女性を口説く時の言葉の重要性!言葉ですべてが決まる!?


 

女性を口説く時には、言葉がかなり重要です。

同じ意味のことを言ったとしても、言葉が違うだけで女性を口説き落とすことができることもあれば、できないこともあります。

ということは、言葉選びに注意するだけで女性を口説き落とすことができるようになったりもします。

 

そこで、ここでは女性を口説く時の言葉の重要性を解説します。

 

女性を口説く時になぜ言葉選びが重要なのか?

 

まず、僕たちは男女関係なく何か言葉を聞くと、必ずと言っていいほどその言葉を映像化します。

例えば、「バラ」という言葉を耳にしたとします。

すると、自然とバラの花を頭に思い浮かべてしまいますよね。

パッと一言耳にしただけではぼんやりとしか映像化しないと思いますが、それが鮮やかな赤のバラ、とか詳しく言われると、より鮮明に想像しますよね。

すると、きれいなバラを見ているような気持になって、癒されたりもしますよね。

 

そして、「バラのとげが指に刺さった!」と聞けば、本当に痛みを感じたような気がしてきたりもしますよね。

痛みを感じなくても、嫌な感情を持ってしまうと思います。

 

このように、僕たちは言葉によって、感情が動かされてしまいます

 

それで、女性を口説き落とすには、女性の感情を動かす必要があります。

女性の感情を全く動かすことができなければ、女性を口説き落とすことができません。

また、負の感情を持たれてしまったら、女性から嫌われます。

 

最終的には、女性を癒すことができると女性は落ちますが、それには一度テンションを高くする必要があります。

テンションが高くならないと癒しの感情はなかなか出てきません。

女性のテンションを高くし、そして癒すのは、原則的に言葉によって行う必要があります

 

遊園地などに連れていけば、テンションを高くしたり癒したりすることはできます。

ただ、遊園地に誘ってOKしてもらうには、それまでに女性があなたのことを男として気になるようにしないといけません。

それには、女性の感情を言葉によって動かす必要があるのです。

 

だから、女性を口説く時には言葉が非常に重要なのです。

 

もちろん、食事に連れていくのであれば、お店の雰囲気などは女性の感情を動かすのにかなりの助けになります。

しかし、言葉によって女性の感情を動かすことができなければ、女性を口説き落とすことができません。

 

あと、同じ意味のことを言ったとしても、女性の感情が180°違うことがあります。

例えば、次の2つのセリフを比べてみてください。

・「○○ちゃんってすごくかわいいね!」

・「お前って、女性から嫉妬されて嫌われそうなかわいさだよね!」

この2つはほぼ同じ意味ですよね。

でも、前者のように言えば普通に喜んでもらえると思います。

しかし、後者のように言ってしまったら、女性に嫌われるでしょう。

 

これは極端な例ですが、ここまで極端ではないにしても、このように言葉選びを間違えただけで女性に嫌われてしまった、ということはよくあります。

基本的には、負の意味の言葉を避けていれば嫌われることはあまりないですけどね。

 

ですから、女性を口説き落とす時には、言葉選びに注意をする必要がありますよ。

 

女性を口説き落とすための会話の基本は別のページで紹介しました。

そちらを参考にしてください。

参考ページ:狙った女性を確実に口説き落とす会話のポイント

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.