女性を惚れさせる言葉!~たった一言で女性が惚れる!?


女性を惚れさせる 言葉 について

 

「たった一言で女性が惚れてしまうような言葉はないかなぁ?」
なんて、あなたは思ったことがありませんか?

「そんなことはあり得ない!」
なんて思ってしまい、多くの人がそんなことを考えないのかもしれません。

 

確かに、たった一言で女性が必ず惚れる、といった魔法のような言葉はありませんが、女性に嫌われなければ惚れてくれる可能性が非常に高い言葉があるんです。

しかも、誰でも簡単に言うことができる言葉を繰り返すだけなんです。

a0001_016452

 

それはどのような言葉なのでしょうか?

そして、どのように使っていけばいいのでしょうか?

 

女性を惚れさせる言葉とは?

 

女性を惚れさせる言葉とは、ズバリ「好き!」です。

女性に「好き!」と言い続けると、女性は惚れてくれる可能性が非常に高くなります。

 

「親しくもない女性にいきなりそんなことを言ったら、女性はドン引きしてしまって、避けるようになるだろ~!」
なんて、言いたくなりませんでしたか?

確かに、そんなに親しくない女性にいきなり「あなたが好きだ!」なんて言ったら、女性から避けられてしまうでしょう。

 

そういう事ではありません。

会話中に「好き!」という言葉を自然に何回も言えばいいんです。

 

例えば、僕が女性と居酒屋に行くとほぼ確実に言うセリフがあります。

それは、
「僕は、この料理が好きだから、居酒屋に行くといつも頼んじゃうんだよね!」
「僕、ビールが好きだから、毎回ジョッキで3~4杯くらいは飲んじゃうんだよね!」
の2つです。

あとは
「焼酎も好きだよ!」
「この料理も好きだよ!」
という感じのセリフを繰り返します。

 

「たったそれだけで本当に女性を惚れさせることができるのかよ!?」
なんて、あなたは思いませんでしたか?

恐らく多くの人が信じることができないのかもしれません。

 

しかし、脳の仕組みがある程度分かっている人なら、納得していただけるのではないかと思います。

人間の脳は繰り返し刻まれた言葉を現実にしようとする力があります。

そして、人間の意識には主語がありません。

つまり、
「あの料理が好きだ!」
というと、人間の意識には「好きだ!」という言葉しか刻まれず、主語である「あの料理」が抜けてしまうんです。

それで、女性の意識には「好きだ!」という言葉だけが繰り返し刻まれることになります。

その言葉が刻まれているときに、女性があなたの近くにいたら、女性はあなたのことが好きになってしまう、という事になるわけですね。

 

それ以外にも「愛してる!」「惚れてる!」という言葉を同様に自然に繰り返し使うといいんですが、僕には女性とに会話で自然に繰り返し使うセリフが思い浮かびません。

もし、「愛してる!」「惚れてる!」という言葉を自然な感じで繰り返し使うことができるのであれば、使ってみると女性を惚れさせることができますよ。

 

女性を惚れさせる言葉が効果がない時

 

「好き!」という言葉を自然に繰り返し使っても、女性が全然惚れてくれないことがあります。

それは、女性の意識に「嫌い!」という言葉が刻まれた時です。

 

女性が嫌いな男性と一緒にいると、女性はずっと
「この人嫌い!」
と思い続けることになりますよね。

そうすると、「嫌い!」という言葉が意識に刻まれてしまいます。

そんな時に、男性がいくら「好き!」という事を女性の意識に刻もうとしても、それ以上に女性が「嫌い!」という言葉を意識に刻んでしまいますので、女性は男性のことを好きになりません。

 

ですから、「好き!」という言葉をいう事で女性を惚れさせようとする場合は、今現在女性に嫌われていないことが条件になります

そして、女性に嫌われるような行動をしないようにする必要があります

初めは女性が嫌っていない場合、女性が嫌いになる原因が会話にあることが多いです。

女性が嫌がることを言ってしまったら、嫌われるのは当然ですね。

そして、会話をしていてつまらない、と女性が思ったら、女性は「つまらない!」と思い続けることになりますので、「つまらない」という言葉が意識に刻まれてしまいます。

そうすると、女性は会話をしている男性のことを「つまらない男」と思うようになります。

女性を惚れさせる上で、会話は非常に重要です。

女性に好かれるための会話は別のページで紹介しましたので、興味のある方は参考にしてください。

 女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)