付き合う前の女性と手をつなぐのを拒否!その理由と対処法!


付き合う前 手をつなぐ 拒否 について

 

「付き合う前の女性と手をつないだら拒否されてしまった…!?」
と、あなたは落ち込んだことはありませんか?

付き合う前の女性とのデートで、そろそろいいかな?と思って手をつないだら拒否されるとショックで落ち込んでしまいますよね。

しかし、手をつないだら拒否されてしまった人って多いですよね。

そうなったら、なんだか気まずくなってしまって、次のデートにつなげることができず、結局口説き落とすことができない、なんていう事になってしまいますよね。

 

ただし、タイミングよく手をつなぐことができたら、女性との距離をグッと縮めることができるので、口説き落としやすくなります。

ですから、手をつなぐタイミングをきちんと見計らうことができるようになると、狙った女性を口説き落とすことのできる確率がかなり高まります。

 

そこで、ここでは付き合う前の女性が手をつなぐことを拒否する理由と拒否されたときの対処法、そして、手をつなぐにはどうしたらいいのか、紹介します。

a0001_015161

 

女性が付き合う前の男性と手をつなぐ心理

 

まずは、女性が付き合う前の男性と手をつなぐのを拒否する心理、許す心理について紹介します。

 

女性が付き合う前の男性と手をつなぐのを許す時は、友達関係から一歩抜け出し、恋人関係に近づくことを許した時です。

友達関係の男性と手をつなぐのを許す女性はあまりいないです。

ただ、恋人関係になっていない段階でも手をつなぐことを許す女性は多いです。

ですから、友達以上恋人未満だと、女性は手をつなぐことを許してくれることが多いです。

 

女性同士で手をつないでいるところを見かけると思いますが、女性は仲の良い女友達となら平気で手をつなぐ人が多いです。

ただし、それが男友達だと女性は、
「変な誤解をされたらどうしよう?」
「手をつないでいるところを他の人が見たら、付き合っているように思うのかなぁ?」
と考えてしまうので、男友達とは手をつなぐことを許さないことが多いです。

 

ただ、女性が友達関係から一歩抜け出してもいい、と思ったら、手をつないでも拒否されなくなります。

 

ただし、酔っぱらっている時は例外です。

女性は酔っぱらった時に人肌が寂しくなって、誰でもいいから手をつなぎたい、と思う事もありますし、酔った勢いで嫌いな人とでも手をつなぐことがあります。

 

また、その場の流れで手をつなぐことを拒否しないこともあります。

ロマンティックな雰囲気だったので、男性が手をつないできたときにそのまま受け入れてしまった、という事もあります。

女性との関係が縮まっていないのに、その場の雰囲気や流れで手をつなぐことができると、その女性を口説き落とすことのできる可能性をかなり高くできますし、また早く口説き落とすことができるようにもなります。

 

ただ、そのようにするのはやや難しいので、まずは手をつなぎやすい雰囲気や流れを作っていきながらも女性に友達関係から一歩抜け出してもいいかな、と思わせることも大切ですよ。

 

付き合う前の女性が手をつなぐのを拒否する理由

 

付き合う前の女性が手をつなぐのを拒否する理由は、友達関係から一歩抜け出してもいい、と思っていないからですね。

女性がそのように思う最大の理由は、男女の違いにあります。

 

男性は、イイ女を見かけたらその瞬間に「Hしたい!」なんて思いますよね。

つまり、一瞬で恋心を持つ傾向が強いです。

それに対して女性は徐々に恋心を持つ傾向が強いです。

女性が男性に対して一目惚れすることは珍しいと言われています。

直感で「この人と結婚するだろうなぁ!」と思う事はありますが、それは恋心とは違います。

「好き!」という気持ちではなくて「結婚するのでは?」と予測をしているだけです。

予測することに対しては恋愛感情はありませんので、その段階では惚れたことにはならないです。

「結婚するんだろうなぁ!」と予測すると、徐々に恋愛対象として、あるいは結婚対象として意識するようになるので、恋心が芽生えてしまうんです。

これも徐々に恋心が芽生えます。

 

