付き合う前の女性を怒らせたときの対処法~付き合うためには?


付き合う前の女性 怒らせた 対処法 について

 

「付き合う前の片思いをしている女性を怒らせてしまったけど、どうしたらいいんだろう?」
と、悩んだことはありませんか?

好きな女性を怒らせてしまったら、もうパニックになってしまってどうしたらいいのかわからなくなりますよね。

 

しかし、女性が怒るということは、ある程度は心を開いていることが多いです。

赤の他人には怒ることができなくても、ある程度心を開いた人には怒ることができる、なんてことがありますよね。

あまりにもひどいことをしてきたら赤の他人に対しても怒ることはあると思いますので、どれだけひどいことをしたかにもよりますけどね。

ただ、よっぽどひどいことをしていないのであれば、ある程度は心を開いたと考えていいでしょう。

 

ただし、片思いをしている女性が怒った時に対処法を間違えると、修復不可能になってしまうこともあります。

そこで、ここでは好きな女性が怒った時にどのように対処したほうがいいのか、ポイントを紹介します。

PAK86_munaguratukandeba-n20140321-thumb-815xauto-17129

 

付き合う前の女性を怒らせてしまった時の対処法のポイント

 

付き合う前の女性を怒らせてしまった時は、とにかく謝る、という事を絶対に忘れてはいけません。

女性が理不尽なことを言おうとも、とにかくこちらが悪かった、という事にして謝ることが大切です。

きちんと誠意をもって謝り、女性に誠意が伝われば、許してくれるでしょう。

 

ただし、ただ謝ればいいというわけではありません。

なんで怒っているかわからないけど、ただ「ごめんなさい!」を繰り返しているだけだと、
「なんで私が怒っているのかきちんとわかってるの?」
なんて、言われてしまうかもしれません。

その時に、明確に答えることができなかったら、逆に怒りが大きくなり、修復できなくなることだってあり得ます。

ですから、なぜ怒っているのかをきちんと理解したうえで謝ることが大切になります。

 

それで、「なんで私が怒っているのかきちんとわかってるの?」と言われる前に、なぜ怒らせてしまったのかが分かっていることを示すと流れが良くなることがあります。

そのためには、
「今度からは○○しないようにするから!」
などと、言うようにするといいです。

そして、もし女性が
「そんなことで怒ってるんじゃないわよ!」
などと言うことがあります。

その時は、なぜ怒っているかを言うことが多いです。

そうしたら、
「それは怒って当然だよね!本当にごめんなさい!」
といって謝るといいですよ。

なぜ怒っているか理解していることを示さないと、もし誤解していたのにもかかわらずずっと謝っていたら、話がこじれて修復不可能になる可能性が高くなります。

早めに誤解していることを理解したほうが修復しやすいので、早い段階でなぜ怒っているのか理解しているという事を女性に示すといいですよ。

 

もし、なぜ怒っているのかわからない場合も、対処法は同じです。

なぜ怒っているのかちょっと考えてみたうえで、
「ごめんなさい!」と言ってきちんと謝ってから、
「今度からは○○しないようにするから!」
というようにすると、同じ展開になりますよね。

 

なぜ怒っているのかわからない時に絶対にやめておくべきことは、
「なんでそんなに怒っているの?」
と聞くことです。

こんな言い方をしたら、怒りが大きくなってしまって修復不可能になる可能性が高いです。

なぜ怒ってるのかわからなくても、とりあえず謝ったほうがいいですよ。

 

あと、言ってはいけないことは、
「僕は良かれと思ってやったんだけど…」
「こんなことで怒るとは思わなかった!」
といったことです。

言い訳すれば怒りは大きくなります。

そして、「こんなことで怒るとは思わなかった!」なんて言ってしまったら、女性は逆に責められているような気になってしまい、怒りが増大します。

また、
「言い訳だけど…」
といって弁解するのもやめるべきです。

 

弁解や言い訳は一切せず、とにかく謝ることが大切です。

 

そしてもう一つ、とにかく女性に不満を吐き出させることが大切です。

そうすれば、スッキリするので冷静になることができて、そのまま許してくれることが多いですよ。

女性の言う事に対して一切口をはさむことなく、とにかく話をさせたほうがいいですよ。

 

謝っても女性が許してくれない時の対処法

 

誠意をもって謝ったとしても、その場で許してくれるかどうかはわかりません。

どの程度怒らせたかにもよりますし、女性によっても違いはあるでしょう。

誠意をもって謝って、その場で許してくれる可能性は50%と考えたほうがいいです。

 

そこで、許してくれない場合は、しばらく間をあけたほうがいいです。

連絡は取らず、顔を合わせても挨拶はしてもそれ以上話さないようにしたほうがいいです。

あいさつをするときは、精一杯感じよくしたほうがいいですよ。

ただ、できることなら顔を合わさないほうがいいです。

 

しばらくすると、ほとぼりが冷めることが多いです。

そのころにもう一度、
「この前は本当にごめんなさい!」
と謝るといいです。

ほとぼりが冷めていたら、女性は、
「なんでそんなことで怒ったんだろう!?」
と思ってくれることが多いです。

ですから、許してくれることが多いですよ。

そして、デパ地下などでスイーツなどを買っておいて、
「お詫びのしるしじゃないけど、もしよかったら!」
などと言って渡すといいですよ。

 

ここまですれば、謝り方を間違えていなければ、以前よりも距離が縮まることが多いです。

そして、今まで男として見てくれなかったけど、誠意をもって謝ったことで、男として見てくれることもありますよ。

 

もし、ほとぼりが冷めたころに謝っても許してくれない場合、致命的なことをしている可能性があります

謝っても絶対に許せないことって誰でもあるのではないでしょうか?

女性がそのように思っていることをもししてしまった場合、どう頑張っても修復できないことがあります。

 

そして、もし2人で食事などに行ったことがあったりする場合、2人でいるのがかなり苦痛だった可能性もあります

そのことで怒りを買ってしまい、別のささいなことで怒りが爆発した、なんてこともあります。

この場合は、怒ったことに対しては別に何とも思っていないけど、二度と2人で食事などをしたくなく、誘われるのを防ぐために怒っているフリをし続けることだってあります。

このような場合も修復は難しいです。

 

あと、性格的に許せない場合や、2~3回指摘したけど改善しない場合、あるいはイヤなことが何回も積み重なった場合など、修復が難しいこともあります。

人間の性格は特に20歳を超えたら簡単には変わらないことはだいたいの人はわかってます。

また、何回か指摘したのに変わらない場合やイヤなことを何回もされた場合などは、どれだけ誠意をもって謝ったところで、その後同じことが繰り返されるだろう、と思いますよね。

それで、許したところでイヤなことは続くんだと思ったら、許せなくなりますよね。

 

女性は誠意をもって誤りさえすればすべてのことを許してくれるわけではなく、絶対に許せないことだってあります。

ですから、普段から怒らせないように接することも大切になりますよ。

 

さて、女性を怒らせないようにするには、会話が非常に重要になります。

そこで、女性と話をするときのポイントを別のページで紹介しました。

女性との会話を盛り上げるポイントを紹介しましたが、逆に言えば怒らせない会話になります。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!」へ

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)