ピークエンドの法則を恋愛で活用し女性を惹きつけることができる?


ピークエンドの法則 恋愛 について

 

心理学で「ピークエンドの法則」というものがあります。

簡単に言うと、人間はピークとエンドのことしか印象に残らない、というものです。

詳しくは後ほど説明します。

 

さて、このピークエンドの法則を使って、狙っている女性の心を惹きつけ、落とすことができるのでしょうか?

a0002_007790

 

ピークエンドの法則とは?

 

ピークエンドの法則とは、過去の経験は絶頂のとき(ピーク)と終わり(エンド)しか印象に残らない、というものです。

ピークとは一番衝撃的なことと考えていいです。

一番衝撃的なことと最後以外は記憶がなくなるという事ではなくて、記憶はあるけど印象に残らない、ということです。

衝撃的なこととは、良いことなのか悪いことなのかは関係ありません。

それで、例えば旅行で基本的に楽しかったけど、一番衝撃的なことがものすごく悪いことだと、その旅は最悪な旅行だという印象になってしまいます。

また、基本的に楽しい旅だけど、最後の最後で事故などに巻き込まれると、最悪な旅行だという印象になってしまいます。

「この前の旅行は楽しいこともあったけど、(全体的な印象は)最悪だった!」なんていう事もあると思いますが、それは衝撃的な出来事が最悪だったか、最後に最悪なことが起こったか、のどちらかです。

 

ピークエンドの法則を恋愛で活用するには?

 

ピークエンドの法則は、理論上は恋愛で活用して女性に良い印象を与えることができる、という事になります。

例えば女性とデートをしているときに、デート中に衝撃的なことがなかった場合、最後に良い印象を与えれば、女性のデートの全体的な印象を良くすることができる、という事になりますね。

女性との別れ際に、女性に良い印象が残るようなひとことを言うことができたら、女性にとってその日のデートの印象が良くなります。

また、最後に男らしいところを見せることができたら、男性としての評価を上げることができます。

 

ただし、デート中に衝撃的なことが起こってしまったら、そちらの印象のほうが強くなりますので、最後にどれだけ印象を良くしたとしても、全体的には「悪かった」という印象を与えてしまいます。

また、人間は男女を問わず、良いことよりも悪いことのほうが印象に残りやすいです。

最後に良い印象を与えたとしても、途中で衝撃的なほど悪いことが起こったら、悪いことの印象の方が強くなります。

ですから、デートプランはどうでもいいけど、最後さえ良い印象を残すことができれば良い、という事ではありません。

いい加減なデートプランのせいで女性に悪い印象を与えてしまったら、最後にどれだけ良い印象を与えたとしても、女性のデートの印象は全体的には悪かった、ということになります。

 

デートは女性が喜んでもらえるプランをしっかり立て、そのうえで最後に良い印象が残るようにすれば効果的です

 

ただ、実際にデートの最後に女性に良い印象を与えることができるのかといえば、現実的にはなかなか難しいです。

デートの最後に女性に良い印象を与えることが出来るのであれば、デート中にも良い印象を与えることができるはずです。

ですから、最後だけ良い印象を与える、と言うのは、デートにおいては非現実的と考えたほうがいいでしょう。

 

ピークエンドの法則は恋愛では、女性からの評価を下げないための法則だと考えたほうがいいです。

ピークと最後が印象に残るわけです。

あと、良いことと悪いことが同じレベルの衝撃度であった場合、悪いことが印象に残るわけです。

という事は、デート中にちょっと気を抜いてしまって最悪なことが起こったら、他が良くてもデートの印象が悪くなります。

また、デート中は良かったとしても、最後の最後に最悪なことが起こったら、女性のデートに対する印象は悪くなります。

という事は、デート中は最悪なことが起こらないように気を抜かない、そして、最後まで気を抜かない、という事をしっかりと頭に入れておいたほうがいいですよ。

そうすれば、評価が下がることを防ぐことができます。

 

ピークエンドの法則の例外~女性を惹きつけられないことが!

 

初対面の女性の場合、第一印象が悪いとピークエンドの法則通りにはならない、と思ったほうがいいです。

第一印象は最後まで引きずることが多いです。

それで、第一印象が悪いと、途中にどれだけ良い印象が残ることをしたとしても、女性にとっては悪いように受け取ってしまいます。

同じことを言ったとしても、第一印象が良い人がいたら印象が良いのに、第一印象が悪い人が言ったら印象が悪い、という事は当たり前のようにあります。

ですから、第一印象はせめて悪くならないようにするのが大切です。

 

正確には第一印象が悪くてもピークエンドの法則は当てはまりますが、普通なら良い印象を与えることのできることでも、第一印象が悪いと同じことをしても悪い印象になってしまう、ということです。

ですから、最後に良い印象を与えようと思っても、第一印象が悪かったために女性にとっては最後にも悪い印象を与えられてしまった、という事になってしまうのです。

考え方として、第一印象が悪いとピークエンドの法則は当てはまらない、と考えたほうがいいということです。

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)