人気キャバ嬢が惚れるお客様の特徴!キャバ嬢を口説き落とすために!

 

人気キャバ嬢 惚れる お客様 特徴 について

 

「人気キャバ嬢を口説き落とせるようになりたいけど、どのようなお客様に惚れるんだろう?」
と、あなたは考えたことはありませんか?

どのようなタイプのお客様に惚れるのかが分かると、人気キャバ嬢を落としやすくなるかな、と思いますよね。

 

そこで、僕が口説き落とした数人の人気キャバ嬢に聞いた、人気キャバ嬢が惚れるお客様の特徴を紹介します。

僕がお店に行かなくなってから聞いた話なので、営業用の文句ではなく、ある程度は本音を言ってくれています。

その本音から見えてくる、人気キャバ嬢が惚れるお客様の特徴を紹介します!

 

人気キャバ嬢が惚れるお客様の特徴!

 

人気キャバ嬢が惚れるお客様の特徴は、1つしかありません。

それは、お金を持っているお客様です。

キャバ嬢にもいろいろなタイプがいるんですが、純粋にお金が好きなキャバ嬢もいるんです。

僕が聞いた話だと、キャバ嬢の2~3割はお金が大好きだ、という事なんです。

多少、話を盛っている可能性がありますので、実際にはこれよりも少ないかもしれませんけどね。

ただ、純粋にお金が好きなキャバ嬢がいる、ということは間違いのないことのようです。

そういうキャバ嬢であれば、お金を持っているところを見せるだけで惚れてくれる、ということですよ。

 

お金が好きなキャバ嬢なら、少々触っても、少々嫌味っぽいことを言っても、惚れてくれるということです。

ただ、限度はあるとは思いますけどね。

 

では、残りの8割くらいのキャバ嬢はどうなのか、と言いますと、お客様に惚れることは、まずないという事なんです。

 

キャバ嬢はお客様と付き合うことが多いです。

キャバ嬢の半分以上はお客様と付き合ったことがある、という事なんです。

それで、お金が大好きなキャバ嬢は、お金持ちのお客様と付き合いますよね。

それ以外のキャバ嬢は、上司などの付き合いくらいでたまたま店に来たことがあるけど、ほとんどお店にはこないお客様が多いそうです。

つまり、指名もせずたまたま1回話してメルアドを交換をしただけで、それだけで付き合ったという事なんですよ!

一応、1度は店に来ているのでお客様にはなるけど、実際にはお客様ではない、と考えることができますよね。

 

また、ヘルプに何回か付いたことのあるお客様と付き合ったことのあるキャバ嬢も少なくない、ということです。

つまり、指名してくれなかったのに付き合った、ということです。

 

これは、指名してくれるお客様は、売上を上げることだけしか考えることができなくなってしまって、男として見ることができなくなるので、惚れることはまずない、ということなんです。

まぐれか偶然でもない限り、キャバ嬢は指名してくれているお客様と付き合うことはまずない、ということです(お金好きのキャバ嬢を除く)。

 

また、ヘルプだと売上を上げようとすることってあまりないですから、お客様としか見なくなることはあまりない、とも言っていましたね。

 

ということは、お金持ちでもない限り、指名しているキャバ嬢に惚れられることはほぼない、という事になります。

 

ただし、お金が好きなキャバ嬢は少ないですから、口説き落とせる確率はやや低くなります。

しかも、惚れたとしても口説き落とされないように頑張るキャバ嬢が多いです。

口説き落とされたら、そのお客様は基本的にお店には来なくなりますよね。

すると、そのキャバ嬢の売上は下がります。

キャバ嬢は指名客の売上が高くなれば高くなるほど、給料が高くなります。

という事は、お金持ちのお客様に口説かれると、給料が下がる、という事になりますね。

お金が好きなキャバ嬢が給料を減らすようなことはしませんので、惚れても頑張って口説き落とされないようにするんです。

 

という事は、指名し続けてるキャバ嬢を口説き落とすのはかなり難しい、という事になりますよ。

 

人気キャバ嬢を口説き落とすには?

 

人気キャバ嬢を口説き落とすには、そのキャバ嬢のお客様(指名客)にならないほうがいいです。

プライベートの関係になるために1~2回指名する必要があるんですが、それ以上指名してしまうと、お客様としてしか見てくれなくなってしまって、男として見てくれなくなります。

そうなったら、口説き落とすことは非常に難しくなります。

 

人気キャバ嬢の落とし方は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

キャバ嬢は都心よりも地方のほうが口説きやすいってホント?

キャバ嬢 地方 口説きやすい について

 

僕は先日、ちょっと用事があって、東京駅から新幹線で1時間ほどのところに行ってきました。

そして、夜はキャバクラに行ってきました。

 

地方のキャバクラには今まで何回か行ったことがあります。

その時にはいつも、東京のキャバクラとはちょっと違うなぁ~!と実感しています

 

よく、キャバ嬢は都心よりも地方のほうが口説きやすいなんて言われています。

また、都心と地方のキャバクラの違いがいろいろ言われていますよね。

そこで、僕が実感している東京と地方のキャバクラの違うところを先日の体験談から紹介します。

 

都心よりも地方のキャバ嬢のほうが口説きやすいってホント?

 

まず、僕が地方のキャバクラに行って感じるのが、接客が下手ですね。

褒め方がわざとらしい、お世辞だとすぐにわかるような褒め方でしたね。

 

「会社ではモテるでしょう!」
「なんだか一緒にいると落ち着く!」
「話しやすいから、お客様であることを忘れちゃう(友達のように親しく話ができる)!」

などなど、非常にわかりやすいお世辞の連発でした。

 

そしてこの時は、あまり聞き上手でもなく、一人でよく話をしていましたね。

僕は普段は女性と話をしているときは、聞き役になっています。

それで、自分からあまり話ができないので、「話がしたい!」という欲求が強くなります。

その欲求を晴らすかのごとく、キャバクラでは僕が一方的に話すことが多いです。

というか、キャバ嬢が話させるのが上手だから、自然と「話したい!」という欲求を晴らすことができるんですけどね。

でも、この時はキャバ嬢が一生懸命話をしていて、僕はあまり話をすることができませんでした。

一生懸命話をしたほうが、お客様に受けるとでも考えているのではないか、と思えたくらいです。

 