つまり、男性は恋心を持った(気になっている)女性をデートに誘いますよね。

そして、少しでも早く口説き落としたいと思いますよね。

だから、早く手をつなぎたい、という気持ちになってしまいます。

しかし、女性は男性との距離をゆっくり縮めていきます。

という事は、男性が「手をつなぎたい!」と思っているときに、女性は「友達関係から一歩踏み出してもいいのか、もう少し様子を見たい!」と思っているんです。

この気持ちの違いが男性から手をつなごうとしても女性は拒否してしまう最大の理由になります

 

つまり、手をつなぐのはまだ早い、と女性は思っているから拒否するわけですね。

それで、女性が手をつなぐのを拒否したときは、
「ごめん、まだ早かったね!」
と謝るだけで大丈夫です。

まだ早いのに手をつないできたからといって、それだけで嫌われることは少ないです。

「ごめん!まだ早かったね!」と謝れば、女性は「私の気持ちを分かってくれているんだ」と思ってくれるでしょうし、謝れば誠意を伝えることにもなりますので、それで水に流してくれることが多いです。

 

そのあと、気まずい雰囲気になりますけど、30秒から1分くらい沈黙した後に、全く違う話をするといいです。

そうすれば、気まずい雰囲気ではなくなります。

後はデートを重ねて少しずつ距離を縮めていくようにすればいいですよ。

 

手をつないで拒否された時、次のデートにつながらない時があります。

それは、手をつなぐ前から問題があったのか、あるいは拒否された後に問題があったのかのどちらかが多いです。

手をつなごうとしたことだけで、次のデートにつながらないことはあまりありません。

 

身だしなみに問題があったり、あるいは会話していてつまらないと思ったり、付き合う価値がないと思ったりしたら、手をつなごうとしなくても次のデートにつながりません。

この場合、当然手をつなぐのを拒否されますけどね。

また、手をつなぐのを拒否された時に、「ウブだなぁ!」という態度をしたり、このタイミングで手をつなぐのを拒否するのはおかしい、という態度を示したりしたら、女性に嫌われるので、次のデートにつながりません。

女性が、
「食事しただけで手をつないできたけど、どれだけ自信過剰なの!」
と言っているのを時々耳にします。

つまり、「俺に惚れて当然だ!」と思っているような自信過剰な男性だと女性が思うから、嫌いになるのです。

しかし、きちんと謝れば、女性はそのようには思わないです。

逆に「ちょっと不器用なのかなぁ?」くらいに思ってくれます。

不器用なのは女性から恋愛対象と見られなくなる原因になりますが、それほど大きな原因にはなりませんし、自信過剰だと思われるよりもよっぽどましです。

ですから、手をつないで拒否された時は、きちんと謝れば、大きな汚点にはならないです。

それだけで次のデートにつながらない、あるいは口説き落とすことができなくなった、という事はまずありませんよ。

 

手をつなごうとして、女性はより恋愛対象として強く意識したので、付き合う価値があるのかより真剣に考えた結果、その価値はないからもうデートするのをやめよう、と考えることはありえますけどね。

ただ、女性は男性と2人でデートする時点で、女性はある程度は恋愛を意識します(付き合う価値があるかを見てもいいと思う)から、この可能性も低いですよ。

 

付き合う前の女性とのデートで手をつなぐには?

 

付き合う前の女性とデートで手をつなぐには、女性に「友達関係から一歩抜け出してもいいかな?」と思ってもらう必要があります。

そう思ってもらうには、徐々に女性との距離を縮めていく必要があります。

一気に距離を縮めようとすると、女性は逃げて行ってしまいますので、徐々に距離を縮めることが大切です。

 

女性が手をつなぎやすい流れや雰囲気を作ることも大切ですが、それ以上に女性と距離を縮める方が大切です。

 

付き合う前の女性と距離を縮め、手をつなぐ具体的な方法・会話術は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「付き合う前の女性とデート中の会話~沈黙して気まずい雰囲気を避けるには?」へ

 「初デートで女性と手をつなぐ方法~付き合う前に手をつなぐ会話術」へ

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)