付き合う前の女性をデートに誘う口実~デートに誘って断られないために!


付き合う前 女性 デートに誘う 口実 について

 

「付き合う前の女性とデートしたいけど、その口実がない!」
と、あなたは悩んだことがありませんか?

付き合う前の女性をデートに誘う時に、口実は必ずと言っていいほど必要です。

デートに誘う口実がないと、女性は気になっている男性からデートに誘われても思わず断ってしまう事もあるんです。

「ちょっと気になっていた男の人から食事に誘われたんだけど、なぜだか知らないけど反射的に断っちゃった!」
なんて言っている女性がいましたし、それに近いことを言っていた女性も何人かいました。

女性が反射的にデートの誘いを断ってしまう理由の一つが、デートに誘う口実がないからです。

 

人に何かを頼むとき、何か口実があると引き受けてくれる可能性が非常に高くなる、という事は心理学で明らかになっています。

その口実があまりにも適当でも、引き受けてくれる可能性は高くなります。

「今度の日曜日は仕事休みだから、一緒に食事しよう!」
と「仕事が休みだから」という、食事をする理由になっていないような口実でもつけたほうが、全く口実をつけずにデートに誘うよりもOKしてくれる確率は高くなる、という事が明らかになっているんです。

ただ、意味不明な口実よりも、きちんとした意味のある口実のほうがOKしてくれる可能性は高くなりますけどね。

 

そうはいっても、デートに誘う口実ってなかなか見つからないですよね。

 

そこで、ここでは付き合う前の女性をデートに誘う口実の作り方を紹介します。

a0001_016452

 

付き合う前の女性をデートに誘う口実の基本

 

付き合う前の女性をデートに誘う口実の基本中の基本は、デートで女性に何らかのメリットがあることです。

男女の関係に限らず同性を含め人間関係すべてに言えることですが、人に何かをしてもらうときはその人にメリットを与えるのが基本です。

人間は基本的に自分にメリットのないことはしません。

自分にメリットがなくても他人のために行動する立派な人はいますが、そういった立派な人はめったにいないです。

また、自分にメリットがなくても行動できる人であっても、他人にメリットを与えないような一方的な頼み事は引き受けない人が多いです。

ですから、誰かに何かをお願いする時は、何らかのメリットを与えると引き受けてもらいやすくなります。

 

デートも同じです。

女性にデートをお願いするのであれば、それ相応のメリットを女性に与える必要があります。

つまり、デートプランが女性にとってメリットと感じるようなものである必要があるのです。

ですから、デートに誘う口実は、女性にとってメリットになることである必要があります。

 

例えば女性が、
「おいしいイタリア料理を食べたい!」
と言ったのであれば、
「おススメのおいしいイタリア料理の店を見つけたので!」
という口実は、女性にとってメリットのある事になりますよね。

付き合う前の女性との初デートは食事が無難ですが、あらかじめ女性の食事の好みを聞いておいて、その好みの合ったお店を探して誘えば、女性にとってメリットになりますよね。

という事は
「○○(女性の名前)さんが好きだ(興味があるetc)と言っていた××(料理名)の(おいしい・評判の・人気の・雰囲気の良い)お店を見つけたので!」
というのが、デートに誘う口実の基本になります。

 

ただし、この口実だと、
「じゃあ、友達と行くからお店の名前と場所を教えて!」
「友達を連れて行ってもいい?」
などと言われて、2人でデートできない恐れがあります。

そうならないためには、2人で食事したら楽しい時間を過ごすことができる、と思ってもらえるくらい距離を縮めておく必要があります。

2人で食事をしても会話が弾まなくてつまらないだろう、と女性が思ったら、女性はデートに行きたくありませんよね。(※このことは最後の方で詳しく紹介します)

 

付き合う前の女性をデートに誘う口実の具体例

 

女性にデートに誘う口実の基本は、女性にメリットを与えることができるものであることです。

ただし、現実にはそれだけではうまくいかないことがあります。

そこで、デートの誘いにOKしてもらいやすい口実の具体例を紹介します。

 

 「相談したいことがあるんだけど…」

仕事や勉強などの悩みを相談する、という口実だと、女性はNOと言いづらくなります。

「ここではちょっと話しづらいので、2人で食事をしながら!」
「お礼に○○(女性の名前)さんが好きだと言っていた××料理をおごりますから!」
という感じのことを言って誘えば、大体OKしてもらえます。

職場や学校、教室、サークルで同じ女性を誘う際に使える口実ですね。

 

 「男同士だと入りづらい店に行きたい!」

飲食店によっては、男同士だと入りにくい店がありますよね。

特にスイーツのお店は女性だらけなので、男同士だと入りにくいと思います。

しかし、そういった店でもカップルはいます。

そこで、そういったお店に「××店のスイーツを食べたいけど、男同士だと入りづらくて…」なんて言えば、OKしてくれる可能性は高いです。

この場合、「友達を連れて行っていい?」と言われる可能性がありますので、ある程度距離を縮めておく必要がありますよ。

ちなみにスイーツ好きな男性は、意外と女性受けはいいですよ。

逆にスイーツ好きな男性は嫌い、という女性はかなり少ないと思います(僕は聞いたことがありません)。

 

 「家族へのプレゼントの選び方がわからなくて…」

母親や姉、妹などに贈るプレゼントを一緒に選んでほしい、というのは、デートに誘う口実の鉄板みたいなものですよね。

鉄板ですし、女性もおそらく「一緒に買い物するためのただの口実だろう!」と分かると思いますが、それでも女性がOKしてくれる可能性が高いです。

「○○さんはセンスがいいから!」と言って誘えば、褒めていることにもなりますので、OKしてもらいやすくなりますよね。

そして、「お礼にごはんおごるよ!」と食事に誘えば、2人で食事をすることができますよね。

ただし、この誘い方だと、2回目のデートにつなげるが大変だったりします。

 

付き合う前の女性が初デートの誘いにOKする基本

 

女性が付き合う前の男性からデートに誘われた時に、
・肉体関係に持ち込まれないだろう
・不快感を与えられないだろう
・2人で一緒にいてつまらない思いをしないだろう
の3つの事を思えば、OKする女性は多いです。

彼氏持ちで彼氏以外の男性とは2人で会わないことに決めているとか、何か目標に向かっていて恋愛をしないと決めているとか、男性と2人で出かけることに抵抗があるとか、この3つの事を思ってもOKしてくれない女性はいます。

しかし、だいたいの女性は、この3つの事を思えば基本的にデートはOKしてくれます。

 

逆にこの3つの事を思わせることができなければ、どれだけ女性にメリットのあるデートプランを示したところで、なかなかOKしてくれません。

以前からずっと食べたいと思っていた料理を食べに誘われたとしても、体を奪われてまで食べたいと思わないでしょうし、不快感を感じながら食事をしたいと思わないでしょうし、つまらない思いをしてまで食べたいとも思わないでしょう。

 

・肉体関係に持ち込まれないだろう
・不快感を与えられないだろう
・2人で一緒にいてつまらない思いをしないだろう
この3つはデートを誘うために必ず必要なことだと言っていいくらいですので、デートに誘う前にこの3つの事を女性に思わせるようにする、という事を意識しておいたほうがいいですよ。

そう思わせるには、女性と会話が非常に重要です。

一緒にいて面白いとかつまらないとかは、結局は会話が弾むかどうかになりますよね。

身だしなみに清潔感がなくて女性に不快感を与えたりすることはありますが、それ例外は会話がカギを握ります。

 

付き合う前の女性との会話については別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「初対面の女性を落とすまでの会話の流れ」へ

 


 

top2datesasou

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)