基本的にトークは地方のキャバ嬢のほうが下手です。

こちらが話を盛り上げないと、話が盛り上がらないかキャバ嬢が一方的に話をしているかのどちらかが多いです。

 

それでこの時、2セットで帰ろうとしたら、キャバ嬢に、
「もう少し一緒に飲みたいなぁ!」
と、延長をお願いされました。

これは地方のキャバ嬢では、珍しいことではないですね。

東京のキャバクラの場合、自動延長の場合、僕が「帰る!」と言っても、延長をお願いされることは今までなかったです。

1セットごとに延長するか確認する店でも、男性従業員が「延長してください!」とお願いすることは当たり前のようにありますが、キャバ嬢が延長をお願いすることは今までなかったと思います。

 

それでこの時、キャバ嬢に延長を頼まれた時、僕が、
「せめて、アフターに付き合ってくれるくらいのサービスはしてくれないとねぇ!」
と言いました。

キャバ嬢は、
「それはちょっと…」
と言ったので、僕は、
「じゃあ、帰る!」
と言いました。

そうしたらそのキャバ嬢は、
「わかった、わかった!じゃあ、アフター付き合うからラストまでいてくれる?」
と言いました。

ものすごく簡単にアフターの約束をすることができましたね。

 

東京では場内指名の場合、こんなにも簡単にキャバ嬢をアフターに誘うのは難しいと思います。

何回か本指名していれば話は別ですけどね。

 

ちなみに、場内指名でここまで簡単にアフターに誘うことができるのは、地方のキャバクラとはいえ珍しいです。

ただ、東京のキャバクラよりも比較的簡単にアフターに誘うことができます。

地方のキャバクラなら、次回また来ることをちらつかせればそんなに難しくはないですけどね。

 

それからこの時は、ラストまであと2セット延長して、アフターに付き合ってもらいました。

2人でカラオケ屋に行って、2時間ほど過ごしました。

 

カラオケ屋を出てから、僕はそのキャバ嬢をホテルに誘いました。

そうしたら、初めは多少抵抗していましたが、比較的簡単に一緒にホテルに入ることができましたよ。

あとは、やることだけはやって、一緒に昼まで寝ていましたよ。

 

という事で、地方のキャバクラは、客としていくのはちょっと物足りない感じです。

この時は
「なんで金払ってまでキャバ嬢の話を聞かないといけないんだぁ!」
なんて、言いたくもなりました。

 

でも、口説き落とすのは簡単です。

 

東京でも簡単に口説き落とすことのできることは、稀ですがあります。

でも、そんなことはめったにありません。

 

地方のキャバクラに行ったのは今まで何回かありますが、毎回だいたいは同じような感じです。

キャバ嬢にもよりますが、東京のキャバ嬢よりも口説きやすいですよね。

ラストまでいたら、その後アフターに付き合ってもらって、そして、ホテルに連れ込むことのできる確率が50%くらいはあるんじゃないか、と思えるくらいです。

 

また、料金は安いです。

このときは4セットで3万円くらいでした。

だいたいそれくらいか、それよりも安いところもあります。

それで交通費や宿泊代など考えても、東京のキャバクラに行くよりも安くなる場合もあります。

 

都心で「なかなかキャバ嬢を口説くことができない!」と悩んでいるのであれば、まずは地方のキャバ嬢を口説くことから始めるといいかもしれません。

 

さて、キャバ嬢の口説き方は別のページで紹介しました。

こちらで紹介している方法は、都心でキャバ嬢を口説くことを想定して書いた記事です。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術

 


kyaba

キャバ嬢に「気があるのかな?」と思わせると口説き落とせるか?

キャバ嬢 気があると思わせる 口説く について

 

「キャバ嬢に『気があるのかな?』と思わせると、口説きやすくなるかなぁ?」
と、考えたことはありませんか?

一般の女性であれば、そのように思わせれば口説き落としやすくなることがあります。

どんなにモテる女性だって、男性に気に入られれば嬉しいと思うでしょう。

そして、男性として見てくれるようになることもあるので、恋愛に発展することもあるでしょう。

 

では、同じようにキャバ嬢に対しても気があることを分かってもらうと、口説き落としやすくなるのでしょうか?

 

キャバ嬢に「気があるのかな?」と思わせると口説き落としやすくなる?

 

キャバ嬢を口説き落とそうと思ったら、まずは指名しますよね。

指名するということは、「気に入った!」という事をキャバ嬢に伝えているようなものですよね。

 

それで、キャバ嬢を指名する理由は人それぞれですよね。

話をしていて楽しいから、娘みたいでかわいいから、などなど、恋心があまりないけど指名することもあるでしょう。

 

ただ、半分以上はキャバ嬢を女性として気に入ったから指名しているんだと思います。

その場合、ほとんどの人は最低でも「キャバ嬢を口説き落とすことができたらいいなぁ」と思うのではないでしょうか?

そして、本気で口説き落とすことが目的で指名する人も多いと思います。

 

それで、キャバ嬢はお客様が指名した目的がだいたいわかります。

女性は勘が鋭いという事もあります。

そして、キャバ嬢は毎日たくさんのお客様に接して指名をもらっています。

ですから、指名した目的を読み取る力は自然と身に付きますよね。

 

お客様の心を読み取ることができないと、接し方を間違えてしまい、指名してもらえなくなることだってあるのです。

例えば、色恋営業がうっとおしいと思っているお客様に色恋営業をしたら、もう指名してもらえなくなりますよね。

逆に口説き落とすことが目的で指名しているのに、「恋愛は、もうしたくない!」なんて言ってしまったら、指名してもらえなくなりますよね。

 

ですから、キャバ嬢は指名を増やすためにも、お客様の心を読み解く力を磨いている、と言ってもいいでしょう。

ということは、わざわざキャバ嬢に気があることを伝えようとしなくても、すでに伝わっている、と思ったほうがいいです。

ですから、キャバ嬢を口説こうと思っているのであれば、もうすでにその気持ちは伝わっていますから、あえて伝えようとしなくても大丈夫です。

 

