キャバ嬢 心理


キャバ嬢 心理 について

a0950_000262

僕は、お目当てのキャバ嬢を落とすために、
借金をしてまでお店に通ったことがあります。

でも、結局落とすことができなかったです。

落ちそうで、でも落ちなくて、
それで通い続けてしまったんです。

でも、残ったのは借金だけでしたね。

 

そんな過去がある僕は、
今ではキャバ嬢を落とすのが得意になりましたよヽ(^◇^*)/

 

キャバ嬢を落とすにはいくつも
知っておかないといけないことがあります。

そこで、今回はキャバ嬢の心理について紹介していきます。

 

キャバ嬢の基本的な心理・考え方

 

キャバ嬢の仕事は、
お客様の売り上げを伸ばすことです。

1人でも多くのお客様から指名をもらい、
1人の指名客から1円でも多く売り上げを上げることが
仕事になります。

ですから、営業マンと一緒ですよね。

 

営業マンは、物やサービスを売りますよね。

そして、嘘をついてでも心にもないお世辞を言ってでも
売り込もうとするというイメージはないですか?

もちろん、多くの営業マンは
誠意をもってお客様に接していると信じたいですが、
現実にはダマしてでも売り付けようとする営業マンはいますよね。

 

キャバ嬢が売るのは「」です(例外はあります)。

お客様に恋愛感情を持ってもらう事で
売り上げを上げる、と考えてもいいでしょう。

それには、お客様に惚れさせる必要があります。

そのために心にもないお世辞を言ったり、
恋愛感情を持ったかのようなことを言ったりします。

 

それで、売り上げが一番上がるのは、
お客様にキャバ嬢が落ちそうで落ちないと思ってもらうことです。

つまり、
「あの娘(キャバ嬢)は僕に気があるからもう少し通えば落ちるはず」
とお客様に思わせると、売り上げが上がる傾向にあります。

ですから、全く好意のないお客様に対して、
気があるふりをして、落ちそうだと思わせるわけです。

しかし、ほとんどのお客様に対しては好意を持っていないので、
結局は落ちないんです。

 

「お客様とは思えない(くらい親しく話すことができる)!」
「過去に付き合った人と似てる!」
「ちょっと惚れちゃったかもしれないけど、
付き合うならもっと○○さん(お客様)のことが知りたい!」
なんてセリフをきれいなキャバ嬢に言われると、
「僕に惚れてるのかな?」なんて思ってしまいますよね。

でも、すべて売り上げを上げるためのウソだと思って間違いないです。

店外デートは、
売り上げが上がるなら付き合う、
売り上げに影響がなさそうなら付き合わない、
と考えていると思っていいでしょう。

 

キャバ嬢と一般女性との違いとは?

 

キャバ嬢は一般女性と大きく違う点があります。

それは金銭欲が強い、という事です。

 

ここ数年はアゲハ(雑誌)の影響か、
キャバ嬢に憧れてキャバ嬢になる女性も増えているようです。

でも、「キャバ嬢に憧がれて入店した。」と言っていた人は、
すぐにやめてしまうイメージがあるんですけどね。

 

そして、スカウトされてキャバ嬢になった人も、
金銭欲が刺激されなかったらすぐにやめると思います。

 

毎日何人もの男性に口説かれ、あるいは嫌なことを言われ、
そして、触られたりもします。

そして、お客様が恋心を持っているために
様々なうっとうしいことが起こります。

ですからよっぽどの強い働く理由がない限り続かないと思います。

それは、結局お金という事になると思います。

 

お金のために嫌なことがあっても一生懸命働いて、
そして認められて初めてやりがいというものが出てくると思います。

普通の金銭欲だとやりがいが出てくるまで頑張れないと思います。

 

様々な事情をかかえてどうしてもお金が必要だ、
ということもあるかとは思います。

そういった事情を抱えている女性を含め、
一般の女性と比べるとキャバ嬢はお金に対しての執着は強い
という事が言えます。

 

キャバ嬢を落とすには?

 

「じゃあ、キャバ嬢を落とすにはどうしたらいいの?」
と疑問に思っていませんか?

キャバ嬢を落とすのは、
一般の女性を口説き落とす方法だと
相当難しいと思います。

しかし、ポイントを抑えるとあっさりと落とすことができるようになります。

 

キャバ嬢を落とす方法は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)