キャバ嬢をお持ち帰りする方法~1回指名しただけでお持ち帰りできる!?


キャバ嬢 お持ち帰り について

 

「きれいなキャバ嬢をお持ち帰りしたい!」
と、あなたは思ったことがありませんか?

キャバクラに時々行くのであれば、キャバ嬢をお持ち帰りしたい、と思ったことが1度や2度はあると思います。

しかし、そう簡単にキャバ嬢をお持ち帰り出来ないですよね。

 

そこで、ここではキャバ嬢をお持ち帰りする方法を紹介します。

 

キャバ嬢をお持ち帰りするには?

 

キャバ嬢をお持ち帰りするには、キャバ嬢を惚れさせればいいです。

しかし、そんなことは無理だと思ったほうがいいです。

キャバ嬢は毎日たくさんの男性と接しています。

経営者や医者、弁護士など社会的地位の高い男性にもしょっちゅう接しています。

芸能人などの有名人に接することだって珍しくありません。

キャバ嬢を惚れさせるには、そういった社会的地位の高い人や有名人に勝つ必要があります。

それは相当難しい、というのは説明するまでもありませんよね。

キャバ嬢はミーハーな人が多いですから、普通の女性よりも社会的地位の高い男性や有名人に惚れやすい傾向があります。

ですから、そういった人たちに勝つのは相当難しいです。

あと、キャバ嬢にお客様とみられてしまったら、金づるとしか思わなくなります。

ただの金づると見られているのに、そこから男として見られるようになるのは相当難しいです。

ですから、キャバ嬢を惚れさせるのは不可能だと思ったほうがいいです。

 

キャバ嬢をお持ち帰りするには、「お持ち帰りされたら太い客になるだろう!」と思わせるのが手っ取り早いです。

太い客とは、売上の高いお客様のことです。

キャバ嬢は、指名客の売上が高ければ高いほど、給料が高くなります。

ですから、お持ち帰りされてでも太い客を手放したくはない、と思うキャバ嬢は少なくありません。

お持ち帰りされるくらいなら太い客を手放したほうがましだ、と思っているキャバ嬢も少なくはありません。

ですから、「お持ち帰りされたら太い客になるだろう!」と思わせることができたら、必ずお持ち帰りできるのかと言えばそういうわけではありません。

しかし、そう思わせる以外にキャバ嬢をお持ち帰りする方法はない、と思ったほうがいいです。

 

キャバ嬢に、「お持ち帰りされたら太い客になるだろう!」と思わせるには、まずはなめられないようにする必要があります

太い客になる、と思わせることができても、キャバ嬢になめられたら「言いくるめれば何とかなるだろう!」なんて思われ、お持ち帰りされないように頑張ります。

だからといって、態度をデカくすればいいという事ではありません。

基本的には、キャバ嬢にも男性従業員にも腰は低いけど、なめたら店に来なくなる、と思わせるといいです。

そう思わせるには、あまり文句は言わないようにしながらも、たま~に文句を言うといいです。

「よくしゃべるなぁ~!話を聞いてばかりだとツラいんだけど!」
「質問ばかりするから、なんか尋問みたい!」
など、冷静に観察していれば、文句の1つや2つは出てくるはずです。

1つも文句が出てこないのは、アバタもエクボじゃないですけど、キャバ嬢に惚れているからかもしれません。

どんなに人気のあるキャバ嬢でも、冷静に観察すれば必ず文句の言いたくなることがありますので、そこを見つけて、かる~く文句を言うようにします。

そうすれば、キャバ嬢になめられることはないでしょう。

ただし、あまりにも文句を言いすぎると、キャバ嬢に「ウザイ!」と思われてしまうので、お持ち帰りできなくなる可能性が高くなる、と思ったほうがいいですよ。

店に1回行ったら、1回か2回くらい文句を言うだけでいいですよ。

あと、キャバ嬢の接客態度以外の文句は言わないほうがいいです。

ルックスや持ち物、着ている服、身に着けている装飾品などに対しての文句は絶対に言わないようにすべきです。

 

あと、太い客と思わせるには、最低でもボトルは入れる必要があります。

キャバクラで一番安いボトルは、鏡月かJINROになると思います。

それくらいは入れる必要があります。

それで、そんなに人気のないキャバ嬢であれば、鏡月かJINROを入れて、週に1回くらい店に行って指名すれば、太いとまでは思われないまでも、手放したくない大切な指名客にはなります。