では、キャバ嬢が「私に気があるのかなぁ?」と思ったとします。

そうしたら口説きやすくなるのかといえば、そんなことはありません

口説きにくくなるかもしれませんが、口説きやすくなることはまずありません。

 

キャバ嬢は「私に気があるかな?」と思ったら、その気持ちを利用して売り上げを伸ばそうとします。

来店回数を増やさせ、そして、1回に使う金額を増やそうとします。

お客様に、
「お店に行く回数を増やすと、口説き落とすことができるかも!?」
「売上に貢献すると、口説き落とすことができるかの!?」
と思わせることができれば、来店回数も金額も増やすことができますよね。

それでキャバ嬢は、
営業メールで「店に来てくれたら惚れるかも?」という意味を秘めたメッセージを送ってきたり、
あるいは「シャンパン入れてくれたら惚れるかも?」という意味を暗に込めて、甘えて「シャンパン飲みたいなぁ!」と言ったりするのです。

僕はキャバ嬢に腕をからまれ、胸が僕の腕に触れるようにして、
「ねえ、シャンパン飲みたいな~!」
と言われたことがありますけど、これはお客様の恋心を利用して売り上げを伸ばそうとしている言動ですよね。

 

そして、キャバ嬢がお客様の気持ちを利用して売り上げを伸ばそうと思えば思うほど、そのお客様のことを男として見なくなり、ただお客様とだけ見るようになりますよね。

そうなったら、口説き落とすことがかなり難しくなります。

「お客様」という思い込みが強くなれば強くなるほど、男として見られなくなるので、そこから口説き落とすのはかなり難しくなるのです。

 

ということは、キャバ嬢に「気があるのかなぁ?」と思わせたら、それを利用して売り上げを伸ばそうと考えるだけなので、口説き落としやすくなることはありません。

逆に「お客様」という思い込みが強くなるので、口説き落としにくくなる、そんなことだってあり得るのです。

 

ということは、キャバ嬢には「私に気があるかも?」と思わせないほうがいい、という事になりますよね。

ただし、口説き落とそうと思っているキャバ嬢に、その気持ちを読み取られないようにできるのであれば、かなりの役者ですよ。

 

さて、キャバ嬢の口説き方は別のページで紹介しました。

お店に何度も行かなくても口説き落とすことのできる方法も紹介しています。

興味のある方は、そちらをご覧ください。

 人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術

 


kyaba

キャバ嬢が腕を組んだり手をつないだりする心理!それって脈あり?

キャバ嬢 腕を組む 手をつなぐ 脈あり について

 

「キャバ嬢が腕を組んできたり、手をつないできたりするけど、これって脈ありかなぁ?」
と、思ったことはありませんか?

店内や同伴、アフターなどの時にキャバ嬢から腕を組んできたり手をつないでくることがあると思います。

 

もし、キャバ嬢でなければ脈ありの可能性が高くなりますよね。

じゃあ、キャバ嬢も脈ありなのでしょうか?

キャバ嬢から腕を組んできたり手をつないでくる心理について紹介します。

 

キャバ嬢が腕を組んできたり手をつないでくる心理

 

キャバ嬢が腕を組んできたり手をつないでくるのは、脈ありではありません

ただ、指名し続けてほしいから腕を組んできたり手をつないできたりするんです。

 

キャバ嬢は、落ちそうで落ちない状態にしようとします。

そうしたほうが指名し続けてくれるからです。

キャバ嬢を口説き落とすのが目的でお店に行く人は多いですが、そういう人に対して落ちそうにない態度を取ったり、あるいは逆に落ちてしまったら、指名してくれなくなります。

 

落ちそうで落ちない状態にするために、キャバ嬢は好意があるように思わせようとします。

自分に好意がある女性なら、普通は口説き落とすことができる、と考えてしまいますよね。

だから、腕を組んだり手をつないだりして、好意があるように思わせるんです。

 

しかし、腕を組んだり手をつないだりして好意があることを示しているのに、口説いても落ちないんです。

これは、落ちそうで落ちない状態になりますよね。

そうなると、お客様は「今度お店に行けば口説き落とすことができるだろう!」と思ってお店に行くわけですね。

でも落ちないと、「今度こそ落とすことができるだろう!」と思って、再びお店に行きますよね。

落ちそうで落ちない状態になると、この繰り返しになりますので、お店に来て指名し続けてくれることになります。

 

キャバ嬢にしたら、イヤな人であっても指名してくれるのであれば、腕を組んだり手をつないだりすることは、なんとも思っていないですよ。

 

立場を逆にして考えると、例えばあなたが汚いおばちゃんと腕を組んだり手をつないだりするだけで1万円もらえるのであれば、おいしいと思いませんか?

キャバ嬢がお客様と腕を組んだり手をつないだりする心理は、おばちゃんと手をつないでお金をもらう男性の心理とあまり変わらないです。

 

指名をもらうためにはキスもいとわない、そういうキャバ嬢だっています。

しかも、そんなに珍しくはないと思います。

僕は同伴の時にキャバ嬢にキスを迫ることがよくありますが、あまり拒否されないです。

居酒屋などで個室ならキスできることが多いですよ。

さすがに人前だと拒否されるでしょうけどね。

他の指名客に見られたら、面倒な事になったり指名が減ったりしますからね。

人目が気にならないところなら、キャバ嬢とキスくらいはできることが多いですけどね。

ですから、指名をもらうために好きでもないお客様とキスすることをいとわないキャバ嬢は多いような気はします。

好きでもない人とキスするキャバ嬢なら、好きでもない人と腕を組んだり手をつないだりする事なんて、へっちゃらですよね。

 

あと、お尻や胸などを触られるのを防ぐために腕を組んだり手をつないだりする事もあるそうです。

キャバ嬢から腕を組んできたり手をつないできたら、触ってきそうな雰囲気を醸し出しているのかもしれませんよ。

 

あと、こちらから手をつないだりしたときに、拒否するキャバ嬢はそんなに多くはないと思います。

これは、拒否したら指名してくれなくなるのではないか、と思っているだけです。

色恋営業(好意があるように思わせて接客すること)をしないキャバ嬢でも、こちらから手をつないだ時に拒否することは少ないと思いますよ。

 

ここまでの話で、キャバ嬢以外の女性であれば脈ありサインになのに、それがキャバ嬢だと脈ありサインにならないです。

腕を組んだり手をつないだりキスをしたりすること以外でも、普通は脈ありなのにキャバ嬢だと脈ありにならないことはたくさんあるのです。

 

しかし、キャバ嬢が脈ありなのかどうかを見分ける方法が1つだけあります。

キャバ嬢の脈ありサインについては別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「キャバ嬢の脈ありサイン~これってひょっとして惚れてる?」へ

 


kyaba

キャバクラでただのいいお客様とモテる男の違いとは?

