す会話例

男「友達とかとよくご飯食べに行くの?」

女「うん、時々行くよ!」

男「どういう料理をよく食べに行くの?」

女「パスタとかが多いかな?」

男「イタリア料理が好きなの?」

女「まあね!」

と、こんな感じで聞くとスムーズにいくでしょう。

こういう話をした時点で、鋭い女性は「ひょっとして食事に誘われるかも?」なんて思います。

 

それで、
「あまり外では食事をしないよ!」
など、あまりいい反応をしなかった場合は、女性が食事の誘いを断る下準備をしている可能性があります。

 

上の会話例で「パスタとかが多いかな?」というところが、
「特に好き嫌いないから、何でも食べるよ!」
なんて答えたら、悪い反応とは言えません。

「例えば、居酒屋などにも行くの?」
なんて、聞いてみるといいですよ。

これが
「行き当たりばったりでお店を決めるからね…」
なんて言ってきたら、少し注意が必要かな、と思います。

こういう時は、
「好きな料理とかはないの?」
などと聞いて様子をうかがってみます。

「自炊が一番いいかな?」
なんて答えたら、食事に誘ったら断られる可能性が高いです。

「何でも好きだよ!」
という感じで良い反応をしてくれたら、まだ大丈夫です。

 

外で食事をすることに対して前向きなことを言ったら大丈夫、後ろ向きなことを言ったら大丈夫ではない、と判断できます。

 

ちなみにほとんど外食しない女性もいますが、そういう時は
「時間がなくてなかなか行けなくて…。」
という感じで、言外に時間があれば行きたいという意味が含まれることを言ったら大丈夫です。

そういうことを言わなかったら、要注意です。

言外の意味を読み取ることができなかったら、
「時間があったら行きたいと思うことがある?」
と、聞いても問題ないですよ。

「はい」と答えたら、好みの料理を聞き出すことができますよね。

 

次に、おすすめのお店を女性に紹介します。

もし飲食店に詳しくなければ、女性におすすめのお店を教えてもらいます

そして、女性にそのお店で食事しているところを想像させます。

女性におすすめのお店について話をさせれば、食事をしているところを想像しながら話をするので、話をさせればいいです。

ここで反応がいまいちの場合は、食事の誘いを断る可能性が高いです。

反応が良いとOKしてくれる可能性が高くなります

これは、食事の誘いにOKしてくれるかを知ることと同時に、OKしてもらいやすいようにすることもできるんです。

食事しているところを想像していると食べたくなりますから、OKしてもらいやすくなりますよ。

 

ここまでの話で女性の反応が良ければ、デートの誘いにOKしてくれる可能性が高いです。

逆に反応が悪ければ、断られる可能性が高いです。

 

反応が良かったら、女性をデートに誘ってみましょう。

女性をデートに誘う方法は別のページで紹介しました。

そちらではメールでデートに誘う方法を紹介しましたが、直接会ってデートに誘うのも方法は同じです。

興味のある方はそちらをご覧ください。

参考ページ:「女性をメールでデートに誘う方法~断られない誘い方とは?」へ

 

反応が悪かったら、デートに誘うかどうかはあなた次第という事になります。

もし勇気を出して誘う事ができるのであれば、OKをしてくれやすくする方法を紹介します。

 

まず、空いている時間を探っておきます。

女性のデートの誘いに対しての王道の断り文句が「忙しい。」「時間がない。」です。

という事は、「忙しい。」「時間がない。」と言わせなければいいんです。

 

それで、食事の話をして反応が悪かったら、一度全く別の話をしてみます。

しばらくは当たり障りのない世間話をしていきます。

そして、世間話で盛り上がったら、休みの日に何をしているのかを聞いてみます。

それと同時にいつが休みなのかを探ってみます。

さりげなく探ることが大切ですよ。

 

それで、空いている時間が分かったら、もう一度食事の話に戻します。

例えば、女性が休みの日は友達と買い物をしている、という話をしたとします。

そうしたら
「買い物の後に食事に行ったりしないの?」
なんて聞くことができますよね。

家でボーっとしているという事であれば、
「たまには友達と食事に行くこととかはないの?」
なんて聞くと、食事の話に戻ることができますよね。

 

そして、もう一度食事をしているところを想像させます。

こちらからおすすめのお店について話をするか、女性におすすめのお店について話をさせるかのどちらかですね。

 

それで、ある程度話が盛り上がったところで、
「もしその店に一緒に行くとしたら、土曜日と日曜日どちらがいい?」
と聞いてきます。

「いつがいい?」と聞くよりも、選択肢を2つか3つ出したほうがOKしてくれやすいです。

しかし、食事の誘いを断ろうとしている女性なら、いろいろな理由をつけて断ります。

あとは、それに対して応酬していけば、OKしてくれる可能性が高くなります。

 

おすすめの飲食店の話をしたのに、「なんとなく行く気になれない!」なんて断る女性はかなり少ないです。

そこまで話をしているのであれば、ほとんどの女性は何らかの理由を言ってきます。

「2人で行くのはまだちょっと…」
と女性が言ってきたら、
「もちろん、友達も連れてきてよ!僕も連れてくるから!」
といえばOKです。

すでに空いている時間を確認していますから、「忙しい」と断る女性は少ないです。

それでも
「母親が入院して休みの日は病院に行かないといけないので、当分は都合がつかない!」
なんて言った女性がいましたけどね。

ただ、こういった嘘だと誰でもわかるようなことを言って断る女性は少ないですよ。

嘘をついて断るにしても、もう少し上手に断る女性が多いです。

ただ、想像もつかないようなことを言って断ってくることがあります。

その場合もなんとか応酬をしていけば、OKしてくれる可能性が高くなります。

 

ただし、強引に食事に誘っても、ドタキャンされる可能性が高くなります。

ですから、食事の話をした時に反応が悪かったら、無理にデートに誘うのはおすすめしません。

それよりも、もう少し女性との距離を縮めたほうがいいです。

多くの女性は、2人でいても話すことがなくて気まずくなりそうだと思わなくなったら、食事くらいはOKしてくれます。

そのように思ってもらえるくらいまで距離を縮めていきましょう。

 

女性との距離を縮める会話のポイントは別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!」へ

「ドア・イン・ザ・フェイス」と「フット・イン・ザ・ドア」は恋愛では使うな!

