女性を落とすことができるかどうかはその女性への貢献度で決まる!?


女性を落とす方法 について

 

狙っている女性をどのようにしたら落とすことができるのか、悩んでいる人は非常に多いですよね。

僕も以前は朝から晩までそんなことばかり考えていましたので、その気持ちはとっても良く分かっているつもりです。

それで、どうしても女性を口説き落とすにはどのようなテクニックを使えばいいんだろう、なんてことばかり考えてしまうのではないでしょうか?

女性をデートに誘うときは、どのようなタイミングでどのようなセリフを言えばいいのか、そんなことばかりを考えているのではないでしょうか?

僕もそんなことばかり考えていましたから。

また、どのような駆け引きをしたらいいのか、という事も考えるようになるのではないでしょうか?

a0001_017448

 

でも、そういったテクニックなどばかり考えていると、狙った女性を口説き落とすことはなかなかできないでしょう。

もちろん、女性を口説くためのテクニックは必要ない、というつもりはありません。

それぞれのテクニックは、程度の差こそあれ効果はあります。

もちろん上手に使いこなすことができたら、の話ですけどね。

 

ただ、どれだけ高度なテクニックを使いこなすことができたとしても、ある1つのことを忘れたら女性を口説き落とすことができないでしょう。

それは「貢献度」です。

女性に対しての貢献度が高ければ高いほど、女性を口説き落とす確率は高くなります。

 

こんな話をすると、
「女性のいうことはなんでも聞いているし、ご飯をおごったりもするのに、全然口説き落とすことができない!」
なんていう人がいます。

ただ、それはハッキリ言って貢献度が低いです。

ただの便利屋さんになっているだけです。

これなら女性にとって都合の良い友達になることはできると思うんですが、恋愛にはなかなか発展しないです。

 

恋愛に発展させるためには、精神的な支えになる必要があります。

女性にご飯をおごる、遊びに行く時は車で送り迎えする、雑用をする、買い物を頼まれたら引き受けるなどといったことは、女性の精神的な支えには一切なりません。

そうではなくて、安心感を与えることができたり、悩みを聞いてスッキリさせてあげたり、そういった精神的な支えになることができないと、恋愛に発展しません。

 

便利屋さんのすることは、別にお金を払えば誰かがしてくれることです。

車で送り迎えしてほしいと思ったら、タクシーに頼めばいいだけですよね。

雑用をしてくれるサービスだってあります。

もちろん、買い物を代行してくれるサービスだってあります。

 

でも、精神的な支えになってくれるサービスは残念ながらありません。

ホストクラブが精神的な支えになる、なんていう人もいますが、そういう女性はお店から出たらものすごくさみしい思いをすることが多いようなので、結局のところ、精神的な支えにはならないですよね。

一時的に支えてもらったものの、お店を出た瞬間に支えが必要になる、なんてことになってしまいますよね。

 

女性にとって同性の友達が精神的な支えになることがあります。

ただ、それだけだと不十分なんです。

男じゃないと支えることができないこともたくさんあります。

 

ですから、女性を口説く際には、女性の精神的な支えになる、という事を意識したほうがいいですよ。

便利屋さんになっても女性を口説き落とすことはできません。

ましてや、女性に自分の良いところをアピールすることばかり考えていても、女性を口説き落とすことはできませんよ。

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)