キャバクラ ただのいいお客様 モテる男 違い について

 

キャバ嬢を口説くためには、大雑把にいうと、キャバ嬢の嫌がることをせず喜ぶことをするといい、なんてことがよく言われますよね。

具体的なことは後ほど紹介します。

ただ、キャバ嬢の言いなりになってしまうと、ただのいいお客様になってしまいます。

営業メールが来たら店に行き、ドリンクやフードなどを入れてほしいと言ったら入れ、ラストまでいて欲しいと言われたらラストまでいる、これって典型的なカモですよね。

だからといって、キャバ嬢の頼みを拒否し続けていたら、落とすのは難しくなると思います。

 

ですから、キャバ嬢にとってただのいいお客様(カモ)になるか、それとも惚れさせることができるのか、どのようにしたらいいのか非常に難しいところです。

一般の女性に対して、ただのいい人になるか、それとも恋愛対象として見られるかの違いよりもはるかに難しいです。

 

僕は今まで何十人ものキャバ嬢を口説き落としていますが、1人を除いてお店に行って本指名するのは3回までで、あとはお店に行かずに口説き落としています。

ですから、キャバクラでどのような態度をしていればモテるのか、僕にははっきりとはわかりません。

そして、口説き落としたキャバ嬢に、ただのいいお客様と恋愛対象として見るようになる男性との違いを聞きましたが、よくわからないという事なんです。

 

ただし、キャバ嬢に恋愛対象として見られているかどうかを判断する方法は1つだけあります。

 

そこで、ここではキャバクラでモテるようになる方法として言われていることと、ただのいいお客様とモテる男の違いについて紹介します。

 

キャバクラでモテる男とは?~よく言われていること!

 

キャバクラでモテるにはどうしたらいいのか、よく言われていることは以下の通りです。

・ケチケチしない
・触らない
・嫌がることを言わない
・キャバ嬢を見下さない
・指名が重なりヘルプが続いても嫌な顔をしない
・指名しているキャバ嬢が席を離れる時は笑顔で送り出す
・ヘルプにも優しく接する
・ボーイさん(男性従業員)にも優しく接する
・キャバ嬢、ボーイさんがそそうをしても嫌な顔をしない
・不満があっても文句を言わない
・自慢話、武勇伝はしない
・キャバ嬢を楽しませる
・口説かない、アフターや店外デートに誘わない

 

今、思いついたことを箇条書きにしてみました。

他にもいろいろあります。

とにかく、キャバ嬢が嫌がることをせず喜ぶことをすればいい、という事になります。

 

ただ、ただのいいお客様もこれらのことをしますよね。

僕はこういうのを見ると、ただのカモになる人の特徴のように思えるんですけどね。

 

しかし、これらのことができないと、キャバ嬢にはモテないでしょう。

僕が口説き落としたキャバ嬢に聞いても、これらはモテる最低条件だと言います。

 

じゃあ、ただのいいお客様とモテるお客様の違いを聞くと、
「う~ん…?」
と、ハッキリとした答えは返ってこないです。

ちなみに、ガツガツしているとカモなりやすく、余裕のある態度をしているとモテやすいということは言います。

じゃあ、余裕のある態度の男性ならモテるのかと言えばそういうわけではない、ということです。

余裕があるけどモテる男とモテない男の違いはよくわからない、ということですね。

ただ、ガツガツしていないとちょっとカモにはしにくい、なんて言っていましたね。

余裕のある態度の男性に対して無理を言うと、もう指名をしてくれなくなりそうな気がして、カモにはできないということです。

ただ、いいお客様だとは思う、ということですよ。

 

その他、いろいろな事を聞きましたが、ただのいいお客様とモテる男との違いはハッキリとわかりませんでした。

 

ただ、ただのいいお客様と惚れた男の人に対しては、1つだけ違うところがある、という事なんです。

それは「営業メール」です。

ただのいいお客様には、お店にきてほしいことを漂わせる内容の営業メールを送る、カモなら「お店に来て!」とストレートな営業メールを送るということです。

それに対して惚れた男性に対しては、失礼のないようにあいさつ程度のメールはするけど、店に来てほしいことをほのめかすメールはあまりしない、という事です。

 

ただ、お店に来てほしいことを漂わせているメールと、ただの挨拶のメールの区別は難しいです。

キャバ嬢もそのあたりは上手ですから、営業メールと思われないように店に来てほしいことを漂わせています。

見せに来てほしいことを漂わせるメールのキーワードがあります。

それは「出勤」「会いたい」です。

 

「今からお店に向かいます(今から出勤します)。」
「今、お店にいます(出勤中です)。」
「明日は出勤です。」
このような文章が入っていたら、前後がどのような内容でも、お店に来てほしいことを漂わせています。

例えば、
「私は、今お店にいます。○○さんはまだお仕事中ですか?お体には気を付けて頑張ってください!」
というメールは、
「もし、お仕事終わっていたらお店に来てくれませんか?」
という意味が含まれています。

あと、
「今日はコスプレなので、服を買ってから出勤します!」
というメールは、
「今日はコスプレなので、お店に来てくれませんか?」
という意味が含まれています。

これらはまだわかりやすい方ですが、もう少し巧みに営業メールと思わせずにお店に来てほしいことを漂わせるメールを送ってきたりもします。

とにかく、お店のことに少しでも触れていたら、お店に来てほしいと誘っている、と考えていいです。

 

