女性の名前の呼び方を変えるだけで口説き落とせることがある!?


 

あなたは、女性の名前の呼び方を意識したことがありますか?

実は、女性の名前の呼び方を変えるだけで、その女性を口説き落とすことができることがあるんです。

「たったそれだけで!?」
と、あなたは驚きませんでしたか?

 

そこで、女性を口説き落とすための女性の名前の呼び方について紹介します。

 

女性の名前の呼び方を変えると口説き落とすことができる!?

 

まず、名前の呼び方で、相手との距離感が分かります

 

山田花子さんという名前の女性を例に挙げて説明します。

一番距離が遠いのが、名字にさん付けの「山田さん」ですね。

職場にもよりますが、同僚や上司に対してこのようにい呼ぶことが多いですよね。

上司は「山田係長」のように役職で呼ぶことのほうが圧倒的に多いとは思いますが、さん付けで呼ぶところがあるだろうことは、想像できると思います。

 

次に、名前にさん付けの「花子さん」ですよね。

これは、同僚や上司に対してそのように呼ぶこともある(特に名字の同じ人を区別するために使うことが多い)んですが、基本的には仲の良い同僚に対してこのように呼ぶことが多いですよね。

名字にちゃん付け「山田ちゃん」と呼ぶ場合は、仲の良い同僚という感じでしょうか。

上司や仕事上だけの関係の同僚に、ちゃん付けすることはまずないと思いますので、こちらのほうが距離が近い、と考えることができるかもしれませんね。

 

そして、名前にちゃん付け「花子ちゃん」だと、さらに距離が縮みますよね。

名前にちゃん付けは、頻繁に一緒に飲みに行ったりする仲でないと、使わないでしょう。

 

さらに「花ちゃん」のように、ニックネームで呼び合うと、さらに距離が近い関係だと言えますよね。

 

「山田」のように呼び捨てだと、上司が部下に対する呼び方になりますよね。

立場が下の人には名字を呼び捨てにしますよね。

「花子」のように名前を呼び捨てにするのは、昔の女性が男性を立てるのが当たり前だった時代に、男性が付き合っている女性を呼ぶときに使っていましたよね。

ですから、名字にしろ名前にしろ、呼び捨ては立場が下の人の名前を呼ぶときに使いますよね。

 

それで今は、ほとんどのカップルがニックネームで呼び合っていますよね。

渡部建が佐々木希のことを「のんちゃん」と呼び、佐々木希は渡部建のことを「わっくん」と呼んでいるそうですが、多くのカップルがそんな感じでニックネームで呼び合っていますよね。

これが一番距離を縮めている名前の呼び方だということが言えるでしょう。

カップルなのにニックネームで呼び合ってないのは、実は形は付き合っているけど距離感は付き合ってないのかな、という印象を受けますよね。

 

男女とも結婚を焦るあまり距離が縮まってないのに付き合い始めるカップルがありますが、そういう場合にお互い「太郎さん」「花子さん」というように、「さん」付けで呼び合っていたりしますよね。

このように、付き合っている形にはなっているけど、距離は付き合うまで縮んでいないと、このようなことになりますよね。

 

また、先ほどの渡部建と佐々木希の呼び方ですが、「のんちゃん」というのは佐々木希の名前から、「わっくん」というのは名字からできたニックネームですよね。

ということは、渡部建が感じている距離感よりも佐々木希が感じている距離感のほうが遠いのかな、なんて想像できますよね。

距離感が同じなら、佐々木希は「けんけん」とか、名前からできたニックネームで呼ぶのが普通なんですけどね。

 

それで、名前の呼び方でその人たちの距離感が分かるんですが、これは逆もしかりで、名前の呼び方を変えるだけで距離感が変わってしまうんです。

例えば、今現在、山田花子さんのことをあなたが「山田さん」と呼んでいるとします。

それを「山田ちゃん」と呼び方を変えると、距離が縮んでいきます。

相手の女性は、初めは違和感を感じて変な顔をする事もあるでしょう。

「私のことをちゃん付けするなんて、何かあった?」
と言われるかもしれません。

しかし、これを続けていると、女性が感じる距離感も縮んでくるんです。

 

あなたが今現在、「山田ちゃん」と呼んでいるなら、「花子ちゃん」に変えると今よりも距離が縮みます。

「花子ちゃん」と呼んでいるなら、「花ちゃん」と呼ぶことで距離が縮みます。

 

そこで、口説き落としたい女性がいるけどなかなか距離が縮まないのであれば、女性の名前の呼び方を変えてみるといいでしょう

 

ただし、これには注意点があります。

 

まず、呼び方を変えたなら、言葉遣いも変えないと不自然です。

さん付けからちゃん付けに変えたのに、今まで通り敬語や丁寧語で話をしていたらかなり不自然になり、違和感だけが残って距離は縮みません。

女性が違和感を感じたままだと、距離は縮まないんです。

ですから、言葉遣いを変える必要があります。

 

そして、場をわきまえない使い方をするのもよくありません

上司に対してちゃん付けしたら、その上司は違和感を感じ続けますので距離は縮みません。

また、友達同士でもさん付けを続けないと場違いに思われることもあると思いますが、それなのにちゃん付けで呼んだら「キモい」と思われることがあります。

他の方法で距離を縮めていくしかありませんね。

 

あと、今まで「山田さん」と呼んでいたのに、いきなり「花ちゃん」と呼んだら、相手は嫌悪感を感じるだけで、距離は縮まないどころか離れてしまいます

距離感は徐々に縮めていくことが大切です。

あなたも、赤の他人になれなれしくされたらいやな感じですよね。

酔った勢いやその場の雰囲気でそれが許されることもあるんですが、そうではない場合はいきなりなれなれしくされたらイヤですよね。

それと同じで、今までただの同僚だったのに、いきなり付き合っている距離まで縮めようとされたら、女性は嫌悪感を感じます。

ですから、距離は離れる一方になってしまうんです。

女性との距離は徐々に縮めることが大切ですから、いきなり距離が縮んでいる呼び方をしてはいけません。

あくまで一段階だけ縮める呼び方をする事が大切ですよ。

 

薬は飲むだけで求める効果を得ることができますが、副作用もありますよね。

それと同じように、呼び方を変えるだけで距離は縮みますが、使い方を間違えると距離が離れることもあります。

ですから、使い方には十分注意をしてください。

 

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)