キャバクラ 客 心理 行動


キャバクラ 客 心理 行動 について

burn-96144_640

キャバ嬢を口説き落とすために、
キャバクラに行くお客様の行動や心理を知っておくと
プラスになります。

それは単純にお店が空いているときに行ったほうが
口説き落としたいキャバ嬢と話す時間が長くなる、
というのが一つあります。

それともう一つ、キャバ嬢を口説き落とすために
有利となることがあるのです。

それは後ほど紹介することにして、
まずはキャバクラが空いている時から紹介します。

 

キャバクラが混む時・空いている時

 

キャバクラは1週間通してみた場合、
火・水曜日が比較的空いていて、木・金曜日が混んでいます

土曜日は場所や店によって大きく変わります。

赤坂や六本木、銀座などは空いていますが、
新宿の歌舞伎町は混んでいることが多いです。

そして、僕が渋谷のキャバクラに土曜日に行ったとき、
ある店は混んでて、ある店は空いていました。

僕は土曜日に渋谷のキャバクラにあまり行かないので、
どうしてこんなことが起こったのかよくわかりません。

店によって違うのか、
土曜日でも混む時期こまない時期があるのか
よくわかりません。

まあ、土曜日は店によって混み具合が違う、
という事は知っておくといいでしょう。

 

年間を通してみると、
ボーナスが支給される7月と12月は混みます

特に12月は忘年会と重なることもあって、
かなり混雑します。

夏のボーナスが6月に支給されるところは少なくないと思いますが、
6月はそんなに混雑するイメージはないですね。

そして正月休みやゴールデンウィーク、お盆休みなどの長期休暇が
終わってからの1週間くらいはちょっと混んでいますね。

それ以外は特に混む時期というのはないです。

あるキャバ嬢が、
2月と8月は空いている(いわゆるニッパチ)
と言っていました。

しかし客として通っている僕はそのようには感じないです。

キャバ嬢を口説くうえでは
そんなに気にしなくても良いのではないかと思います。

 

キャバクラに行く客の目的・行動

 

そして、キャバクラに行くお客様の目的も
知っておいたほうがいいでしょう。

キャバクラに行くお客様の半分以上は
キャバ嬢を口説くことを目的にしています。

特に20代、30代くらいの若いお客様は、
その傾向が強くなります。

 

それで、お客様の行動にある傾向が出てくる、
とあるキャバ嬢が言っていました。

「お客様は、キャバ嬢を口説くために店に通うけど、
3ヶ月通い続けても落ちないので通わなくなる。」
と言っていたんです。

それで、3ヶ月間は指名本数が増えるけど、
その後3ヶ月は指名本数が減っていき、
再び3ヶ月間は指名が増える、
というのを繰り返す、と言っていました。

つまり、1月~3月指名が増え続けたら、
4月~6月は指名が減り続け、
7月~9月は再び指名が増え続け、
10月~12月は再び指名が減る、
というのを繰り返すそうです。

特にお客様が若いとこの傾向は強く出る、
という事ですよ。

 

それで、この傾向は、
東京だと歌舞伎町や六本木などの都心部以外で
感じ取ることができます。

同じキャバ嬢を1年間指名し続けると、
指名がたくさん重なる時と重ならない時に
波があるのを感じ取ることができることが多いです。

3ヶ月周期とは限らないですが。

キャバ嬢を落とせないから通わなくなるというのが
本当なのかどうかは別にして、

指名本数の多い時と少ない時に
波があるのは確かです。

しかし、都心部のキャバクラは競争が激しいせいか、
キャバ嬢や店側の努力(つけ回しの工夫など)によって
指名客の多い時期と少ない時期の波を作らないように
しているのではないか、と思います。

 

キャバ嬢には指名客が多い時と少ない時に波がある、
という事を知っておくと、
キャバ嬢を口説き落とすうえで非常に役に立ちますよ

なぜ、こんなことが役に立つのか、
次回以降、キャバ嬢を口説くための具体的な方法とともに
説明していきます。


 

kyaba

「人気キャバ嬢達が次々と落とされた驚愕の口説きテクニック」レビューはこちら

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)