マメな男はモテる!その本当の意味とは?


マメな男 モテる について

 

「マメに女性にメールをしているのに、全然女性が振り向いてくれない!」
と、悩んだことはありませんか?

毎日何回もマメにメールしているのに、全く女性にモテない、と悩んでいる人は多いですよね。

でも、ちょっと待ってください!

女性に毎日何回もメールを送ったところで、モテるようにはなりません。

マメにするといっても限度があるのです。

メールなどの回数が多かったりすればモテるようになるのかといえば、そういうわけではありません。

a0002_010689

 

そこで、女性にモテるようになるマメな男の行動について紹介します。

 

「マメな男」の本来の意味は?~本当にモテる男とは?

 

「マメな男」というと、今ではメールやLINEなどを送る回数が多かったりすることを意味することが多いですよね。

しかし「マメ」という言葉の本来の意味は違います。

 

「マメ」は、もともと「面倒くさがらずに働くこと」という意味でした。

 

「マメな男がモテる」という事は、携帯電話、インターネットが世の中に現れる前から言われています。

それで、元々は女性のためなら面倒くさがらずに行動できる男性のことを「マメな男」と言っていました。

面倒くさがらずに毎日のように電話できる男性、面倒くさがらずに誕生日などの記念日を祝う事の出来る男性など、女性が喜ぶことを面倒くさがらずにできる男性のことを「マメな男」と言っていました。

 

それが、なぜかマメに電話する男性がモテる、と言われるようになり、それが電話の回数が多い男性はモテる、と解釈されるようになっていきました。

その流れがあるのでしょうか、今ではメールやLINEの回数の多い男性が「マメな男」と解釈されることが多いですよね。

 

モテるマメな男の行動~モテるマメさ、モテないマメさ

 

携帯電話が普及する前は「マメに電話する」というのが「電話回数を増やす」と解釈されていても問題ありませんでした。

自宅の固定電話に、1日に何回も電話なんかすることは、普通はできません。

電話の回数を増やすといったところで、せいぜい1~2日に1回くらいしか電話できないです。

 

しかし、携帯電話であれば、1日に何回もメールすることなんて抵抗なくできますよね。

朝起きたとき、昼食の時、仕事が終わった時、自宅に着くころ、寝る前にそれぞれメールを送ったら、1日5回もメールを送ることができますよね。

 

では、そこまでメールを送れば本当にモテるようになるのでしょうか?

 

答えは「NO」です。

そこまでメールを送られたら女性は「ウザい!」と思うでしょう。

「マメ」という言葉の解釈は変わっているのかもしれませんが、モテる男の行動が変わったわけではありません。

女性の望むタイミングでメールを送ることのできる男性がモテるのです。

 

つまり、「マメな男がモテる」という「マメ」という意味は、現在広く解釈されている「頻繁に」「回数が多い」という意味ではありません。

本来の「面倒くさがらずに女性が喜ぶことができる」という意味です。

 

女性が負担に思うことのない、喜んでくれる形で誕生日などの記念日を祝う事のできる男性がモテる、という事も、昔から変わらないですよ。

 

プレゼントを贈るにしても、回数が多ければいいという事ではありません。

適切なタイミングで適切なもの(女性に負担がかからない程度に喜んでもらえるもの)を贈ることができる男性はモテます。

 

さて、女性にモテるメールの回数については別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 「モテる男のメールの頻度~マメにメールを送っても女性は惚れない!」へ
(こちらのページでは「マメ」というのを「頻繁に」「回数が多い」という意味で使っています。)


 

mailnasi

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)