「嫉妬のストラテジー」で女心をくすぶることができるか?


嫉妬のストラテジー 女心をくすぶる について

 

恋愛心理学に「嫉妬のストラテジー」というのがあります。

簡単に言うと、女性の嫉妬心を上手に使う事で惚れさせるテクニックです。

woman-228178_640

 

「女性に嫉妬させようとして、本当に女心をくすぶることができるのかなぁ?」
なんて、疑問に思いませんでしたか?

恐らく多くの人がそのような疑問を持つのではないでしょうか?

では、嫉妬のストラテジーは本当に女心をくすぶることができ、惹きつけることができるのでしょうか?

 

嫉妬のストラテジーとは?

 

まずは嫉妬のストラテジーをもう少し詳しく説明します。

 

嫉妬のストラテジーは、女性に嫉妬させ「このままだと他の女性に取られてしまうかもしれない」と思わせることで、女性の恋心をくすぶってしまうテクニックです。

仲の良い女性と付き合いたいと思っても、友達からなかなか進展しない時は、女性が恋心を持っていないと考えることができますよね。

その場合に、その女性に他の女性と仲良くしていることをちらつかせます。

そうすると、「他の女性に取られてしまうかも?」という気持ちを持ってしまうわけですね。

そのように嫉妬させることができると、恋心を持ってもらえる、という事です。

 

仲の良い女性はもちろんですが、このテクニックを上手に使えば初対面の女性の心をくすぶり、惹きつけることもできる、という事です。

 

嫉妬のストラテジーで狙っている女性の女心をつかむことができるのか?

 

さて、肝心なのは、本当に嫉妬のストラテジーで女心をくすぶり、惹きつけることができるのか、という事ですよね。

結論から言うと非常に難しいです。

僕は「嫉妬のストラテジー」を使っている男性を時々見かけることがあります。

しかし、このテクニックを使って女心をくすぶり、惹きつけることのできた人を見たことがありません。

 

それは使い方を間違っているか、あるいは上手に使いこなすことができていないからです。

 

実際に僕が見かけた例を紹介します。

 

合コンで、ある男性が気に入った女性に、他の女性数人に言い寄られていること、そして、過去にたくさんの女性と付き合ってきたことなど、を一生懸命アピールしていました。

「僕はモテるんだぞ~!」とアピールしているかのような感じでしたね。

最後は「僕は今まで数多くの女性を見てきたけど、あなたが一番魅力的だ!」という感じのことを言っていました。

これは、「嫉妬のストラテジー」を使いながら、女性をほめて女心をつかみたかったのでしょう。

しかし、残念ながらアドレスの交換すらできていませんでした。

これは明らかに嘘をついていたのが分かったので、女心をくすぶることができなかったのは当たり前なんですけどね。

でも、これがもし本当のことを話していたとしても自慢話に聞こえてしまいますし、「モテて彼女を作ることができそうなら、なぜ合コンに参加するの?」なんて思われるでしょうから、女心をくすぶることなんてできないでしょうね。

 

また、英会話教室でのことですが、狙っている女性の前で、他の女性といつも仲良く話をしているところを見せ付けている男性がいたんです。

これは明らかに「嫉妬のストラテジー」を使っていたんですね。

その結果、その女性の心をくすぶることはできませんでした。

僕はその女性と2人で食事に行ったときに聞いたんですが、その男性のことを、
「モテるかもしれないけど、なんか私は生理的に受け付けない!」
なんて言っていましたね。

それともう一つ、僕が見ていて思ったんですが、狙っている女性を嫉妬させようとしていたのは行動から明らかだったんです。

そのことを狙っている女性も悟っていたんじゃないかと思います。

そんなことは僕には言わなかったですが、そのことを悟っていても僕には言えないですよね。

恋愛テクニックを使っていることがバレたら逆効果になって嫌われてしまう、という典型例だと思います。

 

あともう一つ、これは女性が男性に嫉妬させたくてこのテクニックを使って失敗した例です。

付き合って半年くらいたったころのことですが、マンネリ化のせいか女性は「本当に私のことが好きなのかなぁ?」と、疑いを持つようになったそうです。

それで、ちょっとだけ嫉妬させるために、他の男性と2人で食事に行ったそうです。

そして、彼氏に「(他の男性と)2人で食事に行って楽しかった!」という話をしていたそうなんです。

それを何回か繰り返した、という事ですが、結局別れてしまいました。

その女性はフラれてしまったんです。

 

以上が、「嫉妬のストラテジー」を使って異性の心をくすぶろうとして失敗した例です。

 

繰り返しになりますが、僕は「嫉妬のストラテジー」を使って女心をつかむことができたところを見たことがありません。

もちろん、僕自身、このテクニックを使ったことがありません。

しかし「嫉妬のストラテジー」は、心理学的に非常に有効なテクニックのはずなんです。

ただし、嫉妬させることができれば、という事になるんですけどね。

 

でも、付き合っている相手を嫉妬させることですら難しいわけですから、ましてや付き合う前の女性を嫉妬させるのは相当難しいと思います。

嫉妬させるつもりはなかったのに、勝手に嫉妬してしまった、なんてことはよくあることですけどね。

「嫉妬のストラテジー」を使わなくても、女性の心を惹きつけ惚れさせる会話を身に付ければ、狙った女性を確実に落とすことができるようになりますよ。

 

 「初対面の女性を落とすまでの会話の流れ」へ

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)