キャバ嬢からのメールが営業メールかどうかを見分ける方法!


キャバ嬢 営業メール 見分け方 について

 

「キャバ嬢からのメールが営業っぽくないんだけど、実際のところはどうなのかなぁ?」
と、あなたは悩んだことはありませんか?

キャバ嬢から「店に来て!」とメールが来たら、営業メールであることは明らかですよね。

しかし、店に来てとも言わず、当たり障りのない内容のメールだと、
「これってひょっとして営業メールではないのかなぁ?ひょっとして僕に気があるのかなぁ?」
なんて、思ったりすることはありませんか?

実際にそういったメールがキャバ嬢から送られてきたときに、営業メールかどうか悩む人って多いですよね。

 

そこで、ここではキャバ嬢からのメールが営業メールかどうかを見分ける方法を紹介します。

 

a0002_010689

 

キャバ嬢からのメールが営業メールかどうかを見分ける方法

 

営業メールかどうかを見分けるには、まずはキャバ嬢の心理を知る必要があります。

キャバ嬢の心理については別のページで紹介しましたので、そちらを参考にしてください。

参考ページ:
「キャバ嬢の心理~キャバクラ嬢を口説き落とすために知っておきたいこと」
「キャバ嬢ってお客を恋愛対象としてみるの?」

上の2つの記事を非常に簡単にまとめますと、キャバ嬢は惚れたふりをしてでもお客様に来店してもらって指名してもらおうとします。

お客様が来てくれやすいのは、落ちそうで落ちない状態です。

つまり、
「僕に気があるはずだから、もう少しお店に通えば口説き落とすことができる!」
とお客様に思わせ続ければ、通い続けてくれやすくなる、という事です。

落ちそうなキャバ嬢がいたら、多少無理をしてでも店に通って落とそうとする男性は多いですよね。

キャバ嬢は、そのような状態を作ろうとします。

 

落ちそうで落ちない状態にするには、お客様に「あのキャバ嬢は僕に気があるだろう!」と思わせることですね。

では、もしキャバ嬢からいきなり、
「お店に来て!」
なんてメールが来たら、あなたはそのキャバ嬢が気があると思うようになるでしょうか?

キャバ嬢があとで何を言おうとも、
「営業で惚れたふりをしているだけだ!」
と、思ってしまうのは想像できますよね。

ですから、キャバ嬢は基本的に「店に来て!」とはメールしないんです。

あたかも多少は気があるかのようなメールをすることが多いです。

 

という事は、キャバ嬢がどのような内容のメールを送ってこようとも、本心ではその気があるわけではなく、店に来て指名してもらうためにメールを送っているのです。

つまり、キャバ嬢からのメールは全て営業メールだと考えていいです。

 

「無理してお店に来なくてもいい!メールができるだけでいい!」
なんてメールが来たら、
「『店に来なくていい』とメールしてきてるから、営業メールではないのでは?」
と、考えてしまうかもしれません。

しかし、そう思わせるのがキャバ嬢の狙いです。

お店には来なくてもいい、でもお店が休みの日は忙しくて会えない、という事になると、ただのメル友になりますよね。

でも、自分に気がありそうな女性とただのメル友で終わらせたくはない、落とせるのであれば落としたい、と多くの男性が思うのではないでしょうか。

それで、そのキャバ嬢に会うにはお店に行くしかない、という事になれば、たいていの男性はお店に行ってしまうんです。

「来なくてもいい」と言われると逆に行きたくなる、という人間心理もあるんですけどね。

「お店に来なくてもいい!」と言っても、メールをしていれば来てくれることが多い、という事はキャバ嬢はわかっていますので、本心では店に来てほしいのに、平気でそういうことを言ってくるんです。

ですから、「お店に来なくてもいい!」とメールしてきたとしても、実は営業メールなんですよ。

 

それ以外にも、当たり障りのないメールも、営業メールになります。

「店に来て!」というのが営業メールであることは言うまでもないですね。

「今から出勤です!今日も一日頑張ります!」
「今日、新しいドレスを着るよ!」
「髪切ったら、かなりイメージが変わっちゃった!」
「話したいことがあるんだけど…」
なんていうメールは、店に来てほしいことをさりげなく示唆していますので、営業メールだとわかりますよね。

 

ちなみに、
「ひょっとして営業メールではない可能性がゼロではないのでは?」
と思うかもしれません。

確かに、本当に気があってメールすることがあるかもしれません。

そんなことは僕は見たことも聞いたこともないですけどね。

ただ、普通に考えたら女性から積極的にメールしてくることってまずない、というのは経験で分かっているのではないでしょうか?

メルアドを交換した女性からメールが送られてくることって、事務的な用事やお礼などを除けばまずないですよね。

キャバ嬢だって普通の女性です。

気になる男性がいたとしても、自分から男性に積極的にメールすることってなかなかできないでしょう。

でも、営業メールなら何のためらいもなく積極的に送ることができます。

そういったことを考えても、キャバ嬢からのメールは全て営業メールだと考えてもいいですよ。

 

どうしても営業メールだと思えない場合の見分け方

 

「キャバ嬢からのメールは全て営業メールだ!」と言っても、
「いや、僕の場合はどう考えても営業メールだと思えない!」
と思う人はいるでしょう。

そこで、営業メールかどうか、ハッキリさせる方法を紹介します。

 

ちなみに、メールの内容からは営業メールではないかどうかは判断できません。

キャバ嬢は営業メールと思われず気がありそうだと思われるために、様々なことを考え、常に工夫をしています。

ですから、メールの内容、文章、送る頻度などからは判断できません。

 

営業メールではないかどうかを判断する唯一の方法は、キャバクラがお休みの日に会うことができるかどうかです。

もし、会う約束ができるのであれば、営業メールではない可能性があります。

1回は店外デートをすれば来店してくれるかも、とキャバ嬢が考えるかもしれないですから、営業メールではない、と言い切れないですけどね。

ただ、1回や2回指名したお客様と店外デートするキャバ嬢は少ないでしょうから、あまり指名していない場合は、お店が休みの日に会う事ができたら本当に気がある可能性は高いですよね。

「休みの日は忙しくて…!」と言ってきたら、完全に営業メールです。

キャバ嬢は、休みの日にお客様に会うように誘われた場合、どのようにして断るかを事前にきちんと考えています。

「借金返済のためにお店が休みの日でも仕事をしないといけないの!」
と、借金をしているとウソをいってまで、休みの日は忙しいというキャバ嬢もいるんです。

普通は借金があったら隠すのに、キャバ嬢によっては借金をしていないのに借金をしていることにして忙しいとウソをつくんです。

そこまでして、お客様と休みの日に会うのを避けようとしますので、どのような理由があろうとも「忙しいから会えない!」というのは、気のない証拠ですよ。

 

営業メールかどうかを見分けるには、キャバ嬢の脈ありサインを知るのが一番です。

キャバ嬢の脈ありサインについては別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「キャバ嬢の脈ありサイン~これってひょっとして惚れてる?」へ

 


kyaba

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)