デートの誘い方 メール 断られない


デートの誘い方 メール 断られない について

女性をデートに誘うなら、
メールよりも電話、電話よりも直接会って誘ったほうが
OKをもらえやすいです。

面と向かって誘われるとちょっと断りにくくなりますよね。

そして、電話で誘われるよりもメールで誘われたほうが
断りやすいのは想像できると思います。

 

しかし、ほとんど電話しあうことなく
メールでのやり取りが中心だったりすると
電話でデートに誘うのに抵抗が出てくるのではないでしょうか?

 

そこで、ここではメールで女性をデートに誘う時に、
OKしてもらいやすい方法を紹介します。

a0001_017628

 

女性をメールでデートに誘う際の下準備

 

女性をメールでデートに誘う前に
知っておくべきことが2点あります。

 

 女性の好みやスケジュールを知る

僕は初デートは食事が無難だと思っています。

そこで、食事に誘う場合に、
女性が好きな料理を知っておく必要があります

例えばイタリア料理が好きで魚が嫌いな
女性がいるとします。

その女性をイタリア料理に誘ったら
OKしてもらいやすいですよね。

逆に魚料理に誘ったら断られやすくなりますよね。

ですから、デートに誘う前に
女性の好みをあらかじめ聞いておきましょう。

 

初デートで映画に誘うのはおススメできませんが、
もし誘うのであればどういった映画が好きなのか
あらかじめ聞いておくべきです。

 

そして、女性がいつなら空いているのか
探っておく必要があります。

仕事は何時まででいつ休みなのか、
休みの日はいつだったら都合がいいのか、
習い事などで都合がつかない時間があるのか、
という事を探っておきます。

そうすればデートに誘っても断られにくいです。

 

このことを聞くことができないのであれば、
もう少し女性と距離を縮めるところから始める必要があります。

聞き出せない関係であれば、
女性をデートに誘っても断られる可能性が高いです。

 

 デートに誘う場所の詳細

女性を食事に誘う場合、
誘う店の情報を詳細に知っておくべきです。

どういった料理があって雰囲気はどんな感じで、
女性が喜びそうなところはどういったところで
という事を知っておく必要があります。

そういったことを調べておくことで、
女性に断られにくくなりますよ。

 

映画に誘う時は映画の内容について
細かいところまで知っておいたほうがいいです。

可能であればその映画を一度観ておいたほうがいいです。

 

以上の2点はデートに誘う前に最低限知っておくべきことです。

 

女性をメールでデートに誘う流れ

 

女性をメールでデートに誘う場合、
数回に分けて誘ったほうがいいでしょう。

 

まずは誘うお店についての情報をメールします。

ここでは例を出して説明していきます。

イタリア料理でいい店を見つけたよ。

○○(店の名前)っていうお店なんだけど、

特にカルボナーラがおいしくて今まで味わったことのないようなおいしさだったよ。

夜景もきれいで雰囲気がとっても良かったし。

○○ちゃん(女性の名前)も行ってみるといいかも?

この例は絵文字とか使っていませんが、
絵文字や顔文字を使ったほうがいいですよ。

 

これは、行ったことのあるお店に誘う時の例です。

その店のメリットを簡潔に伝えます。

料理と雰囲気の2点入れるようにして、
その他にアピールすることがあったら
1つだけ簡潔に付け加えます。

お店のメリットは合わせて3点までにしておきます。

たくさんある場合は3点に絞ります。

多すぎると読むのが嫌になります。

 

そして1回目のメールでは女性を店に誘うのではなくて
「行ってみたら?」という感じのメッセージを送って様子を見ます。

 

それで
「うん、じゃあ機会があったら行ってみるね!」
「なんだか良さそうな店だね。行ってみたいなぁ!」
という感じの良い反応があったら誘っていきます。

ここで
「行ったことあるけど、私はいまいちだったなぁ」
という感じの反応の悪い返事だったら、
誘うのをあきらめます。

もう一度デートに誘う前にメールなどでやり取りをして
距離を近づけていきます。

 

さて、良い反応があった場合の誘い方の例です。

ねぇ、今度の土曜日と日曜日ならどちらが都合がいい?