ドア・イン・ザ・フェイス フット・イン・ザ・ドア 恋愛 について

 

恋愛心理テクニックについては、いろいろなことが紹介されていますよね。

それで、このブログでもいくつかの恋愛心理テクニックを紹介してきました。

ただ、恋愛心理テクニックは副作用を伴う事が多いので、その副作用についても紹介しました。

恋愛心理テクニックは使い方次第では女性を口説き落とすのに非常に有効ですが、頼りすぎるのは良くない、というのがこのブログで言って来た結論になるんですけどね。

 

さて、いろいろな恋愛心理テクニックがある中で、非常に有効だという事でいろいろなところで紹介されているのが「ドア・イン・ザ・フェイス」と「フット・イン・ザ・ドア」です。

たしかに紹介されている通り、この2つの心理テクニックはかなりの効果があります。

しかし、このテクニックを使うと、女性を落とすことができなくなる可能性が高いんです。

a1640_000404

 

では、なぜ非常に効果的なテクニックにもかかわらず女性を落とすことができなくなるのでしょうか?

 

「ドア・イン・ザ・フェイス」と「フット・イン・ザ・ドア」とは?

 

まず、「ドア・イン・ザ・フェイス」と「フット・イン・ザ・ドア」とはどういったものなのかを紹介します。

2つとも無理な要求を受け入れてもらうときに非常に有効な心理テクニックです。

 

「ドア・イン・ザ・フェイス」とは、初めに断られることを前提に大きな要求をして、その後要求を小さくしていくと要求を受け入れてくれやすくなる、というものです。

例えば、知人にお金を借りようと思った時に、本当は1万円借りたいんだけど、それが非常に難しいというときです。

まずはわざと高く「10万円貸してほしい」とお願いします。

そうすると断られますよね。

ここから「なら、7万円」「それがだめなら5万円」と金額を下げていくと、最終的には1万円なら貸してくれやすくなります。

 

人間は他の人からの要求を断り続けると、「なんだか悪いなぁ~」という気持ちが起こります。

そういう気持ちが起こっているときに要求を下げられると、「それくらいならまあいいか!」と思ってしまいます。

だから、要求を受け入れてもらいやすくなります。

 

「フット・イン・ザ・ドア」とは、初めに小さな要求をしていき、徐々に大きくしていって無理な要求を受け入れてくれやすくなる、というものです。

例えば、先輩と食事をしているときに、折半すると約束したとします。

それで、食事の最中に、
「あ、ごめんなさい!手持ちが足りないので3分の2出してもらえないですか?」
とお願いします。

その要求を呑んでくれたら、さらに、
「そういえば、この後電気代を払わないといけないんだ!食事代全額出してもらえないですか!」
と、要求を大きくします。

そうすると、OKしてもらいやすくなります。

初めに3分の2出してもらって、そこから全額出してもらいというように段階を踏んで要求を大きくしていくと、要求を受け入れてもらいやすくなります。

 

人間は矛盾したことを本能的に嫌います。

それで、初めに要求を受け入れたのに、次の要求を受け入れないという矛盾したことを本能的に嫌っているのです。

だから、1度要求を受け入れてもらえると、次々と要求を受け入れてもらえるようになるのです。

 

「ドア・イン・ザ・フェイス」と「フット・イン・ザ・ドア」は、正反対のような心理テクニックになりますね。

それでどちらがより効果が高いのか、という事はありません。

状況、場面に応じてどちらがより要求を受け入れてくれやすくなるのかが変わります。

 

恋愛で「ドア・イン・ザ・フェイス」と「フット・イン・ザ・ドア」を使う大きな落とし穴!

 

「ドア・イン・ザ・フェイス」と「フット・イン・ザ・ドア」は、恋愛である特定の場面だけには非常に高い効果を発揮しています。

それは、女性をホテルに誘う時です。

女性をホテルに誘おうとした時に、断られたら
「変なことしないから!」
「休むだけだから!」
「カラオケするだけだから!」
なんて言えば
「しょうがないなぁ~!」
なんて女性は言いながらもホテルに連れ込みやすくなります。

ホテルに誘うという事は「Hしたい!」と言っているようなものですよね。

それで、初めは「Hさせて欲しい!」という高い要求から「ホテルに入るだけ!」と要求を下げていますよね。

「ドア・イン・ザ・フェイス」を使ったテクニックですね。

だから、要求を受け入れてくれやすくなるんです。

ですから、いきなり「いつも皆で行くカラオケ屋よりも雰囲気の良いカラオケ屋があるよ!」なんて言ってホテルに誘うよりも、初めは「ホテルに行こう!」と誘って断られてから「カラオケするだけ!」と要求を下げたほうがOKしてもらいやすくなります。

 

そしてホテルに入ってからは、連れ込んだ理由が何であれ、まずHすることができます。

これは、「とりあえずホテルに入る」という要求を受け入れてもらったので、「Hをする」という高い要求を受け入れてもらいやすくなったからです。

「フット・イン・ザ・ドア」のテクニックですよね。

 

女性をホテルに誘う方法はこれが王道だと思いますが、実は「ドア・イン・ザ・フェイス」と「フット・イン・ザ・ドア」のテクニックを駆使した、心理学的にも理にかなった方法という事になります。

 

この2つのテクニックは、特にデートに誘う時に使う事ができます。

 

例えば、食事に誘うのが難しそうな女性を誘う場合、「ドア・イン・ザ・フェイス」のテクニックを使うと、

まず、付き合う前の女性に朝から晩までデートしようと誘ってみます。

食事すら難しいわけですから、1日中デートという事になるとまず断られますよね。

恐らく「ちょっと忙しくて…」なんて断られるのではないでしょうか?

