女性に嫌われる会話


女性に嫌われる会話 について

a1640_000404

「女性を食事に誘ってもなかなかOKしてもらえない!」
「女性と会話をしていてもいまいち反応が悪い!」

そのように悩んでいませんか?

こういう場合、ひょっとしたら女性に嫌われる会話を
知らないうちにしているかもしれません。

実際に女性に嫌われることを話している男性は多いですね。

女性にモテる、と思って話したことが、
逆に女性に嫌われることだってあるんです。

そこで、ここでは女性に嫌われる会話の内容を
説明していきます。

 

女性に嫌われる会話とは?

 武勇伝・自慢話

女性にスゴイ男だとみられようとして、
武勇伝や自慢話をする人は少なくありませんよね。

「僕は仕事ができて、職場で上司からも部下からも頼りにされて…」
「僕、英語が得意で…」
「学生の時に大会で優勝して…」
という感じの話をしている人は少なくありませんよね。

でも、こういった武勇伝・自慢話をしていたら嫌われます。

 

武勇伝・自慢話をすると、
「うわぁ~!すっご~い!」
とまんざらでもなさそうな反応をしてくれる女性はいます。

でも、内心は嫌がっているでしょう。

 

ちなみに僕の知り合いで
有名な政治家と一緒に写っている写真を
女性に見せびらかしている人がいます。

すごい人脈を持っていることを自慢するような感じで、
写真を見せているんです。

でも、その人は年齢と彼女いない歴が同じです。

 

自慢話・武勇伝をすると女性に嫌われます。

 

 他の女性との比較

「あなたは今まで見てきた女性の中で一番気が利く!」
「あなたは○○ちゃんと比べて会話していて楽しい!」
と、他の女性と比較すると嫌われます。

こういった話をすると女性が喜ぶだろう、
と考えてしまうかもしれません。

でも、実は嫌われることが多いです。

 

女性は男性と違って他の人と仲良くなりたい
という気持ちが強い傾向にあります。

男性は他の人に勝ちたい、
という気持ちが強い傾向にありますよね。

これは男性と女性が違う点になります。

それで、他の女性よりもすぐれている、というのは、
女性が望んでいないことになってしまうのです。

ですから、他の女性との比較は嫌われてしまうのです。

 

 他人の悪口・愚痴

僕の知り合いで
合コンで、イケメンの悪口をよく言う人がいます。

イケメンのイメージを悪くして
打ち勝とうと考えているのでしょうか?

でも、そんなことを話していたら、
女性から嫌われてしまいます。

 

他人の悪口や愚痴はかなり印象を悪くします。

絶対に避けるべき話ですね。

 

 自分の話しかしない

例えば女性が
「この前、北海道に旅行に行って…」
と話をしたら、
「僕も北海道に旅行に行って…」
と自分の旅行話を永遠にする人がいますね。

これは、嫌われます。

せっかく北海道に旅行に行った、という共通点があり、
女性との距離を縮めやすくなったのに、
自分の話ばかりすると逆に嫌われます。

こういう場合は女性の旅行話が中心になるようにするといいです。

 

女性が北海道に旅行に行った話をしたときに、
「僕は沖縄のほうが好きだなぁ!」
といって永遠に沖縄の話をするのは余計に嫌われます。

 

 女性の話を否定

女性が明らかに間違ったことを言った場合、
それを否定すると嫌われます。

例えば、JR常磐線という路線があります。

これを女性が「JRときわ線」と読んだとします。

この時に
「違うよ!じょうばん線と読むんだよ!」
と真正面から否定すると嫌われる恐れがあります。

 

これくらいならまだましですが、
女性の価値観・好みを否定したら、
確実に嫌われると思ったほうがいいです。

例えば女性が、
「『永遠のゼロ』という映画おもしろかった!」
と言った時に
「えっ、僕は面白いと思わなかったけど…」
と言ったら嫌われやすいです。

さらに、
「どこが面白いの?あんなつまらない映画…」
なんて強く否定したら、まず間違いなく嫌われるでしょう。

 

以上の5つが女性に嫌われやすい会話です。

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)