合コンで狙った女性をお持ち帰りする会話術


合コン お持ち帰り 会話術 について

a0002_004451

 

「合コンでイイ女をお持ち帰りしてその日にHをしたい!」
そう考えたことはないでしょうか?

僕は以前は狙った女性をお持ち帰りしたいとずっと思っていたんですが、
なかなかお持ち帰りをすることができませんでした。

しかし、今では狙った女性の2人に1人は、
お持ち帰りできるようになりましたよヽ(^◇^*)/

確かに僕の技術をもっと磨けば、
お持ち帰りできる確率を高くすることができるのかもしれません。

しかし、お持ち帰りできるかどうかは
合コンの雰囲気などによっても大きく影響されます。

では、合コンで狙った女性をお持ち帰りができる条件と
会話の流れを紹介していきます。

 

合コンで狙った女性をお持ち帰りするための準備

 

僕は毎回合コンに参加する前に必ずチェックすることがあります。

それは、合コンをする場所の近くの雰囲気の良いバーとラブホです。

僕は合コンの後、まず狙った女性と2人でバーに行き、
そして、その後ラブホに連れていきます。

もし、近くのバーやラブホが分かっていないと、
うまく連れ出すことができないです。

ですから、合コンに参加する前にはこの2つは必ずチェックします。

 

バーはやや暗めでカウンターで飲めるところ、
個室の場合は半個室のところを選んでいます。

完全個室だったり、個室でなくてもかなり暗いところだと、
女性が警戒心を強くする恐れがあります。

 

また、ラブホは
カラオケやDVD、ゲームなど設備が充実しているところを
選んでいます。

設備が充実しているとホテルに誘う口実が多くなるので、
断られる可能性が低くなります。

 

もし、近くにバーやラブホがなかったら、
その日は狙った女性をお持ち帰りするのをあきらめます。

 

合コンで狙った女性をお持ち帰りするための条件

 

狙った女性をお持ち帰りできるかどうかは、
合コンの雰囲気などのよっても左右されます。

 

まず、女性メンバーが学生の時の友達同士とか、
以前一緒に働いていた仲間などで久しぶりに会う場合、
女性同士で話が盛り上がってしまいがちです。

そうなるとなかなか狙った女性と2人で会話を
することができませんので、
お持ち帰りすることができなくなります。

 

また、合コンによっては幹事などが仕切って
全体を盛り上げようとする場合があります。

全体で話が盛り上がると、
女性2人と会話をする機会がなかなかないので、
お持ち帰りすることができなくなります。

 

また、狙った女性と2人で会話しているときに
他の参加メンバーが割り込んでくると、
お持ち帰りが難しくなります。

 

合コンで狙った女性をお持ち帰りするには、
狙った女性と2人でじっくり会話できる環境が必要になります。

 

とは言いながら、合コンは
異性との出会いを目的に参加する人が多いので、
女性と2人で会話できる機会がない合コンは少ないですけどね。

 

合コンで狙った女性をお持ち帰りする会話の流れ

 

では、狙った女性をお持ち帰りするための会話の流れです。

まずは、女性があなたともっとお話がしたい、
という気持ちを持たせます。

そういう気持ちにさせる会話の流れは
別のページで紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

別記事:合コンで狙った女性と連絡先を交換し、次につなげる会話術

 

そして、
「○○ちゃんともっと話がしたいなぁ~
この後バーに行ってもっと話をしようよ。」
という感じでバーに誘います。

バーの良いところも伝えながら女性を誘います。

1次会の場所で解散した後に別の場所で待ち合わせしたほうが、
女性は誘いにOKしてくれやすいです。

女性は他の人の目を非常に気にします。

2人でどこかに行くところをみんなに見られることに
非常に強い抵抗を感じます。

ですから、2人でどこかに行くところをみんなに見られないようにするために、
別の場所で待ち合わせるようにしたほうがいいです。

 

もしここで「今日はもう時間が…」という感じで断られたら、
次回一緒に食指に行く約束をします。

食事に誘う方法は別のページで紹介しましたので、
そちらを参考にしてください。

別記事:合コンで狙った女性とデートの約束ができる会話術

 

また、誰かが、
「この後みんなでカラオケに行こうぜ!」
などと呼びかけ、狙った女性がみんなと2次会に行きたいという雰囲気になったら、
無理して2人でバーに行かずにみんなと2次会に参加します。

女性が2次会を断ってくれそうなら、2人でバーに行きます。

 

さて、ここでは狙った女性をバーに誘うことができたとして
話をすすめていきます。

 

バーでの会話での会話の流れは、
徐々にHな話をしていきます。

 

初めは、Hを連想する単語を多く使うようにしていきます。

Hを連想させる単語は、
「感じる、気持ちいい、濡れる、やる、入れる、挿入する、いく」
などです。

例えば、
「コップのしずくでコースターがぐちょぐちょに濡れちゃった」
「この前テレビを見るときにコンセントが挿入されていなくて…」
という感じでHな話ではないけど、
Hを連想する単語を会話の中に入れていくようにします。