「一緒に行こうよ!」と誘うのではなく、
いきなり都合のよい日を聞いていきます。

そのほうが断られにくいです。

そして、都合の良い日を聞いていく時は、
2つか3つくらいの選択肢を出していきます

例えば
「今度の土曜日空いてる?」
と聞くと、
「空いてない」
という返事を女性はしやすくなります。

しかし、土曜か日曜かという選択肢を出すと、
それ以外の答えをしにくくなります。

ですから、このように2つ、あるいは3つの選択肢を出して、
都合のよい日を聞いていきます。

 

そして、「土曜日なら大丈夫」と返事をもらったとします。

そうしたら同じように選択肢を2つくらい出して
時間を決めていきます。

「PM6:00とPM7:00ならどちらがいい?」
という感じで聞いていきましょう。

そして「PM6:00なら大丈夫」と返事をもらったとします。

そうしたら、こちらから待ち合わせの場所を指定します。

「じゃあ、今度の土曜日PM6:00に○○で待ち合わせてお店に行こう。
楽しみにしてるね!」
という感じのメールを送ります。

そして「私も楽しみにしているね!」「わかった!」と
いう感じの返事がきたら成功!という事になります。

 

反応が悪い時の対処法

 

先ほど紹介した流れでデートに誘うのが
一番断られにくいです。

しかし、誘った女性全員断られていないかといえば、
そういうわけではありません。

そこで、ここでは反応が悪かった時の対処法を
紹介していきます。

 

まず、お店の情報をメールしたときに
悪い反応が返ってきたら、
先ほど説明した通りあきらめます。

 

そして、日時を決めていく際、
例えば「土日のどちらが都合付くの?」と聞いたら
「どちらも都合が悪い」という返事が来た場合、
「忙しいんだぁ、大変だね」という感じの返事を送っておいて、
誘うのをあきらめます。

来週だったり他の日だったらOKしてくれるかも?
と思うかもしれませんが、
その可能性はかなり低いです。

その場合は、
「今度の土日はダメだけど、その次の土日ならOKだよ」
という返事が来ることが多いです。

ただ「どちらも空いていない」というだけの返事なら、
その時はデートに誘うのをあきらめて、
女性との距離をメールなどで縮めるようにします。

 

そして、「なんでそんなこと聞くの?」と
いう感じの返事が来ることがあります。

その時もし、あなたの友達を誘えるのであれば、
友達と一緒に食事に行くと誘って見るといいです。

「友達の○○君(男友達)と○○ちゃん(女友達)と
4人で食事できたらいいなぁ、と思って」
という感じで返事をするといいです。

友達は土日空いていそうな人にして、
あとから誘います。

 

一緒に行ってもらえそうな友達がいないなら、
女性が断りやすい返事を出します。

「もしよかったら2人で食事ができたら、と思って」
という返事をすると、
「ごめん、今度の土日はちょっと友達と約束があって」
という感じのお断りの返事が来ることが多いです。

そうしたら、
「残念だなぁ、でも本当に良い店だから、
一度行ってみなよ!」
という感じの返事をしておきます。

そして、再びデートに誘う前に
メールなどでやり取りをして距離を縮めていきます。

 

まれに
「そういうことなんだ、だったら土曜日がいいなぁ」
という返事が来ることがあります。

その場合はそのまま食事の約束することができますよね。

 

先ほど紹介した流れで女性を誘って断られるのは、
女性との距離がまだ縮まっていないことが多いです。

ある程度距離が縮まらないと、
どのような手段でデートに誘っても断られる可能性が高いです。

デートに誘う前に女性との距離をきちんと縮めておきましょう。

女性にあなたと会話していると楽しいと思わせることができると
デートの誘いにOKしてもらいたくなりますよ。

女性との距離が縮まっていないのにデートに誘うと
女性が断るのが下手でOKしてくれたとしても、
次の日くらいに断りのメールが来ることが多いです。

 

職場や学校などが同じ女性で、どうしても距離を縮めづらい時、
特に職場だと社内恋愛御法度のところは少なくないと思います。

そんな時は、
「仕事(授業)のこと相談したいことがあるんですけど。」
という感じのメールをして誘うと
距離が縮まっていなくてもOKしてもらいやすいですよ。

 

 次の「付き合う前の女性とデート中の会話」へ

 


top2datesasou

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)