あと、「会いたい!」というのも、お店に来てほしいことを漂わせています。

「話があるから会いたい!」
とメールの内容は、
「本当は話すことはなく口実だけど、お店に来て欲しい!」
ということですよ。

 

それに対して、惚れた男性に送るメールとお客様に送るメールの内容は、キャバ嬢自身もあまり区別がつかないそうです。

お客様に対しても、惚れた男性に対しても、お店が休みの日に
「今日は、友達とバーベキューに行ってきたよ!」
というような、完全にプライベートの内容のメールは送る、ということです。

また、お客様によっては、お店に来てほしいことを漂わせる内容のメールを送らないこともある、という事なんです。

お客様に対しては、お店に来てほしいからメールするんですが、内容に大きな差はない、ということです。

 

ということは、お店のことに少しでも触れられていたら、ただのお客様としか見ていない、という事にはなるけど、そういったメールを送ってこないからといって惚れたことにはならない、という事になりますよね。

 

ただ、一つだけただのいいお客様なのか、それとも本当に惚れているのか、決定的な大きな違いはあります。

それは、お店に行かなくても会うことができるのであれば、そのキャバ嬢は惚れている、という事になります。

店外デート(お店がお休みの日に会うこと)ができたとしても、お店に来てほしいようなことを言うのであれば、お客様だということです。

それ以外で、ただのいいお客様なのか、それともキャバ嬢が惚れているのかを判断する明確な方法はありません。

 

キャバ嬢は、お客様に惚れているフリをしている(色恋営業)ことが多いです。

ですから、キャバ嬢の言うことを鵜呑みにはできません。

また、キャバ嬢曰く、お客様の顔が福沢諭吉(1万円札)だと思えば、好きだという感情が出てきてしまう、ということです。

だから、好きな人と同じような態度で接することができるそうですよ。

逆に、お客様のことが福沢諭吉に見えないと、色恋営業なんてやってられない、なんて言っていましたけどね。

ですから、キャバ嬢の言動や態度で惚れているかどうかを判断するのは、かなり難しいですよ。

 

キャバ嬢を口説き落とすには?

 

今まで紹介してきたとおり、キャバ嬢自身もただのお客様とモテる男との区別がわからない、ということです。

そして、キャバ嬢はお客様に恋愛感情を持つとしても、数十人に1人くらいだそうです。

ということは、キャバ嬢を口説こうとするとカモにされる可能性が高い、という事になります。

 

ちなみに僕は、キャバクラに通って指名し続けて口説き落とす方法を知りません。

ただ、2~3回本指名して、プライベートで連絡が取れるようにして、そして口説き落とすことはできています。

そのほうが、キャバ嬢を口説くのは簡単です。

キャバ嬢とプライベートで会うことができるようになると、ものすごく簡単に口説き落とすことができるんです。

キャバ嬢は精神的に不安定な人が多いんですが、そのせいなのか、それとも尻軽が多いからなのか、簡単に口説き落とすことのできる理由はいろいろ考えることができます。

ただ、めちゃくちゃ簡単に口説き落とすことができるのは確かです。

 

キャバ嬢を口説き落とす方法は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

辞めたキャバ嬢と連絡が取れない!そのキャバ嬢を口説き落とせるか?

キャバ嬢 連絡取れない について

 

「口説き落としたいキャバ嬢と連絡が取れないんだけど、どうしてだろう?」
と、悩んだことはありませんか?

キャバ嬢がお店を辞めてからも仲良くしよう、と約束をしていたのに、突然連絡が取れなくなるなんて…

かなり落ち込んでしまうのではないでしょうか?

 

そこで、ここではやめたキャバ嬢と連絡を取ることができない場合、そのキャバ嬢を口説き落とすことができるのか、検証します。

 

辞めたキャバ嬢と連絡が取れない場合、口説き落とすことができる?

 

まず結論から言いますが、連絡の取れないキャバ嬢を口説き落とすのはほぼ不可能です。

「お店をやめたら付き合おう!」
「お店をやめても仲良くしてね!」
と言っていたとしても、口説き落とすのはほぼ不可能です。

二度と連絡を取ることができない、と考えたほうがいいですよ。

 

「お店をやめたら付き合おう!」
「お店をやめても仲良くしてね!」
などとキャバ嬢が言うのは、指名してもらうためです。

キャバ嬢は指名をもらうためには手段を選ばない、と考えたほうがいいです。

「枕営業」という言葉がありますが、指名してもらうためにイヤなお客様と肉体関係を持つキャバ嬢だっているんです。

であれば、「お店をやめてから付き合おう!」と、思ってもないことを言う事なんて、なんとも思わないですよね。

 

特に、キャバ嬢に告白すると、
「キャバ嬢を辞めるまでは彼氏を作らないことにしてるから、お店をやめてから付き合おう!」
なんて言われることが多いですよ。

また、告白しなくても、色恋営業でそのように言う事はあります。

これらは全て指名をもらうために言っているだけで、お店をやめても付き合おうなんてさらさら思っていません。

お店をやめたら携帯を解約してしまえばいい、と思っているので、そういった嘘を平気で言うことができるのです。

 

そしてもう一つ、キャバ嬢は一般の女性と比べるとお金に対する執着心が強いです。

お金に困っているキャバ嬢もいますし、ブランド好きだったり、ホストにはまっていたり、根っからお金が好きだったり、理由はキャバ嬢によって違いますが、とにかくお金に対する執着心は強いです。

ですから、収入を増やすためなら平気で嘘をつきます。

お客様が真剣に惚れているのにもかかわらず、それを利用して売り上げを伸ばし、収入を増やそうとしているんです。

 

ですから、お店をやめてから付き合う事になっていたとしても、連絡が取れないのであれば、それは付き合う気がないのに指名をもらうためにそのように言っていただけなので、口説き落とすことはほぼ不可能です。

 

さて、キャバ嬢が店をやめたかどうかわからないけど、連絡が取れなくなることもあると思います。

そういう場合は、一度お店に連絡してみてください。

「やめました!」と言ってくれるお店もありますが、なかには「長期休暇です!」という場合もあります。

長期休暇と言われたら、やめたと思っていいですよ。

 