そうしたら、「じゃあ、昼からでも!」「せめて夕方に食事だけでも!」と要求を下げていくと、女性は「じゃあ、食事だけなら!」とOKしてくれやすくなります。

 

食事はOKしてくれそうだけど、朝からデートに誘うのが難しそうな場合、「フット・イン・ザ・ドア」のテクニックを使うと、

まず、食事に誘うのにOKしてもらいます。

そして、ついでに買い物したいと言ってOKしてもらいます。

近くに映画館があって、今注目の映画が上映中だから観よう、といってOKしてもらいます。

さらに、ボーリング場が近いからボーリングもしよう、と誘ってOKしてもらいます。

これで、1日中デートをOKしてもらいやすくなります。

 

では、このようにしてデートに誘ってOKしてもらったらどうなるのか、想像つきますか?

 

まず、ドタキャンされる可能性が高くなります

このようなテクニックで女性がデートの誘いにOKした場合、女性は「デートしたくないんだけど断れなかった!」と思っています。

できれば断りたいんです。

それならドタキャンしよう、と思うのは当然ですよね。

 

また、ドタキャンされることなくデートできたとします。

その場合、女性は次のデートの誘いに対しては警戒心がものすごく高くなります

断りにくい状況でも、何とか頑張って断ろうとします。

同じようなテクニックを使ってもOKしてもらえなくなります。

ですから、次のデートに誘う事が非常に難しくなります。

 

「デートで女性に好意を持ってもらえればいいのでは?」と思う人がいるかもしれません。

しかし、初デートに誘うのはハードルが低いです。

・一緒にいてつまらない(会話など)
・不快感を感じる(身だしなみや食事マナーなど)
・危険な目に遭いそう(ホテルに連れ込まれそう)
の3つのことを思っていなければ、女性は初デートの誘いにOKしてくれやすいです。

それにもかかわらず、女性がOKしてくれないという事は、デートする前から「つまらない」or「不快感を感じる」or「危険な目に遭いそう」と思わせているんです。

デート前にそのように思われているのに、デートでその気持ちを挽回することができるのかといえば、これはかなり難しいです。

デートでそんなことができるのなら、デート前に「つまらない」or「不快感を感じる」or「危険な目に遭いそう」と思わせないことなんて簡単にできます。

それができないという事は、デートで女性に好意を持ってもらうのはますます難しい、という事になります。

 

という事は、デートを誘う時に「ドア・イン・ザ・フェイス」や「フット・イン・ザ・ドア」を使ってしまったら、ますます女性に嫌われる、と考えてもいいです。

 

そういったテクニックを使う前に、女性に「2人で食事くらいはしてもいいかな?」くらいは思わせる必要がありますよ。

 

ただし、ホテル(or自宅)に誘う時だけは別です。

女性はHした男性に対しては恋心を抱きやすくなります。

脅すなどして恐怖を与えてHした場合は恋愛感情を持ってくれません。

また、Hの後にあまりにも態度が横柄になったら、一瞬で恋愛感情はなくなります。

そういった例外はありますが、基本的に女性はその気はなかった男性とHしたとしても、恋愛感情を持ってしまうのです。

ですから、Hに持ち込むときだけはテクニックを駆使しても大丈夫です。

 

それ以外では、多少の恋愛テクニックは必要になります。

ある女性が「気になっていた男性から食事に誘われたけど、思わず断っちゃった!」なんて言っていましたけど、意に反して思わずデートの誘いを断ってしまうことがあります。

ですから、女性が「YES」と言いやすくするためのテクニックはある程度は必要です。

しかし、女性の意に反して「YES」を言わせるようなテクニックに頼ってしまうと、ますます女性を落とすことができなくなりますよ。

 

付き合う前の女性と仲良くなる会話は別のページで紹介しました。

まずは仲良くなって、2人でいても会話が弾まなくてつまらない思いはしないだろう、と思わせる必要があります。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!」へ

付き合う前の女性をデートに誘う口実~デートに誘って断られないために!

付き合う前 女性 デートに誘う 口実 について

 

「付き合う前の女性とデートしたいけど、その口実がない!」
と、あなたは悩んだことがありませんか?

付き合う前の女性をデートに誘う時に、口実は必ずと言っていいほど必要です。

デートに誘う口実がないと、女性は気になっている男性からデートに誘われても思わず断ってしまう事もあるんです。

「ちょっと気になっていた男の人から食事に誘われたんだけど、なぜだか知らないけど反射的に断っちゃった!」
なんて言っている女性がいましたし、それに近いことを言っていた女性も何人かいました。

女性が反射的にデートの誘いを断ってしまう理由の一つが、デートに誘う口実がないからです。

 

人に何かを頼むとき、何か口実があると引き受けてくれる可能性が非常に高くなる、という事は心理学で明らかになっています。

その口実があまりにも適当でも、引き受けてくれる可能性は高くなります。

「今度の日曜日は仕事休みだから、一緒に食事しよう!」
と「仕事が休みだから」という、食事をする理由になっていないような口実でもつけたほうが、全く口実をつけずにデートに誘うよりもOKしてくれる確率は高くなる、という事が明らかになっているんです。

ただ、意味不明な口実よりも、きちんとした意味のある口実のほうがOKしてくれる可能性は高くなりますけどね。

 

そうはいっても、デートに誘う口実ってなかなか見つからないですよね。

 

そこで、ここでは付き合う前の女性をデートに誘う口実の作り方を紹介します。

a0001_016452

 

付き合う前の女性をデートに誘う口実の基本

 

付き合う前の女性をデートに誘う口実の基本中の基本は、デートで女性に何らかのメリットがあることです。

男女の関係に限らず同性を含め人間関係すべてに言えることですが、人に何かをしてもらうときはその人にメリットを与えるのが基本です。

人間は基本的に自分にメリットのないことはしません。

自分にメリットがなくても他人のために行動する立派な人はいますが、そういった立派な人はめったにいないです。

また、自分にメリットがなくても行動できる人であっても、他人にメリットを与えないような一方的な頼み事は引き受けない人が多いです。

ですから、誰かに何かをお願いする時は、何らかのメリットを与えると引き受けてもらいやすくなります。

 

