初対面の女性を落とすまでの会話の流れ


初対面の女性 落とす 会話 流れ について

 

初対面の女性を落とすのには、決まった段階をきちんと踏んでいく必要があります。

一つ一つの段階を順番通りに踏んでいかないと、まぐれか偶然でしか女性を落とすことができなくなります。

確実に狙った女性を落とす段階は以下の通りです。

①親しくなる・仲良くなる
②女性が心を開く
③女性が恋愛感情を持つ
④女性が付き合っても良い、と確信を持つ

この順番に段階を踏んでいかないと、女性を落とすことができないです。

a0002_007010

 

ただし、高度な恋愛テクニックを使う事によって、この段階を順番通りに踏まなくても女性を落とすことができる事もあります。

しかし、恋愛経験が少ない場合は、高度なテクニックを使いこなすことは非常に難しいです。

高度な恋愛テクニックは、恋愛経験を重ねていくにしたがって自然と出てくる“自信”“余裕”といった雰囲気が必要になるものが多いです。

過去に落とした女性(一夜限りの関係を含む)が5人以下なら、高度な恋愛テクニックを使いこなすのは非常に難しいでしょう。

ですから、まずはきちんと順番通りに段階を踏んでいく必要があります。

 

 親しくなる・仲良くなる

「親しくなる」「仲良くなる」とは、友達関係になることです。

まずは、仲良く話ができる関係になる必要があります。

 

 女性が心を開く

「心を開く」とは、信頼できる仲になることです。

恋愛感情を持ってもらう前に、悩みを相談できたり、プライベートの深いところを話すことができたりできる関係になる必要があります。

「私の話を真剣に聞いてくれる」「私のことを受け止めてくれる」という気持ちを持つと心を徐々に開くようになります。

 

 女性が恋愛感情を持つ

「恋愛感情を持つ」とは、文字通り恋心を持つことですね。

落とす前に男として見られるようになる必要があります。

「頼りになる」「守ってくれる」という気持ちを持つと、恋愛感情を持つようになります。

 

 女性が付き合っても良い、と確信を持つ

最終的には女性に「付き合っても良い」と確信を持ってもらう必要があります。

女性は原則「とりあえず付き合ってみよう!」といった気持ちは持ちません。

また、付き合っても良いという確信のないまま軽い気持ちで付き合おうとは思わないです。

「付き合っても良い」という確信を持ってもらわないと落とすことはできません。

恋愛感情を持った男性を観察し、時にはいろいろ試して「付き合っても大事にしてくれる」という確信を持ったら、付き合っても良いと確信を持ちます。

ただし例外があって、恋愛感情を持った段階でHをすれば、「付き合っても良い」という確信を持つようになります。

少々不誠実なところがあったとしても、女性はHをした男性に対しては良いように解釈してくれるようになります。

恋愛感情を持った段階でHに持ち込むのは、ちょっと高度なテクニックを必要としますが、これは恋愛経験が少ない段階から身に付けておいたほうがいいです。

付き合っても良いと確信を持たせるよりも、Hに持ち込む方が簡単です。

 

流れを無視して女性を落とそうとしたら…

 

さて、この流れを無視して女性を落とそうとしても、落とすことができません

恋愛経験豊富な男性が高度なテクニックを駆使すれば話は別ですが、そうではない限りこの流れを無視したら狙った女性を落とすことはできないです。

親しい関係ではないのに心を強引に開かせようとすると、女性は警戒感を強くし、不快感を持ちます。

また、心を開くことができない男性に対しては恋愛感情を持つことができません。

そして、恋愛感情を持っていないのに付き合っても良い、という確信を持つことができません。

付き合っても良いと確信を持つ前にHをすればいいわけですが、恋愛感情を持っていない男性とHをしようとは思いません。

 

男性の場合は、見た目が良いだけで女性と付き合いたい、という気持ちを持つと思います。

性格がかなり悪くても美女だからHくらいはしたい、と思う事もあると思います。

また、見た目はいまいちでも、話が合うと付き合ってもいいかな?という感情を持ち、簡単に落とせそうなら、落としてしまうと思います。

また、ちょっとしたきっかけで女性に惚れ、付き合いたいと思う事も決して少なくないと思います。

 

