好きな女性と盛り上がるLINEの話題~女性を喜ばせ、落とすには?


好きな女性 LINE 話題 について

 

「好きな女性にLINEを送るとき、どんな話題がいいんだろう?」
と、あなたは悩んだことがありませんか?

LINEでどんな話題を送ったらいいのかわからず、「今何してるの?」というメッセージを送ってしまうことがあるかもしれません。

しかし、こういったメッセージばかり送っていたら、嫌われると思ったほうがいいです。

一切恋愛感情のない男性から毎日のように「何してるの?」なんて送られてきたら、
「なんであんたにそんなこと言わないといけないの!?」
なんて思われてしまいます。

a0002_010629

 

では、好きな女性にLINEを送るとき、どういった話題だと喜んでもらえて、距離を縮めることができるのでしょうか?

 

好きな女性に送るLINEの話題とは?

 

好きな女性にLINEを送る時の話題は、今現在の女性との関係で違いが出てきます。

 

ただの知り合いとであれば、当たり障りのない話題にして親近感を持ってもらうようにします

あまり親近感のなかった人でも毎日のようにLINEをしていたら、親近感は沸いてきますからね。

ただし、女性のプライベートにかかわるようなこと、あるいは深刻な話題などになると、「なんであんたにそんなこと言われないといけないの?」なんて思われる恐れがあります。

そんなこと思われたら、距離は離れていきますよね。

運が悪いと、着信拒否されるかもしれません。

そうならないためにも、当たり障りのない話題のほうがいいです。

 

当たり障りのない、そして女性と盛り上がる話題は、

・テレビ番組(ドラマ・バラエティーなど)
・芸能ニュース
・映画
・グルメ
・旅行、レジャースポット

などになります。

 

電車に乗っているときに、雑誌の吊り広告を見て、
「○○(芸能人)って結婚するみたいだね!」
なんてLINEしたり、

あるいはテレビを見ているときに、
「○○○っていうドラマ、面白いね!」
なんてCM中にLINEしたりするといいですよ。

 

あと、街中の面白い風景などの写メを送って、一言添えるのも、結構受けがいいですよ。

食事したときに、料理の写メを送って
「おいしかった!」
と一言添えるのもいいですよ。

 

そして、女性の関心のあることを聞くことができているのであれば、そういったこともLINEしていきます。

例えば、ショップなどで女性が好きなアーティストの曲が流れているのを聴いたら、
「今日ショップに行ったら、○○○(アーティスト名)の曲が流れていたよ!○○○が好きだったよね!?」
なんて送ってみるといいですよ。

こういうメッセージって、男性は
「だから、どうしたの?」
って思う人も多いですが、女性は「自分のことを覚えていてくれてうれしい!」と思う人が多い、ということです。

 

そして、お互い悩みなどを相談できるなど、友達と言える段階になったら、プライベートにかかわることもLINEしていきます

仕事の悩み、人間関係の悩みなど、顔見知りでは話をしないような話題も織り交ぜていくといいですよ。

そうすると、より距離が近づいていきます。

ただし、女性に
「なにか悩んでいることがあったら、何でも相談してよ!」
なんてメッセージを送ったら、女性は
「あんたに相談して何がわかるのよ!?」
なんて思われる恐れがあります。

なにか悩んでいそうな様子であれば、
「ちょっと元気なさそうだったけど大丈夫?もしよければ何があったか聞いてもいい?」
という感じのメッセージにしておくといいですよ。

 

ここまでだと、日常交わす会話とさほど変わらないじゃないか、なんて思いませんでしたか?

LINEだからといって、日常の会話と違う話題がいい、なんていう事はありません。

話題自体は日常会話とLINEとでは大きな違いはない、と思って大丈夫ですよ。

 

さて、ほぼコピペで女性の心を惹きつけ恋愛感情を増幅させることのできる方法が紹介されている教材があります。

それが「LINEテンプレート」です。

教材で紹介されている文章をほぼそのまま使うだけで、女性に恋愛感情を持ってもらう事もできるんですよ。

「LINEが苦手だ!」という人でも、狙った女性を惹きつけ、口説き落とすことができているんです。

LINEは恋愛の必需品と言われていますが、「LINEテンプレート」で恋愛で圧倒的に有利になること間違いなしですよ。

 「LINEテンプレート」詳しくはこちらをクリック

 


 

linetenp

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)