デートも同じです。

女性にデートをお願いするのであれば、それ相応のメリットを女性に与える必要があります。

つまり、デートプランが女性にとってメリットと感じるようなものである必要があるのです。

ですから、デートに誘う口実は、女性にとってメリットになることである必要があります。

 

例えば女性が、
「おいしいイタリア料理を食べたい!」
と言ったのであれば、
「おススメのおいしいイタリア料理の店を見つけたので!」
という口実は、女性にとってメリットのある事になりますよね。

付き合う前の女性との初デートは食事が無難ですが、あらかじめ女性の食事の好みを聞いておいて、その好みの合ったお店を探して誘えば、女性にとってメリットになりますよね。

という事は
「○○(女性の名前)さんが好きだ(興味があるetc)と言っていた××(料理名)の(おいしい・評判の・人気の・雰囲気の良い)お店を見つけたので!」
というのが、デートに誘う口実の基本になります。

 

ただし、この口実だと、
「じゃあ、友達と行くからお店の名前と場所を教えて!」
「友達を連れて行ってもいい?」
などと言われて、2人でデートできない恐れがあります。

そうならないためには、2人で食事したら楽しい時間を過ごすことができる、と思ってもらえるくらい距離を縮めておく必要があります。

2人で食事をしても会話が弾まなくてつまらないだろう、と女性が思ったら、女性はデートに行きたくありませんよね。(※このことは最後の方で詳しく紹介します)

 

付き合う前の女性をデートに誘う口実の具体例

 

女性にデートに誘う口実の基本は、女性にメリットを与えることができるものであることです。

ただし、現実にはそれだけではうまくいかないことがあります。

そこで、デートの誘いにOKしてもらいやすい口実の具体例を紹介します。

 

 「相談したいことがあるんだけど…」

仕事や勉強などの悩みを相談する、という口実だと、女性はNOと言いづらくなります。

「ここではちょっと話しづらいので、2人で食事をしながら!」
「お礼に○○(女性の名前)さんが好きだと言っていた××料理をおごりますから!」
という感じのことを言って誘えば、大体OKしてもらえます。

職場や学校、教室、サークルで同じ女性を誘う際に使える口実ですね。

 

 「男同士だと入りづらい店に行きたい!」

飲食店によっては、男同士だと入りにくい店がありますよね。

特にスイーツのお店は女性だらけなので、男同士だと入りにくいと思います。

しかし、そういった店でもカップルはいます。

そこで、そういったお店に「××店のスイーツを食べたいけど、男同士だと入りづらくて…」なんて言えば、OKしてくれる可能性は高いです。

この場合、「友達を連れて行っていい?」と言われる可能性がありますので、ある程度距離を縮めておく必要がありますよ。

ちなみにスイーツ好きな男性は、意外と女性受けはいいですよ。

逆にスイーツ好きな男性は嫌い、という女性はかなり少ないと思います(僕は聞いたことがありません)。

 

 「家族へのプレゼントの選び方がわからなくて…」

母親や姉、妹などに贈るプレゼントを一緒に選んでほしい、というのは、デートに誘う口実の鉄板みたいなものですよね。

鉄板ですし、女性もおそらく「一緒に買い物するためのただの口実だろう!」と分かると思いますが、それでも女性がOKしてくれる可能性が高いです。

「○○さんはセンスがいいから!」と言って誘えば、褒めていることにもなりますので、OKしてもらいやすくなりますよね。

そして、「お礼にごはんおごるよ!」と食事に誘えば、2人で食事をすることができますよね。

ただし、この誘い方だと、2回目のデートにつなげるが大変だったりします。

 

付き合う前の女性が初デートの誘いにOKする基本

 

女性が付き合う前の男性からデートに誘われた時に、
・肉体関係に持ち込まれないだろう
・不快感を与えられないだろう
・2人で一緒にいてつまらない思いをしないだろう
の3つの事を思えば、OKする女性は多いです。

彼氏持ちで彼氏以外の男性とは2人で会わないことに決めているとか、何か目標に向かっていて恋愛をしないと決めているとか、男性と2人で出かけることに抵抗があるとか、この3つの事を思ってもOKしてくれない女性はいます。

しかし、だいたいの女性は、この3つの事を思えば基本的にデートはOKしてくれます。

 

逆にこの3つの事を思わせることができなければ、どれだけ女性にメリットのあるデートプランを示したところで、なかなかOKしてくれません。

以前からずっと食べたいと思っていた料理を食べに誘われたとしても、体を奪われてまで食べたいと思わないでしょうし、不快感を感じながら食事をしたいと思わないでしょうし、つまらない思いをしてまで食べたいとも思わないでしょう。

 

・肉体関係に持ち込まれないだろう
・不快感を与えられないだろう
・2人で一緒にいてつまらない思いをしないだろう
この3つはデートを誘うために必ず必要なことだと言っていいくらいですので、デートに誘う前にこの3つの事を女性に思わせるようにする、という事を意識しておいたほうがいいですよ。

そう思わせるには、女性と会話が非常に重要です。

一緒にいて面白いとかつまらないとかは、結局は会話が弾むかどうかになりますよね。

身だしなみに清潔感がなくて女性に不快感を与えたりすることはありますが、それ例外は会話がカギを握ります。

 

付き合う前の女性との会話については別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「初対面の女性を落とすまでの会話の流れ」へ

 


 

top2datesasou

付き合う前の女性との初デートでランチにしたほうが良い時とは?

付き合う前の女性 初デート ランチ について

 

「付き合う前の女性との初デートは、ランチとディナー、どちらがいいんだろう?」
と、あなたは迷ったことはありませんか?