「○○ちゃん(キャバ嬢の名前)、今日出勤してますか?」
と聞くと、やめている場合でも、
「お休みいただいています!」
と答えることがあります。

その場合、
「次はいつ出勤しますか?」
と聞くと、
「未定です」or「長期休暇です」
と答えることが多いです。

これは、とりあえずお店に来てもらって、他のキャバ嬢を指名してもらうためにそう言っているそうです。

ですから、「出勤未定」とか「長期休暇」とか言われたら、やめていると思ったほうがいいですよ。

まれながら、お店からキャバ嬢に連絡が取れなくなって、そのように言っていることもあるそうですけどね。

 

それで、もしやめているのであれば、口説き落とすのは難しいと思います。

ただ、やめていなかったら、一度お店に行って、なぜ連絡が取れなくなったのか聞くといいですよ。

出勤しているのに連絡が取れない場合は、キャバ嬢が携帯をなくしたので連絡が取れなくなった、なんてことがあります。

嫌いだから、メールの返信をしない、電話に出ない、という事は非常にまれなケースだと思っていいです。

指名を取るために手段を選ばないキャバ嬢が、嫌いだという理由だけでメールの返信をしない、なんてことは珍しいです。

ただ、キャバ嬢にも限度というものがありますから、嫌いだからメールの返信をしない、という事もあり得るんですけどね。

 

さて、キャバ嬢の口説き方は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

キャバ嬢に冷たくすると口説き落としやすくなるってホント?

キャバ嬢 冷たくする 口説き落とす について

 

キャバ嬢に冷たい態度で接すると口説き落としやすくなる、なんて言わることがありますよね。

キャバ嬢は、毎日のように何人もの男性のお客様に口説かれています。

ですから、口説かないほうがキャバ嬢を惚れさせることができるのではないか、そして、冷たくしたほうが口説き落としやすくなるのではないか、と考えられているようです。

 

では、本当にキャバ嬢に冷たい態度で接すると口説き落としやすくなるのでしょうか?

僕が口説き落としたキャバ嬢に聞いてみました。

僕はそのキャバ嬢にお店に行かなくても会うことができていますので、お客様向けの営業文句ではなく、本音を言っていると考えていいでしょう。

 

キャバ嬢に冷たくすると口説きやすくなるってホント?

 

キャバ嬢が言うには、キャバ嬢に冷たくすると口説きやすくなる、というのは嘘だと考えたほうがいい、ということです。

 

そもそも、指名をした時点でキャバ嬢のことを気に入っている、という事を知らせているようなものですよね。

それにもかかわらず、冷たい態度を取ったところで下心丸見えだということです。

ですから、冷たい態度を取ったら逆に男として軽蔑する、ということですよ。

 

という事ですので、キャバ嬢に冷たくしても口説きやすくはならない、と考えたほうがいいでしょう。

 

キャバ嬢に限らず、女性を口説き落とすには冷たくしたほうがいい、と言わることがありますよね。

これは、最初から冷たい態度で接すれば口説き落とすことができる、という事ではありません。

 

女性は追いかけられると逃げたくなります。

しかし、今まで追いかけられていたのに、急に追いかけられなくなると寂しい思いをしてしまいます。

急に追いかけるのをやめる、というのは、冷たくするということですよね。

 

ですから、タイミングよく女性に冷たい態度で接すれば、女性を口説き落としやすくなります。

しかし、初対面でいきなり冷たい態度で接したら、ただのイヤな奴です。

それで口説きやすくなることは非常にまれです。

そんなことはまずあり得ない、と思ったほうがいいですよ。

 

そして、女性に冷たくした場合、その女性は惚れさせ口説き落とすために冷たくしている、という事がわかります。

女性は男性と比べるとかなり敏感です。

それで、口説き落とすために冷たくしているという事がバレたら、まず軽蔑されてしまうでしょう。

女性は卑怯なことをしているという印象を持ってしまいます。

ですから、押してダメなら引いてみたほうがいいですが、冷たくする必要はないですよ。

追いかけるのをやめるだけで十分です。

 

それで、キャバ嬢の場合、毎日たくさんの男性に接しています。

ですから、一般の女性と比べると勘が鋭いです。

それで、キャバ嬢を口説くために冷たくしたら、すぐにバレます。

そして、男として軽蔑されてしまいます。

そもそも、指名しているのに冷たくするのは矛盾していますよね。

 

ちなみに、店に通って指名し続けてキャバ嬢を口説き落とすのは、非常に難しいです。

キャバ嬢は口説かれることに対して免疫を持っているからです。

しかし、お店に通わずプライベートで連絡を取ることができるようになると、簡単に口説き落とすことができるようになります。

 

キャバ嬢の口説き方は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

キャバ嬢は口説くな!惚れさせるには口説かないほうがいいってホント?

キャバ嬢を惚れさせるには口説くな について

 

最近、なぜか、
「キャバ嬢を惚れさせるには口説くな!」
という事を耳にするようになりました。

以前から言われていることではあるんですが、なぜか最近、耳にすることが多くなりましたよね。

 

こういうことを聞くと、
「じゃあ、キャバ嬢を落とすにはどうしたらいいんだろう?」
と疑問に思ってしまいます。

そこで、僕はキャバ嬢にこの事を聞きました。

口説き落としたキャバ嬢で、お店に行かなくてもデートすることができているキャバ嬢ですので、そんな的外れなことは言っていないと思います。

では、ここでは「キャバ嬢は口説くな!」というのは本当のことなのか、1人のキャバ嬢の考えをもとに紹介します。

そして、キャバ嬢を口説く方法も紹介します。

 

「キャバ嬢を口説くな!」というのはホント?

