枕営業してくれやすいキャバ嬢の特徴!


「いつも指名しているキャバ嬢に枕営業してほしい!」
と、思っている人って多いですよね。

キャバ嬢に枕営業をさせる方法は以前紹介しました。

参考記事:キャバ嬢をホテルに誘う方法・会話術

 

ただ、そちらでも紹介した通り、キャバ嬢全員が枕営業をしてくれるわけではありません。

「枕営業をするくらいなら、ソープで働いたほうがいい!」
と思っているキャバ嬢はたくさんいるみたいなんですが、肉体関係を持ってまで売上を伸ばそうとは思わないキャバ嬢の心理は、なんとなくでも想像はできます。

 

そこで、ここでは枕営業をしてくれやすいキャバ嬢の特徴を、僕の独断と偏見で紹介します。

枕営業のことについては、実態はキャバ嬢自身もあまりよく分かってないようです。

ですから、口説き落としたキャバ嬢に聞いても「多分、○○な娘がしてくれやすいんじゃないかなぁ?」と、憶測でしか教えてくれないです。

ただ、口説き落したキャバ嬢に枕営業のことはちょっと聞きにくいですし、キャバクラで聞いても「枕営業する娘なんていないよ!」なんて言って、本当のことは教えてくれないでしょう。

ですから、主に僕の経験で紹介するしかないので、独断と偏見になります。

でも、実体験から得たことを紹介しますので、参考にはなると思います。

 

枕営業をしてくれやすいキャバ嬢の特徴

 

枕営業をしてくれやすいと僕が思っているキャバ嬢の特徴は以下の通りです。

 

 胸が大きい

性欲の強い女性は胸が大きくなる、と言われています。

胸は男性を性的に惹きつける役割もありますが、男性を性的に惹きつけたいという思いが本能的に強いと胸は大きくなる、ということです。

性欲が強ければ枕営業をしてくれやすい、とは言えないですが、性欲が強いほどHに抵抗がないはずなので、枕営業をしてくれやすい、と考えることができますね。

ただ、僕は胸が大きくないキャバ嬢何人かに枕営業をしてもらった事がありますし、胸が大きくても枕営業してくれそうにないキャバ嬢もたくさんいますので、胸の大きさは目安の1つに過ぎない、と思っておいたほうがいいです。

 

 ルックスのわりには人気がない

きれいな女性は、小さなころから「かわいい!」「きれい!」とチヤホヤされていますので、それが当たり前だと思っているところがあります。

学生の時は、よっぽど性格が悪いなど、特別何かがない限り、きれいだという理由だけでモテましたよね。

しかし、キャバクラではルックスだけでは人気が出ません。

お客様を気分よくさせることもとても大切になります。

それで、美人だけどお客様を気分よくさせるのが下手だと、いまいち人気が出ないんです。

すると、「今まで誰よりもチヤホヤされていたのに、おかしい!?」と思うんです。

それで、人気が出るようにするために手段を選ばなくなったりもしますので、枕営業をしてくれやすくなるわけです。

 

 お世辞が下手

キャバ嬢は指名してもらったりするために、お世辞を言ったりもします。

しかし、お世辞が下手だとあまり指名してもらえないですよね。

つまり、下手なりにも頑張ってお世辞を言っているのに、それがうまくいかないわけです。

それで、頑張っているということは、売上などに執着はあるはずです。

なのになかなかうまくいかないと、手段を選ばなくなりますので、枕営業をしてくれやすくなります。

 

 ボディタッチが不自然

キャバ嬢がボディタッチをするのは、指名してもらったりするためです。

それが、あまりに多かったりするなど不自然な場合、指名を取るために焦っていると考えられます。

焦りが続くと、手段を選ばなくなりますので、枕営業をしてくれやすくなります。

 

 一方的に話す

聞き上手ではなく、キャバ嬢の方から一方的に話してしまうと、人気は出ないです。

でも、そこを分かっていないのに「お客様のために一生懸命話している」と思い込んでいるわけです。

ということは、キャバ嬢は一生懸命頑張っているのに、思ったように指名が取れない、と思ってしまうわけですね。

そうなると、手段を選ばなくなりますので、枕営業をしてくれやすくなります。

 

以上からわかると思いますが、枕営業をしてくれやすいキャバ嬢は自分が思っているよりも指名が取れないキャバ嬢です。

いまいち人気がないけど頑張ってそうなキャバ嬢、焦ってそうなキャバ嬢(営業メールがしつこいなど)は、枕営業をしてくれやすいですよ。

人気はないけどやる気もない、というキャバ嬢は、そもそも無理して指名などをしてもらおうとはしないので、そういうキャバ嬢に枕営業をしてもらうのは難しいでしょう。

 

枕営業をするキャバ嬢はどれくらいいるの?

 

どれくらいのキャバ嬢が枕営業をしているのか、実はキャバ嬢にすら実態はわかってないです。

枕営業をしても、それを他のキャバ嬢に言うことは、まずありません。

他のキャバ嬢に言ってしまって、「○○ちゃん(キャバ嬢の名前)は、枕営業をする」といううわさが広まったら、一時的には指名が増えるかもしれません。

しかし、お客様は枕営業が目的で指名してるのに、枕営業を断ったら指名してくれなくなりますよね。

それで、誰も指名してくれなくなる、ということになってしまいます。

そうなったら、給料は激減しますし、場合によってはお店をやめないといけなくなるかもしれません。

そうならないためにも、枕営業をしたとしても誰にも言わないのです。

だから、枕営業の実態は誰にも分らないのです。

 

テレビや雑誌などで「枕営業をしているキャバ嬢は多い」みたいなことを言っていることがありますが、テレビや雑誌は編集者の意図で事実は変わりますからね。

 

ただ、1つ言えるのは、僕自身は何人かのキャバ嬢に枕営業をさせたことがありますし、僕以外にも枕営業させた人はいます。

ですから、枕営業をしてくれるキャバ嬢は、最低でも何人かはいる、ということになります。

それが半分以上なのか、それともごくごく少数なのか、それは誰にも分らないです。

 

僕の経験上、枕営業よりも、キャバ嬢を惚れさせて口説き落としたほうが早いですよ。

キャバ嬢の口説き落とし方は、別のページに紹介しました。

そちらを参考にしていただければ、と思います。

参考記事:「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 

追記

 

キャバ嬢の口説き方を、1つのサイトにまとめました。

このサイトは、女性にモテるポイントなどを紹介していますが、キャバ嬢に限定していません。

ですから、キャバ嬢を口説き落とす方法としてまとまってないです。

ただ、多くの方がキャバ嬢に関して興味があったり、悩んでいたりしているようなので、キャバ嬢を口説き落すことに限定して、1つのサイトにまとめました。

そちらも参考にしていただけるとありがたいです。

 キャバ嬢を口説き落とす方法

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)