女性とのデートで食事に誘うならディナーに誘ったほうがいい、と思っている人も多いのではないでしょうか?

基本的にはランチよりもディナーのほうがおススメです。

細かい説明は省きますが、ランチよりもディナーのほうが、女性に恋愛感情を抱かせやすくなりますので、口説き落とすまでの時間が短くなります。

しかし、状況次第ではランチのほうがいい時もあります。

a0002_002239

 

では、どういった時にディナーではなくてランチにしたほうがいいのでしょうか?

 

付き合う前の女性との初デートでランチとディナーの違いは?

 

まずは、付き合う前の女性との初デートで、ランチとディナーの違いを紹介します。

ランチはディナーと比べて、デートっぽくなくなります

食事に誘う時はいろいろ理由を付けたほうがいいですが、その理由を「仕事のことで相談したいことがある」として食事に誘ったとします。

そういう理由でディナーに誘うと、女性は
「実は私に気があるのかなぁ?」
と思うことが多いです。

これがランチになると、
「ひょっとしたら、私に気があるかもしれないなぁ!?」
という気持ちになります。

逆に言えば、ランチに誘ったほうが
「私に気がないんだろうなぁ!」
と思ってくれやすくなります。

という事は、ディナーよりもランチのほうが、誘った時に女性はOKしてくれやすくなります。

ただし、誘いを断る理由はさまざまです。

ランチは仕事などが休みの日に誘う事が多いと思いますが、わざわざ休みの日に出かけるのはイヤだ、なんて思って断ることもありますので、一概には言えないですけどね。

ただ、「恋愛感情がないだろう」と女性が思ったら、基本的に誘いにOKしてくれやすくなります

 

付き合う前の女性との初デートでランチにしたほうが良い時とは?

 

付き合う前の女性とのデートでディナーよりもランチに誘ったほうが良い時は、以下の通りです。

 

 あまり距離を縮めることができていない時

女性との距離があまり縮んでおらず、デートに誘っても断られそうなとき、ランチならOKしてくれる可能性がやや高くなります。

デートに誘う前にできるだけ距離を縮めておいたほうがいいですが、状況によってはそれが難しいことがありますよね。

そういう場合は、思い切ってランチに誘ってみるのも一つの方法です。

ランチに誘う理由次第ではOKしてくれやすくなります。

「相談したいことがある」など、断りにくい理由を付けて誘うといいでしょう。

 

 ガードの固い女性

ガードの固い女性は、なかなかデートに誘ってもOKしてくれません。

様々な理由を付けても「それなら友達を連れて行ってもいい?」なんて言われて、2人で会う事を拒否されてしまうことがあります。

そんな女性でも、ランチだけなら付き合ってくれることがあります。

初めは複数の男女で食事をしたほうがいいんですが、それが不可能ならランチに誘うのも一つの方法になります。

 

 彼氏持ちの女性

彼氏持ちの女性の中には、彼氏以外の男性と2人で会うことに抵抗を感じる人は少なくないです。

しかし、それでもランチだけなら付き合ってくれる可能性が高くなります。

ただし、彼氏持ちの女性の場合、休みの日はデートしている、という場合が多いです。

休みの日の日程を確認してから誘ったほうがいいです。

彼氏持ちであることが皆に知られている女性であれば、
「休みの日は彼氏とデートしていることが多いの?」
などと、ストレートに聞いても普通に答えてくれますよ。

彼氏持ちの女性の場合も、本当は複数の男女で食事をしたほうがいいです。

しかし、それが不可能ならランチに誘うのも一つの方法になります。

 

 一度ディナーに誘った時に断わった女性

一度ディナーに誘ってみたけど断られた場合、ランチに誘うとOKしてくれることがあります。

一度断られた場合、1週間くらい時間をあけてみて、そして、以前誘って断られていないかのように誘うと、OKしてくれる可能性が高くなります。

ただし、ディナーに誘ってダメな場合、女性が男性のことを生理的に受け付けていないことが原因で断ったのであれば、ランチに誘っても断られるでしょう。

ディナーに誘ったのがちょっと遅い時間だったり、警戒心が強い(変なことをされるんじゃないかという思いが強い)女性であれば、ランチであればOKしてくれる可能性が高くなります。

ただし、女性がディナーを断った理由はなかなかわからないと思いますので、一度誘ってみるといいでしょう。

 

 その他、デートに誘いにくい理由がある時

女性がデートの誘いを断る理由は様々です。

初デートを断る理由は、恋愛対象にはなるはずがないと思っている、というものが多いです。

しかし、それ以外にも様々な理由があります。

同じ職場の女性を仕事が終わった後に食事に誘う場合、他の人に男性と2人でいるところを見られたくない、なんていうのもデートを断る理由になります。

そういう場合でも、仕事が休みなら職場の人に見られる心配はないだろう、と思って、ランチならOKしてくれることがあります。

その他にもデートの誘いを断る理由はいろいろ考えられますよね。

そういった、デートに誘いにくい理由がなにかある場合、ランチならOKしてくれることがありますよ。

 

付き合う前の女性をランチに誘うポイント

 

付き合う前の女性をランチに誘う時、次のデートにつなげるためのポイントがあります。

そのポイントは以下の通りです。

 

 女性の自宅から遠すぎず近すぎない場所にする

ランチに誘う日は、仕事などが休みの日が多いと思います。

それで、女性の自宅からあまりにも遠いと、
「わざわざ休みの日に遠くに行きたくない!」
と思われて、女性がOKしてくれない恐れがあります。

逆に女性の自宅から近すぎると、近所や家族の目が気になって嫌がる可能性があります。

ランチの場所は、女性の自宅から近すぎず遠すぎないところがいいですよ。

女性が電車で移動する場合は、なるべく女性が住んでいる路線の沿線から選ぶといいでしょう。

乗り換えがあると、ちょっと面倒に思えますよね。

女性が車で移動する場合は、30分以内で行けるところ、できれば10分くらいで行けるところがいいでしょう。

 

