謎の多い男性はモテる!?知らないと損するモテるコツ!


 

謎の多い男性はモテる、ということを聞いたことはありませんか?

ちょっとミステリアスで私生活がよく分からないような、裏では実は危なっかしいことをしているんじゃないか、みたいな感じの男性はモテますよね。

TSU888_kononazoga-thumb-815xauto-18731

 

プレイボーイタイプの男性に対して女性は批判的なことを言いますが、なんだかんだ言ってもやっぱりモテますよね。

もちろん、プレイボーイは女性の心をつかむのが上手だからモテるんですが、それにプラス謎が多そうに思えるので、それもモテる要素になると思います。

プレイボーイの男性で謎がなさそうな人も多いですが、比較的謎がありそうな男性が多いですよね。

 

だからといって、女性に謎の多い男性に見られようと頑張ったところでなかなか女性にモテるようにはなりません。

そう見られようとすると、大半の男性が女性から嫌われるでしょう。

 

では、なぜ謎が多い男性はモテるのに、そのように見られようとすると嫌われてしまうのでしょうか?

 

謎が多い男性はなぜモテる?

 

まずは謎が多い男性がなぜモテるのか、簡単に紹介します。

 

人間は誰でも、結論が出ないまま途中で終わってしまったものに対しては、続きを知りたいという欲求が出てきます。

例えば、テレビの連続ドラマで「続きを見たい!」と思わせるような終わり方をすることって多いですよね。

それは、話が盛り上がっている最中に結論が出ないまま終わってしまうからです。

また、予告で盛り上がるシーンだけを見せて結論を見せないのは、「続きを見たい!」と思わせるためです。

人間は、結論がわからないものに対しては、「結論を知りたい!」という欲求が出てくるものなのです。

 

それで、謎が多そうな男性は分からないことが多そうなイメージを女性に与えるわけですよね。

それで、「あの人のことをもっと知りたい!」という欲求が出てきてしまうわけですね。

「結論を知りたい!」という欲求と同じ心理が働くわけです。

それで、その男性のことが気になってしょうがなくなるわけです。

男性のことを気になる時間が長くなれば長くなるほど、惚れやすくなります

だから、謎が多い男性はモテるのです。

 

謎の多い男性と見られようとすると女性に嫌われやすくなる理由は?

 

では、女性に謎の多い男性と見られればモテるだろう、と思って行動に移すと、多くの男性が女性に嫌われます。

それは、女性に謎が多い、というイメージを持ってもらおうと押し付けることが多いからです。

「僕は、○○ちゃん(女性の名前)の知らない謎の部分がたくさんあるよ!」
なんて言っていた人がいました。

でも、こんなことを言ったって、謎が多いと思ってもらえるわけないですよね。

運が悪いと、
「誰にも言えない女装の趣味があるのかなぁ?」
と思われて、嫌われるかもしれません。

 

また、謎がありそうに思われるために、
「実は僕は…」
という感じになぞと思われるようなことを小出しにする人もいますよね。

こんな事をしたら、
「あの人、自分のことをなんでもよくしゃべるなぁ!」
と思われてしまうだけで、ますます謎がなくなります。

 

謎が多そうな男性というのは、人に言えないことが多くて、それが雰囲気に出てしまうんです。

プレイボーイの男性は、たくさんの女性と関係を持っていることを女性には言えないですよね。

場合によっては男性にも言えない事を抱えることもあります。

プレイボーイの男性は、人に言えないことが多いので、それが自然と雰囲気として出てしまって、「謎が多そう!」と思われるのです。

ですから、作ろうと思って作れるものではありません。

 

ちなみに、僕は初めて彼女ができるまでは、謎が多そうだと思われていました。

それは
「オタクっぽいから、なんだか人に言えないヤバいことをしてそう!」
という感じに思われていたんですorz

今でもそのように思われがちですけどね。

こう思われたら女性が逃げますよ。

同じ謎が多そうな男性でも、違いが大きすぎますね(^▽^;)

 

人から放たれる雰囲気は、その人のことがそのまま表されている、という事でしょうね。

謎が多い雰囲気を出そうと思っても、本当に謎が多くならないと、それは無理だという事になります。

ですから、全然謎がないのに無理して謎が多そうに思われようとしても、無理しているのがバレて、せこいことして気を引こうとしていると思われるので、嫌われますよ

 

謎が多い男性から学ぶモテテクニック

 

謎が多いモテる男になれなくても、モテるためのテクニックは学ぶことができます。

それは、「分からないことを知りたいという欲求が出てくる」ということと「男性のことを考える時間が長くなると惚れやすくなる」という2つです。

 

例えば、合コンや飲み会で終わりがけに、
「そういえば、話したかったことがあったけど、まあいいか!」
なんて言うと、何を話したかったのか気になりますよね。

そして女性が、
「何の話?」
と聞いてきたら、
「もう時間だけど、話すと長くなるから、またメール(orLINE)で!」
なんて言えば、しばらくは気になりますよね。

それで、一緒に話をしたお礼のメールはすぐにして、話の内容は2~3日後に教えれば、その間、どんな話をしたかったのか、女性は気にしていますよね。

 

これは、「分からないことを知りたいという欲求が出てくる」という心理を使って、女性に自分のことをしばらく考えさせる(話したかったことと同時に話そうとした人のことを考えさせる)ことができますので、結果、「男性のことを考える時間が長くなると惚れやすくなる」という心理を使って惚れさせるテクニックです。

 

この2つはいろいろな場面で応用できますので、知っておくといろいろなところで使えますよ。

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)