スティンザー効果を恋愛で使って意中の女性を惚れさせられる?


 

心理学で「スティンザー効果」というものがあります。

詳しくは後ほど説明しますが、簡単にいうと会議などでの席順などによって、賛成意見が出たり反対意見が出たりする、というものです。

 

この効果を、恋愛にも応用することができるんです。

この効果を利用することで、今まで全然振り向いてくれなかった女性を惚れさせることができるかもしれないんです。

 

そこで、ここではスティンザー効果を恋愛で使って意中の女性を惚れさせるポイントを紹介します。

 

PAK86_hartwoprezentsuruyo1039500-thumb-687x500-4060

スティンザー効果とは?

 

まずは簡単にスティンザー効果について紹介します。

スティンザー効果は主に会議の場においての心理学です。

スティンザー効果について、3つのことが分かっています。

 

①会議をおこなう時、前回の会議で戦った相手は、なぜか正面に座ります。

②ある人が会議で発言した後は、たいていは、次の発言は反対意見になります。

③議長のリーダーシップが強力である時は、みんな隣の人と話したがります。逆に、議長のリーダーシップが弱い場合は、会議の参加者は自分の正面にいる人と話したがります。

 

それで、このなかで恋愛で使えるのは①です。

この効果を応用して考えると、飲み会や合コンなどの時に、女性は正面にいる人に敵対心を持ってしまう、ということになるんです。

 

ここまで言えばもうわかりますよね。

合コンに参加したときに気になる女性がいたら、その女性の正面に座ると敵対心を持たれやすい、ということになります。

また、飲み会に意中の女性がいる場合、その女性の正面に座ると敵対心を持たれやすい、という事です。

女性と2人で食事に行く時も、女性の真正面に座ると敵対心を持たれやすい、という事です。

 

そして、スティンザー効果とはちょっと違いますが、もう一つの効果があります。

それは、人は右隣の人に好意を抱きやすい、という事です。

 

という事は、この2つの効果を使うと、合コンや飲み会、デートのときなどは、女性の右隣に座ると好意を抱いてもらいやすい、ということになりますね。

合コンや飲み会などでは席替えがあることが多いと思いますが、その時に意中の女性の右隣に座れるようにするといいですよ。

また、女性と2人で食事に行く時は、カウンターかL字の席に座れるお店を選び、女性の右隣か右斜め前に座るといいですよ。

ただし、初デートの場合、カウンター席だと距離が近すぎて、不快感を持たれる可能性があります。

ですから、初デートの場合は、L字の席がいいですよ。

 

女性とのデートでの座り方については、別のページで紹介しています。

そちらを参考にしてください。

参考ページ:初デートで付き合う前の女性と食事をする店を選ぶポイント

 

ただ、どうしても意中の女性と正面に座ってしまうことがあると思います。

飲み会などで席が指定されていると、意中の女性の真正面に座ることが避けられないですよね。

その時は、せめて敵対心を持たれないようにするために、体を少し斜めにするといいです。

左肩を意中の女性の隣の方向にむけて話をするようにすると、女性の脳にあなたが右側にいると錯覚させることができることもあります。

右隣や右斜め前に座るのと比べると効果は薄くなりますが、敵対心を持たれるよりかはましですよね。

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)