しかし、女性は本能的に「貞淑でいたい(尻軽になりたくない)」という気持ちを持っています。

ですから、見た目だけ、あるいは気が合っただけで付き合おうという気持ちまでは持たないです。

心を開くことのできる男性にだけ恋心を持ち、付き合っても大丈夫か様子を見て、そして、付き合っても大丈夫だと確信を持った男性とだけ付き合うのです。

恋愛感情を持った段階でHをした男性には、自然と付き合っても大丈夫だという確信を持つようになりますけどね。

 

きちんと段階を踏んで初対面の女性を落とすには?

 

初対面の女性を落とすのに4つの段階を順番に踏んでいく必要があります。

④の「付き合っても良い、と確信を持つ」を「Hをする」に置き換えてもいいかと思いますが、それでも段階を踏んでいく必要があります。

この順番を踏んでいくうえで、実に様々なテクニックがあります。

「聞き上手」になれば、親しくなることができます。

その「聞き上手」もいくつものテクニックを駆使すれば、女性に気持ちよく話をさせることができます。

また、女性が「認められている」という気持ちを持つと、心を開くようになります。

これもいくつかのテクニックを使う事で、女性に「認められている」という気持ちを持ってもらえます。

ただほめるだけでは、女性は「認められている」という気持ちを持ってもらえません。

恋愛感情を持ってもらうのにも様々なテクニックが必要です。

恋愛感情を持ってもらった段階でHに持ち込むにはやや高度なテクニックが必要です。

「付き合っても良い」と確信を持ってもらうのにもテクニックがあります。

 

それぞれの段階で様々なテクニックを駆使して、女性を落とすことができるのです。

テクニックを使うタイミングを間違えると、女性を落とすことができません。

 

例えば、恋愛感情を持った段階でHに持ち込むには、下ネタを話す、というテクニックがあります。

これを初めて会ってからすぐの段階で下ネタを話すと、その女性から嫌われます。

それ以外で、女性に過去の恋愛話をさせたり、ボディータッチを徐々に増やしていったり、いろいろなテクニックがありますが、タイミングを間違えると嫌われるのは想像できますよね。

これらは非常にわかりやすい例ですが、その他のテクニックで多くの人が使うタイミングを間違えているものがたくさんあります。

だから、女性をなかなか口説き落とすことができないんです。

 

つまり、段階を踏んで女性を落とせるようになるには、様々な恋愛テクニックを適切なタイミングで使いこなせるようになる必要があります

これには相当な経験を積んでいかないといけないことは想像できますか?

 

例えば「聞き上手」のテクニックの1つに、1つの話題を広げたり深く掘りさげていったりしていく、というものがあります。

しかし、例文をいくつか示して説明をしたところですぐにできるようになるかといえば、それは非常に難しいです。

何度も女性と話をし、経験を積んでいくことで初めて1つの話題を広げたり深く掘り下げたりすることができるようになります。

 

ですから、テクニックを学び、初対面の女性と話をする機会を増やしてテクニックを使い、経験を積みましょう……

 

でも、それってかなり大変だという事は想像できますよね。

何十、何百個ものテクニックを勉強し、何十人もの女性と会話をして身に付けていく必要がありますので、人並み以上の努力が必要だという事は想像できますよね。

 

しかし、この流れが最初から終わりまですべて台本になっていたら、誰でも簡単に女性を落とすことができるようになる、と思いませんか?

決められたセリフを話せば親しみを持ってもらえ、決められたセリフを言えば女性の心を開くことができ、決められたセリフを言えば恋愛感情を持ってもらえ、決められたセリフを言えばHに持ち込むことができる、そんな台本があれば、練習は必要ですが誰でも簡単に女性を口説き落とすことができるようになる、と思いませんか?

 

実はそんな台本があります。

 

決まったセリフを言うだけで女性を落とす方法は別の記事で紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

 

 「決まったセリフを言うだけで女性を落とす方法!」へ

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)