 

「『キャバ嬢は口説かないほうが惚れさせることができる!』というのは、ある意味本当のことだけど、あまり真に受けないほうがいい!」

というのが、僕がキャバ嬢に聞いたときに返ってきた答えでした。

 

キャバ嬢は、ほぼ毎日のように何人もの男性に口説かれています。

キャバクラに通う男性の半分以上は、キャバ嬢を口説くのが目的なので、毎日何人もの男性に口説かれている、ということです。

それで、お客様に口説かれるのはもううんざりしている、という事なんです。

だから、口説くお客様には無条件で好印象を持つことができない、という事なんです。

 

ただし、口説かれることに対してうんざりしていて、もう口説かれたくないという気持ちが強いからそのように言っている可能性がかなり高い、とも言っていました。

つまり、惚れる惚れないに関係なく、とにかく口説かれる事に嫌になっているから、そのように言っている可能性が高い、という事なんです。

 

そして、口説かないお客様に惚れたことがある、というのは、営業トークの可能性が高いということです。

つまり、口説かずお店に通えばキャバ嬢を惚れさせることができる、とお客様に思わせれば、簡単に通わせることができるから、そのように言っている可能性が高い、という事なんです。

 

だから、「キャバ嬢は口説くな!」という事は真に受けないほうがいい、という事でした。

 

ちなみに、キャバ嬢が惚れる絶対条件は、やっぱり口説かないことだそうです。

では、口説かなければキャバ嬢が惚れるのかというと、そういう事は滅多にない、ということです。

1年間で、多くても2~3人のお客様が、ちょっと気になる存在になるだけで、惚れることはまずないということです。

ちなみに、人気のキャバ嬢なら1年間で100人以上のお客様から指名されています。

そのうち、3割のお客様が口説かなかったとして30人以上、そのうち多くても2~3人しか気になる存在にしかならない、ということです。

ちなみにちょっと気になる存在のままで、キャバ嬢からデートに誘う事なんて、まずないということです。

店外デートするくらいなら、お客様のことは忘れてゆっくりしたい、ということですよ。

 

という事は、キャバ嬢を落とすには口説かないのが必須条件だけど、口説かずに惚れさせる可能性はかなり低い、と考えるべきではないでしょうか?

僕が口説き落としたキャバ嬢が言っていたことなので、お客様に惚れたことがあったとしても、それは認めないと思います。

ただ、惚れる可能性は相当低い、と考えたほうがよさそうです。

 

口説いてもダメ、口説かなくてもダメなら、どうしたらキャバ嬢を落とすことができるんだろう、なんて思いませんでしたか?

キャバ嬢を口説き落とすには、少しでも早くお客様とキャバ嬢の関係をやめて、プライベートで仲の良い関係になることです。

つまり、お店に行かなくても連絡を取り合ったり、遊びに行ったりする関係になればいいんです。

キャバ嬢は、お客様に口説かれることにはうんざりしていますが、プライベートでは出会いが少ないせいもあって口説かれることがあまりありません。

だから、プライベートで口説かれることにはうんざりしていないんです。

そして、キャバ嬢はプライベートの関係になると、びっくりするほど簡単に口説き落とすことができるんです。

 

キャバ嬢の口説き方は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

キャバ嬢の口説き落とし方をキャバ嬢に聞いたら、ただのいい客に?

キャバ嬢 口説き落とす 相談する について

 

「キャバ嬢を口説き落とす方法を知りたければ、キャバ嬢に聞くのが一番ではないか?」
と、考えたことはありませんか?

僕の知り合いでそんなことを考えて、キャバ嬢の口説き落とし方をキャバ嬢に聞いた人がいます。

そうしたら、どのようにアドバイスされたのでしょうか?

キャバ嬢の口説き方をキャバ嬢に聞いたらどうなるか紹介します。

 

キャバ嬢を口説き落とす方法をキャバ嬢に聞いたらどうなる?

 

僕の知り合いがキャバ嬢の口説き方を、キャバクラに行ってキャバ嬢に聞いたとき、返ってきた答えは次のような感じでした。

 

・「俺は客だ!」というようなエラそうな態度はしない

・キャバ嬢がドリンクをねだったら、気持ちよく「何でも飲んでもいいよ!」と答える

・男性の方から同伴に誘う。待ち合わせは出勤時間の1~2時間前

・メールはあまりしない。するならお店に行く前か、キャバ嬢からメールが来た時に返事をするだけにしたほうがいい。

・指名がかぶってキャバ嬢が席を離れる時は、気持ちよく送り出す。イヤな顔はしない。

 

こういうことをキャバ嬢から言われたそうですが、それを聞いたとき、僕は、
「それじゃあ、ただのいい客になれって言っているようなものだ!」
と思ってしまいました。

 

同伴をすればキャバ嬢の給料は上がりますから、それを男性から誘うってめちゃくちゃいい客だなぁ、なんて思ってしまいました。

しかも、待ち合わせが出勤時間の1~2時間前って、仕事時間を短くして稼がせろ!と言っているようなものですよ。

 

また、キャバ嬢にとってお客様とのメールは仕事です。

それで、キャバ嬢にあまりメールをしない、という事は、出勤時間以外は仕事をさせるな、と言っているようなものですよね。

これもかなり都合の良いお客様になれ、って言っているようなものです。

 

その他も、ただのいいお客様になれ、って言っているようなものですね。

 

ここまで露骨に「都合の良いお客様になればいい」と言ってくるなんて、予想してなかったですね。

もう少しオブラートに包んだ言い方をするのかと思っていたんですけどね。

 

ただ、これでわかると思いますが、キャバ嬢の口説き方をキャバ嬢に聞いたら、ただのいいお客様になる方法を教えてくれます。

まず、遠回しにでもキャバ嬢を口説く方法を聞こうと思ったら、キャバ嬢は勘が鋭いですから「私を口説こうとしているのかなぁ?」なんて思います。

キャバ嬢は毎日毎日たくさんのお客様に接していますが、ほぼ毎日口説かれていると思っていいです。

ですから、口説かれることに関してはかなり敏感になっています。

それで、ばれないように口説き方を聞き出そうと思っても、すぐにばれてしまいます。

キャバ嬢が「私を口説こうとしているのかなぁ?」と思ったら、キャバ嬢は都合のよいお客様になってほしい、というのが本音ですから、そのようになる方法を教えますよね。

 

また、ヘルプに聞いても、指名しているキャバ嬢を助けるために、都合の良いお客様になる方法を教えます。

ヘルプは指名しているキャバ嬢を助けるために、さまざまなことをしてきます。

それで、指名しているキャバ嬢にとって都合の良いお客様になれば、助けたことになりますので、都合お良いお客様になる方法を口説き落とす方法として教えますよね。

 

キャバ嬢の口説き方を知るには、せめてキャバクラを卒業した女性(元キャバ嬢)やキャバ嬢を口説き落とした男性に聞くべきです。

現役のキャバ嬢にキャバクラに行って聞いたら、都合の良いお客様になる方法を口説き落とす方法として教えてくれますよ。

そして、本当にキャバ嬢のアドバイス通り実践したら、本当にただの都合の良いお客様にしかならず、とても口説き落とすことができるようにはならないですよ。

 

さて、キャバ嬢の口説き方は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

キャバ嬢がLINEで既読スルーする心理!

