認知的不協和 恋愛


認知的不協和 恋愛 について

 

心理学で「認知的不協和」という理論があります。

これは、行動や心理において一致しないこと(不協和)が起こると、不快感を感じてしまうことです。

それで、この一致しない状態を解消しようと、何らかのアクションを起こします。

a0001_017444

 

と説明しても、何の事だかさっぱりわからないと思います。

この「認知的不協和」の例として、よく用いられているのが喫煙です。

多くの人は喫煙は体に悪いという事が分かっていると思います。

しかし、やめられないですよね。

人間は健康的でありたいという本能があります。

つまり、タバコを吸うという事は、健康でありたいという本能とは一致しない行動になりますよね。

健康になりたいという本能がありながら不健康なことを続ける、この2つの一致しない状態が続くと不快感を感じます。

それで、この不協和を解消しようとするわけです。

多くの人が、たばこは不健康だという事を、都合の良いように変えてしまいます。

「たばこをやめるとストレスがたまるから、逆に不健康だ!」
「タバコを吸い続けていても健康的に長生きしている人はたくさんいる!」
「たばこをやめるとイライラして仕事に支障が出るので、やめないほうがいい!」
などなど、都合の良い考え方をしてタバコを吸うという行為と考え方を一致させるわけですね。

僕はたばこを吸いますが、「仕事に影響が出るから」と思ってやめていませんね(・・;)

僕の周りは「仕事に影響が出るからたばこをやめられない」と言い訳している人が多いですね。

 

不健康だとわかっていながらたばこを吸い続け、一致しないことに不快感を感じることを認知的不協和と言います。

そして、人間には不協和を解消しようとする心理が働きます。

 

この認知的不協和を恋愛で使うことができます。

上手に使うと、全然振り向いてくれない女性を振り向かせ、惚れさせることだってできるんです。

しかし、上手に使わないと女性に嫌われることもあります。

 

では、恋愛において認知的不協和をどのように使うと意中の女性を惚れさせることができるのでしょうか?

逆に、どのように使ってしまったら女性に嫌われてしまうのでしょうか?

 

恋愛で認知的不協和を使って女性を惚れさせるには?

 

認知的不協和を使って意中の女性を振り向かせるには、女性に惚れている男性に対して行う行動をさせればいいです。

女性に限らず男性もそうですが、好きな異性に対しては他の人よりも優しくなったりしますよね。

ですから、意中の女性に親切にしてもらうといいんです。

そうすると、女性の中で認知性不協和が起こります。

「好きな男性にしかしないことを、好きでもない男性にしている!」という認知性不協和が起こります。

そうすると、女性は不快感を感じるようになりますので、この一致しない状態を解消しようとする心理が働きます。

それで、好きでもない男性に対しての親切行為をやめることができなければ、その男性のことを好きになれば、不協和の状態を解消できるわけですね。

ですから、女性を惚れさせることができる、という事になります。

 

女性に親切にしてもらうには、何かを借りたり、みんなで食事に行ったときに何かを取ってもらったり、料理を小皿に盛ってもらったり、といった女性が断りにくい親切行為をしてもらうと良い、と言われています。

そういう行為を繰り返すと、女性は認知性不協和を解消しようとするために、惚れてしまう、という事です。

 

認知性不協和で女性を惚れさせることの難しさ!

 

今までの説明で、
「そんなにうまくいくわけないだろう!」
なんて思いませんでしたか?

そうです、そんなにうまくいくわけがないんです。

 

料理を小皿に盛るのは女の役目と思っている女性は多いですよね。

男女何人かで飲みに行くと、だいたい女性が料理を小皿に盛ってくれることが多いですよね。

ちなみに僕はそんなことは女性の役目だとは思っておらず、自分で全員分を小皿に盛るか、頼むとしても男性に頼むことが多いです。

そうすると、「私がやりますよ!」と言って、小皿に盛ってくれる女性は多いですよね。

また、つまようじやしょうゆを取ってもらったとしても、「そんなこと嫌いな人から頼まれても取ってあげるわよ!」なんて思っている女性(に限らず男性も)は多いと思います。

食事の時に料理を小皿に盛ったり、なにかを取ってあげるのは好きでもない男性に対しても実践している行動なので、そんな行動を何回もしてもらったところで、認知性不協和は起こりません。

また、何かを貸したりすることも、友達であれば普通にしていることなので、認知性不協和は起こりません。

認知性不協和が起こらないことをどれだけしてもらったところで、女性が惚れてくれるわけがないんです。

 

では、女性が好きな男性にしかしないことをしてもらえば、認知性不協和が起こり、女性を惚れさせることができる、なんて考えると思います。

しかし、それは非常に難しいですよ。

 

よく、女性の母性本能をくすぶる男性はモテる、って言われますよね。

それで、「食事はいつもコンビニの弁当か外食だよ!」と男性が言っているのを聞くと、女性は夕食を作りたくなり、それで次第に惚れてしまう、なんて言われています。

しかし、嫌いな男性がそんなことを言っているのを聞いても、何とも思わないでしょう。

気になっている男性がそういうことを言っているのを聞いたら、女性は夕食を作りたくなるのかもしれません。

しかし、嫌いな男性のために夕食を作ってあげようなんていう気持ちは起こらないでしょう。

女性に強引に作らせたところで、「うるさいから作ってあげた」なんて思われたら、認知性不協和は起こりませんので、女性は惚れてくれません。

逆に嫌われる可能性が高くなります。

 

では、協調性不協和は恋愛では使うことができないのでしょうか?

 

協調性不協和で女性を惚れさせるには?

 

協調性不協和を使って女性を惚れさせるには、好きな男性、付き合ってきた男性に対してすることを自分にもしてもらえばいいんです。

これは、女友達以上恋人未満の状態になった女性に対して使うことができるテクニックです。

まず、女性にある程度過去の恋愛話をさせます。

そして、好きな男性についついしてしまう事を聞き出してみます。

例えば
「僕、好きな女性の目をじっと見てしまう癖があるんだよね。それで女性に嫌がられることもあるんだけどね。○○ちゃんは好きな男性に対してしてしまう事ってある?」
と聞くと、だいたいは答えてくれます。

そして「どんなふうにするの?仮に僕が○○ちゃんの好きな男性だとすると、どんな感じにするの?」と言えば、だいたいしてくれます。

性的なことはさすがにしてくれないことが多いですけど、それ以外ならだいたいしてくれますよ。

ただし、過去の恋愛話をある程度してくれた女性に限ります。

初対面やさほど仲が良いわけでもない女性にそんなことを聞いても教えてくれませんので注意が必要ですよ。

 

ですから、認知性不協和は友達以上恋人未満の女性に対して有効なテクニックだと思っておいたほうがいいでしょう。

それ以外はイケメンならともかく、ルックスが並み以下の男性にとっては厳しいテクニックになるでしょう。

 

さて、認知性不協和を使うには、女性との距離を縮めて、友達以上恋人未満の関係になる必要があります。

女性との会話を盛り上げて距離を縮める方法は別のページで紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 

 「女性との会話を盛り上げるポイント~女性を惚れさせる第一歩!」へ

たったこれだけで女性にモテるようになる!

motekaiwakijisita

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)