合コンで40代のオッサンが20代のイケメンに勝って美女をお持ち帰り!


 

僕は先日合コンに参加しました。

参加人数は、男女5人ずつ、合計10人でした。

それで、男性の中に、イケメンで、誰もが知っているような超大手企業に勤めている20代男性がいました。

他の男性は、ちょっと諦め気味ではあったんですが、僕はそのイケメン男性とちょっと話ただけで、
「これは勝った!」
と思ったんです。

ちなみに僕は42歳の見かけはオタク(中身もオタク)のオッサンです。

 

そして予想通り、僕はイケメンに勝って美女を持ち帰ることができましたよ!

a0002_004451

 

では、なぜオタクっぽい40代のオッサンが、20代の超優良企業に勤めるイケメンに勝つことができたのか、その時の様子を交えながら紹介します。

 

なぜ合コンで40代のオッサンが20代のイケメンに勝てたのか?

 

その時の合コンで、誰もが羨むような美女が1人いました。

仮にその美女をAさんとします。

そして、超優良企業に勤めるイケメン男性をB君とします。

 

合コンが始まってすぐに、男性は全員、Aさんを口説きたそうにしていました。

そして、女性は全員B君と話をしたそうにしていました。

ただ、男性も女性もある程度自分のモテ度を測りながら、自分のレベルに合った異性と話をしようと、方向転換していきましたね。

それで、ある程度時間がたってから、男性と女性がそれぞれ1対1で話をするようになりました。

僕とB君、Aさんと、もう一人のブスな女を除いては。

 

しばらくは、僕とBくん、Aさんとブス女さんの4人で話をしていました。

その時、初めはB君中心に話をし、僕は相づちを打っている程度で、ほとんど話をしていませんでした。

傍から見たら、女性に誰にも相手にされない、モテないオッサンに見えたのではないか、と思います。

 

次第に、B君は自慢話・武勇伝をするようになりました。

「僕は○○社に勤めてて、成績はかなり優秀だ!」
そんな事を、上司にどれだけ褒められ期待されているか、実際の話を交えながら話をしていました。

 

しばらくしてからB君の自慢話を聞かされ続けているAさんは、そろそろ退屈してきているだろう、と僕は思って、Aさんに話を振ってみました

B君が仕事の話をしていたので、それに関連してAさんに仕事の話を振ってみたんです。

そうしたら、Aさんはいろいろ話をし始めました。

仕事の内容はあまり聞かなかったんですが、職場での人間関係、通勤中はスマホのゲームをしていることが多いこと、などを話していたんです。

それで、Aさんが話をしているときに、B君は、
「そんなこと僕なら余裕だよ!」
みたいな、自慢げに上から目線で話をしていたんです。

それから、僕は軌道修正しながらAさんに話をさせました。

僕は、B君のいうことを聞いてはいましたが、ほとんど反応することなく再びAさんに話を振っていたんです。

AさんもB君のいう事にほとんど反応していませんでしたね。

 

そんな感じでしばらく話が続いたんですが、B君が話したことに対して、ブス女さんは過剰ともいえる反応をしていました。

それなのに僕とAさんはほとんど反応しなかったんです。

 

そんな状態が続くとどうなるか想像できますか?

 

僕とAさんの2人で話をし、そしてB君とブス女さんの2人で話をするようになりましたよ。

そうです!

40代のオタクっぽいオッサンが、20代のイケメンに勝ったんですよ!

 

その後、僕とAさんは2人でバーにいきました。

その時にAさんはB君のことを少し話をしていました。

「わたし、B君がずっと話し続けていた時、あまりにも話がつまらなかったので席替えをしようかと考えていたの!でも、こうじさん(僕のこと)が隣にいてくれて、楽しく話ができたから、席替えしようという気持ちがなくなった!」

 

それからいろいろな話をした後に、2人でホテルに行くことができ、一緒に一夜を過ごすことができましたよ!

 

さて、ここまでの話でなぜ40代のオタクっぽいオッサンである僕が、20代のイケメンに勝つことができたのか、想像つきますか?

それは、イケメンが自慢話をし続け女性に話をさせなかったこと、そして、女性が話したことに対して否定的とも取れることを上から目線で話をしていたこと、の2つが大きな理由だと考えられます。

 

ある女性が
「20代の男の人って、自分をアピールするのに一生懸命だから、話をしていてもつまらない!」
と言っていました。

もちろん、20代の男性全員という事ではなくて、40代に比べると20代にそういう男性が多い、という意味ですよ。

そして、「自分をアピール」というのは、自慢話や武勇伝に限らず、自分がどれだけ面白いのか、とか、女性にどう思われたいかということをアピールしている、という事です。

「僕ほど自分を犠牲にしてまで他の人の事のために行動している人はいないよ!」と、繰り返し言っていた男性がいましたが、これも女性に「思いやりがある!」ということをアピールしたかったのでしょう。

でも、そういうことをアピールされても、女性はうんざりするだけですよね。

 

人は女性に限らず男性もそうですが、人の話を聞くのはイヤですが、自分が話をしていると楽しいと思います。

ですから、自分のことをアピールするのをやめて、女性に話をさせるようにすれば、それだけでも合コンでモテるようになりますよ。

まあ、合コンに限った話ではないですけどね。

 

さて、合コンの会話については別のページで紹介しました。

興味があればそちらをご覧ください。

 「合コンで初対面の女性と盛り上がる会話とは?」へ

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)