キャバ嬢を店外デートに誘ったら断られる理由と断られない誘い方!


キャバ嬢 店外デートに誘う 断られる 原因 対処法 について

 

「指名しているキャバ嬢を店外デートに誘っているのにOKしてくれない!」
と、あなたは悩んだことがありませんか?

キャバ嬢が休みの日に一緒にデートしたい、と多くの人が思っていますよね。

しかし、誘ってもなかなかOKしてくれないと思います。

 

「もっともっと売り上げに貢献しないと、店外デートしてくれないかなぁ?」
なんて考えたりもするのではないでしょうか?

8952ee0d1b367699873981720fd1dff5_s

 

キャバ嬢を店外デートに誘う手っ取り早い方法は、
「ブランドのバッグを買ってあげる!」
「時計を買ってあげる!」
など、高価なものを買う約束をしてデートに誘う事です。

この方法なら50%以上の確率で店外デートに応じてくれますよ。

本当に買ってくれるかどうかは、キャバ嬢は売上で判断しますよね。

店外デートをしたのはいいけど、約束通りに買ってくれなかった、という事になるのはキャバ嬢としては避けたいので、そうならないかどうか売上などで判断します。

ですから、普段からキャバクラでの売上が高く、ブランド品などを買う約束をすれば、店外デートをOKしてくれる可能性が非常に高くなります。

 

しかし、そんなことってなかなかできないですよね。

収入が多いのであればともかく、普通のサラリーマンであれば、そんなことはなかなかできないと思います。

 

そこで、ここではそこまでお金をかけることなく、キャバ嬢と店外デートする方法を紹介します。

 

店外デートに関するキャバ嬢の本音

 

キャバ嬢を店外デートに誘う際に知っておくべきキャバ嬢の本音が2点あります。

 

まず1つ目ですが、キャバ嬢はできるだけプライベートの時間を使うことなく指名客に来てもらいたい、と思っています。

メールをするのにもプライベートの時間を使います(営業時間中のメール以外)。

ましてや店外デートであれば、プライベートの時間を長時間使う事になりますよね。

それで、キャバ嬢は店外デートはもちろん、メールを一切しなくてもキャバクラに来てほしい、と思っているのが本音です。

ただし、休みの日でもメールをするくらいはしょうがない、と思っているキャバ嬢が多いので、イヤな顔をすることなくメールするキャバ嬢は多いですけどね。

ただし、キャバ嬢にとっていい客とは、メールをしないのにキャバクラに来てくれる客です。

営業職の方であれば、休みの日にまでお客様と連絡したくない、会いたくない、という気持ちはある程度はわかりますよね。

 

それともう一つ、キャバ嬢は売上を伸ばすためならある程度は手段を選びません

一部のキャバ嬢が枕営業(来店してもらうためにHすること)をしていることからも、来店してもらうためならある程度までは手段は選んでいない、という事はわかると思います。

キャバ嬢は一般の女性に比べると金銭欲が強いです。

お金に困っているのか、金遣いが荒いのか、彼氏や旦那さんの仕事(事業)を応援するためなのか、理由は人それぞれです。

ただ、キャバ嬢は一般の女性よりもお金を稼がないといけない理由があることが多いんです。

そうでもなければ、キャバ嬢を続けることはできないでしょう。

それで、キャバ嬢の給料は指名客の来店回数や売上に比例します。

つまり、指名客がキャバクラに来る回数が多ければ多いほど、そして売上が高ければ高いほど、キャバ嬢の給料が高くなるんです。

キャバ嬢はお金に対する執着心が強いですから、指名客の売り上げなどに対する執着は強くなります。

 

それで、キャバ嬢は本音ではお客様と店外デートはしたくありません。

その一方で、店外デートをすることで売上などが上がるのであれば、嫌な顔をすることなく店外デートをします。

 

という事は、キャバクラに来て指名してくれなくなったら、キャバ嬢の給料に大きな影響が出るような客になること、そして店外デートをしないと店に来てくれなくなる、とキャバ嬢に思わせることができれば、店外デートをしてくれますよ。

 

キャバ嬢が店外デートを断る理由

 

まず、キャバ嬢は指名客に惚れることはない、と考えたほうがいいです。

本当は、キャバ嬢の半分はお客様と付き合ったことがある、という事なので、惚れることはあるでしょう。

しかし、惚れるのはそこそこ人気のあるキャバ嬢で指名客10人のうち1人いるかどうかです。

しかも、指名客の中には社会的地位の高い人だっています。

キャバ嬢はミーハーな人が多いですから、一般の女性に比べると肩書などに弱いです。

そういったことを考えると、キャバ嬢に惚れられるのは非常に難しいので、キャバ嬢に惚れられることはない、と考えたほうがいいです。

 

それで、キャバ嬢は指名客のことをお客様としか見ていません。

ですから、男として好きか嫌いか、という目で見ることは基本的にはありません。

いい客かイヤな客か、という目で指名客のことを見ています。

 

それで、キャバ嬢に店外デートをしてもらうには、男として好かれる必要はありません。

キャバ嬢は指名客のことを男として見ないわけですから、男として好かれることはないんです。

ですから、男として好かれようと頑張っても無駄だ、という事になります。

 