 ファミレスなど家族連れが多そうなところは避ける

休みの日は、ファミレスなどは家族連れが多くなります。

それで、いくらデートっぽくしないためにランチに誘ったとしても、あまりにも雰囲気がなさすぎると次につながらないです。

女性が抵抗を感じない程度のデートっぽい雰囲気も必要ですよ。

ホテルのレストランが一番無難です。

 

 ランチの後はどこにも誘わない

ランチの後にどこかに行きたくなると思いますが、のちに口説き落とすことを考えれば、ランチだけにしたほうがいいです。

公園を散歩したりすると、ダラダラ時間を過ごすことになりがちなので、あまり良くないです。

ランチだけだと女性は物足りなさを感じることが多いです。

そうすると、女性があなたのことを考えている時間が長くなります。

そうなると、女性を落としやすくなりますよ。

付き合う前の女性とのデートは、そこそこ満足したけどやや物足りない、と思わせることができると、「もう少し一緒にいても良かったのになぁ~」なんて思ってくれて、次につながりやすいです。

 

以上が付き合う前の女性をディナーに誘うポイントです。

あと、デート中に女性につまらない思いをさせてしまったら、次はランチすらOKしてくれなくなります。

ですから、デート中は会話を盛り上げることが非常に大切になります。

 

デート中の会話のポイントは別のページでまとめています。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「付き合う前の女性とデート中の会話~沈黙して気まずい雰囲気を避けるには?」へ

 


 

top2datesasou

付き合う前の女性をデートに誘うタイミング

付き合う前の女性 デートに誘う タイミング について

 

「付き合う前の女性をデートに誘うにはどこまで仲良くなったらいいんだろう?」
と、あなたは悩んでいませんか?

話をしたことのない女性をデートに誘ったら、ほぼ確実に断られますよね。

逆に友達と言える関係になれば、食事に誘えばOKしてくれる可能性が高くなりますが、友達になることができるかどうかは状況、環境次第になると思います。

職場によっては部署の違い女性と仲良くなるのが難しい事もありますよね。

 

また、合コンや街コンで知り合った女性とは、基本的に会おうと思ったらデートに誘うしかないと思います。

それで、メールのやり取りが中心になると思いますが、どのタイミングでデートに誘ったらいいのか、よくわからないと悩む人は多いですよね。

GREEN_E20140125500

 

そこで、ここでは女性をデートに誘うタイミングを状況別に紹介します。

 

職場・学校・サークル・習い事etcで一緒の女性をデートに誘うタイミング

 

まずは、職場や学校、習い事、サークルなどで一緒の女性をデートに誘うタイミングからです。

そういったところで一緒の女性をデートに誘うには、何かを相談してもおかしくはない段階でデートに誘うのが一番早くて確実性が高いです。

 

職場であれば、仕事のこと、人間関係のことなど相談することっていろいろあると思います。

部署が違う女性に対しては、まずは相談したいことを決めます。

例えば上司のA課長が女性の部署に過去に所属した場合、A課長のことで相談すると決めたとします。

そうしたら、女性と顔を合わせたときに
「そういえば、A課長は以前、そちらの部署に所属していましたよね。」
「A課長とはうまくいっていたんですか?」
「A課長の仕事ぶりはどうでしたら?」
という感じに、会った時に一言だけ話しかけます。

そういうことを繰り返すと、距離も縮んでいきますし、A課長のことで悩んでいるという事を示唆することもできます。

そして、ある程度距離が縮んだ段階で、
「A課長のことを良く知っていると思うんですが、相談したいことがあるので、今度食事でもしながら相談に乗ってくれませんか?」
と、食事に誘ってみます。

そうすると、OKしてくれる可能性が高くなりますよ。

 

学校や習い事、サークルなどだったら、
「○○が得意そうなので、じっくり話を聞きたい!」
といって食事に誘う事ができますよね。

 

相談する内容があまり深刻ではないと、
「じゃあ、他の人と一緒に!」
なんて言われることもあります。

ただ、そのように言われた時はみんなで食事に行って、女性と話す機会を増やして距離を縮めていけばいいですよね。

 

逆に、相談する内容があまりにも深刻だと、
「そんなこと私に相談されても…」
なんて言われて断られてしまう可能性があります。

ですから、相談する内容はあまり深刻ではないほうがいいんですけどね。

 

どうしても2人でデートしたいのであれば、他の人には知られたくはないけどそんなに深刻でもない内容がいいですね。

 

僕の経験上も、他の人から話を聞いても、「相談したいことがあるから…」といって食事に誘うのが一番断られにくいです。

 

合コン・街コン・パーティーなどで知り合った女性をデートに誘うタイミング

 

次は、合コン・街コン・パーティーなどで知り合った女性をデートに誘うタイミングです。

これらの場合、相談できることがあれば「相談したいことがある」といって食事に誘うのが、一番断られにくいです。

しかし、相談することってなかなかないですよね。

 

これらの場合は、女性と2人で会わないといけない状況ができたタイミングでデートに誘うといいです。

一番簡単なのが、女性の食事の好みを聞き出して、その食事でとってもおいしくておススメのお店があるから一緒に行こう、と誘ってみることです。

この誘い方であれば、女性に嫌われていなければOKしてくれることが多いです。

しかし、2人で会わないといけない理由としてはちょっと弱いですよね。

おススメのお店を紹介したら、女性が
「じゃあ、友達と一緒に行ってみるね!」
なんて言ったら、ちょっと誘いにくくなりますよね。

そういわれても
「僕と一緒に行かない?」
と誘ってみてOKしてくれる可能性もあります。

しかし、
「友達もその料理が好きだから、友達と行きたい!」
と言われて断られる可能性もあります。

 

「○○ちゃんが好きだと言っていた料理のお店の食事券を2人分手に入れた!」
といって食事に誘うと、2人で会わないといけない理由が強くなりますよね。

 