逆に妊娠を連想する単語は使ってはいけません。

妊娠を連想する単語は
「生、中出し、おめでた、おろす」
などです。

 

そして、女性に対してボディタッチを増やしていきます。

初めは女性に手を触らせるといいです。

「僕、飲むと体が熱くなるんだよね。ちょっとここ触ってみて!」
と言って手の甲を差し出すと、触ってくれますよ。

そして
「かわいい手してるね!僕と比べるとどうだろう?」
といえば、手と手を重ねることができますよね。

その後は、女性の二の腕を時々軽く触れます。

 

ボディタッチを増やすことができたら、
今度は女性にキスの体験談の話をさせキスします。

過去のキスの話をしていると、女性はキスしたくなります。

ですから、女性とキスしやすくなりますよ。

もし、バーで周りの目が気になるようなら、
キスを省略してもあまり大きな影響はないでしょう。

 

そして、エロイことを少しずつ話していくようにします。

「女優の○○○ってエロい体してると思わない?」
「ドラマの○○○の濡れ場ってかなりエロかったよね!」
という感じでちょっとだけエロイ話をしていきます。

 

そして、少しずつエロさを増していき、
最終的には狙った女性と元カレとどのようなHをしていたのか
話をさせます。

どこをせめられたら感じたのか、どんな体位が好きだったのか、
狙った女性のHの体験談を話させます。

 

ここまで来たら、女性の頭の中は、
Hのことでいっぱいになります。

そうなったら、ホテルの誘う事ができる可能性が高くなります。

 

もし、途中で女性が明らかに嫌な顔をしたら、
一度全くHを連想させない話に切り替えます。

そして、初めからやり直しです。

どうしてもエロい話ができなかったら、
ホテルに連れ込むのをあきらめます。

 

女性に過去のHを語らせることができたり、
女性自身の経験談ではなくてもいいのでHの話ができたら、
「ちょっと夜風に当たりたいから散歩しようよ!」
という感じでホテルに向かっていきます。

女性にはただ散歩しているように思わせ、
ホテルに向かってると気づかれないようにして、
ホテルの方向に歩いていきます。

そして、ホテルの近くに来たら、
「ちょっと休憩をしていこうよ!」
といってホテルに連れ込むようにします。

ちょっと抵抗されたら、
「変なことはしないから!」
「この辺治安悪そうだから、公園とかで休憩するのは怖いし…」
「大型スクリーンで映画のDVDを観ることができるから…」
という感じでいろいろ言ってみます。

 

「変なことはしない!」といっても、
ホテルに連れ込むことができたら、Hすることはできますから、
躊躇することなく使います。

僕はホテルに連れ込むことが出来たら、
Hを拒否されたことはありませんが、
もし「変なことしないっていったじゃない」なんて言われてHを拒否されたら、
「変なことじゃないよ!きちんとした愛の行為だよ!」
といったりすれば、何とかなると思います。

 

断られた時の対処法

 

今紹介した流れで大体女性をホテルに連れ込むことはできます。

しかし、断られることも少なくはありません。

その時の対処法を紹介します。

 

まず、バーで話しているときに、女性が
「そろそろ帰る時間なので…」
といったら、次回食事する約束をして帰します。

無理して引っ張っても、
ホテルに誘う事はできないでしょう。

あなたから
「終電とか大丈夫?」
と言う必要はありませんが、
女性が「帰る」と言ったら、帰してあげます。

 

そして、一緒に歩いてホテルに向かって行くことができたのに、
どうしてもホテルに連れ込む事ができなかったら、
「ごめん、やっぱり抵抗があるよね!」
と言って、帰すなり場所を変えるなりします。

 

女性が「タクシーで帰る」と言ったら、タクシー乗り場まで送ります。

そして、次の日に
「昨日は本当にごめんね。また楽しくお話をしたいなぁ。」
という感じのメールを送っておきます。

 

「違う場所で一夜を明かす」という事になったら、
カラオケにでも行って一夜を明かします。

ただ、カラオケは個室になるので嫌がられる恐れがあります。

そんな時は、
バーやファミレス、ファーストフードなどで
一夜を明かすようにします。

 

ホテルに連れ込もうとしたときに断られるのは、
女性が生理だけどそのことが言えなかったり、
初対面の男性と会ったその日には絶対にHしないと決めていたり、
そんな感じの理由が多いと思います。

特に20代前半やH経験が少ない女性は、
初対面の男性とあったその日にいきなりHすることに
抵抗がある傾向があるように思います。

決してあなたとHがしたくないから
断っているわけではないと思います。

もし、あなたとHがしたくないのであれば、
バーでHの話はしないでしょう。

ですから、断られてたとしても修復は簡単にできますし、
次か3回目のデートでHできる可能性は高いです。

一度断られたからといって諦める必要はありませんよ。

 次の「初対面の女性を落とすまでの会話の流れ」へ

 


topkasarai

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)