モテない男がついしてしまう悪気がないけど女性に嫌われる会話!


 

会話が盛り上がった女性と、なぜか連絡が取れなくなったりすることってありませんか?

それは、気付かないうちに女性に嫌われることを言っているのかもしれません。

悪気はないし、女性のためを思って良かれと思って話したことが、逆に女性に嫌われることってあるんです。

 

そこで、ここではモテない男性がやってしまいがちな、悪気はないし、良かれと思って話したことが、実は女性に嫌われる会話について紹介します。

 

悪気がなく女性のためだと思ったことが実は嫌われる会話とは?

 

まずは、僕の知り合いが実際にやってしまった、女性に嫌われる会話の内容を紹介します。

録音していたわけではないですが、実際に隣で聞いていたので、ほぼ内容はそのままです。

 

女性:「今度、○○という映画を観に行くよ!」

男性:「そうなんだ!××主演の映画だよね!僕観たよ!××の演技がまたすごいよかったよ!脇役の△△も素晴らしい演技だったね!あの人って独特の演技していてなかなか味があるよね!また、ストーリーもドキドキハラハラで、ものすごく面白かったよ!…」

 

さて、どうして女性に嫌われるのかわかりましたか?

 

ネタバレは一切していませんでした。

演技が素晴らしいとか、ドキドキハラハラとか、そういう事は言っていましたが、まさかそれだけでストーリーは分かりませんよね。

 

また恐らく、その男性は見どころなどを教えたほうが喜ばれるかな、と思ってこのような話をしていたのではないか、と思います。

だから、悪気はなかったと思いますし、逆に良かれと思って話をしたんだと思います。

でも、こういう会話は女性に嫌われます。

 

なぜだかわかりますか?

 

一方的に話をしていたのでそこも問題だったんですが、それ以上に問題があります。

それは、女性に共感せず、そして知識を披露しているように思われるような話をしているからです。

 

女性は、
「映画を観に行く!」「スキーに行く!」「○○しに行く!」
など楽しみにしている話をする場合は、喜びを共有したいという気持ちを持つ傾向があります。

男性がこういう話をする場合は、うらやましがられたいという気持ちを持つ傾向が強いですけどね。

女性は喜びの共有です。

それにもかかわらず、共感してもらえず知識を披露されたら、気分を害してしまいます。

 

共感してもらえず、「そうなんだ!僕、映画に興味ないからなぁ!」といっても女性は嫌な気持ちを持ちます。

それにまして知識を披露されたら、ますます嫌われます。

 

ちなみに、知識を披露すると嫌われがちです。

逆に自分の知識を披露することには快感を感じます。

先輩や先生などに何かを教えてもらう時に嫌な感じを持たないのは、別の感情が働くからです。

友人、知人という関係の人に知識を披露されたら、気分を害することが多いです。

このことについて話すと長くなりますので、ここでは立場が上ではない人から知識を披露されたら気分を害する、という事だけ理解してください。

 

それで、先ほどの例は、W(共感してくれない、知識を披露された)で女性を嫌な気分にさせているわけですね。

だから、女性に嫌われて連絡が取れなくなったりするんですよ。

 

これをしている人ははっきり言ってかなり多いです。

ちなみに僕は口説く気のない女性に対して、共感せず知識を披露することがよくあります。

別に気のない女性に嫌われてもいいですし、知識を披露したいという欲求は人並みに持っていますし、どうでもいいところでは欲求不満を解消しておかないといけませんからね。

ですから、共感せず知識を披露する気持ちはよく分かっているつもりですし、知らないうちについついしてしまう事なんですが、これをしたら嫌われます。

 

女性が言った事に対しては常に共感することが大切ですよ。

そして、知識を披露しないように気を付けたほうがいいですよ。

 

ちなみに先ほどの会話の例で、女性に好かれる会話の例は、

「あ、そうなんだ!予告とか見てるとなんだか面白そうな映画だよね!」(映画を観た場合)
「CMで予告を見かけるね。どんな感じの映画なの?(映画について話をさせる)あっそうなんだ!僕も観たくなった!」(映画に興味がない場合)

という感じがいいでしょう。

ちなみに、下線のところが共感です。

 

関連記事:女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)