キャバ嬢 LINE 既読スルー 心理 について

 

「キャバ嬢にLINEしても既読無視されるんだけど、どうしてだろう?」
と、僕は知り合いに相談されました。

これを聞いた僕は、ちょっと信じられなかったんです。

 

僕がキャバ嬢にメールなりLINEをして無視されたことなんてありません。

どんなくだらない内容でも、キャバ嬢ではない一般の女性にLINEしたら既読スルーされるような内容でも、必ず返事をくれます。

キャバ嬢がお客様とLINEをするのは、指名をもらうためです。

ですから、どれだけイヤなお客様であっても、まさか既読スルーはしないだろう、と思っていたんです。

 

それで、僕は口説き落としたキャバ嬢に聞いてみました。

お店には全然行っていませんが2人でデートできる関係なので、本音を話してくれたと思います。

これが、お店に通って指名しているキャバ嬢に聞くと、イメージが悪くならないような言い方をするだけなので、本音はわからないと思うんですけどね。

 

では、なぜキャバ嬢がお客様からのLINEを既読スルーするのか、その理由を紹介します。

あくまで1人のキャバ嬢から聞いた話です。

 

キャバ嬢がLINEで既読スルーする心理

 

まず、キャバ嬢はお客様に対して恋愛感情を持たない、と考えたほうがいいです。

もちろん、指名し続けているお客様に恋愛感情を持つことはあります。

ただ、そういうことはあまりにも少ないですから、そういう事は例外中の例外と考えたほうがいいです。

つまり、キャバ嬢はお客様のことを嫌いになったから、とか、恋愛感情を持つことができないから、とか、そういった理由で既読スルーすることは、まずないです。

ですから、「キャバ嬢が既読スルーするのは、自分のことを嫌いになったからかなぁ?」なんて悩まないほうがいいです。

今まで既読スルーをしなかったのに、急に既読スルーをするようになったのは、今までは好意を持っていたけど、好意がなくなったから、という事もまずありません。

 

そのうえで、キャバ嬢がLINEで既読スルーする理由は、以下のことが考えられます。

 

キャバ嬢が既読スルーする理由

 既読スルーしても店に来てくれる

キャバ嬢がLINEで返事をするのは、お店に来て指名してもらうためです。

もし、既読スルーしても適当な言い訳をすればお店に来て指名してくれる、とキャバ嬢が思ったら、既読スルーすることがある、ということです。

この場合、内容次第(出勤日の確認など)で返信をしなくてはいけないことがあるので、内容は確認しますが、どうでもいい内容であれば返信をしない、なんてこともあるようです。

 

 店に来なくても売り上げに大きな影響は出ない

たまにしか店に来ず、しかも売り上げが小さい場合、店に来なくなったとしても大きな影響はありませんよね。

そういう場合、効率を考えて既読スルーすることがあります。

人気のあるキャバ嬢はたくさんのお客様から指名されます。

それで、指名客全員とLINEをする時間がありません。

その場合は効率を考えて、売上の影響の大きいお客様に絞ってLINEをし、影響が小さい場合は既読スルーすることがある、ということです。

ただ、効率を考えている場合でも拒否はできないので、未読無視をするのは難しいようです。

 

 職務怠慢

やる気のないキャバ嬢は、仕事をサボりますよね。

お客様とLINEをするのはキャバ嬢にとって仕事です。

ですから、既読スルーするという事は、キャバ嬢は仕事をサボっていることになりますよね。

ということで、キャバ嬢の職務怠慢で既読スルーすることがあります。

ただ、「今からお店に行く!」というメッセージが来た時だけは返信をすることが多いので、一応メッセージは確認するようです。

 

 駆け引き

今までLINEを送ったら必ず返信が来ていたのに、急に既読スルーされたら、「なんでだろう?」と気になりませんか?

そう言う思いを何回か繰り返すと、ますますそのキャバ嬢に心惹かれるようになりますよね。

そういった駆け引きのために、既読スルーするキャバ嬢はいるようです。

これは、色恋営業するキャバ嬢に限られるだろう、ということですよ。

 

 出禁になってもおかしくないほどひどいお客様

キャバ嬢は、嫌いなお客様にもLINEの返事はきちんとする、といっても限度はあります。

出禁(お店への出入り禁止)になりそうなほどひどいことをするお客様には、既読スルーするでしょう。

拒否するキャバ嬢もいるかもしれません。

キャバ嬢は「このお客様には来てほしくないなぁ」と思っても、きちんとLINEの返事くらいはしてくれます(一部のやる気のないキャバ嬢を除く)。

しかし、度を越したらLINEの返信をしなくなる、ということです。

「二度と店には来ないでください!」というメッセージが送られてくるかもしれないですね。

ただし、キャバ嬢を泣かせるほどいじめたり、あるいはストーカーに類する行為などよっぽどひどいことをしない限り、こういうことにはならない、と思っても大丈夫でしょう。

 

以上がキャバ嬢がお客様からのLINEを既読スルーする理由です。

 

これは、1人のキャバ嬢の意見をまとめたものです。

ただし、キャバ嬢歴約5年のベテランの考えですので、そんなに的外れなことは言っていないと思います。

ですから、かなり参考にはなると思います。

 

さて、キャバ嬢の口説き方は別のページで紹介しました。

先ほど簡単に触れましたが、キャバ嬢を指名し続けて落とすのはかなり難しいです。

例外と考えてもいいくらいです。

ただし、ある方法を使うと、びっくりするくらい簡単にキャバ嬢を落とすことができるようになります。

興味のある方は参考にしてください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba