口下手 女性にモテる 会話術


口下手 女性にモテる 方法 会話術 について

a0002_000155

口下手でどうしても女性との会話を盛り上げることが
できなくてなかなかモテない、
と、悩んでいませんか?

モテる男性は、
口がうまくて女性との会話を盛り上げることができる、
というイメージがありますよね。

しかし、口下手でもちょっとしたことを心がければ、
女性にモテるような会話をすることができるようになります

では、どのような事を心がければいいのでしょうか?

 

口下手でも女性にモテるようになる会話のポイント

 

口下手でも女性にモテるようになるには、
会話中は女性に話をさせることだけを考えるといいです。

この事だけを考えていれば、
女性にモテるようになります。

人間は女性に限らず男性もそうですが、
人の話を聞くのは苦痛だけど、
自分が話をするは楽しいと感じます。

実際に、面白い話ができる男性よりも、
話をさせることができる男性のほうがモテます。

 

でも、女性に話をさせろ、と言われても、
これがなかなか難しいですよね。

そこで、ここでは女性に話をさせるための
ポイントを紹介します。

 

 常に会話のネタを用意しておく

合コンや出会い目的のパーティーなど
あらかじめ女性と会話をすることがわかっていれば、
事前に会話のネタを用意しておくことができますよね。

しかし、何かの拍子で突然女性と会話することもあると思います。

そんな時のために、
常に会話のネタをいくつか用意しておくといいです。

 

僕が常にチェックしているのは、
人気ドラマと映画、グルメです。

連続ドラマは1本~2本は常に見ています。

それにプラス注目されているドラマに関しては、
番組のサイトや感想などが書かれているブログなどを見て
情報を手に入れるようにしています。

 

例えば『半沢直樹』と『あまちゃん』が
同じ時期に放送されていましたよね。

僕は『半沢直樹』は見ていましたが、
『あまちゃん』は見ていませんでした。

それでも『あまちゃん』に関しては
ネットでいろいろ調べていました。

そして、女性と話をするときに、
「今『あまちゃん』が話題になっているけど見てる?」
「『じぇじぇじぇ』ってどんな時に使われているの?」
という感じで話を振っていたら、ストーリーについて話をしてくれました。

『半沢直樹』の時は、
「どんな場面がいいと思う?」
という感じで女性に振ったら、
好きな場面について話してくれましたよ。

 

また、僕は映画はほとんど見ませんが、
人気の映画に関してはネットで調べるようにしています。

 

グルメはグルメ番組のホームページを見て、
「この前○○○という店がテレビで紹介されたみたいだけど…」
という感じで話を振れば、
好きな料理やお店を話してもらうことができますよね。

 

こういった会話のネタを常にいくつか用意しておくといいです。

 

 女性の趣味、夢中になっていることを話させる

初対面の女性と話をするときは
ある程度話をして距離を縮めないと無理ですが、
職場や学校などで同じの女性で
ある程度話をしているのであれば、
趣味や夢中になっていることを聞くといいです。

そして、そのことについていろいろ質問していけば、
夢中で話をしてくれます。

自分が好きなことを話している時って
とっても楽しいですし、夢中で話をしてしまいますよね。

ですから、女性にそういう話をさせれば、
夢中で話をしてくれますよ。

そして、女性に
「楽しかった」
と思わせることができますよ。

 

 相槌は大げさに

人に話をしている時に相槌を打ってくれないと、
話しにくいと思いませんか?

逆に
「へぇ~そうなんだぁ!」
「スゴイ!!」
という感じにオーバー気味に相槌を打たれると、
話しやすくなりませんか?

女性に話をさせるためにはリアクションは大きく
相槌はオーバーにするといいです。

 

 女性の話の内容から質問することを考える

女性に話をさせるためには質問をし続ける必要があります。

それには女性の話の内容から質問をしていくといいです。

 

例えば女性が
「昨日『永遠の0』という映画観たよ!」
と話をしたら、
誰が出ていてどんなストーリーでどこがおもしろくて、
という事を質問できますよね。

そして、女性が話したことからさらに質問することができますよね。

 

映画を見た、と女性が言ったのに
「ところで好きな料理はなに?」という質問をしていたら、
すぐにネタ切れして話が持たなくなります。

そして沈黙して気まずい雰囲気になります。

 

 尋問のようにならないようにする

女性に話をさせるためには質問を繰り返す必要があります。

質問を続けるとどうしても尋問のようになりがちです。

しかし、尋問のようになったら女性は話しづらくなります。

尋問のようにならないように気を付けたほうがいいです。

 

尋問のようにならないためには、
自分のことを少しだけ話すようにするといいです。

例えば
「僕は最近映画を見てないけど、○○ちゃんは何か観た?」
と言う感じに自分のことをちょっとだけ入れると
尋問のようになりにくくなります。

また、自分のことを開示しておけば距離が縮まり
相手は話しやすくなる、というメリットもあります。

 

以上が女性に話をさせるためのポイントです。

会話のネタを用意しておくのにちょっと手間がかかりますが、
女性にモテるようになりたいのであれば、
これくらいの手間はかけましょう。

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)