キャバ嬢が店外デートをするかしないか最も重要なのは、店外デートをすれば売上が上がる(下がるのを防ぐことができる)かどうか、ということです。

つまりキャバ嬢は、店外デートをしなくても売上が下がらない、逆に店外デートをしても売上が上がらない、と思ったお客様とは店外デートをしません

店外デートをすれば売上が上がるのであれば、少々イヤなお客様とも店外デートはします。

ただし、限度はありますけどね。

どれだけ売上が上がることが分かっていても、めちゃくちゃイヤなお客様とは店外デートはしない可能性があります。

出勤日数が少ないキャバ嬢ほどこの傾向は強くなります。

最低限「指名してほしくない、接客したくない!」という気持ちを持たれないようにすることは大切ですが、そんなに頑張って好かれようとする必要はありません。

それよりも、店外デートをすることで売上に良い影響があるのかどうかが大切です。

キャバ嬢は、嫌いだから店外デートを断るのではなく、売上に影響がないだろうと思っているから店外デートを断るのです

また、キャバクラに来なくなっても給料に大きな影響がない、と思った場合も、店外デートを断ります

 

キャバ嬢を店外デートに誘うには?

 

キャバ嬢を店外デートに誘うには、来なくなったら給料が大きく減るお客様だとキャバ嬢に思われる必要があります

その基準ですが、そんなに人気のないキャバ嬢であれば、安いボトル(JINROか鏡月あたり)を入れ、週に1回キャバクラに行けば、こなくなったら困るお客様になるでしょう。

そして、人気のあるキャバ嬢であれば、週に1回キャバクラに行って、毎回10万円以上使えば、こなくなったら困るお客様になるでしょう。

そこまで使っても、こなくなったら困るお客様にならないのは、相当人気のあるキャバ嬢の場合です。

それだけ人気のあるキャバ嬢は、全国を探しても数十人しかいないでしょう。

人気のあるキャバ嬢だと月に100万円、200万円も使う太い指名客(売上の高いお客様)が1人や2人はいるでしょう。

しかし、太いお客様だけに頼るとリスクが高いのはわかっていますから、ほとんどのキャバ嬢は月に40万~50万円使ってくれるお客様を大切にしてくれますよ。

太いお客様だけに頼っていると、そのお客様がキャバクラにこなくなったら、売上がゼロ近くまで落ちますよね。

ですから、太いお客様だけではなく、ある程度売り上げの高いお客様も大切にしてくれるんです。

あとは、どれだけ使う金額を減らすことができるかは、様子を見ながらでないとわからないんですけどね。

 

そういう感じで3ヶ月以上通い続けたら、キャバ嬢にとって大切なお客様になります。

そうしたら、今度は店外デートをしないと来てくれなくなる、と思わせる必要があります

そう思わせるために、まずは店外デートに誘ってみます。

そうすると、断られる場合が多いです。

この時に「店外デートをしてくれなかったら、もう店にはこない!」と言ってはいけません。

断られたら、3週間くらいキャバクラに行くのをやめます。

そして、再びキャバクラに行って指名します。

3週間くらい通ったら店外デートに誘ってみます。

あとはOKしてくれるまで行ったり行かなかったりを繰り返します。

一番初めに指名してから6ヶ月経っても店外デートに誘う事ができなかったら、あきらめたほうがいいです。

「お客様とは絶対に店外デートしない!」と決めているキャバ嬢はいますので、どれだけ頑張っても絶対誘う事ができない場合もあります。

そういう場合はあきらめるしかないでしょう。

 

あと、店外デートをしてくれた後、店に行った時に3万円~5万円くらいのシャンパンを入れると、その後店外デートをOKしてくれやすくなります。

無理のない範囲で構わないので売上に貢献すると、キャバ嬢に「店外デートをすれば利上げに貢献してくれる!」という意識を植え付けることができますよ。

 

キャバ嬢を口説き落とす方法

 

キャバ嬢を店外デートに誘う方法を紹介しましたが、この方法だとキャバ嬢と店外デートをしても落とすことはできないです。

枕営業はしてくれるかもしれませんが、それも来店してもらうのが目的なので、落としたことにはならないですよね。

そして、キャバ嬢に「お客様」と思われたら、惚れさせるのはかなり難しくなります。

 

女性に限らず男性もそうですが、一度思い込んだことはそんなに簡単には変えることができないですよね。

例えば、学生の時の先輩と卒業後も付き合っていく場合、上下関係はそのまま続きますよね。

卒業したので元先輩に対して敬意を払う必要は特にないんですが、それでも先輩と後輩の関係が続き、友達関係になることはまずないですよね。

よっぽどお世話になった先輩であれば、卒業後も敬意を払い続けるのは当然かもしれませんが、お世話になっていない先輩に対しても先輩と後輩の関係は続きますよね。

 

それと同じで、一度キャストとお客様の関係になったら、その関係を変えることは難しいので、男と女の関係になることは非常に難しいんです。

そして、大切なお客様になってしまったら、男女の関係になるのはますます難しくなってしまうのです。

 

キャバ嬢を口説き落とすには、キャストとお客様の関係にならないようにしたほうが簡単に落とすことができます。

キャバ嬢とプライベートで付き合っていくようになると、かなり簡単に落とすことができます。

キャバ嬢は精神的に不安定な人が多いですが、何かにすがりたいという気持ちが強いせいか、落とすのが簡単なんです。

 

キャバ嬢を落とす方法は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


 

kyaba

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)