あとは、人気のあるキャバ嬢ほどもっと売上を高くする必要があります。

どこまで高くするのかはちょっと難しいところですが、1回お店に行ったら20万円以上使い、週に2~3日くらい店に行って指名すれば、伝説的な人気キャバ嬢以外は太い客と思ってくれるでしょう。

ただ、そこまで使うのは難しいと思いますので、あとはキャバ嬢の反応を見ながらどれだけ売上を上げればいいのか探っていく、という事になります。

 

キャバ嬢に「お持ち帰りされたら太い客になるだろう!」と思わせるには、まずは太い客になりそうだけど、なめると店に来なくなる、と思わせる必要があります。

 

キャバ嬢をお持ち帰りする具体的方法

 

キャバ嬢に「太い客になりそうだけど、なめると店に来なくなる!」と思わせることができたら、アフターに誘います

アフターに付き合ってもらうのはそんなに難しいことではないです。

キャバ嬢がアフターを断る理由は、
・早く帰って寝たい
・送り(従業員が車で家まで送ること)で帰りたい
・ホテルに連れ込まれるかも
の3つです。

ですから、
・1時間だけ
・タクシー代は出す
・心配なら友達を連れてきてもいいよ
の3つを言えば、まずアフターに付き合ってきます。

あとキャバ嬢は「お金を使いたくない」とも思っていますが、太い客になりそうだと思われたら、アフターはおごってくれて当然だと思ってしまうので、そこは触れる必要はないです。

 

アフターは、カラオケかバー、居酒屋がいいでしょう。

そして、タイミングを見てホテルに誘います

そうすると、まず断られます。

「あなたのことをもっと知ってから!」というのがよくある断り方だと思います。

そんな時は頑張って誘うのではなくて、冷たい態度をしたほうがいいです。

「サービス悪いな!」「ケチだなぁ!」といった感じのことを一言だけ言います。

そうすると、様々な口実を付けてホテルに行くのを断ろうとすることが多いです。

そうしたら、「じゃあ、帰る!」とだけ言って帰るふりをします。

そうすると、OKしてくれる可能性が高くなります。

OKしてくれず、とにかく言いくるめようとしてホテルに付き合わなくても来店させて指名させようとしたら、お持ち帰りは諦めたほうがいいです。

言いくるめて来店させようとするのは、なめている証拠です。

お店ではもう少しきつめに接したほうがいいでしょう。

どうしてもお持ち帰りされたくないと思っているキャバ嬢は、言いくるめようとはせず指名されるのをあきらめることが多いです。

「太い客になりそうだけど、なめられたら店に来ない!」と思わせることができたのに、それでもホテルへの誘いを断るのであれば、そのキャバ嬢はお持ち帰りされない、と決意している可能性が高いです。

そんなキャバ嬢はどれだけ頑張ってもお持ち帰りはできません。

お持ち帰りできないキャバ嬢を指名するつもりがなければ、アフター1件目の料金はキャバ嬢に払わせて帰ってもいいでしょう。

タクシー代も払う必要はないでしょう。

 

ちなみに、僕がこの方法でお持ち帰りできている確率は3割くらいです。

キャバ嬢に「お持ち帰りされたら太い客になるだろう!」と何の疑いもなく思わせることができたら、この確率を5割まで上げることができるような気はしています。

たった1回本指名しただけでそのように思わせるのは難しいですし、だからといって何度も指名し続けると、キャバ嬢に、いいカモと思われ、なめられるだけです。

ですから、「お持ち帰りされたら太い客になるだろう!」と思わせるのはちょっと難しいんですが、そう思わせることができたとしても、お持ち帰りできる確率は推定で5割くらいです。

でも、実際に5割の確率でキャバ嬢をお持ち帰りできる人なんて、なかなかいないと思います。

僕の知り合いで、周りからキャバ嬢にモテるといわれている男性がいますが、キャバ嬢を落とすことのできている確率は2割くらいだそうです。

そのことを考えたら、僕がお持ち帰りできている確率3割も高い方だと思いますよ。

 

ちなみに、キャバ嬢を落とそうと思ったら、指名客と思われないようにすると、とっても簡単に落とすことができます。

キャバ嬢を落とす方法は別のページで紹介しましたので、そちらをご覧ください。

 「人気キャバ嬢の口説き落とす方法・会話術」へ

 


kyaba

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)