営業メールを送ってこないキャバ嬢の本音は?脈あり?脈なし?


 

「本指名しているキャバ嬢が営業メールを全然してこないんだけど、どう思っているんだろう?」
と、あなたは考えたことはありませんか?

キャバ嬢は通常本指名しているお客様には営業メールを送ります。

「○○さん(お客様)に会えないから寂しくて…!(だから店に来て!)」
「○○さん(お客様)の顔が見たいなぁ!(だから店に来て!)」
「ちょっと話したいことがあるんだけど…!(だから店に来て!)」

こんな感じで営業メールを送ってきますよね。

なかには露骨に、
「指名無いから店に来て!」
「イベントだから店に来て!」
なんて、営業メールを送るキャバ嬢もいますけどね。

 

ただ、キャバ嬢は営業メールを送らないこともあります。

そうすると、ちょっと不思議に思いませんか?

「お客様と見てないから、ひょっとして脈ありかなぁ?」
とか、あるいは逆に
「営業メールすら送ってこないという事は、ひょっとしてお客様以下てということ?全く脈なし?」
とか、いろいろ考えてしまうのではないでしょうか?

 

そこで、ここではキャバ嬢が営業メールを送ってこない理由、営業メールを送らないキャバ嬢の心理などを紹介します。

 

キャバ嬢の営業メールとは?

 

まずは、キャバ嬢の営業メールとはなんなのか、紹介します。

大原則、キャバ嬢が送ってくるメールは全て営業メールと考えたほうがいいです。

 

僕はキャバ嬢から営業メール以外もらったことがありません。

ちなみに、僕がキャバ嬢を口説くときは、キャストとお客様の関係を断ち切りますので、それ以降はキャバ嬢からのメールとはみなしていません。

ただ、キャストとお客様の関係を断ち切っていない状態であれば、キャバ嬢からのメールとみなします。

そういうメールをすべて含めて、僕はキャバ嬢から営業メール以外は送られてきたことがありません。

 

また、僕が口説き落としたキャバ嬢何人かに話を聞いても、お客様に送るメールはすべて営業メールだと言っています。

ですから、キャバ嬢から送られてくるメールは全て営業メールだと考えたほうがいいです。

ひょっとしたら例外があるかもしれませんが、それは恐らく非常にまれだと思います。

 

キャバクラが休みの日に、キャバ嬢からメールが送られてくることもあると思います。

これも、営業メールです。

会社やお店がお客様に、年賀状や暑中見舞いなどを送りますよね。

キャバ嬢が休みの日にメールを送るのは、年賀状や暑中見舞いと同じレベルです。

つまり、「今後もひいきにしてください(指名し続けてください)。」というあいさつにすぎません。

それを、年賀状と同じように「今後も御贔屓にお願いします!」と書くわけにはいかないので、まるで親しい間柄であると思えるような内容のメールを送るだけです。

休みの日にメールを送ってきても、「お店に来て!」という文句がなくても、キャバ嬢からのメールは全て営業メールだと、考えたほうがいいですよ。

参考記事:キャバ嬢からのメールが営業メールかどうかを見分ける方法!

 

本指名してるけどキャバ嬢から営業メールが送られてこない理由は?

 

キャバ嬢を本指名しているのにもかかわらず、メールが全くと言っていいほど送られてこないことがあります。

 

僕も本指名したキャバ嬢のうち、全くと言っていいほどメールを送ってこなかったキャバ嬢が何人かいました。

ただ、僕の場合、
「メールを送ってきたからといって店に行こうとは思わないし、送ってこなくても行きたいと思った時は行くよ!」
と、キャバ嬢に言っているので、
「だったら、メールを送らないほうがいいかな!?」
なんて思ったキャバ嬢は、メールを送らないでしょう。

お客様にメールを送るのって、キャバ嬢からしたら面倒でしょうしね。

 

ただ、そういうことを言っていないのにもかかわらず、全くメールを送らないキャバ嬢もいますよね。

その理由は、2つ考えられます。

 

1つは、キャバ嬢が大事なお客様とみていない場合です。

1ヶ月の売上が小さいお客様に対しては、キャバ嬢のなかには、
「メールを送っても売上が上がらないなら、送っても無駄!」
と考えて、営業メールを送らない人もいるでしょう。

それで、どれだけの売上が営業メールを送るか送らないかの境目になるか、キャバ嬢によって全然違うでしょう。

ただ、一つ言えることは、超人気のあるキャバ嬢が、本指名しているお客様全員にメールを送るのは不可能だと思います。

キャバ嬢が全員にメールを送りたい、という気持ちがあったとしても、時間的にも体力的にも無理があると思います。

そういう場合は、店の従業員がキャバ嬢に成りすましてメールを送ってくれることが多いですが、お店がそういうことをしてくれない場合は、お客様を選んでメールをすると思います。

ですから、キャバ嬢が大事なお客様だとみなしていない場合に、営業メールを一切送らない、という事は充分に考えられます。

 

そして、キャバ嬢が営業メールを送らないもう一つの理由は、それがそのキャバ嬢の営業スタイルだという事です。

例えば、営業メールをしつこく送りすぎて、指名客を減らしてしまった場合、「営業メールを送るのをやめよう!」とキャバ嬢は思うこともあるでしょう。

僕はキャバ嬢がしつこく営業メールを送ってくると、そのお店には行かなくなります。

また、僕と同じような人は他にも何人もいると思います。

ですから、あまりにもしつこく営業メールを送ると、指名客を減らすと思います。

そういう場合、キャバ嬢は営業メールを送らなくなってもおかしくないですよね。

また、あまり仕事に熱心ではなかったり、「メールを送ると迷惑では?」と考えたり、キャバ嬢によって考えることはいろいろあると思います。

それで、キャバ嬢によっては大事なお客様を含めて、一切営業メールを送らないことがある、と考えられます。

 

僕が口説き落としたキャバ嬢に、営業メールを全然送らない理由を聞いたら、以上の2つ以外はちょっと考えられないかな~!なんて言っていました。

ですから、大事なお客様とみなしていないか、キャバ嬢の営業スタイルか、のどちらかの理由で営業メールを一切送らない、と考えることができます。

 

ちなみに、キャバ嬢はお客様に対しては恋愛感情を持つことはまずありません。

ですから、営業メールを送っても送らなくても、結局は「脈なし」という事になりますよね。

そのあたりのキャバ嬢の心理は、別のページで紹介しましたので、興味があればそちらをご覧ください。

 キャバ嬢の脈ありサイン~これってひょっとして惚れてる?

 


kyaba

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)