「○○ちゃんセンスがいいけど、家族(妹や姉など)の誕生日プレゼント買うから、一緒に選んでほしい!」と誘うのも、よくあるパターンではありますし、女性が「2人で買い物したいだけ」だということがわかると思うんですが、断られにくいです。

ただ、このように誘うと、当日
「体調が悪い!」
などとドタキャンされる可能性があります。

また、
「友達連れて行ってもいい?」
と言われることもあります。

 

女性をデートに誘う時は、何か理由を付けるといい、と言われていますよね。

その理由が、2人で会う必要がある、という理由だと、OKしてくれるようになります。

 

このタイミングを作るには、徐々にグルメの話をしていくといいですよ。

 

合コン・街コン・パーティーなどなら、会った時に食事などの約束をしたほうが確実にデートできます。

ですから、できるだけ会った時(合コン中など)に食事などの約束をするように意識をしておいたほうがいいですよ。

その時の状況や流れなどによって、難しい時はありますけどね。

 

付き合う前の女性をデートに誘う具体的な方法

 

付き合う前の女性をデートに誘うポイントは、別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「片思いの女性をデートに誘うポイント~断られない誘い方は?」へ


top2datesasou

付き合う前の女性をデートに誘っても断られる原因と対応法!

デート 断られる 原因 対応 について

 

「女性をデートに誘っても断られてばかりで…」
と、あなたは悩んでいませんか?

今まで何人もの女性をデートに誘っているのに断られてばかりだ、と悩んでいる人は多いですよね。

a1640_000396

 

そこで、ここでは女性がデートを断る理由と対応法について紹介します。

 

付き合う前の女性がデートを断る理由と対応法

 

女性がデートの誘いを断る理由は以下の通りです。

 

 男性と2人で会わない、と決めている

彼氏がいたり、何か目標に向かって頑張るから恋愛はしないと決めていたりする女性の中には、男性と2人で食事に行ったり遊びに行ったりしない、と決めている人が多いです。

2人でどこかに行こう、と誘うのは気がある、ということになりますよね。

それで、その誘いにのったら口説かれるだろう、と女性は思いますよね。

ですから、男性と2人で会わないようにしているのです。

 

恋愛をしない、と決めている女性を落とすのは非常に難しいので、諦めたほうがいいです。

 

彼氏持ちの女性の場合は落とすことができます。

デートに誘う前にまずは距離を縮めたほうがいいですよ。

彼氏持ちの女性の落し方は別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

 「彼氏持ちの女性と付き合う方法・会話術」へ

 

 2人で会うのはまだ抵抗がある

女性との距離が縮まっていない場合、女性は「2人きりで会うのは抵抗がある」と感じてしまいます。

女性によって、世間話ができる男性と2人で会う事に抵抗のない人もいれば、恋愛を意識した男性としか2人で会わない、という人もいます。

ですから、どこまで距離を縮めればいいのか女性によって違いがありますが、距離が縮まっていないことが原因でデートの誘いを断られることがあります。

ただ、友達と言える関係になれば食事の誘いくらいはOKしてくれる女性は多いので、プライベートのことや悩みなどを打ち上げることのできる友達と言える関係になることを目指しましょう。

 

 2人で会話をしていても面白くない

友達と言える関係だとしても、会話をしていて面白くないと女性が思ったら、誘いを断ります。

2人で話をしているくらいならテレビを見ていたほうがおもしろい、なんて女性が思ったら、2人で会いませんよね。

この場合は女性との会話を盛り上げる方法を身につける必要があります。

女性との会話を盛り上げる方法は別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

 「女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!」へ

 

 誘い方が悪い

デートの誘い方次第では、たとえ女性があなたのことを気になっていたとしても断ってしまうことがあります。

下心が丸見えだったりしたら断わられる可能性は高いです。

また、ただ「2人で食事に行かない?」とだけ言って誘ったら、断られる可能性はやや高くなります。

断られない誘い方を身につけましょう。

デートの誘いかたは別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

 「片思いの女性をデートに誘うポイント~断られない誘い方は?」へ

 

 本当に忙しい

女性がデートの誘いを断る常套句は「ちょっと忙しくて…」ですよね。

本当は都合をつけることができるのに、ストレートに「あなたと2人で行くのはちょっとイヤだ」とは言えないので「都合が悪い」と言うわけですよね。

しかし、本当に忙しくて断ることもあります。

もし、女性があなたのことを気になっているのであれば「別の日なら大丈夫だけど…」なんて言ってくれることが多いでしょう。

しかし、そうでもない限り「忙しいからごめんね」と言われるだけで、女性から「別の日なら…」なんて言ってくれない、と思っておいたほうがいいです。

1回デートに誘って断られたからといって諦めないほうがいいですよ。

 

以上が女性がデートの誘いを断る理由と対処法です。

女性と友達と言える関係になり、デートの誘い方が間違えていなければ、OKしてくれる可能性が高いです。

女性にデートに誘っても断られる理由を、誘い方だけのせいにする人は多いですが、実際にはそれだけではありません。

断る理由は、距離が縮まっていない事のほうが大きいです。

挨拶しかしない男性からデートに誘われたら、どんなにデートの誘い方が上手でも女性は断るでしょう。

逆に片思いをしている男性からデートに誘われたら、少々デートの誘い方が下手でもOKしてくれるでしょう。

ですから、デートの誘い方を身につけるのも大切ですが、女性との距離を縮めるのも大切になりますよ。

女性との距離を縮める方法は別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

 「女性と距離を縮める方法~気になる女性と距離を縮める5つのポイント」へ


top2datesasou

片思いの女性をデートに誘うポイント~断られない誘い方は?

片思い デート 誘い方 について

 

「片思い中の女性をデートに誘いたいんだけど、どうしたらいいんだろう?」
と、悩んでいませんか?

