恋愛話をして片思いの女性を惚れさせる方法!~間違えると効果なし!


恋愛話 女性を惚れさせる について

 

「片思いの女性を振り向かせ、惚れさせるには恋愛話をすると良い!」
という事を聞いたことはないでしょうか?

片思いの女性と恋愛話をすることができると、惚れてくれやすくなります。

しかし、恋愛話をするタイミングを間違えると、全く惚れてくれなくなってしまいます。

 

そこで、ここでは恋愛話をして片思いの女性を惚れさせる方法を紹介します。

PAK86_hartwoprezentsuruyo1039500-thumb-687x500-4060

 

恋愛話をすると女性が惚れやすくなる理由

 

まずは、恋愛話をすると女性が惚れやすくなる理由を簡単に紹介します。

 

恋愛話をすれば、恋愛しているところを想像してしまいますよね。

恋愛話をしているのに、恋愛しているところを想像するな、というのは無理です。

 

それで、脳の仕組みから考えると、恋愛しているところを想像していると、主語が抜けます。

例えば「A君とBさんが付き合っていて、いま2人ともとっても幸せそうだよね!」という話をしたとします。

そうすると、脳の中ではA君とBさんというのが抜けてしまうんです。

つまり、「付き合っていて幸せそう!」という事しか想像しなくなってしまいます。

そして、脳は自分が異性と付き合っていて幸せそうにしていると錯覚してしまうのです。

 

ラブストーリーを観ていると泣いたり感動したりしますよね。

それは、自分がラブストーリーの主人公になったと脳が勘違いをするから主人公と同じ気持ちになってしまうのです。

脳が勘違いをせず他人事のままだと、感動したりすることはありません。

 

それで、恋愛話をするとそれが全く他人のことであったとしても、自分が恋愛しているかのような錯覚をしてしまうのです。

その時に、目の前に異性がいたら、脳はその目の前の異性と恋愛していると錯覚してしまいます

そして、その恋愛話が幸せな話であれば、目の前の異性と幸せな恋愛をしていると錯覚してしまいます。

だから、惚れてしまうのです。

 

恋愛しているところをよりリアルに想像させ、恋愛している時と同じ感情を持ってもらったほうが惚れてくれやすいですが、それには女性に恋愛の体験談をさせるといいです。

実際に体験したことを話せば、その時の感情がそのままよみがえりやすいですよね。

そうすると、目の前の男性と恋愛していると脳が錯覚してしまうので、惚れてしまうのです。

 

恋愛話をして女性を惚れさせる時の注意点

 

恋愛話をして女性を惚れさせるには、その恋愛話を女性がきちんと受け入れることが大切になります。

あまり仲良くない人と恋愛話をするのは、照れくさいというか、少し抵抗がありますよね。

また、職場で女性の部下に、
「彼氏いるの?」
と聞くのはセクハラになるみたいですけど、親しくもない人に恋愛に関しては言いたくない、という女性の気持ちからセクハラ扱いされるのではないでしょうか?

 

それで、親しくない段階で恋愛話をしても女性は抵抗がありますし、話の内容によっては女性は嫌がります。

そうなったら、女性に惚れさせるのは無理ですよね。

 

しかし、女性に限らず男性もそうですが、仲の良い人と恋愛話をするのは好きですよね。

 

という事は、女性と恋愛話をするには、まずは距離を縮める必要があります

 

世間話だけではなく、女性がプライベートのことまで話をしてくれるようになったら、女性は恋愛話を抵抗なく受け入れ、話をしてくれるようになります。

距離が縮んでいない段階では、恋愛もののドラマや映画などの話も避けたほうがいいです。

ドラマや映画などの話なら、女性は嫌がることはないでしょうから大丈夫だと思いますが、親しく話ができない状態で恋愛もののドラマなどの話をしてもあまり意味がないです。

それなら、親しくなってからのほうが惚れさせる効果がでてきますから、そのほうがいいです。

 

さて、恋愛話を使って惚れさせる具体的な方法ですが、先ほど触れたとおり女性に恋愛の実体験を話させたほうがいいです。

ただ、どれだけ親しくなったからといって、いきなり
「ところで、彼氏いない歴どれくらいなの?」
「ところで、前の彼氏と付き合って幸せだった?」
なんて聞いたら不自然なので、女性が話すのに抵抗してしまいます。

その前に、恋愛話をさせる流れを作ったほうがいいです。

その方法の一つとして、恋愛もののドラマや映画などの話をする、というのがあります。

例えば、
「そういえば、この前『今日、恋をはじめます』という映画のDVD観たんだけど…」
と切り出せば、普通に恋愛ものの映画の話をすることができますよね。

そこから、
「映画のような恋愛したことある?」
「今までで付き合った彼氏と一緒にいて感動した時ってどんな時?」
なんて聞くことができますよね。

それで、もし女性が話しにくそうにしていたら、自分の恋愛話を織り交ぜながら話すと、女性が話をしやすくなりますよね。

 

もし、あなたが過去に誰とも付き合ったことがないのであれば、自分の恋愛話を織り交ぜることができないですよね。

そういう時は、へたにウソをついて架空の恋愛話を話すのはやめておいたほうがいいです。

女性が話しにくそうにしていたら、女性は適当にその場をごまかそうとすることが多いので、元の映画などの話に戻ったほうがいいです。

もしくは、彼女いない歴=年齢であることを認めて、恋愛はドラマや映画の世界しか知らないから、と言えば女性はある程度は話しやすくなりますよね。

 

ちなみに、彼女いない歴=年齢だと、そのことが女性に知られたら落としにくくなる、と言われていて、僕も以前はそれを信じていました。

しかし、様子を見ているとあまり関係ないようですね。

「恋愛経験がない男性は、不器用そうだからイヤだ!」という女性はいますが、それはかなり少数派で、実際に気にする女性は少ないようです。

実際に、30代の男性が女性に「彼女いない歴=年齢だから…」と言っていたんですが、その女性と付き合う事ができました。

20代の男性が女性に「彼女いない歴=年齢だから…」と言って、その女性と付き合う事ができた、という人は何人もいます。

ですから、「彼女いない歴=年齢」という事を女性に言っても、女性を落とすのに不利にはならないです。

 

ただし、「彼女いない歴=年齢」という事を女性に言うのは抵抗がある、という人は少なくないと思います。

もしそうなら、女性に恋愛話をさせずに、恋愛もののドラマや映画の話だけをするのも一つの手ですよ。

それだけで、女性は恋愛感情を持ってくれるので、惚れやすくなります。

 

あと、恋愛話をするときに、知人の話をするのはやめておいたほうがいいです。

男性は幸せだと思っていたとしても、女性は幸せだと思っていないことがあります。

そういう状態の恋愛話をしたら、女性は幸せではない恋愛を想像してしまうので、口説き落とすのが非常に難しくなります。

 

また、芸能人、有名人の恋愛話も避けたほうがいいです。

有名人の恋愛に関しては、様々なうわさが飛び交います。

そして、噂は不純な話が多いです。

テレビでは幸せそうな恋愛として報じられていたとしても、週刊誌やネットでは不幸話として記事が書かれることがあります。

それで、女性が不幸な恋愛だという記事をどこかで見ていたら、それが全く根拠のない作り話だったとしても、不幸な恋愛を想像してしまいます。

そうなったら、女性を口説き落とすことができなくなりますよ。

 

さて、女性と恋愛話をする前に、女性と距離を縮める必要があります。

女性との会話方法については別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

 「女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!」へ

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)