片思い中の女性をデートに誘いたいと思っても、どのように誘ったらいいのか迷いますよね。

「断られたらどうしよう!」なんて考えると、躊躇してしまったりもしますよね。

デートに誘って断られて気まずくなるよりかは、今のまま普通に話ができる関係が続いたほうがいいし…なんて考えたら、ますますデートに誘う事ができなくなりますよね。

finger-247144_640

 

そこで、ここでは片思いの女性をデートに誘うポイントを紹介します。

 

片思いの女性をデートに誘う重要な1つのポイントとは?

 

片思いの女性をデートに誘うのに絶対に欠かせない、とっても重要なポイントがあります。

それはデートに誘う理由を明確にする、という事です。

デートに誘う理由とは2つあります。

女性と2人でデートする理由とデート場所を選んだ理由の2つです。

この理由というのは女性の立場での理由です。

 

あなたが片思いの女性をデートに誘う理由は、その女性を好きだからですよね。

でも、これは誘う側の理由ですよね。

そうではなくて、女性がなぜデートをしないといけないのか、その理由です。

 

例えば、「妹の誕生日プレゼントを一緒に選んでほしい!」といえば、信憑性さえあれば一緒に買い物に行ってくれる可能性が高くなります。

それは、女性が一緒に買い物に行く理由が明確だからです。

「○○ちゃんはセンスが良いから!」という感じのことを付け加えると、さらに理由が明確になりますから、一緒に買い物に行ってくれる可能性がさらに高くなりますね。

ただし、こういう誘い方をすると、2回目にデートに誘う口実を見つけるのが難しくなりますけどね。

ただ、2人でプレゼントを選び、そのあとお礼という名目で一緒に食事をすれば、距離を縮めることはできますので、こういった誘い方を悪いとは言いませんよ。

 

「相談したいことがある」と言って食事に誘うと、OKしてくれる可能性が高くなります。

「他の人だとダメなの?」と言われることがありますが、「どうしても○○さんじゃないと…」なんて言えば、よっぽど嫌われていない限りOKしてくれますよ。

 

また、片思い中の女性が「パスタが好き」と言っていたとしたら、「おいしいパスタの店を見つけたから」と誘うと、OKしてくれる可能性がやや高くなります。

この場合「友達と行くからお店教えてよ!」と言われて断られる可能性もありますけどね。

これは2人で食事に行く理由としては弱いからです。

おいしいお店があるから、というのは、別に2人でなくても他の人と一緒に行っても良い、という事になりますよね。

ですから、2人でデートする理由としてはちょっと弱いです。

ただし、現実は女性との距離がある程度縮まっていたら、これくらいの理由であれば断られることは少ないですけどね。

ですから、「おいしいお店がある」というのは悪い例ではないですが、断られる可能性がやや高くなります。

 

今紹介したような2人でデートしないといけない、と女性が思う理由があれば、女性はよっぽど嫌っていない限りOKしてくれます。

ただ、そういった理由を見つけるのは時と場合によっては非常に難しいです。

しかし、何の理由もなくデートに誘うよりも、何らかの理由があったほうが女性はOKしてくれやすくなりますよ。

 

そして、デート場所を選んだ理由もとても重要になります。

これは、女性がメリットと感じることが非常に重要です。

飲食店に誘う時「他では味わえないほどおいしい料理」「他にはない雰囲気の良さとおいしい料理」「ワインの種類が圧倒的に豊富」「1日限定の特別メニューがある」など、そのお店を選んだ理由を明確にする必要があります。

 

2人でデートする理由と、デート場所を選んだ理由が明確になっていれば、OKしてもらえる確率はグンと高くなりますよ。

 

女性をデートに誘う際の会話方法

 

女性をデートに誘うメールの方法は別のページで紹介しました。

直接顔を合わせて誘う時もほぼ一緒です。

そちらのページを参考にしてください。

参考記事:「女性をメールでデートに誘う方法~断られない誘い方とは?」へ

 

デートに誘って断られる原因と対処法

 

きちんとデートに誘う理由を示したうえで、誘い方も間違っていない場合、それでも断られることがあります。

それは、女性との距離が縮まっていない、という場合が多いです。

極端な話ですが、初対面の女性を全く話もしていない状態でデートに誘っても、そう簡単にはOKしてくれないですよね。

また、挨拶はするけど、世間話などをほとんどしない関係でも、デートの誘いになかなかOKしてもらえないです。

世間話はするけど、ただの顔見知りという関係だと、OKしてくれる可能性は五分五分くらいですね。

まあ、状況次第でOKしてくれる可能性は高くなることも低くなることもありますけどね。

友達、あるいは仕事の良きパートナーと言える関係になると、OKしてくれる可能性は高くなります。

友達と言える関係の女性を食事に誘ったら断られた、という話はほとんど聞かないですけどね。

僕は女友達を食事に誘って断られたことは一度しかないですけどね。

その時は「彼氏以外の男性と2人で出かけるのはちょっと…」と言われて断られましたけどね。

そういった、どうしようもないケースを除けば、友達と言える関係の女性をデートに誘って断られることってまずないと思います。

ですから、デートに誘って断られた場合、できるだけ友達と言える関係まで距離を縮めるといいでしょう。

 

職場の女性に片思いしている場合、職場の雰囲気で距離を縮めにくいこともあると思います。

そんな時は、周りの人たちに協力してもらって数人で食事に行ったり、あるいはメル友と言える関係になったりするなどして、距離を縮めたほうがいいですよ。

 

基本的に、女性と友達になれないのに、それ以上の関係になることは非常に難しいです。

顔見知りからいきなり恋愛対象に見られる方法はあるにはあります。

「吊り橋効果」と呼ばれるものなどを使えば、徐々に距離を縮めなくてもいきなり恋愛対象に見られることはできます。

しかし、非常に難しいです。

片思い中の女性と、まずは友達関係にならないと恋愛対象とみられるのは難しいという事を認識し、まずは友達と呼べる関係になることから始めたほうがいいですよ。

 

片思い中の女性と友達と言える関係になるには、会話が非常に重要になります。

女性と会話を盛り上げ、距離を縮める方法は別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

 

 「女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!」へ


 

top2datesasou